プロフィールPROFILE

さくらえび7607さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
さくらえび7607のブログ日々是好日
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/sakuraebipart1/
ブログ紹介文
さくらえび7607のブログ日々是好日へようこそ。日々の心の記録を17文字にしたためました。
更新頻度(1年)

147回 / 295日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2017/10/14

さくらえび7607さんのプロフィール
読者になる

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さくらえび7607さんの読者になりませんか?

ハンドル名
さくらえび7607さん
ブログタイトル
さくらえび7607のブログ日々是好日
更新頻度
147回 / 295日(平均3.5回/週)
読者になる
さくらえび7607のブログ日々是好日

さくらえび7607さんの新着記事

1件〜30件

  • 冬の空 飛行機

    「冬の空飛行機にまだ乗らぬまま」 息子は修学旅行で沖縄へ、夫は仕事でヨーロッパへ 私は。。。まだ乗ってません。今さらどこへ行く? 日々空を眺めて見ているだけです。^^

  • 冬の夕 カマキリ

    「這ふ虫や最後の場所へ冬の夕」 衣の色を替え、ゆるりゆるりと這っています。 まだ生きようとはしているとは思いますが、私には もうおしまいかなと感じました。

  • 冬の雲

    「冬雲や北へゆくゆく明日は晴れ」 天気予報士ではないけど、だいたい分かるのです。 この雲は朝方雨を降らした雲なのです。 きっと明日は晴れるでしょう。

  • 冬?ぬくし

    「冬ぬくし土手も一ミリ膨らみて」 河川敷に車を止めて。。。深呼吸。。。 私の心も一ミリ膨らみました。(^ ^)

  • あ~秋暮るる

    「今日中に白髪染めねば秋暮るる」 あ~明日は立冬! いつもだったら、ヘアカラーは二三日早かろうが、遅かろうが 気にしないのですが、今日で秋が終わると思えば何だか 焦っちゃって。。。シャンとして冬を迎え

  • 紅白気分

    「わが一日紅白気分秋夕焼」 最近、噂とか風の便りとかでめでたいお話を 耳にします。「まあ、え~、それはそれは。。。」と私♪ そのお話に浸っている今日この頃です。

  • けがれなき

    「けがれなき赤子の声や秋の空」 赤ちゃんだって分かって欲しいことはあるでしょう。 青空につんざく声。。。 けがれなど一つもありません。

  • 光る五線譜

    「鳥躍る光る五線譜秋の川」 この川にいつも居る鴨。 眩しい川面できっと心躍っていることでしょう。 歌を口ずさんでいるかもね。♪

  • 葉隠の術

    「見抜かれし葉隠の術飛蝗かな」 ショウリョウバッタ君、隠れているつもり? ダメダメ、私には敵わないよ。^^ それにしても凄い!食欲の秋だね~。。。

  • いざ秋日和に

    「雨雲をけちらして いざ秋日和」 雨雲に覆われていたお日様。 目が覚めたようで、雲をけちらして秋日和に してくれそうです。

  • おやつタイム

    「昼の虫吾もおやつの時間なり」 ハナアブでしょうか、必死に蜜をあさっています。 そうだ、私も三時の休憩とおやつにしようっと。。。^^

  • 手招き上手

    「誰を待つ手招き上手芒かな」 風任せの手招きですが、淋し気な「おいでおいで。」でした。 どうやら私を待っているようではありませんでした。

  • 背高泡立草

    「見渡せどふるさと見えず背高泡立草」 この町の主のように咲き乱れている背高泡立草です。 生まれは北アメリカだとか。。。 場所によっては黄金色の絨毯のようでもあります。

  • 薄紅葉

    「時の候曖昧なりて薄紅葉」 衣替えがきちんとできない今日この頃です。 汗ばんだり、冷え冷えしたり。。。 庭の南天の葉も迷ってる?

  • 大判小判

    「吹き出づる大判小判稲穂かな」 黄金色の田んぼが続きます。 農家の皆さん、無事に育って良かったですね~。。。 これから稲刈りが始まるのですね。 もうひと踏ん張り頑張って下さいね。

  • 赤とんぼ

    「止り木は錆びたる支柱赤とんぼ」 庭の片づけ忘れた錆びた支柱へ赤とんぼが止まりました。 よりによってそこなんだ。。。 私の心の止り木は何処にしようかな~。。。

  • 蟷螂

    「蟷螂や何の構へかわれ無心」 私と目が合い、しばらく沈黙。 上段の構えをしてくるかな?としばらく待っていたのですが。。。 どうやら私は大した敵ではなかったようです。

  • 秋の暮

    「日の名残川面にポツと秋の暮」 日が暮れるのが速くなりました。 何か寂しくなります。 早く家に帰らなくっちゃ。。。

  • 木の実のざわめき

    「ぴいちくと日差むさぼる木の実かな」 ハナミズキの実が何やら空に向かってざわめいています。 「もうすぐ台風が来るらしいよ。」 「今のうちにお日様を吸い込んでおこうよ。」 なんてぴいちく、ぱあちくとにぎ

  • リハビリへ

    「秋愁やリハビリ一つ待ち時間」 病院といえば、待ち時間が長いのは当たり前です。 腰からくる足の痛みとビリビリのしびれ。。。 思い出してリハビリの復讐をして待ちます。痛い部分を揉み揉み。 ふと空を眺め、

  • ここが好き

    「ここが好き今日も潮の香秋の蝶」 季節を問わず、ちょくちょく此処へ来ます。 風の向きによっては潮の香りがしてきます。 この豹紋蝶もずうっと此処で戯れていました。

  • 追風

    「杖なしに追風うれし稲穂道」 持病の腰痛が始まりました。 何とか杖なしで歩けたのですが、稲穂の道を休み休み歩きました。 追風が優しく感じられるひと時でした。

  • それぞれの秋

    「佇めば大き、小さき秋思かな」 息子は太っちょ、夫はやせ気味。。。 じぃっと川を眺めています。 何を思っているのでしょうね~。。。 私?写真を撮るのに忙しかったです。(^^ゞ

  • 秋夕焼

    「秋夕焼溜りし懺悔吸ひ上げて」 日々の反省、悔いはたくさんあります。 久しぶりの夕焼け、全部吸い取ってもらいましょう。

  • あ~ついに。。。

    「体重がわれと同じになりし夫庭にはおんぶさるる飛蝗ゐて」 体重減少の続く夫ですが遂に私と同じに。。。 私はもっと頑張らねばね。 庭のバッタだって、メスが大きくて雄をおんぶしてるもん。。。^^

  • 曼珠沙華

    「舞降りて名残惜しむや曼珠沙華」 「天上に咲く花」とも言われている曼珠沙華。 今年も庭に咲き出しました。 天の光に向かって別れを告げているように見えました。

  • 秋の蛙

    「恵み雨悠々泳ぐ秋蛙」 台風が去り、溝にも水がたっぷり。 トノサマガエルでしょうか? 泳ぎが悠々たるものでした。

  • 式部の実

    「揺ららかにむらさきごろも式部の実」 今年もいい色して和ませてもらっています。 台風が近づいてきていますが、しなやかに揺れています。 どうか耐えられますように。。。

  • マムシ死す

    「一撃にいさぎよきかな秋の蛇」 夫の話 しばらくにらみ合いが続いたのち、近くにあったスコップで 真上から一撃!  あとで私は恐る恐る写真を撮っただけです。ふ~。。。

  • 運動会

    「運動会障害に勝ち胸光る」 障害を意識せず、勝ち負けに気を留めず、褒められて 嬉しそうなわが息子。感謝です。

カテゴリー一覧
商用