searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

八百政さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
週末はアルビレックス!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/oyamint2000
ブログ紹介文
サッカーど素人ながらアルビレックス新潟にはまりこんだ「八百政」家のアルビレックスな週末。(コメント表
更新頻度(1年)

367回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/05/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、八百政さんをフォローしませんか?

ハンドル名
八百政さん
ブログタイトル
週末はアルビレックス!
更新頻度
367回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
週末はアルビレックス!

八百政さんの新着記事

1件〜30件

  • あっちもこっちも「堀米ゆうと」だ!

    やっぱりオリンピックは面白いですね。いろんなチャンネルでいろんな種目の名勝負をライブで楽しめるなんて、スポーツ観戦好きにとってはたまらない状況です。まだオリンピックの開催についていろいろ言っている人たちもいるけど、もう始まっちゃっているんだから心から一流のプレーを楽しみ、選手の皆さんを応援したいなと、ボクは思っています。昨日は、ソフトボール日本チームのカナダ戦のサヨナラ勝利、お見事でした。ベテラン上野と20歳の後藤の両ピッチャーの完封劇、見応えがありましたね。後藤の連続三振、すごかった!柔道の阿部兄妹の金メダルも感動的でした!詩ちゃんの天真爛漫な笑顔、一二三くんの誠実で真摯な金メダルコメント、ともに好感度抜群です。ところで、ヨシくんって阿部兄妹に似てません?男子サッカーは強豪メキシコに勝利。これも手に汗握る戦い...あっちもこっちも「堀米ゆうと」だ!

  • 2つ並んで「挑戦」なのだ!

    ちょっと古い話で恐縮ですが、リーグ戦の後半に向けてアルビレックスのポスターデザインが発表になりました。「吠える!軍神アルベルト!」って感じの、迫力あるポスター。なんと言ってもアルベルト監督の鬼気迫る表情が、ボクらの心を奮い立たせます。「戦」という大きな文字も前に発表された甲冑を身に纏ったアルベルト監督の姿と被り、「もっとPOWERを!!!」という言葉はボクらサポーターの心を鼓舞します。身が引き締まりますね。このポスターのデザインを「待ち受け画面や壁紙にどうぞ」ってことで、7月21日にスマホやパソコン用にダウンロードのサービスが始まりました。ボクのスマホの待ち受けは2人の孫の写真と決まっている(笑)ので、パソコンの壁紙用にダウンロードしたんですよ。そうしたら、なんとまぁ!前半戦のポスターのと半分ずつ合わさって、大...2つ並んで「挑戦」なのだ!

  • ばくよろ応援タオル!

    いやぁ~アルビレックスの商品開発部はすごいですね。本日(24日)発売受付開始(期間限定予約販売)の「ばくよろ応援タオル」。ぶっ飛びましたよ。クラブ公式アカウントとは思えない自由奔放さで、ボクらサポーターに勝利を告げてきた「ばくよろLINE」。その中から選りすぐりのテキストを応援タオルにデザインした「ばくよろ応援タオル」です。こりゃぁJリーグの歴史に残る快挙だと、ボクは思います。・選手会長&インスタグラマーよしくん・歯白満月歩行男(KAITOMOONWALKER)・新潟のエースで孫。最近ちょっとお兄ちゃん(至恩)・IPS(イケテル・パーマネント・ストライカー)KING・KEN・チバ!85年産DF・南蛮エビぷりぷりゴール(三戸)いやもう、笑うしかないよね。ちなみに、三戸ちゃんの「南蛮エビぷりぷりゴール」ってフレーズ...ばくよろ応援タオル!

  • 充実の「モバアルZ」にボクは感動した!

    リーグ戦は3週間の中断期間に突入し、次のゲーム8月4日(水)の天皇杯セレッソ戦までにはまだ若干の期間があるため、選手の皆さんは束の間のオフのようですね。さっきオフィシャルHPで確認したら、7月26日までオフとありました。そして27日の星雄次選手のバースデーから練習再開です。しっかり休んで心身の調子を整え、中断明けの快進撃を実現させてほしいと思います。さて、そんな中断期間にもかかわらず、アルビレックス広報部の皆さんは、連日「モバアルZ」を更新し、ボクらサポーターを楽しませてくれています。ここ数日間の内容の充実ぶりは、本当に素晴らしいですよ。中には感動的な内容も多く、わが家ではボクも女房もすっかり夢中になっています。「モバアルZ」は有料コンテンツなので詳しい内容はここでは紹介できませんが、そのさわりだけちょこっと紹...充実の「モバアルZ」にボクは感動した!

  • アルビが縁で「芳醇旨口」誕生!

    7月20日(火)の新潟日報「おとなプラス」に、新潟市西蒲区の「峰乃白梅酒造」の記事が3ページにわたり特集されていました。これは「おとなプラス」の人気連載「にいがた酒紀行」の34回目の特集記事です。この「峰乃白梅酒造」、かつては「福井酒造」という名称だったそうですが、T社長曰く「あまり特徴のない酒」だったのだそうです。4年前に酒問屋を定年退職して製造の世界に初めて入ったT社長の最初の仕事は、杜氏を探すことでした。しかし、会社員時代のつてを頼って探してみたものの適任者は見つからず、ハローワークの求人を出してみたところ「とんでもない人」が応募してきたのだそうです。その「とんでもない人」である杜氏のI氏(48歳)が作った酒が、峰乃白梅を淡麗辛口から芳醇旨口へと変え、蔵は新たな出発をすることになります。そして峰乃白梅酒造...アルビが縁で「芳醇旨口」誕生!

  • 2年連続で「毎日更新」を達成!

    弊ブログ「週末はアルビレックス!」の記念日はいつか?って問われたら、第1回目の記事がアップされたのが2006年1月9日ですから、「記念日は1月9日」ってことになります。「『週アル』生誕記念日」ですね。もう開設から15年半ですよ。われながらよくやっていますよね。ところが今日7月21日も、「週アル」にとって大切な記念日なんですよ。これはごく近年から始まった記念日なんですけどね。実は7月21日は「『週アル』連続更新記念日」なんですよ。話は2年前の2019年7月に遡ります。あら、懐かしい。貴章がまだアルビで活躍していた頃ですね。この2019年7月の「週アル」のカレンダーの部分をご覧ください。アップにするとこうなります。はい。このgooブログのカレンダーって、記事を更新された日付の所にアンダーラインが付いて太字になるです...2年連続で「毎日更新」を達成!

  • まさか!16時前の新潟一番(TeNY)でアルビ特集!

    昨日(19日)は月曜日だったので、ボクは夕刻の民放4局のアルビ報道をしっかりチェックいたしました(NHKはオリンピック絡みで新潟版の放送なし)。先週ダントツの内容充実だったBSN「スポなびっ」が、まさかの試合映像なし。他局もドローゲームってことで、あんまり熱のこもった報道ではなかった印象でした。まぁその中では、NSTの桶屋アナとノザが頑張っていたかな…と。しかし、そんなボクの評価が大きく間違っていたことが、その数時間後に判明します。なんとTeNYの「新潟一番」で、16時前後の時間帯にサッカーパーソナリティーの立石勇生さんが生出演し、11分間の熱いアルビトークを展開していたんですよ。アルビサポの皆さん!知っていました?TeNYの重鎮・堀敏彦アナ(かつて萩本欽一に弟子入りしていた長岡市出身のベテランアナ)と、女子ア...まさか!16時前の新潟一番(TeNY)でアルビ特集!

  • ますます面白くなってきた!混沌のJ2リーグ!

    昨日のゲームで、琉球は大宮と引き分けました。その結果、23節の終了時点(リーグ戦中断時)におけるアルビの順位は3位と決定しました。1位・京都と2位・磐田との勝ち点差3の3位ですから、上等じゃありませんか。1回の勝利で追いつくことができる可能性のある勝ち点差で、きっちりと首位グループについていきたいですね。しかしまぁ首位の磐田が敗れ、2~4位の京都・新潟・琉球が引き分けと、上位陣が足踏みをした今節ですが、その間に5~8位グループが着実に勝ち点を積み上げ、肉薄してきました。現時点での順位表はこんな感じです。3位の新潟から勝ち点差1ずつの刻みで、4位・琉球、5位・甲府、6位・山形、7位・町田、8位・長崎と続きます。いやぁ~、J2リーグは混沌としてきましたね。J1昇格争いは熾烈な戦いになりそうです。ますます面白い!ます...ますます面白くなってきた!混沌のJ2リーグ!

  • システム変更とイエロー8枚!

