searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
自然食研究所のブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/szato
ブログ紹介文
病やアレルギー、肥満を自然食で改善したい人へのアドバイスを掲載しております。
更新頻度(1年)

340回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2011/03/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、シェフ佐藤さんをフォローしませんか?

ハンドル名
シェフ佐藤さん
ブログタイトル
自然食研究所のブログ
更新頻度
340回 / 365日(平均6.5回/週)
フォロー
自然食研究所のブログ

シェフ佐藤さんの新着記事

1件〜30件

  • リン酸塩使用のチーズは危ない。

     市販のチーズの中には、多くの添加物が使われている商品があります。  チーズ製品は、主に、「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」「チーズフード」に分類されてい…

  • 大量生産のスイーツには気を付けて!

     前回のブログの中で、結着剤のリン酸塩について取り上げましたが、リン酸塩は大量生産される市販のケーキやスイーツ、菓子パンなどにもよく使われています。  市販の…

  • コンビニおでんが危ない。

    コンビニおでんが売れ始める時期は、9月からとのことです。  コンビニでは、おでんの具材に使われている食品添加物は表示されていません。  なぜなら、表示すべき食…

  • 機能性表示食品には騙されないで!

    「機能性表示食品制度」が開始になったのは、2015年4月1日からです。その後は、健康ブームに便乗した食品やサプリメントが次々と登場しました。  しかし、この制…

  • トクホには騙されないで!

    トクホ(特定保健用食品)の商品には、「コレステロールが高めの方に」「血糖値の気になる方に」「食事の脂肪吸収を抑える」「内臓脂肪を減らす」・・・といった、消費者…

  • ビタミンCが添加されたペットボトル飲料は危ない。

    現在販売されている、ペットボトル飲料の中には、「特定保健用食品」とか「○○協会推薦」など、飲めばあたかも健康になれるかのように宣伝されている商品を多く見かけま…

  • 鶏肉の抗生物質は薬剤耐性菌を発生させている。

     食肉用の家畜は、狭いスペースの小屋の中で育てられ、そのストレスに耐えさせるように、また、成長を促進するために食肉に大量の抗生物質や成長ホルモンを投与されてい…

  • 輸入鶏肉のから揚げが危ない。

     コロナ禍の中で、デリバリーサービスやテイクアウトの専門店の利用者が増えています。   ニチレイフーズが発表した2020年のから揚げ消費量調査によると、前年よ…

  • 何気なく口にしている合成着色料が危ない。

    前回は、ガムに使われている合成着色料について取り上げました。  バブルガムの着色料「赤色3号」は、北欧やEU諸国などでは使用禁止になっていますが、日本ではいま…

  • ガムを噛む大谷翔平選手に言いたいこと

     最近気になっているのが、大谷選手が試合中に、バブルガムを噛んでいることです。  メジャーリーガーがよく噛んでいるバブルガムに使われている合成着色料「赤色3号…

  • 食べることをやめた人の未来は…

    食事の支度や後片付けの時間が無駄だとサプリメントや流動食だけを毎日の食事にしている人がいます。  先日もテレビ番組で、2年半前から完全食を続けている会社員の生…

  • GACKTさん 体調悪化の原因は…

    昨日のニュースで、GACKTさんが体調悪化による無期限の芸能活動休止が報道されていました。  「幼少期からの神経系疾患」が原因と発表していましたが、先天性の病…

  • 不快な体臭の人が増えている。

     外出するたびに感じるのが、思わず鼻を覆いたくなるような体臭や口臭を放つ人が老若男女問わず増えていることです。  人一倍ニオイに敏感な私ですが、買い物先や銀行…

  • 人工甘味料は喘息発作の元

     喘息を発症する原因は、遺伝的要素、アレルギー体質、ハウスダスト、ダニ、ペット、薬の服用が関係していると指摘する医師が多いようですが、私が考える一番の原因は、…

  • ”無添加料理を始めたキッカケはアトピーや花粉症の改善”

     無添加をイメージさせる某大手すしチェーン店では、「化学調味料」「合成着色料」「人工甘味料」「人工保存料」は使っていないと宣伝しているものの、これ以外の食品添…

  • 無添加食にしてもアトピーが治らないのは…

    味の素を始め、様々な食品添加物の摂取がアトピーや花粉症の原因になってきていることに気が付く人が増えているためか、ここ数年で「添加物不使用」とか「無添加」と記載…

  • 玄米菜食で低体温になる人は…

    玄米菜食を実践して、低体温になったという人が見受けられます。  その人たちに共通しているのは、野菜であれば何を食べても健康になれるという思い込みです。  生野…

  • 高血糖改善に役立つ玄米菜食

     検査前1~2か月の血糖値の状態が分かる血液検査「ヘモグロビンA1C(HbA1c)」は、前日の食事や運動には左右されないので、日頃の食生活がそのまま検査結果に…

  • 高血糖はコロナの重症化を促す。

     血液検査の一つに、検査前1~2か月の血糖値の状態を知ることができる「ヘモグロビンA1C(HbA1c)」という検査があります。  これは、赤血球の中で体内に酸…

  • 「コロナ重症化」血糖値の高い人は危ない!

     糖尿病の持病がある人は、コロナウィルスの感染で重症化しやすい傾向にあります。  中でも、高血糖の人は注意しなければなりません。  体内に侵入したウィルスを攻…

  • 料理人や料理研究家が出演しているCMがわざとらしい。

    BSテレビでよく見かけるのですが、食品会社のCMに登場している料理関係者のコメントのわざとらしさに、嫌悪感を感じています。 「私史上1番❕」と料理研究家が宣伝…

  • 「カロリーオフ」や「糖質ゼロ」が病気を招く。

     近年は、シュガーレスの食品や飲料に加え、「カロリーゼロ」「ゼロカロリー」「糖類ゼロ」「糖質オフ」のアルコール飲料や清涼飲料水、ペットボトル飲料、調味料をよく…

  • 「カロリーオフ」や「糖質ゼロ」が病気を招く。

    近年は、シュガーレスの食品や飲料に加え、「カロリーゼロ」「ゼロカロリー」「糖類ゼロ」「糖質オフ」のアルコール飲料や清涼飲料水、ペットボトル飲料、調味料をよく見…

  • 「シュガーレスでダイエット」が病気を招く。

     ダイエットにシュガーレスの食品が効果があると宣伝する食品メーカーの策略に、私は憤りを感じています。  「シュガーレス」「砂糖不使用」の食品には身体の機能にダ…

  • 玄米菜食で分かる身体のコンディション

     毎日の食事で血液がつくられ、血液で細胞がつくられています。そして、細胞は常に古いものから新しいものへと入れ替わっています。  血球は、毎秒三億個ずつ分解、代…

  • 健康情報に騙されている現代

    100年以上前にドイツから入ってきた栄養学が日本の食生活を多様なものに変えてしまい、食の欧米化も伴って、以前には無かった病気が増え続けています。  年々、健康…

  • 血液を弱アルカリ性に保つ食事

      人間は太古の昔、弱アルカリ性の海から生まれ、進化してきた生き物であり、生きていく上で、血液や体液は弱アルカリに保たなければならないようになっています。 こ…

  • ミネラルが血液を弱アルカリ性に保つ

    生命が危機状態になった時に、治療で用いられる点滴は、ミネラルを含んだ塩分(リンゲル液)です。  点滴の中身は、塩化マグネシウム、塩化カリウム、塩化カルシウム、…

  • 自然治癒力の元となる食事とは

     カップラーメンやレトルトなどのインスタント食品、市販の弁当や惣菜、味の素を始めとした化学調味料や防腐剤や着色料、人工甘味料等の食品添加物が使われた加工食品や…

  • 身体に備わっている自然治癒力の元

     2011年に、アップルの創設者スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりましたが、億万長者の彼は、西洋医学の最新治療に惜しみなくお金をかけていたことと思います。  そ…

カテゴリー一覧
商用