chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
地方自治翁
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/11/28

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 「定年後の経済学」(橘木俊詔)を読んで

    著者は、京都大学経済学部などの教授などを歴任された経済学者です。本書の題名は、老後に生活困難にならないための心得をファイナンシャルプランナーなどが書いた本にありがちな題名ですが、そうではなく、少し学術的な内容です。 定年制の歴史、年金、退職金、医療保険

  • 電子帳簿保存法 延期の次は骨抜き

    元々は2022年1月から本格施行されるはずだった電子帳簿保存法が、企業の対応が遅れていることから、まず2年間の猶予が行われ、続いて骨抜きになりそうです。 安堵している企業が多い一方、真面目に準備していた企業からは「あの苦労は何だったんだ!」という憤りの声も

  • 「地方自治日記」のコンテンツ(目次)

    注:カテゴリ1ごとの分類 各ページへのリンク〇 コンテンツ等 「地方自治日記」のコンテンツ(目次)〔このページ〕 「地方自治日記」にようこそ プライバシーポリシー○ 地方自治 4月1日の奇跡 虚偽公文書作成、大量発生の予感 長期継続契約の制度を

  • 国に対する住民訴訟制度が必要 佐川氏への賠償請求認めず

    森友学園をめぐる近畿財務局での決裁文書改ざんに関与させられて自殺された近畿財務局職員の遺族が起こしていた損害賠償請求訴訟において、11月25日、大阪地裁は、佐川元理財局長への賠償請求を認めない判決を出しました。国家公務員が職務上の行為で損害を加えたときは国

  • 旧統一教会をどこまで追い詰められるか

    文科省が11月22日、旧統一教会に対して宗教法人法に基づく質問権を行使し、組織運営や収支に関して報告を求める文書を発送したことが報じられました。 これまでの数々の民事裁判で、旧統一教会が組織的に違法な集金活動をしていたことは明らかであり、よほどヘマをしなけ

  • 安倍元総理を殺害した容疑者の量刑は?

    今年(2022年)7月に奈良市で安倍元総理を銃撃して殺害した山上容疑者について、精神鑑定を行う「鑑定留置」の期間を検察の請求で来年2月まで延長する決定を裁判所がしましたが、二転三転したようです。 当初は11月29日までの予定だった鑑定留置を、検察庁が「捜査上の必

  • 外形標準課税の基準見直し議論

    11月中旬、総務省が外形標準課税の基準見直しの議論に入ったことが報じられました。減資をして外形標準課税の対象から外れる企業が相次いでいるのを阻止したいようです。私も現在の基準には矛盾を感じていますが、聞こえてくる議論、意見に違和感を覚える部分もあります。

  • 「スタンフォード大学教授が教える熟睡の習慣」(西野精治)を読んで

    私も多くの人と同様、睡眠に悩んでいます。なかなか寝付けないことがあったり、夜中に目が覚めてその後眠れなかったりします。睡眠に関するいろいろな本を読んで実践し、以前よりはかなり改善しましたが、最も役に立ったと感じているのが、この著者の「スタンフォード式最

  • GDPが年率1.2%のマイナスに

    11月15日に政府が発表した2022年7月~9月のGDPが4期ぶりのマイナス成長になりました。年率換算でマイナス1.2%です。日本経済が弱くなってしまったことを感じます。  マイナスの要因は、個人消費の停滞と貿易赤字です。輸入の伸びが輸出の伸びを大きく上回り、GDP

  • 郵便の減少が続く

    付き合いのある会社から勤務先に、「環境に配慮して年賀状を廃止することにしたが、悪しからず、今後もよろしく。当社への年賀状も無用に」という趣旨の葉書が届きました。思い返せば、昨年も何通か来ていました。SDGsの取組の一環と書いてあるものもありました。 たしか

  • 自民党はよほど人材がいないようだ

    昨今のニュースを見ていると、自民党にはよほど人材がいないようです。経済再生担当大臣だった山際氏に続き、今度は法務大臣の葉梨氏です。山際氏は記憶に障害があるようで、大事な職責を果たせるとは思えません。葉梨氏は、人の命の尊厳を理解しておらず、自虐ネタにして

  • 入管制度自体の見直しが必要

    11月初め、国連の自由権規約委員会が日本に対して、政府から独立して人権救済に当たる「人権機関」設立を勧告したことが報じられました。入国管理施設で2017年から21年に収容者3人が死亡したことに懸念を示し、改善を促しています。 こんな人権状況であることは、一応先進

