searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

井上智公さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
テレビに耳ありラジオに目あり
ブログURL
https://arsenal4.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場
更新頻度(1年)

5回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2012/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、井上智公さんの読者になりませんか?

ハンドル名
井上智公さん
ブログタイトル
テレビに耳ありラジオに目あり
更新頻度
5回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
テレビに耳ありラジオに目あり

井上智公さんの新着記事

1件〜30件

  • 『キングオブコント2020』感想~容赦なく立ちはだかる90点の壁~

    今年は前半、90点ジャストという点数が審査員から濫発されていて、これはもちろん悪くない点数というか一般には良い点数と言ってもいいくらいだが、あんまり良くない傾向だなと思っていた。なぜならばその90点というのが、いずれも「100点満点」ではなく「90点満点」でつけられているように感じたからだ。これはあくまで僕の主観かもしれないが、個人的に89点は100点満点中の89点だと感じるけれど、90点は90点満点中の90点だという...

  • ドラマレビュー『MIU404』~ベタなジャンルを圧倒的「奥行き」で切り拓いた刑事ドラマの新境地~

    刑事ドラマはすでに飽和状態にある。それは間違いのない事実だ。1クールに何本もの刑事ドラマが濫立するのが当たり前の状況が続いている。だが飽和状態にあるということは、それだけそのジャンルの需要が多いということの証左でもある。ここはドラマ制作者の悩みどころだろう。それでも需要に応えてそのメジャーフィールドへ飛び込むのか、あるいはもっとニッチで手垢のついていないジャンルへ設定をズラすのか。あえて飛び込むな...

  • 2020年4月開始春ドラマ注目作ベスト5

    春といえば新入生の季節、と言いたいところだが、今年の春ドラマは続編モノが多い多い。こんなに保守的な春も珍しい。これも新型コロナウイルスの影響か?とでも言いたくなるが、もちろんそれ以前からラインナップは決まっていたはずで。近年のドラマ界全体にはびこる守備的なスタンスが、顕著にうかがえる。ちなみに続編モノは以下の7本。『SUITS/スーツ- season2』(フジ)『ハケンの品格』(フジ)『特捜9 season3』(テレ朝)...

  • 『M-1グランプリ2019』決勝感想~コーンフレークの五角形ともなかの怖い柄~

    【ニューヨーク】相方が自作のラブソングを歌い出し、それに対して律儀にツッコミ続けるという形。狙いとしては、たとえばYouTubeでよくあるような、リアルにヤバめの人が本気で作った的はずれな歌を遠くから観て笑うような構図で、よくも悪くも今っぽい笑いのスタンス。その手の笑いは、今やすっかり一般化しているので、広く受け入れられる可能性が高い。それは確かだが、実際にはその先に大きな問題が横たわっている。それは笑...

  • ドラマ『まだ結婚できない男』初回レビュー

    あの一級建築士兼超一級屁理屈屋の桑野信介が帰ってきた。まだ初回なので全開とまではいかないが、まずはドラマ史上最強のキャラクターと再会できたことが嬉しい。その一方で、続編のキャスティングが発表された時点からの不安がやはり現実のものになってしまった、という感触も少なからずある。これから回を追うごとに良くなっていくことを期待したいが、一作目に比べるとややポテンシャルが落ちる相関図になっているのも否めない...

  • 『キングオブコント2019』感想

    今年のキーワードは「爆発力」ということになるだろうか。審査員の多くが、ことあるごとにこの言葉を発していたのが印象的だった。逆に言えば5分という持ち時間の中で、ただの笑いではなく「爆笑」レベルの笑いを取るのがいかに難しいかということでもある。そして「爆発力」を審査基準の中心に置いた場合、細かくシュールな笑いを積み重ねるタイプのコント師は、当然苦戦を強いられることになる。平均値の高さよりは、それがたと...

  • アンガールズ単独ライブ『俺の個性が暴走しちゃう日』~ふとした「きっかけ」と止まらない「逆転劇」のダイナミズム~

    お笑い芸人は、一般に「ネタ」で世に出て「キャラ」でブレイクすることになっている。しかしこの二つを両立するのはそう簡単なことではなくて、もしかすると二律背反であるのかもしれないとすら思う。そしてこの両者の割合は、時代によっても少なからず変化している。昨年の「好きな芸人ランキング」で、過去14連覇中であった明石家さんまを抜いて、サンドウィッチマンが1位になったことが話題になった。彼らもまさに、『M-1』をき...

  • 2019春ドラマ(4月スタート)なんとなく注目作ベスト5

    いつのまにか春ドラマのラインナップが出揃っていた。もう桜が咲いているので当然である。散るころに始まることになるだろうか。つまりドラマのスタートまでにはまだ少し時間がある。このあいだに、今期はどのドラマを観て、どのドラマは観なくていいのかを決めておきたい。そんな僕個人のニーズが、誰かに共有されるものなのかどうかはわからない。しかしまだ1話目も放送されていない今の段階で、とりあえず各公式HPの情報を見た...

  • 『M-1グランプリ2018』決勝感想~ストライクからボールになるツッコミがうなりを上げる笑いの奪三振ショー~

    漫才はボケが主役だと思われがちだが、ツッコミがどこまで攻めるのかも今や重要で。というのはたとえツッコミの普及以降、すっかり一般化したお笑い観であると思われるが、今回ほど「ツッコミの精度」で優勝が決まった大会は初めてかもしれない。これに関して、詳しくはのちほど霜降り明星の項目で触れる。正直なところ今回は、ナイツ塙を加えた審査員勢のコメントがいちいち的確で、客観的な評価について言うべきことはほぼすべて...

  • 『キングオブコント2018』感想

    今回はいつものようなまどろっこしい総論はなく、登場順に感想を書いていく。逆に言えば、総論は各論に含まれている。なんて格好つけてもしょうがなくて、しょせんは個人の感想に過ぎない。【やさしいズ】「正社員とバイトの格差社会」なんてお堅いテーマではないと思うが、そんな二人の立場が逆転していく展開。山場でドカンというよりは、細かい会話のニュアンスで笑いを取るタイプで、ラバーガールに近い感触があるが、あそこま...

  • 2018春ドラマ初回レビュー~『家政夫のミタゾノ』シーズン2~

    この『家政夫のミタゾノ』というドラマ、シーズン1がすこぶる面白かったので期待したが、ニッチな設定であるだけに、さすがに第2期となるとパワーダウンするのではという危惧もほんの少しだけあった。しかしシーズン2の初回があまりにも完璧な滑り出しだったので、このレビューを書かずにはいられなかった。少しでもテレビドラマに期待感を持っている人には、手遅れにならないうちに観てほしいと思ったからだ。いや別に、いろんな...

カテゴリー一覧
商用