searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

さくらえび7607さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
さくらえび7607のブログ日々是好日
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/sakuraebipart1/
ブログ紹介文
さくらえび7607のブログ日々是好日へようこそ。日々の心の記録を17文字にしたためました。
更新頻度(1年)

149回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2017/10/14

参加カテゴリ

ポエムブログ / 俳句

地域生活(街) 中国地方ブログ / 広島県情報

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さくらえび7607さんの読者になりませんか?

ハンドル名
さくらえび7607さん
ブログタイトル
さくらえび7607のブログ日々是好日
更新頻度
149回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
さくらえび7607のブログ日々是好日

さくらえび7607さんの新着記事

1件〜30件

  • 照葉

    「美しくあれ天より指令照葉かな」 直々に天より指令を受けたハナミズキの葉。。。 精いっぱい好きな色を出し合って競い合いました。 美しい光のコラボありがとう♪

  • 爽やか

    「石像の祈る姿に風爽か」 秋らしい爽やかな風。 奥ゆかしき祈りの石像。 この佇まいにいつまでも居たいような。。。

  • 吾ための。。。

    「吾ための天体ショーや秋の空」 10分くらいだったでしょうか。。。 主人公は誰?でもなく空の現象が一つ一つ目を見張るものばかりでした。

  • 団栗ころころ

    「団栗や落ちて転んで吾の手に」 私の元に来ると幸せよ♪ 何年も保存できています。

  • 伐採 庭の秋

    「伐採や精気奪はれ庭の秋」 手入れをする主がいなくなると、庭は大変なことになります。 庭は少し精気は失われたように思いますが、そこに住む私たちは 逆に元気にならなくては。。。

  • 秋茜

    「止り木は大きな日向秋茜」 いつもは棒の先とか物の端っこが好きで止まるのですが おや?広い日向もいいな♪ここらで己を見つめ直そうっと。。。

  • 雪崩るるごと式部の実

    「なだるるや音はせせらぎ式部の実」 雪崩れているわけでも、水の音がしているわけでもないのですが 風がそよと吹けば、そのように感じるのです。

  • 夜半の秋

    「息をのむ小さき戦ひ夜半の秋」 外では虫の声。。。 窓ガラスではトカゲと蛾の息を飲む戦い。。。 それはそれは長い間の事でした。席を外して戻ってきたら 蛾を見かけませんでした。逃げたのだろうか? それと

  • 秋の夜の物語

    「秋の夜カップの底の物語」 コーヒーの最後のひと口を飲み干そうとしたのですが うん❓ 揺らしてみたり カップを傾けたり。。。 どんどん物語は深みにはまっていきます。

  • 墓掃除

    「うしろ髪引かれながらの墓掃除たった一人の半日仕事」 早々に引き上げようと思ったのですが、ここもあそこもと気になります。 おまけに動きが鈍っていますので、時間のかかる事といったら、ふう。。。

  • 羊雲

    「新品のシューズ鳴る鳴る羊雲」 外反母趾対策の新しいシューズ。。。♪ 頑張って歩きましょう。

  • 秋めく

    「秋めくや恍惚の人目は澄みて」 こんなにきれいな目をして。。。 目が合っているのに用は無いの? 痛みから解放されて長閑なる人。。。

  • 秋爽

    「秋爽や木の葉透かして届きたる」 病院の待合室から見た景色です。 少しずつ秋を感じる今日この頃です。

  • 水澄む

    「水澄むや天とのコラボENYA聴く」 台風による大雨で濁るこの場所ですが、又すく元に戻ります。 きれいな空を映し出す時は「エンヤ」の歌がぴったりです。

  • 秋夕焼 今日も燃えて

    「今日の分しつかり燃えて秋夕焼」 一日一日を大事に生きる人。。。 今日の分はこれで精いっぱいだね。。。 また明日。。。

  • 秋の蝶

    「秋の蝶窓の向かうに乱舞かな」 一輪の黄花コスモスに執拗に吸い付く蝶。 己の生きざまの集大成でしょうか。。。

  • 回覧板 秋の風

    「コミュニティ縮小、中止秋の風」 回覧板が回ってきました。 相変わらずコロナの話ばかり。 夕方になると秋の風を少しだけ感じます。 少し寂しいです。

  • 脈拍数

    「秋の日の川面よりエール脈拍数」 不整脈も無くなり、落ち着いた私の心臓。。。 川面よりキラキラ秋の日差しが私にエールを。。。

  • 残る暑さ  海

    「瀬戸の海残る暑さにたぎる如」 涼を求めに。。。のつもりが残暑厳しい瀬戸内でした。 家族のそれぞれの健康を気遣って早々と帰ってまいりました。

  • 秋茄子

    「秋茄子や身の丈ほどの艶を出し」 それぞれ色、形が違いますが、ようこそわが庭に♪ どれも誇り高き艶を出しております。

  • 手術

    「新米の先生の汗ぼんやりと意識遠のく全身麻酔」 4時間くらいで意識が戻り、無事心臓の手術を終えました。 本当に感謝、感謝です。

  • 梅雨明

    「梅雨明や日差じんじん攻めきたる」 梅雨明けした日差はやはり違います。 じんじん来るというか、目にも痛いです。 何とか頑張って乗り切らなくては。。。

  • 草刈り機

    「夏草やほれ爆音に屈したり」 勢い溢れる夏草には毎年参った、参ったです。 草刈機を使うと、草のほうが参った、参ったです。 昨日はあっち、今日はこっちとあちこち草刈機の音が轟いています。

  • 夏木立

    「落人の隠れ家何処に夏木立」 ここへ来る度、色んな物語が浮かびます。 何か古き時代を思わせます。

  • 空蝉

    「空蝉やぬくみ残して琥珀色」 先ほど飛び立ったのでは?と思うくらい、温もりを感じます。 抜け殻とはいえまだ生きています。未練も感じます。

  • 夏木陰

    「夏木陰しばし脈拍静めけり」 来月には心臓の手術が控えています。 不整脈があり、歩くとしんどいです。 塩分控えること。運動をすること等々。。。言われています。

  • 円座

    「誰を待ついつもの場所で円座かな」 毎年、この場所に置いています。 色あせてきていますが、まだまだ使えます。 夕涼みに最適です。仲間は蚊取り線香とうちわです。

  • 守宮

    「感度よししつぽのセンサー守宮かな」 ここと決めたらあまり動かない守宮ですが 今夕は尻尾がよく動きます。 なにを感知したのだろう。。。?

  • 女郎蜘蛛

    「女郎蜘蛛ほど良きくびれふくよかさ」 ひゃっ!と思いましたが、よく見れば美しい。。。 媚びながらも堂々生きてるね。

  • 田植

    「十センチの誇りつんつん田植かな」 凄い雨と風のあと。。。 びくともしません、元気で育っていくことでしょう。 農家の皆さん、頑張ってください。

カテゴリー一覧
商用