searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
草莽隊日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou
ブログ紹介文
在野の立場から憂国の至情を綴る。保守の再生を目指し、日本人の思想的な血脈についても取り上げる。
更新頻度(1年)

313回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2009/09/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ikeiketarouさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ikeiketarouさん
ブログタイトル
草莽隊日記
更新頻度
313回 / 365日(平均6.0回/週)
フォロー
草莽隊日記

ikeiketarouさんの新着記事

1件〜30件

  • 中共は新型コロナで火を付けて焼き太りを目指している独裁国家だ!

    新型コロナの発生を世界に知らせず、嘘を吐いてきた中共が。あたかも英雄のようにもちあげられるというのは。常識の許す範囲内を逸脱している。明らかに居直りであり、自分たちのしたことを隠蔽しているのである。そればかりか、南モンゴル、チベットやチベットでのジェノサイドを断じて容認することはできない。もはや他人ごとでなく、日本にも迫り切った危機なのである▼わが国中共との間では情報戦の真っただ中にある。少しも緩めることは絶対にできない。北京にある日本大使館に中国共産党委員が勤務していることが認められているのは。あまりにも平和ボケではないだろうか。情報がただ漏れるなってしまい、中共を利することになっているからだ▼中国共産党と近い日本共産党や立憲民主党、社民党はだぶだぶの第五列である。これでは日本を守り抜くことは守り抜くことはで...中共は新型コロナで火を付けて焼き太りを目指している独裁国家だ!

  • 新型コロナ報道で不安感を煽りたてるだけのNHKは目に余る!

    もはやNHKは存在する意味などない。昨日夜のニュースを見ていて、あまりの異常さに言葉もなかった。新型コロナの感染拡大を大袈裟に報道していたが、これまた煽っているだけであった▼枝野幸男立憲民主党代表が「日本はワクチンの確保に失敗した」と報じていたのも、これまたビックリであった。まずは世界中で深刻な地域からワクチンが用いられるのであって、日本はそれとは事情が違うのである。にもかかわらず、政府の反論を紹介することなく、一方的に流すというのは、立憲民主党と示し合わせているからだろう。石川県でワクチンを二回接種したのに、感染者が出たという報道も、何も驚くに当たらない。そういう例は以前から報告されているからだ▼いま私たちが知りたいのは、日本人が今後ワクチンを接種することで、どのような効果が表れるかである。実際の死亡者を見て...新型コロナ報道で不安感を煽りたてるだけのNHKは目に余る!

  • 福島第一のトリチウム処理水のタンク保管のリスクも問題にすべきだ!

    今我が国では言論戦とも呼べない言論戦が展開されている。マスコミや特定の野党などは感情論に終始している。トリチウムの処理水を海洋に放出することは世界中が行っていることであり、ことさら福島第一原発を問題にするのが異常なのである。どれだけ危険なものであるかをエビデンスで示すことなく、ただ風評被害を煽っているだけである▼細野豪志元環境相が主張しているように、タンク保管による大きなリスクについても目を向けるべきだ。タンクそのものが放射性廃棄物になる。台風や竜巻で水が流出する危険性。タンクの水漏れのチェックが危険な作業であり、これまでも転落死した作業員がいる。タンク増設で原子炉格納容器にある燃料デブリの置き場所がなくなる▼それらのことをどう考えるか、とくに反対の急先鋒に立っている枝野幸男立憲民主党代表は、細野元環境相の見方...福島第一のトリチウム処理水のタンク保管のリスクも問題にすべきだ!

  • 細野豪志の福島処理水の容認発言に今こそ耳を傾けるときだ!

