searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

和辻鉄丈さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

限定御朱印・かわいい御朱印には拘りませんが、訪れる場所は永年に亘り人々に守られた寺社。併せて周辺の見所・食事処も紹介しています。

ブログタイトル
和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)
ブログURL
http://junreiwoguranomiyabi.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
20代後半から本格的に始めた史跡古刹探訪。その歩みを振り返ったブログです。寺社、街並み、絶景に加え、御朱印、風景印、マンホールカードも掲載しています。併せて交通手段も記載。
更新頻度(1年)

326回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2018/10/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、和辻鉄丈さんの読者になりませんか?

ハンドル名
和辻鉄丈さん
ブログタイトル
和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)
更新頻度
326回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)

和辻鉄丈さんの新着記事

1件〜30件

  • 稲田観音(大阪府東大阪市) 

    河内に桃源郷を見た!(2020.5.20)<コース> JRは日中15分間隔で運転JR北新地 → (学研都市線) → JR徳庵 → 徒歩10分 → 稲田観音圓通山 救世院 観音禅寺(曹洞宗 河内西国三十三ヵ所第三十番札所) この日も先週に続き河内西国札所巡礼。といっても自宅から最も近い学研都市線沿い。通常ならばJR徳庵駅から徒歩ですが、花博記念公園を抜けて徳庵までサイクリング。徳庵駅から線路沿いに南下すると目指す寺院。 本来は横に入った...

  • 額田寺(大阪府東大阪市) 地名を冠した古刹

    新築の古刹と駅長住職(2020.5.14)<コース>近鉄上本町 → 額田 → 徒歩40分 → 慈光寺 → 徒歩50分 → 玄清寺 → 徒歩5分 → 額田寺医王山 額田寺(真言宗単立寺院 河内西国三十三ヵ所第二十二番札所) 二十二番札所は二十三番札所から数百m西という近さ。医王山額田寺(いおうさんがくでんじ)は、『弘仁年間(810~824年)にこの地の豪族・額田首であった高内皆人が平城から難波へ向かう弘法大師の宿泊のために建立。その際に大師が薬...

  • 玄清寺(大阪府東大阪市) 霊験あらたかな東向観音様

    三密を避け地域密着型の札所巡礼(2020.5.14)<コース>近鉄上本町 → 額田 → 徒歩40分 → 慈光寺 → 徒歩50分 → 玄清寺浄翁山 玄清寺(浄土宗 河内西国三十三ヵ所第二十三番札所) 額田駅まで戻った後は西へ5分程言った札所へ。高台とは言え、周囲は人家が立ち並ぶ街中の寺院。境内には保育園もあります。 浄翁山玄清寺 (じょうおうさんげんせいじ)は、『慶長2年(1597年)、額田村の高内正定氏が聖誉上人を招き菩提寺として創建。...

  • 慈光寺(大阪府東大阪市) 暗峠に近いホトトギスの里

    髪切山で息切れ(2020.5.14)<コース>近鉄上本町 → 額田 → 徒歩40分 → 慈光寺髪切山 慈光寺(真言毘盧遮那宗 河内西国三十三ヵ所第二十四番札所) この日も先週に続き河内西国札所巡礼。興法寺に続く生駒登山となりました。通常ならば近鉄額田駅から徒歩ですが、コロナ騒動のため三密を避けて家から額田までサイクリング。額田から東へと登りますが、ここは古代の平城京から難波に出る街道。34㎞は最短コース、鞍部にあたるの...

  • 北御堂(大阪市中央区)

    未曽有の厄災退散を御堂でお参り(2020.5.11)<コース>梅田 → (地下鉄御堂筋線) → 本町 → 徒歩3分 → 坐摩神社 → 徒歩2分 → 南御堂 → 徒歩3分 → 北御堂西本願寺 津村別院(浄土真宗本願寺派) 南御堂に続き地下鉄中央線を越えて北御堂へ。南御堂は信長との講和に反対した教如上人が大坂に建てた寺院。北御堂の沿革は次の様、『織田信長との石山合戦で第11世・顕如上人は大坂本願寺を明け渡し京都へ移るが、大坂から離れ難い門徒...

  • 南御堂(大阪市中央区)

    境内でブットンだ話(2020.5.11)<コース>梅田 → (地下鉄御堂筋線) → 本町 → 徒歩3分 → 坐摩神社 → 徒歩2分 → 南御堂東本願寺 難波別院(浄土真宗大谷派) 御堂筋は市内を南北に通る大動脈ですが、御堂の語源になったのが南北にある御堂。本来は寺院の事を言いますが、一般には御堂・御坊と言えば浄土真宗寺院を指します。 御堂筋に面して東向きの山門は、積和不動産関西南御堂ビルが兼務。ぶっ飛ぶ程、大きな門ですが、参拝な...

  • 坐摩神社(大阪市中央区) 難波の中央に鎮座する摂津國一之宮

    大阪の中央でサギに会う!(2020.5.11)<コース>梅田 → (地下鉄御堂筋線) → 本町 → 徒歩3分 → 坐摩神社坐摩神社(摂津國一之宮 式内社 旧官幣大社) 大阪の船場付近に所要があり、空き時間を使ってお参り。摂津國一之宮と言えば住吉大社とばかり思っていましたが、坐摩神社もそうだと聞き驚き。地元民には「ざまじんじゃ」で知られますが、正式には「いかすりじんじゃ」と呼ぶと知り二度びっくり。私的には後者の呼び方の方が...

  • 大龍禅寺(大阪府東大阪市) 唐様建築の日下の観音様

    寺の合図は鯉のぼり?(2020.5.5)<コース>近鉄上本町 → 石切 → 徒歩40分 → 興法寺 → 徒歩50分 → 大龍禅寺瑞雲山 大龍寺(黄檗宗 河内西国三十三ヵ所第二十八番札所) 興法寺参拝の後は、生駒山を【後方】に見ながら石切駅まで戻って北西へ1㎞弱。この辺りは土地の勾配がきつく、少し移動しただけで高度が変わります。目的地に着いた時には随分と下界へ降りた印象。字も日下と言うのだそう。正面から見た総門総門下から境内を...

  • 興法寺(大阪府東大阪市) 生駒の西の聖天さま

    端午の節句は濃い登り(2020.5.5)<コース>近鉄上本町 → 石切 → 徒歩40分 → 興法寺鷲尾山 興法寺(真言宗醍醐派 準別格本山 河内西国三十三ヵ所第二十六番札所)生まれて半世紀以上経ちますが、雛祭りには縁があっても端午の節句には縁が薄い。普通ならばGW明けに備えて自宅でじっとすべきでしょうが、流石に待機4日目ともなると外の【大気】が吸いたくなって近場を散歩。以前の巡礼先で『河内西国霊場』というのがあるらしいと...

  • 東海道五十三次・保土ヶ谷宿(横浜市保土ヶ谷区)

    保土ヶ谷宿の今昔(2015.4.29)<コース>JR横浜 →JR戸塚 → 徒歩7分 → 東海道戸塚宿 → JR戸塚 → JR保土ヶ谷 → 徒歩5分 → 東海道保土ヶ谷宿 → 徒歩5分 → 相鉄天王町 → 相鉄横浜旧東海道と保土ヶ谷宿本陣 戸塚からは京浜東北線でJR保土ヶ谷下車。東海道でありながら東海道本線が通過してしまうといのは何とも気の毒ですが、かつては三崎・浦賀方面、そして鎌倉・江の島方面への分岐点でもありました。上方見附付近の松並木といって...

  • 東海道五十三次・戸塚宿(横浜市戸塚区)

    戸塚宿の今昔(2015.4.29)<コース>JR横浜 →JR戸塚 → 徒歩7分 → 東海道戸塚宿戸塚宿の中央付近にある澤邊本陣跡 世間はGWですが、こちらはカレンダー通りなので近場でお茶を濁しました。戸塚宿は戸塚町・吉田町・矢部町からなる宿場。政令指定都市の横浜市の戸塚区であり、東海道本線の駅があり、お江戸日本橋からちょうど十里。当然最初からあった宿場と思っていましたが、意外にも1601年の幕府の宿場整備時には神奈川・保土ヶ...

