searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

さきさんのプロフィール

住所
アメリカ
出身
西区

自由文未設定

ブログタイトル
さきの小さな大発見
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/sakisakisf/
ブログ紹介文
ひとつでも発見があれば、その日は大成功、 そんなさきの「こんなもの、見つけたよ」ダイアリー。
更新頻度(1年)

127回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2014/12/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さきさん
ブログタイトル
さきの小さな大発見
更新頻度
127回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
さきの小さな大発見

さきさんの新着記事

1件〜30件

  • 地終わり海始まる

    先日、テレビをつけたら、リスボンが写っていました。 昨年姉妹で旅行をした懐かしい場所なので、みんなに送ろうと思ってスマホを構えました。 ちょうど出てきたのが、 サン・ジョルジョ城、 あそこではツアー

  • 人気エキジビション2019

    先日のニュースで、2019年の人気展示会トップ20というのが発表されていました。 これがそのリストです。 リストは、右から1日の観客数、全体数、展覧会の名前も場所、国、期間です。 赤い印をつけたところが

  • 絵画相続と画商

    ナショナル・ギャラリーが、メンデルスゾーン・バルトルデイ家の子孫に、ピカソの「婦人の頭部」を返却することにしたというニュースを、昨日書いたばかりですが、 今朝、それがもう売りにだされることになったとい

  • ピカソ・初期の絵と裁判

    日本では近く緊急事態宣言が、出るそうですね。 アメリカでは、コロナ感染者が40万人に迫っており、死者は1万人を超えています。 一番患者数の多いニューヨークではここ2日、患者数と死者が増えてはいないので、も

  • ゴッホ ②牧師館の庭

    今日は「春のヌエネンの牧師館の庭」の絵についてです。 この絵は3月30日に盗難にあい、すっかり有名になりました。でも、記事に載っている絵の写真を見ると、どれも見ても暗くて、よくわかりません。 下の写真は

  • ゴッホ ①桑の木

    いつも書きたいと思ったことはメモしておくのですが、それがだいぶたまってしまったので、今回はその中から書いてみたいと思います。 毎朝、アートニュースというサイトからニュースが届くのですが、 3月30日に

  • 寒食- 杜甫

    今日から3日間は「寒食節」です。 「寒食」については、前回触れました。杜甫には「寒色」の詩がいくつもあるので、ここではそれについて考えてみようと思います。前回の王禹偁の詩と比べたらどうなのでしょうか、

  • 池大雅(4) ②王禹偁

    七歳の大雅は杲堂元昶から偈をもらい、それには「この子供は王禹偁(おううしょう)のようだ」と書かれていたということは前回に書きました。 それで、私は王禹偁とは王義之のような能書家なのかと思って、「中国の

  • 池大雅(4) 神童①

    池大雅が7歳の時に、宇治の萬福寺で書を披露、「神童」と絶賛されたということはよく知られています。それが、大雅が書を始めて数ヵ月というのですから、ちょっと信じられない話なのですが、 十二代住持杲堂元昶(

  • 池大雅(3) 「瓢鮎図」と大雅③

    朝起きると、コロナウイルスの感染者、死者が増えていて、なんてひどいことになってしまったのか、ここからどうなっていくのだろうと恐怖を感じます。こわいよね。 特にイタリア、スペイン、ドイツ、イランの死者が

  • 池大雅(3) 「瓢鮎図」と大雅②

    今日は「柳下童子図屏風」についてです。 屏風の全体図 八曲一隻の屏風、 129.5x344cm 重要文化財 京都府所有、京都文化博物館にて展示 大雅の死後、8年たった1784年に妻(だと思われる)玉蘭が亡くな

  • 池大雅(3) 「瓢鮎図」と大雅①

    下の「瓢鮎図」足利義持(1376-1428)が、相国寺の如拙「じょせつ」に描かせたものだと言われています。 この「瓢鮎図(ひようねんず)」は国宝、 足利義時は金閣寺を建てた義満の息子で、9才の時に将軍に任じら

  • 池大雅(2) 「草枕」と大雅

    草枕のラストシーンで、主人公は那美さんの顔に憐れを見た時、「わが胸中の画面は成就した」と言っています。それって、どんな絵だったのでしょうか。 今日はそれについて書いてみます。 「草枕」の中で、主人公

  • 「草枕」-ラストシーン

    カリフォルニアでは19日、外出禁止令がでました。私がメールする前に、札幌の妹は知っていましたから、日本はニュースが早いですね。 この禁止令は新型コロナウィルスのさらなる拡大を防ぐためで、同日夜から施行さ

  • 「草枕」-漱石の詩(3)

    「ぼけ咲くや 漱石拙(せつ)を 守るべく」 これは、漱石が熊本で教師をしていた時に作った俳句で、よく知られています。 漱石がぼけの花が咲くのを見て、自分も「拙」、つまり「愚かと言われてもいいから、信じ

  • 「草枕」-漱石の詩(2)

    「青春二三月。愁随芳草長。  閑花落空庭。素琴横虚堂。  蛸掛不動。篆煙繞竹梁。」 草枕の主人公は画家なのですが、前回、上のような六句を作りました。 彼は読み返してみて、別に詩でなくても絵になりそう

  • 「草枕」-漱石の詩(1)

    前回、池大雅(1)で、蘇軾の詩を解釈してみました。 最初は難解に思えたのですが、少しわかってくると、からまった糸が解けるようにおもしろく、 そういえば、草枕にも漢詩があったと思いました。 それは肝心な場

  • 池大雅(1)

    コロナウィルス拡大のため、世界のいたるところで外出制限がかかっているこの頃、 こんなことが実際に起るのだ、起こっているのだというこの現実は、衝撃です。 私も午後に少々歩きに出かける以外は家におり、この

  • ローマのラファエロ展

    イタリアでは現在、コロナ菌感染者が1万人を超え、北部だけではなく、国内全域で移動制限がされることになりました。前代未聞。 自分が生きている時に、こんな事態が起きるなんて、想像もしていなかったです。 バ

  • コロナ感染--ニューヨークたくましい

    アメリカには「Pyrell」というハンド・サニタイザー(消毒液)があり、よく知られてる。 しかし、このコロナ感染により、どこの店に行っても、在庫がない。 私などは、ハンドソープで洗えばいいのにと思うけれ

  • コロナ感染、来週どうなる?

    worldometers.info というサイトがあり、感染者数などの正確な情報を迅速に教えてくれる。 それによると、(3/8/2020 8:30pm現在) 感染者110,071人、死者 3,830人、回復者62,280人。 感染数トップ12ヵ国は下のよ

  • 「草枕」の和尚さん

    草枕の主人公(余)と大徹和尚とは二度会います。 一度はお茶の席で、そのことは前に書きました。 二度目は、ある夜、彼は海観寺を訪ねていくのですが、ただ主人公がへそ曲がりの強がりなので、 「余は和尚に逢う

  • コロナ検査の結果

    ☆昨日、サンフランシスコで新型コロナウイルスの検査が始まり、まずは入院している患者のテストが行れたようで、その結果、ふたりが感染しているとの市が発表した。 ひとりは90歳の男性で、症状が重く、もうひとり

  • 漱石とお茶(2)

    「梅林や 角巾黄なる 売茶翁」 これは夏目漱石が、正岡子規に送った百句の中のひとつだそうです。 子規はこれを読んで、すぐに意味がわかったのでしょうね。 さて、この句の中の売茶翁(ばいさおう)とは「お

  • 検査キットが足りない

    昨日は、サンフランシスコでも、新型コロナウイルスの検査が始まると聞いて、いよいよだと思ったのだけれど、世の中、ことがそんなにスムーズに進むわけがない。 サンフランシスコには、検査キットが250しかないの

  • 検査が始まるそうだ

    サンフランシスコの市長が、近々、コロナ感染の検査を始めると発表した。 そのニュースを聞いて、私はこのロンドン・ブリードという女性の45歳の市長さんが何を考えていたのかわかり始めた。その全体プランが見えて

  • 三月三日のニュース

    日本ではお雛祭り、 母がそろえてくれたお内裏様とお雛様だけは、スイスの姉のところですが、三人官女や五人囃子、随身はまだ日本にあります。繊細な造りなので、引っ越しが大変だからです。 母はひとつひとつ選ん

  • 漱石とお茶(1)

    今日は「草枕」の中のお茶について書いてある部分を取り上げてみます。 お茶といっても抹茶ではなくて、煎茶。 漱石は抹茶が大嫌いのようです。味とかではなくて、あの胡散くさい作法が鼻もちならないのです。 漱

  • コロナウイルスへの準備

    土曜日にスーパーに出かけたら、風邪薬の棚がからっぽだった。 殺菌スプレーやワイパー、パスタ麺なども売り切れ。 ここはイーストベイで、サンフランシスコからはやや離れているのに、こういう状態で驚いた。

  • 美仏のモデル

    2年前のことになりますが、私は「美しい仏と祈り」というタイトルで、下の仏頭について書いたことがありました。 その時にアップした写真です。 その時は通路みたいなところに、小さな仏像の横に展示されてあ

カテゴリー一覧
商用