    元民主党の幹部であった細野豪志元環境大臣の勇気ある発言は傾聴に値する。いかなる政権が我が国を担当していたとしても、東京電力福島第一原発の処理水の放出を認めることになっただろう。政争の具にして、今の菅内閣を批判したいというのは、あまりにも感情的である。細野元環境相は昨日の夜にアップしたユーチューブは真に迫ったものがあった▼日本はこれまでトリチウムが入った水については、1リットルあたり6万ベクレルという基準で海洋に放出をしてきた。この数字は0歳から70歳まで毎日飲み続けて、それで2年間に1ミリシーベルトにとどまる。同じ基準をもっているのがアメリカや韓国である。量で基準を持っているのがフランス。1京8千5百兆ベクレルで非常に高い基準を持っている国が多い。各国がどのくらい出しているかについても言及している。一番高いのは...細野豪志の福島処理水の容認発言に今こそ耳を傾けるときだ!

  • マスコミに踊らされずエビデンスにもとづいた冷静コロナ対策を!

    悪くすれば、東京も大阪のようになると、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の御身会長の一言でマスコミも騒いでいる。その根拠を説明してくれないことに対して、去る6日の高橋洋一チャンネルでは、よく分からないことを当てずっぽでいうことには冷ややかである。変異株というのはたいした話ではなく、遺伝子配列はすぐに知らべられる。国際的なジャーナルにいつも出ており、1月に2回くらいは変異している。インフルエンザでも毎年違うのである。あたりまえのことで、ワクチンの微修正もとんでもなく簡単だという。要は危険性が高まり。多くの人が亡くなるかどうかなのである▼訳も分からずにマスコミが煽っているのが異常なのである。世界での感染数も多いといえば多いけど、そんなにすごい脅威かというと見解が分かれる。亡くなっている人はおり、軽々には言えな...マスコミに踊らされずエビデンスにもとづいた冷静コロナ対策を!

  • 超党派の議員立法で「人権侵害制裁法案」を今国会で可決すべきだ!

    かすかな希望が生まれつつある。与野党を超えて「人権外交を超党派で考える議員連盟」が去る6日に設立したからだ。中共やミャンマーでの人権弾圧は、まさしくヒトラーやスターリンが行ったことと大差がない。そんなことが許されてしまうのであれば、世界が全体主義化し、日本とてその例外ではない▼当面の目標としているのは、外国での人権侵害に関与した個人・団体に制裁を課す「人権侵害制裁法案」を今国会に議員立法で提出し、成立させることを目指すという内容である。政経分離を語ることで、中共などの過酷なジェノサイドを容認してきた日本企業も当然の如く対象となる。この法案に賛成するか反対するかは、一つの踏み絵となるはずだ。いくら与党自民党の国会議員であろうとも、派閥の領袖に意向に従って反対するようなことがあれば、選挙での敗北は免れないだろう。中...超党派の議員立法で「人権侵害制裁法案」を今国会で可決すべきだ!

  • 淋しき浪人の心を失わず絶対尊皇思想家であった四宮正貴先生!

    淋しい浪人の心を持った思想家がまた一人この世を去った。四宮正貴先生の訃報に接し、言葉を失ってしまった。四宮先生は4月3日付のフェイスブック上において、「私の宗教体験」という一文をアップされておられた。それは政治的な活動家というよりは、まさしく求道者としての記録であった▼10代の頃から神社や菩提寺の参拝に行かれ、キリスト教の日曜学校に通ったこともあった。中学校3年で谷口雅春氏の『生命の實相』を読んで感激し、生長の家の活動に参加するようになり、それがイコール愛国運動であったともいう。それでいて人生の疑問を解くために、創価学会、霊友会、大本、立正佼成会の教団本部に出かけ、各教祖や会長と面談したのだった。最終的に手にされたのが神社神道であり、天皇信仰であられた▼四宮先生の『天皇国日本』を読み返して再認識したのは、その絶...淋しき浪人の心を失わず絶対尊皇思想家であった四宮正貴先生!

  • 中共による日本侵攻に協力している者たちを炙り出すべきだ!

