searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
schooltokyo
フォロー
住所
新宿区
出身
新宿区
ブログ村参加

2011/11/14

1件〜100件

  • 本試験が終わってから、3日目

    毎年、この時期になると同じことを言っています。本試験が終わったら、できるだけ早く、勉強を再開させましょう。早ければ早いほど、合格が近くなります。なぜか。

  • 本試験の翌日

    司法試験・予備試験の本試験、お疲れさまでした。本試験の翌日の今日。少しだけ休んで、昨日までのことを、ゆっくり思い浮かべてください。司法試験の受験生のあなたは、2022年9月6日(火)の合否発表日までは、まだ、受験生です。

  • 司法試験 1日目

    今日から司法試験が、始まります。選択科目と公法系科目(憲法・行政法)です。予備試験(「短答」)は、15日です。今日から、今までやってきたことの集大成をする日。昨日までのことは、よいことも悪いことも、すべて忘れましょう。

  • 明日、本試験を迎えるあなたへ

    いよいよ、司法試験がスタートします。あなたは、今日1日、いつも通りに過ごしてくださいね。勉強は早めに終えて、持ち物のチェックを忘れないように。あなたの健闘を祈っています。ガンバレ。

  • 泣いても笑っても、あと1週間

    いよいよ、11日から司法試験がスタートします。予備試験も15日に始まります。何も、奇をてらう必要はありません。あなたは、こころ静かに本試験までの日々を送ってください。いつもと同じように過ごしていきましょう。

  • 闇雲に勉強しない

    司法試験・予備試験とも、合格するには、時間数と勉強量が適切でなければなりません。「適切」であれば、時間数や勉強量は比較的、少なくて済みます。逆に「不適切」であれば、多くならざるを得ない。

  • 自分の甘さを見つける

    今年も全国各地に、桜の花が咲きましたね。自然の営みは、毎年、ほぼ繰り返されています。ところで、あなたは、日々、コツコツと司法試験・予備試験の受験生としての営みをしていますか。

  • いよいよ「短答王国」が始動開始、体系別短答過去問集が完成しました

    司法試験・予備試験の合格を達成させるには、「基本」→「短答」→「論文」というプロセスが必要です。間もなく、「短答」攻略の最強となる本が、「スクール東京」から出版されます。

  • 令和5年司法試験 実施日程等

    令和5年 司法試験実施日程等が公表されました。従来、5月開催だったものが、7月開催となります。

  • 令和5年予備試験 実施日程等

    令和5年予備試験の実施日程等が公開されました。令和5年より、短答・論文・口述の各試験日程が従来より2か月後ろ倒しになっています。

  • 直前期の心得

    新年度になりました。本日より「司法試験・予備試験ブログ」は配信日時が変更になります。毎週1本の記事配信をさせていただきます。読者のあなたに、毎日をより元気になっていただくため、気を込めた内容をお届けいたします。

  • スピード・アップを心がける

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 勉強の質量を、こなしていく

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 客観的に測定する

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「短答(択一)」を征服することのメリット

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 合格の処理情報の1つ

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 論理力を高める

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 過去問突破力

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 素朴な質問

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 捨て試験

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 短期合格する人

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 自分の頭で考える

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • やり抜く

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 理解して合格する方法

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「合格」←「基礎」←「定義」。

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 社会人としてのキラリと光る資質

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • スピード感を、意識する

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 思考力がないから

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「本物」を脳に入れる

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • よく寝て、よく学ぶ

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「理解→暗記型」と「階段型」を、ミックスする

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 地頭が、ついてくる

    司法試験・予備試験のあなたは、本試験が近づいても、ビビらないこと。「なぜかって」。ビビれば、ビビルだけ、勉強の質が荒くなります。暗記で、ごまかそうとする。その結果、不合格になります。今までの勉強量が、少なくてもよい。

  • 質問しない人は、合格しない

    司法試験・予備試験の受験生で、いい質問を、よくしてくる人は、必ず、合格します。毎日、勉強していると分からないことが、必ず出てきます。これは、どんな受験生も同じ。逆にいえば、「質問しない人は、合格しない」。

  • 自分の体は、自分で守る

    まだ寒さが、残っています。司法試験・予備試験の受験生のあなたは、体調管理をしっかりしてください。「自分の体は、自分で守る」。本人しか、頼ることはできません。

  • 考えながら、勉強する

    司法試験・予備試験の受験生のなかには、納得しないまま次に進む人が、結構います。講義を受けたり、テキストを読み込んだり、過去問を解けば、必ず、分からない疑問点がたくさん見つかるはず。しかし、放置したまま、やり過ごしてしまいます。

  • 考えながら、勉強する

    司法試験・予備試験の受験生のなかには、納得しないまま次に進む人が、結構います。講義を受けたり、テキストを読み込んだり、過去問を解けば、必ず、分からない疑問点がたくさん見つかるはず。しかし、放置したまま、やり過ごしてしまいます。

  • 日本語(理解)と定義(知識)

    司法試験・予備試験は、「日本語(理解)と定義(知識)」の試験です。2つに共通することは、「用語」に関すること。つまり、司法試験・予備試験に合格するためには、「用語」を理解すればいいです。

  • 3つの原則

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、「やったところは、必ず自分のものにする」ように、心がけてほしいです。やったところを、何回もミスっては、いけない。司法試験・予備試験の本質をつかむ勉強を意識すれば、そんなに難しくありません。

  • ステップ・バイ・ステップ

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、現役の大学生、ロースクール生の場合、1年生から受験勉強を1年生からスタートしていたら、「一発合格」は夢ではありません。しかし、その一歩がなかなかできない。

  • 理由が分かると、実力が伸びる

    「短答(択一)は、論文的に解く」。司法試験・予備試験の受験生のあなたには、常々、お話させていただいています。「短答(択一)は、3行の論文問題である」。ある論点について法的思考を試すために、「〇×式」で答えさせるのが短答(択一)。

  • 形式は、実質を強くする

    本試験当日は、誰もがドキドキするものです。今日は、試験中、平常心を保つためのよい方法を1つ。それは、「礼儀正しく、ふるまう」。

  • メインの勉強場所を作る

    司法試験・予備試験の受験生の中に、「自宅で勉強するか」、「学校の教室(自習室)、図書館で勉強するか」と、悩む人がけっこういます。これを解決するのは、簡単です。まず、「メインの勉強場所」を決める。

  • よいクセ

    受験勉強をしていると、細かい点が気になることが、あります。たとえ、短答・論文の過去問に関する項目でも、あまり掘り下げないほうがいいです。「スクール東京」の先生に質問して、教えてもらえばいい。

  • 本試験に応用する

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、論文の書き方をしっかり研究する。内容面には、「試験委員コメント」を、何回も何回も読むこと。そして、その本質をつかんで、本試験に応用する。形式面では、各自で考える。

  • 合否の決め手は、自分の性格

    実力があると自負している、Aさん(26)。彼に私が伝えたこと。試験面でのアドバイス。「素直さ」と「スピード」が、足らない。今から直したら、今年の試験に間に合いますよ、と加えました。

  • 「素直さ」と「スピード」が足りない

    先日、日頃、実力があると自負している「スクール東京」の受講生Aさん(26)から相談を受けました。「今年。どうしても合格したいです。でも、気持ちが落ち着かず弱っています」。悩んでいる様子の彼。

  • ポイントは、ここだ

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、四の五の言わず、勉強する。「短答」でも「論文」でも、「ポイントは、ここだ」と、ひと言で言えるようになってください。そんなあなたになれたら、今年の合格は固いです。

  • 限定する勇気

    司法試験・予備試験の受験生のあなたにとって、受験勉強は、最終の直線に差しかかります。また、ほとんどの人が、頑張り始める時期です。「あれも、やっていない」。「これも不十分」。と、不安が膨らむことも、多いと思います。

  • 勝負の鍵

    司法試験・予備試験の受験生のあなたにとっては、いよいよホーム・ストレッチです。ここからは、「規則正しい生活」が、勝負の鍵を握ります。そのためには、(1)曜日を決めて、週に半日、休むこと。

  • 勘違い

    講座の受けっぱなし、資料のもらいっぱなしの人は、どんなに多くの時間を費やしても、絶対に合格できません。

  • 合格することが、当たり前になってくる

    司法試験・予備試験の受験生に限らず、人間は怠け者です。この怠け者を、働き者、もしくは勤勉者にするものは、3つしかありません。洞察力・欲望・責任感です。

  • 合格は、日本語と定義から

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、重要項目については定義を理解し、暗記しておかなければなりません。いつも言っていることですが、「合格は、日本語と定義から」のうちの定義を押さえれば、勉強の半分は終わったことになります。

  • 気持ちを引き締める

    司法試験・予備試験が、日一日と近づいてきます。毎日の気持ちを引き締めるために、心がけることをお伝えします。それは、あなたが朝、起きたとき、「今日は、本試験日の1週間前だ」と、思うことです。そうすると、おちおち、できない。

  • 「確実合格」する人

    司法試験・予備試験の指導をさせていただいて、受験生が、必ず合格する要素が、いくつかあります。そのうち1つが、メモ。「確実合格」する人は、メモの取り方が、うまいです。①素早く紙に書く。②書きながら、理解する。

  • ひとつ、ひとつ押さえる

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、勉強していて不明点に出くわした場合、①まず、自分で考える。②次に、参考資料で調べる。③その科目のプロフェッショナルに、質問する。①→②→③で疑問点を解消すること。

  • 時間がない

    司法試験・予備試験の準備をしている社会人受験生の方から、よく相談を受けます。「時間がない」。仕事をしながら勉強している人、すべてに共通する悩みです。私の回答は、「夜11時に寝て、朝5時に起きる」。

  • 朝型の基本

    「短期合格を呼びこむのは、朝型の生活」と、いつも強調しています。司法試験・予備試験の受験生の方から、具体的には何時に起床すればよいかと、質問を受けます。私の経験則では、5時がベスト。

  • 3つの段階

    受験には、3つの段階があります。(1)「受験は、勉強である」。   比較的、易しいテストなら、この考えでも受かります。(2)「受験は、仕事である」。

  • 暗記は、必要不可欠

    私は、再三、「暗記に走らない勉強」、「しっかり理解してから、暗記する」と、話しています。しかし、決して暗記を、低く見ているわけでは、ありません。

  • 民法は、おいしい科目

    「民法が不得意な人は、受験しないほうがいい」。私は、常々、司法試験・予備試験の受験生のあなたに、伝えています。司法試験・予備試験の受験を初めてする方は、最初の勉強時間の30~40%は、民法をするべきです。

  • 自分を信じる

    司法試験・予備試験だけでなく、すべての試験の直前期は、受験生はソワソワしてきます。50年近く、直前期の受験生と、向き合ってきました。彼・彼女たちに、次の言葉を、伝えています。「自分を信じる」。

  • 「誰も教えない社会の常識」 サバンナの掟に勝つ

    寒さの厳しい毎日です。早く、暖かくなってほしいですね。新型コロナウイルスは、オミクロン株の感染が、止まりません。先日、私の知人の方も感染されました。ひと事では、ありません。

  • 合格する人の意識

    司法試験・予備試験の受験生の方が、「成川合格塾」へ相談にみえます。そのとき、必ず聞くことがあります。「本試験まで、あと何日ありますか」。答えられる人は、10%ぐらいです。残りの人は、「およそ○○日」、「はあ」と言います。

  • 「とりあえず」は、やめたほうがいい

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、絶対にやめたほうが、いいこと。それは、「とりあえず」。私たち日本人が好む選択方式。民族的・国家的な口癖。実質的な中身は、乏しいです。思考停止と、ほとんど同じ。

  • 成績が、パッとしない人

    司法試験・予備試験の受験生で、あまり成績がパッとしない人たちの傾向を1つ。「夕方18時以降、ダラダラしている」。ここでいう、‘‘ダラダラ‘‘には、2つの意味があります。(1)テレビを惰性で見る。

  • 理解80%・暗記20%で、合格

    司法試験・予備試験の受験生の人と話をしていると、暗記に頼って勉強している人が、ものすごく多いです。例えば、暗記カード、論証パターン集などを丸暗記している人。これは、むなしいです。

  • 淡々と、学習ペースを守る

    本試験が、押し迫ってくればくるほど、大切にしなければいけないことは、「合格」のための戦術・戦略です。直前期だからといって、勉強・生活態度・仕事(アルバイト)量を、あまり変えないこと。

  • 「合格」は、近い

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、「短答」や「論文」を真面目に勉強していると、今まで分からなかったことが、‘‘パッ‘‘と解明されるときが、あります。これは、勉強する喜びです。机に向かうのが、楽しくなってくるでしょう。

  • 万事順調にいくのは、本試験の日だけでいい

    「リズムに乗れない」。「学習スケジュールがキチンと消化できない」。「時間や労力の割に成績が伸びない」。「答練で、よい点数がとれない」。など、司法試験・予備試験の受験生の悩みは尽きることは、ありません。

  • ミスを認めない人

    司法試験・予備試験の受験生の中に、自分が失敗したことを先生から指摘されても、反応が弱い人がいます。ミスを、なかなか認めない。やっと間違いだと分かっても、改善しようとしない。この手の人は、合格は、とてもとても遠いです。

  • 苦しい労働が、楽しい作業に変わる

    司法試験・予備試験の受験生のあなたにとって、勉強は一見、苦しい労働のようにみえます。しかし、考え方を変えれば、楽しい作業に変わる。例えば、「短答」。分からない文章があっても、ひとまとまりの文ごとに、スラッシュをする。

  • 足元を見つめる

    年が明け、直前期が進んでくると、ビビる人が毎年、一定数います。気持ちが安定しないと、結果は凶と出る。そこで、その対策です。(1)「なるようになる」と、思う。(2)本試験当日までのラフな計画を、立て直す。

  • 受験は、楽しい

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、勉強をしていて分からないことがあったときは、じっくり考える。できれば、図や表にしてもよいです。散歩のときでも、フロに入っているときでも、考えてみる。

  • 地球有限

  • 努力→合格・達成を実現する

    受験や仕事のプロフェッショナルは、「自分のミスを、自分で見つけ、自分で直す」。それができないときは、指導者に教えを乞う。失敗が多いのに、指導を受けるのを嫌がるのは、アマチュアの証拠。いつまでたっても、成長できません。

  • 素直に勉強すれば、誰でも受かる

    司法試験・予備試験の受験生に、「短答」と「論文」の個別指導をしていて、うれしく感じること。成川の勉強方法を素直に聞いてくれて、グングン実力が伸びている受験生を見るときです。逆に、悲しいこと。

  • 気をつけてください

    受験生の指導をしていて感じること。最近の学生は、「遅刻」「キャンセル」「ドタキャン」することが、比較的、平気です。何の連絡もせず、無断で休む学生もいます。

  • 最高の瞬間

    人には言えない努力を、する。そして、合格する。その喜びは、最高です。司法試験・予備試験の受験生のあなたにも、最高の瞬間を味わってほしい。若いあなたは、今、目の前にあるもの(受験勉強)に、挑戦しています。

  • やれば、できる

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、勉強をしていると、どうしても理解できない項目に、ぶつかることがあります。テキストを読んでも、講師から説明を受けても、どうしてもしっくりこない。分かった気が、しない。

  • ビビり、止めなさい

    「法曹になる」という目標を掲げ、司法試験・予備試験の勉強をしている受験生の中には、難関資格に挑戦していることにビビって、受験生活を送っている人たちがいます。

  • 本試験前の冬の過ごし方  その2

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、過去問に徹して、基礎の復習に徹することが学習上の最重要ポイントですが、同じくらい大切なのが、体調管理。本試験で実力を最大限に発揮するためには、生活リズムを意識的に整えていくことを忘れてはいけません。

  • 本試験前の冬の過ごし方 その1

    約4ヵ月後には、司法試験・予備試験の本試験があります。今日と明日は、本試験前の冬の過ごし方について、重要なポイントをまとめてみます。(1)過去問に徹する。本試験で出題されるのは、基本的な項目。

  • 番狂わせは、ない

    年が明け、司法試験・予備試験の合格レースは、ホーム・ストレッチに入りました。ただし、受験生の今日、現在の実力が、そのまま5月の本試験に示されます。原則として、番狂わせは、ない。

  • 自己決定権

    司法試験・予備試験の勉強をしていて、合格の方法を人から聞いたとき、「よい」と思ったことは、即、実行する。「悪い」と感じたことは、採用しない。ところが、「よい」と思っても、実行しない人が、かなりいることに驚きます。

  • 学べる喜び

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、毎日、受験勉強をされているのと同じように成川も毎日、勉強を続けています。受験業界で50年近く、指導をさせていただいています。今年、81歳になります。

  • 十分な睡眠と良質の食事

    今年の本試験まで、司法試験は、117日。予備試験・短答式試験は、121日。それまで、超スピードで飛ばしましょう。モタモタしない。「考えながら、行動する」。合格するには、シャープさ・スピードが必要です。

  • 試験は、怖くない

    「人間というものは、あまり賢くできていない」。このことは、政治・経済・社会などの分野でも、当てはまります。もちろん、受験界においてでもです。過去問が合格のエキスということが分かり、実行する人は、大変、大変、少ない。

  • 「短答」と「論文」は、同じ

    司法試験・予備試験の受験生のあなたと、一緒に勉強して感じること。それは、「『短答』と『論文』は、まったく同じことを、きいている」。そうなのです。「短答」の問題を2~3問、一緒にすると、「論文」の問題になる。

  • テキストの読み込み

    テキストを読み込む際は、「大きく、上から下に読む」。横書きの場合、左から右へと文字を追っていって、右端で折り返し、再び左端に戻り、この動きを繰り返しながら、段々、下に降りていくのが普通の読み方。

  • 万事休すは、ない

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、受験や仕事で、万事休すのような状況に陥ったら、どうしますか。あなたは、諦めないこと。神さまが、1か所だけ、突破口を開けてくれています。それを見つけ、突進するのです。

  • 気にしない、気にしない

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、嫌なこと、おもしろくないことがあっても、「気にしない」。年が明けてから、「成川合格塾」に、スランプやストレスのことで相談がありました。私は、「よく寝ればいい」と、アドバイスしました。

  • 臨機応変に対応する

    「分からないことが分かると、楽しい」。司法試験・予備試験の受験生のあなたは、この思いを大切にする。日々の勉強の中にも、「楽しさ」「おもしろさ」を発見する。そうすると、机に向かうことが、おっくうになりません。学習能率も上がる。

  • 合格する人の1日

    「コツコツ、スピーディーにやる」。そうすれば、合格できます。しかし、不合格になったら。そのときは、もともとの基本量、時間が少なかったからです。決して、「コツコツ、スピーディーにやる」方法が、間違っているのではありません。

  • セカンド・オピニオン

    司法試験・予備試験の受験生の方からの相談で、最近、健康の不安を訴えるケースが多くなりました。「胃腸の調子が悪い」。「すぐに疲れてしまう」。「何を食べてもおいしくない」。などなど。

  • 短答過去問 アレンジ答練 2022

    「スクール東京」のアレンジ答練は、短答対策の決定版です。過去問知識の暗記だけで解けないよう、工夫されています。暗記に頼らず、「過去問に対して、考えて解く力」が身につきます。そして、論文対策にも役立ちます。

  • 短答とは、何か

    成川は、「短答とは、何か」を考えて、結論を出しました。今日は、最重要要点を書きます。(1)「短答」は、「択一」としての試験では、ない。なぜなら、「肢から1つの正解を選択する試験」としては、機能していない。

  • 誰でも、怠けたい

    司法試験・予備試験 受験生のあなたの中にある怠け心君に、こう伝えてください。「合格発表日までは、静かにしていて」と、頼む。人は誰でも、怠けたい。何もせず、楽をしたい。しかし、この解決策は簡単です。

ブログリーダー」を活用して、schooltokyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
schooltokyoさん
ブログタイトル
毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!
フォロー
毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー