searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

気まぐれ写遊人さんのプロフィール

住所
大東市
出身
未設定

奈良県の台高山系、大峰山系や滋賀県の鈴鹿山系、比良山系、伊吹山を初め、大阪府最高峰の金剛山を中心とする生駒金剛山系、和歌山や三重県など近畿地方の低山を中心に歩いています。

ブログタイトル
山の彩時季(さいじき)
ブログURL
https://japan-photos.jp/saijiki/
ブログ紹介文
週末歩く近畿の山々にも素晴らしい自然があります。 そんな自然の一瞬をレンズを通してお届けします。
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/08/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、気まぐれ写遊人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
気まぐれ写遊人さん
ブログタイトル
山の彩時季(さいじき)
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
フォロー
山の彩時季(さいじき)

気まぐれ写遊人さんの新着記事

1件〜30件

  • 梅雨空に咲く大峰の花(行者還岳)

    大峯奥駆道が走る尾根の中でも石灰岩質の地形とその地質を好む植生豊かな行者還岳周辺は、毎年のように訪れる山域です…

  • シロヤシオ咲く行者還(行者還岳)

    少し前まで国道309号90番ポイントから清明ノ尾に登り大峯奥駆道に出合うルートは、それほどメジャーなルートでは…

  • 神秘の花を探して(御池岳)

    クマガイソウ(熊谷草、学名:Cypripedium japonicum)は、ラン科アツモリソウ属に分類される多…

  • カルスト台地の名峰(御池岳)

    御池岳は、滋賀県東近江市と三重県いなべ市に接する鈴鹿国定公園内にある標高1247 mの鈴鹿山脈最高峰です。19…

  • 中世の栄華を偲び山歩(獅子窟寺/王の墓)

    昨年の同時期に歩いた交野市の獅子窟寺に再訪してきました。JR河内磐船駅から天田神社を通って獅子窟寺に向かい、そ…

  • 追憶のタカハタ谷(金剛山)

    タカハタ谷は、腰折滝上部でツツジ尾谷に合流する支谷です。金剛山登山口(まつまさ周辺)から黒栂林道を歩き、備前焼…

  • 美しき白き花々(金剛山)

    金剛山で、この時期のメインステージはカトラ谷のお花畑ですが、他の登山道でも色々な花が咲いています。前回ご紹介し…

  • 郵便道からカトラ谷(金剛山)

    4月中旬から5月のゴールデンウィーク前後にかけて、開花ピークを迎える金剛山。代表されるのがカトラ谷上部のお花畑…

  • 碇草咲く郵便道(金剛山)

    奈良県御所市の高天地区から尾根伝いに一の鳥居に通ずる道は、昭和10年から終戦まで御所側の郵便局員が、徒歩で山頂…

  • 中央分水嶺の妖精たち(赤坂山)

    今年も行くことができた湖北の赤坂山と三国山…少しスタートが遅れて寒風を周回するつもりでしたが、三国山で折り返し…

  • 花が彩る県境尾根(赤坂山)

    マキノの愛発越(あらちごえ)から朽木の三国岳(さんごくだけ)まで続く高島トレイルは、日本海側と太平洋側を区切る…

  • 花の季節を迎えた金剛山

    金剛山では、まだ雪が残り霧氷も見られる2月後半から3月初旬にかけて、ちはや園地周辺の植栽された花々が咲き始めま…

  • 春の女神と花の百名山(大和葛城山)

    金剛山と同様に、大阪や奈良の都心部から手軽に行くことができる大和葛城山。金剛生駒紀泉国定公園内にあり、金剛山を…

  • 安全登山と自然保護(金剛山/カトラ谷)

    カトラ谷は、金剛山の中でもブナなどの原生林が広がる自然豊かな山域で、昔から多くの方が登られるルートです。しかし…

  • 里山に咲く花(河内飯盛山)

    自宅から歩いて行ける河内飯盛山とその周辺の山域にも、早春の花が咲き始めています。河内飯盛山周辺は、植林地は少な…

  • 南尾根から六道輪廻(河内飯盛山)

    低山では、丘のような場所や尾根途中のコブのような箇所でも山名が付けられていることがあります。歴史的な謂れがあっ…

  • 万葉の道一目千本(吉野山)

    2年ほど事後との関係でブランクもありましたが、山を歩き初めてこの5月でやっと10年が経ちます。近畿地方周辺の低…

  • 身に着けておきたいこと(蓬莱峡)

    数年前に大阪府山岳連盟の講習会で初めて登山のことを人から色々教わりました。山で自然に接すると色々なシチュエーシ…

  • 天災と人災(金剛山)

    今回歩いたわさび谷は、大崩落が続くカトラ谷に隣接する山域です。もともと地質的にも脆弱で崩落を続ける山域です。こ…

  • 春告げる山路の花(金剛山)

    金剛山も朝晩に冷え込む日があるものの、日中は平年より気温の高い日が続くようになり、3月に入り山野草が一気に咲き…

  • 春を装う孫太尾根(孫太尾根)

    2年ぶりに歩いた孫太尾根…今やバリエーションルートからメジャールートとなった鈴鹿で人気の尾根です。ルートの紹介…

  • カレンフェルトの尾根(孫太尾根)

    このルートを始めて登ったのは7,8年前で、当時は青川への斜面が崩落を繰り返し登山道は廃道化しあまり人が歩いてい…

  • 倭姫の御禊所に咲く(瀧樹神社)

    この日は朝早くから鈴鹿の山を歩き、予定より早く下山できたので数年ぶりに滋賀県土山の瀧樹神社へ立ち寄ってきました…

  • 芦屋で岩場遊び(芦屋ロックガーデン)

    自宅がJR学研都市線沿線ということもあり、行く場所に迷った時にアクセスの良い芦屋の山に行きます。JR芦屋駅を起…

  • 福寿草咲く北摂の山(ポンポン山)

    大阪(高槻市)と京都(京都市西京区)の境界に位置するポンポン山(678.7m)は、東海道自然歩道と隣接している…

  • 雪山の二つの顔(伊吹山)

    冬山で怖い現象のひとつに、吹雪やガスなどで起こるホワイトアウトがあげられます。視界が白一色になってしまうと、方…

  • 信ずべし貴ぶべき山(信貴山)

    信貴山に関して、朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)HPに以下のように記述されています。今から1400余年前、聖徳太…

  • 千光寺の裏行場(鳴川越え)

    近鉄元山上駅から鳴川越え(鳴川街道)を歩いた際、探索した鳴川山千光寺の行場。修験道の祖である役小角(えんのおづ…

  • 元山上と鳴川街道(生駒山)

    千光寺のHPにある「千光寺の縁起」には、下記のような記述があります。修験道の祖である役小角(えんのおづぬ)が、…

  • 春の装い武奈ヶ嶽(武奈ヶ岳)

    今年の立春は2月3日…1985(昭和60)年以来、2月4日が続いていたのですが、2月3日になるのは1897(明…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー