シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
読者になる
住所
大阪府
出身
ハンドル名
チョコぴーさん
ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
ブログURL
http://shakariki-photo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カメラを相棒に気ままな一日の思い出帳
自由文
-
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/22

チョコぴーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 16,704位 16,773位 15,737位 14,831位 17,783位 15,692位 17,947位 975,462サイト
INポイント 20 0 10 30 10 20 20 110/週
OUTポイント 20 10 10 30 20 30 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 481位 478位 456位 432位 498位 453位 511位 32,874サイト
写真日記 32位 31位 29位 28位 31位 30位 31位 1,883サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,125位 32,443位 33,487位 32,519位 36,036位 36,023位 40,772位 975,462サイト
INポイント 20 0 10 30 10 20 20 110/週
OUTポイント 20 10 10 30 20 30 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 504位 509位 537位 508位 610位 602位 744位 32,874サイト
写真日記 21位 20位 22位 21位 25位 24位 34位 1,883サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,462サイト
INポイント 20 0 10 30 10 20 20 110/週
OUTポイント 20 10 10 30 20 30 30 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,874サイト
写真日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,883サイト

チョコぴーさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チョコぴーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チョコぴーさん
ブログタイトル
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀
  • ミナミ

    道頓堀周辺を歩くのはもう何年ぶりになるでしょうか。 御堂筋から道頓堀にカメラを向けることはありましたが、戎橋に立つのは久しぶりです。その頃はTUTAYAもスタバもなく、ずい分と印象が変わりました。 戎橋筋や心斎橋筋でよくショッピングをしていた頃でさえ歩いたことのない通りに入ってみると、「昔からこんなでした?」と思うほどの景色が続いていて、新世界ばりのド派手さにちょっと落ち着きをなくしてしまいます。 今まで知らなかっただけなのか、インバウンド向けの変貌なのかはわかりませんが、インパクトが強くて面白すぎる、ゴテゴテのこれぞ大阪の雰囲気が溢れていました。 お初天神にも寄ってみました。外国語で書かれた…

  • 芦屋川周辺

    ヨドコウ迎賓館から徒歩30分のところにある岩ケ平公園内のモンテベロバラ園に行く予定でしたが、撮影日の10月5日にはバラはまだほとんど咲いていないということで、芦屋川駅までの道をスナップしながら帰ることに予定変更となりました。 途中にあるひと際目を惹くパレエレガンスやカトリック芦屋教会。普段は中に入ることのない教会の聖堂の中も撮影させて頂くことができました。一人ではとても勇気がでなくてお願いできないところです。

  • ヨドコウ迎賓館3

    ヨドコウ迎賓館の最後は切り取った写真いろいろです。

  • ヨドコウ迎賓館2

    前回は18-35mm のレンズを使用して広角で撮影したものでしたが、今回は24-70mmや50mm単焦点で切り取ったものをアップしたいと思います。 ライトの建築物には大谷石や木組み装飾などが特徴的ですが、植物の葉をモチーフにした飾り銅板は有機的建築を提唱したライトの象徴として、ドアや窓や欄間など至る所に施されています。今回はその飾り銅板に注目してみました。

  • ヨドコウ迎賓館

    旧帝国ホテルの設計者として知られるフランク・ロイド・ライトが灘の酒造家の別邸として設計したものです。現在は淀川製鋼所が所有し国の重要文化財にも指定されています。 今年彼の設計した8つの建築物が世界遺産に登録され、その追加登録候補になっているということで、これまで以上に人気になると注目を集めているスポットです。 阪急芦屋川駅から北へ10分、ゆるやかな坂道を行くところにあります。 開館日は土日祝日と水曜日のみで入館料500円です。 車寄せ 応接室 給湯室 和室 家族室(寝室) 使用人室 浴室 食堂 厨房 バルコニー

  • 北嵯峨フォト散歩

    台風と秋雨前線が気になるお彼岸ですが、ワンデイ撮影塾に参加しました。 「嵯峨野慕情」をテーマに北嵯峨周辺の田園風景を撮り歩くいう講座です。 JR嵯峨嵐山駅から広沢池方面へと向かいながら途中にある案山子の一群を撮り、広沢池では水面の映り込みの撮影など、指導を受けながら散策してきました。 まだ稲刈りの残っている田も多かったのですが、青空もなくヒガンバナも少なく、絵としてはちょっと寂しい感じですね。 少人数の参加者でしたので、先生方には丁寧に指導いただくことができた楽しいフォト散歩でした。 兒神社(ちごじんじゃ) 広沢池

