バガン便り
住所
ミャンマー
出身
練馬区
ハンドル名
SARA HASHIMOTOさん
ブログタイトル
バガン便り
ブログURL
https://saratravel.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ミャンマーの世界遺産バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログです。有益な観光情報の発信に努めます。
自由文
-
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2016/12/09

SARA HASHIMOTOさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(IN) 26,546位 28,371位 30,911位 37,161位 33,555位 36,718位 41,510位 969,746サイト
INポイント 0 9 18 0 8 8 8 51/週
OUTポイント 0 54 0 33 72 288 56 503/週
PVポイント 72 522 666 691 552 1,032 728 4,263/週
旅行ブログ 1,702位 1,827位 1,860位 1,967位 1,604位 1,603位 1,636位 42,617サイト
ミャンマー旅行 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 56サイト
海外生活ブログ 1,137位 1,212位 1,313位 1,693位 1,699位 2,038位 圏外 34,912サイト
ミャンマー情報 12位 13位 15位 17位 19位 24位 圏外 225サイト
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,667位 16,920位 18,295位 18,329位 18,938位 20,236位 40,571位 969,746サイト
INポイント 0 9 18 0 8 8 8 51/週
OUTポイント 0 54 0 33 72 288 56 503/週
PVポイント 72 522 666 691 552 1,032 728 4,263/週
旅行ブログ 1,629位 1,648位 1,700位 1,701位 1,669位 1,461位 1,838位 42,617サイト
ミャンマー旅行 2位 2位 2位 2位 2位 2位 4位 56サイト
海外生活ブログ 850位 934位 1,008位 1,002位 1,056位 1,199位 2,644位 34,912サイト
ミャンマー情報 12位 13位 13位 13位 15位 18位 28位 225サイト
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(PV) 4,688位 4,811位 4,856位 5,021位 5,093位 5,029位 5,431位 969,746サイト
INポイント 0 9 18 0 8 8 8 51/週
OUTポイント 0 54 0 33 72 288 56 503/週
PVポイント 72 522 666 691 552 1,032 728 4,263/週
旅行ブログ 524位 455位 410位 366位 316位 279位 262位 42,617サイト
ミャンマー旅行 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 56サイト
海外生活ブログ 191位 203位 221位 249位 292位 329位 542位 34,912サイト
ミャンマー情報 1位 1位 1位 3位 2位 4位 6位 225サイト

SARA HASHIMOTOさんのブログ記事

  • ■速 報■ 日本人の観光ビザ免除延長が正式決定!!

    2018年10月から1年間の試行期間として開始された、日本国籍の一般旅券所持者に対する観光ビザ免除が、1年間延長されることが正式に決定しました。ミャンマー紙イレブンニュースが伝えたところによりますと、ミャンマー観光省は2019年9月末までとなっていたビザ免除期間を2020年9月30日まで延長したと発表しました。 elevenmyanmar.com また共同通信は、今年1月~6月にミャンマーを訪れた日本人は前年同期比24%の6万574人となり、ミャンマーの観光業界はビザ緩和により大きな成果が出ていると伝えています。今年はバガン遺跡が世界遺産登録され、国内線の搭乗率もかなり高くなっています。AIR…

  • バンコクエアウェイズがバンコク⇔バガン直行便就航を模索

    久々にこの話題が出てきましたが、あまり同じ話題書くと「本田〇〇移籍か?」の類いと一緒になるので(笑)、続報は進展してからにします。ミャンマータイムズが報じたところによりますと、バガン遺跡がユネスコ世界遺産に登録を果たしたことで、バガン⇔バンコクの直行便就航を再検討しているということです。同エアラインのバロン・イスラセナ営業担当副社長によりますと、バンコクからバガンだけでなく、インレー観光の拠点ヘーホーや、メルギー諸島のメイクへの直行便就航を検討しているのだそうです。 www.mmtimes.com さて、バガンだけでなく、という時点でまだ具体性はないと思います。そして、バガン・ニャウンウー地区…

  • ★速報★バガン遺跡が世界遺産に登録!

