searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

珍魚・駄魚ハンターさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

「淡水」という閉ざされた世界でしか生きられない生き物たちが大好きだ。  陸地を歩き、空を飛び、海を泳いで移動できない彼らは、名も知られぬまま雑魚と呼ばれ、滅びかけていたりもする。  できるだけ生態系と私の足腰に負担のない「タナゴ釣り仕掛け」で釣れた生き物たちを紹介していきたい。

ブログタイトル
定年親父の魚三昧・私魚人(あいうおんちゅ)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/rhinogobius7591
ブログ紹介文
タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ! 180cmのべ竿片手に、はたして何種の魚をゲットできるか!
更新頻度(1年)

291回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2016/11/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、珍魚・駄魚ハンターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
珍魚・駄魚ハンターさん
ブログタイトル
定年親父の魚三昧・私魚人(あいうおんちゅ)
更新頻度
291回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
定年親父の魚三昧・私魚人(あいうおんちゅ)

珍魚・駄魚ハンターさんの新着記事

1件〜30件

  • ウツセミカジカ(カジカ小卵型)を採る!:東海道中ガサ釣り記④

    2020年2月21日(金)一昨日のキメラ猫、このブログ初登場の哺乳類だったが今回は初登場の魚、ウツセミカジカ(カジカ小卵型)アブラハヤを釣りそこねた後(時間があれば釣れたわいっ!)「きれいな川を見てみませんか?アジメドジョウやウツセミカジカがいますよ」地域自然保護の中心となる御大の御言葉。というわけで、ゴンゴン移動したのが清冽な流域。「場所がわかる景観は撮ってもいいですが、SNSに載せないでくださいね」「当然です!節度のない輩もいますからねえ」ガサをはじめる。採れたっ!幼魚だケド・・・実にあっけない。このウツセミカジカ(カジカ小卵型)東北から紀伊半島東部の太平洋岸と琵琶湖に生息する。大卵型が名の通り大きな卵を産み、ふ化後海まで流下せず、一生を淡水域で暮らすのに対し卵が小さく、ふ化後海や湖へと流下した後エッチラオ...ウツセミカジカ(カジカ小卵型)を採る!:東海道中ガサ釣り記④

  • 2つの顔を持つ野良ネコに会う!キメラ猫? おまけに犬も?

    2020年2月19日(水)顔の毛並みが真っ二つの野良猫調べてみたら『キメラ猫』とか呼ぶらしい。X染色体の遺伝子がなんちゃらかんちゃらとややこしい。昨日、尾道千光寺公園へと冬の吟行に出かけステゴサウルスの背のごと冬の瀬戸の島とかシジュウカラやヤマガラやエナガを見つけあれはカラそいつはエナガ辿る道とかふざけてたら観光客にしっかりエサもらってるのかな?でっぷりしたおとなしい猫がいてそいつが白っぽい猫へと向かい顔を見て驚いたんである!顔の左と右とで全然違うやんっ!ジキルとハイドという2重人格者の話は聞いたこともあるが2重顔面ネコなんてのは見たことも聞いたこともない。もともとネコに興味はあまりない。ネズミを捕る役割も現代ではほぼ必要もなくなりこうして元ペットが野放しとなりウロウロしているのをいいとも思わない。だから「キャ...2つの顔を持つ野良ネコに会う!キメラ猫?おまけに犬も?

  • アブラハヤを釣らんっ!:東海道中ガサ釣り記③

    2020年2月17日(月)アブラハヤである。昨年の11月上旬の東海道中ガサ釣り記の続き。地域の環境保護活動の御大にホトケドジョウやウシモツゴの生息地と保護の状況を見させてもらった後のこと。「私魚人さん、釣りしたいでしょ?」「いえいえ、個人の趣味でご迷惑をかけるようなことは・・・」「いや、大丈夫な流域を案内しますよ。アブラハヤ釣ってみますか?そこは国内外来なんですよ」「釣ります!釣ります!」現金なもんだ。なんせ、アブラハヤとタカハヤには曰く因縁があるんである。タカハヤは兄貴夫婦やその後3馬鹿兄弟で釣りをした故郷の小川。タカハヤ:広島西支局誕生なるか!・・・の巻釣査123種目その小川は西日本豪雨ですさまじい土石流となり3馬鹿兄弟で釣りをした小川は・・・未だにタカハヤの姿どころか川の改修中だしアブラハヤにいたっては、...アブラハヤを釣らんっ!:東海道中ガサ釣り記③

  • アカササノハベラ:糸の水族館着々と

    2020年2月16日(日)アカササノハベラの手作り刺繍兄貴が作った。昨年、一緒に和歌山旅行をした時、かみさんにだけ釣れた一魚一会の魚なのである。私の写真と図鑑から1めもりごとに色を置いていきその配置を確かめながら糸を塗っていく。気の遠くなるような作業だ。根気のない私には、まず不可能だな。額に入れて、かみさんの誕生日プレゼント。今、我が家のリビングに「すみっこぐらし」とともに飾られてる。散逸させるのはもったいないからこれまでの3匹の刺繍とあわせて、和歌山ミニミニ水族館に。今も5匹目、6匹目と、糸の魚たちは紡ぎられているみたい。老後の楽しみとして、脳や手先の活性化にもとても良さそうだしこの際、65匹まではつくっていただきたい!老後=ロウゴ=65なんてねっ!それが無理ならば、せめて30匹!ロウゴサーティ(6×5=30...アカササノハベラ:糸の水族館着々と

  • イソヒヨドリのメスかいな?

    2020年2月14日(金)イソヒヨドリのメスでいいのかな?一昨日、用事のついでに釣りのポイント覗いてたらその私を電線から覗いてやがるけしからんヤツがいて近眼で老眼ゆえに、電線の鳥を見るときにはメガネデジカメを見るときには裸眼と、実にややこしい。「トラツグミとちゃうやろか?」「だったら初物の鳥やんか!」曖昧な知識のもとシャッターを切る。左右の安全確認をする模範生として、良い子たちに紹介したくなるね!でもって、いつものように帰宅後図鑑とにらめっこ。トラツグミではないな。何のことはない。かつて撮影したイソヒヨドリのメスみたいやね。あのときはオス、オオルリと勘違いしてたもんなあ。イソヒヨドリ:気を取り直した筈が・・・編ドライブ途中、かみさんの要望で立ち寄った菜の花畑でも「あれっ?いつもの菜の花とちゃうよ?」と、かみさん...イソヒヨドリのメスかいな?

  • 山陽地方のスイゲンゼニタナゴ 運命如何に!

    2020年2月6日(木)最近、韓国の研究者がスイゲンゼニタナゴの近縁種Rhodeusnotatusの系統地理論文を発表。(下記)Evidenceofanancientconnectivityandbiogeodispersalofabitterlingspecies,Rhodeusnotatus,acrosstheKoreanPeninsula.英語はさっぱりぱり。なので、知人に概要だけ聞き図を論文から引用させていただいてまず、韓国内の各水系からサンプルを集め中国の近縁種、日本のカゼトゲタナゴとスイゲンゼニタナゴも含め、遺伝子解析を行いいつ頃、これらのタナゴ類の種分化が生じたかを確かめた結果をまとめたようなのである。英語と学名ばかりで実に分かりにくい。これでは研究者やよほどのマニアしか理解できないと思うのだ。論...山陽地方のスイゲンゼニタナゴ運命如何に!

  • 骨付鳥『一鶴』で持ち帰り:さぬき方面日帰りツアー⑤

    2020年2月3日(月)1月25日のさぬき日帰りツアー『つりぼりcafeピラルク』『さぬきうどんセルフチェーン店』『夏井いつき句会ライブ』の後骨付鳥『一鶴』へこじゃれた佇まいに煌々と看板店内は満員まるでホテルの入り口地下駐車場も満杯で、順番待ちの列香川丸亀名物として、大人気になってるみたい。内部もまるでホテルのフロントとロビー。私はこじゃれた雰囲気に少々居心地が悪い。かみさんはBS3の『アンティークお宝鑑定旅(かな?)』がみたいと言う。ええいっ!持ち帰りじゃ~っ!待機時間15分、ひなどり2つ買って返りましたとさ。むむむっ!むっちゃ美味いぞっ!かくして「さぬき方面日帰りツアー」お客様(かみさん)の好評価を得て終了!骨付鳥『一鶴』で持ち帰り:さぬき方面日帰りツアー⑤