  • 慶沢園

    天候に恵まれた3連休の初日。「てんしば」には家族づれも多くみられましたが、ドイツ・ミュンヘンの民族祭り「オクトーバーフェスト」のイベントも開催されていました。ドイツのビールやグルメを味わえるイベントで16日(月)までやってます。 動物園のゲートがずい分ときれいに変わっていました。 快晴の夏日、冷たいビールはさぞかし美味しいだろうと後ろ髪を引かれつつ、今日の撮影実習地の慶沢園へと向かいました。 慶沢園は大阪市立美術館に隣接する純日本風池泉回遊式庭園です。大正時代には美術館の敷地に住友家邸宅があり慶沢園はその庭園でしたが、住友家の神戸移転にともない大阪市に共に寄贈されました。入園料は150円。 「…

  • 粟田神社

    京都十六社のうちの五社巡りツアーでの最後の神社です。 病除け、厄除けと交通旅行安全にご利益があるとされています。京都の7つの出入り口うち東側にあたる粟田口に建つことから、街道を行き交う人々からの篤い信仰を集めてきたということです。 境内の展望台からは平安神宮の大鳥居が見えます。

  • 西院春日神社

    西暦833年淳和天皇が譲位し西院に移る際に、奈良春日大社から分祀したことに由来する神社です。病気平癒や交通安全にご利益があるそうです。 「西院」の読みは「さいいん」と読んだり「さい」と読んだりでいつも悩みます。ここは「さいいん かすがじんじゃ」となっています。 地名と駅名、JRと私鉄で読み方が違ったりするのはどうも不可解で、こんがらがる要因だと思います。名前の由緒が適当に扱われているようで、どっちか正しいものに統一して欲しいですね。

  • 市比賣神社

    街中にあるこじんまりとした神社といった佇まいです。 平安時代に官営市場の守護社として創建されました。商売繁盛のご利益とともに、御祭神がすべて女神であることから、女人厄除けの願掛けに女性の参拝者が多い神社です。 境内には御神水「天真名井」があり、持ち帰ることもできます。運勢を占う「姫みくじ」が愛らしくて人気のようです。

  • 豊国神社

    言わずと知れた豊臣秀吉の死後に秀吉を祀るために建てられた神社です。徳川家康により廃祀されましたが明治になり再興されました。豊国神社の名は大阪や名古屋など秀吉ゆかりの各地に見られます。出世開運、厄除け、商売繁盛のご利益があります。

  • 新熊野神社

    ほぼ2ヶ月ぶりの更新です。 今夏の猛烈な暑さが身に堪えられず心が折れていました。まだまだ暑いですがそろそろと写真活動を再開しようと思います。 手始めに京都の町中にある古社十六社のうち五社を巡るツアーに参加しました。 ほとんどの参加者が御朱印帳を手に持つなかで、私は一眼レフ。ファインダーを覗くのは久しぶりです。 益々拙くなっていく写真ですが順々に更新していきます。

  • 矢田寺

    テレビから流れる天気予報では「滝のような雨が降るでしょう」でしたが、半月ぶりに収納庫からカメラを出し覚悟して出かけました。 「あじさい寺」としてよく知られる矢田寺。御本尊は地蔵菩薩です。 多少の難儀はしても、見頃の花たちが雨を受け色鮮やかに咲いているのを見られて、出かけた甲斐がありました。

  • 三室戸寺2

    前回の続きの三室戸寺です。 山門をくぐってすぐ、眼下に広がる庭園内の池泉周辺の風景と紫陽花の写真です。 最近は1本レンズで手抜き撮影が多いのですが、この日のカメラはDf1台に、広角(18-35mm)・ 望遠(55-200mm)・マクロ(60mm)のレンズ3本。所有するなかでもより軽量な方を選びました。あまりに重い機材だと楽しさよりも疲ればかりが残りますが、これ位が私の体力・気力相応だったようです。 ハート形アジサイのことはすっかり失念していて気付かずじまい。残念なことをしました。 最後に庭園内にある花の茶屋でひと休憩。見た目にも涼やな「あじさい白玉氷」です。

