住所
東京都
出身
ハンドル名
quesoさん
ブログタイトル
Next cuisine
ブログURL
http://queso.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
美味しいものとお酒があれば幸せ。 外での食事も好きだけど、やはり家呑みが一番♪
自由文
-
更新頻度(1年)

61回 / 191日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2009/11/01

quesoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,070サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,247サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,513サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,459サイト
おつまみ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 536サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,758サイト
東京食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,986サイト
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,070サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,247サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,513サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,459サイト
おつまみ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 536サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,758サイト
東京食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,986サイト
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,070サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,247サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,513サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,459サイト
おつまみ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 536サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,758サイト
東京食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,986サイト

quesoさんのブログ記事

  • 2019年4月中旬の水元公園探鳥

    先週土曜に出掛けた先は水元公園。 午前中の2時間程度と短い間でしたが、夏鳥との出会いがありました。 先ず出会ったのはツグミ。数は少なくなりましたが数羽見掛けました。 オオタカも発見。 飛び出し。 この個体のすぐ傍に、もう一羽成鳥の姿がありましたが写真は撮れず。 オオタカも繁殖に向け着々と準備が始まっているのでしょうか。 名残のアオジの姿もありました。 もう、ぼちぼち出掛けようか・・・といった風情です。 見頃を終えた桜の花にメジロ。 木の幹で小競り合いをしているメジロが居るなと見てみると、 どうやら水浴びの順番で争っていたようです。 椅子取りゲームのような様相です。 木の上のこうした窪みは、メジロのような小鳥にとって大切な 水浴び場所なのでしょうね。 ..

  • 2019年4月上旬の奥日光探鳥 ~その2~

    今日は日中、風も穏やかで気温も上がり探鳥日和となり、出掛けた 探鳥地で今季初のオオルリを観察することが出来ました。 いよいよ、夏鳥がやって来ますね。 ということで、先週末に出掛けた奥日光で出会った鳥を引続き 掲載致します。 コガラやヒガラと共に足元から木の幹に上がった茶色い鳥が 居ました。 ミソサザイです。まだ縄張りの渓流に積雪があるせいかカラ類と 行動を共にしていました。 強風の為、ミソサザイの羽毛も立ち上がっています。 こんな凛々しい表情もするのですね↓。 此処ではコガラがとにかく多く、あちこちで囀っていました。 強風でまんまるです。 コガラの色々な表情を観察できるのも、この時期の奥日光探鳥の 愉しみの一つです。 まだ奥日光では日が傾き出すと一気に気温が下がり寒くなりま..

  • 2019年4月上旬の奥日光探鳥 ~その1~

    先週末は久しぶりに奥日光へ出掛けました。 ノビタキがそろそろやって来ているのではと期待して出掛けたものの 残念ながらの結果となりました。 その代わり、奥日光らしい留鳥との出会いが沢山ありました。 先ずは戦場ヶ原で出会ったのはコガラ。 この日はあいにくの強風でしたがコガラとの出会いは多かったです。 此処では珍しいジョウビタキとの出会いもありました。 キバシリも何度も姿を見せてくれました。 ゴジュウカラもあちこちで鳴いていました。 ヒガラも出て来ました。 アカゲラは縄張り争いをしている個体が多かったです。 冬鳥アトリの姿もちらほら見掛けました。 カシラダカも発見。この鳥は此処では夏鳥になるのでしょうか。 綺麗なキセキレイとの出..

  • 2019年3月下旬の利根運河

    この週末は久々に奥日光へ出掛けましたが、ノビタキとの出会いは 残念ながらありませんでした。 昨年のこの時期には、もう第一陣が到着していたのですが、やはり 年によって渡って来る時期は微妙に異なるのですね・・・。 ということで、先月末に探鳥に出掛けた利根運河での写真を掲載 致します。 運河沿いではヒドリガモがまだ沢山居ました。 百舌。 この個体は顔の右側の目の上の辺りが痒いのかしきりに木の枝に こすりつけていました。 まだ、アオジの姿も見られます。 暗い曇り空が残念ですが、ハイタカが遥か前方を飛びました。 公園に居たシジュウカラ。 耕地へ出ると百舌が出迎えてくれました。 タシギも何個体か見られました。 今季初見のチュウサギが二羽、飛来していました。 ..

  • 2019年3月下旬の水元公園探鳥

    新元号が発表になりました。 職場に平成生まれの若者がやって来た時は「おおっ」と感動して おりましたが、それも今は昔・・・。 さて、先日出掛けた水元公園で出会った鳥達を掲載致します。 何処もそうですが、冬鳥は更に少なくなりました。 先ず出会ったのはオオジュリン。 アオジ。 まだ、姿は見るものの数が激減したツグミ。 ルリビタキ雌タイプは愛想が良かったです。 雄の方が圧倒的に人気がありますが、私は雌タイプの尾羽の微妙な 青いグラデーションは、とても美しいと思っております。 ジョウビタキ雌もまだその姿を見せてくれました。 サクラジロー。 眼を閉じたコゲラ。愛らしいですね。 シロハラも少なくなりました。 最後は嘴が婚姻色に染まったアオサギ。 4月..

  • 2019年3月下旬の手賀沼探鳥

    1週間前の日曜に出掛けた先は手賀沼。 既に公園の池にオナガガモの姿はなく、人から餌を貰っていたのは オオバンのみでした。 歩き出してすぐ現れたツグミ。 手賀大橋をくぐって少し歩くと、ヒッヒッヒとジョウビタキの声。 この個体は「今日で此処とはお別れ」との如く鳴き続けていました。 そのすぐ傍で鳴いていたのはオオジュリン。 葦原ではなく、樹上で鳴く姿は夏羽になりつつあります。 百舌もすぐ傍にとまりました。 黄色いお腹が綺麗なアオジ。 ひたすら採食している姿が印象的でした。こちらも旅立ちが 間近だったのかもしれません。 バタバタバタと大きな音と共に飛ぶコブハクチョウ。 既に番で行動しているものもいます。 ホオジロ。 珍しく水場..

  • 2019年3月下旬の松戸市公園探鳥

    曇り予報だった土曜に出掛けた先は松戸市の公園。 ところが、ポツポツと雨が降り気温は真冬並の天気に・・・。 ツグミも僅かとなりました。 寒さのせいかエナガもまん丸。 ふと目の前に現れたルリビタキの雌。 ヒタキ類のツン、とした正面顔が好きです。 こうして小首を傾げた仕草も愛らしいですね。 アオジも居ました。 カワセミは盛んに池で鳴き、あちこち飛び回っていました。 シメも居ました。 冬鳥の少なかった今季ですが、シメはコンスタントに観察できた 貴重な鳥でした・・・。 もう一度一周して戻り、再び出会ったルリビタキの雌。 「もうそろそろ、帰らなくちゃ」と、空を見上げている様です。 オカヨシガモも居ました。 だんだんと雨が本降りになって来ま..

  • 2019年3月中旬の筑波山探鳥

    この冬なかなか行けなかった筑波山へ今更ながら出掛けました。 まだ、冬鳥は残っているのでしょうか。 ケーブルカーで山頂へ向かう中、レストハウス勤務と思われる方が 今年の長~いGWについてあれこれ心配されていました。 きっと、筑波山も高尾山も東京近郊のハイキングコースは何処も 混み合うのでしょうね。 山頂で先ず出会ったのはコゲラ。 お目当てのミヤマホオジロも居ました! 殆ど顔を上げることなく採食に夢中です。 北へ帰るべくエネルギーを補給しているのでしょうか。 雌も居ました。 此方も夢中で採食しています。 ミヤマホオジロの雌は愛らしい顔をしていますね。 他に出会ったのは、シロハラと、 ジョウビタキ。 ..

  • 2019年3月中旬の水元公園探鳥

    天気予報が芳しくなかった先日の日曜に出掛けた先は水元公園。 鴨類も少なくなる中、目立ったのはヒドリガモ。 シメはまだ多数残っています。 夏羽に変わりつつあるオオジュリン。 お腹の黄色が美しいアオジ。 この雌の百舌のすぐ傍に雄も居ました。 既にホケキョと囀るものも居ましたが、この個体はひたすら地鳴き。 シロハラも居ましたが数は減った気がします。 足元で採食していたアオジ。 以前もこの付近で見掛けた二羽でしょうか。人との距離が近いです。 嘴に花粉を沢山つけて蜜を吸っていたヒヨドリ。 すぐ傍にはメジロも居ました。 シジュウカラもやってきました。 警戒心が強くなったジョウビタキの雌。 オオタカが獲物を食べて小休憩して..