  • 夏井いつき『句会ライブ』 0.01%の・・・:さぬき方面日帰りツアー④

    2020年1月31日(金)世間では語呂あわせで『愛妻の日』とか・・・こういう人間関係に関わるような記念日はいかがなもんか?この日が誕生日の男たちにどうしろというのだ?この日生まれの男はみんな愛妻家とでもいうつもりなんか?さて、1月25日のさぬき日帰りツアー『つりぼりcafeピラルク』『さぬきうどんセルフチェーン店』の後本日のメインイベント『夏井いつき句会ライブ』会場へ向かう・・・前にナビ入れて・・・・・・『しこちゅ~ホール』が出てこな~いっ!ええいっ!ままよ!行っちゃえ!アッチで聞き、コッチで訊ね・・・着いた!(はしょるんかいっ!)開演時間ギリギリになっちった!出来たてみたいやね。うどんと同じで、建物にもタイミングがある。みなさん、すっかり会場に入っちゃってるみたい。何せ30分前から入場で自由席、私ら10分前に...夏井いつき『句会ライブ』0.01%の・・・:さぬき方面日帰りツアー④

  • うどんセルフ店での軽食?:さぬき方面日帰りツアー③

    2020年1月29日(水)1月25日のさぬき日帰りツアー『つりぼりcafeピラルク』で、ドジョウやホンモロコを釣ってリフレッシュ。さあ!さぬきうどんで小腹をちょちょいとね。国道11号沿いには次々とうどん屋が並ぶ。かつての『さぬきうどん巡礼ブーム』がすっかり落ち着いたというのに・・・さすが『うどん県』と豪語するだけのことはあるな。どこに立ち寄るかね?わざわざ近所の人たちが隠れ家のように使ってた小さな製麺所に興味本位で押し掛けるつもりはないしな。よしっ!同じ看板3度目やでっ!ここセルフのチェーン店みたいやから迷惑もかけんわな。おっ!駐車場いっぱいやんかっ!かなり美味しいとみたっ!注文の列に並びながら、お持ち帰りのお品書きをながめる。『かけの小2つください』1つ220円(土日価格)。おでん、むすびの誘惑をこらえて・・...うどんセルフ店での軽食?:さぬき方面日帰りツアー③

  • ドジョウ(釣査248種目)をつりぼりcafeピラルクにて:さぬき方面日帰りツアー②

    2020年1月28日(火)ドジョウを釣った!タナゴ竿・仕掛けでの248種目だっ!1月25日のさぬき日帰りツアードライバー休憩地として選んだのは『つりぼりcafeピラルク』ナビに店名・住所・電話番号を入れても出てこないぞおっ!11号線をひたすら進む。いきなり右手に見えたあっ!ささっ、釣りだっ!じゃなくて休憩だっ!こんな人工池が2つ。ネット情報では、片方にホンモロコやアマゴ・ニジマスが、もう一方に金魚が泳いじょるハズ。のぞき込む。あれっ?ホンモロコやモツゴが群れちょるケド、アマゴやニジマスはおらんな。もう一方も金魚じゃないぞっ!ホンモロコ・ドジョウ・ウキゴリ・ウナギ・アユ・フナ・チチブなんぞがおるやんかっ!若い店員さんにたずねてみる。「ああ、季節によっていろいろ水槽の魚を入れ替えるんですよ」「この時期は地元の川魚た...ドジョウ(釣査248種目)をつりぼりcafeピラルクにて:さぬき方面日帰りツアー②

