searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

せいこさんのプロフィール

住所
安曇野市
出身
松本市

両親を看取り、48歳で家業を整理してすべて失う。52歳で現在の職場に一般事務で就職。65歳の定年、その後パート勤務となる。日々の節約生活、貯蓄への焦りを公開する。

ブログタイトル
華寿過ぎて・・・これからの準備
ブログURL
https://www.seikotyan.com/
ブログ紹介文
独身のまま65歳を過ぎました。老いの繰り言、時々生活の楽しみも書いています。
更新頻度(1年)

325回 / 365日(平均6.2回/週)

ブログ村参加:2015/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、せいこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
せいこさん
ブログタイトル
華寿過ぎて・・・これからの準備
更新頻度
325回 / 365日(平均6.2回/週)
読者になる
華寿過ぎて・・・これからの準備

せいこさんの新着記事

1件〜30件

  • 今美味しいのは、トマトと台湾産パイナップル

    昨日の夜、チビ娘からLINEが届く。 「なかなかメロンが食べられるよーにならないようだよ」 頭についているツルが枯れて来たら食べられるよ。と、言って有るので、毎日眺めているんだろう。 同じものを家にも送ってもらって有るので、今朝ちょっと触ってみたが、まだまだ固い。 チビ娘は当分眺めるだけの日が続くようだ。 何故か、可哀想になってしまって、アイスを送る手配をしてしまった。 www.takashimaya.co.jp 可愛いので、私のお小遣いが貯まったら送ってあげようと思っていた。 だから、時々商品のページを見て、送ってあげるのを想像していた。 (こんなもの、送ってあげられるのも働いているおかげ。…

  • お金なんて、いくらあっても足りないな。

    昨日家に帰るとチビ娘から手紙が来ていた。 流石にメロン7つの威力である。 6月から、ようよう開校という事らしいけれど、6月中は2時間程度の授業で、給食も無い様だ。 まだまだお母さんの苦労は続く。 女の子とはいえ、食べ盛りの子供の3食を作るのは大変だろうね。 食費もかかるし。 通販は、色々とお知らせが届いてくる。 今日はカステラの紹介が来た。ユダレはでるが、とりあえず我慢する。 だって、800円も送料かけて、1600円のカステラ食べてもしょうがないな。 と、自分を納得させる。 給付金の10万円は、自動車税と、雨どいの修理代でほぼ消えるので、当てにして使い込むと、それこそ「ナニワ金融道」の実演にな…

  • 只今お薦めkindle unlimited「後宮の花は偽りをまとう」「ナニワ金融道」

    とうとう首都圏も緊急事態解除になりそうだ。 と、いう事でチビ娘達もようやく学校が始まりそうです。 この休校期間、暇だったらしくてLINEで、 「おばーちゃんー、おばーちゃんー、お昼何食べているの?」などというLINEが度々届き、楽しかった。 物凄く楽しかった!! それで、ついついポチして、買い物して、チビ娘に物を送りつけてしまった。 なので、お財布が軽くなり、お昼はお弁当、コーヒーは会社のコーヒーと、チマチマ節約している。 本当にチマチマで、自分でも笑ってしまうが、そのチマチマとした節約が何やら楽しい。 貧乏性なんだね。 本も、kindle unlimitedで「後宮の花は偽りをまとう」が面白…

  • 「アルコール75%」を使ってみた

    コロナも少し落ち着いたかな。と、思いつつ、このままでいるわけがないとも思う。 当初は、マスクも無い、消毒液も無い、のナイナイずくしで、出来る事は、手拭きのタオルを使い捨てのペーパータオルにすることと、石鹸での手洗いを奨励することくらいであった。 マスクは、あちこちで見かけるようになった。 アルコール性のウエットティッシュも、手に入るようになった。 そして、地元の酒造メーカーが「アルコール75%」を販売し始めた。 さっそく、会社の入り口にポンプに詰め替えて置いた。 臭いは無い。 アルコール臭が有ったら、勿論危ないわよね。 べたつき感も無い。 750ml、1870円。 消毒剤としては高いのかなぁ~…

