プロフィールPROFILE

Ryota.Abeさんのプロフィール

住所
新宿区
出身
若林区

自由文未設定

ブログタイトル
RyotaのOfficial Web サイト
ブログURL
http://ryota-abe.com
ブログ紹介文
最高月収5500万。 主にはバイナリー取引。 本物の有益な必勝情報を随時更新中。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/12/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Ryota.Abeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Ryota.Abeさん
ブログタイトル
RyotaのOfficial Web サイト
更新頻度
集計中
読者になる
RyotaのOfficial Web サイト

Ryota.Abeさんの新着記事

1件〜30件

  • バイナリーオプションの最大利益額はどこまで出るのか?投資の限界を知る。

    こんにちは。 Ryotaです。 投資家 ランキング とかで調べてみると 世界の投資家がいくら稼いでいるのか?? は出てきます。 以前資産家のランキングでも書きましたが 資産家のランキングで話すと一位はビルゲイツさんで大体8兆円ほど。 しかし、投資家のランキングで言えば一体「日本人」でどれくらい稼いでいるのか?? まずはそこから調べてみました。 日本人での投資家ランキングの一位は200億程度 簡単に調べた程度ですが 日本での個人投資家の資産額一位は200億程度。 五味大輔 という方みたいです。 Mixiの株を持っているのでそれだけの資産があるとか。 流石に一兆の単位までいくとまったくもって想像がつかない単位になりますが 数百億。ともなると 確かに多いです。たしかに多いですが 超圧倒的な次元にいるのか??と言われるとそうではないと思います。 とはいえ、投資家として日本のトップの人がこのくらいの資産を持っている。 ということは覚えておいていいでしょう。 ちなみに、一時期テレビで有名になったBMFさん(小手川隆さん)ですが 彼は第三位に位置していました。 ※BMFさんは調べてみるとわかりますが 一時期、システムミスでジェイコムの株が暴落した瞬間に株を購入し一瞬で20億の利益を得た人です。 投資初心者は一体どれくらい稼ぐことが可能なのか?? とはいえ、いきなり数十億、数百億儲けることが出来ますよ!!といわれても 普通に生きている人からしたら信憑性が全く無いです。 なので、実際に投資初心者はお金を稼ぐことが出来るのか? そもそもとして「投資」は副業などに向いているのか?? これを実際に検証していきます。 世の中には意外とお金を稼ぐ方法はたくさんある。 まず最初にですが、世の中にはお金の稼ぎ方。と言うのは実はいっぱいあります。 個人でビジネスをする人もいますし

  • 日本のゆとり教育!?投資においては数十年前からゆとりです。

    こんにちは。 Ryotaです。 「お金の勉強」というと投資のイメージが強いですが 実際問題、日本はお金に関して勉強する機会が少なすぎるように思います。 例えばアメリカならば 「パーソナルファイナンス」というお金に関しての授業がすでに科目であります。 それも高校で。 早い段階ならば小学校からお金に関しての授業がありますし 学ぼうと思わずとも教養に入ってきます。 それもお金の成り立ちから、どういったものなのか?? というところまで、投資の知識も入ってきます。 しかし、一方の日本では、投資に関しての知識はおろか お金に関しても対して教えられることもありません。 せいぜい昔は物々交換から始まって それが貝に変わったのがお金の始まりだよ〜ということくらい。 むしろ日本全体を見た時に「お金を稼ぐこと」=「悪」というような風潮も広がっています。 最近だと、半沢直樹や銭の戦争っていうドラマもだいぶ広まってましたよね あのドラマの中でも、どうにもお金を無性に追い求めることは悪いこと。 というような流れができあがっています。 そこで、今回は単純に「お金」というものは何なのか? というところに関して言及をしていこうと思ってます。 そもそもとしてお金とは? まず、そもそもとしてお金とは何なのか??ということなのですが、 上記に書いたとおり 元々はお金は物々交換から始まりました。 最初は魚や肉や木の実を。 そのうちそれが大変だからということで貝殻を。 そのうち統一した方がいいだろうことで金を。 そして金を交換するための信頼のある信用紙ということで今の紙幣、お金が発生したのです。 なので、実際問題、僕らが持っている一万円札 これも円の単位でみたら、「一万円」の価値があるのですが 人類単位で見たらその「価値」は変動しているのです。

  • バイナリーオプションで何故手法やテクニカル分析が必要なのか?

    こんにちは。 Ryotaです。 バイナリーですが特に最近は注目度が高くなっているみたいですね~。 僕が元々使っていたハイローオーストラリアに関しては 実は数年前はもっと配当が高かったんですよね・・・。 最近1.82倍から1.85倍に上がりましたが そういった仕様変更があることも 流動人数が大きくなっているからだろうなと。 ただ、忘れてはいけないのは安易な考えでバイナリーに手を出してはいけないということです。 簡単に儲けることが出来る。 ワンクリックで収益は手に入る。 作業時間は全くもっていらない。 こういった広告、こういった手法を謳ってバイナリーに手を出させようとする広告業者がたくさんいますが。 はっきり言っておきますね。 「そういった言葉に心を乱されるならばバイナリーは絶対にやらないで下さい」 と。 そういった言葉は非常に強い魔力があるんですよね。 楽に流れるのは人の習性なのですが、 よほど気を張っていないと楽へ楽へと流れてしまいます。 しかしながら、投資の世界はそこまで甘いものではありません。 ただ・・・・ 鬼のように厳しい世界なのか?といわれるとそうではありません。 そう。こういった流れの場合 「そんな甘い世界じゃないよ!もっと本気で取り組みなよ!!」 というところなのですが 実際問題、たしかに投資の世界は厳しいです。 FXなどレバレッジを大量にかけるものに関しては 自分のお金が無くなる所が更なる借金を負うことだってありえます。 (そういった意味ではバイナリーは無くなることはないのでそこは良いなと思います) ただ・・・・じゃあ実際問題、プロ野球選手を目指すとか オリンピックに出場するということに比べれば 全然難易度は高くはないと断言が出来ます。 それこそ小学校から高校、大学まで十数年間 朝から晩までみっちりそのスポーツの練習をして。 そして一流のコーチをつけて、学んで、励んでその中でも 一握りの人がそういった栄光を掴み取れるわけです。 と、なればバイナリーでやることは 日々の情報収集と明確なロジックを見つけて 相場を見て分析していって そして明確なルールを決めてその通りに取引を行っていくこと。です。 精神管理といえば精神管理ですが、正直にこの精神管理は きつい練習に毎日耐え抜くことに比べれば本当に楽だと思います。

  • バイナリーオプションで勝率を上げるための7つの約束事

    こんにちは。 Ryotaです。 個人的にですが もし投資をやるならば何をするか??と問われれば 僕は「バイナリーが一番初心者にはオススメできる」 と答えることになります。 自分がそれで月に1000万円達成しているから当然だろ。と言われればその通りなんですが 今回はバイナリーで稼ぐ上で気をつけていることを思いつく限りまとめてみました。 その一 ロジックを覚える。 ロジック。と言われると何のことか??と思われてしまいますが 単純に根拠を沢山覚えておくことがまず第一歩です。 例えばボリンジャーバンドの◯σにタッチしたら逆張りの要素が強い~。とか 一目均衡表の雲の中にいたときにはレンジ相場になりやすい~とか。 ストキャスティクスのゴールデンクロスとデッドクロスが出た際には逆に動きやすい傾向があるとか。 そういった様々な分析方法があり、 その分析から統計的にこう動きやすいという根拠があるのですが これらをどれだけ集められるのか?? その根拠が沢山あればあるほど、そのときにエントリーの際の勝率は大きく上がります。 なので根拠を沢山集めてから取引を開始するためにも 様々なロジックを自分の中に蓄積しておくこと。 安易に一つの条件だけ満たしたらエントリーというのは出来る限り避けたほうが、勝率は上がっていきます。 その弐 その日の相場を一度分析してから取引する 相場環境は一日一日で大きく変わります。 もちろんテクニカル的に見た際に変化の値は微妙なのですが 指標が多い日や、指標がなくとも 何故か自分が持っているロジックが通用しない日。というのも存在します。 なので取引前にチャートを一度は確認して 自分が実際にその時エントリーをしていたら儲けが出ていたのか? それを確認してから取引には望んでいます。 その日によって基準を厳しくするか?そのままでいくのか? その微調整は取引をして儲けを出す上で非常に重要なファクターとなっています。 その参 負け越し始めたら止める もちろん、根拠をたくさん集めていたとしても負けるときは当然あります。

  • 要人発言での相場の動きはテクニカルを無視する!?

    こんにちは。ユウです。 バイナリーをやる上で最もオーソドックスな分析方法が 「テクニカル分析」という話はしてきました。 で、テクニカル分析はチャートの形から次からどのように相場が動くのかを 考察する分析方法だと。 じゃあ、他にどんな分析方法があるのか?? というとそれは「ファンダメンタルズ分析」になります。 これは世界情勢で起こっている事態や事件、今の世界情勢からの 相場の動きを考察する分析方法ですね。 単純に、こういった形の時、次の足で相場は上がる。 的な分析がテクニカルで 今は〇〇国が勢いを増してきている。その背景もしっかりとしているから そのままの国の勢いは更に増すことが予想される。 だからその国の通貨の価格が上がっていくだろう。 というような分析がファンダメンタルズ分析と言います。 で、この分析方法はどちらがいいということはありませんが、 基本的にはバイナリーには「テクニカル分析」が使われます。 理由としては、短期トレードが基本のバイナリーにおいて 長期の分析となるファンダメンタルズはあまり当てにはならないことが多いから。 ですね。 あてにならないというとあれですが、 重要度は変わってきます。 しかし、そんなテクニカル分析でも、まったくもって予想の出来ない相場の動きが起こることがあります。 これは確かに不規則に起こりうる物でもありますが、 【ファンダメンタルズ分析】をすることで、その場面を避けることが可能になります。 今回は、その最たる例の、「要人発言」に関してお話していきます。 要人発言で相場が大きく変わる。 要人発言ってなに??ってところからですが。 単純に言えば 「お偉いさんの発言」です。 要は日本で言えば安倍晋三首相、少し前のアメリカであれば バラク・オバマ大統領 こういった大きな権力を持った人たちの発言ですね。 こと、相場に関して、つまり、金融に関しては まだまだこういった有名な方以外にも多くの有権者がいて、 その人達の発言次第で

  • バイナリーオプションで負けていく人の黄金パターン

    こんにちは。 Ryotaです! バイナリーに限らずなんですけどね。 投資においては負ける人の共通パターンというのもありまして・・・ そこら辺を今回はまとめておきました。 負けるパターン其の一 プロスペクト理論に振り回される。 プロスペクト理論・・・ 人は利益が出ている時は早く確定させたくなるという不確定未来に直面した際に 人が行動する心理行動学。 有名な話があれですね。 1 何もしないで100万円を受け取れる 2 コイントスで表だったら200万円、裏だったら0円受け取れる。 これだったら大抵の人が堅実的な選択肢1を選ぶ。 だけども、まだ2を選ぶ人もいます。 一転、 1,あなたは負債が200万あり、無条件でその負債を100万減らす 2、あなたは負債が200万あり、コイントスで表立ったら負債を0にする、裏だったら負債は200万のまま。 この状況になった時 選択肢1を選ぶ人が圧倒的に多い。という理論です。 つまるところ、今勝っているから、 今負けているからと判断の基準をブラしてしまう人はこの理論に振り回されている人。 という認識になりますね。 で、こういう人はつまるところ 「その場の状況において、自身が追う期待値を変えている」 ので 結果の予測がまったくもってつかないロジックで戦っているということになります。 簡単に言えば、ロジックが破綻している。 と言った方がいいですね。 単純に負けてきたから掛け金を減らそう〜。 勝っているから掛け金を増やそう〜 という資金管理をやっている人はトータルで負けていく傾向にあります。 一日二日間くらいでしたら運が作用して投資で儲けが出ることもありますが 長い期間で見たときに勝てる可能性がまずまず0.1%と思ってもらってかまわないです。 この「プロスペクト理論」に関しては投資をやる人は必ず覚えておいたほうがいいですね。 負けるパターンその2 勝てる時に少額、負けるときに普通の額 先程のプロスペクト理論と同じで 資金管理が出来てないから、勝つことが出来ない。

  • バイナリーオプション、マーチンゲール手法で必要な勝率は何パーセントか??

