searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ノリコさんのプロフィール

住所
滋賀県
出身
滋賀県

自由文未設定

ブログタイトル
着物コーディネイト
ブログURL
https://496npraztay9.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
着物ブログ再開しました
更新頻度(1年)

43回 / 363日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2012/09/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ノリコさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ノリコさん
ブログタイトル
着物コーディネイト
更新頻度
43回 / 363日(平均0.8回/週)
読者になる
着物コーディネイト

ノリコさんの新着記事

1件〜30件

  • ハロウィンを意識したコーデ

     もう11月も半ばになり今さらなんですが、10月にとりあえずやっておきたくなるのがハロウィンコーデ。とはいえ、それほどハロウィンが好きという訳でなく、これというハロウィン柄も持ってないので、紫、オレンジ、洋風 を基調としとけばハロウィンっぽくなるだろうと思って組んでみたけど、さほど「っぽく」ならなかったコーデ。(長い)です。割りと普通の洋風コーデって感じになってしまいました。もっと黒を取り入れて、妖しさ...

  • リスの帯と葡萄の着物

    しばらく記事のUPができませんでした。義父が亡くなりましてね、なんというか、今までは亡くなるのが祖父母の代の人だったのが、自分の親、一親等になってきましたわ。だんだん近づいてきてます(笑)。しかし、今時の葬儀は式場のスタッフさんの言うとおりにしていればスルスルと事が運んでいき、ちょっとお茶出しした程度で、私の立場ではほとんどする事がありませんでしたわ。昔の、自宅でやった家の中がひっくりかえるような葬儀...

  • 古民家で観月コーデ

     今年の中秋の名月は10月1日だったようですね、窓から眺めましたが綺麗な月でした。観月用に落札した、銀泥のようなもので月が描かれた塩瀬の帯と桔梗とススキ柄の単着物。着物はシンエイさんで、なんか使えそうだったのでとりあえず買いをしときましたが、観月コーデにちょうどよい柄でした。柄がシンプルなので帯留めはメインになる菊にしました。秋らしくて気に入ってます。展示の古民家。ここの庭に植わっているのか自生かわ...

  • 彼岸花コーデ

     彼岸花コーデ、正確には彼岸花っぽい菊のコーデでございます。彼岸花のアイテムがありませんので、それっぽいもので代用です。この帯、というか糸菊は妖美な雰囲気のものが多うございますな。菊の帯留、裏のデザインまで凝ってて面白かったので落札しました。工法もちょっと変わっていて花びらを形成した金属が何枚か重なって出来ています。彼岸花が群生している場所まで行ってきました。ここまで咲いているのは昨今では珍しいで...

  • 萩コーデで萩のお寺へ

       なんだか急に朝夕寒くなってきましたが…。9月下旬、萩コーデをしました。萩の暈しの単衣はICHIRO屋さんで。萩の絽帯はシンエイさんで購入。そういえば「萩の月」という仙台銘菓があったなと思い出して(東京バナナみたいなの)、満月のイメージの鼈甲の帯留めをしました。そして萩の綺麗なお寺に行ってきました。今年の開花はここ近年で見ると遅め、一昔前なら例年並みの時期に咲いたと思います。猛暑の割にはよく咲...

  • 楓の羅帯で百済寺へ

      今年最後の夏着物の記事になります。楓の羅(?)帯と臙脂色ポリの紗着物。着たのは9月に入ってましたが、気温は35度程度あったので、バリバリ盛夏の装いで。帯揚げだけ夏物の色数がないので綸子を使いました。下の柄が透けて出ているのがいいですわ~。帯留めはお寺の精進料理と秋ナスのイメージ。紅葉で有名な湖東三山のひとつ、百済寺に参拝しました。創建は古く、聖徳太子の発願。かつてはすごい規模のお寺たっだようです...

  • 巨大水車の前で朝顔とトンボコーデ

    だいぶ涼しくなり、日が暮れるのが早くなってきたなあと思ったら、そろそろ秋分でした。季節は進んでますが、記事はあと2回ばかり夏物になります。 一目ぼれした朝顔の夏紬と赤トンボの絽帯。銀細工の朝顔の帯留め。カンナスタジオさんの帯留め、好きなのでこつこつコレクションしていこうと思います。今年の夏はコーデをどんどん思いついて、精力的に着ていたのはいいのですが、反対に行く場所がネタ切れしてしまい、思いつかな...

