chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
週末はアルビレックス! https://blog.goo.ne.jp/oyamint2000

サッカーど素人ながらアルビレックス新潟にはまりこんだ「八百政」家のアルビレックスな週末。(コメント表

八百政
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/05/12

1件〜100件

  • 4選手の通算出場セレモニー!

    徳島戦のゲーム前に、4選手の通算出場試合のセレモニーが行われました。一気に4選手も区切りのゲームを迎えるって、素晴らしいことですよね。おめでとうございました!ブログにも記録として残しておきたいと思います。まずはこの人、伊藤涼太郎選手です。Jリーグ通算100試合出場達成です。花束のプレゼンターは、新婚の可愛い奥さんです。いつも涼しく険しい表情が目立つクール太郎ですが、奥さんの前ではデレデレの表情でした。ヨシくんとのコンビで変幻自在にトップ下に顔を出し、絶妙のターンで相手選手を翻弄する姿や、思いきりよくゴールを狙う積極性は、今シーズンのアルビの大きな武器です。これからも頼むよ!涼太郎!続いては鈴木孝司選手のJリーグ通算250試合出場です。プレゼンターは、これまた美人の奥様と可愛いお子様。いやぁ~こちらも幸せそ...4選手の通算出場セレモニー!

  • 漢(おとこ)堀米!魂の同点ヘッド!

    昨日のホーム徳島戦は、壮絶なゲームでした。前半17分に先制され、後半10分過ぎに追加点を奪われたアルビレックス。5バックでガッチリ守りを固める徳島の守備陣をまったく崩せず、得意のパスサッカーを展開しようも、アルビのパスはチャンスの前に徳島の網にかかります。特に右サイドの詠太郎は、相当研究されていましたね。彼がボールを持つと(持つ前にも)ことごとく潰されていました。アルビ対策をきっちり遂行する徳島に対して、アルビはなかなか自分たちのサッカーをさせてもらえないって感じでした。多くのサポーターが「こりゃ今日は厳しいぞ」「ホーム3連敗か?」「今年もまた失速なの?」「至恩が…三戸が…いやいやそれは言うまい」「横浜と仙台はどうなってる?」「とにかくボクらは応援するのみだ!」と、やや諦観気味な気持ちになっていたのは間違...漢(おとこ)堀米!魂の同点ヘッド!

  • ホームの強さを取り戻せ!

    徳島戦の当日になりました。当初は雨模様だった天気予報も修正され、どうやら雨に当たらずに観戦できそうな様子です。18時キックオフなので、自宅出発は14時頃かな?午前中に用事を一つ済ませなければならないので、今日も忙しくなりそうです。さて、今日のゲームは柏崎市・出雲崎町デーなんですね。かつて7年間勤務したことのある柏崎市も、現在アルバイトで週に1回お世話になっている出雲崎町も、ボクにとっては縁のある土地です。Eゲート前広場の観光ブースを回ってみるのも楽しそうだな…と思っています。サザエの壺焼き、食べたいな。この「良寛と夕日の丘公園」も、何度も行ったことがあります。いい眺めのおすすめスポットですよ。小見くんも来てね。さて、今日の相手の徳島には、元アルビ戦士の新井直人選手がいたんでしたね。新潟経営大からアルビレッ...ホームの強さを取り戻せ!

  • 何これ?徳島!

    明日はホームで徳島ヴォルティス戦です。岡山&長崎との上位対決を1分1敗の成績で終えたアルビレックスとしては、この徳島戦は絶対に勝たなければならない試合です。それにホームでの3連敗は、絶対に阻止しなくてはならないミッションですしね。で、対戦相手の徳島について今までのリーグ戦の数字を調べてみたら、とんでもない戦い方をしているチームなんですね。6勝5敗17分け(勝ち点35の13位)まずは引き分け数の「17」ですよ。どーいん?これ?って感じ。J2リーグ22チームの中で、この引き分け数はダントツの1位です。2位が岡山の「12」ですから、ぶっちぎりです。まぁ1巡目のアルビ戦も確かに引き分けでしたよね。注目すべきは負け数の「5」です。これってアルビの負け数「6」より少ないじゃないですか。もっとも負け数が少ないのが現在首...何これ?徳島!

  • 8月の4戦を勝ちきろう!

    今週末の徳島戦から、8月の戦いが始まります。現在2位の位置にいるわがアルビレックスですが、油断は大敵です。昨シーズンの後半失速の経験もありますから、なんとしても同じ轍を踏むようなことは避けたいところです。8月に行われる4戦について、少し整理をしたいと思います。8月6日(土)第30節:H徳島ヴォルティス戦徳島は現在13位、1巡目は1-1のドロー8月14日(土)第31節:A栃木SC戦栃木は現在15位、1巡目は2-0で勝利8月20日(土)第32節:Hロアッソ熊本戦熊本は現在6位、1巡目は2-1で勝利8月27日(土)第33節:Aいわてクルージャ盛岡戦岩手は現在19位、1巡目は2-0で勝利ホームの2戦は絶対に勝たなければならないゲームです。徳島とはアウェイでドローだったから決着をつけなければいけないし、熊本には天皇...8月の4戦を勝ちきろう!

  • 花火会場にノザのMCが響き渡った!

    昨日8月2日は3年ぶりの「長岡まつり大花火大会」でした。ボクら長岡市民にとっては特別な思いのある「長岡花火」です。コロナ感染対策に気を使いながら、ボクらも夕方6時過ぎに信濃川の河川敷へと向かいました。持参した「うちわ」はもちろんアルビ仕様です。腹ごしらえをしながら待っているとしだいにあたりは暗くなり、いよいよ花火大会のスタートです。いやぁ~。すばらしかったです。長岡花火最高!フェニックス最高!三尺玉最高!なんかもう感動の渦に包み込まれて、思わず女房と「生きててよかった」と生存を喜び合いましたよ。はい。ちょっとわかりづらいですが、フェニックス(不死鳥)も花火の中から見事に飛び立ちました。ビックリしたのは、この「復興祈願花火フェニックス」に感動した15分後のことでした。突如、花火会場にアルビレックス営業部のノ...花火会場にノザのMCが響き渡った!

  • キャラクターシールのプレゼント!

    今週末8月6日(土)の徳島戦は、「新潟日報:にいがた鮭プロジェクトサンクスデー」という長い名称のサンクスデーなんですね。そもそも「にいがた鮭プロジェクト」とは何か?まずはそこからスタートしましょう。にいがた鮭プロジェクトとは鮭は外洋を回遊しながらたくましく成長し、生まれた川に戻ってきます。その姿に若者の姿を重ねプロジェクトを企画しました。本県は長年にわたり首都圏などへの転出超過が続いています。プロジェクトを通じて行政や企業と連携し、若者が戻りやすい環境を整えると同時に、若者が挑戦しやすい風土も育てていきます。ということだそうですよ。こちらのyoutube動画もご覧ください。にいがた鮭プロジェクトCM「プロジェクト始動」はい。こういうプロジェクトなんですね。この(↓)ハートを組み合わせてできた、「魚の鮭の形...キャラクターシールのプレゼント!

  • わかれば教えていただきたい!

    月曜日の今日は、夕刻のTV各局で土曜日のV・長崎戦の様子を伝えていました。何度見てもアルビレックスの得点シーンは美しいですね。同点に追いついた藤原の股抜きシュートも、逆転弾となった孝司さんの優しいシュートも、そのゴールに至るまでの詠太郎や涼太郎との連係が秀逸です。ワンタッチプレーやノールックパスなど、見ていて惚れ惚れしちゃいます。すばらしいわ。まぁ勝ち点3をあげていれば、もっと素晴らしいんでしょうけどね。ゲーム後の松橋監督のインタビューもいいですよね。今シーズンずーっと思っているんだけど、松橋さんって飾りっ気がないじゃないですか。わかりやすい言葉でストレートの表現するから、言いたいことがボクらにスッと入ってくる感じです。ゲーム直後のDAZNのインタビューでも、真っ先に出た言葉が「選手のパフォーマンスについ...わかれば教えていただきたい!

  • 価値ある意義ある「勝ち点1」 & 7月のブログインデックス

    長崎戦は、まるで前節の岡山戦を見ているような展開でした。先制され、追いつき、逆転し、追いつかれる。ここまでは岡山戦と一緒でしたね。同点で迎えたアディショナルタイムに、相手からセットプレーからの猛攻を受けるところまで岡山戦と一緒でした。最終盤の攻防で前節の岡山戦ではセットプレーから得点を決められ、今節は守り切りました。その結果、アルビレックスは同点で「勝ち点1」を手にしました。まぁいろいろ皆さんがいろいろ言いたいこともあるだろう今回の勝ち点1ですが、ボクは「価値ある勝ち点1」「意義ある勝ち点1」がと思っています。ゲームが開始から14分に混戦から先制されたアルビは、前半のアディショナルタイムに、右サイドを崩した詠太郎のアシストで、奏哉が相手の股抜きシュートを決めて同点とします。さらに後半開始早々の6分には、ま...価値ある意義ある「勝ち点1」&7月のブログインデックス

  • デンはデンのかい?

    今日はアウェイ長崎戦。アルビがJ1昇格を実現させるために、極めて重要なアウェイでの1戦です。アルビにとって前節の岡山戦での逆転負けのイヤな流れを断ち切り、絶対に連敗を阻止し、首位の横浜FCに食らいついていくためには落とせない大事な1戦必勝の戦い。相手はシーズン前の下馬評ではJ2ナンバーワンの、目下10戦連続負けなしのVファーレン長崎です。厳しく、激しく、熱い戦いになることが予想されます。今からドキドキしております。九州には台風も来ているみたいだけど、天候の方は大丈夫でしょうか?こちらも「大荒れ」なんてことにならなきゃいいけど。今朝の新潟日報に掲載されていた、アルビの先発予想メンバーです。守備の要の舞行龍が累積イエローで出場停止で、田上とCBのコンビを組むのは史哉という予想です。あとのメンバーは前節の岡山戦...デンはデンのかい?

  • アルビ営業が好調なわけ

    なんかもう、アルビサポのSNSでの情報発信を見ていると「アパホテルに泊まろう!」で溢れておりますね。それだけインパクトが強かった「アパホテルのアルビのパートナー企業へ参入」のニュースでした。まぁこのところのアルビのパートナー企業の増加には、ボクらサポーターも驚く勢いです。「ノザ効果だけではないのだろうな?」(もちろんそれもあるだろうけど)というボクらの疑問に答えるかのように、BSNの「ゆうなび」がその謎を解説してくれました。「現在2位好調アルビレックス新潟営業の方も好調ってどーいん?」という長いタイトルの特集を解説していたのは、こちらもアルビのパートナー企業である「フラー」の渋谷社長でした。渋谷社長ったら、もうなんか芸能人みたいな感じですね。昨日も爽やかな笑顔でわかりやすく、しかも熱くアルビ愛に満ちたトー...アルビ営業が好調なわけ

  • アパホテルを利用しなきゃね!

    アルビレックスの営業部が絶好調ですね。次々と新規パートナー企業との契約を取り付け、トップチームのJ1昇格を後押ししています。前節のホーム岡山戦でも、「Links」「NTTdocomo」「Prossell」などの新しいパートナー企業が紹介されたりしていましたが、今度はあの有名企業の登場ですよ。若頭・島田譲選手と写真におさまるちょっとお派手な服装に身を包んだ女性は、アパホテル株式会社の元谷芙美子(もとやふみこ)さん。帽子とミニスカートがトレードマークの有名人です。いやぁ~びっくり。新潟駅前にアパホテルができたことは知っていましたが、まさかアルビレックスのパートナー企業になってくれるとはねぇ。すばらしい!元谷社長のコメントから少し抜粋させていただきますね。今年2月には新潟市内最大1,001室のアパホテル&リゾー...アパホテルを利用しなきゃね!

  • チームに迷惑をかけたらダメだろう!

