searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

気まぐれ写遊人さんのプロフィール

住所
大東市
出身
未設定

奈良県の台高山系、大峰山系や滋賀県の鈴鹿山系、比良山系、伊吹山を初め、大阪府最高峰の金剛山を中心とする生駒金剛山系、和歌山や三重県など近畿地方の低山を中心に歩いています。

ブログタイトル
山の彩時季(さいじき)
ブログURL
https://japan-photos.jp/saijiki/
ブログ紹介文
週末歩く近畿の山々にも素晴らしい自然があります。 そんな自然の一瞬をレンズを通してお届けします。
更新頻度(1年)

112回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/08/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、気まぐれ写遊人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
気まぐれ写遊人さん
ブログタイトル
山の彩時季(さいじき)
更新頻度
112回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
山の彩時季(さいじき)

気まぐれ写遊人さんの新着記事

1件〜30件

  • 柳生の道と石窟仏(春日山原始林)

    昨年、一昨年と紅葉季節に足を運ぶ奈良公園と春日山原始林。毎年、少しずつ紅葉度合いも異なりますが、歴史、自然、風…

  • 道なき尾根(赤滝谷東尾根)

    赤滝谷を遡行した時に、五條道と赤瀧山道の分岐を示す道標を見つけ、赤滝谷から東條山を経て千早峠に向かう古道がある…

  • 赤坂町石道を辿る(金剛山)

    この日は、楠木正成の赤坂城塞群の主城であったとされる上赤坂城址を訪問したく、坊領ルート(坊領・二河原邊道)を辿…

  • 軍神の城と赤坂古道(金剛山)

    日本史上最大の軍事的天才と評価され、「三徳兼備」「多聞天王の化生」「日本開闢以来の名将」と称されてきた楠木正成…

  • 千早城址と千早道(金剛山)

    金剛山でもっとも知名度があり、利用者の多い登山道が「千早本道(千早道)」です。二合目への登り「七曲り」まで舗装…

  • 健在、アルミの梯子(金剛山)

    旧国道309号水越峠からガンドガコバ林道を辿ると、途中ダイトレに派生する分岐があります。その辺りを「カヤンボ」…

  • 山澄むもみじ谷(金剛山)

    秋の訪れとともに、紅葉に彩られて華やぐ山々のことを『山澄む』という言葉で表すそうです。夏の名残をとどめる青々と…

  • ぶん回しを彩るブナ林(氷ノ山)

    今年は、夏から初秋にかけて台風の影響が少なく、猛暑の昨年ほどではなかったためか、紅葉前に樹木の落葉が少なかった…

  • 錦秋の須賀ノ山(氷ノ山)

    毎年足を運ぶ兵庫県最高峰の氷ノ山。春の花、紅葉の秋、モンスターが出現する厳冬期、それぞれ違った顔を見せてくれる…

  • 行商人の辿った道(竜ヶ岳)

    数年ぶりに遠足尾根で赤い羊たちに会いに登った竜ヶ岳。いつもは中道か金山尾根で下山するのですが、まだ歩いていなか…

  • たおやかな山の牧歌(竜ヶ岳)

    鈴鹿山脈、鈴鹿セブンマウンテンのひとつ竜ヶ岳…一目でわかる女性的で独特の山容をしている山です。山頂周辺は、クマ…

  • 後古光山に寄り道(曽爾高原)

    芦屋から六甲山をピストンした後、週初めの月曜日から3日連続で里山歩きもしていたので足に疲れが残り、のんびり景色…

  • 火山の名残と牧歌的風景

    曽爾高原の探索の前に、南側の稜線に位置する後古光山に登り、倶留尊山への入山料を持ち忘れたのを思い出し、いったん…

  • 黒岩谷西尾根(六甲山)

    当日、現場で知った七曲りコースの通行止め…迂回路も土地勘が少ないため確信が持てず、土樋割峠から蛇谷北山へ遠回り…

  • 中央陵と魚屋道(六甲山)

    風化花崗岩地質が生み出す岩稜地帯を高座の滝から風吹岩に続く尾根道です。周辺はロックガーデンと呼ばれ、荒地山周辺…

  • 猪と狐と地獄の谷道(河内飯盛山)

    河内飯盛山の古道のひとつ「地獄谷古道」…ガイドブックなどでは、「北条小学校コース」と呼ばれています。北条小学校…

  • 里山にひっそりと(河内飯盛山)

    毎年楽しみにしている里山に咲く可愛い花、アケボノシュスラン(曙繻子蘭)をトレーニングを兼ねて見に行ってきました…

  • 雨中のわさび谷左岸(金剛山)

    朝出かける前に金剛山のライブカメラを見ると雨が降っていました。お天気予報では、10時頃から回復して晴天になる予…

  • 奇岩と地獄谷下降(芦屋地獄谷)

    城山から馬ノ背尾根で、岩場歩きを楽しみながら荒地山へ登り、横池、風吹岩と歩みを進めた後、万物相へ向かいました。…

  • 城山から馬ノ背尾根(荒地山)

    自宅がJR学研都市線沿線のため、芦屋や宝塚方面にアクセスが良いので思いのほか気が向いた時に行くことができる六甲…

  • 飯盛三山を歩く(飯盛三山)

    生駒山地北部には、大阪50山に指定されている河内飯盛山のほかに「飯盛」と名付けられている山があと二つあります。…

  • 宗円の歩いた道(星田連山)

    飯盛三山(飯盛小山、飯盛中山、河内飯盛山)を通して歩く計画で、久しぶりに星田連山の「宗円ころりの道」を歩くこと…

  • 金剛山を歩く

    ◎登山ルートに関して 私が利用したルートを中心に簡単な説明を記載してみました。説明は、私の主観且つ数年前(20…

  • 里山徘徊(河内飯盛山、日高山)

    9月に入って真夏の猛暑はなくなりましたが、秋雨前線が日本列島付近に停滞気味でお天気が安定しません。その上、お天…

  • 真珠の如き白き花(三峰山)

    三峰山は、台高山脈北部に連なる高見山地の東部に位置し、山頂に一等三角点「三嶺山」(1235.2m)が設置されて…

  • 真夏に響く沢音(金剛山)

    大峰や台高の沢になかなか行けていないけど、やっぱり真夏の沢歩きを忘れることができない。8月9日に高天谷を遡行し…

  • 真夏の飛翔ふたつ(笹間ヶ岳)

    滋賀県南部に広がる低山地帯は、北部は阿星山・龍王山・鶏冠山を中心とする金勝(こんぜ)アルプス、そして南部は、堂…

  • 「幸せを得る」黄花(行者還岳)

    大峰山脈の中でも短時間で手軽に歩くことができる行者還岳周辺ですが、大峰の中でも山野草の宝庫と言っても過言ではな…

  • 石切場跡を辿る(北条古道/河内飯盛山)

    ◎河内飯盛山 ◎北条古道(2020年8月15日、登り) 数回歩いている北条古道ですが、「雨乞記念碑」をまだ見つ…

  • 思い草咲く戒那山(大和葛城山)

    金剛山とは水越峠を挟んで北側にそびえる大和葛城山。昔は金剛山を含む山脈を総して葛城山と呼んでいたようで、大和葛…

カテゴリー一覧
商用