searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

yuniko13さんのプロフィール

住所
イタリア
出身
未設定

在イタリアならではの、イタリアワインの専門的なテイスティングノートとゴールデングローブ候補映画の評論、イタリア情報

ブログタイトル
在イタリア、ソムリエのワインノートとイタリア映画
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ushiodbt
ブログ紹介文
ソムリエ20年、イタリアワインのテイスティングノートとイタリア映画評論、イタリア情報
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2015/04/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yuniko13さんの読者になりませんか?

ハンドル名
yuniko13さん
ブログタイトル
在イタリア、ソムリエのワインノートとイタリア映画
更新頻度
68回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
在イタリア、ソムリエのワインノートとイタリア映画

yuniko13さんの新着記事

1件〜30件

  • KLMでアムステルダム経由 ローマまで 4

    KLMでアムステルダム経由ローマまで帰国後ローマの空港に着くと、もうみんなバラバラと、一目散に出口へ向かう。荷物を預けている人はそう多いわけではなく、私が日本からの荷物を受け取ったときには、もう周りに人は誰もいなくなっていた。税関にも係員はいない。今は、24時には、空港を閉めて消毒作業をすることになっているようだが、遅い時間の到着フライトも少ないもよう。外に出て、一路、家へ。4ヶ月ぶりの懐かしい我が家。さて、成田で記入した3ページの用紙は、捨ててはいないが、結局提出するところはなく、そのまま。成田で、空港職員(KLMの職員)に、あれだけ、書きましたね!?って念押しされたのに(笑)しかし、成田で、必ず登録してくださいね、と言われたAPP、ちゃんと登録していたので、その件で翌朝から動きだす。APPは、チェックイン時...KLMでアムステルダム経由ローマまで4

  • KLMでアムステルダム経由 ローマまで帰国 3

    この時期、日本からヨーロッパへ帰国しないといけない人のためにアムステルダムには20分ほど早く着いた。乗り継ぎに、5時間以上待たないといけないので、少しは遅れても良かったのに(笑)トランジットの方へ向かうと、すぐに手荷物検査があった。後で気がついたのだが、機内でもらった飲みかけの水のボトル、後で捨てようと持っていたのが無事に検査を通過していた。たぶん、量が少なかったから?なお、ここで、初めての経験なのだが、みんなバッグの中に閉まって、と言われたものの、PCは取り出そうとしたら、中に入れたままにして、と言われた。普通は逆で、PCは取り出してください!と言われる。たまに取り出すのを忘れそうになると、面倒くさそうな目つきで見られたりして。。。たかがPCなのだが、わざわざ取り出さなくていいのは、だいぶ楽。他の空港もこうな...KLMでアムステルダム経由ローマまで帰国3

  • KLMでアムステルダム経由 ローマまで帰国 2

    ゲート前で待っていると、パラパラと人がやってきた。しかし、5人。またパラパラ来たが、それでも8人?ゲートの用意ができる頃、15人程度が集まっていた。いつもなら150人だよね(笑)それでも少ないが。。。時々アナウンスされる人がいたが、何度目かに私も呼ばれ、何かと思ったら、イタリア入国時に渡す書類をちゃんと持っているかの確認だった。3ページです〜はい、すでに記入してます〜という感じ。徹底してる。いよいよ搭乗となった時、数えて18人?よく飛ばしてくれてる〜とKLMに心から感謝する。こんな状況で、アリタリアはさっさと運行再開を来年の春まで(おそらく)延ばしているのと大きく対照的。いよいよ搭乗開始。乗り込み、荷物を片付けていたら、陽気なスチュワードに、今日はプライベートフライトだよ〜と冗談を言われた。5月に乗ったときはピ...KLMでアムステルダム経由ローマまで帰国2

  • KLMでアムステルダム経由 ローマまで帰国

    ヨーロッパ、イタリアへ帰ろうとしている人のためにKLMでアムステルダム経由ローマまで規則、状況が日々変わるが、今、ヨーロッパに帰るとこんな感じ、と言うのを参考までに記してみたい。皆様の帰国の役に立てば幸いである。第1ターミナルの掲示板キャンセルの赤い文字ばかり5月に日本へ行った時は、羽田行きルフトハンザ便が取れず(ヨーロッパ内が満席だったもよう)KLMを使うことになった。山の手に住んでいる私には、成田はちょっと遠いのだが、そこは仕方がない。7月中ばにイタリアに帰ってくる予定にしていたが、予定のフライトはキャンセル、おまけに、私もいつ帰国できるかわからない状況となり、事情を話したところ、チケットをオープンにしてくれた。これは非常に有り難かった。KLMの印象はもともと悪くはなかったが、私の中では、非常事態に融通を利...KLMでアムステルダム経由ローマまで帰国

  • イタリアコロナ>>日本コロナ 日本への一時帰国 5

    コメントをいただきました。時差があるため、反映させてはいませんが、ちゃんと届きます。ありがとうございます。フランス、いいですね〜本当は、昔々、フランスに移住したかったんです(笑)私も、出発がこれだけ早まるとは思っていなかったのですが、元々一時帰国の予定はあったため、出発前から、コロナの関連記事にはかなり注意していました。発表されなかっただけかもしれませんが、しばらく、空港のPCR検査で発見された陽性の人はいなかったか、ほとんどいなかったか。。。しかし、2−3日前、ブラジルから来た人が成田空港の検査でなんと4人も陽性、また昨日は、どこからということは言いませんでしたが、2人見つかった、とのニュースでした。この状態では、空港でのPCR検査がなくなる可能性は低いかもしれません。また、全国の封鎖が、段階的とは言え解除さ...イタリアコロナ>>日本コロナ日本への一時帰国5

  • イタリアコロナ>>日本コロナ 日本への一時帰国 4 成田空港に着いてから

    たぶん、一番気になるのは、空港に着いてから。成田空港に着陸して、1時間程度機内で待たされたというような情報もあり、結構どーんと構えていたのだが、乗客は少ないし、飛行機が止まってから15分程度で降りることができた。以前は、自宅へ帰る組と帰らない組に分けて、自宅に帰る組が先に降り、帰らない組はその後降りる、としていた(こともある)ようだが、乗客は少ないし、分けることもなく前方の人から順番に降りていった。10人程度づつ、乗務員から指示される。ここから先の行動は、すべて職員の案内による。成田で降りる人と、乗り換えの人(外国人ばかりで意外に多かったのだが、15人くらい?)とに分かれる。降りる人は、案内されてさらに進み、検疫所の手前で少し待つ。検疫所には、7−8つ程度のテーブルが並んでいる。機内で記入した(3枚のうちの)2...イタリアコロナ>>日本コロナ日本への一時帰国4成田空港に着いてから

  • イタリアコロナ>>日本コロナ 日本への一時帰国 3 KLMのフライト

    今は、ヨーロッパでは、マスクを着用していない乗客は、フライトの搭乗を拒否される。KLMからは、1週間程度前に、ご丁寧にも電話で、マスク必須です、との電話が入った。イタリアからではなく、オランダから。久々のローマの空港は、人が少ない。本当なら、この時期、多くの観光客で結構人が多いはずなのに。念のために早めに空港へ行ったが、チェックインは余裕、セキュリティ・チェックを過ぎると、警察によるコントロールがある。「移動証明書」を提出し、移動理由の簡単なチェック。(今は同じ州内の移動の場合は、移動証明書の携行、提出義務がなくなったのだが、州をまたぐ移動、国外へは提出が必要)私はちゃんとした理由があったためすぐに通過できたが、何やら長い説明を受けている人もいた。空港内はこんな感じで、人は少ない。ローマからアムステルダムまでの...イタリアコロナ>>日本コロナ日本への一時帰国3KLMのフライト

  • イタリアコロナ>>日本コロナ 日本への一時帰国 2

    日本への一時帰国を決め、自宅に帰るにしても、どこかの宿泊所に泊まるにしても、気になるのはPCR検査。結果が陽性というのはほとんど疑っていなかったが、陰性でも結果がいつ出るのか。これで、車と宿泊所の手配も変わってくる。家族の方が迎えに来てくれて、結果が万が一陽性であっても、あと聞くので大丈夫という人は、検査が終わったら、(すぐにではないが)空港を出られる。しかし、検査結果を待ってから空港を後にする人は、検査結果がいつ出るか、これが、ある意味最大の焦点。帰国の予定を立てた時、調べると、当日出ることもあるが、1−2泊する(ことが多い)ように、随分と読んだ。中部空港まで飛行機で運ばれた話や、ダンボールベッドで寝た話などもあり、当日はでないと思われた。そこで、迷ったのだが、あとは野となれ山となれ、でフライト到着の翌日から...イタリアコロナ>>日本コロナ日本への一時帰国2

