searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ステージおきたまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ステージおきたま
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/taowatarukaze2014
ブログ紹介文
無農薬百姓30年 舞台作り続けて20年 がむしゃら走り1年半 コントとランとご飯パンにうつつを
更新頻度(1年)

359回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2014/12/21

参加カテゴリ

企業ブログ / 農業

演劇・ダンスブログ / 演出家

ライフスタイルブログ / 豊かな暮らし

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ステージおきたまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ステージおきたまさん
ブログタイトル
ステージおきたま
更新頻度
359回 / 365日(平均6.9回/週)
読者になる
ステージおきたま

ステージおきたまさんの新着記事

1件〜30件

  • すまん!披露宴ドタキャンだ!

    田んぼで除草しながら、ふっと思ったんだ。招待されてた結婚披露宴、どんな風に過ごしたらいいんだ?マスクで失礼、は当然として、飲み物のやり取り、同席者との会話、一切無視してただ新郎新婦への拍手のみ?それ、かなりきついぞ!宴席で一人水を差し続けてるようなもんだ。出席者、若い人たちが多いだろうしなぁ、お目出度だから、自重はするとしても、ある程度はしゃぐだろう。場合によっちゃ、県外からの参加者もあるかもしれない。こちら側の一番の不安は、101歳の超高齢者と一緒に暮らしてるってことなんだ。菌を家庭内に持ち込めば、軽症はあり得ない。即座に死に直結する。だから、日ごろから、人中には極力出ない生活を送っている。買い物は生協の配達中心、不足分は週一限定でスーパーへ。しかも滞在時間は5分以内と駆け足の買い物。再開したジムからは、ご心...すまん!披露宴ドタキャンだ!

  • キュウリに責められるぅぅぅ!

    贅沢言っちゃいけないけど、キュウリに責められている。たかが3本の苗なのに、連日、籠いっぱいの収穫だぜ。一昨日は総ざらえのつもりで小さなものまで収穫しつくして、親戚に送った。なのに、昨日も豊作!さすがに今日は、一段落だろう。朝の食卓に新鮮なものが1、2本もあれば。なんのなんの!片手に持ちきれないほど取れてしまった。例年作ってる畑と別の場所に移したことが良かったのか、そこの土がキュウリに合っていたのか、そうか、気候の問題もあるよな。ここまで、雨多く、日差し弱く、乾燥とは縁遠い日々だった。これがキュウリのお好みだったんだろう。いつもならお決まりのうどんこ病も出ちゃいるがそこそこでとどまっている。それと、ジャガイモやナスと離れていたから、ニジュウヤホシテントウムシの大発生の被害も少なかった。これも大きい。ナスなんて丸裸...キュウリに責められるぅぅぅ!

  • 終わったっ!田んぼの除草

    いやぁぁぁ、かかった、かかった!ほぼ1カ月か?まさかねぇ、こんなにかかり切るとは思いもよらなんだぜ。オモダカ、イネの背超えて、目立ってしょうがないから、ちょちよっと刈っておくか。って、とんでもねえよ。田んぼ、入ってみりゃあ、やっぱ気になるじゃないか、デカい顔したコナギも。ホタルイの奴もイネの背後に隠れるように勢力伸ばしてやがった。こりゃ、放っておけんそ!一網打尽じゃぁぁぁぁ。去年、除草機押し5回だけで、株間の雑草は目をつぶったのが、今この繁茂となっての復讐だ。いっくら畝間がきれいになっても、目に付きにくい株間は雑草たちの天下になってたってわけだ。今年はすでに除草機を3回押して、畝間を透かし見る限りほんときれいなもんなんだ。ふふふ、雑草どもも肩身が狭くなってるに違いない。黒米の小さな田など、雑草など寄せつけぬ厳か...終わったっ!田んぼの除草

  • こんな仕掛けも考えちゃいるんだが、11月公演は微妙かも?

