searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
ブログURL
https://shakariki-photo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カメラを相棒に気ままな一日の思い出帳
更新頻度(1年)

34回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2014/09/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、チョコぴーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
チョコぴーさん
ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
更新頻度
34回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

チョコぴーさんの新着記事

1件〜30件

  • 葉樹山延命寺

    河内長野市にある延命寺は紅葉の名所として知られ、大阪府天然記念物の樹齢1000年の楓の老木「夕照もみじ」が有名です。 周辺の道には狭い箇所もあって、少々運転に自信がない者には紅葉のシーズンよりも、十分に深緑を楽しめる今の季節でちょうど良かった気がします。

  • 見頃の花(4)(2021)

    良く晴れた日、少しだけ植物園のなかを歩いてきました。 夏の暑さを嫌ってあまりにも家に籠りがちな生活を続けていたため、たった1時間歩くだけですっかりバテてしまいました。これからまた始まる写真教室に向けて、ちょっとずつ足馴らしが必要なようです。

  • 水無瀬神宮

    前回の投稿から久しぶりの更新になりました。猛暑で気力が続かず写真の整理を怠けておりまして、やっと先月撮影に出かけた水無瀬神宮の写真を投稿できました。 水無瀬神宮は何となく京都にある神社のイメージでしたが、所在地は大阪府。阪急京都線「水無瀬駅」から徒歩10分程のところでした。一駅向こうが大山崎駅なので京都に近いことは近いです。 境内では夏の風物詩「『招福の風』風車と風鈴の広場」が催されていて、土日祝にはライトアップなどもされるようです。

  • アガパンサス

    「あれ?合ってる?」 何度覚えても「アバカンサス」と言ってしまいます。 自粛から梅雨へとあまり外出ができない日々。梅雨が明ければ猛暑と、これまで以上のコロナとの闘いが予想されます。オリンピックの開催が是か非か?どちらにしても記憶に残るオリンピックに違いない。どんでもない「おもてなし」のオリンピックになることでしょう。

  • 紫陽花

    紫陽花で知られるお寺に行く予定をしていたのですが、緊急事態宣言で出かけることができませんでした。やっと解除になりあれこれ行き先を考えるなかで、結局は今年も近場の長居植物園になりました。変わり映えしないと言えばそれまでですが、安定して楽しむことができる場所でもあります。 バラと菖蒲は1か月の自粛の間にすでに終わってしまい、紫陽花も見頃を過ぎていると聞いていたのですが、撮れ高は少ないながらも満足できました。 気になっていた大池のハスは全部取り払われたようで、水面はきれいに影も形も無くなっています。毎年7月には早朝開園して多くの人が撮影に来てましたのに・・・。もう3年前のような姿に戻ることはないので…

  • オレンジロード

    はじめて行ったのがほぼ3年前になります。その時の記憶と比べてみると今年はやはり人通りが少なくてちょっと寂しく感じました。 緊急事態宣言もいよいよ解除になり、閉まっていた植物園なども火曜日から開園します。感染対策と熱中症対策を怠ることなく出かけたいと思います。 ワクチン接種が進んで早く以前のような活気が戻ってほしいものです。

  • 中之島バラ園

    先週の日曜日に出かけた中之島バラ園です。 梅雨空が続いたあとの好天に恵まれた休日で、散策する人の姿が多く見られました。 聞くところによると、府内の名だたる公園では出かける人が多くて、平日でも駐車場は満車の状態になっているそうです。中之島バラ園は空いていた方だと言われて驚きました。

  • 中之島スナップ

    半年ぶりに撮影実習に参加するため出かけました。 淀屋橋と今日の撮影場所「中之島バラ園」までの行き帰りの道々をスナップ。カメラを持つのは久しぶりだったので、カメラの重さに途中で手首が痛くなってきたり・・・(笑)長引く自粛で脚の筋力もかなり衰えているようです。 写真は「スタンダード」で撮った画像を「トイ」に変えています。

  • 牡丹

    笑獅子 花王 阿蘇の司 花競 写楽 聖代 春光寿

  • サクラソウ

    名残雪 大明錦 魅惑 玉川

  • 見頃の花(3)(2021)

    ハナミズキ アナベル トキワマンサク ハクサンボク シャガ スイセンノウ ショウキウツギ

  • 見頃の花(2)(2021)

    いつになれば無心で撮影を楽しめる日が来るのでしょうか。 状況はさらに悪くなるばかりです。 ほぼ一か月ぶりにカメラを持ち出して近県にあるお寺に出かける予定でしたが、結局はまたまた近場の植物園に変更せざるを得ず、60mmマクロ1本で手持ち撮影してきました。花撮りいうよりは運動不足解消の散歩に近い感じです。 自粛が続くなかでも季節はどんどん進んでいます。 ネモフィラ モッコウバラ クレマチス ホヤ シャクナゲ エビネ 藤 牡丹