  • 東海道箱根宿から小田原宿へ(神奈川県足柄下郡箱根町)

    箱根奔りの半日労(2015.4.26)<コース>JR横浜 → JR小田原 → (箱根登山鉄道) → 箱根湯本 → 徒歩25分 → 阿弥陀寺 → 徒歩40分 → 正眼禅寺 → 箱根湯本 → (箱根登山鉄道) → 小田原 → 徒歩10分 → 城下町小田原駅箱根登山鉄道ホームにて GW直前は好天に恵まれたので、チョイ足を延ばして箱根湯本まで(8:10着)。四半世紀以上前に住んでいたころは諸般の事情で見向きもしなかったのを思い出します。 箱根湯本は温泉街で賑わいますが、...

  • 葛井寺(大阪府藤井寺市) 山号、寺号と境内が紫に彩られた札所

    本当に手が千本ある御本尊(2020.4.28)<コース>近鉄阿倍野駅 → (準急) → 古市駅 → 徒歩10分 → 誉田八幡宮 → 徒歩20分 → 野中寺 → 徒歩15分 → 辛國神社 → 徒歩2分 → 葛井寺 → 徒歩5分 → 藤井寺駅 → 近鉄阿倍野駅紫雲山 葛井寺(真言宗御室派 西国三十三ヵ所第五番札所) この日の締めは西国札所の葛井寺へ。普通は近鉄駅から南下するので脇の西門から入山となりますが、今日は北上したので正門である南大門から。紫雲山という...

  • 辛國神社(大阪府藤井寺市)

    カラ国から渡来した人の氏神様(2020.4.28)<コース>近鉄阿倍野駅 → (準急) → 古市駅 → 徒歩10分 → 誉田八幡宮 → 徒歩20分 → 野中寺 → 徒歩15分 → 辛國神社辛國神社(式内社) 野中寺参拝の後は東側の道を北上し履中天皇陵を右に見て駅方面へ。西国札所葛井寺のすぐ西側に鎮座するのが辛國神社(からくにじんじゃ)。駅からは徒歩5分。春日丘台地という高台にあります。鳥居から続く参道両脇は鬱蒼とした木々が繁茂していますが、...

  • 野中寺(大阪府羽曳野市) 河内の中之太子

    街中に建つ野中寺(2020.4.28)<コース>近鉄阿倍野駅 → (準急) → 古市駅 → 徒歩10分 → 誉田八幡宮 → 徒歩20分 → 野中寺青龍山 野中寺(高野山真言宗 西国薬師四十九霊場第十四番) 誉田八幡宮参拝を終えて、道路を西へ。その名も野中寺という交差点に差し掛かると道路の北側に仁王門が見えるのが野中寺。 青龍山野中寺(せいりゅうさんやちゅうじ)は、『創建は飛鳥時代。聖徳太子の命を受けた蘇我馬子が開基とされる古刹。太子...

  • 誉田八幡宮(大阪府羽曳野市) 応神天皇陵を守る最古の八幡宮

    世界遺産古市古墳群に鎮座する八幡さまでおうじを偲ぶ(2020.4.28)<コース>近鉄阿倍野駅 → (準急) → 古市駅 → 徒歩10分 → 誉田八幡宮誉田八幡宮(旧府社) 下の太子に続き中の太子に参拝すべくJRで天王寺まで戻り阿倍野から近鉄に乗換。寺の最寄りは藤井寺駅ですが二駅先の古市で下車。 昨年、世界遺産登録された古市古墳群の地。大阪で古墳と言えば伝仁徳天皇陵の大山古墳がある堺市が第一に思い浮かびますが、ここ古市もそ...

  • 大聖勝軍寺(大阪府八尾市) 河内の下之太子

    無垢な太子を救った椋の樹(2020.4.28)<コース>JR大阪 → (大和路快速) → JR久宝寺 → (普通) → JR八尾 → 徒歩20分 → 大聖勝軍寺神妙椋樹山 大聖勝軍寺(高野山真言宗) JR八尾駅南、国道25号線沿いに建つ大聖勝軍寺へ。上之太子の叡福寺、中の太子の野中寺に対し、下の太子と呼ばれ聖徳太子所縁の寺です。ここは古代より難波から大和へと続く交通の要衝。蘇我氏と並ぶ古代の大豪族・物部氏は付近の渋川を根拠にして河内を支配し...

  • 小林一三記念館(大阪府池田市) 雅と俗の混在した山荘?