  • 私魚人非観光企画:さぬき方面日帰りツアー①

    2020年1月26日(日)東海道中ガサ釣り記は後回し。久しぶりにタイムリーな話題を。昨日、我が「私魚人非観光」は、さぬき日帰りツアーを企画・運行。添乗員兼ドライバーは私、お客様はかみさん。たった一人のお客様とはいえ、十分満足していただける企画にせねば・・・。弊社は「非観光」の名の通り、観光地めぐりは一切しない。一切しないうえでお客様に堪能してもらえる企画をたてる。今回のメインは、『夏井いつき句会ライブ(四国中央市・14:00~)』チケットを某ソンで手配して前後にいくつかの企画を、と①ドライバーの休憩を兼ね、「つりぼりcafeピラルク」での金魚や小魚釣り。(あんたが楽しむだけやんかっ!)②骨付鳥「一鶴」でのお食事。(一度食ってみたいもん!)オプションとして、さぬきうどんセルフの店での軽食と地元スーパーでショッピン...私魚人非観光企画:さぬき方面日帰りツアー①

  • ウシモツゴを・・・:東海道中ガサ釣り記②

    2020年1月22日(水)ウシモツゴ環境省絶滅危惧ⅠA類「ウシモツゴの生息調査、行ってみますか?」「え?いいんですか?」「ちょうど確かめに行く頃なんです」「行きます!行きます!行きます!」ウシモツゴは東海地方に局地的に分布する日本固有種。かつてはシナイモツゴの亜種とされ、2015年に新種として記載された。「撮影は、保護地がわからないよう配慮してくださいね」「もちろんです!」若魚成魚オスは、頭部後方がカラフトマスのように背っ張りになるのかな?初めてウシモツゴを見た。②の側線の有無くらいしかモツゴとの違いを知らなかった。モツゴとは全然違うやんっ!①の背っ張りなんて、モツゴでは見られんぞっ!口の大きさも全然違うじゃん!沢山いた頃は簡単に釣れたんやろなあ。釣りはできなくても会えてよかったわあ~っ!「傷が多いですね?」「...ウシモツゴを・・・:東海道中ガサ釣り記②

  • ホトケドジョウから始めるべ:東海道中ガサ釣り記①

    2020年1月20日(月)ホトケドジョウ昨年11月上旬に東海地方へ出かけ、ガサで採ったのよ。勝手に出かけ、勝手に採ったんじゃないよ。子どもの頃、川遊びや自然保護活動にいつもいつも参加してたTT君。TTといってもチョコプラのTT兄弟と違って1人だけどね。(要らんわ!そんな話!)彼が東海地方へと進学し、まもなくふ化する研究者のタマゴとなっている。たまに連絡を取りあうので「今度、友とおじゃまするよ。案内してくれる?」「えっ、いいですよ」とあっけなく、3泊4日の『東海道中ガサ釣り記』がはじまるのである。が、何度か連絡しあううちに話はドンドン膨らみ東海地方淡水魚保護活動の大御所様がアチコチ案内してくれるってか!こりゃあ、おおごとだあっ!お土産しっかり買い込んで、ホイホイノコノコ出かけたのである。でもって、最初に案内してく...ホトケドジョウから始めるべ:東海道中ガサ釣り記①

  • NO CHOICE NO LIFE : ジャコとミカンの八幡浜②

    2020年1月18日(土)水彩画教室の仲間の作品鑑賞会。みんな上手いなあ。2年間通ってて、言うこときかずさぼりまくる私だけ取り残されつつ・・・さて、昨年12月上旬に愛媛県八幡浜市へ行った話の続き。愛媛へ行くとき必ず寄る店がある。『そば吉』という店だ。そして、わき目もふらず必ず注文するメニューがある。一杯のかけそばだ。そばそのものの美味さは信州や出雲など、いろいろあるけど愛媛には大きなダシ加工会社をいくつも抱えてるのだ。愛媛はダシ王国なのである。その中でも、この店のダシにもう数十年ずっと中毒状態なのである。NOCHOICENOLIFEという名言がある。今、私が適当につくった造語と思いきや、聖書に載ってるらしいぞ?直訳すれば「選択のない人生なんてあり得ない」とか「チョイスのない生活なんてあり得ない」とか「大阪のたこ...NOCHOICENOLIFE:ジャコとミカンの八幡浜②

