searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

チョコぴーさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
ブログURL
http://shakariki-photo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カメラを相棒に気ままな一日の思い出帳
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/09/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チョコぴーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チョコぴーさん
ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

チョコぴーさんの新着記事

1件〜30件

  • 薬師寺白鳳伽藍

    近鉄橿原線西ノ京駅から100M程行くと伽藍の北側「輿樂門」に北受付があります。いつもは駐車場のある方「南門」から入っていたので、ちょうど裏側から入ったことになりますが、写真は撮影順番を逆にして「中門」あたりからに並びかえました。 以前に来たときからはかなり修復が進んでいるようで、建物は色鮮やかになり古い歴史は感じられなくなりました。仏像を守る大切な箱物と考えればそれも致し方のないことなのでしょう。 この日持って出たのは標準レンズではなく18-35mmの広角レンズでした。帰ってPCで見るとアオリがひどくてびっくり。あまりひどいものは少し修正加工しました。カメラの構え方に変な癖がついてしまっている…

  • 京橋駅周辺アート

    コロナと熱中症の不安から撮影に出るのは月に一度のペース。9月になれば、涼しくなれば、と自分に言い聞かせながら、今はまだ家籠りの状態です。 秋になってもコロナは終息してくれそうにありませんが、しっかりと予防対策をした上で人の少ないところを探し、少しずつまた出かけられたらいいなと思っています。 撮影していないので新しくはありませんが、前回のウォールアートつながりということで、前に京橋駅周辺でスナップした時のものが少しだけありました。まったく作品にはなっていませんので悪しからず。

  • 北加賀屋でアート巡り

    まったく終息する気配のないコロナ禍に心が折れそうです。今年はもっと写真活動に力を注ぐつもりだったのですが、いつまでも外出することが躊躇われる毎日が続いています。 教室の実習だけは何とか参加するようにしています。マスクに帽子に眼鏡と、ほぼ怪しげな人になりながら、今日は住之江区北加賀屋周辺のウォールアートを撮ってきました。

  • 好天に恵まれた休日でしたが、解除後の最多感染数の記録更新を続ける現状では、撮影に出かける気分になれませんでした。 次の週末には撮影実習の予定があり、十分な予防策をとりながら参加する予定でいますが、いまは新しいネタもない次第です。 ということで、前回と同じく大泉緑地公園で撮影した蓮の写真だけを集めてみました。

  • 大泉緑地

    経済優先に舵をきった時に想像されたことですが、感染拡大が止まりません。 東京ほどではないにしても、ずっとゼロを更新していた大阪でも、新たに感染者した人の数は確実に増加しつつあります。 この日公園内を眺めていると、マスクを着用してる人はほぼ半分。マスクをせずにおしゃべりに花を咲かせているグループもあれば、マスクをしながらも顎まで下し全く意味をなしていない状態の人も多数見られたのには驚きました。 コロナ慣れかコロナ疲れなのか分かりませんが、緊張感はあまりありません。 規制が緩和されていく中で、自分や周りの人の身を守るために、個々でできる最善の予防を心掛けたいものです。

  • 京橋スナップ

    京橋駅周辺でのスナップ撮影というので大阪ビジネスパークが連想されて、ビル群の中の街風景かと臨んだ撮影会でしたが、撮影地となったのはJR京橋駅側に広がるちょっとディープな飲食街でした。 こういった場所はいつもながら私には特に手ごわく感じられて、写真の出来はどれもイマイチ。そこで最近教えてもらったニコンの編集ソフトでなんとかならないかと助けを借りてみることにしました。D780ならカメラ内で撮影時に設定できたのですが、この日はD800で撮影していました。 「Capture NX-D」のクリエイティブピクチャーコントロールをいろいろ試してみた結果、統一性を考慮してすべて「トイ」にしています。ごちゃごち…

  • 紫陽花3

    紫陽花3 - シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

  • 紫陽花2

    紫陽花2 - シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

  • 菖蒲

    明日からお天気は下り坂に向かい、どうやら今週中には梅雨入りしそうな気配です。 次回の写真教室からの実習は植物園での紫陽花狙いに決まりましたが、紫陽花と言えども撮影の間だけでも雨が上がってくれないものかと今から神頼みしています。

  • 紫陽花

    むし暑く真夏日のような気温が続いています。 今春はコロナ禍で写欲はすっかり消化不良状態でした。 6月になり梅雨入りの時期が気にかかるのと同時に連想するのは紫陽花。 今年は例年に比べて開花が早いそうです。 長居植物園では6月2日~30日「あじさいウォーク」が開催されています。

