プロフィールPROFILE

へた爺さんのプロフィール

住所
南相馬市
出身
南相馬市

自由文未設定

ブログタイトル
へたっぴ釣り爺の雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/296minnade
ブログ紹介文
がんばろう福島、南相馬地方もがんばろう
更新頻度(1年)

101回 / 296日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2011/11/03

へた爺さんのプロフィール
読者になる

へた爺さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,211サイト
東北釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 380サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,296サイト
南相馬情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,872位 65,791位 58,668位 39,985位 40,018位 42,372位 42,117位 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 2,841位 2,511位 2,321位 1,815位 1,831位 1,923位 1,910位 17,211サイト
東北釣行記 66位 59位 53位 45位 48位 48位 50位 380サイト
地域生活(街) 東北ブログ 638位 510位 464位 308位 308位 312位 316位 6,296サイト
南相馬情報 圏外 圏外 圏外 圏外 1位 圏外 圏外 14サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,211サイト
東北釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 380サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,296サイト
南相馬情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、へた爺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
へた爺さん
ブログタイトル
へたっぴ釣り爺の雑記帳
更新頻度
101回 / 296日(平均2.4回/週)
読者になる
へたっぴ釣り爺の雑記帳

へた爺さんの新着記事

1件〜30件

  • 栗についての雑学

    朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。さて本格的な寒さに向かう時期です。秋は様々な実りが楽しめる美味しい季節でもあります。柿や梨そして栗などが木に実っている姿、見ているだけでも豊かな気持ちになれそうです。特に栗は、栗ご飯やモンブラン、栗きんとんなど料理や洋菓子、和菓子といった様々なジャンルに使える秋の食材の代表選手の一つだと思います。日本で栗を使った料理と云えば、栗きんとんが身近に感じられるかもしれません。栗きんとんと云えば、おせち料理でもおなじみですが、なぜ、お正月に食べられるようになったのでしょうか。栗きんとんには、金運と勝負運という二つの願いが込められていると云われています。栗きんとんは漢字では「栗金団」と書かれ、「金団」とは金の団子もしくは、金の布団という意味であることから、金塊や金の小判などに例えら...栗についての雑学

  • チュート徳井・当初から脱税目的か。

    お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井が脱税目的で当初から法人の事務所を作ったとしか思えません。本人は、ルーズだから申告しなかったと、云い逃れていますが、こんな理由は通用しない。当初から脱税するために事務所を作ったと思われる。法人税は払っていない。消費税も払っていない。社会保険も払っていない。なにもかも税金を払っていないと云う事は悪意のある証拠。所得隠しの典型的な一芸人だと思う。真面目に少ない収入から税金を払っている芸人もいるというのに、こいつは悪。もう顔も見たくない。テレビから、この顔を見たくない。私たちでも年金から税金が引かれて、残った金で生活していると云うのに、ちよっと売れたからと云って税金を払わない行為は悪芸人だ。脱税した金を水害に遭われた地域に寄付するという人間ではないしなぁ。どっちにしたって、あぶく銭...チュート徳井・当初から脱税目的か。

  • 秋の味覚の魚・さんま

    朝夕はめっきり冷え込むようになってきました。いよいよ食欲の秋が到来しました。秋の味覚の魚と云えば、やっぱり「秋刀魚」かな。この秋刀魚はその昔「油とり魚」として広く江戸時代では出回っていたと云う。菜種油が高級とされていた中、庶民の暮らしの中では「サンマの油」を行燈などに用いていたという。サンマの「ワタ」が美味しい理由は、サンマには私たちが当たり前に持っている臓器がないのです。これは「胃」です。食べたものが食道を通り、胃で消化され、腸で吸収と云う流れが人間にあることから、これって驚きです。サンマは口から取り込んだ栄養が腸に流れるため、すばやく分解する構造になっています。だから内臓が、いつもピカピカなんだとか。中も外もピカピカなんて、すごいです。このように内臓がキレイでいられることで、サンマの「ワタ」も美味しく食べら...秋の味覚の魚・さんま

