chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 当たり年

    今年は当たり年だよ!と聞いていながら中々行けていない霧ケ峰高原梅雨空の影響もあり雲行きが怪しいと…ついつい足が遠のいていたが!とうとう梅雨も明けたそうだ!平日にも関わらずビーナスライン車山肩の駐車場は満車出ては入りの繰り返しバイクは関係なしピークは過ぎてしまったようだが十分見れた今年はコバイケソウは全くですね富士山の見える場所すっかり夏仕様の富士山です今回はわざわざ?下諏訪から登りビーナスラインを気持ち良~く走ったのでお腹がすいた・・・霧ケ峰に来たしコロボックルヒュッテで・・・行列でした!!とても待っていられません良し!店を探そう・・・当たり年

  • 百合群落

    そろそろ見頃だろう?と、自宅に帰る前に少しだけ寄り道をすることにするこの時期と言えば?船形神社の百合長沢東井出部落の氏神で始め諏訪明神と呼ばれたが社地が船山といって船形に似てゐるので船形神社となる。日本武尊が御東征の砌り信濃國に向はせ給ふ途路お立寄り奉幣せられたといふ。康和元年新羅三郎義光が社殿を改築す。武田信玄公が武運長久を祈願し神領二石八斗を寄進徳川時代御朱印地とされた。明治五年郷社神饌幣帛料供進指定神社となる。神社の詳細|山梨県神社庁.(yamanashi-jinjacho.or.jp)より。随身門と山百合少し早かったか~満開とは行きませんでしたね残念折角来たので参拝させて頂きます御朱印は所管社の諏訪神社にて授与して下さるそうですいずれ場所を調べて伺わせて頂こうかと思います百合群落

  • マルキン本舗

    以前、今回のお店に立ち寄らせて頂いた事があるのですがその際カメラを持っていなかったのでいづれ・・と、思いながらも大分経ってしまいしたまぁ~中々通る機会も無いのですが長坂インターチェンジを降りてすぐにあるショッピングモール「きららシティ」内にあるお店こちらのマルキン本舗さんは駐車場から直に入れそうな外観ですが、外からの入り口は入れずきららシティ内からの入り口のみになっています前回もこちらを頂きました「味玉百年マルキン味噌ラーメン」スープは濃厚でコクがしっかりあり、甘味があるけど、後味は少し辛くとても美味しい麺は意外と太くない。弾力があってモチっとしている卵麺味噌ラーメンによく合う麺だと思いますチャーシューは歯ごたえがしっかりあって肉肉しいやつ。味玉は黄身がトロっとしているのではなく、もっと火が通っているギリ...マルキン本舗

  • 大賀蓮

    半日仕事のつもりが予定外に時間がかかり・・・参ったな~しかし予定通り回りましょう!と今年は花つきが良いという山梨県韮崎市穴山の大賀蓮を見に伺いました約200立方メートルの池に植えられた500株程度の大賀ハスがあるそうですしかしこの公園?私有地だと言う事ですが・・・毎年思う此れが私有地だと言う事は手入れ大変だな~と実は土砂降りの雨!!それでも次から次へと観蓮の方は訪れて居ます一週間ぶりの休日だったのですが半日は一寸したバイトの予定が大幅にかかり・・泣そこに持ってきて雨降り・・・ついて無いな~と思いながらなんとか予定をこなそうかと思います大賀蓮

  • 紫陽花咲く小さなお寺

    八ヶ岳「天狗」から下山しいきなり山梨県富士川町まで足を延ばし、さ~帰ろう!と国道20号を走っていてふと「そういえば今年は咲いたんじゃないか?」とほんの少し寄り道日蓮上人三日三夜の説法跡と言われる眞福寺さん蔦木宿は、甲州街道43番目の宿場として江戸時代の往来は盛んで、信州の玄関口として盛たようです眞福寺さんはその蔦木宿の入口にあります鐘楼門は近年、塗り替えたそうで一寸…違和感?お釈迦様の弟子であるおびんずる様俗に「なでぼとけ」とも言われ、昔から自分の身体の悪い所と、おびんずるさまの同じ所を交互に撫でると、良くなると言われてます。こちらの「おびんずる様」はなんとも優しいお顔をしていらっしゃいます御朱印を頂きに伺い「御朱印帳を持ってきていないので書置きありますか?」と尋ねると「あ~今書きますね」と、しばらくして...紫陽花咲く小さなお寺

  • たっちゃんうどん

    小室山の紫陽花も鑑賞したし帰るか~と、毎度の道を走り「お?ガソリン入れてくか!」と私の知る限り一番安い給油所へ・・・普通ガソスタの方はそれ程話しかけてこないのに、妙~に話してくるおばちゃんでして・・・それならと「どこかこの辺で美味しいお店ないかな~?」と「ん~ラーメンなら○○だし洋食屋さんなら」と、あまりいい返事をしなかったら「うどん屋さんだけど吉田のうどんみたいな固めの人気店あるよ」と!「おっ!それはどこ?近い?」聞いてみると私の通り道?はて・・・?とりあえずナビに入れてみるとあ~近いよね此処か?お店の看板も暖簾も無し・・・あ~でも「営業中」の看板?は出ているね車も数台止まっているしおっ食券機ねん~と・・・よし!決めたと店内へおう?うどん屋さんとは思えない内装と雰囲気(笑)以前は違うお店か?へ~小上がり...たっちゃんうどん

  • あじさい寺 妙法寺

    少し予定外に早い天狗から下山となってしまったので…時間が勿体ないな・・・さて?どうする?そう言えば数日前の山梨県内の記事でまだ見れると有ったな~まだいけるのか?走るか!!駐車場から見る紫陽花へ~まだ何とかなるじゃんね!良し良し徳栄山妙法寺(みょうほうじ)山梨県南巨摩郡富士川町小室3063何年か前に一度訪れているのですが数年前?剪定しすぎてその年は全くの年があり少し開けていました参道を上がると・・・ピーク時にはもっと両脇が紫陽花で覆われているのですが、流石に終盤この近くに「ハート形」の紫陽花もあったはず!なのですが終わっていましたね~(笑)日焼けしているあじさいもいくつか目にしますがまだ何とか見頃とまでは行きませんがOK御朱印を頂きに本堂に向かいますアナベルも白から終盤の緑色になりつつありますね日蓮宗の「髭...あじさい寺妙法寺

  • 天狗岳 撤退

    毎度おなじみ!?「桜平」から出発ですまぁ~いつものことながらコースタイムは最後に山野草を撮影しながら順調に「夏沢鉱泉」歩みを進めます順調に「オーレン小屋」流石平日テント場も2張あっただけですねさっさと通過此処を通ると大概「夏沢峠」に向かい硫黄へ・・・今回は「箕冠山・天狗岳」方面へ!今回は高山植物の女王「コマクサ」群生見たく天狗岳目指します只…ここまでは良かったこの箕冠山で休んでおられた方に「昨日は良い天気だったでしょ~」と聞くと「いやいや今日と同じだったよ」と・・・あ~昨日も山は天気悪しか~さらっと会話し私は急ぎます下り始めてすぐにコイワカガミやコバノコゴメグサが良し良しと、前方は東御市・上田のはずだが霧の中うっすらと言えていたのは此処迄でした根石岳山荘の場所までくるともうこのありさまうっ・・・霧が濃いど...天狗岳撤退

  • 登山道に咲く草花と高山植物

    今週は一日しか休みがないぞ!更に翌日からはズ~~~と「雨」予報何とかなるだろうと山に行く事に何処かは今回は書きませんが地元の山です(笑)駐車場まで40分位かな?朝4時15分出発山を見ると「ん~雲は掛かっていないが・・・何とかなるだろう!」と・・・今回は途中の草花と高山植物を先ずはギンリョウソウがお出迎えカラマツソウまだまだ沢沿いの登山道ですスダヤクシュこの花も平地の道では出会ったことは無いな~一寸山に入ると咲いてますキバナノコマノツメとある山小屋までは結構咲いてますその後はやはり標高なのか?見ませんねオサバグサそこそこの標高迄は咲いていますがもう、終盤でしたヨツバシオガマ見つけたときは「ん?なんでこんな所に?」と一寸ビックリフウロソウ最初見たとき開いていなかったので「なんだ?」と思いましが良く見ればな~ん...登山道に咲く草花と高山植物

  • 小坂観音院あじさい祭り

    梅雨は明けていないのに猛暑の毎日・・・会社の休憩室にいてもエアコンが無いため暑い!!そうだ!小坂観音院さんの「あじさい祭り」にいって来よう~と今年はどうなんだ?おっ!?良さそうじゃないか!結構見事に咲いてるぞ紫陽花寺としても有名な小坂観音院今は無住のお寺さんとなり同じ「山号龍光山」の岡谷の『昌福寺』さんが面倒を見ていますこの時期なのでいらっしゃるかな~と思いましたが・・・諏訪湖を一望できる「小坂公園」約800株の紫陽花が植えられていますが暑さで…よれよれ昭和44年に斜面にアジサイを植栽したのが始まりで、今ではアジサイに囲まれた寺にちなみに、井上靖の小説「風林火山」では、諏訪頼重の娘・由布姫(諏訪御料人/実名は不詳)は、武田信玄の側室となって武田勝頼を生み、この観音院で暮らす設定なっていますと、言う訳で昭和...小坂観音院あじさい祭り

  • 大衆食堂 まんぼう食堂

    林城跡を下ったらお腹がすいた・・・どうする?松本城近くまで行って「かつ玄」のカツか?バイクで走りながらしかし予定外の暑さだ!風を切っているので気持ちは良いが信号で止まると地獄ふっと目に止まったのは一軒の昔ながらの大衆食堂?良いんじゃない?少し通り過ぎるもUターンラーメンは手打ちとじゃないのがあるのか?丼ものにカレーか・・・ん~面白い時代を感じる暖簾が良い店名も面白い!何故に「まんぼう」なのだろう店内には3人居らっしゃった地元の方だろう当たりだな(お帰りになられてからの撮影です)如何にも昭和な店内営業している方は結構なお年のおばあちゃん多分この代で終わりだろう結果注文は「まんぼうラーメン」先にいた方たちも多分これ!当たりだなと確信「五目そば」か~久しぶりに見た「なると」の千切り五目のみ少しとろみがついている...大衆食堂まんぼう食堂

  • 林城跡

    あじさい寺を後に松本市山辺から百名山美ヶ原に向かうつもりだった・・・バイクに跨り良いご機嫌で気持ち良く走る・・・山辺を抜け近道の「桜清水」まで行って、ふと気が付いた・・「あっ!ガソリン」そう、寺を出る際「あ~ガソリン入れないといけないな・・・山辺のガソスタで良いか~」と・・・が、筑摩からついつい近道をし入山辺~桜清水と来てしまったものだからスタンドなど無し!!あちゃ~やっちまった!戻らんと…ここから先はガソスタ無いしショック予定変更を余儀なくされるで、私が毎年葡萄を入山辺まで買いに来るさい必ず通る場所ですし松本に20数年住んでいて知らない場所があるのでこの際だ!そこに行ってみるか~え~面倒いので毎度の手抜きでごめんなさい気になった方はお読みくださいもしくはスルー?急坂を何度も折り返しながら登って行きます。...林城跡

  • 弘長寺の紫陽花 2024

    想定外に天気が良くなってしまった休日・・・なんて事だ!と、さて?どう行動する?バイクに跨り出発!!目的地は決まった先ず伺ったのは松本市寿小赤の「弘長寺」さん毎年伺っています今年はどの紫陽花を紹介しようかな~と考えながら見て歩く約90種1000株の紫陽花が咲いているのですからアナベルとピンクアナベルこんな風に咲くわけが無く・・・比較明合成です『いろは』あっ!紫陽花の名前ですよ『チャプリット』チャップリンではありません『雨に唄えば』雨の日に撮影した方が良かったかな~『乙女心』乙女心と・・・初夏の空天気が気まぐれで困る!!『五車返し』ミクルマガエシ・・・桜は知っているのですが紫陽花にもあったんだ『笹の舞』何となく花弁に緑が多いような気がするのでかな?『響』うう~んウヰスキーと艦隊これくしょんの響しか思い浮かばん...弘長寺の紫陽花2024

  • トラットリア プルチーノ

    池田に行ったのだからと、さすがに女房の実家に顔を出さないわけにはいかないよね?とせめてお昼をお母さんと食べましょうと、前日に連絡してあったので夢農場を出る時に後20分くらいで行くからね~と・・・お母さんを同乗し目的地へ考えてたお店は生憎の定休日だったのでじゃ~こっちかと・・・堀金のイタリアンのお店へと向かうへ~こじんまりとしているけどお洒落そうなお店だね各テーブルには花一輪姫ひまわりかなコースターも手作り?お洒落ですね私と女房はピザランチなので最初にサラダが此れ一人前です結構多いな~葉っぱ(笑)見た目にも色鮮やかで種類も多いので三人で二皿を分けても有り余るほどです掛かっていたドレッシングは意外とさっぱりで美味しく頂けましたサラダはサニーレタス・ベビーリーフ・レンコン・ズッキーニ(二色)・ブロッコリー(二色...トラットリアプルチーノ

  • 夢農場

    そういえばここ数年行って無いな~と、池田町の「夢農場」さんへと向かって見た以前きたのは・・・?あっ!そういえばコロナ化の中「カミツレ」のピークの時来たか?今回は「ラベンダー」の見頃に伺いました今の時期は早咲きのイングリッシュラベンダーが終わり「グロッソ」が咲き誇っていますモンシロやモンキ蝶も蜜を求めて飛び回っています意外と蜂が少なくてびっくり夢農場内に立つ「かなえ地蔵」ラベンダーを堪能し、意外な天気のよさにのどが渇いたのでハーブジュースを頂くん?二種類?今回は女房も一緒なので「梅サイダー」と「ハーブ(ラベンダー)サイダー」今年は我が家のラベンダーは何故か?花穂があまり伸びずラベンダースティックは作れそうもないとこちらの売店で見た『サシュ』を作ろうかな~と見本に買っていた女房でしたさてさて、今回こそ池田町に...夢農場

  • ディア・ファミリー

    1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政と妻・陽子の娘である佳美は生まれつき心臓疾患を抱えており、幼い頃に余命10年を宣告されてしまう。どこの医療機関でも治すことができないという厳しい現実を突きつけられた宣政は、娘のために自ら人工心臓を作ることを決意知識も経験もない状態からの医療器具開発は限りなく不可能に近かったが、宣政と陽子は娘を救いたい一心で勉強に励み、有識者に頭を下げ、資金繰りをして何年も開発に奔走する。しかし佳美の命のリミットは刻一刻と近づいていた。冒頭のシーンから過去を振り返る構成で物語は展開され、最初から最後まで引き込まれました実在の筒井宣政さんが凄い人物なので、それだけで興味深い作品にできたとは思うが、これだけ没入できたのは脚色・演出の出来が素晴らしいからこそだと思う。終盤は涙なしでは観...ディア・ファミリー

  • 小雨降る

    二週間前まではこの日は既に梅雨も明け晴れ間が広がる予定だった・・・が数日前になると天気予報は大きく変わりこの週はほゞ「雨」マークなんですと~!!晴なら三連休なので「北岳」へ泊りで登る予定だったのに・・・この天気ではとてもとてもで自宅でおとなしくして入る事に雨降りの中、することも無いので久しぶりに少しだけ自宅の草花を撮影することにしたシャスターデイジー(ヒナギク)フランネルソウ花弁の上を水滴が踊りますヒメトラノオカラーの先っぽの丸まった所?キンセンカ他にも草花は色んな物が咲いてはいるのですが傘を挿しながら風も吹くので撮影が巧くいかないのでこれにて終了しました小雨降る

  • 食房 うゑ松 さくら寿司

    甲府などに行く際良く通る「七里岩ライン」途中の交差点にある「食房うゑ松」気になっていた長坂で半日仕事があったのでお昼をと・・・しかし寿司屋さんだしウナギの看板が出ているが・・一寸お高いお店なのかな~と思っていましたまぁまぁと暖簾をくぐるやっぱり「鰻」押しなんだな・・・あっ!定食もあるじゃないかにぎりにトンカツ・生姜焼きか~丼ものに蕎麦・カレー迄・・・ふ~ん迷うなしかし元は寿司屋さんだしな~・・・と、思いつつついつい「甲州豚」に誘われて「豚丼」に此れがね~苦手なつゆだく・・・蕎麦は小鉢は『なます』と「蒟蒻の酢味噌掛け」ん~苦手な酢の物更に酢が強い・・・こちらのお店『海鮮』が良いのかもしれませんね食房うゑ松さくら寿司

  • 90歳。何がめでたい

    これまで数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言して人づきあいも減り、鬱々とした日々を過ごしていた。そんな彼女のもとに、中年の冴えない編集者・吉川がエッセイの執筆依頼を持ち込んでくる。生きづらい世の中への怒りを歯に衣着せぬ物言いでつづったエッセイは思いがけず大反響を呼び、愛子の人生は90歳にして大きく変わり始める館は年配の方が多かった(そりゃそうか?)あちらこちらで笑い声が聞こえてきた。面白かった!痛快で面白いばあちゃん。唐沢寿明さん演じる時代遅れの編集者吉川と草笛光子さん演じる断筆宣言をした90歳の作家。暴れ猪、似たもの同士と2人家族に愛想をつかれ・・・部下へパワハラで部署を移動させられてしまった吉川にとって、愛子先生の時代の変化に対する痛烈痛快な言葉は共感出来たんだろう...90歳。何がめでたい

  • バッドボーイズ RIDE DIE

    マイアミ市警の敏腕ベテラン刑事コンビ「バッドボーイズ」ことM・ローリーとマーカス・バーネットある日、彼らの亡き上司ハワード警部に、麻薬カルテルと関係があったという汚職疑惑がかけられる無実の罪を着せられたハワード警部の汚名をすすぐべく独自に捜査に乗り出すマイクとマーカスだったが容疑者として警察からも敵組織からも追われる身となってしまう。頼れるのはお互いだけという絶体絶命の状況のなか、上司が遺した「内部に黒幕がいる」というメッセージを胸に、2人はマイアミを離れて命がけの戦いに身を投じていく先日観たあぶない刑事のアメリカ版?って感じ・・・主役2人がそこそこの年齢だからかアクションは控えめで銃撃戦がメインなのは仕方ないかな~もうボーイとは言えない年齢でとうとう体にガタが来てる2人だけど(笑)、シリーズ相変わらずの...バッドボーイズRIDEDIE

  • 蕎麦や「さくら」

    一寸、良いんじゃない?と、思われるお店を発見!!よし行ってみようと少し解りづらいお店でしたがふ~ん良さげじゃないですか・・・辰野病院の目の前です一寸解りづらいけどね~古民家を改築したのかな?囲炉裏が良いね鉄瓶も良い仕事してます(笑)ほ~・・・ざるだなお冷の後に麦茶が出て来て・・お通しですとお新香と蕨の炒め煮が出て来ましたあっ蕨、美味しいね~お新香も意外と塩味薄目で良き良き・・・頂き終わるころに蕎麦が来ました普通のお蕎麦屋さんより少し多めか?蕎麦湯はまだ私が来店3人目なのでまだサラサラですおばちゃんが持ってきてくれましたまだ湯で湯が新しいでサラサラでごめんね~いえいえ・・・と、持ってきてくれたのが梅蜜煮か?甘く炊いた梅がやけに美味しかった蕎麦や「さくら」

  • 枝垂れ栗森林公園 花咲く頃

    あれから数日たっているのでもう見ごろだろうとバイクを飛ばし昼の休憩時間を有効利用おっ?良いんじゃないか?大分咲いているような気がする長いひも状の花穂が何本も垂れ下がるように咲くのは雄花ふわふわして見えるのは白い雄しべをたくさん突き出しているためです(前回勉強した)シダレグリは、火山活動の影響によるシバグリの突然変異種といわれているそうです特徴として、「しだれ」と「頂芽の枯死」の2つの性質を持ちます。側枝の成長する方向や頂芽の枯れる枝の年数、枝の上に向かう性質と下へ向かう「しだれ」の性質などの兼ね合いで様々な樹形が作られており、自然の不思議さを感じさせてくれます枝垂れ栗森林公園の一番の画になる時期は「冬」の雪が積もった時期なのですが「花」の時期はどうなの?と以前から思っていたのですが、やっと来れましたね花の...枝垂れ栗森林公園花咲く頃

  • 瀬-梵

    高遠町から茅野市に抜ける杖突峠になる前に以前「こかげ」と言う地元のおばちゃん達がやっていたお店があったのですが、何回かこの道を通る際お店が変わったな~とは思っていたのですが・・・ほ~「瀬-梵」か~まさかフレンチじゃないよな~とは思いながら寄ってみる店内は以前とがらりと変わり靴を脱いで入るスタイルになっています外ではキャンプも出来るそうパスタとカレーのお店に変わったそうでもう少し町よりの「七面亭」の姉妹店だそうですあちらを若い二人に任せこちらを年寄り(若夫婦の親)が始めたそうですそうか~・・・では壁には洋画の古い映画のパンフレットが・・・あ~こうするとお洒落だな~と感じますお水はセルフ先ずサラダとガレットが運ばれてきましたん~サラダもガレットも美味しいね!続いてメインのカレーを・・・ズッキーニとプチトマト・...瀬-梵

  • 深妙寺

    本格的な雨降りの日少し早いが・・・と思ったが伊那市西春近の『深妙寺』さんに伺ってきた庭園は約2000個の石臼で作られ、日本一の石臼寺としても知られています「あじさい寺」と呼ばれ、約200種類・2,500株のあじさいが境内を埋め尽くし、33体の観音像に寄り添うように咲き誇る庭園です流石に一寸早かった裏の庭園はまだまだ3分ほどでしたね紫陽花はやはり雨が似合うとつくづく感じましたこれからが見頃を迎える紫陽花また様々な灯器を集めた灯火器の博物館『あかり館』やひときわ大きい“伊那観音”も楽しめます。その境内はアジサイの時期だけでなく池泉庭園のツツジ・サツキの花が咲く季節や紅葉の時期に訪れてもきれいかもですね最後に御朱印を頂き帰路につきましたあっ!アジサイは我が家の物です(笑)深妙寺

  • 悪は存在しない

    自然豊かな高原に位置する長野県水挽町は、東京からも近いため近年移住者が増加傾向にあり、ごく緩やかに発展している。代々その地に暮らす巧は、娘の花とともに自然のサイクルに合わせた慎ましい生活を送っているが、ある時、家の近くでグランピング場の設営計画が持ち上がる。それは、コロナ禍のあおりで経営難に陥った芸能事務所が、政府からの補助金を得て計画したものだった。しかし、彼らが町の水源に汚水を流そうとしていることがわかったことから町内に動揺が広がり、巧達の静かな生活にも思わぬ余波が及ぶことになる冒頭のカメラを真上方向に向けて木々の枝を仰ぎながらズンズン進む映像から引き込まれた感じだった普段、真上を見ながら自然の中を歩くことなど無いので、とても新鮮な風景に見えたカメラは信州の山村の自然を次々と切り取って、スクリーンに映...悪は存在しない

  • さてさて・・・どうする?

    朝食時「この後もう大きくならんでどうにかしてくりょ~(方言?)」と言われ置いてあった物はズッキーニか~まぁ~元々花を頂くものだしな・・・ほかの小さい物も何とかなるだろう!午後に出かけ先から帰ってきて頭の中にほぼほゞ構想はできているのでちゃっちゃと始めようかと思ったら無いわな~・・・しょうがない買い物に行くか!とちょこっとだけ買い物し先ずは花のついてないズッキーニは薄くスライスしカマンベールチーズとアンチョビを巻いて「ピンチョス」にアンチョビの塩味とカマンベールの濃厚な味わいが合わさり最高の当てに畑からサラダ小蕪を抜いてきて「海老と小蕪フレンチサラダ漬け」キュウリも畑にあったのでピンクペッパーがキュッと味を占めてくれます美味いね~と、女房あたり前田の・・・寒株の葉と剥いた皮は刻んで「塩昆布漬け」ふっ…これだ...さてさて・・・どうする?

  • 梅雨入り

    やっと今年も梅雨に入ったらしい・・・ある程度降る時には降らないとね!と、思っています雨の日にはどこかに昼休み出かけることも無く・・・少しは湖畔を歩いてみようかと湖畔を歩いても何かしらの良い景色があるわけでもなく只々小雨に煙る湖を眺めるのみ又、こいつが夏に向けて増殖し湖面を覆うようになるのかと思うと…今のうちに除去出来ないの?湖畔のウォーキング道路を彩る紫陽花も心なしか色が寂しいような梅雨入り

  • 回顧録 ジャルダン

    明科を後に今回は松本市内でどうしても探して行ってみたいお店がありました・・・今回のブログは私の個人的な回顧録だと思ってお読みくださいあしからず今年の冬、ふとした思いつきからむか~し松本駅前にあった「タウンホテル」一階の紅茶専門店「ジャルダン」を思い出しネットで検索してみると・・・!?あれ?なんかオープンしてる?ジャルダンで働いていた方がショット・バーを長い事経営しているらしいのですがその方が昼間のお店を始めたとか・・・当時の物を多少なりとも使い再現していると、言うではないですか!!バッカス此処か~駅前です店内に入ると女性の方が以前のジャルダンの方がやっているんですよね?と聞くとマスターは夜のお店が主なので昼はお店には出てこられないんですよとついつい私も昔の話を「タウンホテルの一階でジャルダンと言うお店に度...回顧録ジャルダン

  • 道祖神

    龍門渕公園で拝見したレプリカの本物を見てみたいと今回実は来たのです(笑)アヤメは・・・まぁ~場所はほゞ特定していましたので、以前明科廃線敷きウォーク「春」-信州諏訪発気まぐれ親父のブログ(goo.ne.jp)をした際に来た最後の場所から入った所だと言う事は解っていたのでここまでは?楽勝でしたが・・・こっちか?と山の中へ・・・途中で女房は「私は無理」と、引き返す始末山中を登っていくとん?橋?あれを渡るのか?と、渡ってみると・・あれ?道に出たぞ?ん~と登ってみるなんだ~車を止めたところをそのまま道を歩いてくれば良かったじゃん!!たく~その名のとおり一組の男女がキスをしている珍しい丸彫りの道祖神なのですが、一寸Hな雰囲気を醸し出していますねこの道祖神は安曇野市の有形文化財に指定されている貴重なもので、古くはパリ...道祖神

  • 菖蒲

    少し時期はずれたがまだ、大丈夫だろうと明科町「龍門渕公園」に向かって見た先週末はアヤメ祭りがおこなわれていたのでまさか3日やそこらで花は終わらないだろうと・・・おお~意外と?咲いているじゃありませんかと言うか・・・ショウブだよね?ショウブも菖蒲もアヤメと言う事で・・・・本当のアヤメは種になっていました種類ごとに名札?が付いていました個人的にはこの菖蒲が好みでしたね児化粧あやめ祭りは終わっていますがそれでも次から次へと見に来られる方も多く正直意外でしたそしてこの園内にはと、ある道祖神があるので一寸探しに女房は怪訝そうについてきますそれがこの「道祖神」ですが…こちらにあるものはレプリカなんです!!と、言う訳で明日に菖蒲

  • 奇木

    今まで冬にはいっているのだが初夏の花の咲いている時期に行った事が無いな~と昼休み向かったのは辰野町枝垂れ栗森林公園花も見頃では?と向かって見たものの早かった~終わっちゃったのかな?と近づいてみたら、まだまだ蕾の状態いつも思うのだがなんで栗の花ってあんなに長い花?がつくのに栗の実は一つなんだろう?(と、書き終えた後に一応ネットで調べて見たので成程ね!と軽い知識は入れました)今回イマイチだったのでもう一回!ネタにするため訪問するかもしれません実はもう一ネタと思い寄った所がまさかの…でしたのでそれも含めです奇木

  • 花きりん

    少し前になるが一山、二山?歩いた帰路あ~ランチを何処かでしようと思いながらついつい甲府市内まで来てしまった・・・さて?どうする?といつもの山手通りを走っていたのですがん?気になる~と思いつつも通り過ぎたものの気になりすぎてUターン(笑)店頭には「花キリン」その物が鉢に植えられていました好きなんだな・・・メニューは・・・ドリアにパスタん~喫茶だね~ん?鰺フライに鯖味噌?なんでもありのようですね面白いじゃないか!入ってみよううわ~中々とっ散らかった店内だな~手作り小物の販売もしてるし中古品もありか~店主が来てうちはマッシュポテトを使った物が売りだからと念を押してくるまぁ~ここで普通にかつ丼や鯖味噌を頂くよりは面白いかな?と注文を決めるん‥意外とでかい?ハンバーグポテトチーズ焼きオッ豆腐サラダ好き!パンと御飯ど...花きりん

  • 井戸尻の初夏

    井戸尻遺跡公園の睡蓮が見頃だろうな~と向かって見た大賀蓮がまだなのは承知の上ですおっ!?今年は花、多いんじゃないか?例年より咲いているような気がする少し雨が降っている位のほうが本当は来たいしスイレンに似合うと思っているのですが何せ雨が降らない!!どうした?梅雨はいつ来るんだ?降りそうで降らないスイレンの咲く田んぼ(故は)の横の田んぼは大賀蓮では無く「漁山紅蓮」と「ヒツジ草」の田んぼヒツジ草も今年は多いな~と感じる井戸尻遺跡公園でした大賀蓮は一ヶ月咲かな~井戸尻の初夏

  • 伊那丸富士見台

    霧ケ峰高原のレンゲツツジが見頃を迎えて居ると言う昼休みバイクを飛ばしてツーリングも良いなとビーナスラインを走るバイクや車が多いバイカー達は皆さん手を挙げて合図を送る楽しい!私が向かったのは観光の方はまず知らない「伊那丸富士見台」ビーナスラインにある所とは違います向こうに見える山は左から蓼科山北横岳南八ヶ岳へと続きますこの方向は天気が良ければ正面に富士山がみえるはずなのですが・・・残念雲の中観光の場所では無いので人の手が入らずススキが伸び放題向こうの山の上に見えるのは車山のレーダーですヤマップのアプリを開いていたものだから「道外れ」の警告音がずっと鳴っていて・・・何がそんなに連絡来ているんだろう?とずっと考えていました!いやいやここは一応?道もある場所なんですよ~と、言いたいがまぁ~此処に来る人はまずいない...伊那丸富士見台

  • オッペンハイマー

    第2次世界大戦中、才能にあふれた物理学者のロバート・オッペンハイマーは、核開発を急ぐ米政府のマンハッタン計画において、原爆開発プロジェクトの委員長に任命される。しかし、実験で原爆の威力を目の当たりにし、さらにはそれが実戦で投下され、恐るべき大量破壊兵器を生み出したことに衝撃を受けたオッペンハイマーは、戦後、更なる威力をもった水素爆弾の開発に反対する様になるが物語は、アメリカ原子力委員会によるオッペンハイマーの聴聞会から始まりますソビエト連邦との冷戦が激化していた当時、アメリカでは「赤狩り」で多くの共産主義者が取り締まりを受けたがオッペンハイマーもソ連のスパイだと疑われていたためですオッペンハイマーは原子爆弾の開発・製造を目的とする「マンハッタン計画」を主導し、1945年7月には人類史上初の核実験となった「...オッペンハイマー

  • 大公寺

    所要も済、さて少し時間が空いたがどうする?時間的に甲府迄「紫陽花」撮影はな~ちとしんどいかといって松本迄行ってもまだ少し早いしな・・・どうする?思いつきました!!初だけどな~韮崎市「大公寺」さん良く通る道から少し奥まった場所ですが気になっていて以前調べた事があり大公寺の紫陽花は、地元の旧甘利小学校の卒業生8名が「人々が気軽に立ち寄る事が出来心なごむ静謐な場を提供したい」と「大公寺を韮崎の紫陽花寺にする会」を結成!2010年から活動を始めたといいます「大公寺を韮崎の紫陽花寺にする会」の皆さんが、毎年少しづつ挿し木で紫陽花を増やし2022年には境内の空き地の8割ほどを埋め尽くす1000株を超える紫陽花が美しい花を咲かせるようになったそうですこの日も近くの老人ホームの方々が車数台で来ておられ丁度、帰る時でしたブ...大公寺

  • 日本すずらん咲く

    今の時期「入笠湿原」に来たのは勿論「日本すずらん」を鑑賞するためですドイツスズランに比べ花は小さいので木道にうつ伏せ状態で撮影しています「ニュービーズ」の香りする?解るかな~わかんね~だろうな~ある程度の年齢の方には解りますベニバナイチヤクソウとすずらんの共演昨日のブログで載せ忘れた「オオアマドコロ」ナルコユリに似ていますが違いますよ~白色の壺状の花を葉の外側に咲かせる事で『君影草』と呼ばれることも真っ白な可憐な花を今年もみる事が出来ました少し湿原を回って下山します日本すずらん咲く

  • 入笠湿原の

    天気に恵まれているので出かけたいな~とは思いつつも普段自宅にいないのでやる事が・・・でも!出かけちゃう・・・せめて午前中だけでもとバイクを走らせる一年に一度位は町の為にも?リフト乗るか~と入笠湿原に向かうが、気が付けばパノラマスキー場を横目にいつもの沢入り登山口を目指しているじゃありませんか(笑)やっぱり歩こう・・・平日だと言うのに駐車場は朝から満車いるんだな~と感心しバイクを止めチャチャッと登山道に咲くササバギンラン40分ほどで湿原到着リフト券買って乗ってここまで来るのは時間的には変わらないアヤメが咲き始めていましたアヤメ・ショウブ・カキツバタ区別着きますか?ハイ!!つきますウマノアシガタ今、一番咲いてますねレンゲツツジは咲き始めと言うことはあの場所はまだだな・・・ズミは終盤を迎えていましたミツバオウレ...入笠湿原の

  • 惨敗

    明日は晴れるだろう!と、期待し就寝しAM3時自宅を出発一時間ほどで着くので車中泊は止め向かったのは韮崎市「甘利山」駐車場についてみると…えっ!?こんなに来てるの?と言うくらいの車東屋の近くの場所は既に一杯・・・だよね~では山頂にと歩き出すもあ~ガスってるな~流石にこんな状態だと富士の姿は全くですせめて日の出までは粘ろうかと思う日の出ダメか・・・遊歩道もカメラマンがいっぱいでしたが皆さんあきらめムード霧に朝日が当たり黄金色風景西の空は青空が広がってきたが南は(富士山の見える場所)厚い雲の中一時間程いたが、この状態ではもう無理と判断惨敗でした惨敗

  • ふれふれ坊主

    毎年の事なので多分?今年も吊るしてあるだろうな~と、期待して向かったのは季節季節で色んなイベントを開催して下さっている「リゾナーレ八ヶ岳」さんん?今年は「ふれふれ坊主」が大分カラフルになっているのでは無いでしょうか?今年は使われなくなった傘をアップサイクルして作ったそうです廃棄物の削減をはじめSDGsに取り組む山梨県庁と協働し、県内の観光施設や「やまなしSDGs推進企業」の参画企業で忘れ物として廃棄されてしまうはずだった傘を使い約1,500本の傘が新たに雨を待ちわびるふれふれ坊主に生まれ変わらせたそうですよ!素晴らしい!雨の日は「ふれふれポンチョ」を貸し出しているそうで雨の日も親子で楽しめそうですねふれふれ坊主

  • 麦秋

    今年もこの時期になったか~と、初夏の光景水田から麦に変えている所も最近多くなった気がしますかろうじて富士山の頭だけが雲の上に出ています手前の白い花は「蕎麦の花」蕎麦はこの時期に咲く物もあるんです黄金色に輝く麦小麦なのか大麦なのかは?です最後にもう一度富士山と麦日に輝く黄金色の穂は美しく、麦畑を風がわたる時の乾いた音も耳に心地いいですねもうすぐ梅雨入りです麦秋

  • 西沢渓谷

    大菩薩嶺を後にして次に向かいたい場所がありました移動時間45分程、同じ山梨県内です三年ぶりに通行できるようになった「西沢渓谷」一周約10キロ3時間35分と言う事ですせめて3時間では回りたいな~と、考えています以前より来たいと思いながらの場所だったのでウキウキです一番の目的地は勿論「七ツ釜五段の滝」です軽ーくひと山登ってきているので多少疲れがあるので気を付けたいと思います甲武信ヶ岳のこちら側からの登山口がありました川上村から登るより距離ありそうだな~二股吊り橋女房と来ていたらこの時点でoutです高所恐怖症で歩けないでしょう・・・つり橋からの光景この時点から渓谷らしく川の流れの音しか聞こえてきません渓谷沿いを歩いているのでこれと言って花も無く・・・シダを撮影してみました所々でイワタバコがあるのですが花の時期に...西沢渓谷

  • 大菩薩嶺

    やっと休みに晴そうだぞ~!!良し!行こうと、前日に決めたと言うわけで前日の夜から出かけ「車中泊」をするある程度、早朝に出発し下山後ももう一ヵ所行きたい場所があるのです朝5時出発しようとトイレなど済ませているとロッジに泊まっていた方々に「写真を撮ってくれへんかな~」勿論OKで私はそのまま出発少しだけ霧のまくブナ林福ちゃん荘を通過し「カラマツ尾根」に向かいます霧もはれご来光です今季初の銀ちゃん「ギンリョウソウ」此の後、これと言った花も無くひたすら歩くのみ暫くし振り向くとお~富士山が!良いね~と、ここからほゞ富士山画像が続きます朝露と富士山雷岩と富士山雷岩から大菩薩嶺を目指し日本百名山・山梨百名山に登頂もう一度、雷岩を通り過ぎ大菩薩峠を目指しますが余りに富士山がきれいなので途中で朝食に海老のビスクとコーヒーで朝...大菩薩嶺

  • あらら・・・

    昨年の自分の記事を見て大体この位かな?と予定を立ててブログネタを見に行くのですがこの時期の茅野市玉川の長円寺さん新緑から深緑へと変わった「一行寺楓」はさておき見に来たのはこちらの「なんじゃもんじゃ」アメリカヒトツバタゴの花ですが遅かった・・・!今年は少し早かったんだね!遠目には全然OKなのですが近くで見ると既にプロペラ状の花は少し茶色くなりはじめ、地面を白く覆っていましたあれ?なんじゃもんじゃって雄蕊とか雌蕊無いのかな?今まで気にしたことも無かったが少し残念な結果だったので参道に並んでいる百体観音様に手を合わせ帰路に就くあらら・・・

  • マッドマックス フュリオサ

    世界の崩壊から45年。暴君ディメンタス将軍の率いるバイカー軍団の手に落ち、故郷や家族すべてを奪われたフュリオサは、ディメンタス将軍と鉄壁の要塞を牛耳るイモータン・ジョーが土地の覇権を争う、狂気に満ちた世界と対峙することになる。狂ったものだけが生き残れる過酷な世界で、フュリオサは復讐のため、そして故郷に帰るため、人生を懸けて修羅の道を歩む胸を熱くさせてくれた大作『FuryRoad』から10年弱、前日譚が観れる感慨深さフュリオサの半生に焦点を当てた今作前作の様にノンストップのど迫力アクションだけではなく彼女の心の強さも描き、荒廃した世界観は更にブラッシュアップされ、2時間半1秒も中弛みする事なく観れたあんなに激しい戦闘シーンに一切のグロさを感じさせず、簡単に血飛沫ブシャーも見せずに、このクオリティのアクション...マッドマックスフュリオサ

  • ついてない・・・

    二回続けて休日が「雨」も~~ついてないな~!どうにもならんじゃないか!と映画・・・そして、それだけではブログネタに困るからとまたも自宅の庭先で傘を挿しレンズを向ける小さい花弁の上の水玉にピンを合わせたはずなのだが?水玉が良く解らんぞ!?アッツサクラヒメシャガの花もぼちぼち終わりですねタイツリソウ(ケマンソウ)は伸びた茎の上にコロコロと水玉が岩シャジンの釣鐘型の花弁二は不釣り合いなほどの水滴がついていました先日来ていた孫は何やら花が好きらしく我が家から切って持って行った翁草の花が終わり花瓶でも花後にちゃんと「翁」になったらしく歓喜しているとか?翁になり切れていない翁草の綿毛の一歩手前の髭に水滴本当についてない・・・山に行きたいのに天気を見て諦めています次回はどうだろう?ついてない・・・

  • アルプス食堂

    実は今回紹介のお店昨年の秋が初めてで、その後何回かお邪魔している物の何故か?写真が巧くいっておらず(じゃ~今回はどうなんだ!って話ですが)あまりにもピンボケが多く伸ばし伸ばしに山梨県北杜市ではそこそこ有名なこのお店開店と同時にほぼ満席になってしまいます観光客向けではない、地元民による地元民のための食堂といった雰囲気カウンター席に座ります糸曼荼羅我が家にも玄関にありますご飯物もなかなかの充実ぶりですがここはやはり一番人気の「ラーメン」を頂きましょういかにも田舎の昔ながらのラーメン屋さん何も気取らないテーブルウェアが如何にも・・・一番最初に伺った際には、人気店なのでと頭にあって入ったのですが意外とスープの色が濃く「あ~この辺のあるあるか?濃いめの当たり?」と、思ったのですが意外や意外色の割に塩味は少なく旨味が...アルプス食堂

  • 関心領域

    空は青く、誰もが笑顔で、子供たちの楽しげな声が聴こえてくる。そして、窓から見える壁の向こうでは大きな建物から黒い煙があがっている。時は1945年、アウシュビッツ収容所の所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)とその妻ヘドウィグ(ザンドラ・ヒュラー)ら家族は、収容所の隣で幸せに暮らしていた。スクリーンに映し出されるのは、どこにでもある穏やかな日常。しかし、壁ひとつ隔てたアウシュビッツ収容所の存在が、音、建物からあがる煙、家族の交わす何気ない会話や視線、そして気配から着実に伝わってくる。壁を隔てたふたつの世界にどんな違いがあるのか?平和に暮らす家族と彼らにはどんな違いがあるのか?そして、あなたと彼らとの違いは?日本でも話題になった役所広司の「PERFECTDAY」を抑えて国際長編映画賞を受賞し、作品賞...関心領域

  • 談話室「サスナカ」

    職場が諏訪湖畔に変わり以前ほど(まぁ~以前がありすぎ)昼休みが長くは無いので昼間は諏訪市内で過ごすことが多く、以前と言っても40年程前の行きつけの喫茶店はもう営業しておらずのんびりできるお店を探しているのですが今回のお店はもうそれ以上に長い事営業しているお店です談話室サスナカ古くから上諏訪にある純喫茶です久しぶりに来た~~店内は静かな音楽が流れたくさん本が置いてあり昭和の香りがする店内あくまでも喫茶店アルコールは一切ない純喫茶少なくなりましたねこういうお店壁も掛けてある絵画も何処か?昭和レトロ灰皿をいまだにテーブルに置いてあるお店って中々ないぞ・・・店内にはジャズが流れる音響設備はそんなに高価なオーディオでは無さそうですねオンキョーのCDプレーヤーでしたケーキセット「パイケーキ(チーズケーキ)」お店の雰囲...談話室「サスナカ」

  • 丸松水産

    信州でも「生しらす」が食べられるんだぞ!と・・・まぁ~毎日では無いですがねと、言うわけで昼のランチにやって来ました!この日は「生しらす」入ってるよ~と、情報を得たのでこちらは毎日、駿河湾で採れたものを市場に直に毎朝行昼に提供していますこの画だけ見ていればおっ?!海っぱた(方言?)に来ているのか?と思うかも・・・大き目のお椀がおいてあり、お替り自由にいただけます此のあら汁が又美味しいんだ!!この日は丁度、御飯が無くなり後5分くらい待って~と言われたのでついつい来るまでに2杯そして・・・待たせてごめんなさいと「生の桜エビ」を頂きました(実は一寸お付き合いが)お待たせしました~「生しらす」たっぷりん~鮮度抜群なので全く生臭みも無く旨いね~小鉢も「釜揚げしらす」なのはご愛敬で!しかし釜揚げもふっくらで美味!おすす...丸松水産

  • 帰っきたあぶない刑事

    刑事を定年退職し、ニュージーランドで探偵事務所を開業していたタカこと鷹山敏樹と、ユージこと大下勇次が、8年ぶりに横浜へと戻ってくる。そんなある日、香港在住の日本人弁護士が何者かに殺害される事件が起こる。事件にひっかかりを感じた鷹山は、過去に2人と因縁のある男・劉飛龍(リウ・フェイロン)のもとを訪ねるが、鷹山はそこで出会った飛龍のビジネスパートナーであるステラ・リーが、かつての恋人に似ていることが気にかかった。その頃、2人の「T&Y探偵事務所」に永峰彩夏という女性が訪れ、母親を捜してほしいと依頼してくる。彩夏の母親の夏子は、鷹山と大下の旧知の女性だった。夏子捜索を開始した2人だったが、横浜では殺人事件が多発し、やがて爆弾が仕掛けられるテロまでもが発生する。横浜に伝説の刑事2人が8年ぶりに帰って来た!ダンディ...帰っきたあぶない刑事

  • 雨の日は?

    折角の休日だとゆうのに「雨降り」・・・さて、こんな日は?まぁ~私は黙って行く所はあるのですがそれでも今年は自宅の「草花達」撮影していないな~と、思い少し撮影してみようかなと思いますドリーメリアオダマキシャクヤクの花には蜜を求めて蟻くんがクリンソウナデシコなんかつまらんな~もっと面白い?画は撮れないのだろうか??自分の画力の無さにガックシ此の水滴にうまい具合に花でも写ればいいのですが…少し離れすぎていて無理クレマチスの花後の花芯に水滴がコロコロとヘメロカリスの葉に花がわずかになんか面白い事無いの?雨の日は?

  • お玉が池

    木曽から辰野町小野に抜ける「初期中山道」を走り抜けた際(バイクです)気になったのですが帰宅を急いでいたので又で良いか~と・・・が、翌日チャンスが訪れました(笑)意外と午前中の仕事が早めに片付いたので、これはチャンスでしょ!?多分一時間はかからないはずお得意の手抜きですお玉が池迄役1000メートル高低差200メートルそこそこ標高差あるな~と歩き出す後615メートルの地点まであまり高度を上げていない…ここからが上りでした成程…途中にベンチがあるとは書いてありましたがこれですか深緑の中一休み(しないです)なんとなく(おっ?あの先じゃない?)と思われる場所が見えてきましたと言うことは…この山の中に「金龍院」はあったという事か?、して池は?ん~~池・・・沼だよねあっ!底なし沼って書いてあったか?池?を見下ろす場所に...お玉が池

  • 贄川小学校桑崎冬季分校

    木曽奈良井宿を予定よりもわずかに早く出発できたので、ならばもう一ヵ所かねてより探していた場所が大まかな目途はついているので寄ってみる事にしましょうか!!と楢川村贄川宿をもう少し塩尻方面に向けバイクを「初期中山道」へと走らせる塩尻市と辰野町の境を少し過ぎたところで砂利道に入っていく・・・う~ん徐行しかないなそれでも周りは「止山」になっている位なので車の通りはありそうです2キロほど進むと目的地サイロがありました刈り取った作物を密封し、約3ヵ月乳酸菌の作用で発酵させる。すると「牧草の漬け物」のようなものが出来る。家畜にとってのごちそうとなる何故ここにあるかは不明贄川小学校桑崎冬季分校。昭和42年に閉校。昭和34年の時点で児童は16名だったそうです集落の子供たちの冬季の学舎だったのでしょうね私より少し上の年代なの...贄川小学校桑崎冬季分校

  • 木曽のおみやは?

    木曽に来たのだからと言って「桜巡り」の際はお土産は買っていないのだが・・・この時期だしな~季節ものだから買っていかない手は無いよな?と、とあるお店に伺ったら『定休日』は~ならばと、こちらのお店に寄らせていただきましたお目当ては?くずバーじゃないですよ(笑)こちらで季節限定品を買い求めさせて頂き「ランチ」後、本来は予定していなかった場所に奈良井宿『杉の森酒造』さんです朝はまだ営業前でしたので帰路によることに此の蔵の若き経営者の方と色々なお話をし私が「杉の森」を木曽街道沿いの酒蔵で一番好きだったこと今は旅館となった店舗の入った土間がまだ本当の『土』だった事・・・話したらきりは無いのですが・・・今、醸している三種の中から一本を選び購入空に一番近い酒蔵杉の森酒造住所長野県塩尻市奈良井551-1電話0264-24-...木曽のおみやは?

  • 豆腐料理 和幸家(かずさや)

    帰路、どこかでお昼をと木曽福島に寄ったのでお気に入りのお店はあるのですが新規開拓しようとうろうろと町内を走り回り・・・「豆腐料理」の看板久しぶり良いな~と和大店だが英語表記が並んでいる所が如何にインバウンドの方が多いかが感じられますあら?石ちゃんも来られたんですね!何を頂いたんでしょう?私は・・・店内はカウンター席5客とお座敷が2テーブルとそれ程広いお店ではありませんねお店のご主人は少しぶっきらぼうな方ですが根は良さそうな方ですねさてさて、運ばれてきました…が!すみませんカメラの電池が無くなりまして~スマホの画像です食事モードで撮影したら香の物にしかピンが来てない(笑)小鉢のフキの煮物あら~意外と薄味で炊いてありビックリ!!フキの爽やかな香りが鼻に抜けてgoodメインは揚げ出し豆腐笑っちゃったのが揚げ出し...豆腐料理和幸家(かずさや)

  • エメラルドグリーンの川

    又も木曽路ツーリングとなりました今回は大桑村「阿寺渓谷」に向かいました本来はこの川の色を女房にも見せたいと思い計画したのですが「一人で行って来て」と・・・森林鉄道跡の鉄橋前回(何年前だろう?)はみる事の出来なかった『雨現の滝』さ~ここからが阿寺ブルーの始まりです透明度が半端ないですね駐車場奥の遊歩道入り口からすぐ、吊り橋で川を渡ります地元のひのき・さわら材で作られている吊り橋は少し揺れてスリルがあり、眼下に美しい色の阿寺川が見られます六段の滝ここからはそうは見えませんが反対岸の道路からだと?こんな風に見えます六段の滝から中八丁つり橋に向かい橋の上からの光景此のつり橋を渡り道路に出、しばらくすると先の六段の滝が見える場所を通り駐車場に戻ります物足りない方は、さらに上流に車道を歩いて、かつて熊が親子で水遊びし...エメラルドグリーンの川

  • 奈良井宿

    休日の一日、本来は女房も休みなので一緒に出掛けようと言っていたのですが当日朝、風邪がひどくてとても無理と!ならばお山に行っていたのに…(泣き)ので予定通りに向かいます一人で久しぶりの奈良井宿少し朝が早かったのでまだ観光客の方は少なめでした良き良き木曽と言えば『御岳百草丸』大宝寺さんへ寄って「マリア地蔵」を拝見したかったのですが、時間が早かったのかまだ拝観できず残念でした高校時代の青春の一ページの思い出の場所だったのですがあれ?!杉の森酒造さん再開したのか!!?と入ってみると三年前から建物だけを「お宿」として使いだしたそうですそして貴重な事を耳にしましたのでそちらに向かいたいと思いますが、残念ながらまだ営業していないという事なので帰路寄ってみたいと思います最後にもう一度モノクロームにて宿場内に電線が無くなっ...奈良井宿

  • 猿の惑星 キングダム

    300年後の地球。荒廃した世界で人類は退化し、高い知能と言語を得た猿たちが地球の新たな支配者となっていた。そして、その一部の野心的な猿たちが巨大な帝国(キングダム)を築こうとしていた帝国の冷酷な独裁者であるプロキシマス・シーザーによって故郷の村を滅ぼされ、家族や友と離れ離れになってしまった若き猿ノアは、旅の途中で出会った年老いたオランウータンのラカから、猿と人間の共存についての昔話を聞かされ、ラカがノヴァと名付けた人間の女性と出会う。ノヴァは野生動物のような人間たちの中で誰よりも賢いとされ、プロキシマス・シーザーの一派から狙われていた。彼女と一緒に行動することになったノアだったが、プロキシマス・シーザーにとらわれ、ノヴァと共に彼の帝国へ連行されてしまう前作主人公シーザーが亡くなり、二代目はノアというエイプ...猿の惑星キングダム

  • ベーカリーカフェ 「モーツァルト」

    諏訪で少し観光をしたのでどこかでお昼して帰ろうか?と・・・さてさてこんな小さい子を連れてとなると、どうしても限られるな~ファミレスが無難なのだがふと思いついたベーカリーカフェ!!こちらは朝はモーニング昼はランチそしてディナー迄・・・と幅広いし子連れでもOKなキッズルームも完備されているのでこちらに決定!!先ずはレジにて「ランチメニュー」を選び先にお会計これには訳があります後程店内は既にいっぱいでしたのでテラス席へと案内して頂きましたランチメニューは「メイン」のほかは『サラダ』『パン』『飲み物』は全て取り放題?○○バーと言った感じですねのでメインが来る前にあまりパンやサラダを頂きすぎるとおなか一杯になり困ることに・・・(笑)パンやサラダは無くなると新しいものが次々出て来ますのでついつい「新しい物が焼きあがり...ベーカリーカフェ「モーツァルト」

  • 賑やかな一日

    久しぶりに娘が孫を連れやってきました仕事が終わり自宅に帰るとにぎやかな声が・・・少し早めに帰宅できたので一緒に夕飯を済ませ「花火」を楽しもうねと今は一年中「花火」売っているのでいつでも楽しめますね以前より花火に慣れてきたようです翌日、少し前どうやらTV番組でお城で宿泊できると言う番組を見たらしく「お城」に行きたいというのでこちらに生憎の曇り空で見える景色が少し残念流石「雨女」の娘(笑)お~いカメラ目線になってないよ~目の先にはインバウンドの海外のお客様方高島城を後に向かったのは「諏訪湖ダックツアー」私は以前一度だけお試し乗車?した事が諏訪湖ガラスの里を出発しヨットハーバーから諏訪湖にIN!!諏訪湖に入水すると孫は・・・?眠くなってしまったらしいいつも見ることはない「初島」を後ろ側?から後二ヶ月一寸で花火が...賑やかな一日

  • 満月庵

    今回、紹介のお店がオープンしてどの位たつだろう?国道20号を走る度、気になっていたが中々、寄る機会がなく(いつも同じことを言ってる気がします)今回は他の用事で向かった先がダメで「さて?どうする?お昼にしちゃう?」と、自宅方面に向かったいた際「今でしょ!」と確かっここは以前「居酒屋」か何かで長い事空き店舗だった場所お蕎麦屋さんになったのはわかっていたのですが・・・一寸、どうだろ?と思っていたので素通りだったのですが今回は車の数台止まっていたのでと言うのもあり寄ることに蕎麦やらしからぬ入口だな・・・店内に貼ってみると女性は一人・・・へ~女性が打ってるんだ二八か?ん?嫌変わり蕎麦だな!木の芽蕎麦か~どうだろう?炊き込みも良いな・・良し決まりだなビール安いなお座敷には「満月庵」の店名に合わせてか天空図?のタペスト...満月庵

