searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
Talking New York --- New Yorkで見つけた英語 https://talking-newyork.muragon.com/entry/1087.html

ニューヨークは毎日発見と感動を与えてくれます。それを希望と勇気につなげたいという思いで書いています。

英語学習のヒントがいっぱいあります。ニューヨークの話題をベースに、毎日様々な形の英語をお届けし、ブログを読んでくださる人たちの英語力向上をお手伝いします。

MisTy
フォロー
住所
茨城県
出身
豊岡市
ブログ村参加

2018/04/01

1件〜100件

  • 中絶をめぐる論争に終止符?選挙では共和党に有利?

    「そもそも始めから間違っていた」と言った判事の言葉にショックを受けたニューヨーク市民は多かったと思います。 判決当日は、銃規制を巡る判決を押さえて、どこのメディアもこちらの問題を大きく取り扱っていました。 現在まだ関連記事が頻繁にアップされている状態ですが、とりあえず、ニュ...

  • 最高裁が銃の所持を認めた!そのときニューヨークはどう反応したか?

    ニューヨークで銃撃事件が増えていて、市民の中に安全に対する意識が高まっていますが、そんな中、最高裁の大きな影響力をもつと思われる判決のニュースが入って来ました。 ニューヨークは資格があれば銃の所持は家の中のみ認められています。しかし、外に持ち出すことはできません。ましてや人...

  • 動物園の象に人権はあるか?NYの裁判所の判決は?

    先日のニューヨークタイムズのクイズの中で、象のハッピーに関する裁判の内容が問題になっていました。→こちらです。 この裁判の内容について、ニューヨークタイムズの記事を読みます。 原文、画像はこちらからです。        ⇓ New York Today Happy the ...

  • 植物園のテーブルアート!お気に入りのテーブルで過ごそう!

    ニューヨークのブロンクス区にある、ニューヨーク植物園では、様々な企画で年齢を問わず、一日中楽しめる企画がいっぱいです。 昨日は、子供向けのプログラム、「曼陀羅を作ろう」をご紹介しましたが、今日は、テーブルアートです。 思いつきそうで思いつかないこのアイデア、参加している人の...

  • 「曼陀羅アート」の作り方をニューヨーク植物園が教えてくれた。

    そもそも、「マンダラ」(曼陀羅)という言葉自体、聞いたことはあるけれど、どういう意味なのか知りませんでした。 ニューヨーク植物園の次の動画を見ると、「曼陀羅」とは何かが分かります。 そして、ご家族で楽しめる、「曼陀羅アート」を作って見せてくれます。 絵具も筆も要らない、自然...

  • ニューヨーク植物園が教えてくれる、ランのお手入れ。(動画)

    ランの種類は多くて、お祝い事などに胡蝶蘭はよく選ばれていますね。 花が終わったあと、どうしていますか? ニューヨーク植物園が動画とともに、植え替えの仕方を教えてくれています。 今回は、音声なしで、動画と共にインストラクションが表示されていました。 その表現が面白かったので、...

  • ここでなぜ教育費200万ドル以上のカット?市長が言及した理由は?

    ニューヨーク市の教育予算について、市長と議会の間に溝ができてしまうかもしれません。 市長が予算カットについて言及しました。しかも学校に対してです。ニューヨーク市の教育に対する姿勢は、いつも支援や協力だったので、今回の予算案の削減は、どうしても理由が聞きたいもと思いました。 ...

  • クイズでアメリカの政治、スポーツ、エンタメの知識を試そう。

    ニューヨークタイムズの今週のクイズの後半です。 早速どうぞ! 6 of 11 Which national park, known for its wilderness and active geysers, closed this week after record ra...

  • ニューヨークタイムズからのクイズです!何問正解できる?

    ニューヨークタイムズでは、その週に起こったニュースに関してクイズ形式で楽しめるようになっています。 やってみましょう。 原文はこちらです。 ⇓ Did you follow the news this week? Take our quiz to see how well ...

  • 子供たちに50万冊の本のプレゼントをしたのは・・・?

    先日、「禁書」をテーマにしたブログを数回公開しましたが、ニューヨーク市公共図書館が子供たちに本のプレゼントをしたという記事がありましたので、今日はそれを取り上げることにしました。 ニューヨーク公共図書館については、2019年に東京の岩波ホールと大阪のテアトル梅田で、フレデリ...

  • 0.ニューヨークフィルを野外で!ニューヨークでこの夏開かれる野外コンサート!

    梅雨がないニューヨークは、5月から夏の終わりにかけてあちこちで野外コンサートが催されます。昨日はブライアントパークのイベントをご紹介しましたが、今日は野外音楽コンサートをご紹介します。(動画の部分はYou Tubeからです。) 情報はこちらからですが、あまりにも多いので、開...

  • 音楽はやっぱりナマで触れるのがいい!ブライアント・パークのサマー・シーズン!