    京都戦は死闘の末、1-1のドローゲームとなりました。いやぁ~見応えのあるゲームでしたね。一瞬たりとも気を抜けない、サッカーの面白さを十分満喫できた好ゲームだったと思います。前半は京都ペースでしたね。新潟は京都のハイプレスに苦しみ、しばしばボールを奪われゴールに迫られました。小島のファインセーブもありましたね。34分にカウンターを受け、元アルビ戦士の荻原に豪快な一発を決められます。新潟時代は魅力的なプレーをしながらも、ゴールもアシストも記録できなかったオギが、嬉しいプロ初ゴールを古巣相手にやってのけました。ゲーム後には泣きながらアルビサポの所に挨拶に来たオギ、DAZNの監督インタビュー中にアルベルト監督と熱い抱擁を交わしたオギ、感動的なシーンでしたね。おめでとうございました。あのゴールはホント、おみごとでした。ア...システム変更とイエロー8枚!

  • 本当は今ごろ京都に向かっているはずだったのに…

    今日はアウェイで京都戦です。1月に今シーズンの日程が発表された時、「今年の重点アウェイ観戦地は京都だ!」と心に決め、「いくらなんでもその頃にはコロナも落ち着くだろう」「月曜も休みを取って2泊3日で京都観光だ!」とホテルも予約していたんですよ。新しい京都のスタジアムも、絶対に行ってみたかったしね。「京都の谷内田哲平(長岡市出身)の成長した姿も見たいよな…」って気持ちもありました。今現在、新潟在住のアルビサポがアウェイ京都戦に参戦するのが、ルール違反でないことは百も承知しています。ですから、京都に向かっているアルビサポの皆さんを非難する気など微塵もないし、むしろ「ボクらの分まで頑張って選手とともに闘ってほしい」と、お願いしたい気持ちでいっぱいです。ただ自分たちのことを考えた時に、まだコロナワクチンの接種も終わってい...本当は今ごろ京都に向かっているはずだったのに…

  • アルビと対戦したチームは調子を崩す??

    前節の栃木戦の後、twitterで興味深いデータを見つけました。スタジアムMCでお馴染みのNAMARAの森下さんがツイートしていた記事なんですけどね。「アルビと対戦したチームは調子を落とす(リーグ戦上位チーム限定)」というデータです。例えば現在8位のV・長崎は第2節でアルビと対戦し0-1で敗れていますが、その直後の2試合の結果は、3節で愛媛と引き分け、4節で琉球に敗れています。つまりアルビと対戦した直後の2試合の結果は「△●」で、勝利をあげることができていません。同様のことを2位の京都から8位の長崎まで整理した結果が、以下のようになります。あっ、ちなみにアルビ戦の(○●△)は、相手チーム側から見た勝敗ですのでね。2位:京都(アルビ戦15節○)→△△4位:琉球(アルビ戦16節●)→△●5位:甲府(アルビ戦17節△...アルビと対戦したチームは調子を崩す??

  • 史哉は病気と闘う人たちの希望の星☆

    先日、深夜に何げなくテレビを見ていたら、史哉の姿が目に留まりました。「あれ?こんな時間にアルビのCM?」って思ったら、日本骨髄バンクが作成した登録お願いのコマーシャル映像でした。映像には病魔と闘っている最中の病床の史哉の姿も使われており、「あぁよく復活してくれたよなぁ」「すばらしいなぁ」「たいしたものだなぁ」「アルビのサポーターとして誇らしいなぁ」と、史哉復活のドラマを再認識いたしました。早川史哉と池江璃花子。この2人のアスリートがJリーグとオリンピックという夢の舞台でそれぞれ活躍することは、国民全体に「諦めない心」や「不撓不屈」の精神を教え、今まさに白血病の病魔と闘っている患者の皆さんや家族に、大きな夢と希望を与えてくれています。本当に素晴らしい。ボク自身は20年間骨髄バンクに登録し、7年前に年齢制限のために...史哉は病気と闘う人たちの希望の星☆

  • 栃木戦余話…

    栃木戦での勝利の余韻に浸りつつ、週の真ん中の水曜日を迎えました。月曜日が新聞休刊日だったということもあり、一昨日(月曜)夕刻のテレビや昨日(火曜日)朝刊でアルビの勝利を知った同僚もおり、「アルビよかったね」「今週は八百政さんに仕事を頼んでも絶対イヤとは言わないよね」などと声をかけられました。みんながアルビに興味をもっていてくれて、嬉しいですよね。さて、今さらですが3-0で勝利した日曜日の栃木戦について、ゲーム以外の部分(余話)の記録を残しておこうと思います。【その1】栃木戦は「サッポロビール風味爽快ニシテ・新潟感謝デー」ってことで、いろいろなセレモニーやイベントが行われました。試合前にはサッポロビールの偉いさんもいらっしゃり、チアの皆さんを後ろに従えてご挨拶がありました。「風味爽快ニシテ」のプレゼントもあったみ...栃木戦余話…

  • 充実のBSN「スポなびっ」!