    完全に第2波突入だな。感染者数だけなら第1波を凌ぐ勢いだぜ。しはらくはこの調子、収まらんだろうな。誰だよ、日本は特別、民度の高さ、なんて口ひん曲げてたのはさ。感染者増加を歓迎したりはしないんだが、日本人の美徳=自粛、なんてへんな文化的優越意識が崩れたってことにはホッとしている。それと、何もしてない安倍ちゃんの免罪符が失われたことも良かった。が、この流行再発で次回公演の可能性、危うくなっちまったなぁ。11月末って、さらに第3波にインフルエンザが加わって、とんでもない事態になってるかもしれない。どうしたもんか?と、悩みつつも台本の方は書き進めにゃならんさ。この先、何年かは、上がったり下がったりの流行にお付き合いするコロナ暮らしが間違いなく続くんだろうから。前に、一人芝居の連続で舞台を構成するんだ、って話しは書いた。...こんな仕掛けも考えちゃいるんだが、11月公演は微妙かも?

  • 流浪のアイガモ!?

    田んぼの水見に回ったら、人だかり。「ほれ、アイガモ!」と、移動魚屋のTさん。「1週間前から、ここらの田を動き回ってんなよ。」「田の草きれいにしてくれてありがたいばりなんだけど、」田んぼの持ち主Kさん。でも、田んぼの方は除草剤ばっちり利かせてて、アイガモのえさになりそうな雑草や虫など見当たらない。が、生き物が寄って来るってのは、やはり気持ちを和やかにするんだろう。「どこからきたんだか?」ここらでアイガモ農法を実践する農家は2軒、そのどちらかだろう、としか考えられないが、どちらの家も一向探してる素振りがない。もう、田の草の季節も終わり、そろそろ穂が出る時期だ。お世話になったカモたちには田から上がってもらわんと、今度はイネの穂を食べ始めちまう。逃げたところで、実害なし、ってことなのか。田んぼでの役割果たしたアイガモは...流浪のアイガモ!?

  • トウモロコシはハクビシン対策!

    気になって、気になって!この雨続きだろ、畑にゃ出られんさ。でも、獣たちにゃ雨休みなんてないよな。腹減りゃ、大雨だろうと暴風だろうやって来るはず。うかうかしててっと、トウモロコシやらっちゃ!なんてやん(嫌)だよなぁ。去年から導入した全面ネット囲い、上手く行ったからねぇ、今年も同じ方法で対応だぜ。キラキラテープ張ったり、ロープめぐらしたりしてる家もあったが、犯罪現場の立ち入り禁止じゃないんだ、入っちゃいかんよ、なんて、ハクビシンにこっちの意図が伝わるわきゃないよな。どこの家も、手痛い失敗を経て今じゃみんなネット防御に代った。畝の四囲に杭を打ち込み、その回りにネット、どこも苦心してる。我が家は、その点工夫がある。キュウリやゴーヤ、インゲンマメ用のトンネルフレームの真ん中にトウモロコシを育てているのさ。日当たりはちょい...トウモロコシはハクビシン対策!

  • 畑は秋野菜仕様!

    ジャガイモ掘って、ニンジン抜いて、さあさ、秋野菜の植え付け、種まきの準備だぜぇ。サル撃退のため張ったネットのせいで、ニジュウヤホシテントウムシが大発生、ナスやら加工トマトやらは甚大被害の最中だが、それはそれ、収穫終わった畑にゃ堆肥を播き、ボカシを散布し、ランカルって言う卵の殻で作ったカルシウム剤を振ったら、トラクター掛けだ。念力込めて、「一発始動!」おお、かかったぜ。よかった、わざわざ軽トラ回してバッテリーに繋がなくて済んだ。春先、もう寿命です、って、ガソリンスタンドで見切られたトラクターのバッテリー、気まぐれ者でなぁ、外部充電でもかかりにくい時もあれば、こうやって、セルの一捻りで快音とどろかせるときもある。まっ、思い通じただけで、もう嬉しくなっちまうぜ、って単純なもんだ。2度、3度耕耘して堆肥や刈った雑草をし...畑は秋野菜仕様!

  • まさかのトップエントリー!

    30分も前から、チラチラ時計チェック。10分前の8時50分からは分刻みでそわそわ。1分前、もはや時計と睨めっこ。10秒前、受話器を取り上げ番号をプッシュ。9時ジャスト、最後の番号を押してゴー!どうせ、お話し中だぜ。フライングして時間前から掛ける奴いるからな。開始時間からはほぼ向こうの電話は鳴りづめのはずだ。去年はたしか15分過ぎにやっと通じたんだった。その間、30秒ごとに掛け直しをして。その前の年は30分近く待たされた。もう、人気絶頂のエントリータイムなんだ。県の河川課が無料で配布する河川支障木、これが薪ストーブ愛好家に大人気なんだ。増えたからねぇ、薪暖房の家。半径1キロ以内でざっと見まわしても、10軒は下らない。この割合で置賜中から殺到するわけだもの、競争激化も当然なんだぜ。一昨年なんて、希望者殺到に気を回し...まさかのトップエントリー!

  • まだまだ配るアベノマスク!

    まだ配るってよ、アベノマスク!8千万枚!!もちろん、改良なんかなし、あの小さくて周囲隙間だらけの欠陥マスクだ。今度は伊藤忠に丸投げだと。SNSじゃ、情報が明らかになった昨日から、話題沸騰!10数万のツイート集めて、炎上トレンドダントツ一位。安倍ちゃん、いやぁ、何度も話題提供してくれるよな。反応は、えっ!ちょ、ちょっと!またかよ!で、この無駄、無策に怒りとともに呆れかえる、ってのがほとんどだ。まっ、当然だな。もちろん、激しく同意!ただ、ここで怒りの刃を振りかざしてみても、かの御仁は平気の平左で進めるから、この際、このアベノマスク再配布から安倍ちゃんの人柄を見つめ直しておこうと思う。まず、世の中なんかてんで気にしない、てのが大きな特徴だな。アンケートでも81パーセントが役に立たないって答え、使わずに返された自治体が...まだまだ配るアベノマスク!

  • 今度は、熊だっ!!

    うむ?隣のブドウ園、なにやら厳重に電柵めぐらしてぞ。イノシシ対策か?それにしちゃ背丈の高さいっぱい、って、城壁みたいじゃないか。イノシシだったら、腰までで十分のはず。サルか?我が家のジャガイモ襲撃した離れサルか?デラウェア、収穫始まったらしくていい香り漂わせてるもんな。人里の実りに味しめた半野生動物たち、舌なめずりの虎視眈々だろうさ。ほとほと弱り顔のTさん、「熊、熊にやらっちゃ。せっかく収穫できるよになったてのに」そうか、熊か!そういえば、山越えた地区で熊にやられたってテレビニュース流れてたっけ。山向こうだから、他人事のように聞き流したけど、熊にとっちゃ、100メートル弱の山なんて、住処そのものだよ。よっしゃ、今日は南側のブドウ畑か、てなもんだ。「ほら、周囲、荒れて来てるだろ。藪や森になって。」なるほど、警戒心...今度は、熊だっ!!

  • 思い込み、ってやつが大敵だ!

    ただのボールベンだ。デザインはアフリカの衣装みたいで、洒落てる。もっと気に入ってるのは書き心地がすっごくなめらかってことだ。太さも適当だし、おまけに名入り、ときた。国境なき医師団からのプレゼントだ。ちょっとばっかし寄付したそのお礼ってこと。ほら、あの10万円、コロナで大変でょ、頑張って!の給付金さ。ゆとりなんってないけどな、年金暮らしはコロナで減収にゃならん。米、みそ、野菜も自給してるしな。だったら、もっと大変なところで使ってもらおうかい、って送らせてもらった。山谷で労務者に炊き出し支援してる団体へと半額5万円ずつね。別にそのこと誇ったり、記念にしたりしたいからってわけじゃないぜ。ともかく書き心地がいいんだ。これ芯換えたら、ずっと使えていいよな。どれどれどんな替え芯なんだ?って分解してみた。ほぉーらね、これなら...思い込み、ってやつが大敵だ!