    梅雨のないニューヨークでは、5月からもう夏です。9月まで、あちこちの野外ステージで、音楽やダンスのパフォーマンスが目白押しです。 今年はストリーミング配信だけでなく、実際野外で鑑賞することができます。しかもマスクなしです。 ブライアント・パークだけでもかなりのパフォーマンス...

  • 米国図書館協会のアンケートを通して禁書について考える。

    SNSの誹謗中傷や、ヘイトスピーチなどで、よく問題になるのは、言論の自由や表現の自由です。 「禁書」については、日本では都道府県に青少年保護育成条例が定められており、「有害図書」を青少年健全育成審議会に諮問して指定しているようです。(どういう人たしが市議会のメンバーになって...

  • マリコ・タマキ著、This one Summerの書評がニューヨークタイムズにあった!

    "This one Summer"は、グラフィックノベルズです。著者のマリコ・タマキさんについて調べていて、ニューヨークタイムズの記事を見つけました。 グラフィックノベルズについては、ここでとりあげたことがあります。 グラフィックノベルズに関しては、ウィキペディアに次のよう...

  • 「禁書を読もう。」とニューヨーク市公共図書館が勧めるのはこの10冊!

    「禁書」については、このブログでとりあげたことがあります。 アメリカでは、マーシャル大学図書館が、合衆国内で禁書について研究を行っています。 文中に"banned book"と"challenged book"という言い方が出てきますが、これらは、本の調査を行っている、Ma...

  • 市長と州知事に関する世論調査の英語と結果の示し方。

    昨日のブログで、ニューヨーク市長のエリック・アダムズ(Eric Adams)氏とキャシー・ホークル(Kathy Hochul)氏に対する評価を問う世論調査の結果をご紹介しましたが、今日はSPECTRUM NEWS NY1が報じた、グラフを用いて、そこに書いてある英語表現を見...

  • 支持率が下がっている?ニューヨーク市長と州知事の仕事ぶりの評価結果は?

    エリック・アダムズニューヨーク市長は、今年1月に就任したばかりです。それから半年たとうとしているのですが、ブログでも取り上げた様々な政策の実行の速さに驚くばかりでした。 そんな中、POLITICSNY(ポリティックス・ニューヨーク)が、次のようなちょっと驚くべき世論調査の結...

  • ジョニー・デップの裁判について、ニューヨークタイムズが書いていたこと。

    ジョニー・デップとアンバー・ハード、元妻の間の名誉毀損にまつわる裁判について、ご存じの方もおられると思いますがニューヨークタイムズが書いていましたので、今日はそれを取り上げました。 裁判に関わる単語や言い回しについて学んでいただけるように、単語に色を付けてみました。ある程度...

  • こちらもお薦め!パパじゃなくても欲しくなる!

    プレゼントというのは、相手が喜ぶ顔を想像しながら選ぶので、実はあげる本人も幸せになります。パパが喜ぶだけでなく、自分も家族も喜べるものならずっといいですよね。 これは、どうでしょう? 何か分かりますか? 屋外で使うものです。 「アウトドア・バーテーブル」と名前がついています...

  • 父の日のプレゼントに?これは一体何ですか?

    父の日が近づくと、プレゼントのヒントを与えてくれる情報サイトが目に付きます。 その中に、ちょっと変わった形のものを発見! 商品名は、"Somnox 2"(サムノックス2)です。 これ、良い眠りをサポートする、「快眠ロボット」なのだそうです。 なんと、楽天で約20万円で出てい...

  • 出生率が上がったアメリカ。社会を発展させるために必要なことは、出生率を上げることではない?

    少子化問題をかかえているのは、日本だけではありません。今日はニューヨークタイムズに書かれているアメリカの現状と、その解決に向けての考え方が示されています。 原文はこちらです。(画像もです。)     ↓ U.S. Birthrate Ticks Up 1 Percent, ...

  • 地下鉄が恐い。。。戻ってこない乗客。

    ニューヨーク市のコロナの陽性率は現在約7.8%です。7日間平均の新規感染者数は約3千人で、入院者数、死亡者数ともに減少傾向です。 しかし地下鉄にはなかなか乗客が戻ってきません。現在もコロナ前に比べて半数以下の人数にとどまっています。 そして地下鉄で起る犯罪が増えています。 ...

  • ニューヨーカーが勧めるドーナツランキング!あなたはどれがお好き?

    ダイエットに良くないとされるものとしてよく言われるのが、「油」と「砂糖」の取りすぎ。 それから考えるとドーナツは、ダイエットをしている人が最も避けるべき食べ物のはず。 ところが、アメリカで年に生産されるドーナツの数は100億個。 2020年にアメリカ人が食べたドーナツの数は...

  • ピザやベーグルのほかに、ほとんどのアメリカ人が好きと答える食べ物とは?

    ドーナツは好きですか?ピザやベーグルと同じように、ドーナツも移民がアメリカにもたらした伝統的な食べ物です。ある調査によると、国民の9割が好きだそうです。 ドラマの中でも、差し入れの大きな箱に入ったドーナツをオフィスの机の上に置いて、皆で美味しそうに食べるシーンがよく出てきま...

  • 血の海にも見える、この作品。今だから考えること。

    メトロポリタン美術館のルールガーデンに展示される作品は、昨日のブログで終わりにしようと思ったのですが、ちょっと衝撃的な作品に出会ったので、動画とともにニューヨークタイムズのアートレヴューを載せることにしました。動画は、こちらのサイトに載っていたYou Tubeです。 Lis...

  • メトロポリタン美術館の屋上に現われた世界!第二弾!全体がひとつのアート!

    昨日のルーフガーデンの作品が、あまりにスケールが大きくて度肝を抜かれた感じでしたので、続いて載せることにしました。 どうぞ! 原文画像はこちらからですが、画像は他のサイトからのものもあります。(リンクが貼ってあります。) Adrián Villar Rojas - The ...

  • 今までにどんな作品が展示されていた?メトロポリタン美術館のルーフガーデン。

    WIDEWALLSという、アートギャラリーのサイトがあります。 特にモダン&コンテンポラリーアートを収集しており、販売もしています。オークションも行っています。 そのサイトで、メトロポリタン美術館のルーフトップ(屋上)アートで、人気が高かった作品を見ることができます。 こち...

  • メトロポリタン美術館の屋上から街を眺めているのは・・・?

    これは、アートです。 ビッグバードは、人気の子供番組、「セサミストリート」の「ビッグバード」。後ろの列の黄色い大きな鳥です。 (画像はSonyMusicのサイトから。日本語で「セサミストリート」という番組についての説明もあります。© 2021 Sesame Workshop...

  • ニューヨークのティーンズの力が発揮できる場所がここ!

    英語で、"teens"は、「13歳~18歳」の若者をさすのが通常です。中学2年生から高校3年生までですね。中学1年生はまだ「子供」だけれど、このころは成長が速いので、中学2年生ごろになるとすっかり子供の雰囲気から「若者」の雰囲気に変わり始め、18歳を過ぎる高校3年生はもう「...

  • 追悼。ヴァンゲリス!素晴らしい音楽を残してくれて有難う!

    シンセサイザー作曲家、ヴァンゲリスが亡くなったとニューヨークタイムズが報じました。映画『炎のランナー(Chariots of Fire)』は日本でも大ヒットとなりましたが、その音楽を担当したのが、ヴァンゲリスでした。この音楽でアカデミー賞も受賞しています。MisTyが夢中に...

  • 赤ちゃんの名前トップ10!マイケルもジュリアも入っていない!

    アメリカ生まれの赤ちゃんの名前の人気ランキングが発表になりました! 社会保障庁が発表した2021年、アメリカ生まれの赤ちゃんの名前で最も人気があったのは、何という名前でしょう? 思いつく名前を書き留めて、読んでみましょう。 原文と画像はこちらからです。   ⇩ Here a...

  • ホームレスの人たちにシェルターを与える難しさとは?

    昨日のブログの続きになります。 ニューヨークタイムズの、こちらの記事の後半です。 では、早速始めます。 Philadelphia transit officials have also started providing services within their syst...

  • 他の都市がニューヨークにホームレス対処法を教える?

    ニューヨーク市は全てにおいて、アメリカで最も進んだ政策を行い、他の都市がそれをお手本にすると思っていたので、このニューヨークタイムズの記事は、「何だって?」とちょっと焦った次第です。。。(^_^) じっくり読ませていただきます。 原文画像はこちらからです。 What Oth...

  • ニューヨーク市の動物虐待の罰は重いか軽いか?考えを投票しよう!

    動物は人間に様々なことを教えてくれます。ペットを飼っている世帯もかなりの数にのぼるようですが、動物たちには適切な環境や食事が与えられているでしょうか? 今日は動物を虐待したときの罪の重さについての、世論調査を行っているものです。 記事を読んで、是非その調査に参加してみてくだ...

  • 最高に楽しいことが101もあるニューヨーク!

    ニューヨークはどの季節でも、何かがあります。特に計画して出かけなくても何かに出会います。観光スポットを目指して行列に並ぶより、Time Outの情報をチェックして、ニューヨーカーが楽しんでいるのと同じことを楽しみましょう。 なるべくたくさんご紹介したいので、かなり抜粋して載...

  • ニューヨークの公立学校では、子供たちが犬と一緒に勉強できる!

    ペットは人間に多くの良いことをもたらしてくれます。今日は、学習が遅れている子供たちと一緒に勉強することで、子供たちの学びが楽しみや喜びになるという記事を読みます。 原文と画像はこちらからです。 文中の「P.S.」というのは、Public School(公立校)の略で、ニュー...

  • ニューヨークを歌った歌、ベスト31をご紹介します!

    ニューヨークの歌といえば、フランク・シナトラの"New York, New York"(ニューヨーク、ニューヨク)を真っ先に思い浮かべる方は多いと思います。大晦日のカウントダウンが終わって新年真っ先にニューヨークの街に流れる歌です。 しかし、Mistyは絶対これ! サイモン...

  • Ikue Moriというドラマーを発見!ラップトップでの演奏姿は、かなりユニーク。

    昨日のブログの続きで、80年代のニューヨークの音楽について調べていると、次のような写真に出会いました。 DNAというグループです。 一番左の方が、Ikue Mori (森郁恵)さん。ドラマーです。 DNA (Ikue Mori, Arto Lindsay, and Tim ...

  • 40年前のニューヨークの音楽の独創性が今のニューヨークを作っていた!

    昨日に引き続き、ニューヨーク市博物館(Museum of the City of New York---MCNY)の特別展、"New York, New Music 1980 - 1986"についてです。 いわゆる洋楽や、アメリカの音楽ではなく、あくまでもニューヨークの音楽...

  • 1980年代のニューヨークの音楽と社会の関わりが分かる、New Music, New York!

    ニューヨーク市博物館が、懐かしの80年代のポップスを集めて展示しているのかと思ったら大間違いでした。ほとんど知らない曲とアーティストばかり。ちょっとがっかりしながら、最後には、「さすが、ニューヨーク市博物館だ!」という感動がありました。 去年12月までの展示でしたが、評判が...

  • 日本人が忘れられている?!ニューヨーク市長の賛辞の中に、Japanがなかった。。。

    5月14日、初めてのJAPAN PARADE(ジャパンパレード)が行われました。 13日の号外がこちらです。⇩ 号外!セントラルパークでジャパン・パレードがあります! - Talking New York  そして、15日には、APPIのパレードが行われました。APPIとい...

  • 増え続けるホームレスの数。解決策はあるのか?

    どの国もホームレスに対する対策を考えていますが、150年にも渡って困窮者を支援している団体が、少なくとも3つ見つかりました。「ファウンドリング」、「BRC]、そして今回取り上げた「バワリーミッション」です。 そしてコロナによって、活動にかなり大きな影響が出てきています。ただ...

  • 150年間、ニューヨークでホームレスや生活困窮者を支援してきた「バワリー・ミッション」という団体があった!

    ニューヨークには、驚くほど長い歴史を持った慈善団体があります。戦争などで親を失った子供たちの養護施設である、「ファウンドリング」(Foundring)については、何回かに渡ってご紹介しました。 ニューヨークファウンドリングのフォスターケア(養子縁組支援)をご紹介します。今年...

  • 動画で分かるアクティビスト・ニューヨーク! 10周年、おめでとう!

    Museum of the City of New Yorkは、その名称からしてユニークです。 the City of New Yorkは、日本語にすると「ニューヨークという市」となります。New York City の「ニューヨーク市」とどのような違いを感じますか?ただ地...

  • 河内山百合という人を知っていますか?アメリカ人なら誰でも知っている日系人!

    ニューヨーク市博物館には、常設展示として、"Activist New York"というコーナーがあります。 博物館で活動家を紹介しその生涯と活動内容を展示している博物館を日本で見たことはありません。 ニューヨークでは、こうした人々が今のニューヨークを作ってきたのだという敬意...

  • マディソン・スクェア・パークは花でいっぱい。「カッティング・ガーデン」とは?

    高層ビル群が建ち並ぶニューヨークの五番街ですが、フラットアイアンビルから振返るとマディソン・スクェア・パークの花たちが迎えてくれます。梅雨のないニューヨークは、春が進むにつれ、夏の装いが濃くなってきます。 保存団体の園芸のページを見ます。 Spring Forward, I...

  • パブリック・ガーデンは、「公園」ではない?マディソン・スクェア・パークが他の公園と違うところ。

    フラットアイアン・ビル界隈にある、Madison Square Park (マディソン・スクェア・パーク)は、「パブリック・ガーデン」であると同時に「樹木園」でもあります。 パブリック・ガーデンにそのまま漢字を当てはめると「公園」になりますが、マディソン・スクェア・パークが...

  • ニューヨークの芸術の中心はハーレム!ジャズからバレエまで。動画付き。

    ハーレムは、"Harlem"で、男性の入室が禁じられていた、トルコ語の"Harem"とは違います。かつてはオランダ移民が多く住んでおり、オランダの都市の"Haarlemハールレム"から名付けられたと言われています。 入植当時は農村地帯でしたが、1700年代に鉄道ができ、マン...

  • 「ニューヨークをなめんな!」ニューヨーク州が中絶サポートに3500万ドルを充当!

    アメリカ国内では、中絶を巡って合憲とするか違憲とするかで意見が分かれ、民主党議員の中には、女性の権利擁護の観点から合憲とする人が多数を占めています。 5月2日、政治専門ウェブサイトPOLITICOが、中絶の権利を認めた1973年の「ロウ対ウエード判決(Roe v. Wade...