  • グレちゃる!:ジャコとミカンの八幡浜①

    2020年1月16日(木)我が家近辺はようやく初霜。暖冬なのに魚はろくに釣れない日々。しょうがない。昨年12月上旬に愛媛県八幡浜市へ行った話。祝い事、そして丁寧に墓参りをし、八幡浜市へ。ジャコ天とミカンで有名な町だ。タナゴ竿・仕掛けでまだ釣ったことのない魚に会いたい。リアス式海岸の急斜面に、ミカンの段々畑が広がる。海岸沿いはずっとこんな風景が続く。道の駅っぽいところもミカンだらけ。暑くてフリースも要らない。釣れるのは小さなメジナ(グレ)ばかり。碧く透き通るコイツの眼の色は好きだ。ただ、コイツばかりが釣れるのはね・・・アッチコッチと移動して・・・やっとスズメダイシロメバルキュウセン漁港は小さなカタクチイワシが群れに群れてる。1匹だけ釣って確かめたからね。と、超軟調3mのべ竿を駆使してたかみさんに・・・この竿での限...グレちゃる!:ジャコとミカンの八幡浜①

  • まぎらわしい広告ジャロ?

    2020年1月14日(火)先週土曜日は水彩画教室へ。今年はろくに描けてない。昔の絵を引っ張り出して、最後の展示作品用に手直し。日曜は、初ガサ。ほんの一握りの心なき輩が行った外来魚種放流。そのために税金と汗と膨大な時間が使われてる現場でボランティア。画像も含めて詳しく記すことも、今はできないし、したくないし腰も痛むし、足指の爪も内出血したしホンマ、腹立たしいったらありゃしない!そんな連中がい続けるなら、淡水魚の販売も放流も一切合切禁止にせんといけんよになる。と、ゴロゴロしてたら「父さ~ん!タナゴ資金やて!」と、かみさんが封書から資料を出してきた。「何だと?そんなもんあるんか?」と・・・・・確かにな。新たなご資金と書かれとるわ。でもな。これ、新(しん)タナゴ資金じゃなくて「あらたなご資金」と読むんやで、きっと!コー...まぎらわしい広告ジャロ?

  • とある魚屋の海鮮丼 VS まぐろ丼

    2020年1月9日(木)所用で出かけたとき、たまに立ち寄るスーパーがある。そのスーパーには魚屋があり、昼飯用に丼を買うのだ。かみさんは海鮮丼。十数種類のネタの上に大きなアルゼンチン赤エビがドカッ!これで398円。これがも~っ、安くてとっても美味いのなんの。私はまぐろ丼。これも398円。これまた熟成まぐろで、回転寿司のまぐろより数段美味い。キハダマグロの赤身かなあ?5~6枚をぎゅうぎゅう詰めに。たぶんビンナガマグロの中トロこれまた6~7枚を詰め込みまくる。ねぎとろのねぎ抜きと卵焼き3枚。握りずしの分量で食べるクセがついてるからいつもまぐろたちがかなり余ってしまう。世の中にうまい物の話はあまたあるケド美味しさと価格が比例しているのなら、それは当たり前だと思っちゃう。金つぎ込めば美味しい物が食えるのは自明の理だしそん...とある魚屋の海鮮丼VSまぐろ丼

  • ミナミアカヒレタビラ(釣査247種目):北陸での自省

    2020年1月7日(火)ミナミアカヒレタビラのオス数年前の10月下旬出張をテキパキ済ませ出張携帯用の超短竿とタナゴスレバリと赤虫ケースを手に水路の散策。およそタナゴ類の生息ポイントはビビッと感じるからね。何と水路の上からヤリタナゴではないタナゴ類が見えるではないかっ!わりとあっけなく1匹目のオスが釣れ2匹目もオス3匹目もオス「メスが釣れたら終わりにしよ」と・・・・・・ほらっ!メス!撮影後、すぐに放流。ヤリタナゴとタモロコ1匹ずつ以外はコイツらだけ。ものの30分程度で竿じまい。今まで書かぬままにしてた。わざわざ北陸まで足をのばしてまで環境省レッドリスト・絶滅危惧ⅠA類のタナゴを釣らんでもよいのではないか?北陸と山陰地方にだけ生息し県などの自治体によっては捕獲禁止にさえなってるタナゴ禁止ではない地域とはいえ、わざわ...ミナミアカヒレタビラ(釣査247種目):北陸での自省

