ハンドル名
ryuさん
ブログタイトル
福島・四季の風
ブログURL
http://tgryu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
福島県を中心に四季折々の自然を紹介しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

114回 / 125日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2016/12/10

ryuさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(IN) 12,465位 12,519位 12,617位 12,634位 13,340位 14,237位 14,271位 952,964サイト
INポイント 0 20 10 20 30 20 40 140/週
OUTポイント 0 40 40 60 60 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 256位 257位 259位 254位 268位 284位 286位 11,522サイト
自然観察 9位 9位 10位 10位 10位 9位 10位 526サイト
地域生活(街) 東北ブログ 96位 100位 100位 102位 101位 108位 111位 6,230サイト
福島県情報 6位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 308サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,825位 21,715位 21,642位 21,745位 22,538位 24,438位 24,477位 952,964サイト
INポイント 0 20 10 20 30 20 40 140/週
OUTポイント 0 40 40 60 60 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 475位 476位 476位 485位 508位 541位 550位 11,522サイト
自然観察 7位 7位 8位 8位 9位 9位 10位 526サイト
地域生活(街) 東北ブログ 141位 140位 137位 139位 145位 164位 168位 6,230サイト
福島県情報 7位 6位 7位 7位 7位 7位 8位 308サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,964サイト
INポイント 0 20 10 20 30 20 40 140/週
OUTポイント 0 40 40 60 60 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,522サイト
自然観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 526サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,230サイト
福島県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 308サイト

ryuさんのブログ記事

?
  • 春呼ぶなごり雪 ①

    福島県鏡石町  春呼ぶなごり雪 ①   梅が8分咲きになり春の花が続々咲きだそうとした矢先3/14(木)は一面の銀世界。一夜にして冬に逆戻りしてしまいました。ま、桜が5分咲きの頃に積雪したことも私の人生で3度ほどあるので3月中旬ならそう驚きはしませんが春らしい写真をようやくお届けできたと思ったらこの冬景色。でも見た目は冬でもこの雪は春本番を呼ぶ春呼ぶなごり雪でもあります。一面の雪景色ではありましたが樹...

  • オウレンの森&ウスギセリバオウレン

    福島県玉川村 セリバオウレンの森&ウスギセリバオウレン↑ セリバオウレンの森この春既に紹介済みですが隣り村のセリバオウレンの群生地に行ってきました。セリバオウレン自体は近郷の里山のあちらこちらで見られますがその中でもこの群生地が一番密度の濃い群生が見られます。わずかに薄日が射す深い森の奥に自生するせいかさすがの山野草好きでも気付かない自生地です。↑ ウスギセリバオウレン(薄黄芹葉黄連/キンポウゲ科オ...

  • 雑草?されど可愛いホトケノザ

    福島県鏡石町 雑草?されど可愛いホトケノザ郊外の畑でホトノケノザが花盛りでした。ホトケノザ(仏の座/シソ科オドリコソウ属)は春の七草のホトケノザと同じ名前なのでややこしいですが春の七草のホトケノザはタビラコ(田平子/キク科ヤブタビラコ属))というニガナのような花でまったく似ていないのにどうして同名になったんでしょうね(ーー);。ホトケノザはアジアやヨーロッパ、北アフリカなどにも広く分布し、日本では本州、四...

  • 梅は咲いたが桜はまだかいな

    梅は咲いたが桜はまだかいな春の訪れが遅い東北ですが梅の花が見ごろになってきました。(3/12)三寒四温とは言え例年よりは暖かい日が続いたので今年は2月末から咲き始めようやく7,8分咲きになりました。遅い年だと見頃が4月になり桜と重なることもあります。でもそこは東北、桜が咲くまではまだまだ油断ができません。私の人生の中で桜が咲いてからの雪が積もったことが3,4回あり梅が咲いている時の積雪は毎年のこと...

  • 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ③

    福島県天栄村 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ③リュウキンカ((立金花/キンポウゲ科リュウキンカ属)は本州~九州の山あいの湿地や沼地に自生し、光沢のある黄色い花はまさに金のごとく華やかで山野草の中でも一際存在感のある花です。ハナビラに見えるのは萼片(がくへん)で、これはキンポウゲ科の花の特徴です。キンポウゲ科の花は雨や曇りには花(萼片)を閉じてしまうタイプも多いですがリュウキンカは水辺の花だけあっ...

  • 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ②

    福島県天栄村 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ②その昔、成務天皇のころ(4世紀半ば)、この沼に住む大蛇が水を湯の如く熱し人々に害を与えるので、この池を治めた石背国造初代の建美依米命がこれを憂え、沸湯御前神社を祀り、人々の平和を願ったといわれています。江戸時代には、この沼が雨乞いの霊地として領主の白河藩主の耳にも入り、慶安元年(1648年)の大早魃のときに藩主榊原忠次の命により、また、宝永元年(1...

  • 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ①

    福島県天栄村 春の目覚め、涌井の清水のリュウキンカ ①毎年セリバオウレンの次に咲き出すのは涌井の清水のリュウキンカです。花の本番は4月上旬~中旬ですがせっかちな花が3月になるとポツポツ咲き始めます。例年なら少し雪が残っていることも多いのですが今年は全くありませんでした。この分だと春本番もそう遠くなさそうです。↑ 天栄村 涌井の清水ルートマップ (※Google Earthに加筆)↑ 涌井の清水 涌井の清水は標高4...

  • 春が来た!セリバオウレン ②

    春が来た!セリバオウレン ②里山でセリバオウレンの雄花が咲き始めました。当地の山野草で春一番に咲くのがセリバオウレン(芹葉黄連/キンポウゲ科オウレン属)の雄花で少し遅れて両性花が咲き出します。雌花は?資料的には雌花もあると書いてありますが私は見たことがありません。↑ 雄花からやや遅れて両性花が咲き出します。なぜ雄性先熟や雌性先熟があるのかと言うと同時に開花すると同じ花同士で自家受粉しやすくなるので開花...

  • 春が来た!セリバオウレン ①

    春が来た!セリバオウレン ①里山でセリバオウレンの雄花が咲き始めました。当地の山野草で春一番に咲くのがセリバオウレン(芹葉黄連/キンポウゲ科オウレン属)の雄花です。漢方薬で有名なオウレン(黄連)は奈良時代に中国から伝来しましたが在来種の“カクマグサ(加久末久佐)”が同様の効果があることを知り“カクマグサ”を漢名の“黄連”の音読みでオウレンと呼ぶようになったそうです。黄連は根茎がやや肥厚して節状に珠が連なって...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑮ Final

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑮ Finalいよいよ白鳥シリーズの最後です。昨日までの写真と違いが分かりますが?昨日までは左向き(上流)に飛び立っていましたが今回は右向(下流)に飛び立っています。釈迦堂川の場合、冬場は北東風が多くは下流に向かって(右岸から見て右方向)飛び立ち春めいて南西からの風になると川上に向かって飛び立ちます。釈迦堂川の白鳥はすでに北帰行を済んで今は静かな川に戻りました。また来年も元気...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑭

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑭  12345前回までは全てコハクチョウの飛翔でしたがようやくオオハクチョウの飛び立ちです。クチバシをズームアップすればオハクチョウだと分かりますが飛んでいる最中に見極めるのは困難です。動体視力が優れているスポーツ選手なら見極めらるだろうか・・・・ いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑬

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑬私は川の中州に立って撮影しているので白鳥との距離がメチャ近く風切り音も聞こえるし体から滴る水滴が顔にかかるほどです。こんな至近距離で撮影できるのは中州にいる白鳥が私が近づいても逃げないからです。でも白鳥が私を覚えさせるには手ぶらではダメです。餌付けってほどではありませんが毎回手土産程度に古玄米をほんの少し撒いてあげます。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑫

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑫朝、第一陣の白鳥が飛び立つとその後はまるで堰を切ったように次から次へと飛び立ちます。まず飛び立つのはコハクチョウですがオオハクチョウはコハクチョウがほとんど飛び立つまで知らんぷりしています。これだけ白鳥がいれば1羽や2羽が間違いそうですが知らんぷりしているようでもちゃんと見ているんでしょうね。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑪

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑪白鳥の向こうには別の野鳥の群れも偶然写りこんできました。ズームアップすれば迫力ある大きな白鳥が撮れますがせっかくの集団飛翔が撮れなくなるしワイドにするか望遠にするか悩ましい判断です。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑩

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑩レンズは18mm~270mmのワイド&望遠のズームレンズで手持ちで流し撮り連写で撮影しています。流し撮りと言ってもシャッタースピードを遅めにして白鳥が幻影のように流れる写真ではなくシャッタースピードは高速です。最初は200mくらの望遠で撮り始めレンズをしだいにワイドにしていきます。だんだん近づいてくる白鳥をズームアウトしながら画角に収めるのが難しいです。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑨

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑨同じグループの鳴き声が上手くシンクロしたらリーダーがおもむろに助走を始めます。だだ白鳥はしょっちゅう鳴いているので聞き分けが難しいと思います。飛び立つ時の鳴き声のシンクロを聞き分けられるよになれば高確率で助走のタイミングが分かるので決定的瞬間を逃さずにすみます。そうそう、首を上下に振るのも特徴です。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑧

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑧こんどは大集団で助走し始めました。15羽以上が一斉にこちらに向かってきます。助走するタイミングがなぜ分かるかと言うと飛び立つカップルや家族、グループは助走を始める前にリーダーが合図の鳴き声をあげ仲間もそれに呼応するよに鳴き始め次第にその鳴き声がシンクロしてきます。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑦

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑦第一陣が飛び立つと第二、第三と次々飛び立ちます。ここまで6グループが飛び立ちまちしたが撮影後にPCで確認したら予想通り全てコハクチョウでした。なぜコハクチョウがオオハクチョウより先に餌場に飛び立つのか正確な理由はわかりませんがおそらく体の小さいコハクチョウはオオハクチョウと餌場が競合する場合体力的にオオハクチョウに敵わないので早く餌場に行くのではないかと想像します。周辺...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑥

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ⑥アメリカミンクへの警戒感がとれるとハクチョウたちはまた次々と飛び立ち始めました。今度もやはりコハクチョウです。 いいね!!...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 番外(アメリカミンク)

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 番外(アメリカミンク)↑  第一陣が飛び立った後白鳥全体に緊張が走りました。なぜわかるかって?白鳥みんなが首をすくっと真っすぐに伸ばしています。聞きなれない大きな音がしたり、知らない人などが近づいてくるとこういう状態になります。人間ならば『耳をそばだてる』状態です。私も白鳥のすぐそば(2m)に居ますが人間を識別できるようで、常連の私に対しては全然気にしません。↑ はは~ん...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ④

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ④↑ 今にもぶつかりそうな狭い助走路を器用にすり抜けなんとか浮上し始めました。『あ~ぶつからなくてよかった(^^ゞ』↑ さて、この飛び立った白鳥の種類は?見慣れた私でも飛んでいる最中に種類の見極めは超難しいです。その大きさからおおよそは想像できますが確実に見極めるにはPCに取り込んでクチバシを拡大しないと分かりません。↑ PCで画像を拡大し確認したらやはりコハクチョウです。この2...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ③

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ③この日は朝9時半頃に訪れて餌場に飛び立つのを待ちます。ただ待つだけではつまらないので羽ばたきの瞬間などを撮りながら待つこと30分、ようやく第一陣が飛び立ち始めました。↑ ふつう飛び立つ時は周辺に助走スペースを取って羽ばたき始めるのですが、このペアは狭いスペースをお構いなく助走し始めました。↑ 『ちょっと、どいて!どいて!』って感じだけど周りの白鳥はみんな完全無視。『もう...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ②

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ②白鳥の都市伝説として「水面を優雅に浮かぶ白鳥も実は水面下では必死に足をもがいてる」とまことしやかに流布されていますが、それは大ウソです。確かに急流を遡るときは一生懸命脚をかくと思いますが流れが穏やかな場所や池などでは脚はあまりかきません。その都市伝説の出どころは、漫画『巨人の星』の花形満の熱弁だとされています。↑ 白鳥は飛翔と全く関係ない休息の時間にも大きく羽を広げる...

