プロフィールPROFILE

こども美術塾。アトリエ10美術研究所さんのプロフィール

住所
文京区
出身
未設定

大人顔負けのセンスにびっくりしたり、子どものころを思いだしたり・・・きれいで楽しい作品をご紹介しています。

ブログタイトル
こども美術塾。アトリエ10美術研究所
ブログURL
https://atelier10.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
文京区にある子どもの絵画造形教室です。 楽しい作品をご紹介。
更新頻度(1年)

50回 / 361日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2013/10/05

こども美術塾。アトリエ10美術研究所さんのプロフィール
読者になる

こども美術塾。アトリエ10美術研究所さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 14,188位 14,784位 13,931位 12,455位 12,457位 12,445位 12,385位 979,994サイト
INポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
OUTポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
PVポイント 210 580 200 660 40 90 490 2,270/週
美術ブログ 91位 101位 91位 80位 83位 85位 83位 8,239サイト
美術教室・学習 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 153サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 31,787位 32,906位 32,866位 32,962位 33,067位 33,183位 33,133位 979,994サイト
INポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
OUTポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
PVポイント 210 580 200 660 40 90 490 2,270/週
美術ブログ 150位 156位 151位 156位 162位 165位 163位 8,239サイト
美術教室・学習 1位 1位 1位 1位 1位 1位 2位 153サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 6,415位 6,617位 7,072位 7,223位 7,830位 7,747位 7,658位 979,994サイト
INポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
OUTポイント 20 20 20 20 10 20 20 130/週
PVポイント 210 580 200 660 40 90 490 2,270/週
美術ブログ 24位 24位 24位 26位 27位 28位 28位 8,239サイト
美術教室・学習 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 153サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こども美術塾。アトリエ10美術研究所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
こども美術塾。アトリエ10美術研究所さん
ブログタイトル
こども美術塾。アトリエ10美術研究所
更新頻度
50回 / 361日(平均1.0回/週)
読者になる
こども美術塾。アトリエ10美術研究所

こども美術塾。アトリエ10美術研究所さんの新着記事

1件〜30件

  • 北欧の積み木

     北欧の積み木には色といい形といい、インテリアとして飾っておきたいような美しいものがたくさんあります。これもそのひとつ、まんなかに四角錐、両わきには三角錐というユニークな形をしています。   手にのるほどの大きさですが、木には木の質感があり、紙の上にその何グラムかの存在感を出す必要があります。これを濃淡だけで立体的にえがくのは想像していたよりもむずかしい作業でした。 色は赤、黄色、...

  • アトリエのくるみわり人形

    はじめての油絵ですが、水彩とはまっくちがうことにいちはやく気がつきました。キャンバスに筆をおしつけたいきおいがそのまま表現になっています。それがもっともよくあらわれたのが人形たちの顔。作者は小学5年生の男の子。 どの人形も、似ているとか、似ていないをとおりこして、こういう顔がたしかに作者の目の前にあった・・。そう思わせてしまう迫力があります。この絵を水彩でかいたらたぶんまったく別の絵になったは...

  • メリー・ゴ-ランドの動物たち

      メリー・ゴーランド、回転木馬、カルーセル。呼び方はいろいろありますが、もともとは小さな子どもたちが乗って遊ぶためのものでした。 この馬のかたちが基本で、どの動物のせなかにも鞍(くら)がつけられています。作者は小学3年生の女の子。 馬、象、ラクダ、ライオン、白馬。シシンプルな線で動物たちの姿をたくみにとらえ、装身具のかざりなどもこまかく描写しています。これらはミニチュアとしてつく...

  • アトリエのピエロと鳥たち

     ピエロは表情のなかに正反対のものをかくし持っています。たとえば涙と笑い、怒りとあきらめ、まぬけとりこう・・。作者は小学4年生の女の子。 ピエロは星をちりばめたみどり色の服を着て、赤とブルーのさかいめにおかれています。右側では赤が優勢で、はでやか。 ひだり側では緑とブルーがきれいに調和しています。右と左では印象がずいぶんちがっていますが、全体をみると三つの色がおたがいをきれいにひきたて...