    現在アゼルバイジャンで行われているユネスコの世界遺産委員会で、本日バガン遺跡が世界文化遺産に登録されることが決定しました。 前回登録を目指して「情報照会」と決議されてから、実に24年越しの登録を果たしたことになります。周辺と異なり、年間を通して雨量が少なく朝日と夕日の名所となっていることからも、今後観光客が増加するのは確実視されています。ただ今回条件付けされたとみられる、オールドバガンの高級ホテルの移転や、地元住民の生活権の保護など問題は山積みで、最近では珍しい後発登録された“本命の世界遺産”として、過去の観光地化による反省を踏まえ、どれだけその弊害を食い止め、観光だけでなく、宗教的・文化的価…

  • バガンのプリペイドSIMはテレノールで決まり!

    こんにちは。よくお客さんから聞かれるのは、「バガンで通信環境が良い携帯SIMはなんですか?」ということです。 この質問は簡単でして、バガンではテレノールがいちばん安定しています。これまでずっと使ってきましたが、日本のKDDIが事業提携するMPTよりもはるかに良いです。 www.telenor.com.mm 私は業務で24時間ネット接続する必要がありますので、SUBOOというデータ通信パッケージを利用していますが、たとえば4GBのプランで4000チャット(約330円/2019年6月現在)とコスパは高いです。タイで東南アジア旅行向けの国際SIMが発売されましたが、少なくともミャンマー旅行(バガンメ…

  • トリップアドバイザーでハッキング被害が続出

    世界的に利用されている観光関連口コミサイトのトリップアドバイザーで、ログインができなくなるハッキング被害が海外で相次いで報告され、欧米の観光サイトでログイパスワードの変更を促す記事が出されています。 loyaltylobby.com トリップアドバイザーから公式に発表はまだなく、また日本でも同様にログインできなくなるなどの被害が発生しているかどうかも分かりませんが、クレジット決済されたことがある方などは念のためにパスワード変更されておいた方が宜しいかと思います。なお、トリップアドバイザーにつきましては、日本サイト独自の運営をはじめてBtoBサービスに力を入れたために、広告なのか口コミなのか非常…

  • 観光省がチャット取引の徹底を呼びかけ

    ミャンマー観光省は、航空会社など観光関連企業に対し、米ドルでなくミャンマー通貨で取引するよう催促状を出し徹底を呼びかけたと、ミャンマータイムズが伝えています。 www.mmtimes.com さて、サラトラベルは小さな旅行会社なので結局どちらでも構わないのですが(売上金入金=即支払、あるいはデポジット払込のため)、私の会社の主要取引先のバガンでの支払通貨一覧は以下の通りです(あくまでバガンからの支払方法です)。■エアラインA: USD現金のみB: チャット送金C: USD現金のみ(1000ドル単位!)※バガン支店での予約発券を除きます。■ホテル1)バガンのホテルA: USD現金のみB: USD…

  • ミャンマーナショナル航空の巨額赤字

    ミャンマーのフラッグキャリアであるミャンマーナショナル航空(MNA)が、企業化され国際線を就航したにも関わらず、2016年からの経常損失が1370万米ドルになる見込みだと、航空情報サイトSmart Aviation Asia-Pacificが伝えています。 smartaviation-apac.com この記事の中で、その理由を整備費用の高騰や従業員コストの負担によるものだとしていますが、新機材導入のために中国から借り入れた5430万米ドルにものぼるローンの利息なども重くのしかかっていると書かれています。 同エアラインは2015年から国際線運航に進出、香港や成都、シンガポール、バンコク、チェン…

  • 国立ジオパークに5地域を指定

    ミャンマー科学振興会のタン・トゥン氏はポッパ山(マンダレー管区)、インドージ湖(カシン州)、インレー湖(シャン州)、ティンタウン湖(ザガイン)、ズエガビン山(パアン)の5つを国立ジオパーク(地質公園)に指定し、最初にポッパ山を今年中に指定する予定だと発言しました。ソース: www.mmtimes.com ミャンマータイムズの記事の中では同氏は、既に調査を完了していて現在認可を待っているのだということです。またその後、ポッパとバガン地区をひとつにして、同じカテゴリーにあるユネスコ世界ジオパークへの登録を目標としていきたいと意気込みを語っています。さて、まもなくバガンも世界遺産登録を果たしそうだと…

  • 春秋航空がヤンゴン⇔上海線を新規就航!

    上海を拠点とするLCCの春秋航空は、2019年7月1日から上海(PVG)=ヤンゴン線の直行便を開設すると発表しました。運航は週4便、機材はエアバスA320だということです。なお気になる料金は円ベースで片道USD168~/往復USD339~(いずれもサ・諸税込)となっています。 ■運航スケジュール上海→ヤンゴン9C6243 PVG 2305 – 0245 RGN 320 月・水・金・日ヤンゴン→上海9C6244 RGN 0345 – 0955 PVG 320 月・火・木・土機材がリクライニングのできないエコノミークラスのみですので、夜間はちょっときつそうですが、JALのマイレージなどを使った上海…

  • 条件付きの世界遺産

    興味深いニュースが入ってきました。ユネスコの専門家が“今年の世界遺産委員会によってバガンは登録を果たすかもしれない。だが、もしミャンマー政府がバガンを登録し続けたいのであれば、遺跡の保全を厳しく管理していく必要がある。またそれには、遺跡地区にあるホテルの移転も含む長期的な計画の実施が含まれるであろう。”と述べたと一般紙フロンティアミャンマーが伝えています。ソース: frontiermyanmar.net とうとう出ました。実は遺跡地区である、オールドバガンのホテルは15年以内に移転しなさい、というのは何度もニュースになっていましたが、これまでミャンマー政府の意見としか伝わってこなかったのですが…

  • エアカンボーザに異変あり(第2弾)

    ミャンマー国内線最大手のAIR KBZですが、昨年末に度重なる時刻変更を頻発させ、時刻変更のご案内が大変だったという記事を書きましたが、更に驚くような事態となっています。今月ローシーズンの運航予定が改定されましたが、それを見ますと、なんと主要路線であるバガン⇔マンダレーが8月まで往復全便運休となりました…。こんなことは今年がはじめてです。 その上、バガン→ヘーホーも、昨年まで3便予定されていましたが、3便のうち2便が欠航となりました。もうびっくりです。観光客が減る5月~9月までのローシーズンはもともと減便しますが、3年前まではAIR KBZとマンヤダナーポン航空が共同運航していました。当時はA…

  • バガンの気球4社目はSTT BALLOONING!

    バルーンズ・オーバーバガン,オリエンタルバルーニング,ゴールデンイーグルの3社が運航しているバガンの気球遊覧ですが、昨シーズンより4社目となるSTT Ballooningが運航を開始しています。 なぜ今になってご紹介しているかと言いますと、実績のない運航会社って誰が予約しますか?笑だから私の会社では1シーズン待って現地で様子を見て、それで手配を開始することにした次第です。ざっと見てきた感じ、特に他社とサービスが異なるわけではありませんでしたが、軽食はちょっとショボい(失礼)感じでしたので、さっそく「高いんだから、もうちょっとゴージャス感を出したら?」と言っておきました(笑)。 また、正確に把握…

  • バガン遺跡が禁煙地区に!?

    おはようございます。今月末からアゼルバイジャンで行われる世界遺産委員会で、バガン遺跡が世界遺産に登録されるか決議されますが、その登録名が「バガンの考古地域と記念建造物群」(Bagan Archaeological Area and Monuments)になってるようですね。これが公定訳になるか知りませんが、いったい誰がつけたんでしょうかね。いかにもって感じですが、のどかなバガンが仰々しくなっちゃいましたね(笑)。ところで昨日遺跡管理委員会において、バガン遺跡の主要観光スポットなどを全面禁煙地区に指定しようという会議が開かれたと政府系新聞グローバルニューライトオブミャンマーが伝えています。 ソー…

  • シュエダゴンパゴダの修復工事が完了

    ※情報は2019年6月のものです。昨年9月から行われていたヤンゴン・シュエダゴンパゴダの修復工事が完了し、金ピカの美しい主塔がお披露目されました。 ちなみに2ヶ月前も下の画像のようにほぼ完了していたのですが、さすがミャンマーを代表するパゴダだけに時間をかけて行われていたようです。 まもなく雨季に入るヤンゴンですが、今回はまた微妙な時期になりましたが、本来今年から行われるものだったのが劣化した箇所があったために急遽1年前倒しで修復されることになったためにこの時期となりました。5年に1度行われる工事ですので、これからしばらくはまばゆいばかりの金塔が拝めることになりますね。ご旅行予定の方はどうぞご期…

  • バガンホテル・リバービューがセンタラホテルにリブランド

    タイの大手ホテルチェーンであるセンタラホテル&リゾーツは、ミャンマーの中堅ホテルグループ、KMAホテルズと提携し、今年2019年からミャンマー国内の6つのホテルをセンタラホテルにリブランドし運営、それに伴いいずれもリノベーションに入るということです。 このうちバガンのホテルが2つ含まれていて、1つはオールドバガンのバガンホテル・リバービュー、もう1つはニューバガンのケイトゥマディー・ダイナスティーです。バガンホテル・リバービューはロケーションが抜群の中堅リゾートですが、いまひとつと言ったところ、ケイトゥマディーにいたっては、バガンのすべてのホテルで年末年始も満室にならないほど、人気がなくメンテ…

  • 中国からのマンダレー空港乗入れ便が3社就航

    ロヒンギャ問題を契機として欧米からの観光客が減少しているバガンですが、海外からの乗り入れがもっとも近いマンダレー空港に5月だけで中国からの新規就航2社と新規路線の開設が1社ありました。 その結果現在運航中のマンダレー空港を発着する国際線は中国以外がバンコク・チェンマイ・シンガポール、それ以外はすべて中国からで、上海・西安・天津・南寧・広州・重慶・成都・昆明・貴陽・深圳・長沙・晋江・杭州・鄭州・武漢となり、もうこうなると日本のMJAS(三菱・JALUX・YOMA)が運営する意味がなくなってくるのではないでしょうか?■青島航空 天津⇔マンダレー QW6097 TSN 1025 – 1330 MDL…

  • ミャンマー国際航空が安全性評価で7スターを獲得!

    国際線を運航する航空会社の安全性評価を行うAirline Ratingsは、ミャンマー国際航空(MAI)をもっとも高い7スターと評価しました。同社の評価はICAO(国際民間航空期間)の行う運輸安全調査を元にランク付けするものですが、ミャンマーの航空会社でははじめてとなる高評価を得たことになります。※ミャンマーナショナル航空(MNA)ではありません。 www.airlineratings.com びっくりですね(笑)。ミャンマーのエアラインがこんなに早く運航の安全性がパーフェクトであると評価されるとは正直まったく思っていませんでした(笑)。またヤンゴン空港など整備環境が他国と比べまだ揃っていない…

  • バガン遺跡がまもなく世界遺産に

    世界遺産登録における調査および評価を行っている指紋機関であるフランスのICOMOS(イコモス)は、2019年6月30日からアゼルバイジャンの首都バクーで開催される第43回世界遺産委員会の年次会議において、【バガンの考古地域と記念建造物群】について登録勧告としました(文化遺産(iii)(iv)(vi))。これによってバガン遺跡は事実上の登録内定となったために、よほどのことがない限り世界遺産に登録されることになりそうです。バガン遺跡は1997年ときの軍事政権が登録を目指しましたが、第21回世界遺産委員会で“情報照会”と決議されたため、実に20年以上の猶予を経て世界遺産となることになりました。バガン…

  • 日本人のミャンマー観光ビザが1年延長の見通し!