  • イタリアコロナ>>日本コロナ 日本への一時帰国 

    やっと、日本で落ち着いた感がある。いま、帰国を考えている人のために。たかだか一時帰国(もう何十回もしている)をするだけなのに、こんなに面倒だと思ったことはない。こんなに大変だったことはない。でも、友人と知り合いの協力(本当にありがたや〜)で、無事に日本に着き、PCR検査を経て、現在日本で自己隔離中。今日、東京を含め、日本全国が緊急宣言から解除になった。しかし、外国からの入国に関して、自己隔離がなくなるのはいつになるかわからない。まず、帰国を感えたら、在住している国の大使館のHPで、情報を確認外務省の海外安全ホームページを閲覧厚生労働省のHPで新型コロナウィルス感染症についてのページで、帰国関連情報を閲覧をすると良い。6月に入ると、フライトが増える(ようだ)が、5月中は、極少。イタリア大使館情報で、幾つかの選択方...イタリアコロナ>>日本コロナ日本への一時帰国

  • イタリア コロナ ロックダウン解除2 やっと少し空気が変わってきた

    5月4日からの封鎖の段階的解除で、17日までをフェーズ2−1とすると、5月18日からはフェーズ2−2。やっとやっと空気が少し変わってきた。発表された、5月18日からの解除内容。州内の移動はやっと自由になり、州内で動く分には、移動の際の自己申告書が必要なくなった。そこで、イタリア人はセカンド・ハウスを持っている人が多いが、同じ州内であれば、問題なく行けるようになった。ただし、州外への移動は、6月2日までは、仕事、健康、理由が自宅に帰るとか、他、急な用事でない限りは許されていない。やっと友人と会うことが許されるようになった。5月4日から、家族、親戚、恋人同士などは会えるようになったが、友人や知り合いと会うことはまだダメで(もういい加減隠れてあっている人は多いが)、しかし、18日からはそれも堂々と会えるようになる。た...イタリアコロナロックダウン解除2やっと少し空気が変わってきた

  • イタリア コロナ ロックダウン解除 解除から1週間

    イタリア全土のロックダウンが解除されたのは5月4日。段階的解除の第一歩目を踏み出した日。今日になってやっと、ローマのある州、ラツィオ州での新しい感染者数が25人にまで減少した。それも、ラツィオ州は、5つの県からなっているのだが、ローマ県以外はゼロ、という快挙。ラツィオ州は幸い、北部のように多くの感染者は出なかったのだが、400人に上った日が1日あり、通常、100−200人だった。4月20日ごろから徐々に減少していたとはいえ、25人という数字は、さすがに少ない。ラティーナ県0ヴィテルヴォ県0フロジノーネ県0リエーティ県0そしてローマ県25だが、ローマは広いので、その内訳、ローマ市12ローマ県のローマ市外13の合計25人となっている。一人の感染者が他の人を感染させる数値は0.3まで下がった。そして、イタリア全体でも...イタリアコロナロックダウン解除解除から1週間

  • イタリア映画の紹介 Tutti i santi giorni 「来る日も来る日も」(2012)

    Tuttiisantigiorni邦題「来る日も来る日も」監督PaoloVirzi'パオロ・ヴィルズィ2012年作品シリアス・コメディ大御所監督パオロ・ヴィルズィの映画では、私は何と言ってもIlcapitaleumano「人間の値打ち」(2014)が好きで、これは何度見ても飽きない。スリラーというか、事故死するウェイターを誰が(偶然)殺したのか、その犯人がわかっているのに、何度でも見れてしまう。オチがわかっていても、見るたびに新しい発見がある。それくらい、面白い。この「来る日も来る日も」は、ヴィルズィ監督の「人間の値打ち」のちょうど前作にあたる。さて、よくできている作品だとは思ったが、私の中では、1度見れば2度見なくても良いと思ってしまうカテゴリーに入る。でも、評価も高いし、一度は見ても良い。特に、子供ができな...イタリア映画の紹介Tuttiisantigiorni「来る日も来る日も」(2012)