  • 休め!寝てろ!

    休め!寝てろ!ってたって、コロナで悪戦苦闘する知事たちへの呼びかけじゃない。俺だよ。てめえに向かって言ってんのさ。いや、一日ずっと雨だって言うからさ、ここは疲労回復の休養日だろって、朝からゴロゴロしてたんだ。なのに、なんか、雨あがってる?ちょ、ちょっと日差し差して来た?ウソだろ、天気予報、スマホアプリで3っつ、テレビ2局のテータ放送チェックして、みぃーんな雨だって言うから・・・一瞬起き上がっちまう、俺。ダメだダメだ!背筋パンパンじゃねえか。このところずっと田んぼ株間の草刈り続けてて、昨日はさらにサービス残業で便所の汲み取りまで一気に済ませちまったんだ。どっちも背筋・腹筋を目いっぱいこき使う作業だった。だから、ほれ、寝転がって上半身のストレッチしてっと、気持ちいいこと!休め!寝てろ!よ。でもなぁ、田んぼの除草、あ...休め!寝てろ!

  • Netflix『ナルコス』にぞっこん!

    ドキュメンタリーに魅力、なんて気取って加入したNetflix、オリジナルドラマも魅せるぜぇ。はまったのは、『ナルコス』。コロンビアでの麻薬戦争のいきさつを描いたアクションドラマだ。10話が1シーズンで、3シーズン、分厚い仕上がりだ。1日1話と決めて見続けてきたんだが、シーズン2のラスト近くなり、とてもじゃない、我慢できない止まらない!続けて2話、時には3話連続で、なんて、もはや中毒だぜ。ナルコスってのは麻薬の意味、コロンビアで製造密売組織を作り上げ闇の帝王として君臨したパブロ・エスクデーロ、それに熾烈に戦いを挑むアメリカ麻薬取締局の係官二人の活躍?を描いた壮絶なドラマだ。何より凄いのは、基本、史実に基づいていることだ。射殺、爆殺、リンチ、凄まじい修羅場が続く。そうか、こんな世界もあったんだ。いや、きっと今も世界...Netflix『ナルコス』にぞっこん!

  • イモチだっ!やっぱりな

    田んぼ株間の除草、始めてから10日!でか田んぼ2枚目に入ってから遅々として進まなくなった。疲労がたまりにたまって、右肩上がらず、Qホーを手にしたまま佇むことがしばしばだぜる。あと、4日?いや、この調子だと1週間?きつい!頑張りところだとは思うが、辛い!イネの周りに密集しているホタルイやオモダカ、コナギの類を刈りとっちまわないと、まるで、雑草のコート羽織ってるようなもんだもんな。出始めたイモチがどんどん勢いを増してしまう。ここ、勝負どころだぜ。この天気じゃなぁ、出るよなあ、イモチ。曇り空の蒸し暑さ、イモチにゃ願ってもないお好み環境だもの。あいにくなことに、今年は堆肥多めに撒いちまったし、苗の出来もいまいちだったし。悪条件重なっちまった。例年なら、今頃から、かぁーっとお日様照り付けて、イモチなんか焼いてくれるんだが...イモチだっ!やっぱりな

  • さて、新作の準備始めなくっちゃ!

    長~~~~いお休み続いた菜の花座、そろそろ始動だぜ。去年12月の『流れ旅真っ赤な夕日の』(下写真)以来だ・いやぁ、ずいぶんご無沙汰したもんだ。公演は11月23日(月)の祝日。もちろん、川西町フレンドリープラザで公演だ。7月末のこまつ座公演も中止になったばかりだし、感染者はぐんぐん増加中だし、GoToトラブル、おっと違った、GoToトラベルでさらにウィルス撒き散らされるだろうから、11月だって、まったく安心できない。そのころ、第3波!なんてことになってるかもしれんよな。インフルエンザの流行り出す季節でもあるし。演劇なんて、過去の遺物!になってるかも知れんぞ。でもなぁ、先のこと、おっかながってビビッてても何も始まらない。まさか、菜の花座、コロナとともに去りぬ!なんてのは洒落にもならないしな。ともかく、動き始めようぜ...さて、新作の準備始めなくっちゃ!

