searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ちゅ~ねんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
関東逆境中年投資部
ブログURL
https://www.cyu-nen.work/
ブログ紹介文
中年でも幸せになりたい!そのためにはお金が必要。お金、投資をテーマにしたブログです。
更新頻度(1年)

216回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2018/11/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちゅ~ねんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちゅ~ねんさん
ブログタイトル
関東逆境中年投資部
更新頻度
216回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
関東逆境中年投資部

ちゅ~ねんさんの新着記事

1件〜30件

  • 日経平均株価、90円高。(2020年7月9日の市況と保有株の状況)

    7月9日の日経平均株価の終値は22,529円(+90円)で取引を終えました。 とりあえず日経平均株価は3日ぶりに反発しましたが、新型コロナウイルス感染者が過去最多の220人以上確認されたことが上値を押さえる形となりました。 その中で目立った動きをした銘柄にソフトバンクグループがあります。 なんでもソフトバンクグループの保有銘柄、アリババグループの株価が米国市場で一時9%超の急騰となったそうで、含み益拡大の思惑で前日比+272円となり年初来高値を更新しています。 コロナショックの時にはあわや倒産?なんて騒がれたこともありましたが、、、。 株が上がれば何事も丸く収まるってことなんですかね。 ちなみ…

  • 日経平均株価、99円安。(2020年7月7日の市況と保有株の状況)

    7月7日の日経平均株価の終値は22,614円(−99円)で取引を終えました。 コロナウイルスの感染拡大が心配されている米国ですが、6日に発表された経済指標が4ヶ月ぶりに良かったり中国の景気回復期待のためにNYダウが400ドル以上の上昇でした。 この流れを受けて日本株市場も続伸するかと思われましたが99円安でした。 下落したとはいえハイテク株や中小型株は元気な銘柄が多く先高期待がある雰囲気です。 僕の保有株の含み損は49.2万円になりました。

  • 日経平均株価、407円高!(2020年7月6日の市況と保有株の状況)

    7月6日の日経平均株価の終値は22,714円(+407円)で取引を終えました。 これで日本株市場は3日続伸だそうです。 けれども僕の保有株の含み損は大して変わっていないので、3日続伸と言われても全くピンときませんね、、、。 以前に持っていた株は値を戻しているのに、そのまま継続保有している銘柄は全然駄目というイケずな展開です。 というわけで含み損は先週と大して変わらず50.2万です。

  • 日経平均株価、160円高。(2020年7月3日の市況と保有株の状況)

    7月3日の日経平均株価の終値は22,306円(+160円)で取引を終えました。 3日の米国市場は独立記念日の振り替え休日で休場になります。 来週もコロナウイルスの感染拡大によっては波乱の日々が続くかもしれませんね。 保有株の含み損は56.1万円となりました。

  • 日経平均株価、24円高。(2020年7月2日の市況と保有株の状況)

    7月2日の日経平均株価の終値は22,145円(+24円)で取引を終えました。 昨夜はNYダウは下げましたが、ナスダックとS&P500は続伸でした。 FRBの金融政策のおかげなのか、米国市場は底堅い展開ですね。 そのため日本市場も大きな売りも無く、さりとて上値を買い上がる状況でもないので方向感の無い展開が続いています。 僕の保有銘柄の含み損は57.5万円となりました。

  • 日経平均株価、166円安。(2020年7月1日の市況と保有株の状況)

    7月1日の日経平均株価の終値は22,121円(−166円)で取引を終えました。 寄付き前に発表された日銀短観の製造業業況判断指数が前回より悪かったことや菅官房長官が再び緊急事態宣言の可能性もあり得るという考えを示しましたことが影響したのか朝方、続伸でスタートしましたが売りの方が優勢となり反落して大引けとなりました。 僕の保有株も全てマイナスで終り、含み損が58.7万円となってしまいました。

  • 日経平均株価、293円高。(2020年6月30日の市況と保有株の状況)

    6月30日の日経平均株価の終値は22,288円(+293円)で取引を終えました。 コロナウイルスの感染拡大で昨夜の米国市場は続落すると思っていたのですが、経済指標の数字が予想より良かったということで大幅に反発しました。 そうなると日本市場もそれにつられて反発するという、いつもの展開に、、、。 大引け前に伸び悩んだものの、300円近く上げて大引けとなりました。 とは言うものの、例によって僕の保有株にその恩恵はあまり無く昨日とほぼ変わらず、含み損は50.2万円となりました。

  • 日経平均株価、517円安!(2020年6月29日の市況と保有株の状況)

