searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

人生楽しみさんのプロフィール

住所
浦和区
出身
浦和区

小説、歴史、評論、ジャズ、ロック、クラシック、映画、野球、サッカーで人生を楽しめる本を紹介します。

ブログタイトル
日々雑記
ブログURL
https://t-rakugakiki.seesaa.net/
ブログ紹介文
電車内読書で読んだ文庫・新書、お勧め本の紹介です。
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/11/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、人生楽しみさんをフォローしませんか?

ハンドル名
人生楽しみさん
ブログタイトル
日々雑記
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
日々雑記

人生楽しみさんの新着記事

1件〜30件

  • 宮城谷昌光 呉越春秋ついに最終巻!

    こんばんは。  宮城谷昌光さんが描く中国の春秋時代。その魅力は尽きることがありません。  今週は、ついに最終巻を迎えた文庫版「呉越春秋」を読んでいました。「呉越春秋 湖底の城 九」(宮城谷昌光著 講談社文庫 2020年)【ライフワークともいえる大作】  宮城谷さんと言えば、12年の歳月をかけて書き上げた「三国志」はまさにライフワークと言ってもよい作品ではありますが、この「呉越春秋」も匹敵する面白い作品です。  「小説現代」に作品の連載がはじまったのは、2009年7月号のこと。そこから単行本を経て最初の文庫本が発売されたのが、2013年のことでした。雑誌への連載は、営々と書き進められていき、最終..

  • やっぱり我々は宇宙からできている

    こんばんは。   今、宇宙船を利用した宇宙の探求が次々に広がっています。   皆さんは、「宇宙」と聴いて何を思うでしょうか。今日はワンダーの宝庫、宇宙の話にお付き合いください。 【「宇宙」へのロマンを語りましょう。】   我々の世代で「宇宙」といって思い浮かぶのは、何と言ってもアメリカのアポロ計画です。   しかし、宇宙開発競争ではじめに一歩抜きに出たのは、旧ソビエト連邦でした。この世界はじめて、宇宙の軌道に衛星を送り込んだのは1957年に打ち上げられたソ連の衛星スプートニク1号です。旧ソ連は同じ年にメスのワンちゃん、ライカを乗せたスプートニク2号を打ち上げ、宇宙に初めて地球の生命を..

  • 釈徹宗 なにわの天才富永仲基を読む

    こんばんは。  富永仲基とは、いったい誰なのでしょうか。  この本を手に取ったのは、著者が釈徹宗さんだったからです。釈さんは、自らも浄土真宗の寺の住職でありながら、宗教学や思想史を研究する学者でもあります。以前ブログでも紹介した新書、「法然親鸞一遍」があまりにも面白い分析本であったので、その名を覚えていたのです。今週は、久しぶりに釈さんが語る本を読んでいました。「天才 富永仲基 独創の町人学者」(釈徹宗著 新潮新書 2020年)  さて、釈さんの本ですから当然仏教を語る本になるわけですが、今回は著者が仏教を語るのではなく、富永仲基という人物が仏教典をどう分析し、語ったかを紐解くことを語った本な..

  • 野村克也 宮本慎也 引継がれる思考

    こんばんは。 野村克也氏が亡くなってから早くも1年が過ぎました。 しかし、野村さんが育てた人々がその精神を受け継いで、さらに次の世代へと野村野球を伝えていこうとしています。  今年、東日本を襲った震災から10年の節目の年に、あの田中マー君が楽天に戻ってきました。マー君と言えば、星野監督が指揮を執った楽天が優勝した都市のエースです。震災から2シーズン目、2013年のシーズン。仙台を本拠地とする東北楽天イーグルスは、リーグ優勝。さらにクライマックスシリーズにも勝利。巨人との日本シリーズも制して日本一に輝きました。  震災で苦しんでいる人々に勇気をあたえたい。監督選手はもちろん、楽天イーグルスにかか..

  • 原田マハ ゴッホ小説はこうして生まれた?

    こんばんは。  組織のトップに立つ人には、清廉さが求められるのは言うまでもありません。  東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森嘉朗氏が辞任しました。その直接の要因は、氏が日本オリンピック委員会の会合の中で、「女性がたくさんはいっている理事会は時間がかかる。」と発言し、これが女性を差別する発言として、世界も含めた世論の顰蹙をかったことでした。たしかに、「ダイバーシティ(多様性)」が常識の一つとなっている現在ではありえない発言であり、聖火ランナーやボランティアの方々がその役目を辞退したくなる気持ちも当然のことと思います。  辞任は当たり前のこととして、今回の出来事に一抹の不安も感じま..

  • 原田マハ たゆたえども沈まず、とは?

    こんばんは。  原田マハさんの書いたゴッホ小説をついに読みました。「たゆたえども沈まず」(原田マハ著 幻冬舎文庫 2020年)【アート小説とフィクションの妙】  原田さんの小説の魅力は何度となくこのブログで紹介してきましたが、またまたアートの世界を描く素晴らしい小説が上梓されました。今回、原田さんが挑んだのはあのフィンセント・ファン・ゴッホです。その「ひまわり」の絵が数十億と言う金額で取引され、なんどとなく美術展が開催される孤高の画家ゴッホ。そのゴッホを原田さんはどのように描くのか。興味は尽きません。  原田さんのアート小説は、変幻自在です。  初めてのアート小説である「楽園のカンヴァス」は、..

  • 池上彰 佐藤優 知的再武装のノウハウ

    こんばんは。  第46代のアメリカ大統領にジョー・バイデン氏が就任しました。  歴史とは本当に面白いもので、人間の行ってきた行為とは必ず繰り返すという言葉を改めて思い出しました。というのも新大統領の就任式にトランプ氏が出席しないとの報道に関してのことです。アメリカは民主主義とフェアプレイを信条としてきた国なので、新大統領の就任式に前大統領が出席しないことがあったなどとは夢にも思いませんでした。ところが、152年前にもそうした出来事があったというのです。  調べてみると、新大統領就任式に出席しなかった大統領は、第17代アメリカ大統領のアンドリュー・ジョンソン氏でした。そのときの新大統領は共和党の..

  • 三上延 ビブリア古書堂の事件手帳 Ⅱ

    こんばんは。  SNSの世界では、動画が最も熱いアイコンとなっています。  デジタルの世界での中国の存在感は今や際立つものとなっています。14億の人口(この間まで13億だったのですが、今や13.9億人)ですから、そこから吸い上げられる富は底なしの井戸のようなものです。自由経済を取り込み、人民が富を蓄えることが可能となり、携帯のファーウェイ、電子決済のアリババ、動画配信のTikTok など、バーチャルプラットホームの世界では国境を越えて世界を席巻しているといっても過言ではありません。  もちろん、中国が共産主義であることも事実であり、自由主義圏である我々は国防の問題もおろそかにはできません。  ..

  • 明けましておめでとうございます

     令和三年  明けましておめでとうございます。    新春を迎え、皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。  昨年は、コロナウィルスとの闘いに誰もが厳しい毎日を味わいました。今年は、皆さん心を一つにして明るい世界を目指しましょう。  「日々雑記」も人やイベントとのつながりがなくなり、月一ブログとなっていました。にもかかわらず、ご訪問頂いた皆様にはただただ感謝です。  本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今回も最後までお付き合いありがとうございます。にほんブログ村⇒プログの励み、もうワンクリック応援宜しくお願いします。

  • ベートーベン生誕250年にちなんで

    ベートーベン生誕250年にちなんで,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 宮城谷昌光 後漢王朝統一の大司馬を描く

    宮城谷昌光 後漢王朝統一の大司馬を描く,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 映画はドキュメンタリーが面白い!

    映画はドキュメンタリーが面白い!,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 辻惟雄 よみがえる天才伊藤若冲

    辻惟雄 よみがえる天才伊藤若冲,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 明日へのアンサンブルと伝説の名指揮者たち

    明日へのアンサンブルと伝説の名指揮者たち,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 倉谷滋 恐竜は怪獣へと進化したのか

    倉谷滋 恐竜は怪獣へと進化したのか,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 後藤健生 日本代表監督から見えてくるもの

    後藤健生 日本代表監督から見えてくるもの,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 原田マハ 魔性の女「サロメ」とは何者か?

    原田マハ 魔性の女「サロメ」とは何者か?,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 鈴木敏夫 ジブリ映画の秘密を語る

    鈴木敏夫 ジブリ映画の秘密を語る,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 真山仁 東京地検特捜部検事富永 再び!

    真山仁 東京地検特捜部検事富永 再び!,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 人は音楽なしでは生きていけない

    人は音楽なしでは生きていけない,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 生命誕生の謎を巡る熱い対談!

    生命誕生の謎を巡る熱い対談!,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • ついに完結!「スター・ウォーズ」シリーズ

    ついに完結!「スター・ウォーズ」シリーズ,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 権藤博 二宮清純 投げ勝つか、打ち勝つか

    権藤博 二宮清純 投げ勝つか、打ち勝つか,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 更科功 絶滅の次は残酷な進化!?

    更科功 絶滅の次は残酷な進化!?,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 稲葉振一郎 銀河帝国興亡と現代の闘い

    稲葉振一郎 銀河帝国興亡と現代の闘い,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 550回を迎えてますます感謝です!

    550回を迎えてますます感謝です!,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • 鳴神響一 脳科学と心理学の関係とは?

    鳴神響一 脳科学と心理学の関係とは?,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

  • ドナルド・キーン自伝 氏を偲ぶ

    ドナルド・キーン自伝 氏を偲ぶ,電車内読書で読んだ文庫・新書 お勧め本の紹介です。

カテゴリー一覧
商用