    昨日東京で行われたミャンマー観光セミナーにおいて、ミャンマー観光フェデレーションのモンモン・スエ副会長は今年9月末までとされている日本人の一般旅券所持者に対する観光ビザ免除措置を1年延長する予定だと発表しました。ソース:NNA ASIA www.nna.jp また、トゥレイン・タン・ジン駐日ミャンマー大使は、「中部の遺跡都市バガンが国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録される見通しだ。観光でミャンマーを訪れてもらうことが、経済発展にも資することになる」とコメント。日本とミャンマー両国の旅行業界が協力して日本人観光客を送り出すことに期待を示した。と伝えています。吉報ですね。もう5月も終…

  • ミャンマーナショナル航空が胴体着陸(詳報)

    乗客乗員89名を乗せたミャンマーナショナルエアウェイズ(国営航空)ヤンゴン発マンダレー行きUB-103便が、マンダレー着陸時にギア装置の異常が発生し、前輪が出ないまま胴体着陸したということです。なおこれによってけが人などは出なかった模様です。 国営紙Global New Light of Myanmarによりますと、ミャンマー国内線の同機(機材:エンブラエル190/機体番号:XY-AGQ)は5月12日午前8時ヤンゴンを離陸、機長は前輪の異常を管制塔に報告し緊急着陸を要請、午前9時9分燃料を投棄し機体を軽くした上で胴体着陸を試み無事着陸したということです。この中でマンダレー空港の滑走路全長140…

  • ミャンマー・トレジャーリゾート・インレーがリノベーション

    インレー湖上にある人気のリゾートホテル、ミャンマートレジャーリゾートが2019年6月1日から9月1日(予定)まで、全館リノベーションのために閉館します。なお、期間中の既約分につきましては、ホテル側にて代替ホテルを用意することになりますので、ご予約を入れている方はホテルまたは手配された旅行代理店にお問い合わせください。 Myanmar Treasure Resort, Inle www.myanmartreasureresortinle.com※元記事: tokuhain.arukikata.co.jp にほんブログ村

  • ビーマン・バングラディシュ機がヤンゴン空港で着陸失敗

    昨日5月8日18時52分頃、ダッカ発ヤンゴン行きのビーマン・バングラディシュ航空BG-60便(ボンバルディアDHC-8)が、悪天候の中ヤンゴン空港への着陸に失敗、この事故によって乗員乗客合わせて18人が病院に搬送されたということです。けがの程度などは分かっていません。 なおミャンマー航空局によりますと、ヤンゴン空港はこれに伴い一時閉鎖されましたが、21時01分に使用が再開されています。本日の発着便に遅れなどは出ていない模様です。同エアラインをご利用の方は、運航予定の変更などが発生する可能性がありますので、ご注意ください。※ソース:Deapartment of Civil Aviation My…

  • 仏像の中からまた仏像

    バガン遺跡は11~13世紀に栄えた仏教都市です。そしてバガン王朝が導入した仏教の上座部は、現在に至るまで連綿と受け継がれ、それは一貫して続いているとされています。ところが、バガン初期のものには、現在では説明がつかない不思議なものがいくつも発見されているのですが、そのひとつがこれです。 1枚目は最近発掘されたチャウセー近郊のタモテ・シンピン・シュエグジー寺院から出たもの。2枚目はオールドバガンにあるナッタ・シントゥー小寺院の本尊です。いずれも11世紀につくられたそうですが、オカルトチックでコワいですよね(笑)。仏像の胸の中に仏頭が埋め込まれていますが、いまの上座部のお坊さんにはまったく理解できな…

  • “世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓”の感想

    昨日4月8日にプレジデントオンラインに掲載された標題の記事に、バガン遺跡は「危険なほどの混雑」に見舞われたという内容があり、当社のサイトも非常に高いアクセスがありました。 president.jp この記事の中で、「観光亡国論」の著者であるアレックス・カーさんは以下のように述べています。“夕方になれば絶景スポットとされる高さ数十メートルほどの寺院に人々が大挙して集まり、その混み合うさまは古代寺院の神秘どころではなく、危険そのものです。中には夕暮れをBGM付きで楽しみたいということで、あたりかまわず音楽をかける人も出ているといいます。”そして、ユネスコによる世界遺産登録による弊害として次の4段階…

  • 南伝仏教の誤りとビルマ族の興り

    ※ひさびさにマニアック路線です。興味がある方だけどうぞ。 ミャンマーに仏教が伝来したのは、日本では南伝仏教としてスリランカから伝わったとされていますが、これは明確に間違っています。 ビルマ族初の統一王朝がアノーヤター王が興したバガン王朝ですが、王は上座部を国教と定め仏教の教えをもって国を治めようとします。これが1044年のことです。そしてバガンの仏教はモン族から移入したものです。当時バガンにはアリー僧(おそらく大乗の一派)と呼ばれる堕落した僧団がいて人心を惑わすために、これを排除しようとして上座部を国是にしようとしたと言われています。 モン族はもともと強い信仰を持つ上座部国でしたが、14世紀ま…

  • ミャンマー水祭り記念切手を発売!