    綿麺と受け継がれた商人魂(2019.4.13)<コース> 電車は日中10分間隔で運転阪急梅田 → (阪急宝塚線) → 池田 → 徒歩10分 → 小林一三記念館小林一三記念館 (旧宅;雅俗山荘) 桜も終盤になり、北摂の池田市まで。キタの中心地梅田から阪急電車で20分。1日ならずとも【半休】を取れば十分見て回る事ができます。 朝ドラの「てるてる家族」「まんぷく」で最近注目されていますが、古代には呉服(くれは)の里と呼ばれた場所。服飾...

  • 二本松城と少年隊(福島県二本松市)

    在来線を二本待つ(2018.4.11)<コース>JR東京(6:40) → (やまびこ203号) → JR福島(8:35→8:45) → JR桑折(8:59) → 徒歩10分 → 旧伊達郡役所 → JR桑折(11:49) → JR福島(12:03→12:20) → JR二本松(12:42) → 駅観光案内所 → レンタサイクル → 二本松城下町二本松奉行所の看板がある駅前派出所 桑折の後は在来線の上りで郡山に向かいますが、二本松で途中下車。新幹線こそ停車しませんが、岳温泉、安達太良山、高村智恵子の生...

  • 旧伊達郡役所(福島県伊達郡桑折町)

    粋な役所は伊達じゃない!(2018.4.11)<コース>JR東京(6:40) → (やまびこ203号) → JR福島(8:35→8:45) → JR桑折(8:59) → 徒歩10分 → 旧伊達郡役所重文・旧伊達郡役所 会津若松での寺巡礼を明日に控え、この日は郡山泊ですが1日移動だけではつまらないので、少し足を北へ伸ばして数か所巡礼。 JR郡山駅、福島駅までは東京から新幹線で楽勝ですが、そこから先の在来線が問題。新幹線は1時間に3本ありますが、在来線は1本か多...

  • 旧制松本高等学校(長野県松本市)

    教育県信州の学校巡礼(2018.4.2)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR横浜(5:22) → JR東神奈川(5:25→5:36) → JR八王子(6:30→6:33☆) → → JR松本(10:16)【復路】JR松本駅(16:33) → JR大月(19:47→19:54) → JR八王子(20:49) → JR新宿(21:28) →JR東京(21:43)旧制松本高等学校 いつか一人で行く筈だった、春も本番な信濃路へ「あずさ2号」ならぬ在来線乗り継ぎで。朝5時台出発とはいえ10時16分松本着。大阪からだ...

  • 四條畷神社(大阪府四条畷市) 小楠公所縁の地に鎮座する社

    楠公不楽の参拝(2020.4.15)<コース>JR北新地 → (学研都市線) → JR四条畷 → 徒歩8分 → 四条畷神社四條畷神社(別格官幣社) JRの駅の少し北から東へまっすぐ続く道を上ると四條畷神社。駅近くにある石造の一の鳥居が平成30年の地震で取り払われたのは残念ですが、二の鳥居までは両脇には桜が植えられて居り、参拝の雰囲気が高まります。 門前の左側にあるのが料理旅館「伊勢屋」。和様で古風な造りですが、そこに掲げられた「...

  • 河内往生院(大阪府東大阪市) 極楽浄土の夕日を拝む小楠公所縁の寺

    急な上り坂に往生した話(2020.4.15)<コース>近鉄上本町 → (近鉄電車) → 近鉄瓢箪山 → 徒歩30分 → 往生院岩瀧山 往生院 六萬寺(単立寺院) 世間はコロナで意気消沈しておりなかなか解決の糸口が見えず。「こういう時こそ神仏に縋らねば…」 と自分勝手な理屈をつけて巡礼行脚に繰り出し。と言っても九州へ【宇佐】晴らしともいかず、解決の道筋が難航しているので【楠公】さんにすがる事に…。当初は校区内の神社の予定でしたが...

  • 安国寺(岡山県津山市) 静寂の日本庭園

    姫新線沿いの寄進された梵鐘と庭園(2020.4.7)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR大阪(6:51) → JR姫路(7:56→8:01) → JR岡山(9:29→9:47) → JR津山(10:53)【臨時】JR姫路(9:46) → JR播磨新宮(10:22→10:27) → JR佐用(10:56→11:04) → JR津山(12:02)津山駅観光案内書 → レンタサイクル25分 → 中山神社 → レンタサイクル35分 → 作楽神社 → レンタサイクル20分 → 安国寺 → レンタサイクル15 分 → 鶴山公園 → 城東重...