    こんにちは。 Ryotaです! マーチンゲール法というのをあなたは知っていますでしょうか?? 平たく言えば「倍がけ」 例えば一回目のゲームで掛け金を1万円かけて負けたとしたら 次に賭ける金額はそのまま2万円。 もし次も負けてしまったら4万円・・・ 自分が勝つまで倍々で資金をかけていくやり方ですね。 一体誰が考えたのかこのやり方だと ギャンブルでは常に、 前回勝った状態に戻るか? それとも負債を増やすか? という勝負になります。 それこそよく使われるのはカードゲームの「ハイロー」とかですね。 単純に数値の上下を当てて、 当たった場合は倍の掛け金を受け取れるギャンブルゲーム。 そんなマーチンゲールですが バイナリーの方でも一応試したテクニック集みたいなものがありまして・・・・。 実際にマーチンゲールでバイナリーが勝てるのかを今回はお話します。 そもそもとしてマーチンゲールでいくら掛ける必要があるのか? マーチンゲール法はそもそもとして 負けたとしても次に勝つことが出来れば、その前の取引で勝った状態と同じ状態になる。 というのが前提条件のやり方となります。 と、なると、例えば僕がいつも利用しているところは ペイアウト率が1.88倍になりますので X×1.88=X+10000円 となるX+10000円でエントリーをしなければいけません。 そしてその金額は¥21,400円となります。 ・・・・・ううむ、わかりづらい;; なんにしても、そのまま2倍をかけるよりかはもう少し大きくかけないといけないんですよね。 その面から若干マーチンをするには不利になります。 しっかりとした計算が難しいからですね。 ただ、必ずしもマーチンはやめたほうがいいのか?? というとそうではありません。 マーチンゲール法が活かせる様なテクニカル手法 これは僕自身が実際に取引している方法で一つあるのですが 2つ合わせると勝率80%を超えるポイントがわかっている。 などがあればそのポイントはマーチンゲール的な手法を組み合わせることで

  • 投資信託と自己投資の違い。オススメの信託は「自分の裁量」

    こんにちは。 Ryotaです! 周りで投資信託に手を出す人も チラホラと出てきました。 とはいえ、僕の中ではそこまで大きなものではなくて ちょっと投資に興味を持った人が始めた程度のものなのだろう~と思ったら、 僕ら世代の上の世代の方たちは、こういった投資信託に がっつりと投資を行っている人も多いみたいですね。 なので、今回はあくまで一個人として投資信託に関しての見解を 述べさせてもらいます。 まず第一に投資信託とは? 簡単に言えば投資信託とは「ファンド」のことです。 非常に分かりやすい画像があったので拝借。 このように、多数の人から資金を出してもらって、 その資金を運用することに寄って出た利益を山分けする方式。 ということですね。 大抵の場合は利率何@%。 と決められていることが多いので 少額からでも購入はできますが、 大きな金額をいれたほうがリターンも大きい。 という理屈になります。 ただ、重要なのは、銀行も実際のところ、広い意味では こういった投資信託なんですけども(預金使って運用してるからね) 銀行の預入と違って、基本的には「元本保証」はありません。 つまるところ、運用して利益が出たら配当は貰えるけども 運用して損が出たらその分の損を被ること。 つまり、預けたお金が減りますよ。ということになります。 オススメの投資信託はあるのか?? ある程度投資をやっている人はここが一番気になると思います。 なぜか?? 単純ですね。 オススメの投資信託ってことはつまるところ利益をしっかりと 出せている所。になります。 こういった投資信託に関してはやっているところは 銀行だけではありません。 むしろ企業が法的な許可を得てやっているところのほうが 謳っている利回りは大きく、話としては魅力的に見えるものが多いのです。 なので、ひたすらにオススメの投資信託探しに熱中する。 そんな人が多数いることも知っています。 ・・・まぁ、僕がオススメの投資信託はほぼないんですが笑

  • 損切りと利食いの設定ライン

    こんにちは。 Ryotaです。 正直、土日の間はチャートが動かないので 暇で暇で・・・・。 とはいえ、新ノウハウがしっかりと勝てていたのか?? などバックテストを行うのに土日はうってつけなので 完全に休んでいるわけではないです。 とはいえ、今回は「損切り」と「利食い」のお話です。 一度は聞いたことがありますかね? それこそこの損切りと利食いをしっかりと決めているからこそ 勝率がアップするし、 負けるときの負け額も少なく抑えられます。 FXとかだとよく聞くのですが この2つの単語はバイナリーをやる上でも非常に重要になってきます。 なのでこの損切りと利食いに関して、今回は理解を深めていきましょう。 (まず「損切り」と「利食い」とは。) FXの経験があるとわかるかもしれませんが、 「損切り」・・・・赤字が規定のラインに到達したら、取引を終えること 「利食い」・・・黒字が規定のラインに到達したら、取引を終えること。 この2つです。 FXだとよく言われるのは 取引額の10%損するのが見えたら損切りして 取引額の5%得するのが見えたら利食いしよう。 みたいなラインですね。 つまるところ、FXだと出口のラインが難しく、 どこまでも黒字を狙おうとすれば狙えてしまうし、 どこまで赤字を耐えようとすれば資金がある限り耐えれてしまうので 明確にラインを決めてそれで取引をしよう。 ということですね。 ちなみに上記みたいに 損切りのラインを高めにして、利食いのラインを低めにするのは 確実に勝ちを狙いに行くタイプのやり方と言われています。 とはいえ、基本的には損失を抑えるのが投資の鉄則なので 設定ラインの違いはあれど 浅く取って、多少深く傷を残す設定にしたほうが勝ちやすいとは言われていますね。 (バイナリーに置ける利食い、損切りの設定ラインは?) FXに関しては先程言ったように【取引額に置けるパーセンテージ】で 決めることが可能です。 しかし、バイナリーにおいては 既に取引額に置けるレートは決まっているため、

  • テクニカル分析におけるボリンジャーバンドとRSI

    こんにちは。 Ryotaです。 すでにMT4を導入して 実際にチャートを見て取引している方もいらっしゃるのでしょうか?? 最初はチャートを見ても正直何が何だかわからないと思います。 何なのこの線?この数値は何を表しているの?? と疑問は果てしなく出てきます。 その際に、まずはチャートを見る上で 基礎的ともなるボリンジャーバンドとRSI。 この2つのテクニカルを知っていきましょう。 ボリンジャーバンドとRSIとは?(ボリンジャーバンド編) まずはボリンジャーバンドとは。 外人のジョン・ボリンジャーさんが1980年に発見した・・・とかは置いといて 単純に言えば相場の移動平均から割り出している線。 とおぼえておいてくれれば大丈夫です。 実際のチャートだと水色の線と赤の線がボリンジャーバンドになります。 真ん中の水色の線が「移動平均線」 その上下にある赤い線が「2σ線」(下は-2σ、上が+2σ) 更にその上下にある水色の線が「3σ線」となっています。 1σ線もあるのですがこのチャートでは載せていないです。 ボリンジャーバンドの基準はいまいち分かってないのですが覚えておいてほしいのは このボリンジャーバンド2σ線の間で95% 3σ線の間で97%は価格は上下している。という事実です。 つまり、それ以上に値動きが起きているときは値動きが不自然な可能性が高い。 というような見方ができます。 このように、相場の流れを判断するのに ボリンジャーバンドは多く使われます。 ボリンジャーバンドとRSIとは?(RSI編) 次に、RSIとは。 上記の画像の■で囲まれている部分がRSIです。 この59.~~~って書いてある数字です。 RSIに関しては直近の相場市場を見る上で 今は通過が買いが強いのか?売りが強いのか?? これを表す数値になります。 50を平均として0~100の間で推移する形ですね。 基本的な概念として70を超えている場合は相場は買われすぎ。 30以下ならば相場は売られ過ぎと見ることが出来ます。 これも見方の一例に関しては先ほどと同じです。

カテゴリー一覧
商用