    こんにちは。ミャンマー通信省は、ミャンマー正月を記念してティンジャン(水祭り)の風景と、4月を代表するミャンマーの花であるパダウとガンゴウをデザインに取り入れた記念切手を発売すると発表しました。 これはかわいいですね。というか、通信省にこんなセンスあったんですねって、あっゴメンなさい(笑)。ちなみに、ニューバガンにある郵便局に聞いてきましたが、4月5日から販売するということでしたので、どこの郵便局でも買えるのではないかと思います。料金は200Ks(約15円)です。 今年のバガンも暑いです。その分天気はいいですので、観光予定の方は体調管理にくれぐれもお気をつけてまわられてくださいね。※本記事は地…

  • バガンのオープントップバスが運休

    昨年8月から鳴り物入りで登場したバガンのオープントップバス(運行会社:Minalar Bus)ですが、なんと早くも運行を取りやめてしまいました。 担当者の話によると、「屋根のないバスのために乾季に砂ぼこりが舞って、観光どころではなくなってしまいました」というので、それを聞いて私は絶句していました…。日系オペレーターのエーペックスインターナショナルもその問題を早くから指摘していましたし、さもありなんというところでしょうが、欧米人には人気が出そうな企画だっただけに少し残念です。ちなみに、最近バガンではトゥクトゥクが増えてきました。空港送迎や近場で6000~8000KS、1日貸し切りですと27000…

  • 許可を得ずにドローン撮影をした観光客に懲役1ヶ月

    首都ネピドーの国会議事堂付近を無許可で撮影していたフランス人観光客が逮捕され有罪となり、懲役1ヶ月の有罪判決を言い渡されたということです。 www.japantimes.co.jp ソース:ジャパンタイムスこの記事の中で注目すべきは、有罪となったフランス人は輸出入取引法違反の罪に問われたことです。判決によりますと、輸入申告をせずに持ち込んだドローンを使用して、通信省に無許可で政府関連地域を撮影したためとなっています。 また在緬フランス総領事の話として、この観光客は罪になると認識していなかったということですが、現地の私としましては、今回のケースも自国でたとえば軍関係の施設や刑務所などでドローンを…

  • 年末国内線総括~AIR KBZに異変あり

    ※いつも言っていますが、うそは書きません。※サラトラベルでは前日までに起きた変更につきましては、ご宿泊先へのお電話とメールにてご案内し(またはガイド経由)、ご旅程に影響が出るのを回避するよう努めております。 こちらの画像は12月28日に起きた時刻変更を、うちのリコンファーム担当が目の前にいる私にメールで送ってきたものです(PNRとご搭乗者氏名は消してあります)。スタッフがいちばん大変なのは、すべてのお客さんの発券時のチケットを全部印刷しておき、そこに変更の過程をすべて書き込んで、それを元に私に伝えてくるわけです。ところが国内線発券はこれまで私しか行っていません。つまりうちのスタッフたちは予約シ…

  • ★超穴場★最新・バガンで朝日が見られる絶景スポット!

    ※本記事は12月28日のものです。最新の情報をご確認ください。情報待っていた方遅くなってすみません…。ただ年末年始になんとか間に合ってよかったです。最近ヤンゴンやバガンのガイドから、「橋本さん、バガンのタウンビー村から気球が上がるって本当ですか?」とか「タウンビーって場所はバガンに3つありますけど、どこのことですか?」って何度も聞かれまして、なにそれ?私なにも書いてないけど(笑)と不思議に思っていたのですが、その怪情報の意味は(たぶん)これのことでした。 タウンビー村の奥まった川岸近くに、小高い丘があって、そこからの朝日の景色がすごくきれいなのです。太陽がのぼる方向にオールドバガンの遺跡群がす…