  • サルに負けずにジャガイモ収穫!

    サルとの攻防は、立て続け2敗の後、形勢を立て直し守り切った。さすがのサル知恵も、重い丸太をどかし、ネットを掻い潜って侵入するのはためらわれたようだ。ふふふ、こっちの勝ちだぜ。希望通り、最後の2週間をなんとかネットの下で無事過ごさせることができた。いや、無事じゃなかった。ネットで覆ったせいで、ニジュウヤホシテントウムシが大発生、手取り防御もかなわず、勝手放題に食い荒らされてしまった。仕方ない、って言えば、仕方ない。サルに根こそぎかっさらわれるよりはましだよな。大切な追い込みの2週間、ほとんど葉っぱなしの丸裸、これじゃ収穫は期待できない。半ば諦め気分で掘り上げて見とる、おお、逞しいもんじゃないか。小さめながらゴロゴロと現れた。出来としちゃ、男爵がまあまあ、キタアカリと赤ジャガがそこそこ、メークインは残念な収量だった...サルに負けずにジャガイモ収穫!

  • No Run No Music!

    なんちゃってぇのタイトルだぜ。一人で走ると退屈だから、音楽のお供は欠かせない、ってくらいの話しだ。EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)なんか聞きながら走ると、自然と足が出て辛さを忘れさせてくれる。いや、忘れるまでは行かんけど、まっ、2割引きくらいにはね。聞くのはもっぱらアマゾン、設定で自動再生にチェック入れてるから、最初の1曲を指定すると、その後は似たような傾向の曲が勝手に流れてくる。こうしておくと、外れってのが少ないんだ。アルバムとかコンピレーションとか選ぶと、そんなの聞きたくないから!ってのも入っていたりして、途中、苛立って、こんな曲で走れっか!立ち止まって選曲しなおし、なんてことにもなる。調子よく走ってるのに、バラードとかね。おのれぇ、気を萎えさせるつもりか!ぴたりと足が止まり、気分も停止。自動...NoRunNoMusic!

  • 宅配ポストは田んぼの土手!?

    除草機押しに次いで、Qホー使っての株間草刈り、1週間が経とうってのに、まだ1枚終わらない。以前に比べりゃ草もおとなしくなってきちゃいるんだが、奴らだって生存権かかってる。1日遅れれば、手強さもいや増しだ。この田んぼ、我が家の表玄関とは真向いに位置するんだが、50メートルほど隔たっている。間には他の農家の田一枚挟むだけなので、作業しながら、来客の有無も見渡せる。って言ったって、客なんてほどんと来やしない。来るのは郵便屋さんと宅配さんくらいだ。郵便ならポストに入れ行くから、見過ごして別に問題はない。だが、宅配さんとなると、事情は違う。夫婦ともども田畑に出ていれば、荷物の受け取りようがない。冷蔵品でなけりゃ、玄関前に置いて行ってもらって差し支えないんだが、向こうにも決まりがあるんだろう。留守なら持ち帰って再配達ってこ...宅配ポストは田んぼの土手!?

  • その一言が差別へ一歩!

    しどろもどろのGoToキャンペーン、東京除外、年寄り排除、若者集団お断りってことで、こけつまろびつ走りだしそうだ。期待してる人たちもいるんだろうが、せっかく感染者ゼロ更新を続けてきた地方としちゃ、今さら、厄介者放り込まねでよ、ってのが多くの人の本音だろうな。困ってるのは観光関連の人たちばかりじゃないんだし、医療関係者にはなんのお礼もなしにまたまたご苦労をかけそうな勢いだし、他に金の使い道はいくらだってあるぜって不満もくすぶってる。ただ、それはそれとして、感染したからってその人責めたり、その仕事に眉ひそめたりすんのはダメだよな。感染者追及の話しがあちこち聞こえてくる。自粛警察がリンチにまで行きつきそうで、恐ろしい。SNSの威力凄まじいからなぁ、よっぽど気を付けないと。中でも細心の注意を払ってもらいたいのが、公的に...その一言が差別へ一歩!