    浦和レッズがJリーグから厳しい制裁を受けたそうですよ。2000万円の罰金だそうです。「ホームクラブとして、サポーターによる秩序を損なう行為を行うことを防止することも、制止することもできず、Jリーグ規約〔Jクラブの責任〕に示す「観客にホームスタジアムおよびその周辺において秩序ある適切な態度を保持させる義務」に違反した。」ってことに対する制裁だそうです。制裁に至ることになった具体的な事案は、5月21日、埼玉スタジアム2002において開催された第14節浦和レッズvs.鹿島アントラーズの試合開始前である午後3時30分頃に、●Jリーグ「新型コロナウイルス対策ガイドライン」において「声を出す応援」は禁止されているにもかかわらず、複数名(少なくとも60名)が、浦和レッズチームバスの到着の前後に、約10分間、集団で声を出...チームに迷惑をかけたらダメだろう!

  • 新しいポスターに貼り替えた!

    先日の岡山戦の際に、シーズンパスの継続特典の「オフィシャルポスター」を無事に手にすることができました。今までの「攻撃バージョン」のポスター(前期版)から、今回の後期版ポスターは「10.23新潟のために」バージョンです。ヨシくん、ゴメス、ヤン、舞行龍の4選手の精悍な表情と、「10.23」「新潟のために」の文字ががステキです。わが家でも、定位置にしっかりと張り替え作業を行いました。このポスターを毎日拝み、「どうか10月23日にJ1自動昇格圏の順位にいることができますように」と念を込めたいと思っています。このポスターを眺めながらつくづく思うのは、「あぁ~至恩は本当にいなくなったんだなぁ」ということです。「新潟の顔」「背番号10」がいなくなったのは寂しい限りです。「10.23」を「背番号10の至恩」と「背番号23...新しいポスターに貼り替えた!

  • くーっ!横浜は勝ちました!

    昨日は午後のアルバイトから帰ってきて、17時半から1時間ほど(10km)走って滝のように汗を流し、冷たいビールを飲みながらベルディVs横浜FC戦の後半をDAZNで観戦しました。結果は、後半に1点をあげた横浜FCがそれを守り切って快勝。アルビを抜いて首位に返り咲きました。3位の仙台がアルビにつき合って今節は足踏みをしてくれていたので、「願わくば横浜も」と期待しておりましたが人生はそれほど甘くはありませんでした。くーっ!残念!はい。今現在の順位表です。まぁ試合数が1試合少ないチーム(★印)がたくさんあるので、暫定順位ですけどね。こうやって順位表を眺めてみると、次節の長崎戦は新潟にとって重要な一戦になりますね。いやもうこれからは毎試合が重要な一戦ですね。「3試合で勝ち点6」のペースでいけばいいのかな?残り14試...くーっ!横浜は勝ちました!

  • ホーム連敗!悔しさをバネに!

    岡山に2-3で負けました。先制されるも追いついて逆転し、「よーし!行けるぞ!」って盛り上がったんですけどねぇ…。追いつかれ逆転弾を浴び、悔しい敗戦です。ホームで2連敗です。「ホーム強いっすねぇ!」の復活ならず。なんか岡山に勝てないなぁ…。今シーズンも1分1敗で対戦を終えてしまいました。先発メンバーは以下の通り。鈴木涼太郎高木詠太郎島田高堀米田上舞行龍藤原小島今シーズン初の、2戦連続で同じスターティングメンバーです。リザーブには、吉田、小見、矢村、ゲデス、シマブクらが名を連ねます。ゲームは岡山ペースで始まります。開始13分に岡山・田中のミドルシュートで失点。そんなに鋭いシュートって感じではなかったけど、コースがよかったのかな?ボクらは見ていて、「あれ?いつもなら小島は止められたんじゃね?」って感じました。先...ホーム連敗!悔しさをバネに!

  • 今日は岡山戦!ホームで勝つ!

    アルビレックスのトップチームから、さらに1名のコロナ感染者が出たとの報道がありました。これで選手の感染者は3名。まったくもう、本当に今年はコロナに振り回される年ですね。でもまぁ「誰が出てもスタイルを体現できる」チームなのが今年のアルビです。松橋監督と選手の皆さんを信じて、「打倒!岡山!」ってことで、ボクらも精一杯の応援をしたいと思います。なので今日の新潟日報のこの先発予想も、全くアテにはなりませんね。新聞記者の方は前日練習に顔を出していない選手が誰かなのはわかっていると思うのですが、やっぱり露骨に先発予想メンバーにそれを反映させたら、読者に「誰が感染したのか」ってのを推測させてしまいますから、前節と同じメンバーを先発予想として記載したのかなって思っています。今日はプラネタスワンで、勝利の喜びをみんなで分か...今日は岡山戦!ホームで勝つ!

  • スーパーサイヤ人か!?

    明日(23日)のホーム岡山戦に向けて、島田譲選手のすごいデザインのデジタルポスターが出ました。なんかもう、「スーパーサイヤ人か?!」「怒髪天をつく!」って感じ。ファジアーノ岡山は、島田選手がプロ生活をスタートさせた因縁あるチームなんですよね。「島田譲は勝負の鬼になる」「#左足で雉退治」っていうキャッチコピーからも、「お世話になった岡山を相手に勝負に徹する」という島田選手の意気込みが伝わってきます。この島田選手、昨日はSportsnaviというサイトに「僕がサッカーをする理由〈前編〉」という文章を公開していました。この文章がなかなか感動的です。しかも理知的。昨シーズンの夏のアウェイ水戸戦(完敗)でのエピソードを交えながら、「僕のプレーや言動は誰かの人生に影響を与えることが出来るし、僕にとってはたったの”5分...スーパーサイヤ人か!?

  • 至恩の旅立ち映像に涙&涙!

    「モバアルZ」に「至恩、正解へー涙の完結編ー」という映像が公開されました。昨日、女房と一緒に見たのですが、いやもう涙&涙。女房は号泣しておりました。「あぁ至恩は間違いなくアルビサポみんなの孫(家族)なんだなぁ…」と再認識しました。チームメートに手荒く祝福されて、涙を流す至恩。新幹線で旅立つ至恩を見送る、先輩・千葉ちゃんの優しい言葉や愛情溢れるアクション。そして「もう…泣かないっすよ」と空港で搭乗ゲートに向かう至恩の姿。思わず「スーツケースの鍵は大丈夫か?」と心配してしまいました。なんか頭ではわかっていたことだし、数日前に至恩がブルージュと正式契約を交わした画像も見ていたんだけど、なんかこの「モバアルZ」の映像を見て「至恩は本当に行っちゃったんだな」って現実を突きつけられたような気になりました。でもね。至恩...至恩の旅立ち映像に涙&涙!

  • 隙はなくてもスペースはある!

    先週末のゲームで相手のツエーゲン金沢を率いていたのは、かつてJ1時代に新潟を率い、何度もチームをJ2降格の危機から救ってくれた柳下正明監督、ヤンツーでありました。ヤンツーって、歴代のアルビレックスの監督の中でも、サポーターに根強い人気がありますよね。反町監督、アルベル監督などと肩を並べる、アルビレックスの名将の1人だと思います。もちろん今は「松橋力蔵監督が最高!」って思っていますけど。そのヤンツーがこの前のゲームで、DAZNの試合前の監督インタビューで、ボクの記憶に残る名言を吐いていたので紹介しますね。それが今日のタイトルです。「相手の新潟について」をアナウンサーに尋ねられたヤンツーは、こう答えたのです。新潟はテンポが速く隙がないチーム。しかし、隙はないけどスペースはある。出た~!ヤンツー節!難しい顔をし...隙はなくてもスペースはある!

  • ドドーンとアルビ!新潟日報!

    昨日(18日)の朝、配達された新潟日報を開いて驚きました。丸々1ページの全面広告で「夏アルビ」のPRです。中央の千葉ちゃん、さらに両脇のヤンと海斗の大きく口を開けた笑顔が、ボクらを誘います。この夏のホーム戦3試合(7/23・岡山戦、8/6・徳島戦、8/20・熊本戦)で、「夏休み、最高の思い出を!」と新潟県民に大きくアピールするこの広告。インパクトは抜群でしたね。やっぱり「やるなぁ~!アルビ!」「気合いが入っているなぁ!」って思いましたもの。普段からビッグスワンに足を運んでいるサポーターだけじゃなく、広く新潟県民全体にアピールできたのではないかと思います。ただ千葉ちゃんと海斗は、ここ2試合はベンチ入りもしていないのでボクらも少し心配しているところです。この夏、2人にもビッグスワンで大暴れをしてボクらを喜ばせ...ドドーンとアルビ!新潟日報!

  • 世界に羽ばたいて行っちゃったんだなぁ…

    至恩がベルギー1部リーグのクラブ・ブルージュと、正式契約を結んだとの発表がありました。ブルージュってボクが行っている理容室とよく似た名前(こちらはプラージュか…笑)なんで、親近感がわきます。昨季はリーグ3連覇を果たし、これまで優勝18回の名門チームらしいですぜ。身に纏うユニがオレンジからブルーに変わる至恩。手にしているユニにある2024って、契約が2024シーズンまでってことなのかな?なんか至恩がアルビ以外にユニを着てプレーする姿って想像できないけど、きっとジワジワと実感していくんでしょうね。ベルギーリーグもDAZNで見られるみたいだから、今度見なきゃな。日本語の実況はないよね?やっぱり。そんな至恩が抜けたアルビですが、ヤンツー率いる金沢を3-0で下して首位の座をキープ。千葉ちゃんと谷口がベンチ入りもして...世界に羽ばたいて行っちゃったんだなぁ…

  • アウェイも強いっすねぇ!

    昨日の第27節アウェイ金沢戦は、新潟からまたしても多くのアルビサポーターが金沢に駆けつけて選手を後押しし、3-0で完勝でした。これでリーグ戦は2連勝。アウェイ戦に限っていえば、群馬戦(2-0)と山口戦(3-1)に続いて3連勝です。いやぁ~アウェイも強いっすねぇ!まぁこんなことを言ったらヤンツーのご機嫌がますます悪くなるかもしれないけど、完勝でしたね。シュート数17本、枠内シュート13本、ボール支配率63%。後半ちょっと金沢にボールを保持され劣勢の時間帯もありましたが、至恩の移籍や三戸ちゃんの長期離脱による不安を吹き飛ばす「安心と安定の勝利」だったと思います。先発メンバーはこんな感じ。鈴木涼太郎高木詠太郎島田高堀米田上舞行龍奏哉小島アルビのサッカーは変幻自在でしたね。涼太郎とヨシくんのポジションは「あれ?い...アウェイも強いっすねぇ!

  • アウェイ3連勝といこう!

    2022シーズン後期のオフィシャルポスターのデザインが発表されました。さぁいきましょう!ドーン!おぉ!すばらしい!大きく「10.23」というリーグ戦最終ゲームが行われる日付を記し、この日が「J1昇格を決定づける特別な日」であることをアピール。チームを牽引するヨシくんとゴメス、そして後ろにはDFリーダーの舞行龍とチームの心臓であるヤンの、闘志溢れる表情の画像が使われています。「新潟のために」「アイシテルニイガタ」「さあCLIMAXをともに」という文字もいいですね。実に頼もしいステキなポスターです。このポスターは昨シーズンからのシーズンパス継続特典として、7月23日の岡山戦から配付されるそうです。当日は引換証を持っていくのを忘れないようにしなきゃね。さて、今日はアウェイで金沢戦です。今日も近県アウェィってこと...アウェイ3連勝といこう!

  • こりゃぁ斬新だ!

    アルビレックスレディースの2022~23シーズン新ユニフォームのデザインが発表されました。いやぁ~!斬新ですなぁ。今までの歴代ユニフォーム(トップチームと一緒のデザインの時代も含めて)と比べても、デザインの斬新さという点で群を抜いている感じです。インパクト抜群ですわ。お洒落なお姉さんが着ている写真を使っているってことは、「ユニの普段着化」も狙っているんですかね?レディースのHPによれば、「白鳥の翼のモチーフを身頃に(※)大胆に配置したデザイン。ピッチの上を舞い躍動し、将来世界を相手に大きく羽ばたいていく選手たちの様子を、そのままユニフォームで表現しています。シャツの下半分は日本海をイメージしたブルーの配色。翼の中とブルー部分には細かいエアブラシのテキスタイルをアクセントとして加えており、これはユニフォーム...こりゃぁ斬新だ!

  • 夏だ!祭りだ!ワッショイ!アルビ!

    アルビの公式HPに「夏アルビ」というタイトルで、こんなステキな画像が公開されていました。「夏休み、ビッグスワンで最高の思い出を!」というキャッチコピーで、7・8月のホーム戦3試をPRしています。いやぁ~この選手たちの表情がいいですね。中央にはユニフォーム姿の千葉ちゃん、海斗、ヤンの3人が、でかい口を開けて闘志満々な様子をアピール。こちらにも元気が伝わってくるようです。さらに後ろには、浴衣姿の舞行龍、奏哉、トーマス・デン、ゴメス、ヨシくんの5選手の姿。みんなとても表情がいいですね。トーマス・デンが嬉しそうに浴衣で踊る姿には癒やされますなぁ。いよいよこの夏、アルビの秘密兵器がそのベールを脱ぎますかね?この浴衣姿の選手たちの画像は、「新潟まつり」のポスターにも使われているんですね。新潟まつりのHPにはこんなポス...夏だ!祭りだ!ワッショイ!アルビ!

  • 「負けた千葉戦」と「勝った山口戦」のスタッツを見比べる!

    「ホームで負けた千葉戦」と「アウェイで勝った山口戦」の直近の2試合を観戦し、皆さんはどんな印象をもたれましたか?特にDAZNの映像でゲームを見直し、さらにゲーム後に提示されるスタッツを見て、「え~?そうなんだ?」「ビックリだな!」と、「ゲームから受ける印象」と「数字(スタッツ)から受ける印象」の違いに驚きました。まずは、ホームで1-2と完敗した千葉戦のスタッツです。このゲームでビックリしたのは、負けゲームにもかかわらずボール支配率は72%と千葉を圧倒し、パス数791は千葉の4倍。パス成功率も90%で千葉を大きく上回っていました。シュート数も13本で、千葉の2倍以上でした。このゲームで千葉はがっちり引いて守り、アルビにボールを持たせながらワンチャンスを狙うという戦法でした。2得点はいずれもセットプレーからで...「負けた千葉戦」と「勝った山口戦」のスタッツを見比べる!

  • 痛い!三戸ちゃん全治3か月!

    山口戦での勝利にサポーターが歓喜し安堵しているタイミングで、「三戸ちゃんが手術」というショッキングなニュースが流れました。24節のザスパクサツ群馬戦で負傷し、7月6日(水)に手術を行ったということです。「右鎖骨骨折」で「全治約3ヶ月の見込み」という診断です。全治3か月ということは、「今シーズンはほぼ無理」ってことですかね?今から3か月後は10月半ば。うまくいけば、10月8日(土)の40節ホーム仙台戦からのラスト3戦に間に合うかもしれないですね。三戸ちゃん、治療とリハビリに頑張ってくれ!それにしても「至恩の海外移籍」に続いて「三戸ちゃんの長期離脱」とは、サッカーの神様はアルビレックスに試練をお与えになりますなぁ…。昨日(11日)は月曜日だったので、テレビ各局が夕刻のローカルニュースでアルビ情報を伝えていまし...痛い!三戸ちゃん全治3か月!

  • 見たか!至恩!首位奪還!

    「エースがシーズン途中で海外移籍」という非常事態の中で迎えたアウェイ山口戦。チームとして「お前がいなくても大丈夫だ!絶対に昇格させる!」と安心して至恩を海外に送り出せるか、「やっぱりエースの不在は不安だなぁ…」とサポーターに不安を与えるゲームになるのか。今後の戦いや昇格争いをも左右しかねない大事な一戦になりました。その至恩が抜けた左サイドハーフには、涼太郎が入りました。先発の布陣はこんな感じです。ボランチには星、CBには史哉が入りました。鈴木涼太郎高木詠太郎星高堀米史哉舞行龍奏哉小島特筆すべきなのは、リザーブのメンバーに、小見、矢村、シマブクの3選手が名を連ねたことです。ポスト至恩の攻撃陣として活躍を期待される3人の攻撃選手を、松橋監督がどんな風に使っていくのかも注目です。試合はキックオフ早々からアルビの...見たか!至恩!首位奪還!

  • 今後の戦いに重要な一戦だ!

    至恩の海外移籍の話題でボクの周りはもちきりです。「エースが移籍なんだって?」「アルビ大丈夫?」「この前はホームで負けたんだって?」普段はあんまりアルビの話題にのってこない同僚や仲間も、ここぞとばかり心配してくださる。あっはっは。ありがとうございます。今日の新潟日報にも、山口戦の話題と共に至恩のインタビュー記事が掲載されていました。「夢へ『ここからが勝負』」凜々しい黒髪の至恩の姿に、ボクらも感慨ひとしおですよ。頑張れ!至恩!さて、それで至恩抜きで戦うことになる今日の山口戦。レノファ山口は「エースが移籍した新潟に負けるわけにはいかないぞ!」と、気合いを入れて戦いを挑んでくることは必至です。ジェフが対アルビの戦い方の手本を見せてくれましたしね。まぁアルビだって「至恩がいなくても失速しないチーム」だってことを、チ...今後の戦いに重要な一戦だ!

  • 世界へ羽ばたけ!新潟の孫!

    昨日(8日)の朝のネットニュースの段階では、「いや、まだ正式発表じゃないし…」という一縷の望みもボクの気持ちの中には残っていましたが、あっと言う間にチームからも公式発表があり、「モバアルZ」でも「至恩さよなら」「がんばってこい」の映像が公開されました。チームメートから餞別の「小銭入れ」をもらい、「次の”本間”を探さなきゃな」とミスターアルビレックス・本間勲から見送られた至恩は、髪の毛を黒色に染め直しヨーロッパへと旅立っていきました。「新潟の至宝」「新潟県民の孫」が世界へ羽ばたき、彼自身の新しい旅が始まる。とても嬉しく、誇らしく、至恩を応援し続ける覚悟が高まる一方で、寂しさや不安が胸の中に渦巻くのも正直なところです。そして、ついに今朝の新潟日報にも「本間が欧州移籍」「挑戦を選択」の文字が。「あぁやっぱり現実...世界へ羽ばたけ!新潟の孫!

  • 至恩!マジか?!う~ん!ホントなら頑張れ!

    アルビサポの皆さんにおかれましては、千葉戦敗戦のショックから気持ちを切り換えられましたでしょうか?「たった1敗しただけだ」「心配には及ばず」「松橋監督や選手を信じよう」って頭ではわかっているけど、「昨シーズンも後半は失速したよなぁ」「昨シーズンの二の舞か?」「千葉の対アルビ戦術を今後の対戦チームはどこも模倣してくるぞ!」なんて不安が、心の中で渦巻いているのも実際のところ。と、ここまで書いたらなんと!ショッキングなニュースです。「J2新潟からCLへ!本間至恩異例の海外挑戦」ですと!「J2新潟のMF本間至恩(しおん、21)が、ベルギー1部の名門クラブ・ブリュージュに移籍することが7日までに決定的となった。複数の関係者によれば、クラブ・ブリュージュは本間の技術を高く評価し、正式オファー。移籍金は推定120万ユー...至恩!マジか?!う~ん!ホントなら頑張れ!

  • リベンジならず!ホーム初敗戦!

    千葉戦は1-2の敗戦でした。リベンジならず。星は煌めかず。マイスターは力を発揮できず。残念です。今シーズンはホームで勝ち続けていたので、「負けてビッグスワンから帰る」って、なんか「あぁこういう感じって昔よく合ったよなぁ…」って懐かしい感じすら抱きました。今シーズンも天皇杯では負けているんですけどね。前半13分にセットプレーから先制されたけど、22分に島田のフリーキックが直接ゴールネットに突き刺さって同点。これはすばらしかったね。「さぁここから行くぞ!」ってボクらも張り切って応援したんだけど、千葉の好守備と不運な判定もあってなかなか追加点は奪えず。後半60分にはまたもやセットプレーから追加点を奪われてしまいました。あれって誰かに当たってコースが変わったんですかね?その後もパスを回しながらチャンスを伺い得点機...リベンジならず!ホーム初敗戦!

  • リベンジだ!今日はジェフ千葉戦!

    夏の連戦です。水曜日の今日はホームにジェフ千葉を迎えます。キックオフは19時。猛暑の中での戦いになることが必須の戦いです。仕事帰りにビッグスワンにかけつける多くのサポーターに、勝ち点3とすっかり流行語となった「ホーム強いっすねぇ」の言葉をプレゼントして欲しいです。新潟日報による今日の先発予想はこんな感じです。ワントップは孝司さん。2列目は至恩、ヨシくん、詠太郎。ボランチは島田と高、DF陣は左からゴメス、田上、舞行龍、奏哉。守護神小島がゴールを守ります。「田上が先発したゲームは負けない」ってジンクスがあるみたいですね。今日も頼むよ!田上!ボク的には、リザーブメンバーにも大いに注目したいところです。そろそろトーマス・デンの姿をビッグスワンで見れるんじゃないかと期待しているんですよ。このところ、モバアルの等の練...リベンジだ!今日はジェフ千葉戦!

  • 今回も充実の最新「ラランジャ」!

    発売日よりも若干早く、最新の「ラランジャ・アズール」が自宅に届きました。今回の表紙はこの選手です。ジャジャーン!今シーズンの開幕以来リーグ戦全試合フル出場を続けている、チーム唯一のプレーヤー、われらの守護神・小島亨介選手です。巻頭特集ももちろんこの小島選手のインタビュー記事です。古巣対決となった大分戦のことや3度にわたる手術の秘話、読書家の小島選手が影響を受けたイチローの言葉など、魅力的な話題が満載です。他にも、「軍団・星」でお馴染みの星雄次選手&藤原奏哉選手の対談もヨカッタです。軍団の結成秘話から、お互いのプレーについての評価など、興味深く読ませてもらいました。仲の良さがにじみ出るトークを展開でしたね。さらにこれ。「選手のこと、もっと知りたい!」のコーナーは、田上大地が取り上げられていました。昨シーズン...今回も充実の最新「ラランジャ」!

  • 頼もしい指揮官

    群馬戦の勝利の余韻に浸りながら、気持ちよく今週の仕事を始められる幸福を味わっています。この土日はこんなことやこんなことがあって忙しく過ごして肉体的には疲れ気味なんですが、アルビの勝利で気力は充実。元気いっぱいでお仕事を頑張りまーす!今週は水曜に千葉戦もあるしね。さて、24節が終わっての順位表を見てみましょうか。上位3チームが揃って勝ち、順当に勝ち点3を積み上げました。水戸と町田も頑張ったんですけけどね。横浜と仙台に勝つことはできませんでした。ボクらとしては仙台が首位争いから脱落していってくれて、自動昇格圏内の上位2チームが突出するという形になって欲しいんですけどね。そうそう上手くはいきません。仙台にも意地があるでしょうしね。まぁアルビとして焦らずに、10月8日(土)のホーム仙台戦(40節)には、きっちり引...頼もしい指揮官

  • 連敗しないぞ!ピタリと1差だ!

    猛暑の中をアウェイ群馬戦にかけつけ、選手と共に戦ってくださったアルビサポーターの皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。DAZNでオレンジに埋め尽くされた正田醤油スタジアムの光景を見て、「すばらしいな!」「こりゃぁ選手も意気に感じて燃えるだろうな!」と思いました。そしてゲームはまさにその通りの展開に。肩の負傷で前半早々に途中交代した三戸ちゃんの具合は心配ですが、ゲーム後のモバアルにはちゃんと映っていたし、大きなケガではないんだろうな…と推測しています。ゲームはキックオフ早々の前半3分に動きます。コーナーキックから谷口のシュートのこぼれ球を至恩が詰めて先制。ほしかった先制点があっさりアルビに入りました。すばらしい!なんか至恩はこの夏、大暴れをする予感がしますね。DAZNを見ながら早くも2本目の発泡酒...連敗しないぞ!ピタリと1差だ!

  • 今日はアウェイ群馬戦!勝つぞ!

    朝から暑い7月2日です。今日はアウェイで群馬戦。近県アウェイということで、多くのアルビサポが群馬入りされることと思います。ナイター開催とはいえ、猛暑の中での移動やスタジアム入りとなると推察します。どうかお気を付けてお出かけください。アウェイ群馬戦といえば、コロナ禍になる前最後の2020シーズンの開幕戦を思い出します。アルベルト監督の新潟デビュー戦でした。ちょっと当時の画像を引っ張り出してみますね。そうでした。ボクらはG裏のチケットがとれず、バックスタンドから(ん?メインスタンド?)の観戦だったのでした。結果は確か3-0の圧勝でしたね。あら。懐かしい名前もたくさんありますね。確か得点者は新太、ロメロ、ファビオでしたね。興奮したなぁ…。鳥めしを食べたり、スタジアムの周りを散策したり、楽しかったな。まさか、あの...今日はアウェイ群馬戦!勝つぞ!