  • 淀屋橋周辺をスナップ

    また近場で失礼します。県外に出られないのでしょうがない状況です。 雨が降る日の実習課題として「水溜まりの映り込み」を出されていたのですが・・・ ただスナップして歩いていただけで終わりました。 他の生徒さんはしっかり水溜まりと捉えていたので、傘と格闘するだけで自分がいかにぼーっと撮影したかが一目瞭然です。御堂筋での撮影は車の流し撮りやいろいろやれることがあるのを忘れていましたね。次回リベンジの誓いももう何度目かと自嘲ものです。 6月からは徐々に他県での撮影もできるようになるようです。コロナ再びにならないように、コロナに対峙するモチベーションをそのまま維持し続けていきたいと思います。

  • 大阪駅周辺ぶらり撮影

    やうやく緊急事態宣言が解除になったとは言っても県外への移動はまだできませんが、不要不急の撮影に出られるようになったのは嬉しいことです。 もう何度も撮影した場所での撮影は知り尽くした気になってしまって難しいです。ワンパターンになってしまうところに自分の未熟さを感じてしまうのです。

  • 宝山寺(2015年)

    近鉄生駒駅からケーブルカーに乗り換えて宝山寺駅まで。 通称「生駒昇天」と呼ばれ親しまれる宝山寺です。この日は奥の院まで上りました。 外出自粛解除、休業要請が縮小と徐々に日常生活が戻りつつあります。県外へ自由に移動できるようになれば、写真活動も以前のようにできるようになるでしょう。 必ずやって来るといわれる第2第3の波が少しでも緩やかな波であるためには、これからも気を緩めずに生活するよう努めたたいと思っています。

  • あべのハルカス(2015年)

    今は臨時休業中の展望台。そこから見た5年前の眺望と現在ではどれだけ変化しているでしょうか。休業解除されたら出かけたい場所のひとつです。

  • 永澤寺の牡丹と芝桜(2015年)

    前回と同じ5年前のゴールデンウイーク中に出かけた時の写真です。この時はクラブツーリズムの花めぐりツアーでしたが、ちょうど見頃の花を撮ることができました。 今はまだとても旅行できるような状況ではないですが、また心の向くまま出かけられる日が来るように官民一体で頑張るしかありませんね。 もとの日常に戻るまでしばらくは昔の写真をUPさせて頂きます。

  • 白井大町藤公園(2015年)

    外出自粛でまったく写活ができず、ブログも1ヶ月更新しないままになっていました。あまりに更新が途絶えていてはと思い、過去に撮った写真を引っ張り出してきました。 5年前のゴールデンウイークに兵庫県の白井大町藤公園に行った時のものです。 今年はもう藤の花を見ることはできないでしょう。屈託なく行動できた日が懐かしく、有り難さが身に沁みます。 家で過ごすことに慣れてしまい薄れかけていた写欲ですが、昔の写真を見ていると、早くカメラを提げて出かけたくなりました。 そろそろ自粛解除の兆しが見え始めた今、さらに慎重な行動が肝要と思いながらも解除宣言される日が待ち遠しいです。

  • 令和2年の桜

    5月6日までの外出自粛要請もあり、人がいない場所であっても不要不急の用事ではない撮影に、カメラを持ってうろうろできる状況ではなくなりました。 春の花が咲き揃う頃の出かけたい欲求と撮りたい欲求、もっといろいろな欲求を持つ人たちの、今はその欲求をどれだけ自制できるか人間性が試されている気がします。 今年の桜の撮影は4月2日の1日だけになりました。

  • 西天下茶屋商店街

    コロナウィルスによる外出自粛要請での休講が再開した3月15日、最初の実習地になったのが大阪市西成区にある西天下茶屋商店街でした。 ひと口に西天下茶屋商店街といっても、通りが分かれると吊り看板に書かれた名称が違っているのに気づきます。「銀座商店街」「西天商店会」「南本通商店会」「中央通商店会」の他に「中央通寿会」「中央通商店街」というのもありました。 お店の方に少し話を聞くと、ここは戦後には闇市がたった場所だったと往時の活気を懐かしむように話してくれました。今では大半の店舗のシャッターが下り老朽化した姿を残すだけになっています。再生の難しい地域の特色もあるのでしょうが、店主の高齢化もあり早急に大…

  • 東大寺

    元興寺をあとにして昼食をすませてから東大寺へと向かいました。その頃になるとほぼほぼ日本人と思われますが、朝の印象よりは思った以上の人出になっていました。 3連休ということもあり、外出自粛からの反動で出かけた人も多かったのでしょう。結局は1週間で、またもや自粛要請が発表されることになりました。私も用心と口では言いながらも何となくコロナ慣れの感ありで、マスク着用はしていましたが少し不用意に過ごしていたと反省です。あの外出での感染の広がりを見定めるには、あと1週間の観察が必要です。 治療薬のめどがつくまでは、それぞれが思いやりと良識ある行動をしなければいけないと改めて肝に銘じておきます。

  • 元興寺

    春のお彼岸の連休、ならまち散策で世界遺産登録の元興寺に立ち寄りました。 南都七大寺の中でも東大寺に次ぐ大寺院でしたが、貴族の庇護を得た寺院が栄えてゆく中、支えであった中央政府の弱体化に伴い平安時代後期には衰退の道を辿ることになります。その後いく度か再建と衰退を繰り返しながら、現在のようになったのは昭和戦後になってからです。 町屋観光で外すことこの出来ない「ならまち」も奈良時代には元興寺の境内だったというのですから、その隆盛ぶりがうかがえますが、現在では2つの元興寺に分かれてしまっています。 今回出かけたのは別名「元興寺極楽坊」です。日本最初の瓦が今でも使われている極楽坊と禅室の屋根の「行基葺き…

  • 空堀地区ぶらり撮影2

    家に帰ってからパソコンに取り込んでみると、今回も撮りこぼしが多いと反省です。写友間でも話に上っていたので、また近いうちに行こうと思っています。

  • 空堀地区ぶらり撮影

    新型コロナウィルスの感染拡大がいっこうに収まりません。もともと花粉症だったのが良かったのか、昨年に買っていたマスクが残っていて何とか急場をしのげましたが、それもそろそろ底をついてきました。早く十分な量が市場に供給されることを願っています。 小中高の休校や施設が閉館になり、私の通う写真教室でも屋内での講義は3月からの2週間が延期になりました。来週もまた延長される可能性もありますが、早く沈静化することを願うなら、今はいろんなことを辛抱するしかありません。 そういうなかで2月最後の週に出かけたのが空堀地区。松屋町筋から谷町筋を過ぎ、さらに上町筋へと続く空堀商店街とその周辺の撮り歩きです。 若い人たち…

  • 城南宮

    令和初の天皇誕生日に京都府伏見区にある城南宮に出かけました。 梅の名所として知られてはいますが、コロナウィルスの影響もあり人出は少なかろうと高を括っていたら、神苑の入り口にはいつもの年以上の長蛇の列。 お天気もよく梅も見頃でしたが、このあとに予定が控えていたこともあり今年は神苑に入られず、中途半端で心残りな撮影になってしまいました。

  • D780を導入

    メインカメラのD800購入から7年あまり。もう少し軽量がいいと思いだしてミラーレス機も視野に入れていましたが、集めたレンズを思えばその勇気もなく、アダプターを使うのもちょっと違うのではないかと考えた揚句、D780を追加導入に落ち着きました。 大層なタイトルをつけましたが、カメラの評価については私よりも詳しい方たちにお任せしたいと思います。 D800にはない機能もあり、使用説明書を読んでみましたが記載がなくてまだよくわかっていません。軽量であるのとチルト式液晶パネルでもう私の欲求には十分なのです。 それでも私なりの印象でいうなら、従来の一眼レフ機にミラーレス機の機能を取り入れたカメラ、といった感…

  • 温室育ち2

    街スナップの予定を変更していつもの植物園へ。雪がちらつく寒い日、温室の中でまったりとした時間を過ごさせてもらいました。

  • カトレア

    ランと言えばカトレアの名が上げられるほど最も有名な洋ランの代表品種です。 花言葉は「優美な貴婦人」。大きく美しい花は派手で艶やかでとても魅惑的です。

  • 蝋梅と梅

    今年は暖冬で梅が例年より2週間ほど早く開花しているという話です。見頃をむかえている所もあると聞き、お馴染みの植物園に様子を見に出かけました。 もう遅いと思っていた蝋梅も1本だけ、香りを放ちながらきれいに咲いている木があったのは幸運でした。 2年前も同じ頃同じ場所で撮影していますが、まだ花が咲き揃ってなくて寂しかったことを思い出しました。花季を外さず行動すると、やはり素敵な出会いがありますね。

  • 今井町ぶらり撮影2

    前回の続きです。 先週の土日も撮影に出かけられなかったので投稿できる写真がないだけですが・・・。 今週は何かしら撮りに行きたいとは思っているのですが、急に寒くなったのでどうなるか自信はありません。

  • 今井町ぶらり散歩

    観光パンフレットによると、戦国時代天文年間に一向宗本願寺坊主の今井兵部卿豊寿により建設された寺内町とあります。 称念寺を中心とした寺内町は反織田信長の流れのなかで、軍事目的のために城塞都市の様相を強めて行きました。町には9つの門が設けられ周囲を濠で守られています。碁盤の目状の町の道路はどれも屈折していて、見通しがきかないように作られています。 江戸時代になると大阪や堺との交流が盛んになり、南大和最大の商業都市へと変貌しました。当初は敵の侵入を防ぐための要塞となった町づくりは、のちには富裕な商人の生命と財産を守るためにいかされることになります。 写真活動を怠けていて約一か月ぶりになりました。また…

  • 初撮り

    極端な写欲の喪失に襲われた2019年。このままカメラを手にしなくなるのではと考えることもありました。 2020年は暑すぎる夏にも負けることなく、より積極的に写真生活を続けてゆきたいと思っています。

カテゴリー一覧
商用