  • 「フロム・マーズ」は、デジタルヘルスケアのグローバル企業へ!

    アメリカの都市で最もプロポーズにふさわしい都市がニューヨークだと結論づけたのは、"FROM MARS"という会社でした。 そこで,この会社がどんな会社か、調べてみました。どうも、"FROM MARS"はオンラインで個人的に男性に医学的なアドバイスをするという会社のようです。...

  • 号外!セントラルパークでジャパン・パレードがあります!

    ニューヨークには日本をフィーチャーした様々なイベントが催されています。コロナの影響で中止になったものもありますが、去年の夏に催された"Japan Fes."については、こちらで紹介しています。 ⇩ ニューヨークには「日本祭り」がある。何を売ってる?何して遊べる?  ニューヨ...

  • プロポーズで最もインスタ映えする都市ランキング。日本はどこに入ったか?

    今回は、プロポーズに最適な都市ランキングの最終回です。 プロポーズで最もインスタ映えする都市ランキングと、世界の中でプロポーズに最もふさわしい都市ランキングの30位までを発表します! どうぞごゆっくりお楽しみください。 東京のランクをお見逃しなく! プロポーズで最もインスタ...

  • プロポーズに適した都市として、ニューヨークがダントツ1位の理由は?

    アメリカ国内でプロポーズに最適な都市がニューヨークだということに、みんな驚いていないのですね。「あ、そうだろうな。」って感じですね。 2位、3位は、サンフランシスコとロサンジェルスだったことももうご存じですね。 今日は、ニューヨークが2位、3位をどれだけ大きく引き離している...

  • 世界の都市の中でプロポーズに適した都市トップ3!

    ニューヨークは、世界の都市の中では、プロポーズに適した都市として、第4位でした。(アメリカ国内では第1位!→こちらです。)ニューヨークを抑えてトップ3に入った都市は、どこが良かったのでしょう?順位を決めた 「フロムマーズ(FROM MARS)」 の記事を読んでみます。 原文...

  • プロポーズはどこがいい?ランキング発表!ニューヨークは何位?

    プロポーズをしようと思っている方、されたいと思っている方は、その場所にこだわりますか? ニューヨークが公式にアメリカ国内で最もプロポーズにはロマンチックな場所らしいですよ。 こちらです。⇓ New York is officially the most romantic U...

  • ニューヨークのナンバープレートの変遷。投票でこれに決定!

    120年前に車のナンバープレートが誕生したニューヨーク。日本では、個人が車を所有するなんて夢にも思わなかった時代です。ナンバープレートの変遷を追いながら、これからの車社会のありかたを考えました。 昨日のブログの後半となります。では始めます。 After two decade...

  • ニューヨーク市長の母の日に向けたツィートとメッセージ。

    母の日のニューヨーク市の市長、エリック・アダムス氏のツィートと、市民に向けたメッセージがあります。 Mayor Eric Adams @NYCMayor My mother cleaned houses and worked three jobs to give me an...

  • カッコいいアメ車の時代は過ぎ去るのか?ナンバープレートの歴史を見る。

    アメリカといえば、カッコいい車を思い起こす人は多いと思います。 もっとも輝いていた頃のゴージャスなアメ車たち というサイトに次のようなアメ車の画像がありました。 これからは電気自動車の時代? しかし、電気自動車は車ではないと思っておられるかたも多いと思います。 車の運転免許...

  • 自分も欲しくなってしまう、ニューヨークの母の日ギフト!

    前回の続きになります。思いつかなかったギフト、自分も欲しくなってしまうギフト、ユニークなギフトがあります。母の日でなくても誰か大切な人に送ると喜ばれそうです。 原文はニューヨークの情報サイト、Time Outからです。こちらです。(画像もです。) 9. For the wi...

  • ニューヨークで選ばれている母の日のギフト15選!

    ニューヨーカーが選ぶ母の日のギフトはどんなものなのでしょう? Time Outという情報サイトから、おすすめギフトをご紹介します。原文画像はこちらです。 1. For the pamper-loving mom 甘えんぼうのお母さんへ There's nothing fun...

  • 脱炭素をめざすニューヨーク市のプラン。車両削減の方法。

    amNYから、エリック・アダムス市長が発表した、ニューヨーク市の脱炭素プランをご紹介します。 英文はこちらからです。⇩ Adams announces plan to reduce city vehicle fleet | amNewYork Adams announces...

  • ランニングツアーでニューヨークに行けば、そのオマケに観光がついてくる。

    ニューヨークに行くなら、ランニングやウォーキングツアーを組むべきだと思うほどです。観光地やガイドブックに載っているお店探しに熱中してしまうと、せっかくの楽しい時間が半分になってしまいそう。。。走ったり歩いたりしながら、観光スポットに行き当たればお得感が倍増しますよ。 さて、...

  • ニューヨークで走るなら、早朝!日替わりコースで楽しめる!

