searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
Nature Photo in 北海道
ブログURL
http://naturephoto999.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
札幌発〜北海道の自然・風景・行事の瞬間を写し撮りその魅力を発信します。
更新頻度(1年)

184回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/02/15

参加カテゴリ

写真ブログ / 北海道風景写真

地域生活(街) 北海道ブログ / 北海道情報

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、写・真ちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
写・真ちゃんさん
ブログタイトル
Nature Photo in 北海道
更新頻度
184回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
Nature Photo in 北海道

写・真ちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • ●絶対正義

    早朝の凛とした空気と戯れ、また、日中の熱気がまだ僅かに残る、肌に纏わりつく穏やかな夕方の空気を相手に、一日二回のウォーキングを楽しんだ連休中の管理人。そして、日中は読書に集中し、写真撮影にも人混みにも出かけず、おうち時間に徹した管理人の三連休・・・早朝2時間程のウォーキングと、夕方、ウォーキングがてらの書店・古書店巡りで、3日間で6万歩以上歩きました。それでも、我が腹回りは一日中ダラダラと過ごしたと...

  • ●猿の見る夢

    夕方、散歩をしていると路上で毬栗を発見。いや、栗はなかったので毬の発見か。両サイドには爽やかな微風を受け、ススキがたなびいている近所の散歩道。そんな、小さい秋の発見に思わず微笑む管理人・・・店頭で梨、柿が目に付くようになりました。梨は約90%が水分で、果物の中では比較的低カロリー、疲労回復の効果があるそうです。柿は体内の酸化を防ぎ、免疫力を高め、風邪などの予防にもいいそうで、昔から「柿が赤くなれば、...

  • ●ある男

    朝の気温が「肌に優しく爽やか」と言うより、「肌に厳しく身震いがする」との表現がピッタリくる初秋の札幌。コロナの新規感染者が減少傾向にあるとは言え、まだまだ安心できない状況で、これから寒くなる季節に向かい、「再拡大・第6波が懸念される」と思うのは管理人の余計な心配か・・・明日(18日)からの連休、シルバーウイークとはほど遠いが、今年最後の三連休。本来なら、爽やかな秋の風に誘われ旅行と行きたいところだが...

  • ●再会

    知識を深めたい、物語の主人公になれる、情報量を増やしたい・・・「秋の夜長に読書を」と思いながらも時間がとれず、読書を諦めている方も多いかと。そんな方にオススメなのが、本の内容を音声で聴けるオーディオブック。利用するメリットは、●耳で小説を聴くので目が疲れない・肩が凝らない。●本を持ち歩く事がなく、スマホにデータをダウンロードしておけばいいので荷物にならず、 また、出勤途中や、家事をしている時、散歩を...

  • ●キネマの神様

    所によっては最低気温が一桁になってきた北海道。いよいよ紅葉前線も南下し始めそうです。コロナも減少傾向にあるとは言え、変異型がいつ出現するか油断できない状況で、何とか今回で消退し、自由な往来ができるよう心から願っている管理人です。コロナ、台風14号の進路も気になりますが、紅葉、窓外からの澄んだ空気と高い雲、青い空、そして秋の味覚。今、季節の移ろいが最も気になります・・・約2年間、コロナで翼が折られた管...

  • ●海が見える家 逆風

    大雪山系旭岳で紅葉が見頃らしい・・・旭岳は日本で一番早く紅葉が楽しめる山として知られていて、例年、夏の8月下旬から色づき始め、そこから1ヶ月ほどかけて山頂から麓まで紅葉が広がっていきます。10分間の空中散歩で標高1,600mの姿見駅に到着すると、深紅に染まった葉と雪のような綿毛が特徴の草紅葉、「チングルマ」が堪能できます・・・これから北海道のベストシーズン開幕ですが、コロナさえ蔓延していなければと・・・残念...

  • ●傲慢と善良

    静かな秋の夜長、自宅でゆっくりとした時間を楽しんだり、涼しく空気の澄んだ夜に、窓の外から聞こえてくる虫の音に耳を傾けたり、読書やお酒など自分の趣味に没頭する。夏の疲れが出やすいこの時期、自分を癒す時間で心と体をいたわりたいですね・・・西日本では、まだまだ日中30℃を超えているようですが、札幌は過ごしやすい季節になりました。道外の方には、秋の夜長と言うには夜の気温も時間も、まだ早いと言うかも知れません...

  • ●ノルウェイの森

    7日、平年より25日早く富士山から初冠雪の便りが届いた・・・全国で今シーズン初めての便りです。例年ですと、北海道の大雪山系黒岳、旭岳が全国で一番早い冠雪となるのですが・・・更に、東京ではこの時季として100年振りになるそうですが、1週間、最高気温が25℃に届かなかったとか。それもこれも異常気象の影響かと勘繰るのは管理人の悪い癖か・・・(笑)そして台風14号、急激に進路を変え、もしかすると日本を縦断するかも。来...

  • ●嗤う淑女 二人

    3年前の9月6日朝3時過ぎ、最大震度7を観測した「北海道胆振東部地震」。44人の方々が亡くなり、全道的にブラックアウトするなど被害が大きかったのですが、喉元過ぎれば何とやら、最近、自身の意識が薄れているようで、災害の備えが疎かになってきていたと感じる管理人。日本は災害大国。いつどこで災害が発生するか分からない。心新たに備えを確かなものとしなければと考える「熱さを忘れ」かけていた管理人です・・・撮影地:東...

  • ●未来

    5日、閉会式を迎える東京パラリンピック・・・最終日の女子マラソン視覚障害クラス(T12)で道下選手が金メダル、藤井選手が5位入賞、西島選手が8位入賞。驚いたのは5位入賞の西島選手が56歳、8位入賞の西島美保子選手が何と66歳ということ。ガイドがいるとはいえ、視覚が不自由な身で頑張る選手の姿に感動を覚えた管理人。そして、全ての選手に笑顔があること。我々健常者は、自分の意に沿わない小さな問題にも不平を言うが、障害...

  • ●朔が満ちる

    「🎶秋の夕日に照る山も~み~じ~」・・・には少し早く、残暑厳しい札幌ですが、続く秋晴れが気分を爽快にさせます。そんな中、サンマ、秋サケ、ジャガイモ等美味しい秋の味が出回るようになった北海道。「秋高馬肥」、砕けて言うと「天高く馬肥ゆる秋」か。現代では、空が澄み渡り高く見える秋ごろ、馬たちも過ごしやすく食欲も増してたくましく育つ、といった秋の快適な気候が表現されいて、秋の到来や快適な気候を表現する、よ...

  • ●風よ あらしよ

    爽やかな陽光、爽やかな空気、爽やかな青空、秋の装いが進む中、9月1日を迎えた札幌。テレビではスタットレスタイヤと暖房機のCMが放映されるようになりました。日本一早い紅葉が見られる旭岳は、日本一早い雪化粧が見られる所でもあります。例年、9月中に初冠雪となる旭岳ですが、いよいよ北海道では次の季節の扉を開け始めたようです・・・撮影地:東川町 過去の撮り溜め放出です。本は心と脳のビタミン剤・・・今日ご紹介する...

  • ●歪んだ波紋

    2019年12月にカメラを片手に撮影小旅行してから1年と8ヶ月・・・2020年の年明けとともに、新型コロナという聞き慣れないワードが飛び交い、世間を騒がせてから外出を控えてきた管理人。すぐ収まるだろうとの甘い見通しを嘲るように、次々と変異株が出現し、累計感染者数が150万人に達する勢い。週末に小旅行は勿論、カメラ持参の外出も控えることが2年近くも続くと、さすがに・・・まだまだ、本の紹介と過去の撮り溜め放出のブログ...

  • ●小説 孤狼の血 LEVEL2

    賛否両論だった東京オリンピック。日本人選手の活躍が目覚ましく、スポーツの持つ力を再認識したのは管理人だけではないはず。そして、今、パラリンピックでも日本人選手が大活躍。しかし、パラリンピックを放映しているのは地上波ではNHKのみ。「民放テレビは、五輪は放映するのに、なぜパラリンピックは放映しないのか・・・」皆さんもそう思ったことはありませんか。端的に言って、視聴率が低い事。それによってスポンサーが付...

  • ●店長がバカすぎて

    どこか懐かしいカエルの騒めきが聞こえなくなってきた札幌の郊外。と、ともに、湿った土の匂い、朝夕の涼しい気温が秋への誘いを思わせる優しいスズムシのコーラスを助演している。季節の入口はドアを開け放ち、秋の準備は出来ていると呟いているようだ。自然の力と命を借りながら・・・本州では今なお連日30℃超えの厳しい暑さが続いているようですが、札幌は、朝夕と日中の気温差が大きく、体調管理が難しいです。過ごしやすくな...

  • ●蝶の眠る場所

    首相、五輪担当大臣、東京都知事、JOCの会長ら約40人が出席して、23日、東京都内で国際パラリンピック委員会会長の歓迎レセプションを開催したとのニュースが。今までの五輪・パラリンピックでは通常のことかも知れませんが・・・コロナが蔓延しているなか、多数のコロナ患者が入院できず自宅療養を余儀なくされ、更に亡くなる方が出ているなか、歓迎レセプションを開催した大会組織委員会の神経が理解できない。そして、出...

  • ●二人の嘘

    8月の後半、秋とも言えず、夏でもなく、晩夏にも少し早い北海道。そんな中でいち早く秋を感じる食べ物と言えば、「さつまいも、梨、栗、ぶどう、サンマ」辺りか。サンマは今年高そうですね。今は季節に関わらず殆どの物が食べられるが、やはり旬というものがありますね。昨日、スーパーで朝もぎとうきび(北海道では、とうもろこしをとうきびと言います)が売り出されていました。今年初めてのとうきびの塩茹で、甘くて美味しいと...

  • ●もどかしいほど静かなオルゴール店

    大雨により被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。続く長雨、大雨には十分注意をしてください。幸いにも、それ程大雨にはならなかった北海道ですが、それでも先日の雨以降、日中はそれなりに暖かいものの、どこか秋の気配が漂い始めた札幌。昨日の朝、赤とんぼを見つけました。赤とんぼや澄み渡った空の高さ、朝夕の涼しさ、少しずつ秋の気配が漂ってきました。北国の季節は着実に進んでいます・・・撮影地:札幌市 過去の撮...

  • ●星の子

    緊急事態宣言の再延長、新たに対象となった府県を含め13都府県。まん延防止等重点措置の再延長、新たに対象となった県を含め15道県。全国47都道府県中、28の都道府県で宣言や措置が講じられていて、更に宣言等対象外の県でも過去最高の感染者が連日報道されている異常事態の日本・・・そんな中、北海道で連日4~500人の方々が感染しているにも拘わらず、また、札幌では人口10万人当たりの新規感染者数が、ステージ4レベルの「25人...

  • ●ゆりかごに聞く

    猛暑の中実施されたオリンピックのマラソン競技が終了した翌日から涼しくなってきた札幌。続いた猛暑にウンザリしていただけに、先週の涼しさは管理人に嬉しい活力となりました。さては、いよいよ季節は秋へとまっしぐら?お盆も終わったことだし・・・かと思えば、今週末から再び30℃超えの予報。背に感じる陽光の強さに今年の夏は手強いと感じる管理人です。さて、南米で蔓延している新型コロナウイルス・ラムダ株、現在日本では...

  • ●光まで5分

    8月7日の私のブログで発信しましたが、変異株で南米ペルー由来とされる「ラムダ株」が先月日本に上陸していました。ラムダ株に感染していたのは30代の女性。ペルーでの滞在歴があり、五輪開幕直前の先月20日に羽田空港に到着。無症状で、そのまま宿泊療養施設に移送されていたという。問題なのは、感染していた女性が五輪関係者であったこと。そして、その事実を公表しなかったこと。相変わらずの政府の隠蔽体質は非難されるべきで...

  • ●めぐり糸

    朝夕の気温と日中の風、雲に少しづつ秋を感じるようになってきた札幌。数日前には猛暑とか酷暑と言っていた事が懐かしく感じる管理人です。また、災害級の大雨に見舞われている西日本の方々には最大級の警戒をするとともに、大きな被害に遭われないよう祈っています。今日は盆の入り、コロナの影響で帰省できない方もいると思いますが、帰省する方もしない方も、行動には注意してください。コロナにも最大級の警戒が必要です。撮影...

  • ●牧水の恋

    東京オリンピックの男女競歩・マラソンが終わった翌日から、例年通りの涼しさになり、おまけに少し多めの雨も降った札幌。せめて、2~3日早く涼しくなっていれば競技の記録も変わっていただろうに。棄権者も少なかっただろうに。と、思い通りにならない自然相手の気まぐれな天気に苦笑いの管理人です。猛暑が続いていた日々に少々ウンザリしていた管理人は、久々の涼しさに身も心も軽やか。何でも度を超すというのは身体によくあり...

  • ●余命10年

    新型コロナの感染拡大への懸念から国民の多数が開催に反対した五輪。開会式担当者の過去のいじめ問題が発覚した五輪。元会長の女性蔑視発言や人種差別につながる行為が問題化した五輪。過去にないほどの問題を抱えながらも開催を強行した東京オリンピックが8日閉会した。選手や関係者から新型コロナの陽性者が相次ぎ、安全・安心の大会とは言えなかったが、いろんな意味で記憶に残る東京オリンピックだったと思います。だが、強行...

  • ●めだか、太平洋を往け

    感染の勢いが止まらないコロナ。日本で累計感染者が100万人を超え、終わりの見えない状況に多くの人が不安を抱えているのではないでしょうか。そんな中、南米ペルー由来の「ラムダ株」が、羽田空港に到着した30代の女性から国内初確認されたとのニュースが・・・ラムダ株は南米で猛威を振るっていて、ワクチンの効きが悪い恐れがあるようです。まだまだコロナとの戦いは続くようですね。と、朝、女子マラソンの中継を見ながら、沿...

  • ●迷子の大人

    連日の30℃超えに戸惑いながら、今年の異常な暑さは「百合子の呪い」だと1人密かに思っている管理人・・・「百合子」とは勿論東京都知事です。東京五輪のマラソンと競歩の会場を、暑さ対策として札幌に移す計画を発表した2019年。都知事は「涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか」との無責任極まりないふざけた発言で反対し、、道民に不愉快な思いをさせたのは記憶に新しいところ・・・その涼しいはずの札幌が、この...

  • ●青空と逃げる

    連日の猛暑、そして、全国に再拡大し始めた新型コロナ。北海道でも3週間以上続く真夏日、200名を超えるコロナ患者の急増・・・夏はいずれ秋に向かい気温も低下していくが、コロナは?ニュースで放映される都心部での人混み。自粛生活に「意味がない」、「飽きた」とインタビューで答える人・・・オリンピックで日本人選手の活躍に沸いているそんな中、政府はコロナの重症患者以外は自宅療養にすると方針転換した。中等症に該当する...

  • ●わたしの本の空白は

    管理人の目覚まし時計の一つに、雀の鳴き声(さえずり)があります。若い頃は雀の鳴き声程度では目覚めませんでしたが、最近は、早朝の静かな環境で活動を始める雀のさえずりに反応するようになり、年齢を重ねた証を感じています(笑)。雀がさえずり始めるのは、日の出の15分前後らしいのですが、ここ最近の暑さによるのか、さえずりがあまり聴こえないような気が・・・札幌の雀は予想外の暑さに戸惑っているのかな(笑)。連日の...

  • ●むらさきのスカートの女

    凶器のような夏の陽射しが、容赦なく管理人の水分を奪っていく7月末の札幌。空を赤く染めていた太陽が、山並みに姿を消し、夜の帳が下り始めた窓外。依然として少雨と酷暑が続く我が北海道の夏。このままの状態で8月を向かえると思うと、少ない雨量が心配・・・ところが、昨夜半、開けている窓から懐かしい雨音が聞こえ、街灯に照らされている路面が黒く光っていた。久しぶりの雨です。が、ものの30分もしないうちに路面が乾き、蒸...

  • ●殺した夫が帰ってきました

    日本人の活躍が目覚ましい東京五輪・・・開催までに色々な問題、不適切な発言等があり、更には日本独特の湿気を伴う暑さ、そして、台風の影響。これ程厳しい試練に直面した大会は過去にあっただろうか。諸問題を置き去り?にして開催にこぎ着けただけに、日本人の選手には活躍を期待するとともに、大会の成功を願う管理人・・・しかし、一番の置き去り問題はコロナか?27日、東京の新型コロナウイルス新規感染者が過去最高の2848人...

カテゴリー一覧
商用