  • 7・8月のアウェイ7戦を乗り切ろう!

    今日から7月です。いよいよリーグ戦も「真夏の過酷な戦い」に突入ですね。例年以上の猛暑となっている今年の夏をどう乗りきっていくかは、各チームの最終的な浮沈の鍵を握る重要な要因になるでしょうね。アルビレックスの7・8月の対戦カードを整理してみましょう。第24節:ザスパクサツ群馬(A)第25節:ジェフ千葉(H)第26節:レノファ山口(A)第27節:ツエーゲン金沢(A)第28節:ファジアーノ岡山(H)第21節:大分トリニータ(A)第29節:Vファーレン長崎(A)第30節:徳島ヴォルティス(H)第31節:栃木SC(A)第32節:ロアッソ熊本(H)第33節:いわてグルージャ盛岡(A)この2か月間で対戦するのは11試合。そのうちアウェイ戦が7試合もあります。リーグ戦1巡目のアルビレックスは、ホームでは滅法強かったですが...7・8月のアウェイ7戦を乗り切ろう!

  • 6月の戦績とブログインデックス

    早いもので今日で6月も終了です。2022年も前半が終了し今日で折り返し(まぁ2022シーズンは既に後半戦に突入してるけど)と思うと、「時の流れは速いなぁ…」と実感しています。あぁ残りの人生がどんどん減っていく(笑)。この6月はリーグ戦が2勝(大分&秋田)1分(徳島)1敗(横浜FC)で、天皇杯が1敗(熊本)。公式戦は通算で2勝1分2敗という戦績でした。ホーム戦が少なかったので、ちょっと寂しかったですね。まぁだけど、久しぶりの谷口の得点(6/4徳島戦)とか、ヨシくんの複数得点(6/11大分戦)とか、シマブクの鮮烈デビュー(実際にはデビューじゃないけど)や伊藤のお洒落なループシュート(6/19秋田戦)とか、記憶に残るシーンもたくさんありましたね。さぁ明日からは7月です。ゲームもナイトゲームが中心となりますね。プ...6月の戦績とブログインデックス

  • 日報とモバアルからチームの雰囲気を知る!

    今朝の新潟日報に、横浜FC戦後の練習を再開したアルビのことが記事になっていました。松橋監督が選手たちに初めて順位表を見せて勝ち点や順位を確認し、「全員が関わって積み上げてきたもの。自信を失う必要はない。」と語り、選手を鼓舞したそうです。チームは横浜戦の敗戦に意気消沈することなく、選手は引き締まった雰囲気の中で汗を流していた…と記事に掲載されていました。それに呼応するかのように、「モバアルZ」に堀米キャプテンの記事「みんなの想いを」がアップされていました。この記事、アルビサポは絶対に読むべきだと思いますね。「モバゼー」の有料コンテンツなので内容は紹介できませんが、横浜戦後にキャプテンが考えたこと、考えた上でとった行動、サポーターへの想い、そして練習再開時の松橋監督の想いやそれを選手がどう受け取ったかなどが、...日報とモバアルからチームの雰囲気を知る!

  • 「特別な一戦」か?「42分の1」か?

    一昨日の横浜FC戦の敗戦を、ボク自身は意外に淡々と受け止めているなぁ…って感じがしています。もちろん「悔しいなぁ」「勝ちたかったなぁ」「せめて勝ち点1でも」って気持ちがないわけではありませんが、「長いシーズンではこういうゲームもあるよね」「次に立て直せばいいじゃん」、それに何より「まだ自動昇格圏内にいるわけだし」「首位の横浜FCと勝ち点差1だし」って思いもやっぱりあるんでしょうね。今回の横浜FC戦を見たDAZNで、試合前の監督インタビューでこのゲームにかける思いを両チームの監督が語っていました。その2人の話していた内容があまりに対照的だったので、ちょっと考えさせられました。今日の「週アル」は、その話題です。横浜FCの四方田修平監督は、「このゲームは特別な一戦」と語っていました。前節の仙台戦と今節の新潟戦は...「特別な一戦」か?「42分の1」か?

  • 首位陥落!いいさ!また気合いを入れ直そう!

    首位攻防の直接対決である横浜FC戦は、2-0の完敗でした。警戒していたリーグ得点王の小川航基に華麗に先制点を決められ、何が何でもとりたい次の得点が横浜の追加点となり(渡邉千真にやられた)、久しぶり(7節の千葉戦以来だから16試合ぶり?)の完封負けです。まぁ、後半のあの至恩のシュートが決まっていればなぁ…って気持ちもありますが、相手GKのスーパーセーブに拍手を送りましょう。シュート16本、枠内シュート12本、ボール支配率62%、パス成功率87%はいずれも横浜を上回っていましたが、サッカーは得点を取り合うゲームです。ゴールネットを揺らすことができなければ勝てません。さらにシュート数のデータです。2人のFWにシュートが集中している横浜FCに対して、中盤より前の選手が満遍なくシュートを放っている新潟。これも対照的...首位陥落!いいさ!また気合いを入れ直そう!

  • いい感じじゃん♥ & 今日は横浜FC戦!

    今日は横浜FCとの大事な一戦ではありますが、その前に昨日NSTで放送された「八千代コースター」について触れておきましょう。昨日の「八千代コースター」の中の「桶屋アナがスポーツに挑戦する」というコーナーの中で、「桶屋ちゃんがアルビの選手にサッカーを習う」という企画が行われました。登場したアルビ戦士は、星くん、奏哉、小見くんの3選手。途中から阿部ちゃんも加わりました。桶屋アナの「お忙しい中どうも…」という挨拶に、「独身でヒマなんで」と答える星くんと奏哉。本当は海斗も出演予定で軍団・星の独身トリオが勢揃いの予定だったそうですが、海斗の代役で小見くんが登場したとのことでした。まぁスポーツ万能&若くて可愛い桶屋アナが相手ということで、3人ともとても嬉しそうに収録に参加していました。はい、こんな感じ。奏哉も嬉しそうで...いい感じじゃん♥&今日は横浜FC戦!

  • ヤバいぞ!キーパーソンが肉離れ!

    昨日の「週アル」で話題にしたテレビのアルビ報道は、期待に違わず2番組とも実に充実した内容の濃いものでした。県内在住のアルビサポの皆さんは、十分楽しまれたのではないかと思います。まずはNHKの「新潟ニュース610」です。ピックアップされた選手はこの人でした。はい。DFの田上大地選手です。昨シーズンはなかなか試合に絡めなかった田上選手ですが、昨シーズンまでの千葉&舞行龍の不動のセンターバックコンビにプラスされ、3人によるローテーション的な起用をされて確かな結果を残しています。献身的な守備ももちろんですが、田上選手の持ち味は何と言っても積極的な攻撃参加です。セットプレーからのヘディングシュートで既に今シーズン2得点を挙げていますし、キッカーとしても魅力的です。「なぜそこに田上?」というボクらの意表を突くポジショ...ヤバいぞ!キーパーソンが肉離れ!

  • 大きなヤマ場だ!明後日の横浜FC戦!

    明後日の26日(日)は首位2位の上位対決、アウェイ・ニッパツで横浜FC戦です。いやぁ~このゲームは重要ですねぇ。なんとしても勝ち点を持って帰りたいなぁ(できれば「3」を)!アルビの心臓・ボランチのヤンが累積イエローで出場停止のこのゲーム。やっぱりこのゲームの鍵を握るのは、星雄次選手って感じがしますね。星くん、頼むよ。これ、横浜FC戦のチケットの販売状況ですけど、すごいですね。「ニッパツをオレンジジャック!」って感じ?スタジアム全体でもアルビサポが相当の割合を占める感じだし、ゴール裏の密集度は圧倒的にアルビが上みたいです。「新潟サポ、どれだけ三ツ沢に行くんだ?」って感じです。まぁ比較j的行きやすい首都圏でのアウェイ戦ですからね。わが家も「ニッパツに行きたいなぁ…」て気持ちは大きいのですが、今シーズンはちょっ...大きなヤマ場だ!明後日の横浜FC戦!

  • しみじみと順位表を見る

    22節が終わっての順位表を整理してみました。例によって総勝ち点数ごとに、どのチームがどんな風に並んでいるのかがわかるヤツです。毎週この表をエクセルで作るのが、ボクの節終了後のルーティーンになっちゃいました。(笑)アルビは勝ち点45で首位。数節前まで「だんご3兄弟」として並んでいた横浜FC&仙台を少しリードしての首位です。まぁしかし、まだまだリーグ戦はこれからですから、油断は禁物です。1戦1戦が勝負です。ボクらも気持ちを引き締めていきましょう。3位の仙台から勝ち点5離れて4位の岡山、6離れて5位の長崎、7離れて6位の町田と、次のグループが続き上位追撃を目論みます。さらに町田から勝ち点差2に山形・千葉・熊本、勝ち点差3に甲府、勝ち点差4にヴェルディ・大分・水戸、勝ち点差5に金沢と続き、混戦から抜け出して上位に...しみじみと順位表を見る

  • ヤンの咆哮など~秋田戦の小ネタ~

    秋田戦の勝利から2日。勝利の余韻に浸りながら幸せな気分で週の前半を過ごしていらっしゃる方が多いんでしょうね。ボクもその1人。こんな気持ちがずっと続いて、10月23日を迎えられるといいな…と思っております。さて、秋田戦の小ネタをちょっと整理しておこうかな…というのが、今日の「週アル」の内容になります。まずは、この1枚。「ヤンの咆哮」です。ゲーム前の選手紹介時に行われる、選手代表によるウェルカムメッセージ映像。今回はボランチのヤン選手でした。このメッセージを送る選手のパターンには2種類あって、「まじめ系」か「気合い系」に分かれます。まぁ「気合い系」なんていう新ジャンルが生まれたのは、千葉ちゃんからでしょうけどね。ヤン選手のメッセージは、まさに「気合い系」でした。「今日も勝ぁ~~つ!以上!」と咆哮したヤンの姿に...ヤンの咆哮など~秋田戦の小ネタ~

  • テレビ各局のアルビ報道の充実ぶりがすごい!

    J2リーグ前半を首位で折り返し、後半のスタートとなった秋田戦でもホーム10連勝をなし遂げるなど、夢のような展開で快進撃を続けるアルビレックス(いや絶対に油断はしないけどさ)。秋田戦後の月曜だった昨日夕刻のテレビ各局のアルビ報道も堪能させてもらいましたが、先週金曜あたりからの各局の報道の充実ぶりにはすばらしいものがあります。今日は民放4局の特色ある報道を紹介しますね。まずはBSNです。先週金曜日(17日)の「ゆうなび」にサッカー解説者の梅山修さん(あら懐かしい!)が登場し、守備の視点からアルビ好調の要因を解説していました。特筆すべきなのは、星雄次選手を大きく取り上げ、そのプレーを詳しく分析していたことです。高&島田の不動のボランチコンビが島田選手の離脱によって崩れ、ボクらサポーターも「誰がヤンとコンビを組む...テレビ各局のアルビ報道の充実ぶりがすごい!

  • 苦しみながらも3-0勝利でホーム10連勝!

    なんとしても第4節の雪辱を果たしたい昨日のホームゲームの秋田戦。1点先制するも追加点を奪えず、後半に秋田の怒濤の攻撃を受けてヒヤヒヤしましたが、またしても松橋采配が大的中。交代で入ったシマブクが1ゴール1アシストと大活躍し、まさに「ニューヒーロー誕生」って感じ。結果は3-0で勝利し、ホーム10連勝のチーム新記録をなし遂げました。もちろん首位キープです。先発メンバーは、こんな感じ。まぁ安定のメンバーですね。谷口至恩高木詠太郎島田高堀米田上舞行龍藤原小島圧倒的なボールの保持率でパスをつなぐアルビ。後方から一発狙いのロングパスを通そうとする秋田。予想通りの展開でゲームは始まりました。荒っぽい秋田のサッカーも予想通り。前半だけで秋田にイエローが3枚出ました。つられて高までイエローをもらっちゃって、次節は出場停止で...苦しみながらも3-0勝利でホーム10連勝!