  • 三室戸寺

    天気予報が芳しくないので、15日土曜日の予定を変更して出かけてきました。 平日でも臨時の受付まで設けられていて、入園料は800円。 今までの4回はいずれも躑躅の咲く頃でしたので、ここの紫陽花を見るのは今日が初めてでした。雨が少ないことも影響しているのか、元気のない花が多くて少々残念な感じでした。 来月には境内に置かれた蓮が次々に咲き出して、絶好の被写体になりそうです。 まずは境内の様子から。庭園や庭園の紫陽花の画像は次回になります。

  • アジサイ

    漢字で書けば「紫陽花」だけど紫色ばかりじゃない。ピンクもあれば青も黄色も、グラデーションがきれいです。群生しながらも一輪一輪に存在感がある花です。 今日は手持ちでいこうと三脚なしで出かけたのはいいけれど、カメラとレンズ選びに失敗しました。腕がないのですから適当はダメよと反省した一日でした。

  • FUJIFILM X-T3+XF18-55/2.8-4

    5月にしては異常な暑さの1日になりました。 今日はフジフィルムの最新鋭ミラーレス機が試用できる講座がありました。 一眼レフメーカーが次々とミラーレス機を発表し、時代はもうミラーレスに向かっていると感じ、次の買い替えの参考にしたいと思って参加しました。 1時間半ほどカメラの使い方などの講義を受けたあと、撮影実習と作品の講評という内容です。 フォルムはニコンのDfと同じフィルム時代の雰囲気がして好みです。使い方はかなり違うので誤操作することもしばしばありましたが、これは仕方がないですね。最近とみに重さが負担になってきているので、Dfよりさらに軽量かつ遊び心の詰まったミラーレス機はとても魅力に感じら…

  • ローズウィーク

    暑い夏日が続いています。思えば今頃はまだ冬用のセーラー服を着ていた季節です。6月1日までは半袖を着ないと意地でも頑張っていますが、6月が衣替えなんて言うのはもう過去のものでしょうね。 近畿ではお日様マークだけが並ぶいいお天気になりました。 今回もバラの写真です。5月11日から5月26日まで「ローズウィーク」が開催されている長居植物園に行ってきました。

  • 花の文化園

    バラの咲き具合をみようと植物園に行ってきました。 入口では気分を弾ませてくれるように、いろいろな花が迎えてくれました。 陽射しも厳しく、ファインダーを覗いていると汗が目に入り、撮影を中断することもしばしば。 肝心のバラは、少し前の季節はずれの寒さもあってか、咲き揃うまでにはもう少しと言った感じでした。 一日のんびりしようと本も持参で行きましたが、身体がまだ暑さに慣れないのか、2時間ほどで早々に帰途につきました。

  • 大塚国際美術館

    ゴールデンウイークを利用して、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館へ日帰りで行ってきました。 行った人に聞くと「よかった」「また行きたい」と言うかなりの好評価が多かったので、今年の大連休の1日を芸術に触れる旅にしました。 入館料は3,240円。 私でも知ってる有名な作品の前はとにかく凄い人だかり。7つのひまわりは押し合い圧し合いだし、フェルメールは長い行列に並ぶのも諦めました。 真正面で撮れてるのもあまりないし、絵だけ撮っても写真的にはどうなんでしょうね。標準ズームレンズ1本だったので広角の欲しい所もありました。 レプリカとはいえ1000点を超える展示品は見応え十分です。5時間を費やしても全てを鑑…

  • 長谷寺

    奈良県桜井市にある長谷寺は西国三十三か所観音霊場の第八番札所として、また「花の御寺」として多くの人が訪れる有名なお寺です。 そのうえ「うましうるわし奈良」キャンペーンでは今まさに長谷寺篇がCM放映の真っ最中。人出を覚悟で出かけて来ました。 あまりに人が混み合ってて、床緑のお決まり写真は撮れるものではありませんでしたが、撮影日和の楽しい連休初日になりました。

  • 桜の見納めに

    この週末が桜の見納めと京都まで出かけるつもりでしたが、朝から雑用に追われてしまい、遠出はあきらめなくてはいけませんでした。 午後から買い物に出たついでに、近くの神社とスーパーマーケット近くにある公園の桜を撮影してきました。 名残惜しいですが、もうすぐ桜の季節も終わりです。 コンデジのアートフィルターの機能を使って遊んでいます。

  • 大美和の社の桜

    大神神社から摂社のひとつ狭井神社へと続く「くすり道」を進むと、左手に茶店が見えてきます。 そこから左へと、久延彦神社に続く道の途中にあるのが、大美和の社展望台です。 大和三山や二上山を眺望できる絶景ポイントですが、特にこの季節には枝垂れやソメイヨシノなどの様ざまな桜の競演が観られました。 暖かい春の陽射しのこの日、たくさんの人たちが散策と休息を楽しんでいました。

  • 大神神社

    暖かい春の日に、久しぶりに奈良県桜井市にある大神神社に出かけました。 お昼過ぎに着くと大鳥居前の駐車場にも結構な車の数で、少々不安を感じながらも二の鳥居まで進むと、やはり駐車待ちの車の長い列ができていました。いつもこととはいえ、それだけご利益のある神社ということなのでしょう。 拝殿と巳の神杉を参拝したあとは狭井神社へ行くのが毎度のコースですが、今日は知恵の神様の久延彦神社にも行きました。 途中の展望台へ登る道には満開の桜。もう何度も参拝しているのに、思えばこの季節に来たことがなかったことに気付きました。 美しい桜の写真は次回にお届けします。 二の鳥居。 拝殿前。 左が巳の神杉です。 市杵島姫神…

  • 和歌山電鐵貴志川線~伊太祈曽駅

    伊太祈曽(いたきそ)駅は車両基地になっていて、上下線車両の入れ替えや簡単な整備などはここで行われています。今日は特別に施設の見学をさせて貰いました。 建屋は昨年の台風で被害を受けた屋根だけは修復したそうですが、あとは創業時のまま今も使われているそうです。 廃線も考えられた路線がアイデアで赤字から黒字へ、我々が出来る事はその努力に対して乗客になることです。 今回の一番の心残りは何と言っても、この路線の代名詞となっている「たま電車」に乗れなかったことですが、車庫内に停車していた「うめ星電車」「動物愛護ラッピング電車」と共に「たま電車」も見ることができました。いつかこれらに乗って周辺の古刹を訪ねるロ…

  • 和歌山電鐵貴志川線

    三毛猫の「たま」駅長がテレビで紹介され一躍人気となった和歌山電鐵貴志川線に乗ってみました。 JR阪和線和歌山駅から貴志駅まで片道30分余りの路線には、「たま電車」の他にも「いちご電車」「おもちゃ電車」「うめ星電車」に「おかでんチャギントン」「動物愛護啓発」のラッピング電車も走っています。 残念ながら今日はすべてに乗車できませんでしたが、それは次回の楽しみにとっておきます。

  • ならまち散策

    晴れたり曇ったりのお天気のなか、今日は「ならまち」での実習に参加しました。 スタートはやはり猿沢の池から望む興福寺の五重塔のショットからはじまり、ときどき脇道に入ったりしながら南へと歩いて行くという、いつもの散策コースです。 ずい分久しぶりに「格子の家」にも寄ってみました。

  • なんでもスナップ

    石切参道商店街を歩いた日、脇道に入ったりしながら気になったものをあれこれ撮りました。 古い物や朽ちかけた物には魅力があります。見つけるとついシャッターを押したくなります。

  • 石切劔箭神社

    腫物の神様として信仰を集める「石切劔箭神社」(いしきりつるぎやじんじゃ)は「石切さん」と親しみを込めて呼ばれています。 お百度参りもつとに有名で、この日も鳥居前と神殿前にある百度石の間を歩く人たちが列をなしていて、熱い信仰を集めていることが伺えました。

  • 石切神社参道

    今日はニコンカレッジ「のぼり坂の参道を歩いてみよう」の講座に参加して、石切劔箭神社参道を歩いてきました。 近鉄けいはんな線「新石切」駅から「石切さん」へ、そのあと近鉄奈良線「石切」駅まで行き、また「新石切」駅に戻るというコースです。 前に撮影に出かけた時は、絵馬殿から入りそのまま引き返したので、参道を歩くのは今日が初めてです。 誰に聞いても、「石切さん」と言うと「占い」という返事になるほど有名みたいですが、実際に行ってみて納得。世の中には悩み多き人たちが溢れているようです。 参道撮影は人を撮る面白さもあるのですが、肖像権の問題もあるので、画像の選別には気を使います。

カテゴリー一覧
商用