  • 夏の漬物三種、揃った!

    キュウリに追い回されるようになって、やっと、糠床も安定してきた。仕込みはじめは、押し合いせめぎ合いの状態、雑菌有利!に傾いた時もあったが、一気に塩を足したのが上手く行ったのかなぁ、どうやら乳酸発酵が勝ちを制したようだぜ。まだ、ちょっと酸味がきつ過ぎて味わい深さには欠けるが、このまま様々付け込んで行けば、風味も増してくるだろう。できれば、漬物容器ごと冷蔵庫に入れたいのだが、庫内容量が不足で台所の片隅に置かざるを得ない。発酵どんどん進んで、キュウリなんて、1日漬けたら漬かり過ぎ、朝漬けて夕、夜仕込んで朝、が食べ時だ。だから忙しい。糠味噌漬け始めたら、まめに世話するしかないんだぜ。1カ月ほど前に収穫したラッキョウ、甘酢漬けにして、こちらも食べごろになっている。ラッキョウ産地のなんとか農協のレシピで漬けてみたんだが、な...夏の漬物三種、揃った!

  • 田んぼは株間除草で最後の?勝負!

    4度目の除草機押し、どうすっかなぁ?いつやったらいいのか。いや、やるのがいいのか?迷った。去年は5回押したろ、それからすりゃ3回で終了はないだろぜ。まだ、7月半ば、田植えが10日ほど遅れた今年のイネはまだまだ茎数不足で田面はすっきり見通せる。これじゃまだまだ雑草は張り切るよ、穂が出る前になんか手を打たなくっちゃ。でも、除草機押すのがいいのかどうか?草が酷いのは、除草機でかき混ぜた畝間じゃないんだ。株と株の間なんだぜ。畝間の方は、きれいなもんだ。ほとんど草が生えちゃいない。去年、除草機を更新して、効果てきめん!掘っ繰り返して土に埋め込んだコナギやオモダカはほぼ消滅してる。難物だったホタルイだって、しぶとく顔をもたげてくるやつはまったくない。凄い、これは大したもんだ!以前のガタが来た除草機だと、土に巻き込んだつもり...田んぼは株間除草で最後の?勝負!

  • えっ!発熱?もしかして・・・

    夕方、畑から上がって、うむ?なんかふらつくぞ。頭がすっきりしない。体だるい。食欲は、まぁ、なんとか。疲れたんんだよなぁ、河川土手の草刈り、かなりのハードワークだったもの。その後も、田んぼの除草に入ったり、畑で草刈りしたり、俺ってまだ頑張れるもん!って図に乗っちまった。そりゃ疲れるわ。ここまでの1週間、2週間だって、除草機押しやら薪切り・薪割り、休むことになく働き詰めだった。そりゃ溜まるわ、疲労。よしっ、早く寝よう!って風呂に入ったら、途端に寒気。耐えられぬ悪寒ってほどじゃないが、間違いなく微熱発生だぜ。床に入ったものの、体は火照るし、胸は痛むし。ええーっ、胸?右も左も?そんなぁ、肺炎かよ。まさか、・・コロナ・・じゃあるまいな。気になりだすと止まらない。咳は出ないものの、喉の奥が詰まる違和感もある。何より、この肺...えっ!発熱?もしかして・・・

  • 今時、畑仕事は雨降りとの駆け引きだ!