  • スポーツ競技の愛称

    いよいよ来年は東京オリンピック。1964年以来です。その開会式が10月10日だったことを記念して「体育の日」が制定されました。いつの時代も感動を届けてくれる選手たち。その日本代表チームには競技ごとの愛称があります。有名な所では、男子サッカーは「サムライブルー」。女子サッカーは「なでしこジャパン」。ほかにも飛び込みは「翼ジャパン」。競技のスピード感が良く表れています。ボートは選手をクルーと呼ぶことから「クルージャパン」と名付けられたようです。バレーボール男子は「龍神NIPPON」。バレーボール女子は「火の鳥NIPPON」。水球は海の神にちなんで「ポセイドンジャパン」。シンクロナイズドスイミングは「マーメイドジャパン」。今回から種目に加わる空手は「雷神ジャパン」。バスケは愛称が変更に。当初はハヤブサと日本のスピード...スポーツ競技の愛称

  • 処理水の放出議論

    原発汚染水処理の海洋放出議論が、あちこちで議論が行われています。東京電力は原発汚染水が増えるのは地下水が流れ込むからだと云い、色々な意見がある中で凍土壁工法を採用し、莫大な費用をかけ実施。その結果、今の状態がどうなっているのか説明すらない。失敗だったのか、成功だったのか検証もせず、海洋放出議論は、まったく無責任な議論です。原発汚染処理水が一日約150トン出ているそうです。出ている原因を明確にして対策もせず、汚染水の処理方法に議論をすりかえているような気がします。全ては原発事故から始まっています。東電はじめ政府の関係者は失敗を認めず、誰も責任をとらないという体質が、国民の不信感をかっていると思います。専門家の議論を定期的に公開し、いやなことでも国民に、本当のことを知らせることが先ではないだろうか。岳温泉の山は紅葉...処理水の放出議論

  • 東北道下り線の安積PAに「ドリームピアノ」

    書棚を前にして店主と読書談義や値引き交渉を毎日楽しんでいる。地方では個人経営の小さな書店を見かけることが少なくなったと思う。寂しい思いをしている本好きな方も多いのではなかろうか。お目当ての本を探し出すのはもちろん楽しいが偶然の出会いも古本屋の醍醐味だと思う。書棚に長く埋もれていたような本に、ふと目が留まるときがある。気になって手に取ってみると、思いもしなかった新しい本に繋がっていくことが時々ある。このたび東北自動車道の下り線の安積パーキングエリア(PA)に、誰でも自由に弾くことが出来る「ドリームピアノ」と云うものが設置された。東日本のパーキングエリアやサービスエリアに「ピアノ」が常設されるのは初めてと云う。下り線の安積パーキングは県内外からの利用客が多く、ピアノを設置した郡山市は利用客が増えることに期待している...東北道下り線の安積PAに「ドリームピアノ」

  • スマホに四苦八苦の同級会

    先日、古希祝いの同級会があり参加してきました。中学校卒業以来何十年ぶりに会えた人、顔や体系が変わり、思い出せない人が多数と、話が弾み楽しい日でした。今は皆、携帯で写真を撮る人が多く、カメラを持参した私は大変でした。未だにガラ携を使っています。あちこちから声がかかり写真を撮るのに忙しかった。他の人に写真を送信するのに、今はスマホをと使用した人が多く、皆不慣れで、ああでもないこうでもないと、汗をかきかき四苦八苦して使っていました。またラインに至っては隣同士で、まだ来ないよとか、いま来た来たと大騒ぎをしていたら、学生時代は目立たない人の一言に皆、ヘェーそうなんだと感心。「簡単じゃん、ここのQRコードを読み取ればいいんだよ」と一言。また孫の動画を見るためにスマホにした人も多く、スマホに振り回された古希祝いの同級会でした...スマホに四苦八苦の同級会

  • 秋のハーモニーが聞こえる季節

    指揮者の佐渡裕さんは、リハーサルするときに立体的な色彩感を出すことを求めるそうだ。この場合の色彩感とは楽器の演奏で生み出されるハーモニーの感覚のことだと云う。同じ音を出す場合でも天井に抜けるように響かせるのか、腹の底から鳴り響かせるのかでハーモニーの厚みや奥行きは違ってくると語っている。県内の平野部でトンボの姿が見られるようになった。水平にゆったりと飛んでいるかと思うと時折、飛ぶ高さをひょいと変える動きを交える。滑らかに空中を移動する様子は、まるで繊細な指揮者が振るタクトのようだ。自然が奏でる音色は新たな楽章に入った。照りつける太陽の下、暑さを際立たせるような演奏を得意としていたセミたちは、静かに舞台を降りた。替わりに落ち着いた雰囲気の中で心に染みるしっとりとしたハーモニーを響かせる虫たちが演奏を始めた。昨日は...秋のハーモニーが聞こえる季節

  • 秋の全国交通安全運動が始まった。

    9月21日から9月30日までの10日間。秋の全国交通安全運動が始まりました。今年の運動の重点項目は、五点あって、①子供と高齢者の安全な通行の確保。横断歩道の付近で、歩行者を見かけたら速度を落としましょう。横断歩道を渡ろうとする歩行者を見かけたら、その通行を妨げないように一時停止をして、歩行者らの保護を徹底しましょう。②高齢運転者の交通事故防止。高齢者は自動ブレーキ、ペタル踏み間違い防止装置の付いた安全運転サポート車を体験できる交通安全講習会に参加しよう。車を買い替える時は、安全運転サポート車の購入を検討しよう。③夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止。重大事故につながるおそれのある「あおり運転」や、運転中のスマホの操作など危険な運転はやめましょう。④すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正し...秋の全国交通安全運動が始まった。

  • 忘れるはずがないのに

    長年の友人の名前や、昨年の家族旅行で食べた料理などを思い出せないことがある。忘れるはずがないのにと思えば思うほど、もどかしい思いが増す。記憶には、いくつかの法則があるそうだ。3、4歳以前のことは、ほぼ残らないという。一方で思い出すと心が痛むような出来ごとは、事細かに記憶されるとオランダの心理学者が云っている。福島大は付属図書館で東日本大震災と原発事故からの復興についての資料などを集めた常設展を始めた。テーマは数カ月ごとに変えて展示を続けると云う。最初のテーマは「避難所」。会場には避難所で世帯ごとに分けられていた生活空間の様子を再現している。段ボールの仕切りにかかったタオルや布団の枕元に転がる瓶を見て、ああ「確かにこうだった」と思い出された。震災と事故の当時のことを「もう忘れた」という人はいるまい。ただ細かな記憶...忘れるはずがないのに

  • 流す前、飲んで見せてよ汚染水

    汚染水を海に放出すると改造内閣前の復興大臣が述べたことに福島県の漁業組合が反発しています。流す前に汚染水を大臣が飲んで見せてほしいものです。本当においしい水なのでしょうか。美味しい水であれば海に放出しても安心ですが。まずは国会内で議員全員に飲んで見せてほしいものです。また復興大臣の家族にも飲んでもらい、美味い水なのか確認してほしいものですなぁ。美味かったら海への放出には賛成です。まずかったら海への放出は避けた方がいいと思う。なんの根拠もない理由で発言するのはいかがなものか。こんな発言するから前原田復興大臣は改造内閣に入らなかったのだろう。云い大人が発言に対して責任のある発言をしてほしいものだ。これが安倍内閣の欠点議員がいる故かもしれない。残念。もっと優秀な議員に大臣になってほしいものだ。当選回数が多いからといっ...流す前、飲んで見せてよ汚染水

  • 名曲「とんがり帽子」

    福島県が生んだ日本の大作曲家・古関裕而、金子夫婦を主人公にしたNHKの朝ドラ「エール」が2020年4月から始まることが新聞報道で知った。数多くの曲が世に送り出されたが、私個人で一番心に残る曲は「とんがり帽子」かなぁ。敗戦後に辛酸を味わった戦災孤児たちの、たくましさと、彼らを鼓舞する非常に明るくリズム感豊かな名曲であり、一番好きな曲です。おぼろげな記憶ではNHKのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌であり、夕方になるとラジオの前に正座して聞き入ったものだ。「栄冠は君に輝く」・「オリンピック・マーチ」も、もちろん名曲だと思う。古関先生の曲に共通して云えるのは曲想が非常に明るく爽やかなことだと思う。先生は明るく爽やかな人だったに違いない。数々の名曲ありがとうございました。浜に行ったら、ハマボウフがありました。津波で流さ...名曲「とんがり帽子」