    観光目的で来る人たちは、バスツアーやタクシーでの名所巡りはやめましょう。ニューヨークの楽しみ方は、偽ニューヨーカーでも構わない!ニューヨーカーが実際毎日楽しんでいることを楽しむことです。本物のニューヨーカーについては、ここに書きましたから、できる範囲で本物のニューヨーカーに...

  • ニューヨークで走った気分になろう!よりすぐりのコースをご紹介!

    5月の爽やかな風が吹くようになると、外に出たくなりますね。 ニューヨークはランナーにとって安全に走ることができるコースがたくさんあります。大都会なのに自然を感じながら走ることができます。走らない人はゆっくり歩いても十分気持ちよさを感じられるコースです。 "6sqft"という...

  • ニューヨーク市の予算総額は東京と比べてどのくらい?

    ニューヨーク市のエリック・アダムス市長が次のようにツィートしました。 Mayor Eric Adams @NYCMayor Children in every zip code and every classroom deserve the chance to succee...

  • ニューヨークにカジノが増える?ラスベガススタイルらしい。

    日本では、カジノを持ってくることに反対する声がありますが、ニューヨーク州では、特に反対の声が大きくあがらず、州議会は今まで禁止されていた州南部(ニューヨーク市が入る)に3つのカジノを持ってくる許可を速いペースでおろしました。少なくとも一つはニューヨーク市にできそうです。 N...

  • 自転車に乗ってニューヨークを走るアダムス市長のヘルメット姿を公開!

    いつもスーツ姿で、ピシッと決めているエリック・アダムスニューヨーク市長。ご自身のツィートに載っていたこのお姿、どこかで見かけたおじ様のよう。。。 先頭を走っていらっしゃいますけれど、ママチャリ乗りですよ。。。( ´艸`) 24日付、"EarthDay"のハシュタグのツィート...

  • 禁書について、ヒラリー・クリントンがツィートしました!

    昨日はニューヨーク市の2つの公立図書館が、「禁書」とされている本も電子版で読めるようにしたということをお伝えしましたが、トランプ氏と大統領の地位を争ったヒラリー・クリントンが、このようにツィートしました。 Hillary Clinton @HillaryClinton Mo...

  • 禁書に反対して独自の取り組みをしているニューヨークの2つの図書館!

    図書館にはありとあらゆる本があります。発行されたものの、様々な理由で「禁書」となり、発行中止になった本があります。最近では、漫画に多くなっているようです。 電子書籍の普及で、多くの本が手軽に読めるようになった反面、実は「禁書」として読めない本があるのです。法律として読んでは...

  • このRV車はいかがでしょう。配車から片付けまでやってくれてこのお値段!

    このRVレンタルは、レンタル会社がRV車を貸し出すのではありません。 一般のオーナーさんが、ネットを通して、自分の持っているRV車を貸してくれるのです。そのネットワークを運営しているのが、RVシェアという会社なのです。 高価なRV車を買いたいとおもっても、まずは価格ではなか...

  • 大型連休はRV車で!ガソリン不要?カーシェアリングで大満足!

    大型連休はどこかへお出かけですか? コロナで人込みが予想される観光地や、公共交通機関を避けて、RV車をレンタルされる方も多いかもしれませんね。 今日は、Patch Newsから、アメリカのRVshareというRV車レンタル会社のサイトを見ました。以前アウトドアの鉄人のジョエ...

  • 本物のニューヨーカーと、偽物のニューヨーカーの違いはこの点にある!

    ニューヨークには様々な人種が住んでいます。 ニューヨークの市民権を持って、ニューヨークに住んでいる人のことを「ニューヨーカー」という言い方をして、このブログでも何回か"New Yorkers"のことを「ニューヨーク市民」と訳したことがあります。ニューヨークは州と市があり、"...

  • 自分でやろうと思うか、業者に頼みたくなるか?春の大掃除の中身。

    昨日のブログを書き終わって、がぜん春の大掃除をやる気が出てきました。大掃除にクローゼットが入っていなかったのが少し意外でしたが、「衣替え」はやはり日本の独特な年中行事のひとつなのかもしれません。 他の掃除はプロの業者に頼めるかもしれませんが、こればかりは自分でする必要があり...

  • 春は大掃除の季節!サムタックがこれだけはやっておきたい所を教えます。

    日本で大掃除といえば、大晦日ですね。アメリカでは大掃除は春やります。 共働きの多いアメリカの家庭では、ホームサービスが人気です。いわゆる、引っ越しから修繕、掃除など、なんでも引き受けてくれる便利屋さんです。 サムタックはホームサービスのプロ集団なので、どんなことを頼んでも適...

  • 「ストライキ」するぞ!でよりよい労働条件を自分たちで手に入れる!

    21日、ニューヨーク市長のエリック・アダムスが次のようにツィートしました。 32! BJ! New York City is a union town and we’re thrilled to see that the working people who kept ou...