  • 作楽神社(岡山県津山市) 院庄にある忠臣・児島高徳ゆかりの神社

    花の季節にさくら神社(2020.4.7)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR大阪(6:51) → JR姫路(7:56→8:01) → JR岡山(9:29→9:47) → JR津山(10:53)【臨時】JR姫路(9:46) → JR播磨新宮(10:22→10:27) → JR佐用(10:56→11:04) → JR津山(12:02)津山駅観光案内書 → レンタサイクル25分 → 中山神社 → レンタサイクル35分 → 作楽神社作楽神社(県社) 一之宮参拝に続き、津山城まで南下した後、西へ5㎞の神社へ。最寄りの...

  • 中山神社(岡山県津山市) 美作國一之宮

    今は中山、次はサル!(2020.4.7)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR大阪(6:51) → JR姫路(7:56→8:01) → JR岡山(9:29→9:47) → JR津山(10:53)【臨時】JR姫路(9:46) → JR播磨新宮(10:22→10:27) → JR佐用(10:56→11:04) → JR津山(12:02)津山駅観光案内書 → レンタサイクル25分 → 中山神社中山神社(美作國一之宮 式内社 旧国幣大社) 城下では「津山さくらまつり」がたけなわですが、鶴山城を右手にみて鶴山通...

  • 美作の小京都津山と鶴山公園(岡山県津山市)

    古い町並みと洋学が交差する町(2020.4.7)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR大阪(6:51) → JR姫路(7:56→8:01) → JR岡山(9:29→9:47) → JR津山(10:53)【臨時】JR姫路(9:46) → JR播磨新宮(10:22→10:27) → JR佐用(10:56→11:04) → JR津山(12:02)津山城(鶴山公園) 伝統的街並みや小京都が点在する岡山県ですが、こと桜となると津山の鶴山公園を逃すわけにはいきません。 姫路からは姫新線経由が距離的に近いで...

  • 行興寺(静岡県磐田市) 熊野御前と長藤

    悲劇のヒロイン?よう言うや!(2018.3.28)<コース>【往路】JR横浜(5:28) → JR小田原(6:21→6:22*) → JR熱海(6:45→6:49☆) → JR磐田(9:07)*向側ホーム  ☆階段を渡ったホームJR磐田駅(9:36) → バス10分 → 長森(9:46) → 徒歩25分 → 行興寺 → 長森(11:57) → JR磐田(12:16)行興寺(時宗) 別名:熊野寺 弥生も末の六日は、朗々とした曙の空を見ながら一路東海道を西へ。この日の巡礼先は手持ちのガイドにも載ってい...

  • 曼殊院門跡(京都市左京区)

    離宮を訪ねよ!(2015.3.15)<コース> 京阪特急は10分間隔、叡山電鉄は15分間隔で運転京阪淀屋橋 → (京阪特急) → 京阪出町柳 → (叡山電鉄) → 叡山電鉄一乗寺 → 徒歩15分 → 圓光寺 → 徒歩20分 → 曼殊院曼殊院(天台宗 門跡寺院) 円光寺に続き、八瀬方面へ少し歩いて門跡寺院へ。曼殊院(まんしゅいん)は寺伝に拠れば『8世紀に開祖伝教大師(最澄)が比叡山に開いた坊が嚆矢とされる。その後、天暦元年(947年)に是算(ぜさん)国師...

  • 圓光寺(京都市左京区) 足利学校の流れを汲む寺院

    刊行から観光寺院へ(2015.3.15)<コース> 京阪特急は10分間隔、叡山電鉄は15分間隔で運転京阪淀屋橋 → (京阪特急) → 京阪出町柳 → (叡山電鉄) → 叡山電鉄一乗寺 → 徒歩15分 → 圓光寺瑞巌山 圓光寺(臨済宗南禅寺派)この日は昼に八瀬で会合があり、その前に手前の一乗寺をチョット散策。昔は宮本武蔵と吉岡一門の決闘の地、最近はラーメン店の激戦区。大学の傍にある一乗寺ですが、ゆっくり見るのは初めて。叡電の一乗寺駅を出...

カテゴリー一覧
商用