  • 楽茶

    昼休みにバイクのオイル交換を頼んであったのだが少し時間が早いな~と思いながら久しぶりの裏路地を走っていると・・・ん?此の路地にこんなお店あったか?一寸時間つぶしになんて店内に入るとすぐに蔵書が並べられている・・・ふ~ん面白そうなお店だなぁ~カウンターに座るしずかに音楽が鳴っている見れば相当な枚数のレコード盤音響機器も…マランツのプリとメインアンプか~ティアックのプレーヤー妙に落ち着くさて・・・どうしようコーヒーはブレンドで良いのだが・・小腹を満たすには?今の俺は何を求めているんだ?この雰囲気に合うものは?ハヤシライスやナポリタンじゃ無いよな・・・夜はアルコールも置いてるんだ・・・奥の和室には本がたくさん並んでいる音楽と本を静かに楽しむお店か一寸、シャンデリアが違和感あるが日本の書斎っていう感じで良いのか?...楽茶

  • 萬馬軒

    久しぶりに「つけ麵」が食べたくなった!!ので諏訪に働き場所をを変えているので久しぶりに行こうかな?と・・・個人的に「つけ麺」と言うともうほゞここで決まり!のお店へと諏訪湖畔にあるラーメン屋さん東京目黒で人気を博した「萬馬軒」の兄弟店です年季の入った暖簾が美味しいぞ!と言っている・・訳ないか~(笑)普通のラーメンもあるのですが私は黙って「醤油つけ麺」です何が美味しいかってつるりと喉越しのよい中太ストレート麺のバランスが抜群に旨いこの極厚のチャーシュー!!厚いのだが柔らかい!!口中でほどけていく柔らかさ此のスープでつけ汁の濃さを自分で好みに合わせて頂く私はそば同様あまり汁は付けないのでほゞストレートで頂くが、最後は割スープを全て汁に入れラーメンスープの様に頂くのが決まりです昆布などを合わせた味わい深いスープは...萬馬軒

  • 定番

    飯山に私が行った際には必ず寄らせて頂くお店があります女房もこれを買って帰らないと「なんで!?無いの?」と突っ込まれてしまうので(笑)我が家にとっては定番の「おみや」ですこちらの洋菓子屋さんですこちらは「焼き菓子」が美味しいお店なんです聞く所によるとご兄弟でどちらかが「ケーキ」屋さんでどちらかがこの焼き菓子屋さんだそうですケーキ屋さんの前を通ったらお休みだったのでまさか!?と、思ったら営業されていたのでホッでした私の一番のお気に入りの「おへりょパイ」必ず買わせて頂いておりますと、女房の一番のお気に入りは「アスパラくん」アスパラの長野県一の産地のおみやです今回は以前無かった「アスパラ帽子」も頂いてみましたアスパラ風味の優しい甘さがgoodですサン、ローラン住所長野県飯山市新町146電話0269-62-3064...定番

  • 飯山ランチ

    さて、飯山に行った際は大概?はお昼は『蕎麦』と決めていますそれはこの地方のみのお蕎麦があるからこちらがまぁ~一番有名なのかな?富倉そば支店です予定していた事が出来なかったので開店して間もなく入店したのでまだお客様は居ませんでしたこの日は生憎の天気と予定していた温泉がまさかのお休み!で、体も冷えているので温かい蕎麦で温まろうかな~とは思ったものの・・・何のことは無いいつも通りの「天ざる」に落ち着きました(笑)ここも「そばつゆ」で天ぷらか?と思いきや『抹茶塩』が添えてありました良かった~天麩羅は海老2尾、南瓜、ピーマン、茄子という感じ。こちらは衣がやや油を含んでいますがカラッと揚がっているのでサクサクで美味しかったですこちらの蕎麦は歯切れ良く、よく噛むとオヤマボクチ独特の繊維を感じられる他には無いお蕎麦ですね...飯山ランチ

  • 鶴峯公園

    岡谷市の鶴峯公園のつつじを数年ぶりに見に行きました昼休みちょこっと見に行くか~と・・・昨日(14日)までが実は「つつじ祭り」が行われていました早咲きの物はもう終わり遅咲きの物が見頃…というかもう終盤でしたが何とか見れるかな~と、いうところでしたねこの鶴峰公園のいきさつはこんな事です川岸村(現在の岡谷市川岸)に、元片倉製糸の所有地で昭和のはじめに公園化して鶴峯と名付けられた土地がありました。昭和十一年秋、一帯の1.6ha余りの土地を川岸村に寄付し、村ではこれを記念して園内に三百株のつつじを植える事にしましたそこで、つつじを埼玉県安行から購入したのだが、安行側の勘違いで貨車三台分(3万株)のつつじが送られてきました。そのつつじの量に村中は大騒ぎ。だが返品もできず、青年会や商業会、村民の有志が何日もかかって植え...鶴峯公園

  • 印度屋

    以前より伊那谷を抜け権兵衛峠に向かう際、気になってはいたが大概が私の通る時間は早朝か昼も大分過ぎている時間なので寄ることはなかったのですがこの日は昼少し過ぎだったのでもしかしてまだ営業しているか?と、寄ってみました店名から言ってカレーがメインでしょふ~んカレーも種類が多そうだな・・・メニュー色々あるんだねランチはカレーじゃ無いのか…デザートもなんか充実しているアジアンセット?ん~インドっぽく無くなってきた気がするなんだかんだ悩んだが大きな窓からは南プスが一望できるロケーション鋸山、東駒ヶ岳、仙丈ヶ岳…優雅に佇む山々をずーっと眺めていたいそんな気持ちにもなりました訪ねてみるとカレーとランチはトンカツか若鳥のオーロラソースが選べるとの事なので若鳥のオーロラソースとカレーを頂きましたルーはスパイスが只効いてる訳...印度屋

  • 北竜湖

    先日の「幻の滝」を見に行けば私が行かないはずがない『北竜湖』に向かったもう30年以上前から飯山に訪れると必ず寄らせて頂いている湖です昔に比べ道も良くなり知られる湖になっています今年は菜の花の開花も早かったようでいつもこの時期までこの場所では菜の花のOKだったのですが北竜湖資料館此の資料館も湖畔のホテルも私が一番最初来た頃にはありませんでしたこんなカラフルなボートも無かったな~・・・あったのは足漕ぎボート今は無し飯山市の北東に位置し、三方を山に囲まれ、季節ごとに違った景色を見せてくれる神秘的な湖ゴールデンウイーク中は賑わったのでしょうがこの日は静かな湖畔でしたこの湖は家族との思い出もある私にとってとても懐かしい場所です又訪れますね北竜湖

  • ゴジラxコング 新たなる帝国

    怪獣と人類が共生する世界。未確認生物特務機関「モナーク」が異常なシグナルを察知した事を発端にゴジラが君臨する地上世界とコングが生きる地底世界の2つのテリトリーが交錯し、ゴジラとコングが激突する。しかし、その先には人類にとってさらなる未知の脅威が待ち受けており、怪獣たちの歴史と起源、さらには人類の存在そのものの謎に迫る新たな冒険が繰り広げられる。簡単に言えばコングに強敵が現れて圧倒的強さを誇るゴジラに助太刀を頼みに行くも、話聞いて貰えずドタバタしてたらモスラが仲介してくれて無事一緒にぶっ飛ばすお話?今シリーズでは色々な伝承、SF、神話などがごちゃ混ぜ………実体化していたりします、アトランティスっぽいのやら古代文明の跡には地下世界への扉があるだの、地表世界はゴジラが地下世界はコングが棲み分けることになり争いが...ゴジラxコング新たなる帝国

  • おうちごはん

    飯田阿智村で古木桜を探していた際、一本道を間違えてしまった時に見つけました現在の国道から外れた三州街道故に地元の方がほぼのお店かと思います店構えから間違いないな!と玄関から普通に一般民家玄関を入りスリッパに履き替えて入店です何組かお客様がいらっしゃいましたがどうやら皆さん地元の方のようですお昼のメニューは二択二択なら決定は早い注文をすると慌てて来るおばあちゃん・・・訳を伺い「良いですよ~」と訳は後程サラダと小さな揚げ出し豆腐野菜あんかけ香の物はぬか漬けぬか漬けは私も頂きます糸こんにゃくと根菜の煮物味付けが優しいんですね正直意外でした赤魚の粕漬浸かり具合が良く粕の香りがほんのりと口中に広がります赤魚の甘さも引き立つくらいの浸かり具合いがうれしいん?て思うかな?御飯とパン?御飯が無くなってしまったそうで御飯半...おうちごはん

  • 年に一度の

    今年は数年ぶりに見に行くことが出来るので・・・朝5時過ぎに自宅を出発向かう先は北信8時15分に現場?に到着良し!間に合った~カメラを三脚にセットしスタンバイすると周りにいらっしゃるスタッフから「後5分で~す」「後3分で~す」ワクワク・・・「後1分で~す」来た来た~樽川渓谷に1年に1度、5月8日のみ、その姿を現す「まぼろしの滝樽滝」新緑の緑とのコントラストが美しい少し曇り空も多くのカメラマンが居ました戦前までは5月8日にこの滝を見るため近村から多くの人が集まり、すぐそばにある不動明王にお参りをするという村民憩いの場でありました。しかし、水力発電所ができその余水を時折がけの上段から落したことからできたこの「まぼろしの滝」が「樽滝」として知られるようになりました日時:毎年5月8日8時30分~15時まで※一時期数...年に一度の

  • 高島城の藤棚

    ゴールデンウイークで賑わっている高島城址公園少しピークは過ぎ散り始めていますが「藤棚」が満開です諏訪市内で最古の樹齢140年以上と、言われ市の天然記念物に指定されていますこの日は絶好の晴れ間が広がる少し暑いくらいの陽気で強い日差しが降り注ぐ城址公園にお散歩風に揺られる藤の花からは独特の香りがしてきますつられる様に蜂たちも忙しそう藤棚の下にはベンチもあるので多くの方がお茶したりお弁当広げたりとゆったりとした時間を過ごして入らっしゃいました風で花びらが舞い散る風景もいい雰囲気ですよ高島城の天守閣と藤の共演ですもう終盤で大分散ってはいると思います2024年5月5日12:00撮影高島城の藤棚

  • とうみ食堂

    荒船山の帰りに寄りたい場所がありまして・・・(それも含め荒船山にしたのですが)少し離れて東御市に向かいます遠くなりませんか?いえいえ東御市から諏訪(富士見町)迄は一時間半かかりません向かったのは東御市田中駅前の温泉施設「ゆうふるtanaka」さんの二階にある食堂です先ずは温泉で体をいやした後にこちらに向かわせていただきました(同じフロアーだけどね)ほゞガラス張りなので明るいし奇麗な店内です店内にはジャズが流れお洒落なランプが下がっています時間が時間だけにあまり人はいませんでしたメニュースープカレーも良いけどハンバーグも捨てがたい・・・がここはお洒落に?(似合わね~(笑))ガレット頂きましたガレットの上にアグロノームの新鮮野菜を乗せてお召し上がりくださいとの事なのでその様に野菜が新鮮で少し苦みのあるのが又、...とうみ食堂

  • 里山歩きの草花達

    さて、今回里山登山した際に見つけた山野草や草花を少し紹介しようかと思います今回は少々自身の無い物もありますし希少植物にも出会えましたので気にして見てくださいね先ず登山道に入ってすぐ見似られたのがフイリミヤマスミレ・・・かな?自信なしですヤマエンコグサとミヤマキケマンうっ…ピンが甘い後ろの草にピンがいっちゃった・・フデリンドウ行に撮影したのですが下山時にはこれでもか!と、言うくらい咲いてましたこれが…解らないんです多分?マルバコンロンソウではないかと?解る方いらっしゃいましたらご教示くださいカヤツリグサ科スゲ属でしょうが何スゲ?かは解りませんあしからずもう、大分終わっていましたねハシリドコロ猛毒の草なので注意が必要ですヒメイチゲアズマイチゲやキクザキイチゲと比べると小さいので見逃しが多いですね多分コガネネコ...里山歩きの草花達