    勝利したゲーム後の月曜日は楽しみです。だって月曜は、テレビ各局が夕方の情報番組でアルビ情報を放送しますからね。「NHKのマンデーアルビレックスは?」「UXのガッツリートは?」「NSTのジョイスポは?」って、各局の番組をハシゴして視聴するのが勝ったときのわが家の習慣です。で、昨日(12日)も遅い夕食を食べながら、録画した映像をたっぷりと楽しませていただきました。まぁ、今回はBSNの「スポなびっ!」の報道がダントツでしたね。女剣士の大塩アナ、ちょっと噛みましたが大奮闘でした。13分間のアルビ大特集ですよ。まずは栃木戦の3-0勝利をしっかり報道。ヨシくんの華麗な2ゴール、谷口の強烈キャノン砲のゴールシーンをしっかり見せてくれました。上の画像は、ヨシくんの2点目の後のアルビのエンブレムにキスする様子です。こりゃぁ痺れま...充実のBSN「スポなびっ」!

  • やっているサッカーが違う!栃木に3-0で勝利!

    栃木戦は3-0の完封勝利でした。はっきり言って「栃木とはこんなにもやっているサッカーが違うのか!」ってボクらが唸ってしまうような、レベルの違いを見せつけた見事な勝利でした。あっいや、けっして栃木のサッカーを卑下しているってわけではないんですよ。かつてはボクらもああいうサッカーに胸を躍らせていた時代があったわけなので、リスペクトはしています。だけど「戦術・矢野貴章」とばかり縦にボールを蹴り込み、「あとは野となれ山となれ」って感じの栃木に対し、細かくパスを繋ぎながら相手のスペースを見つけ、美しく攻撃を展開していくアルビレックスのサッカーに、なんとも言えない誇らしさを感じた90分間でした。そして、ついにこの男が先発メンバーに名を連ねましたよ。魔術師・福田が。相手のボールを刈り取り、ノールックでスルーパスを出して味方の...やっているサッカーが違う!栃木に3-0で勝利!

  • 得点が見たい!勝利が見たい!栃木戦!

    今日はホームで栃木戦、いよいよリーグ戦の後半が始まります。アウェイでの戦いは2-2のドローゲーム。確か昨シーズンも栃木とは2試合ドローだったんじゃないかな?今日はなんとしても元アルビの貴章や柳を抑えて、勝ち点3をゲットしたいところです。新潟日報の予想先発メンバーはこちら。前節の磐田戦で途中出場し、後半の怒濤の反撃の立役者となった谷口とロメロが先発予想です。泥臭いロメロのゴールが見たいですね。そしてついに、魔術師・福田が先発しそうです。福田から谷口へのキラーパスで得点!なんてシーンが見れたら最高だな。もちろん先制し、複数得点で勝利しましょう!それにしてもアルベルト監督ったら、いろんなところで「審判の判定によって失点する可能性」とか「フットボールは破壊し合う戦争ではなく創造Vs創造の戦いだ」とかって、審判の誤審を牽...得点が見たい!勝利が見たい!栃木戦!

  • ゴッド・ファーザー「愛のテーマ」

    UXの大西遙香アナが司会を務める、youtubeでお馴染みの「はるかの気ままにアルビトーク」が、昨日(9日)の深夜についに地上波に登場しました。ゲストは千葉ちゃんとキャプテン・ゴメス。台本のないyoutube的な番組制作で(もちろん編集はしているでしょうけど)、とても楽しい30分間でした。出演した千葉ちゃんとゴメスの言葉の中から、印象的なフレーズやキーワードを紹介しますね。得点を決めているので、CKの時には肩で風切って歩いて行く。(千葉)前半戦は上々の滑り出しだと思う。(千葉)(前半戦は)悲観する戦いではない。(ゴメス)前半戦で印象的だったのは入団会見。決まった!(千葉)大宮戦の逆転勝利が印象的。今年は違う!(ゴメス)きれいに点を取ろうとしすぎていた。(千葉)ビルドアップには絶対的な自信がある。(ゴメス)CBの...ゴッド・ファーザー「愛のテーマ」

  • ”谷口海斗”物語

    明後日の栃木戦に向けて、「ラランジャ・アズールVol.54」が届きました。表紙はドーンとこの人。われらの谷ヤン、谷口海斗選手です。爽やかな笑顔、輝く白い歯がステキですね。ページを開くとこれまた「”谷口海斗”物語」って感じで、5ページの「谷ヤン大特集」です。インタビューの中で、「自分が決めたゴールで、みんなが喜んでくれる。もっと喜んでもらうために、結果を出したい」と語る谷口選手。ホント、苦労人で「いい人」みたいです。「去年までは味方が蹴ったボールに反応していたが、新潟に来てから、動いた人にパスを出すという違いに最初は戸惑った」という谷口選手の言葉に、アルベルト監督の下でアルビレックスが行っているサッカーの姿を改めて感じました。高校時代(四日市中央工業)はBチームのボランチだった谷口選手は、岐阜経済大に進学してセン...”谷口海斗”物語

  • 前半勝てなかったチームに絶対に勝つ!

    ちょうど折り返し点のリーグ戦ですが、アルビレックスの現時点での成績は12勝5分4敗です。アルビが敗戦を喫したのは、町田(1-2)、京都(0-1)、岡山(0-1)、磐田(2-3)の4チーム。いずれも1点差での惜敗です。4試合で3得点7失点ね。引き分けだったのは、相模原(2-2)、栃木(2-2)、松本(0-0)、甲府(2-2)、水戸(0-0)の5チームでした。5試合で6得点6失点です。これから後半戦を戦い抜き、アルビが昇格争いに絡んでいくためには、前半戦に勝ち点3をあげることができなかったこれら9チームから、なんとしても勝利をつかみ取ることが重要です。後半戦の対戦カードから、この9チームとの戦いを抜き出してみました。【7月】11日(日):栃木H17日(土):京都A【8月】22日(日):相模原H28日(土):水戸A【...前半勝てなかったチームに絶対に勝つ!

  • レディースのユニデザインは違うのね?

    今朝の新潟日報に、9月に開幕するサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に参戦する、アルビレックス新潟レディースの新ユニフォームが写真入りで紹介されていました。今までのレディースのユニフォームって、男子のトップチームと同じデザインのものを使用していましたが、レディース独自のデザインに変わったんですね。記事によると、信濃川、日本海、萬代橋をイメージしたデザインだそうです。なかなか斬新でいいじゃないですか。オレンジと青を基調とするのは今までと変わりませんが、レディーズの独自性を表現したこのデザイン、なかなかいいと思います。ちなみにユニフォームスポンサーである、亀田製菓、新潟日報、NSGの3社のロゴが胸と背面に付いています。このWEリーグ、9月開幕ってことで「もしや?」と思いましたが、やっぱりそうでした。「9月開幕・5月...レディースのユニデザインは違うのね?

  • ヨシくん!漢字は正しく覚えよう!

    7月になって、寝室の壁掛けカレンダーが新しい写真に変わりました。左下のロメロの咆哮、いい写真です。ですがやっぱり、シルビーニョやマウロや新井や荻原やチョン・テセ(あと、ちょっとだけ新太の背中も)らすでに退団した選手の姿に、「違和感があるよなぁ…」という気持ちは否めないところです。その点、キッチンのテーブルの上に置かれた「日めくりカレンダー:毎日アルビ」はいいですね。だって今いる選手、一緒に闘っている選手ばかりですもの。この日めくりカレンダー、買って正解でした。今日は6日だから、この人です。はい。背番号6番、笑顔がさわやかな秋山裕紀選手です。ますます激しいボランチのレギュラーの座争いだけど、君の力は絶対にチームに必要だ!がんばれ!さて、この「アルビ日めくりカレンダー」ですが、磐田戦がおこなれた7月3日(土)に、わ...ヨシくん!漢字は正しく覚えよう!