  • ツチグリ:暖冬の12月末に

    2020年1月5日(日)ツチグリ昨年の年の暮れ(12月26日)森林公園の芝生をイノシシが掘り返しまくった足跡にそっと傘を開いてた。林の道ばたなんかで普通に見られる数cmのキノコなのだが夏から秋に生えるという。クリスマスを過ぎた後、一面芝生の中の足跡にポツンと1個あったのに驚いた。傘のデザインの艶やかさにも驚いた。「星の湿度計」なんて、かわいいニックネームもあるらしい。晴れて乾燥した日は、傘を閉じ曇りや小雨の日には、星形の傘を開くからだそうだ。ステキやねえ。傘の色もいろいろあるみたいたし。東北地方では若い頃あいをみて食用にするという。食べたことないからねえ。機会があれば食べてみたいなあ。よく自分の知らない生き物に対し「気持ち悪~!」とか「あんなん食べるんか!」とか自分の範疇でしか物事を言えない人がいたりする。ま、...ツチグリ:暖冬の12月末に

  • 初子・初鳥・初魚:真っ白セキレイに会う!

    2020年1月3日(木)陽気もいいし、ちょいと動物園へ。干支のネズミの解説展をしてるらしいし。日本固有のネズミは9種とのこと。なのに今年初めて出会ったネズミはモルモットま、いいか。その横に初猫ミーアキャット(?)あまりにカワイイ!本当は、マングース科だから猫じゃないケド。他の動物たちはとりあえずすっ飛ばして、池へ。初魚は鮮やかな赤鯉広島カープの優勝を予言してるのかもしれん!少し歩くとスズメに混じって真っ白な鳥スケボー少年に驚いて水辺へと飛び去っちゃった。コイツのしぐさや跳び方がどう見てもセキレイなのである。キセキレイやセグロセキレイはよく見かけるケド真っ白なセキレイなんているのだろうか?ネット上で調べてみたら、白変したセキレイいたっ!こりゃあ、春から縁起がいいや!赤鯉見た後、真白き鳥・・・・・・まちがいないっ!...初子・初鳥・初魚:真っ白セキレイに会う!

  • 明けましておめでとうございます!

    2020年1月1日(水)元旦明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。今年もお世話になった方々へものぐさ年賀状!これで一応世界中の人へ届いたわけだから『届かんど~っ!』とブツブツ言ってる人がもしいたら『ブログ上で届けてますよぉ~!』と、ね!何より元旦に書いてこそ意味があるしな。今年は子年。魚と子で魚子(ななこ)紋という由緒ある江戸切子文様を見つけた。この魚子紋を利用して・・・新種の魚「ナナコモンタナゴ」を生み出した!ナガレモンイワナ(流紋岩魚)がおるんならナナコモンタナゴ(魚子紋鱮)がおってもよかろ?かくして年賀状のできあがり!とはいえ、魚へんにネズミは基本カラスミだと思うのである。つまり魚卵なのである。この魚卵から私のこの一年の方向性が見えてくる。🎵ほら足元を見て魚卵これがあなたの泳ぐ海...明けましておめでとうございます!

  • 2019年 MY流行魚大賞!:今年もお世話になりました!

    2019年12月31日(火)あと数時間で2019年も終わり。読んでくださる皆さん、いろいろお世話になりました。みなさんも私たちも来年また良い年でありますように!さて、タナゴ竿・仕掛けで釣った魚たちの中から毎年『MY流行魚大賞!』を決定してる。今年は、7種の魚が決勝進出。選考基準は次のように厳しい。①一魚一会の出会いだったか?②私が知らない未知の魚、または雑魚扱いされてる魚だったか?③絶滅の危機にあり、なかなか会えない魚だったか?④環境変化などに影響されてるか?⑤写真がきれいに撮れたか?ひとまず、決勝で残念ながら敗退した4種を紹介。ホシノハゼ最初釣れたときは、未知のハゼだから驚いたケドその後、何匹も釣れたからなあ。ま、海水温上昇にともなって瀬戸内中央部まで分布を拡大中らしいので、その記録として。チョウチョウウオと...2019年MY流行魚大賞!:今年もお世話になりました!

  • トロピカル・ハラダイス!

    2019年12月30日(火)たまにはお魚をはなれ、小旅行。この季節なのに汗ばむほど蒸し暑い。オオゴマダラがベンチへとまった!近くの木にカバタテハ(裏面)かな?そっと反対側にまわってパチリ!リュウキュウアサギマダラが花の蜜を求めてスジグロカバマダラ(?)と争ってる。スジグロカバマダラ(?)は実にせわしない。ツマベニチョウが葉陰にこれまた、そっと回り込んでパチリ!ナガサキアゲハもツマムラサキマダラ(?)のオスやメスも飛び交ってる。いやあ楽しいぞっ!リュウキュウミスジ(?)もやってきて翅を広げてとまった!モンシロチョウより少し小ぶりのクロテンシロチョウ(?)やミナミキチョウ(?)の姿も見える。寒さに震えつつ釣竿を出すのもいいケドたまにはあったかい所で蝶たちをのんびり眺めてるのもいいもんだ。ハイビスカス族の花や南国っぽ...トロピカル・ハラダイス!

  • 魚へんにネズミで・・・

    2019年12月28日(土)恒例となった「魚へんに干支」の漢字調べ。なんせ最初の年のこと魚へんに酉をふざけてつけてみたら、実際にあって「よみがえる」という意味だという。しかも、さかなととりだから「さかなとり」だあっ!と、一人もりあがっちゃったもんで・・・今年もチャレンジ。干支のネズミを表す漢字は「子」と「鼠」と「鼡」の3つ。それらに魚へんをつけてはいっ!3つそろいましたね。まず①中国漢字の簡体や繁体までも含め調べるつもりが、いきなりあった!ボラの幼魚を表す漢字だそうだ。確かに、ボラは成魚と幼魚ではかなり形も違うからわかる気がせんでもない。よく似た漢字に「魣」もあって、これはカマス続いて②これが怪しい。鱲という漢字があって、カラスミを表してる。下の写真は「台湾でカラスミを干してるところ」なのだが中国・台湾では、こ...魚へんにネズミで・・・

  • 糸の匠:唯一無二の刺繍士

    2019年12月27日(金)昨日、所用で広島西部へ。身も身辺もきれいに整えさせてもらって広島で二番目に安くておいしいと思ってる店でお好み焼き(豚玉そば)を食べ腹いっぱい。幸せ気分で『糸の匠』の作品たちを見せてもらった!額入りのチョウチョウウオなんと20色もの刺繍糸でチマチマ作られているという。額から出していただくとクロスステッチ・チェーンステッチやら本返しやら半返しやら・・・多彩な縫い方は実にすごい!さすがに倍返しやら半沢直樹やらは使うとらなんだ。(当たり前や!)一枚の写真を1mmくらいの方眼紙上にデッサンし、色を置いていき完成させていくという。多彩に糸を操る魔術師のようだ。糸は全部で100種類持ってるという。ま、チョウチョウウオならば、誰もが知ってるから他にも刺繍する人もおるかもしれんが・・・この作品は3作目...糸の匠:唯一無二の刺繍士

  • 今年(2019年)初めて釣った生き物たち

    2019年12月25日(水)東海地方へ淡水魚保護の現況を学びに行った話も私魚人新グループとして東海支部が産声をあげた話も四国西部の愛媛県八幡浜市へ出かけた話もいずれ書くこととして・・・(※文字と表ばかりじゃ読む気も起きんでしょうから11月10日の釣果画像とともに)2019年もあとわずか。とりあえず、今年タナゴ竿・仕掛けで初めて釣った生き物たちをまとめてみたら・・・なんとっ!29種類しか釣っとらんではないかっ!ビックリ!3年ちょっとで245種類釣ってきた中の29種類やもんっ!シロメバル(体色の濃いタイプ)カサゴ(体色の濃いタイプ)カサゴ(体色の明るいタイプ)確かになあ。初物に出会う機会が年々減ってくのは当然のことやケド・・・今年、海外にも甲斐甲斐しく出かけることもなく東海地方での思惑も見事なまでに倒壊し八幡浜では...今年(2019年)初めて釣った生き物たち

  • アレチが町にやってきた!