  • ひらがなの手紙に涙

    東京都目黒区で起きた幼児虐待事件。なぜこんなむごいことが起きるのだろうか。死亡した結愛ちゃんは、まだ五歳。両親の長期にわたる虐待で低栄養状態などから肺炎による肺血症で亡くなった。結愛ちゃんは約一ヵ月以上にわたり十分な食事が与えられずに栄養失調状態に陥り、さらに暴行されるなどして衰弱した。死亡時の体重は12キロで平均体重よりも8キロ少ない。こんなむごいことが出来るのは人間ではない。育てた親にも十分責任がある。結愛ちゃんが死亡する前に両親に書いた「ひらがなの手紙」を読んだ。ただただ涙しかない。5歳の幼児が書くような手紙ではない。いかに虐待が怖かったのかが文面から酌み取れる。なぜこんな社会になってしまったのだろうか。私たち大人にも責任がある。幼児虐待による親には大厳罰で即死刑にすべきである。いっぱい大きなナシを食べさ...ひらがなの手紙に涙

  • ガソリンの二重課税

    消費税10%になるが、税制度について軽減税率があるものの、未だに釈然としない。地方では生活必需品である車だが、ガソリンや軽油には既に課税されているにもかかわらず、消費税が課せられる。そもそも都市と地方で車の必要性に差があり、地方では生活必需品と云う認識が政府にはないと思う。生活が苦しくても車なしでは、仕事が出来なかったり、買い物も出来ない。課税品であるガソリンや軽油に消費税を掛けるのは、税金の二重取りだと思う。政府は勝手に赤字国債を発行し、そのツケを車を贅沢品として疑問すら持たずに課税し、続けるのは間違っていると思う。また新車の販売購入を促進するため、取得税を無くしても環境性能割税を導入すること自体、財源確保という口実は、金持ちやメーカーの優遇措置としか思えない。ガソリンの二重課税

  • 譲り合いの精神で

    先日、常磐道で、あおり運転した後、男性を殴り怪我をさせた事件。その後、指名手配されていた43歳の男が逮捕された。私も50年以上、車を運転しているが、何度か、あおり運転に遭遇した苦い経験がある。でもほとんどが一過性の出来ごとで、大事には至らなかった。今回の、あおり運転は異例であり、悪質極まりない。人間持って生まれた性格は変えられないと云うか変わらない。自己顕示欲が旺盛で自己愛がある人間だと分析。ある心理学者は今回の容疑者を、そのように分析していた。車の運転の基本は、何といっても譲り合いだと思う。短気は厳禁。そう心がけしてほしい。私の経験からして、信号のない交差点などで率先して、譲り合いの精神を発揮して、くれるのが女性ドライバーだ。男性より女性の方が寛容であるように感じる。譲り合いの精神で

  • 最近の出来事に一言

    つい一ヵ月前は、まだ梅雨明けせず、気温も低く、冷夏で稲は順調に出るのだろうかと心配でしたが、その後の猛暑続きで、綺麗に出そろった水田を眺めて、ほっと胸をなでおろす毎日です。種類によって稲の色も、わずかな違いがありますが、その上を風が吹いていき、海の波のように、うねりながら遠くまで風が行きます。何十年となく、見てきたこの田園風景がいいですなァ。国によっては、緑のない国や毎日テロや銃撃で、ゆっくりと生活出来ない所もあります。日本は何と平和だろうかと。日本人のように勤勉で真面目な国民はいないと良く云われています。それなのになぜ?老人虐待・あおり運転・大量殺人など。私たちは、もっと自然から沢山のことを学べるのではないだろうか。最近の出来事に一言

  • 海沿いの復興への思い

    海沿いを車で走っていたら、以前泊まったホテル脇を通った。震災直前、親戚の女の子の就職祝いに遠出したもので、何の不安もなく通ってきたこと思い出した。震災後、その場所を、また通ったら常磐道は大変混んでいたので、国道に変更迂回して帰ってきました。帰還困難区域経由へ抜ける道路は、未だに閉鎖されており、復興は進んでいるものの、先は長いことを感じさせられました。窓の外には、うっそうとした山林、人が本当に安心して住めるまで、あとどれくらいかかるのだろうかと。う回道路は首都圏ナンバーの車が追い越していきましたが、その人達の目にはどう映っているのでしょうか。帰還困難区域の人たちは、お盆なのに帰りたくても帰れない人がいると思う。また訪れてくれるのを待っている先祖のお墓が沢山あった。この現状をしつかり踏まえ、皆が一丸となって「脱原発...海沿いの復興への思い