  • 里山登山

    ゴールデンウイークの最中に休みが取れたのは…四十数年ぶりか?一日だけですが(笑)天気も良さそうだしなまり切った体に少し鞭を打たんといかんな!と、八ヶ岳は多分、渋滞するだろうしさて?どうしようかと悩んで就寝し起きた時点で決めることに(なんと気まぐれな奴だ!)寝ながら富士山方面に行くかどうしようか迷っていましたが決めたのは長野県と群馬県の県境の荒船山に移動時間は約二時間で内山峠登山口に到着流石ゴールデンウイーク一杯です新緑シャワーの中気持ちのいい歩きです日頃の疲れも吹き飛ぶかのような気分一気に視界が開けましたここは艫岩(ともいわ)と言われるテーブルマウンテンの頂上?なので決して「荒船山」の山頂ではありません艫岩は200~300メートルの絶壁が続く巨岩です艫岩で軽く休憩をし山頂を目指しますここから1.2キロほど...里山登山

  • 夢街Labo

    箕輪町の桜を見に行った際、向かう途中で「あれ?このお店いつできた?」と、思うような「カレー」と書かれた桃太郎旗がたなびいていた・・・帰りに寄ってみるかと桜を鑑賞した後に寄ってみるコワーキングスペースか・・・駐車場に数人の女性がいたので「ここでランチできるんですかね?」と、聞いてみるも「入った事無いけど多分出来るんじゃないかな~・・・」あら?そうなんだねまぁ~入ってみましょう・・・軽食ですが出来そうですねおお~飲み物は充実していそうふ~ん・・・さてどうしようか?最初に気になったカレー?ん~・・・注文後にこちらですと通されたのは、成程!向こうはコワーキングスペースなんだねフリーで座れるコワーキングスペースのほか、仕事に集中したい方向けの半個室スペース会議室、オンライン会議で使用できるレンタル室などを完備してい...夢街Labo

  • 今季最後の・・・

    長いこと続けた桜便りも2024年最後の桜となりましたやっとそれなりの日時に近づいたかな?ここの桜が満開だよ~と情報を得た二日後に向かって見ると・・・あらら!大分散っちゃってました見事な花をつけているのは鐘楼近くの枝垂れ桜のみでした咲いてからが速かったそうです少しでも風が吹けば舞い散る花吹雪ゴールデンウイークも入ったばかりです4月29日12:30分撮影近年はこの場所の桜も5月までには散ることが多いような気がします温暖化かな~とも思いますが信州はまだ山桜はそこかしこで咲いています明日からは今まで桜巡りの際に立ち寄った飲食店の紹介を挟みながら徐々に現在の記事に戻して行けたらな~と桜巡りは又来年も引き続き新たな古木を探してみたいと思います今季最後の・・・

  • 鼎談桜

    今年の古木桜巡りも終わりました・・・ほゞ一ヶ月「古木桜」で通してしまいました飽きられたかな?等と言いつつ『桜』ネタが終わりません(苦笑)古木ではないのですが富士見町の「田端の鼎談桜」がもう?と言う日に満開、散り際になっているのでしたまさかな~とは思いつつ見に行って良かったです当日明け方まで降っていた雨も止みいいお天気にとある用事の為、長坂に向かう際に気になって見に行ってみた(場所を知っているので大通りからも分かるのですが)まさかの満開雨上がりの幻想的な雰囲気に包まれ、くっきり浮かんだ南アルプス駒ケ岳(甲斐駒ケ岳)や鳳凰三山を背に白い花が輝いていた。左上に見える白い場所が「日向山」鼎談桜の下まで行ってみるともう既に少し散り始め八ヶ岳眺望3つの桜が隣り合って鼎談しているように見えることから名付けられた鼎談桜長...鼎談桜

  • 卒塔坂のひばり桜

    大岡村を最後に帰路に就く・・・国道19号をひた走る・・がん?生坂村に古木桜あったんじゃない?走りながら思い出すも少し不安よし調べよう!あったね!生坂村役場付近か!まだ通り過ぎていない役場裏の坂道とあるが・・・あ~この桜か~・・・生坂村役場後の急坂の途中にあり、おとぎ話と俳句で有名な巖谷小波が昭和2年に命名した桜既に散り終わっていました残念で、説明は手抜きです(笑)僅かに残っていた花弁根元は笹や草で隠れ幹にも蔦が絡まるなど整備状態は良くない?長野県東筑摩郡生坂村上生坂5073●枝垂桜●樹齢300年幹周3.4m平成1年6月、村の天然記念物に指定2024年4月22日12:30分撮影葉桜卒塔坂のひばり桜

  • 天宗寺の合掌桜

    今回は北から少し南下します国道19号線を信州新町を抜け(あ~ジンギスカン食べたいな~)信州新町の外れから大岡地区へと上ります北アルプス展望の素晴らしい所ですね満開でした…というか丁度散り際!!少しでも触るとひらひらと花弁が落ちます天正3年(1575)の建立を記念して本堂前に2本のシダレザクラが植えられたとつたえられ清楚な花を付けた2本の木は互いの枝先を合わせることから、合掌する檀徒の姿と重ね合わせて名付けられたという「合掌の桜」2007年放送の大河ドラマ「風林火山」ゆかりの地で、由布姫の母「華厳院」のお墓がありますこんな所で諏訪とも少し関係があるのですねう~~ん深い平成12年、市の天然記念物に指定長野県長野市大岡乙74●枝垂桜●樹齢400年2024年4月22日11:40分撮影散り始め天宗寺の合掌桜

  • 塩生の江戸彼岸

    今季はこの日が「古木桜」巡礼最後だろうな・・・と決め少し朝はぐずついた天気だったがバイクで先ず向かったのは長野市この地は古くは小市渡から小野平、下峠を経て戸隠方面に通ずる古道だった地域へと向かったが・・・う!ほぼ散っているではないですか!遅かったか~ハイ~お得意の手抜きです(笑)R6.3月の雪の影響で一部枝が折れてしまい、枝ぶりが変わっています元は木の切り口が茶色く見えている所にも立派な枝があったのですが・・・訪れたかったな~昭和42年、市の天然記念物に指定されました推定樹齢700年とされる古木であるが樹勢は旺盛で今年も見事な花付だったそうですこの桜は必ずもう一度リベンジさせていただくと思います!2024年4月22日10:00撮影長野県長野市塩生(しょうぶ)●江戸彼岸桜●樹齢約700年樹高18.2m幹周7...塩生の江戸彼岸

  • 富士見町内の古木桜

    諏訪高島城がまだ咲いているので大丈夫だろうな~なんて思っていて地元「富士見町」の古木桜を置いてけぼりにしていたら…あれ?もう散り始めていた?!これはいかんぞ!とサクッと回る咲いているようで既に花は無し・・・蕊が赤く見えるだけ(泣笑)田端の枝垂れ桜桜保護の為近くには立ち入り禁止。幹は欠損し、衰えが目立つ葛窪の枝垂れ桜高森観音堂の枝垂れ桜枝ぶり、樹形は富士見町随一、藁葺き屋根の観音堂との雰囲気も良い唯一の富士見町天然記念物井伏鱒二さんが愛したしだれ桜があります。それは南アルプスを背景にお墓の上に大きく枝を広げていますすぐ隣に井伏さんの別荘があります乙事の枝垂れ桜一時期より樹勢が回復し見事な花を咲かせています富士見町内の古木桜を一気に回ってみましたすべて2024年4月19日13時30~14時20分の間に撮影です...富士見町内の古木桜

  • 一の沢の枝垂桜

    本当はもう少し回りたかったのですが時間に押されこの古木桜が今回の南信ツーリングの最後の古木桜となります途中で迷ってしまいえ~い!お昼が先だ!と(いづれ紹介します)食事を頂きながらもう一度「資料」を確認してみると・・・ん?ここで間違えたのか~良し!中央道を見下ろす場所に立ち周りはもう花桃が満開です国道153号線、「駒場西」信号を右折、200mほど行って右折し、中央道の下を潜った細い林道沿い中央道を見下ろした土手にある巨木幹は朽ちて空洞です既に落花が多いのでそう感じるのか少し勢いが無いように感じました長野県下伊那郡阿智村駒場1456-4●江戸彼岸桜●樹齢500年樹高10m幹周7.3m2024年4月17日13:40分撮影落花盛ん一の沢の枝垂桜

  • 説教所の大桜

    同じく清内路村から・・・と、向かっているとあれ?「黒船桜」の直ぐそばだったじゃないか!なぜ?寄っていなかったんだ?黒船桜は以前紹介しているので今回は素通りです(笑)阿智村(旧清内路村)の黒船桜-信州諏訪発気まぐれ親父のブログ(goo.ne.jp)下清内路の説教所(下諏訪神社)境内にある。この桜は黒船来航の嘉永6年(1853)、下清内路の芝居舞台が焼失した時の灰を元肥にして、櫻井常太郎氏が植えたとされています雷の跡は残るものの樹勢はまだ衰えていず、元気に花を付けていますね昭和48年4月、村の指定天然記念物に指定されています長野県下伊那郡清内路村下諏訪神社●枝垂桜●樹齢推定130年2024年4月17日12:25分撮影散り始め説教所の大桜

  • 夫婦桜

    木曽路から峠を越えて伊那谷に向かいます朝のうち降っていた雨は止みいいお天気に!!良いツーリング日和となりました峠を越え清内路村に入ると直ぐに「夫婦桜」の看板が実は以前にも来たことがありましたが、しかしその際は「夫婦桜」は主体にしておりませんでしたので改めての投稿とさせていただきます国道256号線の北側、清内路村の集落内の石垣の上に静南寺がある。境内庭先に二本並んで立っていたが、数年前に、婦桜は枝を残して朽ちてしまったのですが、何とか復活?昭和48年4月、村の天然記念物に指定されました長野県下伊那郡清内路村水晶山「清南寺」●江戸彼岸桜●樹齢200年●樹高7.5m幹周4.2m2024年4月17日12:08分撮影満開夫婦桜

  • 一石栃の枝垂れ桜

    この日はもしかして?と、場所の確認のためと思い上松町の場所の解らなかった「新田墓地の桜」を確認しようと向かったのですが・・・あれ?違う!解らない!と、観光案内所によってみた余り詳しいことが解らずだったが何とかグーグルマップで「ここですね!」の、場所を見つけて頂いたが・・・行ってみると何か違う!?小学校なんか無いし・・・近くにいた「用務員」さんに尋ねる「あ~新田墓地はここじゃなくこう言ってあ~行って」と、教えて頂いたがまたも道迷い・・・止めた~!!来年だ!!おかげで小一時間のロス!次に向かった先は「一石栃の枝垂桜」まだ早いかな~と、思って行ってみたら既に散り始め良かった~・・・数年前に一度来たことがあったが周りこんなに荒れていたっけ?と思うような状態に既に大分散ってしまった事もありますが花付がイマイチかな~...一石栃の枝垂れ桜