  • 2019年3月中旬の都心の公園

    雨上がりの強風の月曜、所用を済ませた後に少しだけ・・・と 出掛けた先は都心の公園。 平日で悪天候の直後にも関わらず、園内は20人を超えるギャラリーで 賑わっていました。 CMの狙いはウメジロ・・・ ではなく、此方のオジロビタキ。 この鳥の一挙一動に皆が動きます。 もう春ですが、今季初のオジロビタキとの出会いでした。 この公園は以前はカワセミもよく見られましたが、この日は出会えず。 その代わり、コサギが美しい姿を披露してくれました。 今日出掛けた探鳥地ではウグイスの囀りを何度も聞きました。 もう、春ですね~。

  • 2019年3月中旬の利根運河

    昼間は暖かくなっても夕方になると北風が強まり気温が急激に 下がったりと、着るものに困る今日この頃です。 花粉も相変わらずですし目の痒みと鼻水が出る症状が続きます。 先日、久々に出掛けた先は利根運河。 運河沿いにぴょこっと顔を出していた二羽のツグミ。 ヒドリガモはまだ沢山居ました。 コガモは番で泳いでいます。 この日、3個体観察したアカハラ。なかなか上手く撮れません。 工場裏手の公園にはシメの姿。 ツグミも居ます。この時期になってよく見掛けるようになりました。 耕地へ出ると上空にミサゴが舞いました。 此処でミサゴを観察したのは初めてです。 かなり羽が欠損している個体ですが、大丈夫でしょうか・・。 耕地ではホオアカも観察できます。 何故か毎年同じ田..

  • 2019年3月初旬の東京湾探鳥

    先日の土曜は久しぶりに海辺の探鳥に出掛けました。 到着するとすぐにズグロカモメが舞い始めました。 たまに、可愛い声で鳴きながらすぐ目の前を飛びます。 目の前に降り立ちました。 色々な表情を見せてくれました。 飛び立ち。 遠いですが、此方では獲物を見付けた模様です。 嬉しそうに飛び去ります。 此方は別のカモメ。ゴカイのような虫を見付けたのでしょうか。 暖かくなり干潟も食べ物が豊富になってきたのでしょうね。 こうなると渡りのシギチの訪れが待ち遠しくなります。 ユリカモメの中に一羽のズグロカモメが羽繕いしていました。 真っ黒な顔の中にくりっとした目。愛らしい顔立ちですね。 シロチドリも観察出来ました。 可愛いで..

  • 2019年3月初旬の都内植物年

    先週土曜に向かった先は都内植物園。 以前に比べ確実に鳥が減ったなと実感する中、ツグミが姿を見せて くれました。 シロハラは園内でも目立ちました。 遅咲きの梅にメジロ。 メジロはちょっと怖い顔に写ることもありますね。 今季最後のキクちゃんでしょうか。 相変わらず撮り難い鳥ですが、冬鳥の少なかった今季何故か出会いが 多く、心を和ませてくれました。 雌を追ってきた雄の百舌。 此方のシロハラは随分小さく見えました。 もう一羽のシロハラをカメラに収めてこの日は園を後にしました。 冬鳥が少なくなりました・・・。

  • 2019年2月下旬の茨城県探鳥 ~その2~

    2月下旬の茨城県探鳥、その2は遠くのオオヒシクイの観察から。 このヒシクイは既に皆旅立ったとの事です。この春は鳥達が帰るのが 早い傾向にあるのでしょうか・・・。 ヒシクイを観察している時にすぐ傍の電柱にとまったチョウゲンボウ。 可愛いです。 蓮田のシギチはなかなか出会いがなく、ようやく見つけたのが 此方のタシギ。 そのタシギと同じ蓮田に居たのはオグロシギ。 蓮田のすぐ横に居たタゲリ。 2、3羽だったタシギがだんだん増えてきました。 その後葦原に戻ると、ノスリがすぐ傍にとまりました。 猛禽の中ではのんびりした印象の鳥ですが、こうして見るとなかなか 精悍な顔をしていますね。 この日は、とにかく多くのミサゴを観察しました。 夕..

  • 2019年2月下旬の茨城県探鳥 ~その1~

    先週日曜は茨城県へプチ遠征に出掛けました。 早速現れたのはツグミ。 百舌も居ました。 今季初めて観察したホオアカ。 夏は奥日光などで見られる鳥です。 上空を舞うのはミサゴ。 なかなか他の探鳥地では出会えないコジュリンも此処では見る事が 出来ます。可愛いですね。 ジョウビタキ雌も現れました。 この個体は暫くモデルになってくれました。 この日、コジュリンは3個体を観察しました。 愛らしい表情をしていますね。 カシラダカも観察。 お馴染みのホオジロも沢山居ました。 カメラを構えていたらすぐ横にツグミがとまり此方を見ていました。 ヒバリが鳴いています。春が来たのですね。 チュウヒが舞います。 ..

  • 2019年2月下旬の水元公園

    毎年の事ですが二月はあっという間に過ぎていきますね。 気付けば今年も三月・・・。少なかった冬鳥達が帰って行きますね。 先月下旬に出掛けた水元公園で出会った鳥を掲載します。 綺麗な囀りが聞こえるなと思ったら、正体はやはり此方。 正面顔は愛らしい百舌も横から見ると嘴が鋭いですね。 上空にはハイタカ。 青空に映えます。 そのハイタカが去ってもじっとしていたツグミ。 目の前に現れたルリビタキ雌タイプ。 この個体は暫くモデルになってくれました。 ヒタキ類はこうして長い時間付き合ってくれるものがいますね。 久々にオカヨシガモを観察。 シメの嘴は立派ですね。 アオジはすぐ傍で採食していました。 オオジュリン。 なかなか撮れないウ..

  • 2019年2月中旬の京都探鳥

    所用で京都へ出掛けたので、カメラも持参して探鳥も少々楽しむことに。 土曜午後に出掛けた先は、京都御所。梅が咲き始めたとあって梅園は 多くの観光客で賑わっていましたが人の少ない所には野鳥の姿もぽつぽつ 見受けました。 先ずはアトリ。 ツグミの姿も数ヶ所で見掛けました。 シロハラ。 アトリが樹上にとまりました。 そのアトリのすぐ傍で採食していたのはイカル。 此方も樹上での姿を撮影することが出来ました。 関西では冬になるとイカルをこうして観察することが出来ますが 東京ではなかなか難しいです。 綺麗な鳥ですね。 久々のイカル。嬉しくて何枚も撮影してしまいました。 此方は別のシロハラ。 アオジも居ました。 ビンズイも数羽で行動していま..

  • 2019年2月中旬の手賀沼探鳥 ~その2~

    このところ気温の高い日が続いていますね。桜の開花予報も出ましたし 冬鳥シーズンもぼちぼち終わりですね。 先日の手賀沼探鳥の続きを掲載します。 カワセミがじっとしていました。 タヒバリの姿も見掛けました。 ツグミ。 この日は多くのオオジュリンを観察しました。 眼を閉じたところも可愛いです。 こちらは夏羽に移行しつつある個体。 カイツブリの羽毛が暖かそうでした。 ツグミは例年程ではありませんがかなり増えてきましたね。 ホオジロの雌。可愛いです。 アオジもすっかり人慣れしましたね。 この日は極寒で沼沿いを歩く人も少なかったせいか、タシギもすぐ傍で 観察できました。 シギを見たのは久しぶり・・・。 シメの後ろ姿は美しいですね..

  • 2019年2月中旬の手賀沼探鳥 ~その1~

    先日の金曜は久々に平日の手賀沼へ出掛ける事が出来たので、週末には 大勢の自転車愛好家で賑わうエリアを歩くことにしました。 この日は途中から雪も舞うなど極寒の天候とあって、自転車の方は勿論 ウォーキングを愉しむ方も少なく、ここまで人の少ない手賀沼は 初めて・・・といった状況でした。 そんな中、先ず出会ったのはシジュウカラ。 アオジも寒さでまんまるです。 この日はツグミをあちこちで見掛け、急にその数が増えたなと 実感しました。 かなり近づいても逃げません。 このエリアではアカハラも複数観察できました。 アカハラのすぐ傍に居たヒクイナ。とても小さく見えた個体です。 百舌の雌が、ちょこんと目の前にとまっていました。 ちょっと伸びたところ。愛らしいですね。 バンも寛いでいま..

  • 2019年2月中旬の都内植物園探鳥

    この所寒い日が続きますね。暖かい日もあった後にこうして寒くなると 身体が辛いです・・・。 先週の三連休、雪の降った土曜翌日に出掛けた先は都内植物園。 先ず姿を見せてくれたのはシメ。ここではいつも樹上です。 ひょこひょこと何かが歩いて池に向かっているなと見てみると、 ホシゴイでした。冬に此処でこの鳥を見たのは初めてで、歩き方が 堂に入っていたので最初は鳥とは思わず見ていました・・・。 ジョウビタキ雄も現れましたが遠いです。 増えてきたツグミ。一瞬ハチジョウ?と期待しましたが・・・。 その後、園内では猛禽の声が暫く響き、ちらっとやってきたワカケさんも 逃げて行ってしまいました。 猛禽はどうやら二羽で飛び周っています。 これでは今日の探鳥は厳しいなぁと思っていると、その二羽が樹上に とまりました。 ..

  • 2019年2月初旬の霊園探鳥

    昨日は東京も極寒の一日となり、雪を背景に鳥見という気は全く起きず 家でぬくぬくしておりました・・・。 そして晴れ間が広がった今日、沢山の冬鳥に出会えるのでは・・・と 期待して出掛けましたが、それほどでもありませんでした。 ぼちぼち冬鳥の移動が始まりつつあるのでしょうか。 という事で、今月初旬に久しぶりに出掛けた霊園で出会った鳥を掲載します。 霊園内は工事中&清掃中で探鳥にはイマイチな状況でしたが、到着してすぐ エナガが姿を見せてくれました。 巣材を運ぶ個体も発見。 こっちこっちと親切なバーダーの手招きに近付くと・・・ ちょうどトラツグミが樹上に上がったところに出会う事が出来ました。 シロハラも一羽観察。かつてここでは冬になるとあちこちでこの鳥を 見たものですが・・・。 シメが地上で採食。 ..

  • 2018年1月下旬の水元公園 ~その2~ 

    1月下旬の水元公園探鳥、その2はジョウビタキの出会いからです。 雌はこうして近い距離で複数個体を撮影することができますが 雄個体はそうはいきませんね。 此方は別個体。 暗いですが猛禽の後ろ姿を発見。 その後、カラスにしつこく追われる猛禽を上空で発見。 オオタカの若い個体でしょうか? エナガも観察できました。 広げると尾羽はなかなか立派なのですね。 今季ここで初めて観察したルリビタキの雌。 明日は東京23区も積雪予報がでています。鳥達も急な寒さに羽を 膨らませて過ごす一日となるのでしょうか。 明日の探鳥は早朝勝負でしょうか・・・。

  • 2018年1月下旬の水元公園 ~その1~

    2月に入り、気温の高い日があったり雨が降ったりとだんだんと 天候が安定しなくなってきましたね。 季節の変わり目、冬鳥は結局少ないまま渡りが始まりそうですね。 先月下旬に出掛けた水元公園。この日も曇り空。 カイツブリがふわふわと暖かそうな羽毛を見せてくれました。 ユリカモメは夏羽に移行中の個体が増えましたね。 アオジ。 ツグミも地上の個体をぽつぽつと観察できるようになりましたが、 その数は少ないままです。 オオバンとコサギ。 控え目な登場のジョウビタキ雄。今季はこの鳥の雄個体になかなか 会えません。 置物のようにじっとしていたアオサギ。その距離2メートル程。 この日、シロハラとは沢山出会いがありました。 別の個体。t近付いても全く逃げず、やがて食べ物を探し出..

  • 2019年1月下旬の向島百花園探鳥

    明後日は節分、暦の上では春になるのですね。 ということで一足早くウメジロ写真でもと向かった先は久々の 向島百花園です。 梅はぽつぽつ開花してきたものもありますが、 こちらは随分咲いています。 其処へ早速現れたのはメジロ。 花から花へと忙しく動き回っています。 あとひと月もすれば、ぼちぼち春の渡りも始まるのでしょうか。 ジョウビタキの雌も現れました。 毎年冬になると雌の個体を観察することができます。 アオジも毎年見られます。 日曜は気温も上がるようですし、此処も梅見客で賑わいそうですね。

  • 2019年1月中旬の都内植物園探鳥

    今月中旬に向かった先は都内植物園。 風が少しでもある日は、ついつい公園に行くことが多い今日この頃。 いつものジョウビタキ雌は藪の中で控え目な登場。 猛禽でも居たのか藪の中からも上空を見上げていました。 人慣れしてきたシロハラ。 この日も針葉樹でキクちゃんの声が聞こえたのでついついカメラを 向けました。 腕、首、肩の疲労に見舞われましたが、やはりこの鳥の気配を 感じるとついつい追ってしまう習性から逃れられません。 この日もワカケさんは仲良し。 日差しを浴びてウトウトする個体も・・・。 ジョウビ雌。先程のものとは別個体でしょうか? アカハラは見ませんが、シロハラは多いですね。 エナガも登場。 なかなか撮れないウグイス。相変わらずメジロと藪の..

  • 2019年1月中旬の水元公園

    このところ風が強い日が多く、探鳥は公園で行う事が多いです。 それにしても・・・今日は風も強く寒かったですね。 今月中旬に出掛けたのは水元公園。 ユリカモメは既に夏羽へと移行を始めているようです。 葦原にはアオジの姿。 ガサガサッと小鳥ではない大きな音がしたなと見ていると・・・ 目の前にクイナが現れました。こちらがじっとしているとすぐ傍で 食べ物を探し始めました。 クイナの羽は美しいですね。 久々に近くで観察できたので沢山写真を撮りました。 お尻も美しい鳥です。 オオジュリンも居ました。 アカハラも2個体観察。 シロハラも居ました。 この日もキクちゃんとの出会いがありました。 しかし・・・相変わらずの素早い動きに..

  • 2019年1月中旬の手賀沼探鳥

    最近鳥見に出掛けるとキクイタダキに出会う機会が多いのですが 必死にその姿をカメラで追っていると、首や腕、肩などの疲労が 帰宅してからじわじわと増してくるのを感じます。 ・・・年ですね。 以下は今年になって初めて訪れた手賀沼探鳥の写真です。 先ずはいつもの公園からスタート。何か壁にとまっている鳥がいます。 コゲラが器用に壁に・・・。何か獲物を見付けたのでしょうか? その後、地上に降りて何か実を食べました。 樹上で見るのが殆どのコゲラを地上で観察するのは新鮮です。 そのコゲラのすぐ傍の樹上に居たルリビタキの雌。 シロハラも観察できました。 そのシロハラのすぐ傍に居たルリビタキ。 此方は別の個体。 樹上に上がると囀り始めました。 公園を後にし手賀沼沿..

  • 2019年1月初旬の都内植物園探鳥

    防寒対策をしっかりして出掛けた先は都内植物園。 ところが・・・思ったよりもこの日は暖かくポカポカ陽気となりました。 前回と同じところで出会ったキクちゃん。毎回はきちっと撮れません・・。 このところ毎回出会えるワカケさんはお食事中。 しっかりと実を片足で握りしめています。 同じ木にメジロもやって来ました。この時期は食べ物が限られてきますし 鳥達は大きさに関係なく実のある木にやってくるのですね。 いつものジョビ子さんも登場。 上空にオオタカが舞い出すと、ワカケさん達も騒ぎ始めました。 メジロはこの時期、びっくりする程近くまでやって来ますね。 今日もシロハラとほぼ前回の場所で出会いました。 日差しを浴びて羽繕いに夢中だったアオジ。 残念ながら露出が大幅にオーバーです..

  • 2019年1月初旬の水元公園

    1月最初の日曜に出掛けた先は水元公園。 早速姿を見せてくれたのはコゲラ。雄のようです。 シロハラは控え目な登場でした。 アオジはすぐ傍で番で採食していました。 シメもいます。 ガサガサっと音がしたので見てみると・・・ この日もトラツグミに出会う事ができました。 美しい羽も見せてくれました。 こうして見ると、トラツグミの羽は魚の鱗のようですね。 出会いは多かったものの証拠写真しか撮れなかったキクちゃん。 凍った池の上にセグロセキレイ。 この日は群で移動していたアトリ。 カワラヒワも群で行動していました。 可愛いエナガ。 そして、オジロビタキ?と思って撮影したこちらの個体。 ちょっと..

  • 2019年1月初旬の都内植物園

    1月最初の土曜に出掛けた先は都内植物園。 開園と同時に入園すると早速ジョウビタキ雌が出迎えてくれました。 シメは相変わらず高い木の上にいます。 シロハラ。地上で採食しているものが増えました。 それでも、例年よりは数は少ないです。 今回嬉しかったのは、ようやくキクイタダキを撮影できたことです。 目の前の、ほぼ目線まで来てくれる事はなかなかありません。 このキクちゃんは二羽で行動していました。番なのでしょうか。 そしてこの日はツミにも出会う事ができました。 数年前も冬にツミを観察したことがあります。越冬個体は少しずつ 増えているのでしょうか。 いつも賑やかなワカケさん。食べ物が乏しい季節ということもあってか このところ訪れると毎回出会う事ができます。 ジョウビタキの雌が..