  • 立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ①

    立春を翔る釈迦堂川の白鳥三昧 ①昨日2週間ぶりに『タイ最後の楽園・リペ島』から無事帰国しました。昨日はたまたま今年一番の暖かさだったようで常夏仕様の身体になっていた身には有難い暖かさでした(^^ゞ。リペ島の写真はこれでもかと撮ってきましたが日本では3週間以上撮影しおらずタイムリーな写真がないのでリペ島へ行く少し前に撮影した釈迦堂川の白鳥をしばらくご覧下さい。↑ この日は朝9時半頃に訪れて餌場に飛び立つのを...

  • 今年も今日からタイ・最後の楽園リペ島に行ってきます

    今年も今日からタイ・最後の楽園リペ島に行ってきます。今年も今日から2週間、またまたタイ最南端のリペ島へ行ってきます。これで9年連続、我ながらよくもまぁあきずにと思います(^^);。ここずっと毎年同じ台詞です(^^ゞ)リペ島は同じタイのプーケットやサムイに比べるとアクセスが悪いこともあり日本人にはまだまだ馴染みのないタイ最南端のリゾート島ですがリゾート開発が許されたタイ最後の楽園として人気急上昇です。世界...

  • 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ⑥

    福島県平田村 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ⑥山鶏滝渓谷シリーズの第6弾、最終章です。昨日は男岩まで紹介したので今回は男滝と最上流の取水堰間の小滝群や山鶏の滝橋より下流左岸の小滝群をご覧ください。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(上流右岸) これらの小滝の少し上流に取水堰があり遊歩道はそこでお仕舞です。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(上流右岸) ゴロゴロした大岩の間を流れ落ちる滝はどれも名無しの小滝ですがそれぞれ個性があり...

  • 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ⑤

    福島県平田村 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ⑤山鶏滝渓谷シリーズの第5弾です。昨日紹介した山鶏滝は渓谷のちょうど中間に位置します。見学者の多くは山鶏滝だけ見て帰ってしまいますが上流にも美しい小滝が連なっているのでぜひ足を運んでほしいと思います。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(右岸・山鶏滝落ち口) 山鶏滝の落ち口の少し上流に流木のブリッジがあり見事な氷柱ができていました。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(右岸) 山鶏滝の上流...

  • 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ④

    福島県平田村 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ④昨日は柵を越えた斜面下の岩場からなら滝を目の前に迫力ある滝をご覧いただきましたが今日もその続きです。岩場の左奥には大きく窪んだ場所がありそこからは山鶏滝と同じ目線の真横から撮影することができます。↑ 大寒氷雪の山鶏滝(右岸下大岩) 真横から迫力満点の滝を望めます。この位置は水が多い時は滝飛沫でずぶ濡れになるので近づけません。滝の向こうに見えているのが山鶏の滝橋で...

  • 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ③

    福島県平田村 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ③山鶏滝は基本的には安全柵の外側から見学しますが柵を越えた急斜面下の岩場からなら滝を目の前に迫力ある滝を撮影することもできます。(良い子はマネしないように)↑ 大寒氷雪の山鶏滝(右岸下) 写真矢印のように柵を越え斜面を降りれば滝の真ん前にある大岩の上に立つことができます。↑ 大寒氷雪の山鶏滝(右岸下)  滝の落ち口右岸から見下ろした右岸下、滝前の大岩です。この大岩の...

  • 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ②

    福島県平田村 大寒氷雪の山鶏滝渓谷 ②滝の前に橋があるので橋から見た山鶏滝が正面と思いきや北須川は山鶏滝で少しくの字に曲がっているので滝と橋は正対しておらず、橋の少し先の遊歩道右岸から見た姿が正対した滝です。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(右岸) 橋のたもと右岸から見た山鶏滝です。これでもまだ滝に正対していません。↑ 大寒氷雪の山鶏滝渓谷(右岸) 橋のたもとより少しだけ上流側の遊歩道から見た構図です。滝幅が...