  • 木曾儀昌公お手植えの桜

    前回の木曽路「古木桜巡り」の際、寄って見たもののまだ蕾だったので諦めた桜ですあれから3日ほどでブロ友さんの(おこがましいですが)木曽Now2(goo.ne.jp)様にお願いし確認していただくとまさかのもう満開だと言う知らせが入り急遽今回は北信を攻める予定でしたが変更しまたも木曽路へと向かいました国道19号線、木曽大橋から開田高原に向かう国道361号線を4km程入った新開黒川地区に「つけもの茶屋」がありその先に東山観音堂があります久しぶりに出ました!!お得意の手抜き(笑)こちら東山観音堂の横に立っていますん~嫌な場所に電線がありますね~こればっかりは流石にどうしようも出来ません(泣)中世木曽氏の家臣であった黒川郷の豪族古畑伯耆守が勧請したものと伝えられています堂脇には柵で囲まれた桜があり「木曽義昌手公植之櫻...木曾儀昌公お手植えの桜

  • 高島城の桜

    毎日、横目で見ながら「まだだな・・・」と思っていたら!あれ?一日で満開になったか?と思った翌日、いくらなんでも・・・とお濠を見るとすでにチラリホラリと寄ってくか!?平日の夜にもかかわらず多くの方がビニールシートを広げて楽しんでいらっしゃる良いな~たまには夜桜見物もいいか・・・今年は諏訪の古木桜は巡らないでいようと思っているのでお濠に映り込む桜昼間の桜もいいけど夜もね南側の枝垂れ桜はもう大分散って葉桜になりつつありました仕事の帰路久しぶりに寄ってみました満開から散るのが今年は早かったですね2024年4月15日19時40分散り始め高島城の桜

  • 手長の桜

    一度見に来たのですがまだ五分咲か?と、出直そうと思っていた日から5日・・・そろそろか?おお~良いね~!!満開から少し散り際のベストタイミング伊北IC近く、オリンパス辰野事業所傍の中央道の脇にエドヒガンが見える「手長のサクラ」と呼ばれる桜で、元手長神社の参道の桜とされる枝枯れで枝切りされ、衰えが激しく心配な桜だったが4年ほど前から大分、樹勢が回復し現在では見事な花付を見せるまでになった長野県上伊那郡辰野町羽場森下7833-1●江戸彼岸桜●樹齢300年幹周4.2m2024年4月14日12:30分撮影散り始め手長の桜

  • 宮の原の枝垂れ桜

    木曽路を後に帰路に就く・・が!それ程遠くは無いし昨年は見ていないし見たいよね~と樹勢はきわめて旺盛で、下垂した枝が道路下の水田に届かんばかりに覆いかぶさっている樹形に特徴が50年ほど前、車道の工事に伴い周辺にあった桜が何本も切られたが宮の原地区の住民の希望により、この樹だけは残ったという。長野県伊那市西小出三区宮ノ原●枝垂桜●樹齢120年樹高7m幹周4.2m2024年4月12日14:20分撮影満開宮の原の枝垂れ桜

  • 興禅寺の時雨桜

    上松町でまさかの時間を取ってしまいましたそして若木(古木のひこばえ)だからもう咲いているかな?と、先に向かったら…まったくの蕾!!(そろそろ(20か)満開かも)今回の木曽路最後に向かいます興禅寺さんです枯山水のお庭が有名なので拝観したかったのですが・・・一寸時間に追われてます観音堂脇に、藤棚のように碁盤の目のように組まれた支え一杯に枝を広げ、濃い紅の色で埋めるしだれ桜木曾義仲公お手植えの二代目で「時雨桜」という名前が付けられています先代の桜は、昭和2年の火災で消失したが、根から芽吹いたひこばえが成長した枝垂れ桜別名「興禅寺の時雨桜」と呼ばれています長野県木曽郡木曽町福島5659●枝垂桜●樹齢不詳2024年4月12日12:45分撮影興禅寺の時雨桜

  • 玉林院天神様の枝垂れ桜と・・・

    上松町には5本の「町天然記念物」に指定されている古木桜がありますそれらを探して・・・先ずは一番わかりやすい所からと「玉林院」さんへと向かいます本堂裏手にある天神山へ天神山は木曽氏十九代の弟が居館を構えていたと伝えられていますその地に立つしだれ桜は、推定樹齢300年の大樹降るような薄紅色の花をつけ、木曽路の空に映えます町民から「天神様の桜」として親しまれ、夜になるとライトアップされています長野県木曽郡上松町瀬木756●枝垂桜●樹齢300年2024年4月12日11:40分撮影そして・・この後が見つからなかった近くの交番によって聞いてみても???で自力で探します一本はもしかして?あれ?と、思っていたのが天神様の桜から見えていた一本です近づいてみると標柱に「4号天然記念物」と記されていましたこれだ~ほとんど樹勢は...玉林院天神様の枝垂れ桜と・・・

  • 上郷のエドヒガン

    一旦、国道に出て北上する・・・大桑村内最後の古木桜ですここに向か途中で狭い道にびっしりと車が止まっているじゃありませんか!えっ?こんなに人気ある?違いました線路脇に立つそこそこの古木桜とJRの写真を撮影する「撮り鉄スポット」でした(笑)素通りこちらの桜よそ様の敷地内なので撮影前にご自宅に挨拶をしおばあちゃんにOK頂きました「おお~いいよ、でももう散り始めているら」と確かにもう蕊の中心が大分赤味を帯びているので少し風が吹けば散りそうです昔からこの木の下を行き来する旅人を見てきた古桜かつて多くの人々が往来した旧道沿いです今なお健在で毎年見事な花を付ける。村の天然記念物に指定されています長野県木曾郡大桑村須原●江戸彼岸桜●樹齢不詳●樹高13.5m幹周5.8m2024年4月12日11:00撮影散り始め上郷のエドヒガン

  • 天神様のエドヒガン

    同じく大桑村からこちらも余り人には知られていない古木桜です地元の方は天神様の桜と国道19号線から県道265号線に入り須原駅の先で中央本線を渡ると須原市街を見渡せる高台に出ます眼下に線路が見え撮鉄のスポットかな?しかし流石にもう大分、散ってしまったようです残念ながら小さな社があり、天神様と言われて居るそうです中山道沿いには、あまり知られていないこんな古桜がまだまだありますね長野県木曽郡大桑村須原●江戸彼岸桜●樹齢不詳2024年4月12日10:37分撮影落下盛ん天神様のエドヒガン

  • 伊奈川神社 庚申堂の枝垂れ桜

    先ず向かったのは木曽路を走り大桑村へ昨年赴いたもののまだ3分咲きで納得できなかったので大桑村長野の大野集落伊奈川神社社叢があります少し離れた場所にあるため訪れる方は少ない社叢の下にある庚申堂の傍らに、ひっそりと自立しています思わず心の叫びよっしゃー!集落にある大野家の数代前当主の大野岩吉氏が、秩父三十四箇所・四国八十八箇所・西国三十三箇所坂東三十三箇所の各観音霊場を巡拝した記念に植樹されたものだそうです風格を感じる枝ぶり山の中でひっそりと毎年変わらずに咲大野家を見守っているのでしょう最初の一本から満足させていただけた古木を巡ることが出来ました長野県木曽郡大桑村長野●枝垂桜●樹齢不詳2024年4月12日AM10:00撮影満開伊奈川神社庚申堂の枝垂れ桜

  • 六道の堤

    高遠城址公園が満開となった日、私は特にそれ程興味がないので「古木桜」を巡ろうと思います目的地に向かう前に高遠城址公園を横目に素通り(笑)城址公園よりこっちのが良いよ~と寄り道高遠城址公園より10分ほど離れた場所にある「六道の堤」近年やけに人気が出てきました以前は駐車場?も無くあまり人も来なかったんですけどね~今は駐車場?(ほゞ畑)もあります残雪のアルプスを背景に色味の濃いピンクの桜が咲く様子は圧巻風が穏やかな日には、水面に桜が映り込み、とてもフォトジェニックです約120本の桜が植えられており、堤の周囲を取り囲むように咲き誇ります一周回っても15分くらいで回れますさ~軽~く回ったので目的地に向かいますこれから一週間、「古木桜」を一日一本紹介しますが・・・多分最後のほうは散っているかも?撮影日だけは載せておき...六道の堤

  • 上ノ平城址跡の一本桜

    信州の春も大分、北上してきましたしかしこの日の時点で信州諏訪はまだ桜の開花3分咲程ではと少しだけ南下信州箕輪町まで行ってみましたん?ホシノヒトミがメインじゃないぞ!そうそう!こっちです伊那源氏発祥の地と伝えられており、鎌倉時代には知久氏の拠る処となったといわれ、また、戦国時代にも使われていたという上ノ原城址車一台ぎりぎりの離合不可能な狭い道を登ると雄大な一本桜が現れる町の絶景ポイントで、伊那谷の壮大な眺めも楽しめます近年人気が出てきており向かう道はこの時期のみ「一方通行」になっており50メートル程離れたところに駐車場も出来ました。この日も脇の東屋で桜を愛でながらお弁当を広げている方も長野県上伊那郡箕輪町南小河内●江戸彼岸桜●樹齢90年以上2024年4月10日撮影上ノ平城址跡の一本桜

  • 自宅に咲く草花達 清明

    徐々に春らしくなってきた我が家の庭まだまだスイセンやチューリップは伸び始めですが前回紹介した「ユキゲリ」の色違いが二色咲き始めていましたこちらも前回も紹介した「クリスマスローズ」の色違いこの花プスキニアが正確のようですねで、この花も今までず~~っと「ヤマルリソウ」と、が…どうやらハイムラサキが正確のようですスイセンはまだですが一回り小さいミニスイセン「ティタティタ」は咲き始めましたやぶ椿などの常緑樹の木陰では「シュンラン」が見頃を迎えており今年は大分、株分けしたようです最後に「馬酔木」アセビはAndromedaとも呼ばれているそうですこれはアンドロメダという女性の名前で、アンドロメダは古代ギリシャで自分の国のために生贄になそうです故に花言葉は「犠牲」「献身」「あなたと二人で旅をする」なんとも和名と違う表現...自宅に咲く草花達清明

  • オーメン ザ・ファースト

    アメリカ人のマーガレットは新たな人生を歩むべくイタリア・ローマの教会で奉仕生活を始めるが不可解な連続死に巻き込まれてしまう。やがて彼女は、恐怖で人々を支配するため悪の化身を生み出そうとする教会の恐ろしい陰謀を知る。全てを明らかにしようとするマーガレットだったがさらなる戦慄の真実が彼女を待ち受けていた。「悪魔の子」ダミアンに翻弄される人々の恐怖を描き世界的ヒットを記録した1976年公開の名作ホラー「オーメン」の前日譚で、ダミアン誕生にまつわる秘密を明かしたホラー映画。今まで謎のままだった悪魔の子「ダミアン」出生の経緯が描かれる・・・最初から最後まで不穏不気味な展開グロいしエグいし良い意味で最悪?ダミアン誕生話はそんな理由で?!かつ誰がダミアンの実母になるのか(大体途中で想像がつきます)伏線と回収も秀逸なミス...オーメンザ・ファースト

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、気まぐれ親父さんをフォローしませんか?

ハンドル名
気まぐれ親父さん
ブログタイトル
信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
フォロー
信州諏訪発気まぐれ親父のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用