chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
schooltokyo
フォロー
住所
新宿区
出身
新宿区
ブログ村参加

2011/11/14

arrow_drop_down
  • 明日が、ほほえんで訪れるように

    12月になりました。今年も残すところ、1ヵ月を切りましたね。時の流れは、早いです。81歳の成川は、今日も18時(午後6時)まで仕事をさせていただきました。

  • 「日本語」を大事にしない人が、多くなってきている

    最近、きちんとした文章を書ける人が、少なくなってきていると感じています。そして、「日本語」を大事にしない人が多くなってきています。寂しいことです。

  • 受験生の合否を分けているのは

    司法試験・予備試験の受験生に勉強のことで注意をすると、「私は、頭がよくないものですから」と反論する人がいます。それを言うなら、自慢ではありませんが、成川もそれほど頭はよくありません。

  • 自分勝手に白黒をつけるのは、自己満足に過ぎない

    物事に対して、やたら、白黒をはっきりつけたがる人がいます。嫌だから、止める。行かない。会わない。確かに嫌なものは嫌です。無理には好きになれません。しかし、白黒はっきりつけても、解決しないことの方が多いと思います。

  • 与えられた環境の中で、最善を尽くす

    「スクール東京」の受講生の方から、「1日中、勉強をしていられる専業受験生が羨ましい」といった声をよく聞きます。日々、時間に追いかけられながら、ハードな受験勉強を続けている社会人の方からすると、そうなのでしょう。

  • 逃げ回っている場合ではない

    11月になりました。司法試験・予備試験の受験生のあなたは、「短答」と「論文」をフル回転するシーズンに入ります。合格する人は、苦手なところをコツコツ補強しています。

  • 自分で考える

  • 令和4年 予備試験 口述試験に絶対合格する

    昨日、令和4年 予備試験 論文式試験 合格発表がありました。合格された方、おめでとうございます。本年度の口述試験は11月5日(土)、6日(日)に実施されます。

  • 自助努力が、すべて

    司法試験・予備試験は、資格試験として難易度が高いことは周知です。最近、社会人の受験生の方の指導が、増えています。大学を卒業後、社会人となった人が受験勉強をするのです。

  • 「一般教養科目は、捨てられない」ことに気づいた

    予備試験の短答式試験には、一般教養科目がありますね。受験生の多くが、とても苦手としている科目です。1問につき3点の配点で、合計60点になります。

  • 原因が「楽しい」と結果も「楽しい」

    10月になりました。さて、司法試験・予備試験は、頭脳のトレーニングです。しかし、誰でも勉強が嫌になるときが、ありますね。ポイントは、「受験勉強に関することは、すべて楽しい」と思うかどうかです。

  • 「予備試験 口述模試」講座のお知らせ

    令和4年10月20日(木)は、予備試験論文式試験の合格発表があります。今日は、毎年、予備試験の受験生の方たちから大変、ご好評をいただいている「スクール東京」の「予備試験 口述模試」講座を紹介させていただきます。

  • スク東先生の勉強会のお知らせ

    今日は、2022年(令和4年)9月25日(日)開催予定の「スクール東京」の人気講師、スク東先生の勉強会のお話をさせていただきますね。テーマは、「令和4年短答 商法①解説」です。

  • 評論家には、近づかない

    司法試験・予備試験の受験生のあなたの周囲に、勉強や仕事が「パッ」としないのに、言葉だけがうまいというのが1人や2人はいるでしょう。自分が、司法試験・予備試験に何回もすべっているのに、「試験の筋が悪い」。

  • 令和4年司法試験合格発表 受験生の皆さんへメッセージ

    昨日、令和4年司法試験の最終合格発表がありました。合格された方、本当におめでとう!これから、新しい人生のステップへ向け羽ばたいていってください。惜しくも受験番号が掲示板に乗らなかった方。この結果は、一時的な現象です。

  • 令和4年司法試験 最終合格発表がありました。

    令和4年司法試験 最終合格発表がありました。合格点は750点以上(R3-5点) でした。合格された方、本当におめでとうございます。多くの苦労を乗り越えられたことと思います。

  • 司法試験の合格まで、あと6日

    司法試験の最終合格発表が、あと6日後に迫りました。栄冠に喜ぶ人。敗北で泣く人。それぞれです。法曹資格という社会的地位のような有無に左右されますが、「それが、どうした」です。

