searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

みほとけさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

現代は、不安やストレスに満ちた時代。こんな時代を、自由に、楽に生きられたらいいと思いませんか? 本サイトでは、人生のいろんな法則に基づいて、私たちがよりよい人生を送れる方法や、物の見方がわかりやすく語られています。すでに多くの方から、人生が変わったと喜びの声をいただいています。

ブログタイトル
みほとけのいえ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mihotokenoie/
ブログ紹介文
苦しみや不安に満ちた人生を、自由に、楽に生きられる方法を、人生の法則から語るメッセージ。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/04/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、みほとけさんをフォローしませんか?

ハンドル名
みほとけさん
ブログタイトル
みほとけのいえ
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
みほとけのいえ

みほとけさんの新着記事

1件〜30件

  • 初夏の静寂の空気を 愉しむこころ・・・

    熱とは喧騒 そうみほとけはいう  やかんに入れたお湯をはげしく揺すると お湯の温度って高くなる 熱さって 運動 エネルギーの粒と粒とがぶつかり合い 衝突して 熱っておこる  熱って喧騒 だから あなたのこころが行き詰ったときも こころに熱を帯びているはず

  • 「正しさを見る眼」と 「しあわせを見いだす眼」と・・・

    正しさって 何? 正しさって実体がない  正しさって 客観性? でも この三次元世界のものさし自体が そもそも 絶対的なものじゃない  あなたの主体を捨象した客観なんて ほんとうは存在しないんだ  ものを正しく見る眼と しあわせを見いだせる眼があるなら 

  • 念は対象を フォーカスしズームさせる・・・

    人間の念って 状況をフォーカスし ズームさせる  あなたが しあわせの念を常にもち すべてのことが感謝と割り切れるなら あなたのエネルギーの正の分子がフォーカスされ あなたのなかで ズームされ すべてが至福へと 機能しはじめる  逆に すべてのことに不満

  • 苦しみは 芽のうちに断つべきということ

    苦しみって 早いうちに認識し 早いうちに根を断つ方が しあわせ  苦しみって 雑草の芽 本質はちいさなもの でも それを認識せず あれこれ不安や思索ばかりをつのらせ それを放置すると  気がついたら巨大な茎や枝をしげらせた雑草に 成長してしまう  苦しみ

  • 聴こえたまま見えたままを 「展開」させぬこと・・・

    音を音として認識するところに 音があなたを そこなうことはない  あなたがそれを うるさいとして思索をめぐらすところに 音は展開し さまざまな枝や葉をのばし形を変えて あなたを苦しめる  そう 以前にもいったね ありの巣のたとえを  毒ありの巣に 小さな

  • 2Dの平面が 3Dの立体次元に展開するように・・・

    飄々さって 必要 よいいみの「いいかげんさ」って あなたをひずみから救う安全弁  きつきつの社会って そういうゆるさ あそびを 排除する だから まじめな社会ほど 人はつかれ 不正直な自分をもてあまし 自分をつぶしてしまったりする  もったいないこと せ

  • よどみの時代から 流動の気流へ・・・

    歯を食いしばって何かをする生活 でも いったん全身の力を抜いて そんなあなたの 内面の鼓動に こころを向けてみよう あなたを攻める思い 過去を引きずる思い でもそれって あなたのだいじな生命力を多大に消耗し 多大にそこなっている  反省はだいじ でも む

  • 不安を あなたの中で膨らませぬこと・・・

    あなたの生きる環境 あなたが耳にする情報 あなたが怖れる不安って あなたの波動が 造りだしている  波動って こころの状態がつくる振動 それは眼に見えないが 眼に見えるもの以上に本質的に あなたの人生に作用する  「もしこうなったらどうしよう・・・」と怖

  • 「添えられること」で あなたが一変する何か・・・

    ぜんざいに塩昆布を添えると ぜんざいの甘味って 深みが引き出される すいかに塩をふりかけても すいかの甘味はここちよく あなたの舌を刺激してくれるだろう  相性って ある 全然別のもの でも それが合わさると たがいに隠れたいい部分 隠れた深み 隠れた味

  • 流れがあるとき 生活の資はあなたに引き寄せられる・・・

    流れってそれ自体 活性 だから 流れがあるところには 歓喜がやどる  流れは循環 流れは代謝 流れが正しくなされるものに 劣化ってない  あなたの生体エネルギーの循環が あなたの「速度」にそってなされるとき あなたは「時間」を超越し 「時間」にそこなわれ

  • あなたが 孤独になったときに・・・

    あなた自身に 自信をもつこと それはだいじだ  人って 他人とのつながりの中で生きるが すべての場合において そのつながりがもてるわけではない  孤立し あるいは孤立せざるを得なかったり 特定の心身の病気を負っていたりして  自分の意思に反して つながり

  • 循環の流れを 細胞の一つひとつに浸透させる・・・

    宇宙の調和 大自然のシステムって それじたい くるいがない もしくるいがあり アンバランスがあったら 宇宙って こんなふうに機能せず しぼんで消滅していく  宇宙は その生成過程で いく度かのアンバランスを 淘汰し それに耐えぬいて こうした形あり 循環

  • 「否定語」をつかわない ということ・・・

    人間の五感って 否定語を取りこぼす  本の朗読の録音作業をする人がいた 読みにくい箇所を まちがえないようにと自分にいい聞かせる そうすればするほど 思いとは逆に 何回もその箇所で つっかえるという  「まちがえないように・・・」 このことばをくり返す中

  • 「陰徳」の法則・・・

    陰徳と陽報って ある 徳って 隠れてするほど 露わにされぬほど その精度が高まる  地中のじゃがいもが 成長過程で 外気に触れたり掘り出されたり損なわれることがないと 充実し まろやかに熟成するような そんな感じかな  露わにされるって 人目にさらされる