  • みずどりがすいすい

    みずどりたちがすいすいと泳いでいます。大きなめだまで前方をみつめたこの表情。作者は小学2年生の男の子。 この絵には作者が目をつけたおもしろいところがあります。それがわかるように白い線をいれてみました。 ななめの線がきれいな角度をつくっています。こうすることで整然とおよいでいるようすが一瞬にして見る人につたわりました。団体演技のようにみんな同じ速度で、同じ方向をめざしてすーい、すーい。 ...

  • 特集 ハロウィン 昼の顔と夜の顔

     このかぼちゃくんが昼間の主役です。かぼちゃくんはコスチュームを変えてパレードにも参加。  エメラルドグリーンの上にピンクの花びらが散り、いちだんとはなやかになりました。作者は小学4年生の女の子。 それが夜になると一転、主役も交代。くらやみの中でこぶんをしたがえたこの黒ねこはいったいなにもの?作者は小学5年生の女の子。油彩。登場するのは、黒ねこ、コウモリ、がいこつなど。 司馬遼太郎さ...

  • 特集 Halloween ! こわーい!

      あれれ、どういうことなんでしょう。こわがれー、なんて命令されてこわがれるわけありません。これは、男の子らしいユーモアです。作者は小学二年生。 おどろくなよー!Halloweenおどかしのパフォーマンスにこわがってみせて笑いあうのもなんだか楽しい。そんな楽しさを絵のなかにもちこみました。こわーい! でもおもしろーい!   この独創的な色とかたちはどうでしょう。人をよろこばせる作者のサ...

  • 特集 break ちょっと休憩

      あれっ、そんなところで休憩なんですか?毛糸玉をまくらにして、ねずみさんがひと休みしています。赤い三角帽に赤い靴。おそろいのシャツ。いいでしょう、いいでしょう、きっと大活躍をしたんですね。  作者は小学4年生の女の子。毛糸だまのふわふわとした手ざわりが全体のイメージになっています。かわいらしくて楽しい夢みたいな世界。そんな夢をもつことがあとで広い世界にとびだすための推進力になります。&...

  • 特集 laugh 笑う

    英語の「笑う」にはスマイル (smile)とラーフ(laugh)があります。クイズ番組で勝ちぬいて賞金一千万円、副賞は外国旅行。やったあ! バンザーイ。こんなときの笑いがラーフ(laugh)です。笑うことのすばらしさを知っていないとこういう底抜けの笑顔は描けません。作者は小学4年生の女の子。油彩。さざ波のようにすぐにほかの人に伝わる笑顔です。  え、いらっしゃい。この満足感にあふれた笑顔はどうでしょう。 ...

  • 特集 Come here みんなあつまれぇ~

       みんなあつまれぇ~のかけ声で、カニがぞくぞくと集まってきました。 作者は小学1年生の男の子。     少しずつ色をかえ、形をかえ、カニのバリエーション(変奏)で画用紙をうめつくしました。  バリエーションのおもしろさは理屈ではありません。それを楽しめる感性があるかどうかです。カニさん全員がハサミをならして作者に拍手です。  みんなあつまれぇ~の...

  • 特集 Wave なみ

     波がきたぞぉ~! ひゃあ-。ワニたちが波にのってあそんでます。よーくごらんください。このワニたち、ひとつの家族です。作者は幼稚園の年長さん、男の子。 もっと美人に・・なんていわないでくださいね。ピンクにしてもらったんですから。子どもなりにいっしょうけんめいイメージをつかんでえがいています。      ときには荒々しい波も。そんな時こそ家族で一致団結!いつかきみが先...

  • 特集 friend ともだち

      ともだちだよね。うん、なんだか楽しいね。作者は幼稚園の年長さん、女の子。  ぱっとつかんだイメージをそのまま絵にしました。表現することの楽しさが絵のすみずみにまでひろがっています。 次に登場いただくのはピエロです。人間の感情をかくしもっているからでしょうか、えがく子どもによって表情がまったくちがってきます。作者は小学2年生の女の子。 ともだちだよね。えっ、そうだったの?...

  • 特集 Building たてもの

     門番がいるのでかってに入ることはできません。お城のてっぺんにはこわそうな見張りが・・。作者は保育園にかよう5歳の男の子。とてきれいな窓がついています。ちらっと見えるのは王さまと女王さまでしょうか。  想像力ゆたかに自分のお城をつくりあげました。お城を見学したいといっても想像力がないとわかればガードマンにだめーッといわれてしまいそうです。こちらはくるみわり人形です。遠くに大きなたてもの...

  • 特集 Building たてもの

     門番がいるのでかってに入ることはできません。お城のてっぺんにはこわそうな見張りが・・。作者は保育園にかよう5歳の男の子。 とてもきれいな窓がついています。ちらっと見えるのは王さまと王女さまでしょうか。 想像力ゆたかに自分のお城をつくりあげました。お城を見学したいといっても想像力がないとわかればガードマンにだめーッといわれてしまいそうです。 こちらはくるみわり人形です。遠くに大きな...

  • 特集 Fruit くだもの

     うまい、ということばには「おいしい」という意味と「じょうずな」という意味のふたつがあります。クリーム色とオレンジ色のなかにむらさき色のぶどう。あざやかさがいちだんとアップしました。・・うまいなあ。作者は小学一年生の男の子。 たて、横、ななめ、さかさま・・。くだものはさまざまなおかれ方ををしていて、思わず手にとってみたくなるほど。・・おいしそうだなあ。この絵にはその両方の意味がはいっている...

  • 特集 Black  黒

       船ってすごいなあ。鉄のかたまりが水の上に浮くんだから!作者は小学二年生の男の子。 それをかろやかに紙の上に浮かせたのは作者の表現力です。  巨大な船はタグボート(ひきふね)にひかれていま港を出ていくところでしょうか。黒、黄色、赤という色の組み合わせが美しく、船の堂々とした黒をひきたてています。今回ご紹介するのはこんなふうに黒い色が絵のなかで大きな割合をしめている絵です。...

  • 特集 bubble ぶくぶく

     あついなあ。ほんとにあつい。 もうぶくぶくしようぜ。キャッホー、ぶくぶく、ぶくぶく。作者は幼稚園の年中さん、男の子。 みているこちらもぶくぶくしてみたくなります。すてきな色をひらひらさせながらおさかなたちもみんなでぶくぶく。   ぶくぶくなら負けないぞ!ワニくん登場。作者は幼稚園の年長さん、男の子。ワニくんだけあってスケールがでかい。 みんなでつくりだした大きなバブル(水のあわ)。この表...

  • 特集 Straight Line まっすぐな線

     楽器のハープを思わせる線が画用紙いっぱいに描かれています。まっすぐな、といっても定規をつかってのまっすぐではありません。作者は小学四年生の女の子。 背景は黒ではなく濃いふかみどり。たての線も白ではなく淡い草みどりです。これがふつうの黒と白であったら・・  いや、そんなふうに色を使うことはないでしょう。人形や天使のかわいらしさをひきだしているのはこうした色彩に対する繊細な感覚です。...

  • 特集 Long  ながい

      もっと語尾をのばしてください。なが~い!これはほめことばです。感嘆、おどろき、あこがれがみんなはいっています。ひとことでいえばかっこいい。この肩、この表情。これだけでも個性的なのにさらにさらに・・・。作者は、小学一年生の男の子です。これまで誰も考えつかなかった足の長さで、あっというまに自分の世界をつくりあげました。人気のあるくるみわり人形に、またあらたな魅力がくわわりました。これに対抗...

  • 特集 Water  みず

         あんなところにいる!えっ、みんな同じように見えるんだけど。ちがった。ピンクのマットの上でおしゃべりしているみたい。作者は小学一年生の女の子。室内プールを ま上からえがいています。塩素のにおい。よくひびく反響。コーチの声。体験がなければこれほどいきいきとはえがけないでしょう。  エメラルドグリーンの水に光がきらきらと反射しています。この絵のほんとうの主役は「水」...

  • 特集 Fight ファイト

     戦うべきときには、断固、戦う。腰の重心を低くしたファイティングボーズがきれいに決まっています。  こんなふうにえがけるということは、ひそかに自分でもやってみたのかもしれません。作者は小学1年生の女の子。 がんばれー、という声は、スパイダーマンと作者への声援。 むむ、こちらは・・・不吉な予感。  ロボット対ロボットの戦いです。ぐいぐいと、まるで音をたてて引いたような黒い...

  • 夏の夜

     あ、どこか遠くで花火をあげているらしい。光と音がずれてとどくなんておもしろいなあ・・。夏の夜の体験をいくつもかさねあわせて一枚の絵にしました。作者は小学5年生の女の子。油絵。ぱたぱたとうちわであおいでくれて、どうぞめしあがれ。大好きだけど、おもてなしでだされると緊張します。このタネがちょっと・・・。 あれは、ホタル?そうよ、めずらしいの?都会のこどもにとってホタルなどめずらしいにきまって...