  • 「最後の2頭」にすべてをかける人が持っている希望とは?

    動物の飼育というのはエサをあげるだけではありません。特にその動物が絶滅危惧種だということになると、大変な仕事になります。 今日の動画は、昨日のブログの続きで、3頭のうちの1頭であった雄が死んでしまい、雌2頭となってしまった世界で最後のキタシロサイのうち、雄の「スーダン」が死...

  • 「最後の3頭(The Last Three)」がこんなに反響を呼んでいたとは!

    先日ブログの中で、ジリとマークという二人の芸術家が絶滅危惧種の彫刻を作製し、それがニューヨークに展示されていることをお伝えしました。 その中で、彼らは"The Last Three"(最後の3頭)という、絶滅の危機に瀕している北シロサイの3頭を彫刻にして展示していたことが分...

  • 職場復帰を応援!保育制度拡充のために州から40億ドルゲット!

    4月18日、ニューヨークのエリック・アダムス市長が次のようにツィートしました。 Raising a family in New York City shouldn't be hard, so we're making things a little easier for w...

  • ニューヨーク市の素晴らしい道路計画にはさらに31億ドル必要らしい。

    皆さんが毎日歩く道は安全ですか?コロナで自転車通勤に切り替えた方は道路で危険を感じたことはありませんか? 車を運転していて、歩行者や自転車のそばを通るときに恐いと思ったことはどなたもあると思います。 ニューヨークでは、道路での事故を防ぐため、車、自転車、バス、歩行者のレーン...

  • サブウェイブースがなくなる?それは簡単にできることではない。

    コロナやITの発達で、人と直に接触することが少なくなりました。ニューヨークの地下鉄は、メトロカードをスワイプするだけで、一定期間乗り放題というお得なサービスを続けて来ましたが、徐々にスマホなどのデバイスをタッチするだけに移行しています。 今日は地下鉄構内にあった、一回ずつの...

  • ニューヨークの地下鉄、大改造計画。「オムニー」とは?

    以前、ニューヨークの地下鉄が全面リニューアルされるということを書いたことがあります。 個人的には地下鉄のレトロな感じが気に入っていたので、全面リニューアルの話題になると少し寂しく思っています。同時に、最新のIT技術を考えたり、コロナ渦中での地下鉄利用の減少、ホームレスの問題...

  • 銃撃事件の背後に見えたもの。ニューヨークは安心と安全をまだ手にしていない。

    昨日取り上げたブルックリンでの銃乱射事件のその後から逮捕に至るまでです。 前半はニューヨークタイムズ、後半はウォールストリートジャーナルからの抜粋になります。 画像は、Daily Newsからのものです。 Frank James, the suspect who was a...

  • ニューヨークの地下鉄での銃乱射事件は、こういうものだった。

    日本でも報道された、ニューヨークの銃乱射事件はマンハッタンのブルックリンで起きました。 その詳細をNew York Timesから抜粋します。 (日々情報が更新されており、現在では容疑者逮捕に至っていることをお知らせしておきます。) 原文と画像はこちらからです。   ⇓ P...

  • 絶滅危惧種の像がマンハッタンに現れる!

    世界で「絶滅危惧種」に指定されている動物をいくつ挙げられますか? グリニッチビレッジは、ニューヨークのマンハッタンにある地域で、ワシントン・スクエア・パークや、ニューヨーク大学 、ジャズで有名なヴィレッジ・ヴァンガードなどがあります。かつては「芸術家王国」として多くの芸術家...

  • LGBTQの人たちを歓迎しますというキャンペーンを始めたニューヨーク

    Don't Say, "Gay" law では、ありません。 "Don't Say Gay" law です。 前者は、「ゲイ」と言うな法 後者は、「ゲイのことを話してはいけない」法 です。 前者は、カッコの内容が、話し言葉となっているため、「ゲイ」と言わずにLGBTQと言お...

  • 速報!ニューヨーク市長がコロナに感染!

    CNNのニュースサイトから速報です! 英文と画像はこちらからです。     ⇩ New York City Mayor Eric Adams tests positive for Covid-19, spokesperson says ニューヨーク市長、エリック・アダムスが...

  • ニューヨークのホームレス問題に苦慮する市長が行ったこと。

    ホームレス問題の解決は、相手の意思を尊重しながら行わなくてはいけないので、すぐには解決することではありません。最近ホームレスの数が急増していること、また障害のあるホームレスが犯罪を犯してしまったことなど、緊急に対応が求められています。 アダムス市長の「ニューヨークのホームレ...

  • 締め切り間近!ニューヨークで芸術作品製作に没頭できるチャンス!

    ニューヨーク、マンハッタンにある、ガバナーズ・アイランドで一ヶ月芸術作品に没頭できるプログラムの応募方法です。 原文はこちらにあります。 昨日ブログに載せた内容と同じカ所は割愛しているので、そちらをご覧下さい。    ⇩ There are six slots for 20...