  • さぁ!第4節の悔しさを晴らすぞ!

    秋田戦の当日になりました。今日の相手のブラウブリッツ秋田は、3月13日の第4節で今季初黒星を喫した相手です。しかもそれまでの3試合は連続引き分けでしたので、ぼくらサポーターも大きな大きなショックを受けたゲームでしたね。ぬかるんだ田んぼのような秋田のホームで、アルビ自慢のパスサッカーが機能せず、ラグビーのような秋田の肉弾サッカーに屈した一戦。このゲームの敗北により、アルビは開幕から4試合で1勝もできず、順位も18位まで落ちました。さらにこのゲームでイッペイが肩を脱臼し負て傷退場。この後のゲームに出場できなくなります。ちょっと思い出したくないような沈んだ気分になったことを覚えています。リベンジですよ。今日のゲームはリベンジです。このまま秋田にやられっぱなしではいられません。ぬかるんだ田んぼではできなかったアル...さぁ!第4節の悔しさを晴らすぞ!

  • 越後薬草に恥をかかすわけにはいかないぞ!

    明日は後半戦のスタート、ホーム秋田戦です。秋田と言えば、今シーズンのアルビが初の敗戦を喫したあのドロドロのアウェイ戦の相手です。なんとしてもあの時の雪辱をホーム・ビッグスワンで晴らしたいところです。今回のゲームは、越後薬草サンクスデー。これってたぶん「初」ですよね。スポンサーとしてアルビを支えてくださり、「まいキムチ」でボクらの胃袋も支えてくださっている越後薬草さんに、初のサンクスデーで恥をかかせるわけにはいきませんよね。圧倒的な勝利で、首位をしっかりキープしたいところです。今回のゲームは、いつも以上に「デジタル・ゲームポスター(勝手に命名)」がたくさん提供されていますよね。拾い集めたものをちょっと紹介させてもらいますね。お髭がステキな舞行龍選手バージョン。カッコいい!これは逸品ですね。新発田の菖蒲とサッ...越後薬草に恥をかかすわけにはいかないぞ!

  • 今年の「いじめ防止」は千葉ちゃん!

    先日のこと。長岡市内の某体育館に行ってきたら、玄関脇の掲示板に千葉ちゃんのポスターが貼ってありました。新潟県教育委員会の「いじめ見逃しゼロ県民運動」の啓発ポスターです。千葉ちゃん直筆の「いじめゼロのサイコーな新潟をめざして」というメッセージ付き。「あぁ今年のこの運動のポスターのモデルは千葉ちゃんなんだな…」と思いました。実は2か月前に昨年バージョンのポスターを見つけて、ブログの記事にしたばかりでしたものね。その時の記事はこれです。はい。昨年度の「いじめ見逃しゼロ」のモデルを務めたのは、堀米キャプテンでしたね。こういう運動の啓発ポスターのモデルをアルビレックスの選手が務めるって、とてもいいことですよね。そういえば今年の献血のPRポスターは、ヨシくんと奏哉のコンビでした。アルビレックスの選手が地域に根付いた活...今年の「いじめ防止」は千葉ちゃん!

  • 三戸ちゃん&松橋監督がW受賞!

    J2リーグで最も活躍した選手を表彰する「2022明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP」の5月度の受賞選手KONAMI月間MVPに、三戸舜介選手が初選出されました。さらに、最も優れた指揮をした監督を表彰する「月間優秀監督賞」5月度のJ2リーグ月間優秀監督に、松橋力蔵監督が初選出されました。新潟からのW受賞です。三戸ちゃんは5月にスタメンに定着し、2ゴール2アシストと大活躍。選考委員の北條聡さんの言葉をお借りすれば、「新潟のアタックラインで縦横無尽の活躍。守りを含め、貢献度の高さは2得点2アシストの数字以上。単独での仕掛けばかりか、周囲を生かす利他的な立ち回りも光った」ということであります。特に上位対決だった横浜FC戦での、小見ちゃんとの若手同期コンビの大暴れの印象が強烈でしたよね。こちらは、優秀監督賞...三戸ちゃん&松橋監督がW受賞!

  • 読書家の守護神!

    日曜日(6月12日)の新潟日報に、アルビの守護神・小島亨介選手の記事が掲載されていましたが、皆さんはご覧になりましたか?「大分戦の結果の報道、確か選手のコメントはヨシくんだったはず」「小島のコメントは掲載されていなかったのでは?」と記憶を辿った方がいらっしゃったかもしれませんが、小島選手の記事が掲載されたのはスポーツ欄ではありません。なんと、読書欄なんですよ。はい、これです。隔週の日曜日に掲載される読書欄の「にいがた人の本棚」のコーナーに、チームきっての読書家である小島選手が登場したというわけです。こういうアルビ戦士の新聞への登場の仕方、いいじゃないですか。さすが県民の新聞、新潟日報です。小島選手が手に取って紹介している本は、「仕事も人間関係もうまくいく放っておく力」(枡野俊明著)。いわゆる自己啓発本です...読書家の守護神!

  • 誰が出ても

    月曜日の昨日、夕刻のテレビ各局のローカル情報番組では、どの局も「アルビの大分戦勝利」と「リーグ戦単独首位での折り返し」を報道していました。孝司さんからの絶妙なスルーパスとヨシくんの先制点。そして至恩から詠太郎へのパスが通り、右サイドを駆け上がった詠太郎からのドンピシャのクロスに合わせたヨシくんの2点目。各局で何度も放送される得点シーンを、ボクらは何度も楽しませていただきました。いやぁ~!素晴らしいですなぁ!NHK、NST、BSN、UX、TeNYと、5局の報道を見せていただいたんですが、今回はTeNYの「新潟一番」の報道が一番心に残りました。TeNYは、大分戦だけでなくリーグ戦前半の松橋アルビの戦い方を総括して番組作りをしており、特に昨シーズンとの比較した分析に説得力がありました。その中でも、今年のアルビの...誰が出ても

  • 順位表をジッと見る!

    大分戦の勝利で気分のよい昨日の日曜日、ボクはアルビのユニを着て「南魚沼グルメマラソン」に参加してきました。ハーフです。同様にアルビユニを着て参加されている皆さんと「昨日はおめでとうございました」「張り切って走れますね」などとご挨拶。失速しかけた16km付近も、「アルビも頑張る!ボクも頑張る!」と自身に気合いを入れて走りきりました。まぁその話題はこちらの記事でどうぞ。さて、早いものでリーグ戦も前半戦が終了し、次節からは2巡目の対戦が始まります。「首位のアルビは相手からいろいろ研究されるんだろうなぁ…」「いやいや先発を固定していない今シーズンのアルビは相手も対策を立てにくいぞ!大丈夫だ!」「昨シーズンのような失速は絶対に避けたいな」いろんな思いがボクらサポの胸中に交錯しておりますが、「首位で嬉しい」ってことは...順位表をジッと見る!

  • この勝利はでかい!アウェイで大分に勝利!

    J1降格組の大分を相手に、アウェイで2-1で勝利!アルビはきっちりと結果を出して、リーグ戦の前半を首位で折り返すことができました。すばらしい!苦しい試合でしたけどね。松橋監督の采配も、選手の皆さんの頑張りも、ホントにお見事。DAZNで観戦しながら手に汗を握り、そして勝利の喜びに浸りました。アルビの先発メンバーはこんな感じ。ワントップには谷口園長ではなく孝司さんが入りました。鈴木至恩高木詠太郎島田高堀米千葉田上藤原小島いやぁ~孝司さんの先発起用、大当たりでしたよね。前半22分のヨシくんの先制ゴールをアシスト。後半2分の詠太郎からのクロスに合わせたヨシくんの2点目ゴールも、孝司さんが相手DFを引き連れていたからこそ生まれたゴール。影のMVPと言っても過言ではありません。その孝司さんを先発起用した力蔵監督の采配...この勝利はでかい!アウェイで大分に勝利!

  • 今日は大分戦!恩返しは要りません!

    今日は19時キックオフでアウェイ大分戦が行われます。リーグ戦も今日の大分戦が21節ですから、ゲームの終了時点でちょうど折り返し点になります。高知キャンプで躓きスタートダッシュに失敗した松橋アルビですが、コロナクラスター発生のピンチもチャンスに変えて現在は首位。後半戦も上位で戦い抜き、10月23日には頂点でフィニッシュしたいところです。監督の言うとおり1戦1戦が勝負、目の前の相手が最大の敵ですから、今日も全力で大分を倒してほしいと思います。今朝の新潟日報の先発予想はこんな感じです。前節10試合ぶりの一発が出た谷口に、今日はチームを勝利に導く決勝ゴールを期待したいです。注目の2列目には至恩、ヨシくん、詠太郎。ボランチは高&星の漢字一文字コンビ。CBには史哉の名前があります。アルビのメンバーの中で大分戦が古巣対...今日は大分戦!恩返しは要りません!

  • 三戸ちゃん一発レッド!

    昨日は22時キックオフのU23アジアカップ・タジキスタン戦を、DAZNで視聴しました。「われらの三戸ちゃんがついに先発出場」との事前情報を得ていたので、ワクワク感は半端なかったですよ。ゲームが始まると攻守にアグレッシブな三戸ちゃんのプレーを見ることができ、しかも日本代表は前半と後半に1点ずつ決め、2-0とリード。「松木もなかなかやるなぁ…」「しかしPKはきっちり決めろよな!」などと、余裕をぶっこいて見てました。ところが後半65分。三戸ちゃんのPA内でのプレーがVAR判定となり、結果「一発レッドで退場」となりました。「なんてこった!」「そんなに荒っぽいプレーという感じはしなかったけどなぁ…」ボクらの思いも虚しく、三戸ちゃんはピッチを去りました。あぁ誰か三戸ちゃんを元気づけてやってくれ。千葉ちゃん!ウズベキス...三戸ちゃん一発レッド!

  • 2016年の市立船橋

    ちょっと古い話で恐縮なんですが、ホーム山形戦に合わせて発行された「ラランジャ・アズール」の話題です。表紙も巻頭特集も高選手の笑顔満載のこの「ラランジャ・アズール」、いつも以上に充実した記事がたくさん掲載されていました。熱心なアルビサポの皆さんにおかれましては、何度も熟読されているのではないかと拝察しています。あらぁ~高選手。爽やかでステキな笑顔だこと。白い歯がキラリって感じ。まるで芸能人かテニス選手(あの人だけど)みたいです。「最後にみんなで笑うために」「試合に出続けて、勝ち続けて、最後にJ1昇格を達成したとき、その中心にいるのが目標」など、インタビュー内容も充実していました。他にもプロポーズの秘話を明かした高選手の「ヤンごとなき日々」や、イケメンコンビの舞行龍とイッペイの「写真集か?!」と見違えるような...2016年の市立船橋

  • イッペイの長期離脱

    イッペイシノヅカ選手(27)が、6月2日(木)に神奈川県内の病院で、右肩の手術を行ったことが発表されました。診断名は「右肩反復性脱臼」、全治約4ヶ月の見込みだそうです。全治4か月ということは完治するのは10月ということですね。今シーズンの残りの期間、イッペイ選手の試合出場は、リーグ戦終盤に辛うじて間に合うかどうかということでしょうか。「モバアルZ」によれば、1年半前に肩を脱臼して以来、3月の秋田戦での負傷が5回目の脱臼だったのとことです。今回の手術の決断は、イッペイ選手自身がパフォーマンスが上がらないことに対して悩み抜き、相当な覚悟をもって決断したことのようです。もちろんケガを欺し欺しプレーを続けることも可能だったようですが、その選択をしなかったイッペイ選手の思いの強さを感じます。松橋監督がイッペイの決断...イッペイの長期離脱

  • 山形戦でのチア少女の謎が解けた!

    昨晩は19時からのキリンチャレンジカップ・A代表のブラジル戦(地上波)と、22時からのアジアカップ・U-21代表のサウジアラビア戦(DAZN)の、2試合もハシゴ観戦してしまいました。結果は皆さんもご存知の通り。ブラジル戦はGK権田が大活躍でしたが、ネイマール(彼も歳をとりましたね)にPKを決められて惜敗。でも王者ブラジルを相手に大健闘のゲームでした。サウジアラビア戦は後半途中からわれらの三戸ちゃんが登場。積極的にシュートを撃つ場面もありましたが、スコアレスドローに終わりました。次のタジキスタン戦は9日(木)ですね。2試合もサッカー観戦したおかげで、今朝は超眠いです。(でも、今日は仕事が代休なのだ!ラッキー!)さて、先週のホーム山形戦のゲーム前に、ビッグスワンでちょっと不思議な光景を見たことを、この日の記事...山形戦でのチア少女の謎が解けた!