    ほらほら、今日は朝から雨、一日中降り続くってよ。いやぁぁぁ、よかった!昨日は梅雨の晴れ間をうまく盗めたぜぇ。2週間前のカラカラ天気、思い出すのもムリなくらい雨降り続いてる。それも昔ながらの、♪しとしとぴっちゃん!じゃないものな。♪あん時ゃ土砂降りざんざかざん、これでもか!?って情け容赦のない降り方なんだぜ。お陰で田んぼの水不足は一気に解消、止めても遮っても知るもんかいと流れ込み、かけ流しの状態がずっと続いている。水口に置いた手製のビニール土嚢の背丈を超す水位で流れてるんだから、手の施しようがない。こうなる前に、やっちまいたかったよなぁ、畑の仕事。一つはジャガイモの収穫。土が乾いてる時に掘らないと保存性が落ちる。サルにも狙われてる。も一つ、もっと気が気じゃないのが大豆、小豆の中耕・土寄せだ。補植の際に一度済ませて...今時、畑仕事は雨降りとの駆け引きだ!

  • 舞台公演でクラスター発生!あちゃ!

    おいおい演劇の公演でコロナクラスターだとよ。やべーじゃん。出演者16人、スタッフ5人、観客9人の計30人が感染だって。凄まじい感染力だぜ。新宿のシアターモリエール、たしかキャパ200くらい、規模小さいけどいい劇場だったよ、以前行ったことがある。ワイドショーで、生声で観客に届く大きさです、なんて紹介してたけど、1000人超えの大ホールならいざ知らず、お芝居てのは基本生声だから。こうも見事にクラスター出ちゃったら、客入れしての演劇自体、無理、あるいは時期尚早ってことか?いや、待った。判断する前に、どんな様子だったんだ、この舞台。30人感染って、なにやってたのよ?フツーの舞台なの?そこぜひぜひ知りたい。一昨日あたりから、ニュース、テレビ、次々に報道されてるが、出演者がどうたらこうたら、ばっか。知らねえよ、そんな役者?...舞台公演でクラスター発生!あちゃ!

  • 本日の、いや昨日だけど、の成果!

    おおぅ!雨あがった。よしっ、草刈りだ。裏の畑の周囲を刈って回る。ついでに、我が家との間の道路?誰も道路だなんて思っちゃいない。我が敷地の一部、それが地域の人たちも含めて共通の認識だ。だから、当然、こっちで刈る。誰もしてくれないからね。道路だって証拠に、その道をたどると公民館にぶち当たる。そうそう、この周囲も草刈りしとかなくっちゃ。放っておくと、公民館役員あたりに除草剤撒かれちまうんでね。機先を制して、あまり雑草が生がらないうちにきれいにする。地下水を飲用に使用している我が家としちゃ、除草剤が地下浸透して水脈に紛れ込むのは避けたい。でも、農薬散布に手慣れた人たちには、その不安まったく通じないから、ここはもう、実力行使以外にないんだぜ。数年前には、ついうっかり先を越されて撒かれちまったんでね、早目、早目の先の一手だ...本日の、いや昨日だけど、の成果!

  • 大上段に構えた!『武器としての「資本論」』

    どうだ!この潔さは。『武器としての「資本論」』(白井聡著・東洋経済新報社刊)と来たぜ。タイトルばかりじゃないぜ。装丁も、鮮烈な赤一色に黒く著者像が浮かぶ。これがカバーデザイン。表紙・裏表紙は妖しく艶やかな黒、背表紙にタイトルその他控えめに。肩怒らした本。真っ向から挑む本₀。そりゃそうだ。「資本論」って言ったら、昔の経済書?今は滅んだ革命左派のバイブル?古い、古い。今時埃払って引っ張り出してどうすんの?ってあたりがフツーの反応かな。ベルリンの壁崩壊とソ連の消滅で、マルクスも共産主義も乗り越えられた瓦礫の山、理論的妥当性も、実効性もとうに摩滅して、あるとすれば骨董的価値くらいか?だいたい「資本論」てのが一冊の書籍だって認識すらない若者がほとんどだろうしな。あの分厚い大著を手にしたことのある人なんて数えるほどなんじゃ...大上段に構えた!『武器としての「資本論」』

  • 歩数計のウソ!