  • イタリア映画の紹介 Se Dio vuole 「神様の思し召し」(2015)

    SeDiovuole邦題「神様の思し召し」監督EdoardoFalconeエドアルド・ファルコーネ2015年作品コロナも感染者数が減少傾向にあり、心に少し余裕が出てきたら、気晴らしにイタリア映画を。イタリア映画は、かつての栄光とはウラハラに、しょぼいものが多いのだが、それでも、たまにキラッと光るものもある。以前は、イタリアのゴールデン・グローブの試写会で、毎週(もちろん行けなかった時も結構ある)1本イタリア映画を見ていたが、諸事情が重なり行けなくなり、今は、たまにネットで見るくらい。このコロナの封鎖で、時間はあるので、また、たまにチラチラ、時には集中して見るようになった。もちろん、ネットで。さて、こちらは2015年の映画で、主役は、もう超有名になったマルコ・ジャッリーニ。ジャッリーニは、コメディに(にも)よく登...イタリア映画の紹介SeDiovuole「神様の思し召し」(2015)

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然55 解除2日目

    コロナ封鎖解除1日目を終えて、昨日はまずまず、悪くない様子だったらしい。ただ、結果が出るのは、10日から2週間後だから、本当のところはまだわからない。私は、一人でも多くの人が外出方が良いに限ると強く思っているわけではないが、特に用事がなかったので、結局1日家で過ごした。公共機関の乗車制限が厳しいとは言われていた為、車での出勤、外出者も多かったようで、道路は結構の渋滞のところもあったよう。家から大通りが見えるのだが、車の流れは、数日前と比べて、明らかに増えていた。そして、今日はどうしても用事があって郵便局に行ったのだが、長蛇の列。待ち時間、1時間以上。この前までは、ここまで列がなかったのだが。。。やはり外出者は増えてる、を実感。(涙)さて、封鎖が始まって、最初は、解除になったら、シャンペンでも開けるか〜いや、それ...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然55解除2日目

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然54 解除はされたが

    解除1日目。本当なら、この解除1日目は、4月4日の筈だった。その後、2週間程度ずつ2度延びて、最終的に、封鎖の解除が今日となった。3月10日、イタリア全土封鎖になった時、友達と、しばらく会えないけど、4月に入ったら会おうね〜、なんのワインを開けようかと話していた時(もちろんチャットで)は、まだカワイイ方だった、と今は思う。イタリアは、コロナの来襲が早かったため、いろいろなハンディがあった。その頃は、コロナは空気感染はしないと言われていたし、距離は1メートル、飛沫などの話もほとんどなく、物を介した接触では感染しないと言われていた頃。ところが、だんだんいろいろなことが見えてくると(わかってくると)、なんか違う。。。しばらくして、封鎖は確実に延びるレストランやワインバーとか、開く?開いても、何人かでグラスを傾けて今ま...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然54解除はされたが

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然53 解除前日

    今日が、明日の封鎖解除の前日、前夜となる。今晩、12時を過ぎたら、5月4日、封鎖解除となる。しかし、結局、あまり大きく変わらないのかも、とも言える。もちろん、明日から、自宅待機していた人たちの多くが仕事に出る。しかし、一度に大量の労働者が通勤を始めては、当然、再び感染の危険性が大きく増すため、スマート・ワーキングを続ける会社、会社員も多い。むしろ、スマートワーキングを続けてもらわないと困る、というのが政府の本音でもある。地下鉄、バスなどの公共機関は、半分かそれ以下の乗車率で動かすことになっている。ホームで立つ場所は示され、座ってはいけない席にはシールが貼ってあり、降りたら、流れに沿って進み、できるだけ接触を避ける工夫はされている。時差通勤、シフト制が奨励され、今までのようなラッシュは、ワクチンが開発されるまでは...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然53解除前日

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然52 酒は減らすに限る

    日本での閉鎖、自粛期間があと1ヶ月程度延びるということがほぼ確実に決まり、さらに不安になっている人も多いだろう。それでも、全体の感染者数がやや減少傾向にはあるようで、多少の成果が出ているとは言えると思う。日本は、ダイアモンド・プリンセスでのコロナを経験して、その後のコロナ再来という感じで、経済にすでに細く長く影響が続いていたところに、この緊急事態宣言では、たまらない、というのが本音だと思う。いや、本当に、たまらない。どうにかしてくれいい加減にしてくれと言いたい。しかし、相手が目に見えないウィルスでは、どうにもできない。それも、こちらは、なんとか光が見えてきているものの、日本はまだ闇の真っ只中で、どれだけストレスが溜まっていることやら。この状況で、酒量が増えている人が多い、と聞いた。酒好きには、結構きついかもしれ...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然52酒は減らすに限る

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然52 なんだか、とっても頼りない

    なんか、かなり頼りない。とっても、頼りない。イタリアでは、10日ほど前まで、土曜だろうが、日曜だろうが、祝日だろうが、毎日、18時から、イタリアの市民保護局と高等衛生局による会見があった。終息に向かいだした先週からは、週2日(月曜日と木曜日)になったが、現在でも続いている。毎回30分から40分程度で、テレビでもちゃんと放送されている。18時に始まらない時が多く、10分遅れの開始は普通、20分遅れることもあるくらいで、そんなところはとてもイタリア的。真剣に見だしたのは途中から。それこそ、このブログを書き始める少し前からだが、もちろん、用事があったりして、見ていない時もある。市民保護局の責任者の方による、毎日の正確な統計の発表に始まり、コロナ対策専門の委員会の方が、その方の専門にあった内容のコメントを述べ、記者から...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然52なんだか、とっても頼りない

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然51 コロナはしぶとい、とにかくしぶとい

    日本での封鎖が3週間となり、色々な意味で疲れが出てきている頃かと思う。家にずっといることのストレス。特に、子供達にとっては、学校は休校(それもいつ再開かわからず)、公園でも思うように遊べず、半端じゃないストレスが溜まっていると思う。外出制限とは言っても、どうしても仕事に出なくてはいけない人もいるだろう。私は家にいるのに、どうしてあの人は、とか考えただけでもストレスになる人。そう思われてるだろう。。。と考えながら出勤するのも辛いところがある。外に出るから、いや、家にこもっているだけでもコロナが怖い、という人。特に持病のある人にとっては、特に怖い。そして、日本政府は、残念ながら、(かなり)頼りない。これから(いや、すでに)、多くの人たちを支援していかなければいけないのに、マスクを回収とか。各家庭たった2枚のマスクを...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然51コロナはしぶとい、とにかくしぶとい

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然50 イタリアを愛していたら

    封鎖が解除される5月4日からの様子がだんだん見えてきた。イタリアのコンテ首相の会見、20分以上にはなったか?長いものだった。イタリアを愛していたら、ソーシャル・ディスタンスを取ってください。日本の首相のものとは大きく違う、といつも思う。(もちろん、コンテ首相だけではなく、イタリア人民保護局ー民生委員会という感じ?の会見も、聞いていて、いつも思う)しかし、これは、言語の違いも大きくあるだろう。日本語じゃぁ、日本を愛してるなら。。。とは言えないよね。日本のために。。。ってところになるか。でも、ここ、愛してるなら、という感じと、。。。のために、では、微妙に感情は変わってくる。イタリア語は、非常に愛すべき言語だと思うが、会見の内容だけでなく、表現に、まさに、と思う。さて、5月4日からの解除は、州ごとに変わる部分もあるが...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然50イタリアを愛していたら

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然49 今日は解放記念日、でも。。。

    今日は、イタリアは、祭日。日本と違って、祭日が土曜日になろうが、日曜日になろうが、振替休日というのはない。だから、週休2日制の会社に勤務している人にとっては、週末が祝日と重なると、あー、残念〜となる。しかし、コロナの影響で、在宅勤務の人がかなりいるため、今回ばかりはいつものような気持ちにはならないかもしれない。今日は、解放記念日。日本でいうと終戦記念日にあたる。しかし、今年は、本当の解放記念日は全土の封鎖が終了する5月4日かも?という話もある。。。5月4日から、州によるし、まだ、はっきり決まっていない部分の方が多いが、商店が少しずつオープンしていくはずなので、勤務開始の人も増えてくるだろう。終戦とは違い、自由になったからといって、大手を振って街に繰り出す人がそう多いとは思わないが、気分はやはり違ってくる。イタリ...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然49今日は解放記念日、でも。。。