  • アルビ「棚ぼた」で首位奪還!

    一昨日のゲームで徳島と引き分け、勝ち点1を積み上げるに留まったアルビレックス。勝ち点数を39に伸ばして暫定首位に立ったものの、昇格を争う当面のライバルである仙台と横浜FCの今節のゲームが翌日ってことで、「まぁ首位にいられるのは数時間なんだろうな…」とタカをくくっていました。「仙台と横浜の両チームとも勝てばアルビは3位」って状況でしたからね。そしたらまぁなんと!仙台が千葉に0-2で敗れましたよ。さらに横浜FCはヴェルディと1-1で引き分けました。これでアルビを含む3チームが勝ち点数39で並びました。そして得失点差で大きなアドバンテージのあるアルビが(3試合連続の3-0勝利はデカかったなぁ…)、20節終了時点での首位に立ちました(一部終了していないゲームもありますが)。いやぁ~こんなこともあるんですね。まさに...アルビ「棚ぼた」で首位奪還!

  • 待望のエースの一発!だけど勝ち点は1!

    昨日(4日)のアウェイ徳島戦は、1-1のドローゲームに終わりました。PKで先制されるもエース谷口が10試合ぶりの待望の得点を決め、「さぁ逆転だ!」とボクらのテンションも上がったのですが、追加点はならず。アウェイで勝ち点1を積み上げるに留まりました。先発は、こんな感じ。谷口至恩涼太郎詠太郎高星堀米千葉田上奏哉小島あら、珍しい!新潟日報の予想メンバーとドンピシャ同じでした。これって今季初でしょうか?試合は、前半19分に動きます。PA内で藤原がファウルを犯し徳島にPKを与えてしまいました。身体ごとぶつかったって感じ?その後の徳島のファウルに比べればたいしたことないように見えたけど、まぁしょうがありません。徳島の一美和成という、どっちが名前でどっちが苗字だかわからない選手にPKをきっちり決められ、先制を許します。...待望のエースの一発!だけど勝ち点は1!

  • アルビ全力応援SP!

    昨日(6月3日)のNHK「きらっと新潟」で、「J1へ!アルビレックス新潟応援SP」という特番を放送していました。ボクらサポーターとしては、天皇杯敗戦のショックを真摯の受け止めながらも、「まだまだリーグ戦は絶好調!頑張るぞ!」と自身の気持ちを再確認するいい機会になりました。解説はお馴染みの宮沢ミシェルさんです。今シーズンのアルビの好調の要因を3つにまとめ、ゲームの映像と選手や監督のコメントを交えながらわかりやすく解説していました。まぁ2つ目の「選手層の厚さ」に関しては、メンバー総入れ替えで臨んだ天皇杯の惨敗で、ちょっとその危うさを露呈してしまいましたけどね。番組の最後は、司会のアナウンサー2人と共に「頑張れ!アルビ!」とポーズを決めてくださいました。番組内で天皇杯について触れることは一切ありませんでした。き...アルビ全力応援SP!

  • 速い!正確!レベルが違う!

    森保ジャパンのキリン・チャレンジカップのパラグアイ戦をテレビ中継で見ました。FIFAランキング23位の日本と、同50位のパラグアイ。いやぁ…なかなか面白いゲームでした。結果は皆さんご存知のように、森保ジャパンが4-1で圧勝でした。浅野、原口、三苫、鎌田、伊藤らの躍動が目立ちました。楽しかった。いやぁ~それにしても、さすがA代表です。パスは速くて正確だし、寄せもプレスも速い速い。前日に生観戦した天皇杯2回戦とは、レベルの違いを見せつけられましたよ。こんなにも違うものなのね。さて、昨日の地上波でのキリン・チャレンジカップに続いて、今晩はDAZNでU23アジアカップのUAE戦です。三戸ちゃんは出してもらえるかな?キックオフは22時。眠気が吹っ飛ぶようなレベルの高いサッカーを見せてほしいです。そして、明日はアルビ...速い!正確!レベルが違う!

  • 「現実は甘くない!」と思い知らされた天皇杯の惨敗!

    天皇杯の2回戦ロアッソ熊本戦は、まさかの4失点の敗戦でした。リーグ戦で3連勝、ホーム9連勝、どの選手が出ても同じサッカー、日替わりヒーローの誕生…などと浮かれ気味だったボクらサポーターは、現実の厳しさを思い知らされる結果となりました。1つ間違えれば、こんな惨敗を喫するんですね。気を抜けないってことなんですよ。油断大敵です。人生はそんなに甘いもんじゃない。冷や水を浴びたような気分です。アルビの先発メンバーは、リーグ戦から総入れ替えのこんな布陣でした。ゲデス小見矢村シマブク秋山島田泰基史哉遠藤巧阿部どの選手も「もらったチャンスを絶対にモノにしてやるぜ!」って気持ちで臨んだはずなんですけどね。だけどそれは結果として表れませんでした。キックオフから8分後にコーナーキックを頭でドンピシャで合わせられて先制点を許すも、その...「現実は甘くない!」と思い知らされた天皇杯の惨敗!

  • 今日は天皇杯!誰が出ても同じサッカーを!

    山形戦から中2日。タイトな日程の中で、今日は天皇杯2回戦のロアッソ熊本戦です。熊本とは今シーズンリーグ戦で既にアウェイで1度戦っており、その時は海斗と孝司さんのアベックゴールで2-1で勝利しています。確かアディショナルタイムに田上のクロスを孝司さんがヘッドで決めた、劇的な逆転勝利だったと記憶しています。その時の記事はこちらをどうぞ。「熊本に劇的な逆転勝利!」でした。今日の新潟日報には「ゴール前の連係が鍵」というタイトルで、今日の天皇杯の記事が掲載されていました。ピックアップされていたのは、高卒ルーキーの吉田陣平選手です。今日は先発かな?天皇杯の楽しみは、なんと言っても「リーグ戦でなかなか試合に絡めない選手が覚醒すること」と「離脱していた選手が復帰すること」です。今日もニューヒーローの誕生をボクらは期待しておりま...今日は天皇杯!誰が出ても同じサッカーを!

  • 勝利の余韻は続く…

    新潟県民の多くの皆さんがそうでしょうけど、アルビのリーグ戦3連勝、ホーム9連勝、3試合連続3得点、3試合連続クリーンシート、エース至恩の覚醒、三戸ちゃんの年代別代表招集、ゲーム後のパフォーマンスから感じられるチームの雰囲気のよさ、勝ってもちっとも浮かれていない松橋監督の厳しさなど、山形戦の勝利の余韻に浸りながら週の初めがスタートしました。いやもう、ホント幸せですわ。昨日は帰宅後に夕食を食べながら、テレビ各局のアルビ報道をチェック。詠太郎、至恩、田上の得点シーンを何度も見て、再興奮でした。いやぁ~みんな上手い!至恩の頼もしいコメントや、イケメン詠太郎の優しいコメントも各局で流れました。このポスターの通りの至恩の躍動。何度見ても興奮しますね。「オレンジに染まったスタジアムで躍動する」「100%オレンジボーイ」まさに...勝利の余韻は続く…

  • 3試合連続の勝利!3得点!無失点!

    ホームに好調な山形を迎えた昨日のゲーム。なんとまぁ!3-0の圧勝でしたよ。ホーム9連勝!リーグ戦3連勝!3試合連続3得点!3試合連続クリーンシート!と、なんかもう「夢なら覚めるな!」って感じ。ビッグスワンは幸せをいっぱい感じながら笑顔が弾けるサポーターの姿で溢れました。あぁ最高!選手の皆さんも、みんな嬉しそうでした。先発メンバーは、新潟日報の予想ともボクらの予想とも違い、こんな感じでした。もう今シーズンの先発は予想できませんね。誰が出てくるかわかりません。そしてそのメンバーがきっちりと結果を残すのだからたまりません。鈴木至恩善朗松田高星堀米千葉田上奏哉小島ワントップは孝司さん。ヨシくんがトップ下で先発。両ウィングは至恩と詠太郎。ケガが心配だった新婚のヤンは元気に先発し、星くんとのダブルボランチ。そして、CBには...3試合連続の勝利!3得点!無失点!

  • 陣平!初スタメンか?!

    山形戦当日になりました。ホーム9連勝なるか?リーグ戦3連勝なるか?三戸ちゃんの海外遠征前「いってきます弾」が飛び出すか?覚醒した至恩が大暴れするか?久しぶりの日本海キャノン砲が爆発して盟友・ヤンの結婚を祝うか?いろいろ楽しみな山形戦です。新潟日報の先発予想はこんな感じでした。ワントップは海斗。2列目は至恩、涼太郎、三戸ちゃんです。ヨシくんの元気な姿も見たいな?小見くんも途中出場でいいから出してね。ボランチは、陣平と星くん。これが実現すれば陣平君は初先発ですよ。ビッグスワンで大暴れする姿が見たいぞ!ヤンはやっぱり大事をとるのかな?島田の復帰はまだか?CBは千葉ちゃんと史哉。史哉、今日も頼むよ!阿部ちゃんのベンチ入りは間に合うか?今日は、GW以上のお客さんがビッグスワンに入る予想だそうですよ。先着14000様にプレ...陣平!初スタメンか?!

  • 今度こそ3連勝だぜ!

    DAZNの映像で水戸戦を見返したり、モバアルZでゲーム後の選手の映像やバストークを楽しんだり、勝利の余韻に浸りながら楽しい週末を過ごしております。それにしても、何度見ても至恩のプレーはすごいですね。あんな選手が後半から途中出場してきたら、相手はたまったもんじゃないだろうな…としみじみ思います。その至恩が同ポジションの後輩である小見くんの活躍を見て「負けていられない」と奮起したというんですから、アルビの選手層ってどこまで厚いの?ってことになりますよね。相手チームは本当にイヤでしょうね。三戸ちゃんの代表戦招集による離脱のニュースにも、「まぁ詠太郎がいるしイッペイもいるし…」「三戸ちゃんがステップアップして戻ってくればチームにも刺激になるし…」って鷹揚に受け止めちゃっています。余裕のヨッちゃんですよ。まぁ油断はしない...今度こそ3連勝だぜ!

  • ボランチ新布陣!

    今シーズンが始まってからずっと、アルビレックスのボランチは高選手と島田選手が不動のコンビでした。「2人がいるからチームの舵取りは大丈夫だ」という安心感と、「何らかのアクシデントで2人のどちらかが欠けたらどうするんだ?」という不安が、ボクらサポーターの胸中にはずっと共存していました。ボクもこの「週アル」で、何度か「秋山!頑張れ!」と第3ボランチ(と勝手に呼んでいた)の秋山裕紀選手にエールを送った記憶があります。秋山選手もボランチのローテーションに名を連ね始め、「連戦でも高と島田に負担をかけすぎない」という課題は解決したかと喜んだのも束の間、この度のコロナクラスターが発生してしまいました。ボランチのポジションはどうなる?!ところが、このピンチに星雄次選手が躍動しました。今シーズンなかなかベンチ入りする機会が与えられ...ボランチ新布陣!

  • 弟たちの活躍に刺激を受けた兄ちゃんが2得点!

    「アウェイで勝てない」なんていうボクらの不安を払拭するような、3-0の勝利の勝利でした。U21代表選出のプライドを見せた三戸ちゃんの華麗な先制点に、弟たち(小見くん&三戸ちゃん)の活躍に刺激を受けた至恩兄ちゃんの2発。昨シーズンのアウェイ戦で0-4の惨敗を喫した水戸を相手に、わがアルビレックスは鮮やかな勝利をあげました。いやぁ~!ヨカッタ!仕事の疲れが吹っ飛びましたよ!(それにしても「三戸」と「水戸」の変換が紛らわしいなぁ!まったく!)先発メンバーはこんな感じ。珍しくほぼ「新潟日報の予想通り」でした。谷口小見涼太郎三戸高星堀米千葉史哉奏哉小島前節との違いは、CBの史哉だけでした。2列目の両ウィングは、前節に大活躍した19歳のコミトコンビです。前半は三戸の、いや水戸のプレッシャーに苦しむ展開でした。三戸ちゃんや海...弟たちの活躍に刺激を受けた兄ちゃんが2得点!