  • 桜 他いろいろ

    良く晴れて暖かく気持ちが良いので、家の外に出ることにしました。 ご近所の桜はまだ咲き始めなのですが、あちらこちらで桜の写真がアップされて、なかには満開だということなので長居公園まで出かけました。 長居公園には昨年も桜を撮りに行っています。 shakariki-photo.hatenablog.com 駐車場を出たところ。きれいに咲いていて期待も膨らみます。 昨年も撮影した広場の辺りはちらほら咲き始め。やはり来るのが早かったようです。 1本だけ咲いていた木がありました。 植物園内は公園より人も少くのんびりと春を満喫、といいたいところですが池のまわりにまだ桜の色はありません。 桜園の桜もちらほら。…

  • 天野山金剛寺2

    近頃気力がなくて伽藍だけ投稿したまま、ほったらかし状態になっていました。 少し間があきましたが、前回と同じ日に撮った庭園と北朝行在所の写真です。 駐車場からはこちらが近いので先に撮影したのですが、順番があと先になりました。 大玄関(カエルがお出迎えしてくれてます) 茶室 持仏堂 奥殿(北朝行在所) 漆喰壁が続く天野川沿いの道がきれいです。 正面は南朝行在所となった摩尼院ですが、この日は拝観できませんでした。

  • 天野山金剛寺

    女人高野とも呼ばれる当寺は南北朝時代のうち4年間(栞参照)、南朝と北朝両方の行在所になったという興味深い歴史を持っています。10年ほど前に一度参詣したことがありますが、その折の平成大修理によって色鮮やかに甦った金堂・多宝塔・鐘楼がひと際目を惹きます。 楼門 食堂(後村上天皇(南)が正殿とした) 金堂 鐘楼 多宝塔 薬師堂 五仏堂 御影堂 観月亭 法具蔵(手前)と護摩堂(奥) 開山堂 光厳天皇陵 八十八ヶ所巡り入口(倒木で閉鎖中)

  • 見頃の花 ①(2021)

    撮影場所に窮した時に決まって行く植物園。 入口に置いてあるマップを頼りに、花探し散歩をするのが楽しいのです。 梅 パンジー シクラメン 侘助(椿) 隠れ磯(椿) セリバオウレン スイセン ガリル クリスマスローズ ヒメリュウキンカ

  • 蝋梅

    先日テレビで見た映像に誘われるように、近くの公園まで蝋梅を撮りに出かけました。 テレビで紹介されていたのは滋賀県の沙沙貴神社で、台風の被害を受けなかったことから今年は特に綺麗な花をつけているようです。 失礼ながら沙沙貴神社のことは全く知識がなかったので調べてみると、佐佐木源氏発祥の地として全国の佐々木さんが参拝に訪れているということです。 佐々木姓でない私が参拝してどうなのか、ご利益があるのかないのかは定かではないですが、あの蝋梅は一見の価値ありです。 さすがに今は滋賀県にお邪魔するのは憚られますが、一度は行ってみたい場所がまたひとつ出来ました。

  • 観心寺4

    2021年の初詣も兼ねた観心寺の撮影でした。そうそう外出もできない状況なので、1日の撮影を何回にも分けて投稿させていただきました。 願い事をひとつに絞るのは難しいです。 いつも悩んだ挙句に「開運招福」「厄除開運」になります。今日は「厄除開運」を選びました。すべての願いを込めています。 2021年の健康と幸福を祈ってお線香を焚きました。 2月7日までとなっていた緊急事態宣言ですが、本当にその日に解除できるのか心配していたら1か月延長になりました。 はてさて1か月後にはどういう状況になっているでしょうか。 少しでも早く元の生活に戻るためには、これからも気を引き締めてコロナ対策を続けていかなくてはい…

  • 観心寺3

    建掛塔(楠木正成の戦死で三重塔が建掛のままとなった) 鐘堂 阿弥陀堂 星塚⑦(破軍星) 御影堂 修行大師 この先に後村上天皇桧尾陵 開山堂(本願堂)

  • 観心寺2

    手水舎(コロナのため使用できません) 恩賜講堂 霊宝館 牛滝堂 星塚①(貧狼星)(7つ星一巡で厄除け) 弘法大師礼拝石 金堂 弁天堂 百度石

  • 観心寺1

    2021年最初の投稿になります。 再度の緊急事態宣言が出され外出自粛や移動制限と厳しい状況ですが、今年初になる撮影に臨みました。 楠木正成銅像 山門 山門から見た金堂 梅園 中院 地蔵尊 拝殿 拝殿から見る鎮守堂(訶梨帝母天堂) 鎮守堂(訶梨帝母天堂)から見た拝殿 鎮守堂(訶梨帝母天堂) 毎年祈願に訪れる大神神社にはまだ当分の間行けそうにありません。 外出に消毒液を持ち歩かなくてもいい日々に1日も早く戻りますように。

  • 見頃の花

    2020年最後の撮影は散歩気分で花を撮りに出かけました。 持って行ったのは標準ズームレンズ1本だけです。マクロと三脚できっちり撮影するのもいいですが、今年最後だというのに今日はちょっと気が重くなり、散策を楽しみながらついでに撮影しようという感じです。 一先ず今が見頃と紹介されている花は撮影しました。 スイセン レモン ニシキギの枝 レモン ビバーナム ティヌス ポインセチア カンザキハナナ サザンカ ツバキ クリスマスローズ

  • 散歩写真

    要請が出る前から外出自粛を心掛けて過ごしてきました。 感染拡大が止まらないままに街中には人が戻り、以前のような賑わいを取り戻しつつあるようで、あのようなソーシャルディスタンスを守る暮らしはもう難しくなってきたように感じています。 不要不急で気がひけるのですが運動不足解消もあって、あまり人のいない場所を探して歩いてきました。

  • 談山神社3

    感染拡大が進むなかで、悶々とした日々を送っています。少しずつ戻しつつあった写活をもう一度考え直さなくてはいけないのかも知れません。 不用心と思う人たちをよく見かけるようになりました。一人一人が上手にコロナと付き合ってと言っても、一度緩んだ心の糸を結び直すのは難しいようです。だからと言って、緊急事態宣言下のような自粛生活でいいものなのか悩むところです。

  • 談山神社2

    談山神社の象徴的な建物がこの十三重塔といえるでしょう。 建立は678年。神仏習合時代の名残りといえる建造物です。藤原氏との縁が深く、廃仏毀釈・神仏分離により談山神社に改称されましたが、もとは天台宗「多武峯妙楽寺」と称する寺院でした。同じ藤原氏の氏寺「興福寺」との不和から抗争に発展し、何度か焼き討ちを受けています。 現存の塔は1532年に再建されたものです。入山口でもらったパンフレットによると、この塔は現存する木造十三重塔として世界唯一のものということです。

  • 談山神社1

    奈良県桜井市にある談山神社までドライブかたがた出かけました。 紅葉を背景にした十三重塔はよく目にしていましたが、実際に行くのは初めて。岡寺や石舞台あたりまでは行ったことがありますが、そこから少し足を延ばして県道155号線を上って行くと駐車場に行き着きます。 下旬頃に行く写真講座が多いので紅葉の見頃はそのあたりなのでしょうが、密を避けるためにも少し時期をずらしたのは正解でした。平日でも駐車場は満車に近い状態でした。 同じような写真になりますが、3回に分けて更新する予定です。今回は本殿、拝殿で撮影したものです。

  • 手柄山中央公園

    JR姫路駅からループバスに乗って「手柄山中央公園口」で降りると目の前です。 1966年に開催された姫路大博覧会の跡地を利用してできた市民公園で、市民プールや遊園地はすでに廃止されたようですが、平和資料館、水族館、温室植物園、武道館、文化センターなども有した広大な総合公園でした。 温室植物園 武道館 サンクガーデン ロックガーデン 慰霊塔 カスケード ちぎり橋

  • 長居植物園

    少し色づき始めた植物園の風景。散策するのがとても気持ちのいい季節です。 何度も来た場所で見慣れた景色をこれまでも幾度となく撮ってきました。 これは撮影時にピクチャーコントロールをスタンダードに設定し、現像時にクリエイティブピクチャーコントロールのトイに変えてみました。

  • ダリア

    前回と同日です。 バラ園、コスモス園とくればいつものように次はダリア園へ。休まず撮影したので少々集中力が切れかかった状態で、全ての品種を撮るつもりでしたが失敗作ばかり。削除・削除のオンパレードでした。

  • 秋桜2

    前回と同日。バラ園のあとコスモス園へ。こちらは見頃とあって写真を撮る人、絵を描く人で平日でもたくさんの人が集まっていました。 なるべく人の少ない時がいいんですが、もちろん目ぼしい花がないのはダメですけど、曜日によって人出が少ないとかあるんでしょうか?お勤めしてる時は平日はいつでもどこも空いてると想像してたんですが、実際はそうではないようです。

カテゴリー一覧
商用