  • 知恵と智慧との 分水嶺・・・

    人間って 知恵がありすぎるがゆえに 不幸になる 人が一生を生きる上で 必要なものって ほんとうは そんなに多くない  よけいなものを手放し 削いで生きる人には 宇宙が必要なものを 与えてくれる  あなた独自の オーダーメードの 生きる知識を これが智慧 

  • 人類が「悪道」を脱する道・・・

    人間のカルマって 人間が文化をもち 社会をもち 理論をもち 分別ということが出てきたとき 濁り 硬く重く 宇宙の大気と離れていった  人間は 万物の霊長 人間の理論脳が肥大せず 自然と調和し 自然の庇護者であったとき 人間はたしかに 他の生物をリードし 

  • 「分別」の根・・・

    世界中のすべての人間を だました詐欺師であっても この世に唯一 だませぬものがいる  それは 自分自身  人は なだめすかし 自分の思い通りにできる けれども 自分自身って どんなになだめ どんなにすかしても 結局 ごまかせない  それが 自分というもの

  • あなたの「速度」 あなた独自の「流れ」ということ・・・

    あなたには あなたに適した「速度」があり 「流れ」がある  あなたのエネルギーって その流れにより 調和を得 あなたがあなたであり得 そのまま 宇宙のバランスと呼応し合っている  その流れを形成する力が カルマと呼ばれるエネルギー電子  その人が もっと

  • あなたの人生に手応えを与えてくれる 「はね返り板」・・・

    たんぱく質の吸収は ビタミンCを併用すると 高まるという  内気な人 でも その合い方が活発で 饒舌な性格の人間であったら その内気さが 個性としてうまく引き出され プライベートな次元から 公的な次元に 昇華される  いわゆる演芸などでいう「ぼけ」といわ

  • 大海原に浮かぶ 木切れのように・・・

    科学に携わる人たち 科学者って 高度に洗練されればされるほど 謙虚になっていくという  科学って 答えじゃない あなたが生活の価値基準としている科学って じつはそれ自体 あなたが思っているほど堅固なものではない  現時点の最善の知識 最善の検証 最善の判

  • 奇蹟と余白・・・

    奇蹟って きつきつにはやどらない  奇跡って 時間にも こころにも 人間関係にも そしてあなたの思考にも ゆとりのすきま 余白があるほうが  容易にやどってくれる  奇蹟って 余白が大好き  忙しい忙しいと年中動いている人には 奇蹟が入り込む余白って な

  • 目的直前の 「最終試験」・・・

    宇宙って あなたの夢がかないそうになる寸前に 最終試験をする  最終試験って 大きな困難 乗り越えられないような壁 あるいは悲観的状況の現出 そういう 目指すものと逆方向を一時的に示すことによって  あなたのたましいの揺れをただし 刺激を与え 夢にいたる

  • 朝の時間は 至福のツボである・・・

    さわやかな初夏の朝  こんな日は 早く起き 窓を開け 外の空気をとりこもう  さわやかな大地の精気 草花の奏でる歓喜の波動を あなたの室内に とりこもう  朝は一日の出発 板を合わせるときその合わせが 起点できちっとしていれば すき間なく 板が合わさるよ

  • どんなささいなことも 宇宙の調和とつながっている・・・

    あなたの眼の前で起きるできごと ささいな会話や 歯をみがき 顔を洗うような そんな現象さえ  その一つひとつって それじたいが 完璧  あなたが仕事でミスをすることも 右に進むはずの道をうっかり左に行ってしまうことも  それじたい 完成している  あなた

  • 初夏の入道雲のおりなす 「ストーリー」・・・

    梅雨の合間の 晴れたある日もくもくとたなびく 初夏の雲 あれは おふとんみたいだね 見ていた子どもがいう  眼を細める母親 見て! あの雲 お父さんの顏みたい  そういうと えっ? どこどこという子ども けれども 次の瞬間 その 「お父さんの顏」は 風に

  • 宇宙のサプライズを受ける 「あそびのうつわ」・・・

    きつきつのこころではなく どんなときにも あそびをわすれないこころでいよう  人生の目的感に囚われず 目的にしばられず その過程の光景に こころを向け 愛で ああ美しい花が こんな道端に咲いていると 眼を細められる そんなあなたに 幸運って おとずれる 

  • 苦しみの返りの遅速 ということ・・・

    苦しみの報いって 早く訪れるほうが しあわせ  苦しみや痛みって あなたがそれより先にいってはならないというサイン  人は痛みを感じると 鎮痛剤をのむ 痛みは苦痛 だから それを抑えようと  とんでもない 痛みは あなたにとって 必要なもの  もし あな

  • 「敵意」の本質・・・

    あなたのすべての苦しみは 凝り固まりから 起こる そうみほとけはいう  凝り固まりって? 流れが正しくなされないこと ほんらいの流れが 疎外された状態  人間って流れ エネルギーって 流れ  だから 固定した実体がない  でも その流れには 法則があり 

  • 瞑想って たのしい世界・・・

    瞑想ってたのしい  瞑想は あなたでさえ知りえない あなたの神秘を 次元を超えて垣間見せてくれる  瞑想を行う人生には 飽きること 倦怠がなく 瞑想をする人は 老いることがない  瞑想は あなたの細胞の宇宙を活性化し 瞑想は あなたの日常では知りえなかっ

  • すばらしいものが すばらしいままになる方法って・・・

    宇宙って すばらしい 宇宙は 美しい  でも 人間の知覚範囲って 宇宙のすばらしさのごく一部しか 感知することができない  人間の 理性に肥大化した脳が 本能的に宇宙を受け止める知覚力を 狭めている  人は いや すべてのいのち すべての存在は 宇宙から

カテゴリー一覧
商用