  • アルベルト監督のコメントに少しヒヤヒヤしている…

    最近のアルビはなかなか「快勝」とはいかないゲームが続いてるわけですが、DAZNの試合後の両チームの監督インタビューで、「アルベルト監督がどんなことを言うか」を、少しヒヤヒヤしながら心配して見守る自分がいます。このところアルベルト監督は、「審判に対する批判的なコメント」が頻繁にありますからね。一昨日の磐田戦後のインタビューでも、「磐田の1点目は明らかにオフサイド」さらに「後半開始早々のロメロに対する磐田の守備はファウルで明らかにPKである」と明言し、しかも「昨年のアウェイ磐田戦(※)でもそうだった」「私たちはあらゆる障壁と戦わなければならない」と述べ、「審判も障壁の一つ」とばかり判定に対する不満を口にしていました。※昨年の磐田戦については、この日刊スポーツの記事も参照してください。「え~そんなこと言っちゃっていい...アルベルト監督のコメントに少しヒヤヒヤしている…

  • 前半まさかの3失点!あれよあれよと4位転落!

    磐田戦、負けました。完敗です。キックオフ早々に失点し、警戒すべきルキアンをどフリーにして追加点を奪われ、さらにフリーキックのこぼれ球を決められ3失点。あちゃ~!思わず天を仰ぎました。1試合3失点って今季初ですよ。首位攻防のしのぎを削るべき戦いが、まさかまさかの3点を追いかける展開に。どうしたアルビ?それでも後半はよく頑張りました。ロメロがPKを決め、途中交代でピッチに入った谷口が意地の一発を決め、1点差まで追いつきました。しかし、あと1点届かず。磐田には勝ち点差を6まで広げられました。2位の京都は敗れましたが、琉球が勝ち点3を積み上げたので、琉球に抜かれてアルビは4位転落です。でもまぁ、魔術師・福田がピッチに戻ってきましたし、ロメロの復活で前線でボールが収まるようになりました。アルビに「光」は、間違いなくありま...前半まさかの3失点!あれよあれよと4位転落!

  • エコパスタジアムは警戒レベル4!

    ジュビロ磐田との決戦の当日になりました。ところが、関東・東海地方は大雨で大変な模様です。試合が行われるエコパスタジアムのある静岡県袋井市は、なんと警戒レベル4だそうです(午前8時現在)。警戒レベル4というのは、対象地域住民のうち危険な場所にいる人は全員避難というレベル。市町村から「避難指示」が発令された段階です。大丈夫なんでしょうか?どうか選手や観客の皆さんの身の安全を最優先に考えて、さまざまな決断をしていただきたいと思っています。静岡に向かっているサポーターの皆さんは、どうぞお気をつけて。さて、ちょうどJ2リーグも折り返しの第21節、2位の磐田と3位の新潟が直接対決する大一番を今日迎えたわけです。「絶対に勝たねば!」「ここで負けたら昇格争いから…」などと、どうしても気合が入りすぎていたボクですが、昨日のモバア...エコパスタジアムは警戒レベル4!

  • やばいぞ!全国放送されちゃった!

    わが家の朝は、フジテレビの「めざましテレビ」と決まっています。「それ行け!キクマ!」(わかる人だけわかれ!)の頃には、間違いなくもう家族みんなで見ていましたから、もう20年以上は「めざまし」ひと筋です。現在のわが家の朝は、だいたいボクが4時半頃に起床して、新聞を読んだり株式をチェックしたりし、モーニングコーヒーを飲みながらブログの更新を始める頃に、テレビのスイッチが入ります。だいたい5時半頃ですかね。ボクの人生を誰にも邪魔されない自由で至福の時間です。その後に妻が起床して至福の時間は…(事情により以下省略)。さて、一昨日(6月30日)の朝のことです。その「めざましテレビ」の放送の中で事件は起きました。早朝5時48分頃のことでした。皆さんは尾崎世界観って人を知ってます?、若い人はみんなが知っているんだろうけど、ボ...やばいぞ!全国放送されちゃった!

  • 上位対決を制せ!運命の7月だ!

    今日から7月です。クラブの公式HPには、ご覧のように見る者に強烈なインパクトを与える千葉ちゃんの写真と、「運命の7月」という過激な言葉を使って、サポーターの闘争心を刺激しています。いまこそアルビをを応援だ!この7月は、東京オリンピック開催の中断期間に入る関係で公式戦はたった3試合しか行われないのですが、その対戦相手がすさまじいです。7月3日(土):第21節A磐田戦7月11日(日):第22節H栃木戦7月17日(土):第23節A京都戦3試合の対戦相手は、現在2位のノリに乗っている磐田、1巡目の対戦で引き分けに終わった栃木、現在首位で1巡目に手痛い敗戦を喫した京都。難敵との3連戦となります。特に、J1昇格のライバルである磐田と京都との対戦は、勝てば昇格争いをグッと有利に進めることができ、負ければライバルに大きく水をあ...上位対決を制せ!運命の7月だ!

  • これはひどい! & 6月のブログインデックス

    一昨日28日(月)に放送されたNSTの「ジョイスポ」で、ヨシくんと至恩に関するびっくりするデータが紹介されていました。今シーズンのJ2リーグ全体の「被ファウル数」のランキングで、ヨシくんが1位で至恩が2位にランキングされているというデータです。まぁ最近ゲームを見るたびに、「ヨシくんも至恩もファウルを受けるよなぁ…」「まぁ相手チームも好調な2人を徹底的にマークしているからな…」「ファウル覚悟で止めに来ないと直接失点に結びつくから相手も必死だよな…」などと思ってはいましたが、まさかこれほどとはね。なんたって、同一チーム内に(J2は22チームもあるんですぜ!)被ファウルの1位と2位の選手がいるってこと自体が異常事態だし、しかもヨシくんの被ファウル数69は、2位の至恩の被ファウル数34の2倍以上。いかにすごい(ひどい)...これはひどい!&6月のブログインデックス

  • 桶屋アナの成長ぶりがオジさんは嬉しい!

    水戸戦が行われた26日(土)に、NSTが30分の特別番組「アルビスタジアムSP」を放送しました。司会はNSTの桶屋美圭アナです。いやぁ~なんか最近、桶屋アナの成長ぶりはすごいですね。ついこの前までは大学を卒業したばかりの新人女子アナって感じで、見ていて「初々しい」っていうか「大丈夫か?」「頑張れよ!」って感じだったのですが、最近は落ち着いた進行ぶりが板についてきました。今回は衣装もオレンジ色で決めて気合いを入れて司会に取り組み、番組を仕切っていましたよ。ボクらはまるで保護者のような気持ちで、桶屋アナの成長を見守っています。(笑)番組では「今シーズンのアルビ全38ゴールを振り返る」や「高木選手と千葉選手の独占インタビュー」など、アルビサポにとってはたまらない楽しい内容となっていました。はっはっは。体育座りのヨシく...桶屋アナの成長ぶりがオジさんは嬉しい!

  • アルビバスケットを新潟県民の新しい文化に!

    一昨日の水戸戦は、ゲーム以外にもいろいろな見どころがありましたよね。まずは、われらが堀米キャプテンのJリーグ通算200試合出場のセレモニーです。かわいいお嬢さんと美人な奥様も登場し、微笑ましい姿でした。記念すべきこのゲーム、勝ちたかったね、キャプテン。続いてアルビチアの皆さんは、今回の水戸戦が20期のメンバーによる最後のパフォーマンスだったそうです。お疲れ様でした。ジュニアのメンバーも含めて、キレのあるダンスを披露してくれました。21期のメンバーのデビューはいつでしょう?あと、越後薬草の「まいキムチ」の販売とか、高知の皆さんのよさこいソーランのパフォーマンスの披露とかもありました。スタジアムで「まいキムチ」の保冷バッグを持っている方を、たくさん見ましたよ。「アルビマグロ」とか「アルビキムチ」とか、いいですねぇ~...アルビバスケットを新潟県民の新しい文化に!

  • あぁ…快進撃も今は昔…?いやいやまだまだ!

    ホーム水戸戦は、両チームスコアレスのドローに終わりました。アルビは攻めて続けながらも決定機をモノにできないという、今シーズンこれまでにも何度か見てきた「負のスパイラル」に完全に陥っていた感じです。ヨシくんと至恩は相手のファウルで頻繁に削られ、チャンスの芽を摘み取られていましたし、アルビのパスが水戸の選手にインターセプトされる場面も少なからずありました。昇格ライバルの京都、磐田、琉球が、きっちりと勝ち点3を積み上げ、アルビだけがなんかおいてきぼりを食ったような気分です。ビッグスワンを後にするサポーターの足取りも、一様に重かったですね。アルビのスタメンは、こんな感じでした。谷口がワントップで、2列目にはロメロ、ヨシくん、至恩の3人が並びました。ビックリしたのは試合前の練習で、ロメロが左で至恩が右のポジションだったこ...あぁ…快進撃も今は昔…?いやいやまだまだ!

カテゴリー一覧
商用