searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

水円 岳さんのプロフィール

住所
枚方市
出身
旭川市

ショートストーリーの『えとわ(絵と話)』を中心に、ノンジャンルでいろいろ書いています。中・短編小説も公開してありますので、ご一読いただければ幸いです。(^^)

ブログタイトル
いまじなりぃ*ふぁーむ
ブログURL
https://ameblo.jp/mizumaru-gaku/
ブログ紹介文
物書きブログです。エッセイ、詩、短歌、俳句、ショートショート、小説、ギャグ。渾然一体。(^m^)
更新頻度(1年)

404回 / 365日(平均7.7回/週)

ブログ村参加:2013/05/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、水円 岳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
水円 岳さん
ブログタイトル
いまじなりぃ*ふぁーむ
更新頻度
404回 / 365日(平均7.7回/週)
読者になる
いまじなりぃ*ふぁーむ

水円 岳さんの新着記事

1件〜30件

  • なつうたいのはて

     たんまり積み上がってしまった夏画像消化のために、臨時増刊です。(^^) 夏の終わりに、夏を彩った音を思い出す。 無数の過去を重ね、それを音に換えて。 樹陰に…

  • どくしょのーと 62 かじんのとんがりぐあい

     読書ノートの62回めは、東直子さんの『薬屋のタバサ』(2009年発表。文庫版は新潮文庫)、枡野浩一さんの『ショートソング』(2006年発表。文庫版は集英社文…

  • だんじょ

    「やっぱ、きりっとしてるって、男の子のポイントとしてはおっきいよねえ。目元もびしっと決まってるし、服も黒基調で、黄色いポイントが入ってて、ワイルドーな感じ。い…

  • かさねがさね

    《ショートショート 1222》『重ね重ね』 (夏の影 6)「重ね重ね、お願い申し上げます……か」とても丁寧な表現ではあったけれど、書かれている内容はむしろ強要…

  • けっそん

    《ショートショート 1221》『欠損』 (夏の影 5)真夏の空は高く感じないが、十分に青い。少し日差しが傾いたくらいで青が濁ることはないんだなと、優香は腰に手…

  • くろう

    《ショートショート 1220》『黒羽』 (夏の影 4)全天が一様に厚い雲で覆われていた。夕刻が近かったが、空を焦がす朱は雲の下に完全に塗りこめられている。全て…

  • かげのむこう

    《ショートショート 1219》『影の向こう』 (夏の影 3)「逃げてる? わたしが?」「そう」三日間ラインにもメールにも返信しなかったから、いらいらが募ったた…

  • ねっけつ

    《ショートショート 1218》『熱血』 (夏の影 2)「こんなことがありえるんですか?」川野が、忿怒の表情を浮かべている。いや、それは今回の入札に携わったうち…

  • ようえいにまじる

    《ショートショート 1217》『葉影に混じる』 (夏の影 1)夏の暑いさなかにひどく体調を崩すというのは、どうにも情けない。これまで、自分が年寄りだという意識…

  • なつのかげ

     あまりに長すぎる残暑が続いたこの夏。夏には夏らしいネタをと思いながらも、あまりの暑さで脳みそが干からびていました。 これまでも秋に幽霊ネタ(白いおはなし)を…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく あとがき

    第三部 第十一話 二択  あとがき 第十一話はいかがでしたか? 人生においてとても大事な決定を、選択肢の中から優先順位をつけて選ばなければならないケースが必ず…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 16

    第三部 第十一話 二択(16) 二件の不良案件がなんとかヤマを越え、少しだけ緊張を緩めることができた。深夜、マンションのリビングで、今後のプランを手帳に書き留…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 15

    第三部 第十一話 二択(15) 俺やフレディのところと違って、沖竹は警察とのパイプが細い。ブンさんもそれを気にしていて、調査員の要(かなめ)には警察OBを据え…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 14

    第三部 第十一話 二択(14) 宝井さんとの契約締結は、夏ちゃんが退院してからにする。もう急ぐ必要はないし、夏ちゃんや小林さんに依頼人からの聞き取り手順を教え…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 13

    第三部 第十一話 二択(13) 最悪だ……。ソフトからハードまでいろいろな事態を想定してあったが、いきなり刃物が出てくるなんてのは論外だよ。 駆けつけた警官を…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 12

    第三部 第十一話 二択(12) こういう時、俺が園にとって既知の人物であることはとても大きい。俺は武田さんの件でこの園に関わっていて、当然武田さんや井上さんか…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 11

    第三部 第十一話 二択(11) 超特急で自宅に戻り、車の鍵をひっ掴んで部屋を走り出る。エレベーターの階数表示が、悪夢のカウントダウンのように感じる。「くそっ!…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 10

    第三部 第十一話 二択(10) 今度は沖竹案件の方。どうせ連中は俺の前で馬脚を現すつもりはないんだろう。それなら、くだらん猿芝居に一日中付き合う必要はない。た…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 9

    第三部 第十一話 二択(9)「む。待てよ?」 ウエディアルの小島さんにもらったコピーを見ていて、ふと気づいた。「勤務先が名古屋?」 半年前にこっちに転勤した。…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 8

    第三部 第十一話 二択(8)「普通は、成婚退会後に身上書をすぐシュレッダーにかけるんですけど、その男の退会届が届いていないんです」 通常は絶対第三者に漏れない…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 7

    第三部 第十一話 二択(7) ウエディアルは、幼稚園のある地区から二駅離れたオフィス街の一角にあった。宝井さんが仕事帰りにこそっと寄れる距離、そして知り合いと…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 6

    第三部 第十一話 二択(6) 思考が異常なら、それに基づく行動は必ずおかしくなる。沢本さんが最初に「何かやらかしてる」と看破したように、きっと過去に女絡みのト…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 5

    第三部 第十一話 二択(5)「もうちょい深掘りするか」 更新がまめだというだけでなく、やたらにボリュームのあるブログ記事を一つ一つチェックしていく。「ふむ」 …

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 4

    第三部 第十一話 二択(4) もう一つ手札を開けておこう。調査員の観察眼にバイアスをかけたくないから、みんなに伏せていたことがあったんだ。「宝井さんから最初に…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 3

    第三部 第十一話 二択(3) おっと、宝井さんの事前調査に欠かせない作業がある。その指示を先に出しておこう。「少なくとも宝井さんの勤務中は、カレシは手を出せな…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 2

    第三部 第十一話 二択(2)「そうだな。クレーマーをこさえるか」「はあ? クレーマーだあ?」 目を白黒させてる沢本さんを置いといて、小林さんにさっと話を振る。…

  • へっぽこたんていなかむらみさおのてちょう にたく 1

    第三部 第十一話 二択(1) 二件の事前調査を開始した翌朝。うちの事務所は重苦しい雰囲気に包まれていた。 沖竹から請けた案件が大型になったことで、宝井さんの案…

  • だいじゅういちわよこく

     臭い臭いとぼやきつつ、それでも案件はさばかなければならないわけで。最初から胡散臭さ全開の沖竹案件には、まともなオチがつきそうにありません。みさちゃんが、どう…

  • いくさ

    《ショートショート 1216》『戦』 (苔緑 16)「ここで、確かに戦があったのでしょうか?」「ございました」見渡す限り緑なす草原。なだらかな丘陵を埋め尽くす…

  • どくしょのーと 61 とりっきーしんどろーむ

     読書ノートの61回めは、乾くるみさんの『クラリネット症候群』(2008年発表。文庫版は徳間文庫)です。 乾さんと言えば、映画化もされた『イニシエーション・ラ…

カテゴリー一覧
商用