  • 人間関係に惑わされない至福の時間

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、今日も勉強の真っただ中にいます。日々、苦しいこと、嫌なこともあるでしょう。しかし、少し考えてみてください。受験勉強の本質は、あなたが1人で戦うことができるということです。

  • 真夏の暑さも、合格のためと思えば気にならない

    司法試験・予備試験の指導に50年以上、携わらせていただいて気づくことがあります。試験には、「合格」「不合格」の2つしかありません。「不合格」する人に共通していることがあります。

  • 真夏の暑さも、合格のためと思えば気にならない

    8月、盛夏です。今、ここで、しっかりした勉強をして比較的、短期で受かる人は、試験のことや自分自身のことを、よく理解しています。司法試験・予備試験の「短答」と「論文」の勉強を、一歩一歩、進めています。

  • こんな時代こそ、寛容な心根を

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、これから社会で大活躍すべき若い人です。しかし、今、あなたを取り巻く環境は、決してバラ色とはいえません。政治・経済・教育などの各界で、明るい兆しは、あまり見えません。

  • 不合格者の盲点

    おおまかに言うと、 司法試験・予備試験の合格者は、受験上手。不合格になる人は、受験下手です。1つ、例を挙げます。本試験で、どれくらいの得点を取ればいいかについて、受かる人と受からない人の考え方の差は激しいです。

  • 予備試験「一般教養科目」で、7割の得点を目指す

    予備試験の受験生の多くの人は、短答の一般教養を苦手としています。人文科学・社会科学・自然科学・英語。どれもこれも、それなりに難しいです。几帳面に勉強しようとしたら、1科目でも3ヵ月以上はかかってしまいます。

  • この夏で、合格する

    司法試験・予備試験は、7月・8月・9月の3ヵ月の勉強で、すべてが終わります。このようなことを話すと、「なに、それ」と、言われるのですが。しかし、これは、事実です。

  • 合格者の傾向

    このところ、司法試験・予備試験の合格者の傾向が、少しずつ変わってきています。「40歳から50歳過ぎまでの主婦」の方が目立つようになりました。ロースクールを卒業して、数年たって合格する人。予備試験から始めて、えんえんと頑張った人。

  • ちょっとしたことの積み重ねが、合否を分ける

    「本試験が終わっても、受験は終わらない」。初学者の人も、ベテランの人も、勝負の夏に向かって、一日一日が大切な時期になりますね。あなたが、全力を尽くすことができたならば、必ず、結果はついてきます。

  • 令和4年司法試験・予備試験短答式試験の成績票送付を受けて

    皆さん、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。令和4年司法試験・予備試験短答式試験の成績票が送付されています。スクール東京にも成績表を受けた受験相談が寄せられております。

  • ラフな計画でシャープな勉強をする

    受験に限らず、人生や社会全般に関して、「計画を立てて行動する」ことは大切です。司法試験・予備試験では、適切な受験計画の下で、それに適応した勉強をすることが確実な合格方法です。今日は勉強のプランニングの仕方について、お話しますね。

  • 合格発表日までは、受験生である

    先日、司法試験・予備試験の短答式試験成績発表がありました。「成川合格塾」には、「試験が終わっても、このまま勉強を続けたい」。「受かっていても、すべっていても、合格発表日までは、今まで通り勉強を続ける」。

  • 予備試験「一般教養科目」で36点以上を得点できる勉強法

    「短答の一般教養が苦手です」。予備試験の受験生の方から、このような相談を受けます。「短答」「論文」を解く最終的な要素は、社会通念と論理力の習得です。この2つがあれば、各科目の知識は十二分に理解できます。

  • 令和4年司法試験 短答式試験の結果が発表されました。

    本日 2022/06/02 16:00~ 令和4年司法試験 短答式試験の結果が発表されました。

  • 令和4年司法試験予備試験短答式試験の結果が発表されました。

    本日2022/06/02 17:00~ 令和4年司法試験予備試験短答式試験の結果が発表されました。

  • いいインプットをすると、いいアウトプットができる

    「いいと思ったことを、コツコツやれない」。これは、司法試験・予備試験で成果が上げられない人の特色の1つです。例えば、① 朝5時に起きて勉強しようと思っても、3日坊主で終わってしまう。

  • 論文式試験が突破できる講座が、スタートします

    「短答式試験は通るのですが、論文式試験が受からない」。この種の悩みや相談を、よく受けます。原因の1つとして、短答を暗記で解いていることが挙げられます。法学の本質がまったく分かっていないのです。当然、論文には歯が立ちません。

  • 本試験が終わってから、3日目

    毎年、この時期になると同じことを言っています。本試験が終わったら、できるだけ早く、勉強を再開させましょう。早ければ早いほど、合格が近くなります。なぜか。

  • 本試験の翌日

    司法試験・予備試験の本試験、お疲れさまでした。本試験の翌日の今日。少しだけ休んで、昨日までのことを、ゆっくり思い浮かべてください。司法試験の受験生のあなたは、2022年9月6日(火)の合否発表日までは、まだ、受験生です。

  • 司法試験 1日目

    今日から司法試験が、始まります。選択科目と公法系科目(憲法・行政法)です。予備試験(「短答」)は、15日です。今日から、今までやってきたことの集大成をする日。昨日までのことは、よいことも悪いことも、すべて忘れましょう。

  • 明日、本試験を迎えるあなたへ

    いよいよ、司法試験がスタートします。あなたは、今日1日、いつも通りに過ごしてくださいね。勉強は早めに終えて、持ち物のチェックを忘れないように。あなたの健闘を祈っています。ガンバレ。

  • 泣いても笑っても、あと1週間

    いよいよ、11日から司法試験がスタートします。予備試験も15日に始まります。何も、奇をてらう必要はありません。あなたは、こころ静かに本試験までの日々を送ってください。いつもと同じように過ごしていきましょう。

  • 闇雲に勉強しない

    司法試験・予備試験とも、合格するには、時間数と勉強量が適切でなければなりません。「適切」であれば、時間数や勉強量は比較的、少なくて済みます。逆に「不適切」であれば、多くならざるを得ない。

  • 自分の甘さを見つける

    今年も全国各地に、桜の花が咲きましたね。自然の営みは、毎年、ほぼ繰り返されています。ところで、あなたは、日々、コツコツと司法試験・予備試験の受験生としての営みをしていますか。

  • いよいよ「短答王国」が始動開始、体系別短答過去問集が完成しました

    司法試験・予備試験の合格を達成させるには、「基本」→「短答」→「論文」というプロセスが必要です。間もなく、「短答」攻略の最強となる本が、「スクール東京」から出版されます。

  • 令和5年司法試験 実施日程等

    令和5年 司法試験実施日程等が公表されました。従来、5月開催だったものが、7月開催となります。

  • 令和5年予備試験 実施日程等

    令和5年予備試験の実施日程等が公開されました。令和5年より、短答・論文・口述の各試験日程が従来より2か月後ろ倒しになっています。

  • 直前期の心得

    新年度になりました。本日より「司法試験・予備試験ブログ」は配信日時が変更になります。毎週1本の記事配信をさせていただきます。読者のあなたに、毎日をより元気になっていただくため、気を込めた内容をお届けいたします。

  • スピード・アップを心がける

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 勉強の質量を、こなしていく

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 客観的に測定する

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「短答(択一)」を征服することのメリット

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 合格の処理情報の1つ

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 論理力を高める

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 過去問突破力

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 素朴な質問

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 捨て試験

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 短期合格する人

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 自分の頭で考える

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • やり抜く

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 理解して合格する方法

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「合格」←「基礎」←「定義」。

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 社会人としてのキラリと光る資質

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • スピード感を、意識する

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 思考力がないから

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「本物」を脳に入れる

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • よく寝て、よく学ぶ

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 「理解→暗記型」と「階段型」を、ミックスする

    <お知らせ>2022年4月1日(金)より、配信日時が変更になります。隔週に1本の記事配信になります。詳細日時は、分かり次第このブログにてお伝えいたします。

  • 地頭が、ついてくる

    司法試験・予備試験のあなたは、本試験が近づいても、ビビらないこと。「なぜかって」。ビビれば、ビビルだけ、勉強の質が荒くなります。暗記で、ごまかそうとする。その結果、不合格になります。今までの勉強量が、少なくてもよい。

  • 質問しない人は、合格しない

    司法試験・予備試験の受験生で、いい質問を、よくしてくる人は、必ず、合格します。毎日、勉強していると分からないことが、必ず出てきます。これは、どんな受験生も同じ。逆にいえば、「質問しない人は、合格しない」。

  • 自分の体は、自分で守る

    まだ寒さが、残っています。司法試験・予備試験の受験生のあなたは、体調管理をしっかりしてください。「自分の体は、自分で守る」。本人しか、頼ることはできません。

  • 考えながら、勉強する

    司法試験・予備試験の受験生のなかには、納得しないまま次に進む人が、結構います。講義を受けたり、テキストを読み込んだり、過去問を解けば、必ず、分からない疑問点がたくさん見つかるはず。しかし、放置したまま、やり過ごしてしまいます。

  • 考えながら、勉強する

    司法試験・予備試験の受験生のなかには、納得しないまま次に進む人が、結構います。講義を受けたり、テキストを読み込んだり、過去問を解けば、必ず、分からない疑問点がたくさん見つかるはず。しかし、放置したまま、やり過ごしてしまいます。

  • 日本語(理解)と定義(知識)

    司法試験・予備試験は、「日本語(理解)と定義(知識)」の試験です。2つに共通することは、「用語」に関すること。つまり、司法試験・予備試験に合格するためには、「用語」を理解すればいいです。

  • 3つの原則

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、「やったところは、必ず自分のものにする」ように、心がけてほしいです。やったところを、何回もミスっては、いけない。司法試験・予備試験の本質をつかむ勉強を意識すれば、そんなに難しくありません。

  • ステップ・バイ・ステップ

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、現役の大学生、ロースクール生の場合、1年生から受験勉強を1年生からスタートしていたら、「一発合格」は夢ではありません。しかし、その一歩がなかなかできない。

  • 理由が分かると、実力が伸びる

    「短答(択一)は、論文的に解く」。司法試験・予備試験の受験生のあなたには、常々、お話させていただいています。「短答(択一)は、3行の論文問題である」。ある論点について法的思考を試すために、「〇×式」で答えさせるのが短答(択一)。

  • 形式は、実質を強くする

    本試験当日は、誰もがドキドキするものです。今日は、試験中、平常心を保つためのよい方法を1つ。それは、「礼儀正しく、ふるまう」。

  • メインの勉強場所を作る

    司法試験・予備試験の受験生の中に、「自宅で勉強するか」、「学校の教室(自習室)、図書館で勉強するか」と、悩む人がけっこういます。これを解決するのは、簡単です。まず、「メインの勉強場所」を決める。

  • よいクセ

    受験勉強をしていると、細かい点が気になることが、あります。たとえ、短答・論文の過去問に関する項目でも、あまり掘り下げないほうがいいです。「スクール東京」の先生に質問して、教えてもらえばいい。

  • 本試験に応用する

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、論文の書き方をしっかり研究する。内容面には、「試験委員コメント」を、何回も何回も読むこと。そして、その本質をつかんで、本試験に応用する。形式面では、各自で考える。

  • 合否の決め手は、自分の性格

    実力があると自負している、Aさん(26)。彼に私が伝えたこと。試験面でのアドバイス。「素直さ」と「スピード」が、足らない。今から直したら、今年の試験に間に合いますよ、と加えました。

  • 「素直さ」と「スピード」が足りない

    先日、日頃、実力があると自負している「スクール東京」の受講生Aさん(26)から相談を受けました。「今年。どうしても合格したいです。でも、気持ちが落ち着かず弱っています」。悩んでいる様子の彼。

  • ポイントは、ここだ

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、四の五の言わず、勉強する。「短答」でも「論文」でも、「ポイントは、ここだ」と、ひと言で言えるようになってください。そんなあなたになれたら、今年の合格は固いです。

  • 限定する勇気

    司法試験・予備試験の受験生のあなたにとって、受験勉強は、最終の直線に差しかかります。また、ほとんどの人が、頑張り始める時期です。「あれも、やっていない」。「これも不十分」。と、不安が膨らむことも、多いと思います。

  • 勝負の鍵

    司法試験・予備試験の受験生のあなたにとっては、いよいよホーム・ストレッチです。ここからは、「規則正しい生活」が、勝負の鍵を握ります。そのためには、(1)曜日を決めて、週に半日、休むこと。

  • 勘違い

    講座の受けっぱなし、資料のもらいっぱなしの人は、どんなに多くの時間を費やしても、絶対に合格できません。

  • 合格することが、当たり前になってくる

    司法試験・予備試験の受験生に限らず、人間は怠け者です。この怠け者を、働き者、もしくは勤勉者にするものは、3つしかありません。洞察力・欲望・責任感です。

  • 合格は、日本語と定義から

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、重要項目については定義を理解し、暗記しておかなければなりません。いつも言っていることですが、「合格は、日本語と定義から」のうちの定義を押さえれば、勉強の半分は終わったことになります。

  • 気持ちを引き締める

    司法試験・予備試験が、日一日と近づいてきます。毎日の気持ちを引き締めるために、心がけることをお伝えします。それは、あなたが朝、起きたとき、「今日は、本試験日の1週間前だ」と、思うことです。そうすると、おちおち、できない。

  • 「確実合格」する人

    司法試験・予備試験の指導をさせていただいて、受験生が、必ず合格する要素が、いくつかあります。そのうち1つが、メモ。「確実合格」する人は、メモの取り方が、うまいです。①素早く紙に書く。②書きながら、理解する。

  • ひとつ、ひとつ押さえる

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、勉強していて不明点に出くわした場合、①まず、自分で考える。②次に、参考資料で調べる。③その科目のプロフェッショナルに、質問する。①→②→③で疑問点を解消すること。

  • 時間がない

    司法試験・予備試験の準備をしている社会人受験生の方から、よく相談を受けます。「時間がない」。仕事をしながら勉強している人、すべてに共通する悩みです。私の回答は、「夜11時に寝て、朝5時に起きる」。

  • 朝型の基本

    「短期合格を呼びこむのは、朝型の生活」と、いつも強調しています。司法試験・予備試験の受験生の方から、具体的には何時に起床すればよいかと、質問を受けます。私の経験則では、5時がベスト。

  • 3つの段階

    受験には、3つの段階があります。(1)「受験は、勉強である」。 比較的、易しいテストなら、この考えでも受かります。(2)「受験は、仕事である」。

  • 暗記は、必要不可欠

    私は、再三、「暗記に走らない勉強」、「しっかり理解してから、暗記する」と、話しています。しかし、決して暗記を、低く見ているわけでは、ありません。

  • 民法は、おいしい科目

    「民法が不得意な人は、受験しないほうがいい」。私は、常々、司法試験・予備試験の受験生のあなたに、伝えています。司法試験・予備試験の受験を初めてする方は、最初の勉強時間の30~40%は、民法をするべきです。

  • 自分を信じる

    司法試験・予備試験だけでなく、すべての試験の直前期は、受験生はソワソワしてきます。50年近く、直前期の受験生と、向き合ってきました。彼・彼女たちに、次の言葉を、伝えています。「自分を信じる」。

  • 「誰も教えない社会の常識」 サバンナの掟に勝つ

    寒さの厳しい毎日です。早く、暖かくなってほしいですね。新型コロナウイルスは、オミクロン株の感染が、止まりません。先日、私の知人の方も感染されました。ひと事では、ありません。

  • 合格する人の意識

    司法試験・予備試験の受験生の方が、「成川合格塾」へ相談にみえます。そのとき、必ず聞くことがあります。「本試験まで、あと何日ありますか」。答えられる人は、10%ぐらいです。残りの人は、「およそ○○日」、「はあ」と言います。

  • 「とりあえず」は、やめたほうがいい

    司法試験・予備試験の受験生のあなたが、絶対にやめたほうが、いいこと。それは、「とりあえず」。私たち日本人が好む選択方式。民族的・国家的な口癖。実質的な中身は、乏しいです。思考停止と、ほとんど同じ。

  • 成績が、パッとしない人

    司法試験・予備試験の受験生で、あまり成績がパッとしない人たちの傾向を1つ。「夕方18時以降、ダラダラしている」。ここでいう、‘‘ダラダラ‘‘には、2つの意味があります。(1)テレビを惰性で見る。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、schooltokyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
schooltokyoさん
ブログタイトル
毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!
フォロー
毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用