    このところ、農作業忙しくってさぁ。ランニングの方は、自己都合にーよる延期、中止が続いてる。田んぼの除草が一段落する8月までは仕方ないことだぜ。農作業はトレーニングの代用にゃならん、そりゃわかってる。ランニングと同じように心拍数が上がるのなんて、除草機押しくらいのもんだ。畑仕事や草刈りなんかは、まっ、軽作業だよな。筋力維持効果はあまり期待できない。それでも、早歩きするとか、無駄に歩いて歩数を稼ぐとかすれば、健康維持になんかしら役立つんじゃないの。そんな思惑もあって、ランニングウオッチを腕に着けて仕事に当たっている。一日の終わり、その日の歩数を確認して、健康活動レベルをチェックする。1日10,00歩!まっ、これが基本のノルマかな。これを超えていれば、まず、その日は活動的な一日だったっ、よしよし、って納得する。まっ、...歩数計のウソ!

  • またもや離れ猿、来襲!

    夜明け前の薄明。うむ?なにやら騒がしいぞ、裏の畑。山鳥のケーン、ケーンって鳴き声とも、カラスどもの騒ぎとも違う。やたら切羽詰まった悲鳴、嬌声が、ギャッ!グギャッと響き渡る。何かと戦ってるのか?いや、どうやら一匹のようだぜ。そうか、わかった!サルだな。きっと10日ほど前、ジャガイモを強襲、強奪した一匹サルだ。味をしめて、またもややって来たか?おっ、遠ざかって行く。隣の家の畑に向かったか。そうだろ、我が家のジャガイモは4種類4列、すっぽりネットで覆って、隅は丸太で押さえ、随所にペグを打ち、上からトンネルフレームで補強してあるからな。前回の襲撃被害からしっかり対処したんだぜ。おっ、戻って来たようだぞ。うわーっ、なんだその凄まじい鳴き声は!?そうか、苛立ち怒りの怒声か。せっかくの目の前の獲物、手が出せないからな。ふふふ...またもや離れ猿、来襲!

  • ジム通い?そんな日々もあったなぁ!

    ジム、7月も通常どり営業ってお知らせもらった。通常通りったってなぁ、入り口検温、極力マスク着用!なんだろ。ZUMBAの知り合いも、怖いからマスク着けて踊ってるってSNSで書いてたしなぁ。マスクでZUMBAって、もうなんの荒行だよ!いやぁ、その克己心!忍耐力!責任感!参った。ただただ平伏するぜ、マスク大嫌い人間としちゃ。内緒の話し、コロナ自粛が始まってからこれまで使用したマスクはわずかに2枚!洗いまわし、そんなもんしちゃいない。使いっぱなしが2枚!プリウスとワゴンR、2台の車に常備?いや置きっ放してある。だってそうだろう。出かけるときにしか着けないもの。農作業するのにだれがマスクするっていうのさ。この間の河川清掃だって、誰一人マスク着用なんていないぜ。これ田舎の常識!街中に出るのだって、週に1度、猫のえさと生クリ...ジム通い?そんな日々もあったなぁ!

  • 復活!ラッキョウ漬けのある暮らし

    うむっ?なんか匂うぞ。猫が連れ込んだネズミの死骸とか?匂いの元をたどってぇ、ああ、そうだった、ラッキョウ塩漬けしておいたんだ。ヤバッ!予定の1週間過ぎて、発酵始まってた。ラッキョウってアリシン(ネギ・ニンニク類の匂い成分)をたくさん含んでるからね、ニンニク同様、強烈な香りを発散させるんだよ。そいつが、適度な塩水の中で、沸々と自己主張始めて、臭っ!の発生源になってたんだ。気づいて良かった。せっかくの2年ぶりの収穫、ダメにしちまうところだった。ラッキョウって、夏前に掘り上げて、夏の終わりには次の種を播く。なんと10カ月も土の中で育ち続けるんだ。強烈な滋養分蓄えるはずだよ。でも、それを知ったのは、去年の収穫まるでゼロ!に打ちのめされてからなんだ。前年、まさかそんなに早く畑に戻すなんて知らないから、玉ねぎと同じ時期に植...復活!ラッキョウ漬けのある暮らし

カテゴリー一覧
商用