    何度でもいう。リベラルにとっても最大の敵はスターリン主義の中共なのである。口では民主主義国家を名乗っている我が国が中共の思いのままになっていてよいのだろうか。まさしく国家安全保障上の由々しき事態である。国民民主党の山尾志桜里氏が去る2日の衆議院外務委員会で、中共の日本大使館で働く282名の職員のうちの約110名がビザ業務に関与し、ビザ申請情報やパスポート情報にアクセスできることが明らかになった▼現地採用職員との間に秘密保持契約を結んでいるかどかすら外務省は答弁を拒んでいるのである。自民党を支持している保守派の国民に対しての、まさしく裏切りではないだろうか。菅内閣になってそうなったのではなく、それ以前の慣行だとしても、徹底的な真相究明が求められてならない。いかに自衛隊が中共の侵略に備えて日々頑張っていても、日本と...中共による日本侵攻に協力している者たちを炙り出すべきだ!

  • 東浩紀の主張はオーソドックスな保守の主張と重なる部分がある!

    日本のリベラルのまともな意見を取り上げるのは、それだけ日本が危機に瀕しているからである。山尾志桜里、細野豪志の危機意識をネトウヨに屈したと罵倒するのは論外である。事態はそれだけ深刻になっているからだ。東浩紀の主張もそれと同じである。保守を名乗らなくても、教条的左翼とは一線を画している▼『哲学の誤配』を読んでみると、保守派の私たちと問題意識が共通している。選挙という制度には欠陥があって、ろくな人間が政治家にならない。その現実を直視しているからだ。民主主義を補完する意味で、人々の生活履歴を集積したデータベースを適正に解析し「社会の集合的な無意識」を可視化することを主張している▼「民主主義と無意識の相互補完」については、以前からあった議論である。大原康男は『天皇ーその論の変遷と皇室制度』において、和辻哲郎の『国民統合...東浩紀の主張はオーソドックスな保守の主張と重なる部分がある!

  • 中共によるウイグルでのジェノサイドを批判した山尾志桜里氏!

    ようやく時代は変わったのである。ウイグルで今起きている人権侵害を、山尾志桜里氏までもが口にするようになった。それこそ数年前までは、ウイグルを話題にするだけで、右翼呼ばわりされたものである。とくに、平和憲法擁護を叫ぶ党派の関係者は、そんなことを中共がするわけがないと、口をそろえて言っていた。イギリスのBBCなどが真実を報道し、それが世界に拡散されることで、白日の下にさらされることになったのだ▼昨日のフジプライムニュースに出演した山尾氏は「多数の客観的な証拠を見れば、ウイグルの出来事がジェイサイドにあたる可能性は極めて高いと思う」と言い切ったのである。自民党と連立政権を組みながら、中共に媚びることしかできない公明党とは、大きな違いである▼男女差別とかで大騒ぎする癖に、ウイグルのこととなると、口をつむぐ人たちがあまり...中共によるウイグルでのジェノサイドを批判した山尾志桜里氏!

  • 中国共産党が打倒されなければ日本の独立は維持できない!

    中共の支配に日本が入るという悪夢が阻止するためには、守りに徹するのではなく、逆に攻勢に転じるべきではないか。軍事的に対抗するのも一つの手ではあるが、それ以上に効果があるのは、中共国内で抑圧されている民衆と連帯するとともに、ウイグル、チベット、南モンゴルの後ろ盾となるべきなのである。そんなことを語ろうものなら、多くの人に嘲られるだろうが、それ以外の方法では、日本の独立を守り抜くことは難しいのである▼今の中国共産党が打倒され、民衆の手に権力が移行することでしか、凶暴な覇権国家に対抗する術はないのである。かつて大陸浪人といわれる人たちが辛亥革命を支援したように、中国人の民衆の側に立って活動する勇気が求められるのである。まさしく「中国革命」が成功するかどうかが、我が国の命運を決めるのである▼中共の人口は14億に迫ってい...中国共産党が打倒されなければ日本の独立は維持できない!

  • 中共に尖閣を奪われる前に手を打たないと日本は孤立する!