    6月29日の日経平均株価の終値は21,955円(-517円)で取引を終えました。 日本時間の28日、夜の集計で世界の感染者数が1,000万人を突破したニュースがありました。 その中でもブラジルが連日4万ペースで新規感染が確認されるなど南米のほうに感染確認が深刻化しているそうです。 米国でも一向に感染者が減りませんし、東京でも再び感染者数が4日連続で50人越えとなっています。 心配されていたコロナウイルス感染の第2波の始まりということなのでしょうか? その影響で日米の株式市場もしばらく調整することになりそうですね。 事態によっては短期の調整で済まずに2番底の確認まで売り込まれる可能性もあります。…

  • 日経平均株価、252円高。(2020年6月26日の市況と保有株の状況)

    6月26日の日経平均株価の終値は22,512円(+252円)で取引を終えました。 今日は新興市場は足踏み状態で、東証一部銘柄が素直に買われた日でした。 ちょっと前までは経営難だといわれていたソフトバンクがいつの間にか5,000円半ばまで買われています。 買うことを躊躇するときに思い切って買って、ずっと持っておくという単純な戦略でも儲けることができたことになりますね、、、。 保有株の含み損は42.5万円となりました。

  • 日経平均株価、274円安。(2020年6月25日の市況と保有株の状況)

    6月25日の日経平均株価の終値は22,259円で取引を終えました。 昨夜のNYダウが700ドル以上の下げとなり、そのあおりで日経平均株価も下落しました。 再び米国でコロナの感染拡大の恐れということで自主隔離の義務付けを実施というニュースがあったことが原因なのでしょう。 こんな話が出れば、当然株は売られてしまいますね。 僕の保有銘柄もほとんどが下げて、含み損が39.9万となりました。

  • 日経平均株価、14円安。(2020年6月24日の市況と保有株の状況)

    6月24日の日経平均株価の終値は22,534円(−14円)で取引を終えました。 昨夜の米国市場が続伸したわりに、日経平均株価は若干の下げでした。 しかしナスダックが好調なためにハイテク株は上がっている銘柄が多かったですね。 それに小、中型株に資金が入っていたようです。 僕も小中型株を保有していますが、残念ながら目立つ動きの銘柄はありませんでした。 そのため、また含み損が増えてきてしまい33.4万円の含み損となりました。

  • 日経平均株価、111円高。(2020年6月23日の市況と保有株の状況)

    6月23日の日経平均株価の終値は22,549円(+111円)で取引を終えました。 前夜の米国株式市場でNYダウが4日ぶりに反発したことやNasdaqがまた過去最高値を更新したことにより、日経平均も高く始まりました。 途中、米国高官の発言でマイナス圏になった場面もありましたが、持ち直し111円高で引けました。 Nasdaqは7日続伸だそうでハイテク株に資金が入っているようですね。 コロナの影響によるリモートワークが伸びると考えている投資家が多いのかもしれません。 日経平均は相変わらずレンジの中での値動きで、売り買い拮抗の状態っぽいです。 保有株の含み損は29.8万円となりました。

  • 日経平均株価、41円安。(2020年6月22日の市況と保有株の状況)

    6月22日の日経平均株価の終値は22,437円(−41円)で取引を終えました。 日経平均株価は小幅な下げとなりましたが、元気の良い銘柄もたくさんありました。 たとえば、すららネットは14%の上げでした。 この銘柄は6月の初め頃は株価が1万円を切る水準でしたが、今日は2 ,180円高で株価が17,170円になってます、、、。 半月経たないうちに70%以上評価額が上がってますね^^; こういう銘柄をつかんだ方は株式投資のモチベーションが上がるでしょうね。 僕の保有銘柄の含み損は28.7万円となりました。

  • 日経平均株価、123円高。(2020年6月19日の市況と保有株の状況)

    6月19日の日経平均株価の終値は22,478円(+123円)で取引を終えました。 以前は乱高下していた相場だったのが、落ち着いた(退屈な?)相場になってきましたね。 そんな中、ペッパーフードサービスがペッパーランチを売却するとのニュースがあり、ストップ高になりました。 好調なペッパーランチを売却して、その資金でいきなりステーキの立て直しを図るとの事。 一ノ瀬社長が勝負に出たようですね。 健闘を祈るばかりです。 保有株の含み損は26万になりました。

  • 日経平均株価、100円安。(2020年6月18日の市況と保有株の状況)

    6月18日の日経平均株価の終値は22,355円(−100円)で取引を終えました。 多少下げても加速することもなく、ある程度下げたら買いが入ってくる状況で大きく動くためには何か材料が必要なようですね。 昨日上がったと喜んでいたアルテリアネットワークスですが、今日は売られてしまいました。 保有株の含み損は25.8万円となりました。

  • 日経平均株価、126円安。(2020年6月17日の市況と保有株の状況)

    6月17日の日経平均株価の終値は22,455円(−126円)で取引を終えました。 17日の日本市場は大きな動きも無く、方向感に乏しい1日でした。 大きな下げがあった翌日に1,000円以上の爆上げがあったりする最近の相場なので、17日は少々刺激の足りない1日だったかもしれないですね。 僕の保有株で特筆すべきことはアルテリアネットワークスが4.5%の上昇でした。 そのおかげで含み損は22.9万となりました。

  • 日経平均株価、1,051円高!(2020年6月16日の市況と保有株の状況)

    6月16日の日経平均株価の終値は22,582円(+1,051円)で取引を終えました。 前日のNYダウが反発したことに加え、トランプ大統領が1兆ドルのインフラ投資を検討とのニュースにより日本市場も1,000円以上の爆上げとなりました。 それにしても荒い値動きが続きますね。 短期売買のスキルがある人は昨日は売りで儲けて、今日は買いで大儲けといったところでしょうか。 僕の保有株もだいぶ値を戻して含み損が26.8万円となりました。

  • 日経平均株価774円安!(2020年6月15日の市況と保有株の状況)

    6月15日の日経平均株価の終値は21,530円(-774円)で取引を終えました。 新型コロナウイルスの感染第2波の懸念により、世界的な株安となっています。 コロナバブルの終焉か、一時的な調整局面なのかは分かりません。 今月の初めまでの株価上昇が急ピッチすぎたので、売られる時はこのような値幅の大きい動きになるのも仕方がないという面もあると思います。 それにAIによる売買も関係しているでしょうし。 米国の個別株の損益がまた日本円で-2万円になっていたり、日本株の含み損も41.1万円と、また大きくなってしまいました。

  • 日経平均株価、167円安。(2020年6月12日の市況と保有株の状況)

    6月12日の日経平均株価の終値は22,305円(-167円)で取引を終えました。 前夜のNYダウが1,861ドル安という、とんでもない下げ幅を記録して12日の日経平均株価も一時的に600円以上下落した場面がありました。 その後、急速に値を戻して167円安で済んでホッしました。 米ドルも1日で1円上下動する荒い値動きで、FXをやっている人は大儲けした人や大損してしまった人、両方いるような相場でしたね。 今晩のNYダウはさすがに反発するでしょうが、一時的な調整なのか二番底を目指す動きの初動なのか見極めたいですね。 保有株の含み損は29万円となりました。

  • 日経平均株価、652円安!(2020年6月11日の市況と保有株の状況)

    6月11日の日経平均株価の終値は22,472円(−652円)で取引を終えました。 いままでのイケイケな雰囲気から一変して、600円以上の大きな下落となりました。 前夜の米国市場が続落したため、ギャップダウンで始まった日本市場。 後場に入るとお得意の先物主導の売り仕掛けで下げ幅を広げ、結局安値引けでした。 まあ、相場全体が加熱気味だと思っていたのでこれぐらいの下げは仕方がない部分もありますね。 超短期売買をする人なら、ここで押し目買いを考えるところかもしれません。 僕は短期売買のスキルがないので、まだ見送りです。 昨日13万円だった含み損が、たった1日で25.5万円になってしまいました。ぴえん

  • 日経平均株価、33円高。(2020年6月10日の市況と保有株の状況)

    6月10日の日経平均株価の終値は23,124円(+33円)で取引を終えました。 前日の米国株市場はダウは300ドルの下落でしたが、ナスダックは続伸で最高値を更新しています。 その流れを受けた日本市場は安く寄り付いた後、ジリ高でした。大引け間際に大きな売りが出たようですが、結局プラスで引けました。 僕の保有銘柄ではアルテリアネットワークスが久しぶりに上昇したおかげで、含み損は13.7万円になりました。

  • 日経平均株価、87円安(2020年6月9日の市況と保有株の状況)

    6月9日の日経平均株価の終値は23,091円(−87円)で取引を終えました。 昨夜の米国株式市場ではNYダウ、ナスダックともに大幅高で、特にナスダックは史上最高値を更新したそうです。 いやはや、米国市場は本当に強いですね。 この状況の中、普通に考えるとドル高になるのかなと思いましたが、なぜか円高傾向になっています。 そのため、一時、日経平均株価は250円近く下げ幅を広げた場面もありましたが、押し目買いも入ったようで23,000円はキープして大引けとなりました。 YouTubeやTwitterを見ても、儲けている個人投資家の人たちが多くいるようです。 このまま二番底はもう来ないのでしょうか? し…

  • 日経平均株価、314円高。(2020年6月8日の市況と保有株の状況)

    6月8日の日経平均株価の終値は23,178円(+314円)で取引を終えました。 先週末の米国市場が800ドル以上の大幅高だったので、日経平均株価は寄付きは高く始まり、その後は戻り売りのパターンかと思いきや、素直に高値引けでした。 これが無制限の量的緩和策の効果ということなのでしょうか? 保有株の含み損は16.6万円になりました。

  • 日経平均株価、167円高。(2020年6月5日の市況と保有株の状況)

    6月5日の日経平均株価の終値は22,863円(+167円)で取引を終えました。 これで日経平均株価は5日続伸となりました。 前場はマイナス圏での推移でしたが、後場に入ると徐々に上値を切り上げそのまま高値で引けました。 今夜の米国株式市場も大幅高なら、来週は23,000円をあっさり回復しそうですね。 僕の保有株の含み損は19.5万円になりました。

  • 日経平均株価、81円高。(2020年6月4日の市況と保有株の状況)

    6月4日の日経平均株価の終値は22,695円(+81円)で取引を終えました。 前日の米国株式市場が527ドル高と大幅な上昇となり、4日の日本市場も一時的にマイナス圏になりましたが、大引けにかけて再び買われて4日続伸となりました。 NYダウが大幅高になった翌日の日経は寄りは高く始まるけれど、後場にかけて利確売りに押される展開になることが多いイメージがあります。 今回もそういう展開になるか?と思いきや、結局持ちなおし81円高でした。 3月の暴落が信じられないぐらいに、いまは日米とも強い相場展開になっていますね。 僕の日本株式口座のポートフォリオはいまだにマイナスですが、米国株式インデックス投資信託…

  • 日経平均株価、288円高。(2020年6月3日の市況と保有株の状況)

    6月3日の日経平均株価の終値は22,613円(+288円)で取引を終えました。 3日も200円以上の上昇となり、23,000円が射程範囲に入ってきました。 あまりにも急ピッチな株価回復で新規で買いづらい展開になっています。 しかしながら僕の保有株には買いが入らず、あろうことか前日より含み損が増えてしまいました。 その原因はアルテリアネットワークスです。 この銘柄は日経平均株価が上がると、なぜか売られてしまう銘柄です。 というわけで、含み損は19.4万円になりました。

  • 日経平均株価、263円高。(2020年6月2日の市況と保有株の状況)

    6月2日の日経平均株価の終値は22,325円(+263円)で取引を終えました。 前日の米国株式市場が人種問題のデモや米中関係の悪化が意識されるも、経済活動再開による景気回復期待により90ドル以上の上昇となりました。 そのため翌日の日本株式市場も続伸となりました。 日経平均株価のチャートを見ると、かなり上昇が加速してきており、そろそろ冷水を浴びせかけられても仕方がないような形にはなっています。 けれども、ここからさらに上昇していくとなると、バブル相場の始まりかもしれません。 僕の保有銘柄の含み損は16.9万となりました。

  • 日経平均株価、184円高。(2020年6月1日の市況と保有株の状況)

    6月1日の日経平均株価の終値は22,062円(+184円)で取引を終えました。 先週末のトランプ大統領の記者会見で中国に対する強硬姿勢を強調しなかったため、市場に安心感が広がりナスダックとS&P500指数は上昇、NYダウもマイナス圏から値をかなり戻しました。 そのため、日本市場もその流れを受けて買われました。 僕の保有銘柄ではアルテリアネットワークスが多少値を戻しましたが、先週末と同じような感じです。 含み損は18万になりました。

  • 日経平均株価、38円安。(2020年5月29日の市況と保有株の状況)

    5月29日の日経平均株価の終値は21,877円(−38円)で取引を終えました。 日経平均株価は5日ぶりに反落となりました。 さすがにここまで急ピッチで上がっていたので、一休みといったところでしょうか。 僕の保有銘柄の日本鋳鉄管が久しぶりにプラス圏で推移していたので、シメシメと思っていたのですが、仕事あがりにチェックしてみると再び含み損状態になっていてガッカリしました。 保有株全体の含み損は22万となりました。

  • 日経平均株価、497円高。(2020年5月28日の市況と保有株の状況)

    5月28日の日経平均株価の終値は21,916円(+497円)で取引を終えました。 きょうの終値21,916円は、2月27日以来3か月ぶりの高値だそうです。 これは緊急事態宣言解除や景気対策の補正予算によって、株式市場にお金が戻ってきているのでしょうね。 また海外の投資家もいままで売っていた日本株を買い戻しに走っているそうです。 米国株式市場も堅調ですし、このまま2番底をつけずに日経平均株価は24,000円以上を、NYダウは30,000ドルをつけに来るのでしょうか? もしそうなったら、僕は完全に出遅れ組になってしまいます。 ですが、それも止む無しです。 保有銘柄の含み損は、なぜか昨日より増えて2…

カテゴリー一覧
商用