プロフィールPROFILE

浜ちゃんさんのプロフィール

住所
土庄町
出身
土庄町

1922年生まれです。

ブログタイトル
浜ちゃんの小豆島写真日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/gototadashi1
ブログ紹介文
94歳の爺さんですが、小豆島の情報・写真をお届けします。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2013/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、浜ちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
浜ちゃんさん
ブログタイトル
浜ちゃんの小豆島写真日記
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
浜ちゃんの小豆島写真日記

浜ちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 四方指からの眺め

    紅葉のピークは過ぎてしまっていましたが、昨日、寒霞渓方面に出かけてきました。四方指からの眺めは格別でした。雲の切れ間から漏れる光のカーテンが屋島の沖から鳴門大橋の方までずっと続いてました。夜、四方指にある美ヶ原展望台の上に上がると、眼下の北側には姫路、日生、岡山の、南側には高松の街明かりがよく見えます。ただ、展望台の周辺には街灯などの人工光がないので、島の平地よりはきれいな星空が拡がります。寒霞渓ロープウェイの山上駅四方指からの眺め

  • 海の紋様

    街まで買い出しに出かけた帰り道、さっきまではべた曇りがつづいていたのに、強い風のせいかいつの間にか青空が拡がっていた。豊島、男木島、女木島が見渡せるいつもの場所に車を止め、海を撮りました。風のせいで海面が複雑な紋様を見せ、輝いていました。海の紋様

  • 船舶の台風への備え

    載せている写真は8/12に撮影した小豆島長浜沖の様子です。小さく目立たないので、矢印を付けてますが、6箇所に船舶が停泊しています。台風10号の最接近は8/15頃と予想されているのに、早くも台風に備えて、台風の風下と予想される島の北西部に避難を始めています。船舶の台風への備え

  • 沖ノ島で瀬戸芸開催中

    瀬戸内芸術祭2019の夏季の部が開催中ですね。小豆島の四海地区ではこれまで作品の展示はなかったですが、この夏から初めて舞台となりました。小江港の沖に浮かぶ沖ノ島が海上です。ここに行くには渡し船に乗る必要があります。小江側から沖ノ島側までは直線距離で100mほどと、あっという間の乗船になりますが、渡し船に乗る体験はなかなかいいですよ。瀬戸芸がなくても渡る価値あり。渡し船も作品の鑑賞も無料です。展示されている作品は下記のページを参照してください。https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/shodoshima/252.html小江側の渡船乗り場で待っていると、しばらくして沖ノ島側から渡し船がやってきました。老年のおばさんのグルーブが乗船してました。渡し...沖ノ島で瀬戸芸開催中

  • 小豆島 小海~大部カヤック

    瀬戸内国際芸術祭の春の部開催中の5月10日に小豆島での作品展示場所である北部の大部をカヤックで海から訪問しました。長浜から出発すると大部まで3時間ほどかかりそうなので、小海までは車で行き、大阪城残石記念公園から出発することに。この場所でのカヤックは初めてでした。2019-5-10小海~大部~小海総行程13km(使用艇:バタフライカヤックスCrusoe460)道の駅、大阪城残石記念公園横の浜から出発です。出発してすぐ、目の前に小島があります。島の名前も「小島」でした。小海から6kmほど東の妙見崎の浜辺には巨大な岩が転がってます。横に並べたカヤックの長さが4.6mあるので、この岩は一辺5mほどの立方体になりましょうか。大部港の西側の浜に近づきました。でっかい木のように見えているのが芸術祭の作品です。台湾のリン・シュ...小豆島小海~大部カヤック

  • 小豊島

    久しぶりにカヤックで小豊島を訪れました。前回、初めて訪問したのは2014年3月なので5年ぶりになるんですね。https://blog.goo.ne.jp/gototadashi1/e/5dc3af24cc928b6856861c4d1cc58e7f再び、四海小学校小豊島分教場跡に行ってみましたが、5年前と変わらぬ佇まいでした。この分教場は昭和41年に廃校になったと聞いています。本校の四海小学校本校も4年前に廃校となりました。途中の道で出会ったおばあさんと少し話ができました。現在の小豊島の住民は5世帯10名だそうです。後は和牛が数百頭。オリーブ牛の一大生産地として有名になりました。小豊島の港です。集落は港のすぐ近くにあります。左側の建物が分教場跡。右側の建物は集会所のようです、分教場跡を右手の方から撮影黒板がある...小豊島