  • 筍を頂く。今日は筍ご飯だ~~

    筍を頂いた。 大き目の筍。 おまけに、ちゃんとあく抜きまでしてある。柔らかい。 嬉しいなぁ・・(食べ物には素直に反応してしまう) 今夜はタケノコご飯だぁ・・ 我が家のタケノコご飯は具が色々入る。 油揚げ、鳥のささ身、シイタケ。 母は、更に卵の薄焼きも乗せていた。 炊きあがったタケノコご飯、仏さまにもお供えもして、美味しく頂きました。 ーーーーーーーーー チビ娘2からメール来る。 「何でも良いから、お風呂上がりのジュース送ってちょうだい。」 毎年送っているラ・フランスのジュース、年1回の販売で残念ながら有りません。 家にある野菜ジュース送ろうかと考えていると、「野菜ジュースはいやだよ」とメールが…

  • バーゲンに弱い私。Audibleで、バーゲンをするという

    昨日は病院の定期検診だったのだが、気持ち患者は少なめ。 主治医に「何故か鬱っぽくて、スーパーに行くのも嫌だし、家を出るのが億劫なんです」というと、 先生は、そんな言葉を気にも留めず「田舎に住んでいて、人混みなんてないんだから、出て歩きなさい。動かないでいると気が滅入るよ」とおっしゃる。 おっしゃる通りでは有りますが・・・ さて、以前に注文しておいた「メロン」が届いた。 www.seikotyan.com しっかりした玉だけれど、それほど大きくは無い。 1玉1000円で運賃と思えばこんなものかと思うけれど、今スーパーでもメロンが沢山出ているので、それほどお値打ち感は無い。 チビ娘も含めて、あちこ…

  • 緊急事態宣言で籠っているチビ娘に送って喜ばれたベスト5

    緊急事態宣言で、学校にも行かれず、友達とも逢えず、籠っているチビ娘から「退屈だよ~」メールが届き、送ってあげて喜ばれたベスト5です。 第5位 果物 中でも喜ばれたのは、 「完熟いちご」 www.seikotyan.com デパート仕様がたまたま出た「デコポン」 www.seikotyan.com 「めろん、メロン、めろん」 www.seikotyan.com メロン、今ならもっとお値打ちの物が出ている。 同じくらいの値段で6個入り。 しかし、そんなに送ると嫌がられるな。きっと。 ちょっと淋しいくらいが適量だ。 第4位 バランスボール 退屈なのでと運動不足で、バランスボールがご希望。 毎日これで…

  • 高齢、特殊技能無しの私の特技は「とりあえず、今の仕事を頑張る事」

    中国から何やら荷物が届いた。 恐る恐る開いてみると、箱が潰れたマスクだった。 3月の半ばには届くはずだったのに、出品者も連絡不能になり、これは!!噂のマスク詐欺!!と思っていた。 アマゾンといえども、信用してはいけないのね。と、思っていたのだが、思いがけずに50枚のマスクが手に入った。 と、言っても、代金は先に取られていたけれどもね。 会社に70歳で頑張って働いている人がいる。 定年後再雇用で、65歳以降も日数を減らして働いていらっしゃる。 流石に70歳の声を聞き、体に無理が効きませんと、退職を申し出られた。 社長は、もう少し日数を減らしても良いので、勤めませんかと話している。 そこで、もう週…

  • 「ウズタマ」番外、妄想編。(私の妄想です。原作とは関係ありません)

    皆瀬はこの所、穏やかな日を過ごしていた。 勤め先の建設会社の社長の勧めで、8歳年下の妻を迎え、授かった息子はそろそろ1歳になる。 周作と再会し、頑なに外界を遮断していた心が開き始めた。 自分と、関わりを持とうとしてくれる人を、避けなくなった。 妻は、社長の姪で、両親の介護のため、婚期を逃した地味な娘だった。 夜、眠る時に隣に人がいるというのが不思議だった。 うなされていると、妻が揺り起こしてくれた。心配そうな顔をして。 いつの間にか、皆瀬は養護院で過ごした日々を、妻によって再体験していた。 朝、優しく起こし、食事を作ってくれて、笑顔で送り出し、夕方笑顔で迎えてくれる。 普通の平和な家庭の生活を…

  • 久しぶりに胸に響いた物語「ウズタマ」。その誰もが、もしかしたら自分であっても不思議じゃない。4

    3歳の周作とその父、幼い周作の面倒を見た村瀬、周作の母。どこにでも有りそうな家族を巡る、ある物語。誰も悪人じゃないのに・・・ 4.周作と紫織 周作は父が脳梗塞で倒れて、夜眠れなくなった。 家族がいないという孤独感に苛まされる。 父が倒れる前に渡された貯金通帳、その謎を解きながら、もう一人の家族を思い出す。 私も母が亡くなった時、もう私をこの世界に繋ぎ止めている絆は無くなったと思った。 すでに父は亡くなっていたし、姉には姉の子供たちがいる。 お前がいなくては生きていられない。なんて言う人はいなくなったと思った。 私が死んでも、あ~、そうなの・・という人はいても、だからどうという事も無い。 だから…

  • 久しぶりに胸に響いた物語「ウズタマ」。その誰もが、もしかしたら自分であっても不思議じゃない。3

    3歳の周作とその父、幼い周作の面倒を見た村瀬、周作の母。どこにでも有りそうな家族を巡る、ある物語。誰も悪人じゃないのに・・・ 3.周作の父親 愛した相手と結婚し、家庭を持ち、子供を授かり、仕事に忙殺される父親。 息子(周作)は少し育ちにくい子供だった。僅かに幼稚園での集団行動が取りにくく、言葉が遅い。野菜が嫌いで夜泣きをする。 父親は時間が経てば追いつくからというが、母親は若干育児ノイローゼ気味である。 夜、家に帰る前に焼き鳥屋で一杯だけ飲まないと家に帰れない。 家に帰りたくないのだ。 家では、3歳の周作がニンジンを食べられないと泣く前で、妻はこれを食べないと二人で死ぬのだと目を吊り上げている…

  • 久しぶりに胸に響いた物語「ウズタマ」。その誰もが、もしかしたら自分であっても不思議じゃない。2

    3歳の周作とその父、幼い周作の面倒を見た村瀬、周作の母。どこにでも有りそうな家族を巡る、ある物語。誰も悪人じゃないのに・・・ 2.皆瀬(周作を可愛がってくれたホームヘルパー) 皆瀬は、いつか母が迎えに来てくれると信じて、18歳まで養護施設で待っていた。 しかし、母は迎えに来なかった。だから、周作とその父松宮は、皆瀬が初めて持った家族だった。 周作の父親の疲労する姿を見かねて、周作の世話をすることになる。 仕事に疲れる松宮の代わりに家事をして、食事を作り、周作を寝かしつける。 松宮に頼りにされ、周作に懐かれる。それに喜びと自分の居場所を感じている。 そんな彼を批判できる人がいるだろうか。 三歳の…

  • 久しぶりに胸に響いた物語「ウズタマ」。その誰もが、もしかしたら自分であっても不思議じゃない。

    3歳の周作とその父、幼い周作の面倒を見た村瀬、周作の母。どこにでも有りそうな家族を巡る、ある物語。誰も悪人じゃないのに・・・ 面白かった本は他にも有りましたよ。でも、その面白さって「ああ面白かった!」と表現すれば終わりそうなんです。この「ウズタマ」は、その面白さを解説したくなるくらい、胸にちょっとジンと来ちゃったのです。今、私が淋しさを感じているからかもしれない。 1.周作の母 2.皆瀬(周作を可愛がってくれたホームヘルパー) 3.周作の父 4.周作と紫織 5.「ウズタマ」の秘密 1.周作の母 言葉の遅い周作を案じて育児ノイローゼとなる。 両親の介護の為、周作と夫を残して実家へ帰るものの、時々…

  • 贈られ物の「プレスバターサンド」を食べる。サクサク感と濃厚な甘さにウットリ

    家に「プレスバターサンド」が届いた。 とても美味しかったので、ご紹介しようと思う。 こんな箱で届きました。 お洒落でしっかりした箱です。 中味は、個別に包装してある、ちょっと高級そうなお菓子。 袋を開けると、こんな感じです。 そんなに大きく無くて、コーヒーのお供にぴったりくらいのサイズ。 割ってみると サクサクした生地と、中身のクリームが甘くてウットリ。 3口くらいで食べれます。 絶妙のハーモニーです。 甘未は麻薬と一緒で、脳に直接働きかけるといいますが、まさに、脳と心に直接働きかける快感です。 昨日のお夕飯は、タケノコご飯、しば漬けで食べて、このプレスバターサンドを1枚、お茶を頂いて満足して…

  • 送料払っても食べたい「しば漬け」のご紹介。年寄りのお茶の御供はお漬物!!

    漬物大国の信州!!それでも食べたい「しば漬け」をご紹介。 信州は野沢菜、大根、堅梅漬け、いろんな漬物が有ります。 どれも美味しい!! それなのに、あ~それなのに、送料払っても取り寄せて食べたい「しば漬け」が有るんです。 もう、食べる事が一番の楽しみの私。 売っているお店は「ニシダや」さん。 https://nishidaya.com/store/ このお店の「しば漬け風味 おらが村漬」が勧めです。 この「しば漬け」との出会いは20年以上前。 友人からの頂き物でした。 友人のお姉さまが送って下さったのを、お裾分けしていただきました。 お姉さまは、京都にお嫁に行ってウン十年。 地元の人が、美味しい…

  • 花粉症も辛いです

    用事が有ってハローワーク迄出かけた。 建物に入る前にちょっと車内で鏡を見ると、目の周りが赤い。 よく見ると、鼻の周りも赤い。 ちょっと熱っぽい様な目もしている。 花粉症だ。 これって、結構年寄りには辛い物がある。 肩が凝り、微熱が出て、頭が重い、目がかすむ。 コロナだけじゃ無いよなぁ。と思う。 特にこの所ステイホームで、家の中にばかりいるので、虚弱化に拍車がかかっている。 家でできる運動とか考えなくてはいけないよね。 随分前に頼んだツナの缶詰めが届く。 これは一番高いブラックレーベル。 【販売再開】オーシャンプリンセス 鮪とろ BLACK LABEL( ブラックレーベル ) モンマルシェ ★ …

  • スイカの危機

    コロナ後の世界は、誰もが不況という。 ヤフーで、沖縄のスイカが大量に在庫となり、破棄する危機に見舞われていると書かれていた。 headlines.yahoo.co.jp 実は、私が住んでいる所もスイカの名産地で、夏になるとスイカが無くては生きていられないくらい、スイカが好きである。 なので、スイカを破棄なんて聞くと心が騒ぐ。 思い起こせば四十数年前、毎日10時過ぎに帰る道すがら、カットしたスイカを1切れ買って帰ったものだ。 何しろ、この果物屋さん以外は皆な閉まっている。 東京で一人暮らしながら、残業が多くて、食べる物もたいした物は食べていなかった。 スイカがご馳走だった。 若かったね。それでも…

  • マイクロツーリズム5

    実は本屋さんで、あれ、これもマイクロツーリズムかな?と思う。 今日は中華の草原。 流転の貴妃 或いは塞外の女王 (集英社オレンジ文庫) 作者:喜咲 冬子 発売日: 2020/01/17 メディア: 文庫 食べることが好きで、太ってしまい、塞外に贈られた貴妃の物語。 太っていても、商才はあった。 最近、お金が欲しいと思っているので、この商才がある。と、いうのは興味がある。 やっぱりお金は必要。 おとぎ話なので、愛もお金もてに入れる。 愉しかった‼️ 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • マイクロツーリズム4

    二輪草を探しに近くをドライブ。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • 見えない未来、消えない不安

    昨日のTVで、大学の研究室を生かせばPCR検査を1日10000件くらいできる可能性があると話していた。 同席している国会議員が、出来ない理由はお金が無いからだと言っていたけれど、まだ着かないアベノマスクのお金を、そちらに使えば良かったのではないかしら?などと考える。 まぁ、終わってしまわなくては分からない事も多いのだけれど。 アベノマスクもすっかり時期を逃してしまった。 今や店頭にはマスクの山である。 厚労大臣が当初「病院受診の目安を37.5℃が3日続く事」と言ったことについて、「そのような人は病院で受診をして欲しいという意味で言った」と答弁していた。 「それ以上でなければ、病院で受診しないよ…

  • 欲求不満の解消はドラエモンの袋

    あっという間にカエルの大合唱が始まった。 田圃はどんどんと早苗が植えつけられていく。 冬物を整理する間もなく初夏の気分である。 緊急事態宣言は継続されたけれど、田舎なので、県を跨いでの往来と、接待を含む飲食の制限などの他には緩和されて営業できるそうだ。 でも、喫茶店でお茶を飲む気にもならない。 だって、昨日と今日がそれほど違うとは思われないのだもの。 食事も横並びでなるべく喋らず、なんてつまんない。 やっぱり三密に近い環境で食べる気にならない。 だから、友人とも会う機会がない。 外に出るのが憂鬱になる。 多分、多くの人が同じような気分であろう。 日本全域年寄りが籠りだす。 コロナとは別に心が病…

  • ステイホームに浸かってしまった

    家で籠る生活に慣れてきた。 朝寝、昼寝、早寝。 飽きない眠気。 もう4日籠りたい。 もう仕事したくない。 グズグズと溶けていく感覚だ。 困るなぁ。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • 本が減らない‼️

    ステイホーム、本を減らそうとおもうが。。。。 ちっとも減らない‼️ ツツジは何もしらげに綺麗です。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • ライラックが咲き始めました

    何もない穏やかな1日です。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • 孫への買い物。不要不急かな?

    チビ娘がディズニー柄のTシャツが欲しいとメールが入る。 都会では店舗が閉まって売っているところが無いんだ〰️ とのこと。 行ってきました。ユニクロへ。 混みあってはいなかった。 姉と二人。 婆バカ二人。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • 燕飛び、早苗揺れる

    今日は夏日です ふとみると燕が飛んでいます。 田植えも始まりました。 日々の営みが進められています。 空気も夏の薫りがします。 最後までお読み頂きありがとうございました。

  • いつまで続く泥濘ぞ・・

    コロナ対策について、専門家会議が開かれ、緊急事態宣言は延長される事になったらしい。 期限は1ヶ月の延長か? ゴールは見えないらしい。 なんか、ガッカリしてしまって・・・ 会社も仕事の波が引いていく・・ ちょっと怖い。 今日は暮らせた。明日はどうだろう・・という感覚だ。 悪性リンパ腫の同僚から話を聞く。 彼は65歳で定年を迎え、日数を3/5にして再雇用となっている。 社会保険適用のギリなので、田舎にしては、まぁまぁの待遇なのだが、頑張って仕事をしている。 それが、治療があまりはかばかしく無く、骨髄移植を勧められているという。 でも、年金だけでは医療費が払えないし、骨髄移植をすると2年程は仕事がで…

  • マイクロツーリズム3

    良い天気で、家の中に籠るのは苦しい。 と、いう事でマイクロツーリズム3です。 外に出ると、土筆が出ています。 もう春ですね~~~と、歌を一節。 裏の田圃も見て見ると、一面のタンポポ。 いつからタンポポ畑になったのか?? 休耕田がタンポポに占領されています。 何でも群れれば綺麗?? 花盛りなので、あちらでもこちらでも小さな花が咲いています。 殆ど雑草で、しみじみ見るなんて事はありませんけど、可愛いですね。 先日チビ娘にメロンを送る手配をした。 姉が言う。 「息子にも食べさせてあげたい・・」 息子の所に送ってやる手配は、すぐできる。 でもね、息子とは仲直りしたくても、嫁とは口もききたくないのだそう…

  • 結構有るkindleのセール。 欲求不満とポチの関係

    思いがけず、kindleのセールというのは有るもんだ。 先日は「kindle月替わりセール」というので、結構な量の本を買った。 www.seikotyan.com そうしたら、「kindle本GWキャンペーン」を5月10日までやっている。 まったく!! 財布の紐を〆させない。 でも、このキャンペーンは対象の本の数が多くて、なかなか選びきれない。 見ているだけで疲れてしまう。 これ、ちょっと問題です。 それとは別に、これ、買っちゃいました。 この前作「トヨトミの野望」が面白かったのです! 前作を読んで以来、作中人物と現実の人を重ね合わせて見てしまいます。 これも買っちゃいました。 この本も前作「…

  • マイクロツーリズム2

    今日は家の周りをツーリズム。 ご一緒にどうぞ。 水仙が花盛りです。 小川の土手に水仙が咲いています。 水も流れ始めました。 そろそろ、農作業が始まります。 いつもは、花が咲いているのは気付いていても、改めて見ることもありませんでした。 いつの間にか土手で増えた水仙が群れになっています。 家の庭にも小振りな水仙が群れになって咲いています。 何でも群れれば綺麗だというのが、姉の言葉ですが、小さくて可憐な花の群れです。 黄色のラッパ水仙も咲きました。 こちらは、同じ水仙でもちょっと豪華。 黄色は元気が出る色じゃありません?? ハナニラも長く咲いています。 これも可憐な花です。 その割には勢いが良く、…

カテゴリー一覧
商用