  • 話し合い解決が平和の始まり

    私たち戦後の昭和生まれは、「平和ぼけ」とよく言われました。我々の時代、自衛隊とは国防が目的であり、戦争はしないので、身体を鍛えられ資格が取れることから人気があり、同級生が多数就職しました。これが「平和ぼけ」と云われる由縁かもしれません。しかし今は憲法を拡大解釈した安保法制が出来、自衛隊員に緊張感が増したような気がします。我々は戦争体験がないので、子供たちに父親のように話すことはできませんが、これはこれで良かったとおもっています。今の世界は各国リーダーの自国ファーストの言動が強く、他国との緊張感を高め、色んな戦争を引き起こしているような気がします。お互いが譲り合い、話し合いで解決することが令和時代の平和の始まりだと思うのですがどうでしょうか。ひまわりの葉が緑色で綺麗なのですが、カメラの設定がヘタなので綺麗な緑の葉...話し合い解決が平和の始まり

  • 記憶を語り継ぐことの大切さ

    俳優の佐藤B作さんは福島市飯坂町の出身だ。上京後、学生演劇でデビューし、30代前半にはテレビ番組で人気者になった。順風満帆に見えるが「初めは福島弁が抜けず苦労した」と云っている。そのB作さんが、このお盆、里帰りして近況報告した。「今は広島弁で苦労しています」と。広島市を舞台にした井上ひさしさん作の2人芝居「父と暮らせば」が、B作さんの古希記念として、このお盆中の二日間、福島市で上演された。内容は原爆投下から三年後、B作さん演じる父は、一人暮らしの娘の前に幽霊となって現れる設定。そして広島弁で聞くのは仕事や結婚のこと。親と子の当たり前の会話が続く。ただ生き残ったことに罪悪感を抱く娘は人生を前向きに考えられないと。そんな娘を父は叱る。おまえは生かされている。悲しかったこと、楽しかったことを伝えるのが仕事だと。先週の...記憶を語り継ぐことの大切さ

  • 核の使用に反対しない政府はいかがなものか?

    子供のころ「戦争を知らない子供たち」の歌を覚えたくて、お金をためてレコード盤を購入し聴いたものだ。歌いながら戦争は良くない、みじめなもの、平和を求める心が大切だと感じたものだ。また、世界は一つと云う歌もよく歌ったものだ。まさに地球は一つ、各国がお互いに手を取り合って、明るく生きる歌だったかもしれない。誰もが戦争はいやだ、平和に暮らしたいと願っているはずだ。だが国民的な意識が薄いと感じる。広島や長崎に「原爆」を投下されて、初めて日本は戦争の恐ろしさを知ったと思う。戦争は二度とやらないと平和を願っているが、今の「政府」は核の使用の反対をしていない。投下された自治体が署名を求めているのに、今の政府が協力できないのが不思議である。なんか云っていることと矛盾しているように感じる。ここで「政治家」は活躍しなければ、どこで活...核の使用に反対しない政府はいかがなものか?

  • 二泊三日のお迎え支度は

    今年もお盆の時節となりました。土曜日にお墓の掃除を済ませました。父が亡くなってから13年、母は震災後に亡くなって3年、親戚の甥・姪子も津波で亡くなって8年という歳月が過ぎ去りました。時の流れは巻き戻すことは不可能と云いながら、遠い日の回想に浸る季節です。今年はどのようにして先祖を迎えるか思案中です。お盆の13日は先祖が歩いて実家に帰ってくる日なので、親のいない人は、仏様の足を切ってしまうから、草刈りをしてはならないと、幼いころ両親に教えられて、今もその習慣を継続しています。13日の夕刻、縁側に提灯を掲げ、木戸口に迎火を焚いて、案内し仏前で先祖と交わす酒と肴、妄想を巡らし語り合う。土産話は何なのか期待に胸躍らせ、また1年頑張ろうと、そして両親の分まで長生きをもくろんでいる暑い夏です。昨日は津波で亡くなった小学生の...二泊三日のお迎え支度は

  • 自転車のスマホ使用も厳罰化

    今年の12月からスマホや携帯電話を利用しながら車を運転することが厳罰化されるとのこと。自転車はどうなるのだろうか。時折、自転車を運転しながらスマホなどを使っている人を見かける。ひどいのになると、ハンドルから手を離していじっている。よほど自分の自転車運転技術に自信があるのだろうか。自転車では、そう大きな事故は起こらないと、高をくくっているのかもしれない。しかし、よく報道されるように、自転車で対人事故を起こせば、死亡事故につながる可能性もある。おまけに自転車では自動車のように保険に入っていることは少ないだろう。歩道を歩いていると、マナーの悪い自転車を良く見かける。こちらも厳しく取り締まってほしいと思う。お墓にあげるユリの花も満開になりました。来週の火曜日から、お盆に入ります。自転車のスマホ使用も厳罰化

  • 若者よ未来を見据えて・・・

    「自慢できることがあるんだ」と知人が言った。俺の記憶では、選挙に行かなかったことはない。大したことねぇかと云って肩をすくめた。すごいと思う。若者に云いたい。10年20年さらに先を見据えて生きていかなければならないのに、無関心・人任せ・なるようになるで、年齢を重ねて老いていけますか。若者の投票の無関心には、ちよっと腹が立ち、苦労するのは、あなたたちだと言葉を荒げて云いたい。来春大学を卒業する親戚の学生がいる。就職は既に決まっているそうだが、自慢できることの一つに提案したい。選挙のたびに投票済みの証明書をもらえば、国民として権利の行使は欠かさない。国の行く末を考えていると履歴書に記載でき、自己アピールできる。爺ちゃんが経営者なら、そういう人と仕事をしたいし、会社を任せたい、そういう人を採用するぞと云いたいものだ。今...若者よ未来を見据えて・・・

  • 原発をやめ再生エネに転換を

    県議会・県民の総意である第二原発の廃炉が、ようやく正式決定となった。もし第二原発も事故に至っていたら首都圏も含めて破局的な避難の可能性もあっただろうと、原発事故の恐ろしさを改めて痛感させられている。解体費用だけで約2800憶円で、廃炉まで約30~40年かかる原発が、こんな狭い列島で54基も稼働されていたかと思うと、今さらながらに、ぞっとするばかりだ。今も約5万人近くの人が避難生活を強いられており、反省も教訓もない、事故を繰り返す再稼働。正気の沙汰ではない。高リスク高コストの危険な原発よりも、世界の流れである経済的にも発展を促す再生エネへの転換・拡大にこそ本腰を入れるべきと思う。日本が生き延びる道は、テロの危険もない原発ゼロ、再生エネの道以外にはないと思う。もし首都直下の地震が発生して原発を稼働していたら、東京・...原発をやめ再生エネに転換を

  • 福島第2原発・全基廃止承諾

    福島第2原発は、楢葉町と富岡町に立地する東京電力の原発で、4基ある。炉心溶融事故を起こした福島第1原発の南約12キロに位置する。第1原発と同じ沸騰水型軽水炉で、いずれも出力は110万キロ㍗。1982年~87年に順次営業運転を開始した。2011.3.11の東日本大震災の発生時は、全基稼働中で、1、2、4号機は一時的に冷却機能を失ったが復旧。炉心溶融などは免れ、令温停止した。約1万本の核燃料がプールに保管されている。輸送・貯蔵兼用キャスクは、核燃料を保管する容器で、貯蔵専用と違い、輸送できるよう原子力規制委員会の許可を受けている。認可に際し、落下試験や耐火試験など輸送時の危険性を想定した検査に合格する必要がある。貯蔵用は輸送時に燃料を輸送容器に入れ替える必要があるが、輸送・貯蔵兼用は、その手間がなくなる。福島県内堀...福島第2原発・全基廃止承諾

  • 民意の大きさ認識

    参議院選挙が天候不順の中、終了した。自民・公明両党は改選過半数を確保、立憲民主党は倍増に迫るとの文字が新聞に大きく報道された。忖度発言の候補者が落選したり、「れいわ新撰組」が二議席を確保、しかも当選された、お二人共難病を抱えた方というのだから、驚くというより民意の力の大きさを改めて認識せざるを得なかった。当選者は、これから六年間、国政に汗を流すわけであり、初志を忘れずに国民のためにどれだけの仕事をすべきか一票の重さを常に心して行動して頂きたい。我が福島県でも、県民の52.41パーセントの人が「清き一票」を投じたわけだが、しかし50パーセント近い人が無関心だったのも事実であり、残念な数字でもある。貴重な一票であり、我々は有効に使うべきであると感じる。隣の神社の木には、カブトムシがよじ登っていた。木の下には子供たち...民意の大きさ認識

  • 今朝の地震

    今朝の午前三時半ごろの地震は、すごく揺れました。びっくりして目が覚めました。納得しないのが、テレビの地震速報で震源地が三重県南東沖で、なぜ宮城県の丸森町が震度4で最大とのことでした。三重県付近は震度1程度なので、震源地ではないと思われます。震源地は宮城県沖だと思われるが、なぜ三重県なの。地震測定も間違うこともあると思いますが気象庁も会見を開いて説明してもらいたいものだと思っていたらヤフーのニュースでウィザーニュースを見て納得しました。ああなるほどなぁと、南海地震の前兆かもと納得。まれにみる地震だったとのことでした。相馬地方は相馬野馬追が今日本日は本番です、午前中は行列で、午後からは雲雀が原で神旗争奪戦が行われます。今日は、かなり蒸し暑い陽気になると思います。隣の神社のケヤキの枝では、セミがミ~ンミ~ンと鳴いてい...今朝の地震

  • ウニの貝焼きは美味いどぉ。

    ウニの貝焼きは、いわき市の名物として根強い人気がある郷土料理だ。ホッキ貝の貝殻の上に山盛りにされた蒸し焼きのキタムラサキウニは食欲をそそる。食べた時に口の中に広がる豊かな風味は格別に美味い。色々と諸説はあるが、貝焼きはウニを長持ちさせるため焼いたのが始まりという。江戸時代、地元の藩主に献上されるなど、地域の歴史を物語る食文化でもあると思う。いわき市の暮らしの伝承館は、貝焼きを始め各地の郷土食を特集した企画展「いわきの郷土料理」を今、開いている。約50品目ほどの料理を写真と料理の由来や材料を解説したパネルで紹介し、地元の食文化の一端にふれることが出来る。会場では個性豊かな料理が目を引いた。カツオを使った料理で、焼いた後に、ショウガ醤油に漬けた「焼きびたし」とか、地元野菜を使い、お盆にお供えして食べる「十六ささげの...ウニの貝焼きは美味いどぉ。

  • ふるさと納税の原点とは

    当初、ふるさと納税は、地場産品の限定はなく、全国津々浦々の産品でも可であったものが、あまりにも過熱して歯止めが利かなくなったので、総務省は、本来の地場産品に限定するほか「納税金額の30%以内にとどめる」方針に切り替えた。この、ふるさと納税の恩恵に預かってきた上位幾つかの対象地域は、この総務省の対象地域より外されることになった。ある市では「改定される前に、ふるさと納税前の最終大キャンペーン」と銘打って、対抗意識を高めているようだった。少ない納税金額で大きな恩恵が受けられる前の方針に反対の人はいないと思うが、今や共存共栄の時代なので、やはり節度のある対処方式に戻すのがベターだと思われる。「ふるさと納税」の原点は、ここと確信する。意見は様々あると思うが、やはり、ふるさと納税の返礼品には魅力があるので、地域地域で、もう...ふるさと納税の原点とは

  • 人の手入らない里山

    雨が降っている朝、庭に出てみるとエビネに、蕾みが出てきていました。植物にとって湿度の高いこの時期は、華麗な花を咲かせる必要不可欠な季節。この季節、近くの山に足を踏み入れると、フキ・ワラビ・ウドなど数多くの山菜が出迎えるように茂っています。思わず顔がほころび、山に来たことに喜びを感じます。今では山に入る人が少なくなりました。昔は山の恵みを受けて生活の糧としていた人がいて、里山は綺麗に整備され、山道に容易に入れ、山草・野草が簡単に、みることが出来ました。里山に入ろうと思うと、長靴・長袖と完全防備をして入らないと、とても入れない状態です。貴重な山菜・植物を守るためには、それも仕方がないことだと思いながら、山を後にして戻ってきましたが、やはり山は整備してほしいと思います。先日、雨が降ったので山の渓流は多水になっていまし...人の手入らない里山

カテゴリー一覧
商用