  • ニューヨーク市に住みながら芸術に打ち込める!市外在住者優先!応募しませんか?

    ニューヨークといえば、自由の女神ですが、この像はリバティ・アイランドにあり、フェリーで行くことができます。そのほか、ルーズベルト島、エリス島がありますが、今日は初めてガバナーズ・アイランドを取り上げます。 ガバナーズ・アイランドの広さは17ヘクタールほどで公園や芸術文化イベ...

  • ギャングの組の名前が判明!ニューヨークの「殺人横丁」!

    昨日の続きになります。 "Doyers Street"(ドイヤーズ・ストリート)が"Murder Alley"(殺人横町)と呼ばれて、昔はとても危険なところだったのですが、その歴史を"What remains"という動画にまとめたものがあります。 スクリプトを載せますので、...

  • 潜入!殺人横丁がマンハッタンにあった!「ハチェットマン」は何をした?

    ニューヨークの裏通りを取り上げたときに、今日の"Murders Alley"のことにも触れました。    ⇩ ニューヨークの裏通りに最も人の生活を感じられる歴史があった。 今日はさらに、「ドイヤーズ・ストリート」に焦点をあててみます。 英文と画像はこちらからです。   ⇩ ...

  • アマゾンの労働組合ができたことの意味。スモールズという若者に注目。

    働くものの権利や生活を守る、働く環境を改善する、というのは、会社側の当然の責任であり、労働組合を結成することがこれほど騒がれることの意味がわかりませんでした。 そこで、次の記事を読むことにしました。 https://www.bloomberg.com/news/articl...

  • 「なわけないだろ!」と思っても、笑って許せるエイプリルフール!

    一日で済ますはずだった、エイプリルフールのイタズラについてですが、結局3回にわけることになってしまいました。 引き続き、どんな素敵なイタズラが実際行われたのか見ていきます。 原文、画像とも前回と同じ、こちらからです。 6. Omaha Steaks オマハ・ステーキ The...

  • エイプリルフールのイタズラに出てくる緑のフクロウが可愛い。

    着ぐるみ文化は日本だけではなく、アメリカにもあります。今日は、「デュオリンゴ」という語学サイトの宣伝なのか、メンチェッティ・アンド・サンズという法律事務所の宣伝なのかよくわからない動画を見ます。 これは完ぺきなエイプリルフールのイタズラなのですが、メンチェッティ・アンド・サ...

  • エイプリルフールにビックリすることが起こりましたか?

    エイプリルフールに何かビックリさせられましたか?それとも、誰かをビックリさせましたか? ツィッターでは、会社が仕掛けたエイプリルフールのイタズラが話題になっていました。Patch Newsのサイトから、いくつかご紹介したいと思います。連日、笑えない出来事ばかりで悲しい顔ばか...

  • やっぱりそうか・・・。ウィル・スミスが出した結論。

    アカデミー賞授賞式で起こったハプニングのその後です。 ウィル・スミスは次のような結論を出しました。 こちらです。 Will Smith resigns from Academy after Oscars slap アカデミー賞授賞式で平手打ちをしたウィル・スミスがアカデミー...

  • 停職か除名か?ウィル・スミスの行動は、あの後逮捕もあり得た。

    ウィル・スミスのアカデミー賞授賞式での平手打ちは、その後SNSなどで様々な意見が飛び交っており、すぐに収まらない状態になっています。 ロサンゼルスのKSLTV5の記事を読みました。 こちらです。   ⇓ L.A. police were ready to arrest Wi...

  • ウィル・スミスのあの事件にニューヨーク市長がコメント。

    アカデミー賞授賞式で前代未聞の事件が起こってしまいました。 この場所は、いつもジョークが飛び交って笑いの絶えない雰囲気のはずなのですが、このジョークが大変なことを引き起こしてしまいました。 ニューヨーク市長のエリック・アダムスは、テレビに出演した際にそのことについてコメント...

  • 今は数百万ドルの家になっていた、かつての馬小屋がこちら。

    ニューヨークの裏通りの最終日です。最後の5か所です。ランキング形式の発表ではないので、ご自分で行ってみたいところトップ5など、作ってみてはいかがでしょう? また、自分の選んだ理由をお互いに発表し合ったり、インタビュー形式で会話したりして見るとスピーキングの練習にも使えますよ...

  • かつての公務員住宅が150万ドルに!悪の温床だった住宅も歴史的建造物に!

    このところ、「裏通り」や、「横町」の魅力にはまっています。「自由の女神」のように観光の目玉にはならないけれど、その場所で静かにときを重ねてきた重さを感じるのです。また、それを壊さず残している住民や自治体の気持ちも伝わってくるのです。「歴史」は教科書で学んだり年代を記憶したり...

ブログリーダー」を活用して、MisTyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MisTyさん
ブログタイトル
Talking New York --- New Yorkで見つけた英語
フォロー
Talking New York --- New Yorkで見つけた英語

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用