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然48 イタリアの感染経路の4月の統計

    4月の1日から23日までの統計、全統計をもとにしたものではないようだが、感染の原因で一番、44%にあたるのが、高齢者施設でのものだった。ついで、25%弱が家庭内での感染、10%程度が院内感染、4%程度が仕事場での感染、ということだった。今日の、イタリアの高等保健局による発表。イタリアでは、今、高齢者施設での多数の院内感染が発覚して大きな問題になっている。多くの高齢者が持病を持っているし、適切な病院に運ばれる前に亡くなった人も多く、多数の死者が出ている。3月の時点では、ここまでの悲惨な状態が発覚していなかったので、もう少し少なかったと想像するのだが。(比較は出ていなかった)4月に入って増加しただろうとは思うが、高齢者施設での感染は、残念ながらかなり多いということがわかる。それでも、一人も感染者が出ていないという施...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然48イタリアの感染経路の4月の統計

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然47 ネットで販売しているPCR検査に疑問

    イタリアのコロナで被害が大きかったのは、ミラノを含むロンバルディア州など北イタリア。イタリアの産業の中心でもある。なんとか(と言ってもまだコロナはあちこちにくすぶっているが)危機を脱出しつつある、その北イタリアで、徐々に、抗体検査が始まっている。産業を再開するために必要な検査とも言える。今、日本では、PCR検査キットをネットで販売しているというが、ちょっと疑問。そして、これは、抗体検査の方ではなく、PCR検査キット。無症状の感染者が多いという情報に、他人どころか、自分も感染しているのではないかと不安になる人は多いと思う。特に、封鎖が始まって、仕事と安全の狭間で、PCR検査が、なんだかそれを一気に解決してくれるような気にもなるかもしれない。私も実際、封鎖になってしばらくして、PCR検査を受けられないものかと思った...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然47ネットで販売しているPCR検査に疑問

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然46 完治者数が新感染者数を上回った

    イタリアが、いよいよ5月3日で封鎖を終え、4日からフェーズ2へと入る為に、政府レベルでの詰めが行われている。問題は山済み。バスや列車で、どうやってソーシャル・ディスタンスを保つのか。ラッシュアワーのローマのバスは、東京並みのぎゅうぎゅう詰めだったりするのに。商店も、業種ごとにオープンが決まる。お店に一人づつ入るのには慣れたが、小さな個人商店の多いイタリアで、消毒を頻繁に行う義務は、オーナーにとっては負担である。レストランのオープンはまだ少し先になるが、隣のテーブルとの距離を1.5m以上開けるということはすでに決まっている。当然収入が減るが、コロナには変えられない。それでも、オープンできるところはまだマシなのかもしれない。イタリア人はみんな海が好きだが、砂浜でどうやってソーシャル・ディスタンスを保つのか。イタリア...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然46完治者数が新感染者数を上回った

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然45 封鎖にも慣れてきた?

    コロナに関しては、イタリアと日本に1ヶ月くらいの差があり、イタリアの方が進んでいる。だから、今頃の日本が、ちょうど、個人的に、外出は控えているのに、感染者数は相変わらず多いのは何故?家にこもるのにも限界があり、生活のリズムは乱れ、夜眠れなかったり、夜中に起きてしまったり経済(仕事)とコロナの危険性の狭間で、なんとかできないものか、とちょっとイライラ仕事がいい加減になくなり、毎日がほぼ日曜日状態、今後いったいどうしたものか。。。などの不安でいっぱいだったころ。イタリアでは、家族とは電話とビデオ電話のみ友人とも会うことはできずレストランやワインバーは見事に全部閉まり散歩に出れば、誰が感染しているかわからないので疑心暗鬼買い物でも同じで、スーパーに入るまで、30分以上の列、時には1時間待ち店内では(使い捨ての)手袋着...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然45封鎖にも慣れてきた?