  • 山口県の高級公用車購入に違法の判決

    山口県が2020年に高級車「センチュリー」を貴賓用として2090万円で購入したことについて、違法な公金の支出かどうかが争われた住民訴訟で、山口地裁は11月2日、財務会計上の違法行為として、購入費全額の賠償を県知事に請求するよう県に命じました。 この判決について、納

  • 「老人支配国家日本の危機」(エマニュエル・トッド)を読んで

    日本では、核兵器廃絶に賛同しないと平和主義者ではないと思われるような雰囲気があります。しかし、平和を守るためには日本も核兵器を持った方がいいか持たないままの方がいいかを真剣に議論すべきなのに、その議論が封殺されてしまっています。 著者は、日本も平和を守

  • 北朝鮮の挑発がエスカレート

    ほとんどの国民が飢えに苦しんでいるにもかかわらず、北朝鮮が高価なミサイルを発射しまくっています。そんなお金があるのなら、食料を輸入して餓死する国民を少しでも救おうとすればいいのにと思います。 あの国を見ていると、国民のためにクソの役にも立っていない有害

  • タッキー(滝沢秀明さん)の思い出

    ジャニーズ事務所を急に退社して話題になっている滝沢氏、私はテレビの歌番組やバラエティーもあまり視ず、芸能界には疎いのですが、彼だけは20年ほど前にお会いし、話もしたことがあります。真面目な好青年という印象を持ちました。 私が県の教育委員会事務局で、人事、

  • 民間企業の定款・規則にとまどう

    1年ほど前から、仕事で民間企業の規則などを扱うことが増えました。民間企業にもそれぞれの企業の憲法とも言うべき定款や、取締役会規則、就業規則、賃金規程などの多くの社内規程があります。 私が40年にわたって携わってきた国や自治体の法令や規則と、見た目は同じよ

  • 光熱水費負担軽減はもっと工夫を!

    円安による物価急上昇等に対応するための総合経済対策として、政府、自民党は、電気、ガス、ガソリンなどの価格抑制のための補助をする方向のようです。しかし、この策は、価格上昇を抑える対症療法としての意味しかなく、しかも国民の省エネ努力の足を引っ張る愚策です。

  • 経済対策で光熱水費補助はあまり・・・

    10月26日、円安下の物価上昇などに対応する総合経済対策の規模を30兆円弱に増額する方向で調整に入ったことが報じられました。目玉は、電気、ガス、ガソリンなどの価格抑制策で、これによって標準世帯で4万5千円ほどの光熱水費が助かるとの触れ込みです。 省資源化に逆行

  • 「パパイヤ・ママイヤ」(乗代雄介)を読んで

    「奇跡のような一夏を瑞々しい筆致で描く新時代のガールミーツガール小説、誕生!」と本の帯に記載されています。 私は、ガールミーツガールという小説のジャンルがあることを初めて知り、初めて読んでみました。元々は、「ボーイミーツガール」という言葉があり、「少年

  • 呆れ果てた五輪汚職 元理事は誰が推薦した?

    東京五輪・パラリンピックを巡る汚職は、次々に広がり、止まるところを知りません。組織委員会元理事の逮捕は、10月19日までで4回に及び、関係する贈賄企業は5社を数えています。 あの大会、開催前から誘致に関する買収疑惑が生じ、主な関係者が次々に旧悪がバレて更迭

  • ちょっと恥ずかしい「不法行為」議論

    10月18日、19日の衆議院予算委員会で、旧統一教会に対する調査に関して、宗教法人解散命令の要件に民法の「不法行為」が含まれるかどうかのやり取りがありました。あのやり取りを報道で読み、岸田総理が本当に早稲田の法学部出身なのか、疑いたくなりました。いくら卒業後4

  • NHK受信料の徴収強化

    2022年10月11日、テレビを設置しているのに不正に受信料を支払わなかったときに、通常の2倍の割増金を徴収する制度の案をNHKが発表しました。2023年10月から受信料を10%程度値下げする一方で、こんな悪辣なことを企んでいたようです。 NHKはこの制度を2023年4月から

  • 旧統一教会に対する徹底調査に期待

    10月17日の衆議院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対して宗教法人法に基づく調査を行うよう、岸田首相が文科省に指示したことが明らかになりました。また、同じく17日、霊感商法などへの対策を協議してきた消費者庁の有識者検討会は、旧統一教会への解

  • 落とし物を拾ったときの選択肢

    最近、道で落とし物を拾って交番に届けることが何回か続きました。物を拾うと、わざわざ警察に届けなければならず、かなり時間を取られます。そのうち1回は、若い女性のマイナンバーカードでした。あんなものを持ち歩くことは危険ですから、保険証の代わりになどするべき

  • 健康保険証の廃止など絶対反対

    10月13日、河野デジタル相が会見を開き、現行の健康保険証を2024年にも原則廃止して、マイナンバーカードと一体化する方向であることを明らかにしました。さらに運転免許証なども同様に一体化を予定しているようです。 私は、今のような番号を目で読み取れるような形式の

  • 「養老先生、病院へ行く」(中川恵一、養老孟司)を読んで

    「バカの壁」などで著名な養老孟司さんと、その教え子であり主治医でもある中川恵一医師(東大医学部特任教授)の共著です。第1章、第3章は養老氏が、第2章、第4章は中川医師が執筆し、第5章は両氏にヤマザキマリさん(東京造形大学客員教授)も交えた対談になってい

  • ソ連の夢を追うプーチン

    2022年2月にプーチンがウクライナへの侵略を開始してから、私は、ウクライナがNATOに加盟しようとすることを阻止しようとして武力を行使したロシアが一方的に悪いのだと考えていました。しかし、その後、佐藤優氏やエマニュエル・トッド氏の著作を読み、この戦争を挑発

  • 誤振込みの着服は立法的解決が必要 阿武町の事件

    山口県阿武町が新型コロナの特別給付金4630万円を誤って一人の人に給付してしまい、その口座の名義人がその全額を別口座に振り替えてしまった事件は、全国的な注目を浴びました。現在行われている刑事裁判では、その行為が「電子計算機使用詐欺罪」に当たるかどうかが争わ

  • 岸田首相が自身の長男を首相秘書官に任命

    岸田総理が長男の翔太郎氏(31歳)を新たに首相秘書官に任命したことが、また物議を醸しています。国民の過半数が反対していた国葬を強行し、旧統一教会の問題への対応も甘いために支持率が落ちている中で、こんな公私混同を疑われるようなことをすれば、批判されても当然

  • 「小さい白いにわとり」の本当の意味

    私が小学校1年生の時の国語の教科書に載っていた話で、これだけは妙に記憶しています。私だけでなく、なぜか頭に残っている人が多いようで、ネットで検索すると多くの人のブログがヒットします。 まず、私が不確かながら覚えているのは次のようなものです。  小さい

  • 国葬に半旗を掲げない市町村を与党県議が恫喝?

    ネットの報道によると、安倍元総理の「名ばかり国葬」に際して新潟県内の市町村の一部が弔意を表す半旗を掲げない方針を示したことに対し、自民党の高見美加県議が「なるほど、よく覚えておきます」とツイートしたとのことです。 せっかく政府が自粛して。地方自治体など

  • ラスパイレス指数を民間でも活用すべき

    地方自治関係者なら給与のラスパイレス指数のことは誰でも知っています。しかし、民間企業の人には、この指数のことはあまり知られていません。私は、日本の給与水準を上げるため、民間企業でラスパイレス指数の活用を促すべきだと思います。 ラスパイレス指数 例年、9

  • 「第三次世界大戦はもう始まっている」(エマニュエル・トッド)を読んで

    著者は、フランスの歴史・人口学者で、これまで数多くの著書でソ連崩壊、リーマンショック、トランプ大統領の勝利等を予言してきたことで有名です。彼の著書はこれまで何冊か読んでいますが、いずれも鋭く的確な分析に感銘を受けました。 本書は、主に2022年2月に始まっ

  • 引き時を失した岸田総理

    本稿は9月26日(月)に予約投稿を予定して25日(日)午後書いています。 明日27日(火)はもう安倍元総理の国葬です。25日(日)の昼ころ、用事があって市の繁華街へ出かけました。そこでは、国葬に反対するグループが街宣とビラ配りをしていました。 私が通りかかった

  • 「プーチンの野望」(佐藤優)を読んで

    本書は、2022年2月24日に起こったロシア軍によるウクライナへの侵攻を受けて6月に出版されたものですが、全部が侵攻後に執筆されたものではなく、2005年ころから著者が週刊誌などに載せた文章が集約されています。 中堅官僚に過ぎなかったプーチンが権力を掌握するに至っ

  • マイナンバーカード取得率が平均以下で交付金ゼロ!

    9月22日の朝刊などで、「マイナンバーカードの取得率が平均以下の自治体には交付金をゼロ」という報道があり、「またか!」と腹を立てましたが、記事をよく読むと、見出しがセンセーショナルすぎただけで、怒る必要はなかったようです。  2023年度から創設して自治体に

  • 部活動の地域移行に不安

    文科省やスポーツ庁などが進める公立中学校の部活動の地域移行ですが、私にはいいことばかりではないように感じられ、今後示されていく具体的な形に注目しています。まずは休日の部活動からはじめ、様子を見ながら平日にも拡大していく方針のようです。  まず、長所とし

  • また二階氏がアホな発言を・・・

    何でこの人は、いつも国民をわざわざ怒らせるような発言をするのでしょうか?自分の考えを述べているだけなのでしょうが、そんな発言をすればますます国民を怒らせ、岸田政権の足を引っ張るということが分からないとすればもう政界から引退すべきでしょう。足を引っ張るた

  • ロシア国内のプーチン排除の動きに期待

    ウクライナ軍の攻勢で、9月に入りロシア軍の大規模な敗走が起こりました。9月16日時点で両国政府は確認していませんが、この方面のロシア軍の司令官である中将が捕虜になったという驚くべき情報まであります。 ウクライナや西側諸国では、切羽詰まったプーチンが核兵器

  • 「世界一楽しい決算書の読み方」(大手町のランダムウォーカー)を読んで

    「会計クイズを解くだけで財務3表がわかる」という副題です。この副題のとおり、会計クイズが出題され、それを解説する中で財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の見方を説明するのがメインの内容です。 また、会計に関する知識をほとんど持って

  • 女王のご逝去で英国が本物の国葬

    70年にわたり英国、英連邦の国王として君臨されていたエリザベス女王が亡くなり、英国では当然国葬が行われることになりました。これこそ本物の国葬であり、我が日本の「名ばかり国葬」の影がますます薄くなってしまい、影響を受けざるを得ない気がします。 英国の国葬は9

  • 旧統一教会と自民党などとの泥仕合勃発を期待

    9月8日、自民党が、所属議員が旧統一教会とどの程度の関係を持っていたかを自主点検した結果を公表し、今後は一切のかかわりを持たないことを所属議員に求めることを発表しました。 第三者の検証を経ない自主点検ですから、かなり甘めになっていると思いますが、それで

  • 国葬の元凶はやはり麻生だったか・・・

    岸田総理に3度も電話をかけて、安倍元総理の国葬の実施を迫ったのが麻生副総理であったことが、いくつかのメディアに報じられました。国葬が盛り上がれば「あれは俺が岸田にやらせたんだ」と得意になるつもりだったのでしょう。強く迫っていながら、反対の世論が強いとみ

  • 大学は昔からカルトなどに狙われている

    統一教会が大学生の間にもかなり侵食していることが分かって驚く人もいるようですが、そんなことは昔からです。 私が学生の頃、つまり1970年代からそうでした。 私は4年間の大学生活を、2年ずつ二つの学生寮で過ごしました。そこは、大学が設置し、寮監は教授でしたが

  • 公園の鷹、横須賀市への賠償命令はおかしい

    米国では耳を疑うような変な裁判が多く、それを批判したばかりですが、日本でも変な判決がありました。 『「価値観を同じくする」への違和感』 参照願います。  公園のフェンスに鷹がひもでつながれていたので、住民が子供に危険と思って市に通報しました。市の担当

  • 「価値観を同じくする」への違和感

    安倍政権の時代からよく耳にするようになった言葉「価値観を同じくする国」、聞くたびに違和感を覚えています。 中国やロシアと一線を画すために使われる言葉で、すべての「価値観」を指すものではなく、単に、民主主義、人権の尊重、法の支配といった価値観だけを指す限

  • 戦争の終結はやはりロシア国民が鍵か

    ロシアによるウクライナ侵略戦争が始まって半年以上が過ぎましたが、一向に終わる気配がありません。経済制裁によってロシア経済が破綻し、ロシアの継戦能力が尽きることを期待していましたが、エネルギー資源を持つ国はそう簡単には破綻しないようです。 各国の専門家も

  • 議論しないまま原発政策を転換する岸田政権

    岸田首相は、8月24日に開催されたGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議の中で、原発政策に関する重要な転換をいくつか打ち出しました。原発の新増設や建て替えは想定しないという基本方針を転換させて「次世代型原発」の検討を始めること、最長60年としてき

  • 「名ばかり国葬」などしないほうが・・・

    9月27日に予定されている安倍元総理の国葬に際し、各府省や関係機関に対して弔意表明を求める閣議了解は行わないことになったようです。8月26日の閣議後の記者会見で松野官房長官が明らかにしました。 「国民一人一人に弔意を求めるとの誤解を招くことがないよう、閣議

  • ロシヤ、野蛮国・・・

    「ロシヤ、野蛮国・・・」という「しりとり(唄)」をご存じですか?おそらく、日露戦争直後から昭和30年代くらいまで日本国内で広く流布していたものです。私の感触だと、2022年現在で60歳代の人は5割程度、70歳代の人は7割程度、80歳代以上は大半の人が知っているでし

  • 「店長がバカすぎて」(早見和真)を読んで

    吉祥寺にある中小の書店に勤める女性書店員(28歳、契約社員)が主人公です。本好きのため、書店員にあこがれて契約社員として就職しましたが、薄給と、店長が軽薄でバカであることに悩まされ、退職も考えています。  本書を読んで、書店の様々な業界事情を垣間見ること

  • 旧統一教会の排除に拍車をかける韓国のデモ

    8月20日にいくつかのメディアが報じたところによると、韓国ソウルで、日本のメディアによる旧統一教会に対する「偏向報道」への抗議デモが行われたとのことです。こんなことをすれば、日本国内で旧統一教会に対する排斥の動きを盛り上げる結果になることは自明です。 馬

  • 古い制度は見直すべき 時間外勤務の端数処理など

    「ザ・ゴール」の著者として有名なエリヤフ・ゴールドラット博士の著作に、「チェンジ・ザ・ルール!」があります。20年ほど前、組織経営改革担当の部署に配属され、ビジネス書を乱読していた時期に読みました。博士の一連の著作と同様、TOC(制約性の理論)をストーリ

  • 今年も繰り返された政治家の靖国参拝と批判

    2022年8月の終戦の日も、政治家による靖国神社参拝と、それに対する中韓などの反発が飽きもせず繰り返されました。中韓などに批判されると、こっちも反発したくなってしまいますが、日本側にも弱みがあるため、あまり文句を言えないのが残念です。 参拝する政治家の弱み

  • 若い世代ほど「親ガチャ」を認識

    共同通信社や全国の地方新聞で構成している「日本世論調査会」が公表した全国世論調査の結果によると、「親の収入などの境遇で子供の人生が決まるか」という問いに対して、「決まると思う」が18%、「どちらかと言えば決まると思う」が55%、合わせて73%がそのように考え

  • 2022年8月の内閣改造の意味が分からない

    8月10日(水)から12日(金)にかけて行われた内閣改造、何を狙ったものなのか、解釈に苦しんでいます。 内閣支持率が低下しているので刷新、イメージチェンジを狙ったのだろうとは思うのですが・・・。 この時期に行うとすれば、旧統一教会とつながりのある閣僚、副大

  • マイナンバーカードの保険証利用で厚労省が迷走

    共同通信などが8月8日に報じたところによると、厚労省が、マイナンバーカードの保険証利用について、医療機関での患者の窓口負担を軽くする方向で検討を始めたとのことです。具体的には、現在のマイナンバーカードを保険証として使った場合の診療報酬の加算を引き下げ、代

  • 「1%の努力」(ひろゆき)を読んで

    本書の冒頭近くで著者が読者に「あなたの家には、エッグスタンドがありますか?」と問いかけています。私の家には、そんな物はありません。エッグスタンドという言葉も知らず、見たこともありませんでした。地域柄かもしれませんが・・・。 卵を置くためだけにテーブルに

  • 徴用工問題の解決は極めて困難そう

    韓国の大法院が元徴用工の賠償請求訴訟で三菱重工など日本企業に対して2018年に行った賠償を命ずる判決の後始末が難航しています。原告側による日本企業の財産の差し押さえ申請が認められ、資産の売却命令を不服とする日本企業の再抗告が審理中で、今年9月前後には棄却によ

  • 県民割などは一時中止すべきではないか

    7月末、新型コロナの感染拡大がすさまじい勢いです。死者、重症者数も増えています。重症化リスクの高い高齢者にも感染が拡大しているためです。 県民割は一時中止すべきでは? 国や自治体は、特に高齢者に不要不急の外出を控えるよう呼びかけを始めています。そんな中

  • やはり国葬など言い出すべきではなかった

    メディアの世論調査結果が発表され、安倍元総理の国葬については国民の意見が二分しており、反対する人が賛成する人を上回っているようです。7月14日に岸田総理が記者会見で国葬などと言い出した際、こんなことになるのではないかと危惧していましたが、そうなってしまい

  • 旧統一教会に対する自民党幹部の認識の甘さ

    旧統一教会との親密な関係をマスコミや野党から追及されておる自民党ですが、ここに来て一部の幹部が開き直りともとれる反応をみせ、ますますひんしゅくを買っています。 岸防衛相は、世界平和統一家庭連合が、霊感商法などで社会問題になっていた旧統一教会だと認識した

  • 佐川元局長の尋問なしで結審は変だ!

    公文書改ざんをさせられたことを苦にして自殺された近畿財務局職員のご遺族が国や佐川元財務省理財局長に対して損害賠償を求めていた裁判が、7月27日に結審し、判決言い渡しは11月25日と報じられました。国は既に遺族側の言い分を全面的に認め、裁判を降りて(逃げて)し

  • 2022年最低賃金の協議が難航

    2022年の最低賃金について、労使の代表等が参加する中央最低賃金審議会の協議が難航し、7月28日時点でまだ決着していません。経営者側の苦しい事情も分からないではありませんが、ここは既定路線どおり、早期の最低時給1000円超えを目指して大幅上昇をすべきだと思います。

  • 安倍元総理の死後の功績

    安倍元総理について、生前に国葬に値する功績(功績から害を差し引いたもの)があったか、私は甚だ疑問に思っています。しかし、その死がもたらした影響は、かなりの功績でしょう。彼の死により、旧統一教会に関することが次々に報道されています。これをきっかけとして、

  • マイナンバーカード普及をがんばる自治体

    先日、印鑑証明書が必要になって、職場の昼休みにかけて1時間の年休をいただき、市の窓口に行って手続きしました。その際、窓口の担当者から、「全員の方にお伺いしております。ナイナンバーカードの取得はお済みでしょうか?」と聞かれ、私は既に交付を受けているので、

  • 「パリ・エコと減災の街」(竹原あき子)を読んで

    本の帯に書かれたコピー「セーヌ河岸を核に緑化・エコ・福祉・減災の街に 社会的共生を目指すパリの都市デザイン!」が、本書の主な内容を伝えています。 デザイン関連の仕事、研究をされている知人が、おもしろいからぜひ読むようにと貸してくれました。読みながらいろ

  • 怪しげな団体を応援するのは危険

    安倍元総理の暗殺事件について、連日の報道から犯人の動機がほぼ分かってきました。安倍氏が旧統一教会とどの程度の関係にあったかは不明ですが、犯人も、安倍氏が旧統一教会と深い関係があると信じていたわけではなく、この社会に最も影響力のある「シンパ」と理解してい

  • 新型コロナワクチンの4回目接種

    7月15日(金)の勤務後、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を受けました。少し迷いましたが、第7波の感染が拡大しており、受けないわけにはいきません。 私の場合、すべて集団接種会場でのお任せコースだったので、4回とも武田モデルナ製のワクチンでした。接種

  • 国葬など言い出すべきではなかった

    岸田総理が7月14日の記者会見で、この秋に安倍元総理の国葬を行うことを表明しました。こんなことを言い出すのではないかと危惧していましたが、案の定でした。安倍氏の支持層を自らの支持層に取り込みたいという思惑でしょう。 功罪があらためて議論になってしまう 誰

  • 英国の政治風土がうらやましい

    本稿は、7月8日に投稿の予約設定をしていたものです。その日、安倍元総理が銃撃され、亡くなる事件が発生したため、タイミングが悪いと思って急遽投稿を中止し、別の原稿に差し替えました。今回、それに少し手を加え、あらためて投稿しています。 ジョンソン首相の辞意

  • マイナポイント15,000円分をゲット

    2022年6月30日に始まったマイナポイントキャンペーン第2弾で、15,000円をPayPayでいただきました。 このキャンペーンは、最大で総額2万円いただけるキャンペーンです。マイナンバーカードを新規取得すると5,000円分、そのマイナンバーカードを健康保険証として使用でき

  • 安倍元総理殺害に対する各党首らのコメントに違和感

    7月8日に安倍元総理が殺害され、各政党の党首やマスコミのインタビューに応じた一般人がコメントしていますが、一部に違和感を覚えています。 「言論の自由を暴力で封殺」「民主主義への挑戦」などです。ちょっとピントがずれている気がします。犯人の動機がそんな大層な

  • 安倍元総理が殺害される!

    今日(7月8日)、昼休みに入る直前、スマホにニュース速報が着信し、事件の発生を知り、仕事を終えて帰宅後、亡くなったことを知りました。 私は、安倍氏が森友、加計学園、桜を見る会などの様々な疑惑を説明しようとせずにごまかし続けていることについて批判を続けて

  • 進歩していたワクチンWeb予約システム

    2月10日に新型コロナの3回目ワクチン接種を受けていた66歳の私に、7月4日、ようやく4目接種の接種券が郵送されてきました。3回目接種から間もなく5か月になる、ちょうどいいタイミングです。 接種日は、7月21日(木)16:30に指定されていました。あいにくその翌

  • 「まんがでわかる7つの習慣Plus」(フランクリン・コヴィー・ジャパン監修)を読んで

    「まんがでわかる7つの習慣」の続編のような位置づけです。前書でも7つの習慣すべてが解説されていましたが、本書も7つすべてが解説されてて、単独でも楽しみ、学ぶことができます。前書がおもしろかったので、こちらも手に取りました。 「まんがでわかる7つの習慣」(

  • プーチンはまだ辞任しないのか・・・

    中村逸郎教授が予言したプーチンの6月中辞任は実現しませんでした。また、世界の多くの情報機関筋が予測していたプーチンの重病による入院も、まだ実現しません。ロシア国民のためにもがっかりしながら、早期実現を願っています。 「専門家がプーチンの6月中辞任を予言」

  • 参議院選、政策(政党)で選ぶか人柄で選ぶか

    7月10日(日)に投開票が行われる参議院選、私はまだ選挙区の投票先が決まっていません。いつもは早い時期に決まっていることが多いのですが・・・。 政策(政党)で選ぶか人柄で選ぶか、迷っているのです。私は、原発を存続させることには絶対に反対であり、再稼働を画

  • 公務員の重みの演出?

    私は長年、県職員など地方公務員として生きてきたので、「公務員の重み」については理解していました。不祥事を起こした場合の罰が厳しい、ローンを組む際などに信用があるなどです。最近、仕事の関係である法人(株式会社)の役員(取締役等)変更登記に関わる機会があり

  • 労働に見合った賃金、価格を

    顧客トラブルを理由に契約を解除されたのは、時短営業に対する報復で不当だとし、セブンイレブンの元店長が訴えていた裁判で、6月23日、大阪地裁が本部側の主張を認め、元店長の請求を退けました。しかし、この裁判は、異常な顧客対応を理由とする契約解除が認められたも

  • また交付税制度を歪めようとする政府

    6月19日、普通交付税の算定に各自治体のマイナンバーカードの普及率を反映させることを検討することが明らかになりました。総務大臣が、記者会見の際、発表したようです。「また始まった」という感じです。 総務省は、地方の固有財源である交付税を勝手にいじって、政策

  • 武力行使を始めた馬鹿には罰が必要

    ロシアによるウクライナ侵略戦争の終わらせ方について、議論が始まっているようです。正義を優先するか、犠牲者を最小限に抑えることを優先するのか、難しい問題です。 しかし、今後の世界のことを考えると、武力侵略を始めた国に得をさせてはならないでしょう。そんなこ

  • 原発廃止を最高裁判決が後押し

    6月18日、東京電力福島原発の事故について、最高裁が国の責任を否定する判決を下しました。この判決には納得できませんが、原発事故が起こった場合、原発を強引に推進していた国が賠償責任を負わないということであれば、原発の早期廃止を求める声に拍車がかかるでしょう

  • サントリーからの寄付で安倍元総理らを告発

    6月15日、安倍元総理の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会に際しサントリーがビールなどを無償提供していた問題で、神戸学院大の上脇教授が、安倍氏や元公設秘書らを東京地検に告発したことが報じられました。寄付に当たるのに2017~19年分の政治資金収支報告書

  • 「同志少女よ、敵を撃て」(逢坂冬馬)を読んで

    本書は、2021年のアガサクリスティー賞の受賞作品です。第二次世界大戦時のソ連とドイツの戦いに狙撃兵として参戦した女性兵士が主人公です。主人公は、農業地帯の村で、高校を終えて外交官を目指して大学入学を待っていましたが、その村にドイツ軍が侵攻し、家族や村の住

  • 専門家がプーチンの6月中辞任を予言

    6月10日、ロシア政治を専門とする筑波学院大の中村逸郎教授が、情報番組の中でプーチン大統領が6月中に辞任する可能性が99%だと断言したことが話題になっています。 私も、半信半疑どころか「そんなに早く事態が好転するかな?」と疑う気持ちのほうが大きいのですが、

  • 議員定数半減条例を安芸高田市議会が否決

    6月10日、安芸高田市議会が、市長が提案した同市議会の議員定数を現行の16から8に半減する条例改正案を賛成1人、反対14人の賛成少数で否決したことが報じられました。3月議会で、議員提案による条例改正で2人だった副市長が1人に削減された対抗措置だったとの声もある

  • ふるさと納税の欠陥がまた・・・

    ふるさと納税制度は、これに反対する良識ある官僚らの意見を封殺して政治家どもが創設した世紀の愚策です。全国のトータルでは寄付金が増える反面で税収は減り、しかも、住民サービスを提供する自治体と対価を得る自治体が食い違うようになってしまいました。これは、税の

  • 2022年は節電の夏

    6月7日、政府が、2022年の夏は電力需給ひっ迫が予想されるとして、企業と家庭に7~9月の節電を要請したという報道がありました。また、2023年1月には、東京電力管内で電力不足が予想されているようです。 太陽光発電と蓄電池の普及が急がれる 住宅建設時の太陽光発

  • 「認知症世界の歩き方」(筧裕介)を読んで

    認知症の人が日々どのような体験しているか、どんな世界で暮らしているのかについて、旅行記、探検記として描かれています。著者は、社会の課題を解決するためのデザイン(ソーシャルデザイン)の研究、実践をされている研究者、デザイナーです。私も最近「デザイン思考」

  • 資産所得倍増には賛成だが

    岸田総理が突然ぶち上げた「資産所得倍増計画」、いろいろ批判もありますが、私はその目標自体には賛成で、当然目指さなければならないと思っています。また、実現可能性に否定的な意見もありますが、現在の日本人の資産所得はわずかであり、これを倍増することなど、それ

  • 泊原発の運転差し止め判決を歓迎

    5月31日、札幌地裁が、北海道電力泊原発で現在定期検査中の3基すべての運転差し止めを命ずる判決を下しました。津波に対する安全性の基準を満たしていないことが理由です。防潮堤の地盤に液状化が生ずる可能性がないことを設置者が説得力のある説明をできなかったようで

  • 侵略者にご褒美を与えるなど絶対ダメ!

    ロシアによるウクライナへの侵略戦争を終わらせるためとして、ウクライナ側に領土での譲歩を促すかのような主張が米国などで出てきているようです。米国の負担も過重になっていることは理解できますが、そんなことをすれば、侵略をやった方が得をするという前例を作ってし

  • 岸田内閣が敵視しているのは財政民主主義

    岸田内閣は、令和4年度予算編成の基本方針の中などで、「単年度主義の弊害是正」に繰り返し言及していました。予算単年度主義の弊害については、私たち実務者も感じているところで、ついうっかり同感してしまいそうになりますが、岸田内閣の意図が怪しげだったので、私は

  • 中ロ抜きの経済枠組みを急がなければならない

    5月24日、中国とロシアの爆撃機など4機が、用もないのに共同で日本周辺を長距離飛行したことが報じられました。この日や前日に行われた日米首脳会談、クアッドの首脳会談に反発したものと考えられていますが、まさに、「ならず者連合」の名にふさわしい行為です。 ロシア

  • マイナンバーカードの保険証利用に反対

    5月24日、マイナンバーカードの保険証利用に関して、政府の方針が二つ、別々に報じられました。私はそのうち、一つは歓迎、もう一つは大反対です。 一つは、4月の診療報酬改定で新設した加算措置について廃止を含め見直す方向で検討するという報道です。マイナンバーカ

  • プーチンをネオナチに認定すべきだ

    ウクライナのマリウポリが完全にロシアに制圧されてしまいました。圧倒的な兵力で包囲され、いずれは制圧されてしまうと予想されていましたが、残念なことです。しかも、ロシアは、投降した兵士らを「ネオナチ」の犯罪者とみなし、通常の捕虜として処遇しないかもしれない

  • 「まんがでわかる7つの習慣」(フランクリン・コヴィー・ジャパン監修)を読んで

    ビジネスライフを成功に導くためのガイドとして特にビジネスマンに読まれている「7つの習慣」(コヴィー)を、漫画で分かりやすく解説したものです。コヴィーの思想を中心にビジネスセミナーを展開している組織が監修しています。  ストーリーは、亡父のバーを復活させ

  • 戸籍の読み仮名は姓も気になる

    5月17日、法制審議会は戸籍の氏名に新たに読み仮名を付ける件について、中間試案をまとめ、公表しました。いわゆる「キラキラネーム」をどこまで柔軟に認めるかという点に注目が集まっています。 私はその点についても関心はありますが、読み仮名を付けること自体の是非に

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、地方自治翁さんをフォローしませんか?

ハンドル名
地方自治翁さん
ブログタイトル
地方自治日記
フォロー
地方自治日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用