  • 水戸戦です!今日の松橋采配は?!

    今日は、来週の天皇杯を含む中3日・中2日のタイトな日程の5連戦の2戦目、アウェイでの水戸戦です。前節の上位決戦で横浜FCに完勝した勢いを緩めず、昨シーズンの0-4完敗のリベンジを果たしたいところです。今朝の新潟日報に掲載されていた先発予想はこんな感じでした。横浜FC戦のメンバーを基本に、ウィングは19歳のコミトコンビ、ボランチは高と星の1文字コンビ、史哉がCB、右SBには巧です。でもね。この先発予想メンバー、絶対にこの通りにはならないとボクは確信しています。だって今までだって、予想先発がその通りになったことってありませんからね。今シーズンの松橋采配は、新聞社やボクらの思考力の遙か上を行き、そのサプライズは確実に結果となって勝利に結びついています。ここ数試合の小見くんと三戸ちゃんの活躍、ボランチ星の躍動、途中出場...水戸戦です!今日の松橋采配は?!

  • 横浜FC戦あれこれ

    横浜FC戦での勝利の余韻に浸り幸せな週初めを過ごしておりましたが、中3日の過密スケジュールの中で、明日はもうアウェイ水戸戦です。本当にどんどんリーグ戦が進みますね。これからも幸せが続くといいな。昨日は月曜日だったので、テレビ各局のアルビ報道も楽しかったです。小見くんや三戸ちゃんのゴールシーンを何回見たことか。そんな中で「あの中村俊輔からボールを奪ったルーキー吉田陣平」っていうシーンを放送していたTeNYは、ちょっと異色で面白かったです。さて、横浜FC戦についてもう少し記録しておきたいことがあるので、お付き合いください。まずはゲーム前に行われた、舞行龍ジェームズ選手の「Jリーグ出場200試合」のセレモニーです。美人の奥さんと可愛い2人のお子さんから、花束贈呈が行われました。奥さんと舞行龍のキスシーンに、ちょっとス...横浜FC戦あれこれ

  • スタッツを見て驚いた!

    アルビサポの皆さんにおかれましては、横浜FC戦の勝利の余韻に浸り幸せな週末を過ごされたことと思います。ボクも仕事仲間に会えば「アルビよかったね」と、近所の爺ちゃんからは「アルビいかったねっか」と、行きつけのガソスタの店員さんにも「アルビ強いっすね」と声をかけられました。アルビの勝利は新潟県民みんなを幸せにしますなぁ…。ボクは日曜にも半日仕事だったので時間がなかなか取れない中でしたが、DAZNで試合を見返したり、「とことんアルビ」を見たり(「とこアルDX」も放送されましたね)して、勝利の感激と19歳のコミト(コミ+ミト)コンビの活躍に胸を躍らせました。何度見ても素晴らしいです!今回の横浜FC戦。ゲームを見終わった時にボクが抱いた印象というのは、スタジアムでの生観戦でも自宅のDAZNでゲームを見直した時も、「アルビ...スタッツを見て驚いた!

  • たまらんなぁ!19歳コンビの躍動で勝利!

    上位対決の横浜FC戦は、高卒2年目の19歳コンビ・小見くんと三戸ちゃんらの躍動で、3-0で勝利しました。「いやぁ~ホーム強いっすねぇ!」ホーム戦8連勝ですよ。選手のコロナ感染が逆に「新しいヒーローの誕生」に繋がり、「アルビの選手層の厚さ」を知らしめることとなりました。先発メンバーはほぼ新潟日報の予想通りでしたが、左ウィングには至恩ではなく、前節の途中交代で久しぶりにピッチに入り「いい動き」が見れた小見くんが入りました。ピッチに高卒2年目の19歳の同期、小見くんと三戸ちゃんが揃いました。これも初めてのことですよね。その小見くんが2ゴール1アシスト、三戸ちゃんも1ゴール1アシストと、全得点に絡んだ大活躍をするわけですから、またしても「松橋采配大当たり!」ってわけですよ。笑いが止まりません。谷口小見涼太郎三戸高星堀米...たまらんなぁ!19歳コンビの躍動で勝利!

  • 2位Vs3位の上位対決だ!勝つ!

    今日はホームで現在2位の横浜FCとの直接対決です。勝てば順位が入れ替わり、負ければ水をあけられる、なんとしても踏ん張りたい重要な一戦です。ホームのアドバンテージを存分に生かし、ボクらの熱い応援で勝ち点3を積み上げたいですね。今日は時節柄、運動会を行う小学校が多いのかな?子育て世代のサポーターやキッズサポーターは少ないかもしれません。現地に行けるサポーターが、行けない皆さんの分まで頑張りまっせ!今日の新潟日報では、「得意のホームで勢いを」という見出しで、三戸ちゃんをピックアップしてプレビュー記事を掲載していました。先発予想はこんな感じです。注目の2列目は「至恩・涼太郎・三戸ちゃん」のトリオ。ボランチは「ヤンと星くん」のコンビです。まだコロナ感染関係でピッチに立てない選手もいるんですね。前節に途中出場で躍動した小見...2位Vs3位の上位対決だ!勝つ!

  • 残念!そこは藤原奏哉だ!

    いよいよ明日はホームでの上直接対決、横浜FC戦です。その後のコロナ感染拡大のニュースは入ってきていないし、前節の小見ちゃんや陣平君の躍動ぶりを見たボク達は、「誰が出てもワクワクするアルビのサッカー」にすっかり魅了されています。もちろん、油断はしていないけどね。(町田に)負けてもこんな気分にさせてくれるんだから、松橋アルビのチーム育成力はすばらしいと思います。さて、明日の横浜FC戦に向けて、twitterでこんな画像が流れてきました。まず1枚目は、奏哉をモデルにした「残念、そこは藤原奏哉だ」の画像です。いやぁ~インパクトとユーモア抜群ですね。相手(横浜FC)選手に向かって表現しているこのキャッチコピー。「アルビの右サイドは難攻不落だよ~ん!」「そこには奏哉がいるから突破できないよ~!」「残念でしたね~!」って感じ...残念!そこは藤原奏哉だ!

  • こんなに貰えるんですか?

    前節の町田戦で黒星を喫したアルビレックスですが、小見ちゃんや陣平君など若手の躍動を目の当たりにしたボクらサポーターは、敗戦のショックよりも未来への期待の方が大きく上回って今週を心安らかに過ごしています。Jリーグの声出し応援が検討されたり(おいおい!選手のチャントもほとんどないぞ!)、天皇杯の熊本戦のチケット発売の日程が発表されたり(6月1日をうっかり忘れてましたー!)、谷口農園が開園したり(今年も楽しみにしてるよー!)、いろいろボクらをわくわくさせる話題もたくさんありますね。さて、そんな中で次節の上位決戦、ホーム横浜FC戦が近づいてきました。この戦いは絶対に負けられませんね。ボクらも気合いが入りまくりです。今週末の横浜FC戦は「亀田製菓サンクスデー」なんですね。はい。なんと来場者プレゼントとして、先着15000...こんなに貰えるんですか?

  • 監督の思い・選手の意識

    一昨日の16日(月)に、UXの夕方の情報番組「Jにいがた」の中の「ガッツリート」のコーナーの中で、前日の町田戦の結果を伝えた後に、「監督と選手に聞く!好調の原因は?」というアルビ特集を組んでいました。本当は町田に勝利した3連勝の状況でこの特集を放送したかったんでしょうけどね。町田に負けちゃって「敗戦の後で『好調の原因は?』ってどうなの?」って少し感じましたけど、これはまぁしょうがない。番組の中で松橋監督と堀米キャプテンのインタビュー映像が何回かに渡って流れたのですが、この内容がなかなかボクらの心に響くものでした。少しだけ内容を紹介しますね。まずは松橋監督のコメントから。●自分たちのスタイルができているときもあればそうじゃないときもある。●そういう中でしぶとく戦うことが今のポイントになっている。●(毎試合の選手起...監督の思い・選手の意識

  • 南部ディレクター(UX)地上波に登場!

    古い話で恐縮ですが、町田戦の前日の先週末14日(土)の話題にお付き合いください。UXの大西遙香アナのyoutube番組「はるかの気ままにアルビトーク」でお馴染みの南部ディレクターといえば、サッカー通のディレクターとしてボクらアルビサポーターにはには有名です。その南部さんがついにサッカー解説者(アルビ解説者?)として、地上波に登場しました。14日(土)の午前中に放送された、UX「まるどりっ!UP!」の番組内での特集「アルビの”気になる”を深掘り」のコーナーです。前節ヴェルディ戦を終えて首位に立った、アルビレックスの好調の理由をさまざまな角度から解説していました。その中でとても説得力のある数的データが提示されていましたので、紹介させてもらいます。まずは開幕からのリーグ戦順位の推移です。第4節では18位まで落ちました...南部ディレクター(UX)地上波に登場!

  • 転んでもタダでは起きない!

    コロナ感染者とその濃厚接触者がメンバー入りできない状況下で行われたアウェイ町田戦は、町田に2点のリードを許すも孝司さんのPKで1点差に追い上げ、さらに明日のアルビを担う若手メンバーが躍動して町田を追い詰めましたが、1-2で惜敗しました。結果として順位は3位に後退しましたが、「転んでもタダでは起きない」松橋アルビのしたたかさを感じたゲームでした。アルビの先発メンバーです。ボランチには、星が入りました。谷口イッペイ涼太郎三戸高星堀米千葉舞行龍奏哉小島さらにリザーブには、瀬口、史哉、巧、陣平、孝司、ゲデス、小見のメンバーです。プロ初ベンチ入りの陣平君。今季初ベンチ入りの瀬口、史哉。ケガから復帰の孝司さん。待ってたよ!小見ちゃん。おーっ!ワクワクするメンバーです。ゲームは序盤、アルビペースで進みました。まぁ「タラレバ」...転んでもタダでは起きない!

  • 誰が出ても驚かない!ただただ応援するのみ!

    アウェイ町田戦の当日となりました。心配なのは選手のコロナへの感染がどうなっているだろうか?ということです。昨日「モバアルZ」で公開されていた練習風景の映像を見ました。トレーニング用の青いゴムチューブをみんながふざけながら頭に巻いて、「運動会の青組だ!」みたいにはしゃいでいる映像です。「あっ!ヨシくんもいるし至恩もいる!」「ヤンも島田もいる!」「主力はみんなコロナ感染してないんだ!」…と少し安心したのですが、一緒に映像を見ていた女房があることに気がつきました。「至恩の髪型が違うわよ!」「至恩はヴェルディ戦の時に髪型が変わっていたの!」「この映像はヴェルディ戦の前の映像よ!」なんとまぁ!そうだったのですか!今朝の新潟日報のスポーツ欄の記事です。チームのコロナ感染についても、記載されていました。「選手のコロナ感染者は...誰が出ても驚かない!ただただ応援するのみ!

  • 明日は町田戦!死闘を制せ!

    明日はアウェイで第16節の町田戦です。「8戦負けなし」で順位もリーグトップに躍り出たわれらアルビレックスと、「8戦勝ちなし」で10位まで順位を落とした町田ゼルビア。「勢いはわれらにあり!」って言いたいところだけど、ここにきてまさかの「トップチーム選手4名がコロナ感染」のニュースです。その後の感染拡大のニュースは聞こえてきていないけど、明日の先発やリザーブのメンバーを見て、ボクらがアッと驚く可能性ももちろん否めません。それにアウェイ町田戦といえば、昨シーズンの14節にそこまで絶好調だったアルビが初黒星をつけられたゲームでしたよね。確か次の京都戦にも連敗し、アルビの勢いがだんだんなくなっていくきっかけとなったゲームのでした。そして12月の最終節のホーム戦でも、町田には2-0と完敗。町田は「昨シーズンのアルビがもっと...明日は町田戦!死闘を制せ!

  • 苦難を乗り越えよう!

    一昨日の「トップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性診断」に続いて、昨日は「トップチーム選手3名が新型ウイルス感染症の陽性診断」というニュースがボクらに届きました。東京ヴェルディ戦で劇的な勝利をあげ、魔の5連戦を4勝1分という最高に近い形で結果を出したアルビレックス。仙台や横浜FCと勝ち点で並んでいるとはいえ、今季初のリーグ首位に躍り出て勢いに乗ってきたこのタイミングで、まさかのチーム内でのクラスター発生です。一昨年の「選手の飲酒運転事件」やそれに伴う「不祥事隠蔽」「社長とGMの辞任」、今年の「沖縄キャンプでのコロナクラスターの発生」など、これまでアルビが経験してきた苦難の日々を思い出し、「あぁ~またかよ!」って思いもボクの胸を過ぎります。チームもコロナ対策には最大の努力をしていたんでしょうけどね。チームの...苦難を乗り越えよう!

  • 5連戦の先発メンバーを整理してみた!

    【⑪H:長崎戦】○2-1(高木、奏哉)谷口イッペイ高木三戸島田高堀米千葉舞行龍奏哉小島【⑫H:岩手戦】○2-0(三戸、詠太郎)ゲデス至恩涼太郎詠太郎島田高泰基田上舞行龍奏哉小島【⑬A:琉球】△1-1(高木)谷口イッペイ高木詠太郎秋山高堀米千葉舞行龍巧小島【⑭H:金沢】○1-0(涼太郎)谷口イッペイ涼太郎三戸島田秋山堀米千葉田上奏哉小島【⑮H:東京】○4-3(高木、詠太郎、舞行龍、矢村)谷口三戸高木詠太郎島田秋山堀米田上舞行龍奏哉小島まぁこうしてみると、5連戦では1度も「同じ先発メンバー」はありませんでした。5連戦どころか、もしかしたら今シーズンが始まって15試合、同じスターティングメンバーのゲームは1度たりともなかったんじゃないかな?ここの選手別に見ても、5連戦の全試合に先発しているのはGKの小島のみ。各ポジシ...5連戦の先発メンバーを整理してみた!

  • PC不調!

    いつも「週アル」を更新に使っている自宅のPCが不調です。何度再起動をかけても、なかなか復活してくれません。アルビが絶好調なこの時期に残念なのですが、ちょっと更新をお休みします。悪しからず。PC不調!

  • 肉肉まつり

    東京ヴェルディ戦は「肉肉(にくにく)まつり」ということで、Eゲート前広場やスタジアム内のブースでは、いろいろなお店の肉料理が提供されました。Eゲート前広場では肉を焼く香ばしい香りが溢れ、ボクらの食欲をそそりましたね。「高嶋ファーム」さんや「VOVOCURRY」さんのブース前には、順番を待つお客さんの長蛇の列ができていました。ボクらも「せっかくだから『肉肉まつり』に参加しよう」ということで、目を付けたのがこちらのお店です。選手も日々利用している「オレンジカフェ」のブースです。アルビのパートナー企業でもある「日精サービス株式会社」の提供です。メニューを見ると「漆黒ステーキカレー」とか「フェジョン」とか美味しそうなメニューが並んでいます。テントの奥では一生懸命に肉を焼くスタッフさんがいて、ここでもいい香りが漂っていま...肉肉まつり

  • DAZNでは放送しなかったシーンをTeNYが見せてくれた!

    まずは順位表をご覧いただきましょう!ジャジャーン!はい。勝ち点数では仙台や横浜FCと並んでおりますが、新潟が堂々の首位。もちろんこのまま最終節まで突っ走るなんて微塵も思っておりませんし、今の時点で順位に一喜一憂することなどナンセンスだということもわかっております。だけどやっぱり嬉しいこの順位表です。今は素直に喜ばせてくださいね。今回、この順位表にちょっと改良を加えまして、チーム名の脇に順位の変動を表す矢印を付けてみました。いかがでしょう?さて、せっかくアルビが勝ったのに新聞が休刊日だった昨日の月曜日。テレビ各局は夕刻のニュースで「アルビの劇的勝利」を大々的に報じてくれました。その各局のアルビ報道の中から、今日はTeNYとNSTを紹介したいと思います。前半に3点リードするも、後半あっと言う間に同点に追いつかれた一...DAZNでは放送しなかったシーンをTeNYが見せてくれた!

  • ヤムケンの劇的ゴールでリーグ首位!

    昨日の東京ヴェルディ戦は、興奮と不安と歓喜とボクらサポーターの気持ちも目まぐるしく変わる、まるでジェットコースターに乗っているかのようなゲームでした。なんかもう3試合分くらいの気持ちのアップダウンを経験したような、まさに手に汗を握るゲーム。前半に3点を先取するも後半に3失点して追いつかれ、最後に途中交代で入ったヤムケンが劇的ゴールを決めて、4-3でベルディを下しました。リーグ戦首位を走っていた横浜FCが連敗したため、勝ち点で並んだアルビレックスが得失点差で首位に躍り出ました。先発メンバーはこんな感じです。前節から3人が入れ替わりました。新潟日報の先発予想だった至恩とヤンは、ベンチスタートでした。谷口三戸善朗詠太郎島田秋山堀米田上舞行龍奏哉小島試合は前半、アルビペースで進みます。多彩な攻撃で次々にヴェルディのゴー...ヤムケンの劇的ゴールでリーグ首位!

  • 至恩復活か?!今日はヴェルディ戦!

    今日はJ2リーグ第15節、ホームに東京ヴェルディを迎え撃ちます。GWを挟む魔の5連戦も最終の5戦目です。アルビレックスは「ホーム戦が多い」というアドバンテージを生かして、ここまでの4戦を3勝1分といい感じでここまで戦い抜いてきました。今季はホームで負けなしの6連勝、直近7試合は負けなし、順位も2位に浮上と、このところ結果をしっかり出しているアルビ。今日もしっかりホームで勝ち点3をゲットしたいところです。首位の横浜FCの今日の結果次第では、首位の座に就くことも可能です。はい。今朝の新潟日報のスポーツ欄の記事です。高木選手を取り上げ「攻撃けん引連係に自信」という見出しで、チーム全体の好調ぶりをけん引する高木選手のコメントを掲載していました。「浮き足立っていない。出た選手がしっかりとプレーできている。」「(日ごろから...至恩復活か?!今日はヴェルディ戦!

  • 金沢戦あれこれ!

    明日はもうヴェルディ戦ですが、もう少し金沢戦のことについて、あれこれ書き綴りたいと思います。思いつくままに羅列するので、話があっちこっちに飛ぶことをご容赦くださいね。●今回のゲームで島田選手とボランチのコンビを組んだのは、秋山裕紀選手でした。至恩らと同期の高卒ルーキーの中では、入団の年にもっとも活躍した秋山選手ですが、その後はなかなか出番が与えられず、レンタル移籍も複数回経験して今シーズンを迎えました。強い気持ちをもって今シーズンに臨んでいるはずですが、前節の琉球戦では先発出場を果たすも前半終了時に交代を告げられ、悔しい思いをしたことでしょう。その秋山が金沢戦では今季初の90分間フル出場を果たしました。これはチームにとっても大きいし、秋山本人にとっても大きな自信になったことでしょうね。ボクらサポーターにとっても...金沢戦あれこれ!

  • 孫たちと初観戦!記念すべき金沢戦の勝利!

    ボクら夫婦には子どもが2人おります。上の子は男の子(と言ってももう40近いおっさんですが)で、結婚して埼玉に在住しています。彼については「週アル」でも、ここやここで記事にしています。下は娘で、大学卒業後に地元に戻って就職し、地元で結婚しました。彼女についてもここやここやここやここなどでブログのネタにさせてもらいました。あら、懐かしい。この2人の子どもたちはそれぞれ結婚して子どもがいまして、ボクら夫婦にとっては目の中に入れても痛くない「可愛い孫たち」であります。ここ数年のボクら夫婦にとって「孫を連れてビッグスワンデビューする」というのは、アルビサポーターとしてなんとしてもなし遂げたい「夢」の1つでした。そんなこと簡単に実現できると思っていたのですが、ここ数年のコロナ禍でそれがかなわなかったのです。まぁこんな感じで...孫たちと初観戦!記念すべき金沢戦の勝利!

  • 最高のGWだ!ホーム6連勝!

    ヤンツーが率いるツエーゲン金沢をビッグスワンに迎えた昨日のゲームは、前半に涼太郎があげた1点を守り切り、1-0でアルビレックスが勝利しました。これでホーム6連勝!首位・横浜FCとの勝ち点差はわずかに「3」。順位も2位に浮上しました。最高のお天気の中で、最高のGWの1日となりました。アルビの先発メンバーです。谷口イッペイ涼太郎三戸島田秋山堀米千葉田上藤原小島5連戦の4戦目という厳しい日程の中で、選手のケガや疲労も考慮しての総力戦。トップ下は涼太郎が、右ウィングには三戸が、ボランチには秋山が先発です。至恩とヤンの名はリザーブメンバーにもありませんでした。今朝の新潟日報の記事によると、2人はケガのようですね。長引かなければいいんだけど。ゲームはアルビペースで進みます。ボールを保持し、パスを回し、ゲームの主導権を握って...最高のGWだ!ホーム6連勝!

  • さぁ!今日は金沢戦!

    いよいよ金沢戦の当日になりました。魔の5連戦の4戦目ってことで、どのチームも疲れが溜まってきているのは間違いのないところですが、そこはホームのアドバンテージがあるアルビ。ビッグスワンをサポーターの笑顔でいっぱいにしたいところです。今朝の新潟日報には「セットプレーを重要視」という見出しと、田上選手の写真が掲載されていました。6節の群馬戦以来の「田上の一発」が出るか?大いに期待したいと思います。日報の先発予想はこんな感じでした。注目の2列目は、イッペイ、ヨシくん、涼太郎の3人です。前節ベンチ入りもしなかった至恩はどうしたのかな?今日のホーム金沢戦に向けて温存していたわけではなかったのでしょうかね?ケガじゃないといいけどな…と少し心配です。まぁ詠太郎も三戸ちゃんもいるから、ケガならしっかり治してほしいと思います。ボラ...さぁ!今日は金沢戦!

  • 明日はみんなが幸せな気分になるといいなぁ…

    GW真っ只中の明日5月4日、ホーム・デンカビッグスワンスタジアムで行われるツエーゲン金沢戦は、県内各地から親子連れや家族連れが大勢集まり、「休日のファミリーの過ごし方としてのサッカー観戦」を楽しむことになると思います。お天気もいいし、絶好のサッカー観戦日和になりそうですね。楽しそうなイベントもたくさん実施されるようですよ。県内ではテレビCMも頻繁に流れています。実はわが八百政家でも、明日の金沢戦は家族の歴史に残るイベントになる予定です。そうなんです。長い間のコロナ禍で実現できなかった「孫とのアルビ観戦」が、ついに実現しそうなのです。明日はどんな動きで孫を楽しませようかなぁ…と、いろいろ作戦を立てております。まずは、初来場の缶バッチプレゼントをいただいて、縁日まつりも楽しめるかな?まだ3歳だけど、大丈夫かな?「錦...明日はみんなが幸せな気分になるといいなぁ…

  • 魔境J2!超おもしろい!

    一昨日に琉球と引き分けて暫定2位に順位を上げたアルビレックスですが、気になるのは横浜FCや仙台などの現在上位争いをする試合結果です。「横浜と仙台が揃ってコケないかなぁ…」などと他力本願な期待を抱きながら、家の中でいろんな雑事をしながらDAZNを見たりチャンネルを変えたりしておりました(昨日は雨だったしね)。J2首位を突っ走る横浜FCが今節対戦したのは、前節大宮に大逆転負けを喰らった群馬でした。2-0から3点取られて負けたショックを引きずっているんじゃないかなぁ…?やっぱり勢いのある横浜に部があるんだろうなぁ…と思っていたのですが、案の定前半を終わって横浜FCが3点のリードです。「あちゃ~!群馬は立ち直れないんじゃないの?」なんて心配していたら、なんと後半に3得点して追いつきましたよ。しかも元アルビの平松宗が2得...魔境J2!超おもしろい!

ブログリーダー」を活用して、八百政さんをフォローしませんか?

ハンドル名
八百政さん
ブログタイトル
週末はアルビレックス!
フォロー
週末はアルビレックス!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用