  • アメリカンヒーローの人形

    ヒーローにしてはかわいらしすぎる。そう思われるかもしれませんが、作者にそっくりです。作者自身がモデル、と思っていただいてもいいでしょう。すとーんと長くてほそい。第一印象でそんなふうに見えたんですね。アメリカンヒーローの木彫りの人形です。作者は小学三年生の男の子。ならんでいるなかでこの人形だけ一歩前に出ています。この人形が中心。そういう作戦がはたらいたのかもしれません。画用紙はたてが40センチ以上あ...

  • くるみわり人形 (大人のアトリエより)

      そんなに遠くからごらんいただいたのでは 伝わるものが伝わらないのでは・・・。今回は「大人のアトリエ」からのご紹介。クリスマスにはおなじみのくるみわり人形です。手のひらにのるほどの四頭身の人形を鉛筆の濃淡で表現し、水彩で一部分を彩色しました。たっぷりととった余白が絵をみる人の視線をすっと人形にむかわせます。 ひだり斜め上に光源があって作者の視点は人形をやや見下ろす位置。それをはっ...

  • ロッキング・ホース(揺り馬)

    できあがったとき、ジグソーパズルのさいごのピースをはめこんだような気分になったかもしれません。作者は小学四年生の男の子。水彩。 ロッキング・ホースとはもともとは木でできた馬で、ちいさな子どもたちがまたがって前後にゆらして遊ぶための玩具です。でもこのロッキング・ホースは室内にかざるためのものなので陶器でできています。それをシンプルな線で、特徴をとらえて、とてもうまく表現しています。 オレンジ...

  • まねきねこ と はりこのうさぎ

      作者のマジックハンド(まほうの手)のせいかもしれません。おもわずみんな、ほほえんでしまいました。まねきねこや張り子のうさぎたちです。作者は小学四年生の女の子。油絵。   絵のなかにギスギスしたもの、とげとげしいものはひとつもありません。あたたかみのあるオレンジや赤、きいろをつかい、白をきれいにきわだたせています。 テーブルクロスにえがいてあった花の茎を絵のぜんたいにひろ...

  • ある少女

     うつむくのでも、遠くをながめるのでもありません。つよいまなざしでまっすぐに前を見つめています。自画像ではありませんが、そこに自分を投影していることはたしかです。作者は小学六年生の女の子。油絵。 少女のまわりを刺繍(ししゅう)のような模様がふちどっています。みかたによっては、バリア(障壁)のようにも見えます。バリアとは自分をまもるための壁のようなもの。まもりたいものがある。自分のなかでそだ...

  • カニのバリエーション(変奏曲)

      最初のいっぴきから最後のいっぴきまで、カニがさまざまに色と形をかえて登場します。まるで絵のなかで変奏曲(バリエーション)をかなでているかのよう。作者は小学一年生の男の子。水彩画。 カニ、カニ、カニだぞー。これがテーマ(主題)です。最初はさりげなく、でも二列めでは黄金色のカニや、ツメがむらさきのカニも出現し、さあ、バリエーションのはじまりです。 三列めはピンクのカニからはじまって、オレン...

  • 砂の上の貝がら

     ふと目をあげると波の音が聞こえてきそうです。そんなふうに思えるのは砂にひざをついてま上からながめたようなこの構図のせいかもしれません。 作者は小学四年生の女の子。整列させるのでも、乱雑にちらばすのでもない。人の手がくわわっているけれども自然に感じられるように大きな貝、小さな貝をうまくならべています。貝がらはすべてモチーフの色ですが、みどり、あお、むらさき、黄色といった光のつぶを砂のうえに細か...

  • バリ島の木ぼりのフクロウ

    フクロウは日本では知恵の神さまなどといっておきものになったり、マスコットになったりして人気があります。お菓子ばかりたべているようなかわいらしい日本のフクロウに対して、バリ島のフクロウは、さすが猛禽類(もうきんるい)といいたくなるようなしたたかな顔をしています。作者は小学4年生の男の子。油絵。 猛禽類とはほかの動物をとらえて食べる鳥たちのよび名です。生きた動物をつかまえるのですからするどい爪やく...

カテゴリー一覧
商用