    2019年12月23日(月)長いことほったらかしてたアレチヌスビトハギの話。10月中旬、ゴミ捨てついでの散歩中野草の群落を見ていたら小さな花をつけるヌスビトハギ発見!実を結びはじめてるのも。と、その(黄丸)横に一株だけ少し大きな花(赤丸)を咲かせてる!近寄って確かめる。ヤブハギやろか?と、持ち帰り調べてみる。花弁中央の2つの黄色い点から北米原産で近年日本に持ち込まれたアレチヌスビトハギだとわかった。私の町内会では初めてじゃなかろうか?ついにアレチが町にやってきたんじゃわ!花の大きさはこれくらい違う。1週間ほどのち、アレチが実を結ぶ頃、も一度のぞいてみたらほぼ同じサイズながら平均4つ連なった実をつけてた。ヌスビトハギが平均2個なのに比べると倍の結実能力だなあ・・・これまた持ち帰り比べてみる。実の上部が凸になってる...アレチが町にやってきた!

  • さぼりまくりつつ:かみさんのアコウに対抗した日

    2019年12月20日(金)ブログをアップするのも2週間ぶり。実によくサボったなあ。祝い事があったり、墓参りに行ったりついでにちょこっと釣りしたり・・・某TV局の俳句地方録画を見に行ったりしてるうちにめんどくさくなって、すっかり書く気が失せてしまってた。いかんいかんととりあえず再開。11月10日(日)のこと、アコウをかみさんが2年3ヶ月ぶりに釣った日。私は、この漁港で2年ぶりにイソギンポを釣り久しぶりの再会にうれしくて、チョコマカ動くコイツをキレイニ撮っちゃるぞとしてあきらめた。スズメダイを釣ったものの、体色をすぐ変えちゃうし同じくチャガラは底へじっとしたまま、くすんだままアカオビシマハゼもくすんだままアイナメもケースいっぱいでうまく撮れないしマタナゴ(ウミタナゴ太平洋群)とカサゴがまあまあうまく撮れたケドコイ...さぼりまくりつつ:かみさんのアコウに対抗した日

  • アコウはスズメより出でて・・・かみさんの神業

    2019年12月6日(金)キジハタ(アコウ)若魚11月10日(日)のことかみさんが2年3ヶ月ぶりに釣ったのだが・・・この日、私は絶好調。1種ずつ次々と釣り上げるのだがかみさん、その間にホンベラ1匹だけで2時間はたったかな?私がスズメダイをかるく釣ったのを見て「も~っ!スズメダイでも釣ろっ!」と仕掛けを沈めるのだが、深さがあっとらんな・・・スズメダイたちワラワラ寄ってくる中、仕掛けは石のすき間へと・・・パコッ!「あっ!なんか食ったあ~っ!」キジハタくん、スズメダイたちにエサを盗られまいとヤッキになったみたい。かくして、『アコウはスズメより出でてスズメより赤し』というミラクル。しかもコイツ撮影中にあばれる。落ち着いたと思ったら、ヒレをたててきばる。なんか出てきたっ!お~っ!イソガニ類やんかっ!すっかり吐いて緊張ほど...アコウはスズメより出でて・・・かみさんの神業

  • コノシロ(246種目):スニーカー釣り炸裂!

    2019年12月3日(火)体長20cmほどのコノシロ12月1日(日)のこと。3mタナゴ竿で釣った246種類目なのである。前々日、行きつけの中古釣具屋で、こんなのを見つけワカサギ針3号・7本仕掛け、ナス型オモリ2号が、1つ20円!「古いのでハリスが切れるのを覚悟してくださいね」と店員さん。20個くらいかな?全部買い占めた。前日、初めての釣り場を下見サッパ(ママカリ)のサビキ釣りでにぎわってるじゃないかっ!たまにコノシロもあがっちょるし!コノシロまだ釣ったことないし!ならば、タナゴ竿+ワカサギ仕掛け+冷凍アキアミでいけるのではないか?想像しただけで楽しくなるぞっ!かくして準備万端、出かけたのである。初めての釣り場だからね。まず何が釣れるか、探ってみる。かみさんにコモンフグ2匹私にカサゴ後、タケノコメバルとアカオビシ...コノシロ(246種目):スニーカー釣り炸裂!

カテゴリー一覧
商用