  • 金魚コーデで太郎坊宮へ

    台風10号が去って、わずかに涼しくなってきましたが、もうすこし夏のコーデをば。  絞りの浴衣を着物風に、金魚帯を合わせました。絞りも青海波なので水関係でまとまりましたが、そういえば今年は浴衣を浴衣として一回も着てなかったですわ。手書きの金魚帯にメノウの金魚の帯留め。胴柄の裏面はランチュウが描かれてます。けっこうレアかも。ガラスのトンボ玉も金魚。勝運の神様で、パワースポットとしても凄いらしい、太郎坊宮...

  • 鷺の帯で佐川美術館へ

     居内商店さんのデジタル捺染帯、ずっとガマンしてましたがとうとう買ってしまいました。しかも2本(;^_^A   アベノ給付金で気が大きくなったのであろうか?鷺の帯は絽バージョンで作りました。在庫がないと注文してから2ヶ月くらいかかるので、今夏に着れるか微妙なところでしたが、なんとか間に合いました。生地はポリだけどそんなに悪くないです、名古屋仕立てになってました。私には帯幅が少し広い。帯もいくつかサイズを作...

  • 燕帯と柳の絽着物

     燕の絽帯に柳のアンティーク着物を着ました。これを着たのは8月半ばでしたが、燕はもう南へ帰ってしまいましたね。できれば6~7月中には着ておきたかったけど、まあ、この夏中に着れたのでよしとしよう。柳の着物はみっちりと柄が入ってる割には着てみると意外に涼感が出ました。やっぱりアンティークはおもしろい。しかし、扇子を持つとなんだか「踊り」が習いたくなりますわ。この日も猛暑だったので、手短にお堀端で撮影だけ...

  • 百合の帯と暈しの絽着物

     百合のコーデは初めてでした。先月は一回も着物を着られてなかったので、8月はスパートをかけて結構着ました。思い切って落札した百合の帯留め。髪飾りも百合、木彫のバレッタ。百合の咲いている場所がなかったので、睡蓮池に行ってみました。夏場のスキー場を利用した函館山のユリ園が、なんと今年からユリはやめてペチュニア畑になっていた、ショック!シダの映り込みが美しいとカメラマンに人気のスポットですが、睡蓮が茂り...

  • 朝顔と犬の綿紅梅で睡蓮を観に行く

     芸艸堂から出てた犬と朝顔柄の綿紅梅。確かオリジナルがあって日本画家の絵だったと思うが、名前を忘れてしまった。仔犬が可愛いんだけど、朝顔が勝ってしまっている。何年か前、浴衣やなんかで犬柄が流行った年に買いましたが、あれ以来犬柄なんて出ないので少し値は張ったけど買っといてよかったと思う。帯はシンエイさんで1500円くらいだった黒イトトンボの帯。草津市の「水生植物公園みずの森」。モネもビックリヨ、な睡蓮池...

  • 流水の着物で梅花藻を観にいった

    今年は行事や祭りが悉く中止で、夏だという気が全くしません。やたら暑いだけの日々。自分が特に参加していない行事ですら、ないとなるとこんなにも気持ちのメリハリがなくなるものなのかと思います。日本の情緒をエサに生きているような人間には今年の夏は気の抜けたコーラのように味気ない。せめて涼を求めに醒ヶ井の清流に行ってきました。 流水模様の絽と撫子の紗帯。紗帯は透け感があるので黒でも少しマイルドな黒になります...

  • 麻の着物で向日葵を見に行く

    7月は雨が多くて一度も着られませんでした。8月にワープ。 麻の着物に麻の帯を合わせたらどうなるか、やってみました。なんだかやたら夏らしくなりました。きんと雲のような柄の着物と薊の帯。麻布は暴れるので着付けがしづらかったですが、さすがの涼しさを実感しました。暑いので車のエアコンを直撃させてたのですが、帯の中までスースー風が通ってくるのには驚きました。ガラスの帯留め。分かりにくいけど薊の柄が彫ってありま...

  • 番傘コーデと紫陽花

      このコーデ、「紫陽花コーデその3」のつもりでしたが、紫陽花アイテムがひとつも入っていませんでしたわ。番傘の絽帯、かなり前にシンエイさんで買って梅雨時に締めたいと思いつつ、ずっと着そびれていました。それで今回は紫陽花を思い切って外して、この帯メインでコーデを考えたのでした。番傘、モチーフとして粋で大人なイメージがあったので、着物もそれ風のものを合わせてみたけど、なんかどれもこれもしっくりこない...

  • 紫陽花コーデその2

      紫陽花コーデその2は、絞りの綿着物とポリの紫陽花柄の帯。梅雨時のアンニュイな雰囲気を目指してみました。着物はずいぶん前にICHIROやさんで購入。ICHIROやさんの閉店はショッキングでした、あそこまで徹底して検品、記載してくださるショップは他にないのでほんとに残念です。安心してお買い物できましたし、ICHIROやさんで返品したことは一度もありませんでした。webショップ見てるだけで楽しかったのに・・・(´_`。)グスン...

  • 紫陽花コーデ その1

    紫陽花は花期が長めなので「その3」まで着れました。高原や涼しい地域ではまだ綺麗に咲いてるんじゃないでしょうか。  十字絣の紬とガク紫陽花の絽帯。この帯にはアンティーク着物は合わなかったので現代風コーデにしました。白地はサワヤカ感満載になりますな。厚みのある紬でも見た目だけは涼しげ。カタツムリに見立てたアンモナイト化石の帯留め。この日はモリヤマの芦刈園に行く予定だったのですが、人気で開花期には渋滞で...

  • 菖蒲コーデその2

      菖蒲コーデその2です。久しぶりにこの着物を着たくなって袖を通しました。緑地にうす黄の菖蒲柄の絽です。時代はさほど古くないと思うのですが、痛みが激しく、着用できるまでに持っていくのに割と手間隙がかかったので愛着があります。燕の刺繍の絽帯を締めました。この帯もだいぶ力がないのでいっそ2部式にして接着芯で補強しようと思うのですが、絹地とガーゼの接着芯ってうまく接着するのでしょうか??こちらの菖蒲園は、...

  • 菖蒲コーデ

    バラの次は菖蒲コーデ。  菖蒲にはシュッとした縞が似合うと思ったので、ブルーの縞のお召しと菖蒲の帯を締めました。帯は交織かポリのようです。柄のど真中に畳みジワ付いてますが(。-_-。) 硬いですが軽くて締めやすかったです。青×青の組み合わせってどうなのかなと思いつつ、実験的にコーデしてみました。それなりにまとまったような。帯周り。水辺のイメージで鯉の帯留め。前記事のバラ園に隣接している菖蒲園です。バラ園に...

  • バラコーデでバラ園へ

      ツツジの次はバラ。渋い紫のバラ単銘仙とバラの刺繍帯。帯周りの写真は撮り忘れました。無料で開放されているバラ園に行ってきました。隣には菖蒲園があり、この時期2回通わねばならないワタクシには答えられない場所です。無料なのに凄くよく手入れがされています。ツルバラと花数の多いフロリバンダ系が多いです。好きな品種、覆輪が可愛い「ニコル」なんともいえない大人な色合い「ブラックティ」染め分けが美しい「ダブル...

  • 躑躅コーデでお堀端へ

    記事が遅れてますが、ツツジコーデです。  サツキとツツジの違いを調べてたら、↓なのだそうです。・花が散ってから新芽が出るのがツツジ、新芽が出てから花が咲くのがサツキ・新芽や葉に生えている細かい毛が緑色なのがツツジ、茶色なのがサツキ・4月中旬~5月上旬に開花するのがツツジ、5月中旬~6月中旬に開花するのがサツキそんでもってサツキはツツジ科なんだそう。もう、どっちでもよくなってきました。ツツジ柄のアンティ...

  • 燕&サツキコーデでなんじゃもんじゃの木を観にいく

    少し前の記事になります、5月半ばの頃。ほぼ恒例行事になってますが、今年もなんじゃもんじゃの木を観にいきました。  サツキ?の柄の銘仙に、古い燕の二部式帯を締めました。正式名はヒトツバタゴ。正体不明の木のことをなんじゃもんじゃと呼んだのが始まりだそうです。確かにあまり見かけない木ですし、花が咲くと一気に存在感が増すのでピッタリな呼び名だと思います。雪をかぶったように白い。繊細な花は、手触りはシフォン...

  • 藤コーデ

    滋賀の緊急事態宣言は解除されたものの、職場からはまだ週2くらいの出勤しか許されません。家に居るとついついお菓子に手が伸びてしまい在宅太りが恐ろしいので、つまみ食い防止のために家の中でもマスクをしています。自分を律するって難しい…。  今年の藤コーデは蘭のアンティーク着物と藤の塩瀬帯にしました。この時代の暈しはほんとにいいです。アンティークと現代帯ですが、意外とマッチしました。着物は本当に頭で考えてる...

  • 唐獅子と牡丹コーデ牡丹を見に行く

    八重桜の次は牡丹コーデ。  今年は唐獅子牡丹にしてみました。二部式帯で胴柄が牡丹でお太鼓が獅子です。ずっと意識なかったんですが、唐獅子牡丹って「百花の王」と「百獣の王」の組み合わせだったんですね。なるほど、強そうだ。着物は縞のお召し。帯留めはボタンと蝶。いつも行ってる牡丹の綺麗なお寺、今年は牡丹まつりは中止でしたが、参拝のために門は開けておいて下さいました。ありがたや~。ご本尊にお参りして、ちょこ...

  • 桜コーデその3

    4月も下旬でしたが、しつこくも桜コーデで行ってきました。    桜とワラビの着物と、桜と鼓の羽織。 帯は桜と小鳥。   羽織に合わせて鼓の帯留めで。そんでもって、自粛警察に怯えながら、八重桜を見に行きました。 最初のころは3蜜がダメといわれてましたが、この頃は外出そのものが「悪」みたいな風潮になってきて、いかに人の少ないのどかな場所であろうともビクビクしてしまいますな。立派な神社でございました。 ...

  • 石楠花の帯と春色羽織のコーデ

    記事が桜で止まってました。 これは4月半ば、近場の植物公園へ石楠花を見に行きました。  ...

  • 桜コーデその2

        水仙コーデの羽織を脱ぐとその下は桜コーデ、一粒で2度おいしいこの手法、クセになりそうです。桜コーデその2 は、夜桜のイメージです。ちょっと粋な感じにしたかった。 (画像拝借)「夜桜の中の能舞台」を連想してみました。にほんブログ村 にほんブログ村...

  • 水仙コーデ

    来週から、自宅待機と出勤をおりまぜた勤務体制になりました。職場の人口密度を下げて、感染リスクを減らそうって事ですね。それと通勤の公共機関での感染リスクも。比較的ヒマな日は、なるべく休んでちょ。ってお達しが来ましたです。できた時間は、解いたまま途中放置になってる着物を直したり、単衣ものを一反仕立ててもいいかなと考えてます。あと、着物や帯留めの仕舞いかた方を季節ごとに分類したり、不要なものをヤフオクに...

  • 桜コーデ

    マスクがあと残り7枚になってしまいました。布で作るか、アベのマスクを待つか、それが問題だ。自分の職場にも濃厚接触者の人がいたりして(大丈夫、と本人はおっしゃってますが)、だんだん身近に迫ってきた感じがします。在宅勤務がしたいですが、現場仕事なんで家では仕事になりません、とほほ。引きこもりは得意なのですが。                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆桜コーデ、この日は天気はよかったで...

  • 古民家と梅コーデ

    いまさら梅で申し訳ござりませぬ。今このあたりでは桜が満開なので、明日あたり桜コーデで出かけたいと思ってるんですが、ま、感染が怖いので車移動で広々としたお寺の桜でもって感じですが。それまでに梅コーデをとっととをアップしてしまわねば。  前記事で行った椿園の前に古民家の展示があるのですが、そういや、こんな雰囲気の銘仙羽織があった事を思い出して、急遽同じ日に着替えてまた出かけたのでございます。とても疲れ...

カテゴリー一覧
商用