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然44 無症状の感染者は思うよりはるかに多い

    無症状の感染者は、想像よりはるかに多いようだ。2月21日、ヴェネト州、パドヴァに近い、人口3300人のヴォー・エウガネオという小さな街で、コロナの感染者で初の犠牲者が出た。その時点で、その街では感染者が二人わかっていたのだが、そのうちの一人が亡くなられたというニュースだった。近くのパドヴァ大学(ガリレオ・ガリレイが教鞭をとったという歴史のある大学)が、このヴォーの街全体を一つのケースとして、かなり突っ込んだ研究を行ったそうだが、その結果、43.2%が無症状の感染者だったらしい。かなり高い数字である。PCR検査は、ほとんどの住民を対象に、封鎖(イタリア全土の封鎖の前に一部地域だけが封鎖された時)の最初と最後に、2回行ったそう。そこでわかったのは、封鎖された時には、実はすでに、かなりの人が感染していた(人口の、とい...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然44無症状の感染者は思うよりはるかに多い

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然43 ありがとうございます

    コメントをいただき、どうもありがとうございます。申し訳ないのですが、コメントは反映させていません。昔、ワインの記事をたくさん書いていた頃、変なコメントが書き込まれても、日本とイタリアの間に時差があるため、うまく削除できず、それ以来、反映させないでいます。しかし、届きますので、本当にどうもありがとうございます。コピーしていただいでも、ご使用いただいてももちろん結構です。記事は、間違っていることも多いかもしれませんが、できるだけ正確に書こうと努力しています。コロナがイタリアにやってきて、しばらく後に全土が封鎖、イタリアでもほとんどの人が、まさかこうなるとは思っていませんでした。コロナがここまでの被害をもたらすことイタリア全土が完全に封鎖になることです。正直、唖然、呆然。。。。でした。経済とコロナ対策は完全に相反する...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然43ありがとうございます

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然42 3密に、あちゃ〜

    日本で再び(ダイアモンド・プリンセス以来)、コロナの危険性が話題になり、今度はいよいよ本格的に危なくなりそうだと意識しだした頃、聞くようになった、3密。サンミツ。。3ミツ。。。3密。。。?ずれてる。。。。。と思ったのは私だけではないと思う。三密を避けようつまり、3つの密を避ければ良い、という発想に簡単につながる。確かに、コロナは、エアロゾル的にどこからか飛んできて感染する、という可能性はゼロではないのだろうが、一般には濃厚接触者の感染が多い。だから、郊外、海や山、人のいないところで(換気に問題はない)、数人で(密集ではない)、おおらかに過ごしていれば(密接ではない)大丈夫でしょうと解釈できる。確かに、家族で、自家用車で山に行って、自然の空気を吸い、3密を避ければ、感染しないだろう。しかし、同じような発想の人たち...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然423密に、あちゃ〜

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然41 コロナと算数 

    私は分科系なので、理科系はめちゃくちゃ苦手である。だから、算数も。でも、コロナは、算数(正確には数学)のなんかの方程式に当てはまるような気がした。今日、新しい感染者が出ました、という記事があっても、それは、「今日」感染したわけではなく、おそらく、10日から2週間前に「すでに」感染していた。感染日+ここで症状が出てくる(5日)+熱がどうも下がらないようだ(4日)+センターに電話するが繋がらない(2日)+やっと検査をしてもらえた(1日)+待ちに待った結果が出た(2日)つまり感染者として統計にカウントされ、(たぶん)新聞に載るころには、実際に感染した時から早くて10日、遅ければ20日くらい経っていることになる。参考までに、6日から7日で発症する人が多い、とイタリアの専門家が語っていた。ただし、もちろん、人によりバラバ...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然41コロナと算数

  • イタリア コロナ ロックダウン状態の中で 徒然40 コロナは目に見えない敵 

    緊急事態宣言が全国に拡大された。イタリアで、最初は北イタリアだけ、その後、すぐに全土に拡大された時、そこまでしなくてもと思ったことがあるので、同じように思う人の気持ちがわかる。しかし、全国まで広げないと、このしぶといコロナは終息しない、というより、終息の影も見せないということがよくわかった。本当にこのコロナはしぶとい。それくらい、しぶとい。最初は、日本では、まだコロナの正確な情報が少なかったと思うが、今は逆に、情報過多なのではないかと想像する。しかし、ある程度コントルールしていかないと、ストレスだけが溜まっていくので、どうか気をつけて。日本は住宅事情が深刻で、スマートワーキングをするのは良いが、するほうも慣れなかったり、されると邪魔だったり、子供たちの学校に依存する時間が長過ぎることもあり、親も子供も半端ないス...イタリアコロナロックダウン状態の中で徒然40コロナは目に見えない敵

カテゴリー一覧
商用