  • いとこ会

    母方のいとこ練、最近は親類の葬式でしか顔を合わす機会がありません。親はすでに皆他界しているので、次の葬式が自分の番になったら皆に合うこともできんようになるでーと、その前に集うことになりました。初めてのいとこ会です。まあ同窓会みたいなもんすわな。私が昭和30年代と一番の若手で、あとは昭和10年代、20年代生まれのメンバーです。皆の出身地である小豆島で、ホテルオリビアンにあつまり、一泊してゆっくり語り合いました。参加11名中、小豆島在住者は4名。あとは、大阪、兵庫、岡山、香川県本土から集合です。ちょうど、小豆島はソメイヨシノの満開の時期。上の写真はホテル内の桜。翌朝、銚子渓の奥のかわず池の桜も見物にいきました。前日は黄砂の影響で景色はほとんどモヤのなかでしたが、夜中の雨のおかげで翌朝は少し回復し、小豆島西北端の蕪崎...いとこ会

  • 97歳の誕生日

    今日は小豆島土庄町長浜の中上商店のおっちゃんの97歳の誕97歳の誕生日。記念撮影でもしよかと、おっちゃんを誘って、おばちゃんと一緒に店先でのツーショットです。おばちゃんは93歳、二人合わせると190歳。夫婦そろっての長命です。中上商店はいわゆる「よろず屋」。酒たばこ、食料品、衣類、日用雑貨、事務用品、葬礼用品など田舎の生活で必要なものがそろっています田舎のコンビニエンスストアですな。聞いてみたら、明治の頃は精米業、大正の頃に先代が現在の店を始めて、かれこれ100年ほど。戦後おっちゃん、おばちゃんが店を引き継いでからも70年ほど経っているそうで、そういえば私が幼かった頃に既にお二人が店をやってましたなあ。現在もお二人で店番をしてます。達者です。おっちゃんは3年前に亡くなったうちのオヤジとは小学校の同級生。オヤジの...97歳の誕生日

  • 千振島(ちぶりじま)

    久々のカヤックで、千振島に行ってきました。千振島は小豆島北西端の小江(おえ)集落の北西の沖合に浮かぶ無人島です。北端側の島の上に灯台が設置されています。二つに見える島は実は陸続き。右手の島に灯台があります。灯台の横から眺めた東南側の小豆島、沖ノ島方面同じく灯台横から南方向。右手の陸地は千振島眼下にトンビが飛来千振島(ちぶりじま)

  • 芋つるの塔

    伊喜末の県道沿いに芋つるの塔が2つ造られています。毎年同じ場所に造られているようです。一昔前はこのようにサツマイモのつるを乾燥させ、冬の間の牛の飼料としていたようです。牧草や稲わらを乾燥させるのと同じように積み上げています。昔は田畑の耕作のために農家で牛を飼育していていましたが、そのようなことが無くなって久しく、伊喜末でもこの風習はしばらく途絶えてしまっていたそうです。伊喜末地区の方々が伝統を絶やさないようにと復活し、毎年継続されているそうです。この芋づるの塔、夜になると以下のように変身します。芋づるの塔については、11年前に初代浜が記事にしていました。https://blog.goo.ne.jp/gototadashi1/e/67b3017b0a0eeb23e9d6485e0750fa92道路沿いだけでなく、...芋つるの塔

  • エンジェルロード

    小豆島の土庄町の観光名所となっているエンジェルロード、今朝近くまで行く用事あったので立ち寄ってきました。時刻は11時、ちょうど満潮の時刻で向かいの与島への道は水面下。ズボンの裾をまくり上げて、途中まで渡ってきました。エンジェルロード

  • 小豆島沖 行き交う船

    土庄港から出港したフェリーが漁船と行き交っているところです。ゆったりとしたこの風景、時間が好きです。小豆島沖行き交う船

  • オリーブの収穫

    裏庭のオリーブの収穫です。5本のうち、いっぱい実をつけていた木のオリーブを収穫しました。10Lバケツ4kgほ7分目ほど、約4kg。これから渋抜きをして、塩漬けにします。オリーブの収穫

  • 県道屋形崎小江渕崎線の通行止め解除

    7月上旬の豪雨で通行止めとなっていた県道屋形崎小江渕崎線の小江~長浜間が2ヶ月ぶりに解除となり、昨日13時より片側交互通行可となりました。昨日は土庄港へ行く用事があったので、解除されてほやほやの道路を通りました。やはり、山越えの迂回路よりこちらの道が楽です。この通行止め箇所は海岸のそばになりますが、写真左が山側、右が海側になります。豪雨で山側の土砂が崩れ落ちたのではなく、道路下の土砂が雨で洗い流されて、道路全体が陥没していたようです。写真でも道路が凹んでいるのがわかりますね。この様子だと、片側ずつ盛り土して、もとの平らな状態に戻すんでしょうかね。完全復旧にはもうしばらく掛かりそうであるが、なにはともあれ、通行できるようになったのはありがたい。2018-9-14撮影県道屋形崎小江渕崎線の通行止め解除

  • 蜂の巣

    縁側のサッシの隙間に足長バチが巣を作っていたのですが、今日覗いてみるとどこか妙な様子。スズメバチが1匹、巣に侵入してなにやらごそごそ。どうやら、蜂の子を食べているもよう。まわりの足長バチは抵抗する様子がなく、巣の周りでジッとして嵐の過ぎ去るのを待っているかのよう。少し離れたサッシの角には、これまた足長バチの集団がジッと待機です。スズメバチに巣を襲われた時には集団で抵抗するもんやと思ってましたが、そうではなかった。顛末ですが、明日からお盆で小さい子もやってくるので、かわいそうですが、殺虫剤で処理させてもらいました。蜂の巣

  • 庭の草刈り

    しょっちゅう島に帰っていますが、そのたびに草刈せんとあかんです。3週間ほど留守にしただけで、この状態です。いつも草刈機の世話になります。ありがたや草刈機。汗かきのわたし目は、大汗かいての作業になります。庭の草刈り

  • 県道屋形崎小江渕崎線の一部通行止

    先日の豪雨による小江~長浜間の県道の通行止めですが、通行止め発生から10日ほど立ちましたが、一向に復興の気配がありません。長浜以東の住民は依然としてう回路で対処するしかありません。自家用車を利用できる者はよいですが、オリーブバスは伊喜末の四海公民館前の折り返し運転が続いているため、お年寄りなどは通院等に不便を強いられています。土庄町のHPを覗いてみると、通行止め期間は「当面の間」となっていて、復帰は相当先になりそうです。http://www.town.tonosho.kagawa.jp/tns/info5565.html数年前にもこの県道、屋形崎の西側で土砂崩れで通行止めとなった板時は、復帰まで確か1年以上かかった過去あり。今回もまた同じように待たされるのであろうか?県道屋形崎小江渕崎線の一部通行止

  • 小豆島も大雨の後遺症

    先般の大雨、小豆島には大した影響はなかったと思いきや、大雨の後ずいぶん経った11日に小江~長浜間の幹線道路が全面通行止めになっていた。道路が崩れて自動車での通行が危険になっているようで、土壌が落ち着くまで復旧作業は進めないそうで、しばらくは山越えのう回路を使用する必要がある。オリーブバスの四海線も長浜まで来ることができないため、伊喜末の四海公民館での折り返し運転になっているそう。大雨のせいではないが、わが家の石油給湯器からの水漏れが悪化しており、施工業者に修理依頼の連絡をとったら、四国担当は松山営業所とのこと。しかし、運悪く西予、南予の洪水被害の復旧作業で担当者がそちらにかかりっきりで、当方への修理訪問はいつになるやらわからないとのこと。島内の業者に聞いても、扱っているメーカーではないので、修理交換はむずかしい...小豆島も大雨の後遺症

カテゴリー一覧
商用