    昨日の虎の門ニュースに出演したロバート・D・エルドリッヂ氏の発言は衝撃的であった。すべに尖閣諸島は中共の海警の海になっており、巡視船はお座なりにいるだけだというのだ。日本の漁船が操業するのを横目に、領海内に居座っているのである。もはや巡視船はそれを容認し、逆に日本の漁船に警告を与えている始末だ▼エルドリッヂ氏はそれだけでなく、尖閣諸島をめぐる動きで、日本が国際社会から孤立する危険性も訴えていた。このままでは、中共が尖閣諸島を侵略し実効支配を許すことになるとの見方を示すとともに、占拠されてから取り返すというのは、現状変更を危険視する国際社会の理解を得られるのは難しいからだ。2018年に創設された陸上自衛隊の水陸機動団も、奪い返すというのが主眼となっている。奪い返すというのを前提にしている。それよりも奪われないよう...中共に尖閣を奪われる前に手を打たないと日本は孤立する!

  • 保守派のネット言論を支えているのは名も無き常識人だ!

    保守派のネット言論も千差万別になってきた。最初は2チャンネルやブログなどで金儲けと無関係であった。それがユーチューブが普及するようになり、それを職業にするプロが出てきた。本を書くよりも商売になるというので。猫も杓子もユーチューバーに変身した。情報は限りなくただに近くなるといわれていたのに、有料化して囲い込むのが普通になった▼耳目を集めるためには、センセーショナルなことを話題にせざるを得ず、アメリカ大統領選挙をめぐっては、保守派同士で泥仕合が行われた。ジャーナリストには多くの誘惑があることは否定できない。生活が安定して異なこともあり、金銭的な援助をしてくれるパトロンが現れれば、ペンを曲げることもあるに違いない。そして何よりも、自分の意見が重んじられ、評価されて、言論人としての地位を獲得するのに汲々とするのが定番で...保守派のネット言論を支えているのは名も無き常識人だ!

  • 中共の侵略に対抗するためにも連立与党の枠組みを変えるべきだ!

    あえて売国奴という言葉は使いたくないが、中共による日本の土地の買い占めに対して、それを規制しようする動きを邪魔したり、ウイグルやチベット、さらには、南モンゴルで行われているジェノサイドを批判しないのは、自由と民主主義を国是とする我が国への敵対であり、そう呼ばれても仕方がないのである▼私たちが想像している以上に、中共による静かなる日本侵略は進行している。それに待ったをかけるためには、保守リベラルの違いを超えて団結しなくてはならない。そのためには連立与党の枠組みを変えるとともに、自民党内の極端は親中派を排除しなくてはならない。自民党の保守派を中心にして、リベラルに立脚する国民民主党、中共寄りの橋下徹を除いた日本維新の会、公明党の若手現実派を含めた政治勢力が結集すべきなのである。そこに新たな保守新党も加わればいいので...中共の侵略に対抗するためにも連立与党の枠組みを変えるべきだ!

  • 中共の台湾侵略を阻止するために民主主義国家は軍事的支援を!

    やはり予想した通りである。中共による台湾侵攻に向けた動きが加速している。実際に武力を行使して、短時間で制圧をするつもりなのである。いかに欧米や日本が口では支援を表明しようとも、現実には中共軍に対抗するのは台湾軍のみである。侵略を撃退するためには、アメリカ軍が台湾に展開するとかの、思い切った手を打たなければ、蟷螂の斧に終わってしまう▼中共は本気なのである。香港メディアなどが伝えるところによれば、香港のサウスチャイナモーニングポストの取材に対して、アメリカのシンクタンクであるランドのテイモシー・ヒース研究員は「中国が台湾を攻撃することを決心すれば、人民解放軍将軍は、沖縄と米軍基地をミサイル攻撃しようとする強い刺激を受ける」と語った▼バイデン政権が台湾に手助けしようとするのを阻止するために、アメリカと日本に脅しをかけ...中共の台湾侵略を阻止するために民主主義国家は軍事的支援を!

  • 「#女系天皇は皇統の終わり」がツイッターでトレンド入り!

    「#女系天皇は皇統の終わり」がツイッターでトレンド入りしている。女性天皇と女系天皇との違いも分からず、マスコミに煽られて賛成している国民が多い。それを憂いて竹内久美子氏が呼び掛けて始まり、その輪が声なき声に広がっているのである▼簡単いえば女性天皇とは、女性が天皇のなるということである。それでも父親や祖父などは天皇であり、あくまでも暫定的である。男系は維持されているのである。これに対して女系天皇とは、父方が天皇と結びつかなくても容認するとの考え方である。いかに蘇我氏や藤原氏などの娘が皇室に嫁いでも、皇室の権威を奪うことができなかったのは、万世一系として維持されてきたからである▼皇室の一員になることはできるのは女性だけなのである。2000年以上にわたる皇室が一つの王朝であったというのは、世界に例のないことである。曽...「#女系天皇は皇統の終わり」がツイッターでトレンド入り!

  • 東京オリパラ成功後の解散総選挙であれば菅内閣は大勝する!

    衆議院の任期が今年10月21日までなっているが、菅内閣はオリンピックパラリンピックを成功させ、その勢いで菅首相は解散総選挙になだれ込むべきだろう。しょぼい開催になるだろうから、それ以前にと考えるのは間違いである。その時点では、最悪でも65歳以上に対するワクチンの接種も目途がついているはずで、世界に向かって版でミックを克服した国家として、一番先に先に名乗り上げることになるはずだ▼国民の間には未だに悲観論は蔓延しているが、マスコミや一部の野党に煽られているだけなのである。元東京都知事の猪瀬直樹も、去る18日放送のAbemaPrimeで、各種の世論調査の結果などでは、反対の声が強いのは、新型コロナで気持ちがふさいでいるからで「日本選手が頑張っている姿を見れば興奮して応援すると思いますよ」と語っていた、すでに春の選抜高...東京オリパラ成功後の解散総選挙であれば菅内閣は大勝する!

  • 日本人が深い慮りを手にするにはどん底に落ちるしかない!

    『日本は滅びるのか』という本を書いたのは江藤淳である。今江藤が健在であれば、もっとラディカルな文章を残したのではないだろうか。江藤はあらゆる国家は常に崩壊する可能性があることを指摘し、それが「常態」であることを訴えた。だからこそ、内なるパトリアを再建し、国家としての日本を持ちこたえなくてはならないのである▼今の日本の現状はどうであろうか。安全保障の面では、尖閣諸島を中共に奪われるのは近いとみられている。北朝鮮の核ミサイルの開発に対しても、有効な手立てがない。バイデン政権の誕生にともなって、危機的な状況になっても、日本を何とかしてくれるとの幻想を抱くことはできなくなった。国柄の根本である皇室にしても、女系天皇ということが公然と口にされ、選択的夫婦別姓にいたっては、日本の伝統を否定する暴挙である。日本までもが欧米の...日本人が深い慮りを手にするにはどん底に落ちるしかない!

  • 選択的夫婦別姓を主張する自民党国会議員は保守に非ず!

    保守の原点は家族や家を重視することである。それが崩壊すれば、日本は日本でなくなってしまうのだ。民俗学者の柳田国男は、日本人は死んでも魂はこの世を去らず、小高い丘の上から子孫の生業を見ているとの考えを抱いていた。それは死者である先祖と生者が一体であるとの信仰にもとづいている。それを先祖教という言い方をするひとたちもいるが、家を守り先祖と一緒であることが重視されてきたのである▼選択的夫婦別姓というのは、それを根本から否定する暴挙である。選択であり、強制ではないとの議論もあるが、それが容認されることで、子供の姓も夫婦どちらかの声明になり、兄弟同士で違うといった事態も生じる。それで本当に良いのだろうか。自民党の国会議員の一部が昨日、「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」を立ち上げた。入会は100名を超えたと伝え...選択的夫婦別姓を主張する自民党国会議員は保守に非ず!

  • SNSの情報がただ漏れの国家は敵対国家を利するだけだ!

    私たちのささいな情報が敵対国家に利用されることの恐ろしさを、日本国民の多くは勘付いていない。どのように暮らし、どのような性癖があるかをそれらの敵対国家が把握すれば、静かなる侵略を行うには好都合なのである。自分たちのエージェントに仕立てあげるには、公表されたくない秘密を突き付けて、言うことを聞かせることもできる。金に困っている人間であれば、それを与えればいいのである。女好きであればハニートラップを仕掛ければいい。中共お得意の超限戦では何でもありなのである▼国家レベルであればなおさら深刻である。全ての電話が盗聴されているのと同じであり、国家の重要な機密がただ漏れ状態になっているようなものである。それでもなおLINEを使うというのは常軌を逸している。LINEに固執するのは、餌を与えられているか、協力せざるを得ないよう...SNSの情報がただ漏れの国家は敵対国家を利するだけだ!

  • 菅首相が支持されるのは政策中心のリアリストであるからだ!

    菅政権は予想以上に成果を上げている。自分の息子が総務省の役人を食事接待したことが批判されているが、国民の多くはそれよりも何をしてくれたかに注目している。その大筋は安倍政権の継承だが、明確に外交的な立場を打ち出せないのも、何も今始まったことではない▼高橋洋一氏が3月23日付の夕刊フジの電子版で「菅政権発足半年でどうかった?」という一文を投稿しており、手堅い政権運営であることを評価している。目玉政策である携帯料金引き下げは、これまで20ギガバイトで7000円程度であったのが、2000円から3000円程度の料金プランが4月にかけて実施される。デジタル庁の設置に関しても、9月をめどに具体化される運びで、すでに衆議院で審議入りしている。不妊治療の保険適用も見通しが付きつつあり、それまでの間は予算処置で費用の軽減がなされる...菅首相が支持されるのは政策中心のリアリストであるからだ!

  • トランプが自前のソーシャルメディア設立で満を持して反撃か!

    ネットは特定の者たちの道具ではないのである。フェイスブックやツイッターが現在の地位を得たのは、たまたま同じようなソフトを開発した企業との競争に勝ち抜いたからなのである。現在の地位を得るまでには、弱肉強食の戦いがあったのである▼その一角のトランプが食い込もうとしている。先の大統領選挙で、ビックテックはバイデンや民主党の手先と化した。前回はソーシャルメディアを駆使して勝利したトランプは、力を発揮することができなかった。メインストリーム・メディアがトランプに背を向け、そこにまたソーシャルメディアまでもが歯向かってきたのである▼敗北を余儀なくされたトランプは、新たな挑戦を開始したのだ。及川幸久氏もユーチューブで取り上げており、トランプ自身がソーシャルメディアを開設することを明言したのである。1月6日のワシントン議事堂襲...トランプが自前のソーシャルメディア設立で満を持して反撃か!

  • LINEを続ける人は個人情報が筒抜けになるのを覚悟すべきだ!

    中共や韓国の関係者がLINEにアクセスすることの危険性を理解できない人が多いようだ。日本国の安全保障上とかいってもピンとこないだろうから、一色正春氏が「当事者同士にしかわからないはずのLINE通話の内容が文春に漏れたのはそういうことだった事だったのかな?」とツイートしているのを読めば、その恐ろしさに気づくだろう▼一色氏は文春がLINEから情報を得ていたと断言しているわけではないが、情報が筒抜けだとひどい目に遭うことになると、警鐘を乱打しているのである。秘密であるはずの個人と個人のやり取りを他人が勝手に覗いて、マスコミに売ることも可能なのである。中共などは国家命令で行っている可能性が高いのだ。誰しもが秘密はもっていて普通だ。それが公衆の面前にさらされてしまうのである。一色氏は「これからもLINEを続ける人は。ベッ...LINEを続ける人は個人情報が筒抜けになるのを覚悟すべきだ!

  • 自民党を憂う 10句

    国柄をこわす政治家お前もかマスコミに媚びる自民に用はなし家という伝統なくせば唯の人国守る気概以前に金儲け尖閣を奪われるまで手が出せず改憲は夢また夢の絵空事ネットまで敵対国の思うまま言論で勝つには保守派結束を改革のための改革意味がなし保守名乗る政治家ほんの一握り自民党を憂う10句

  • 米中ともに少数者による支配が進み行き着く先は全体主義だ!

    文明史的に見て世界は岐路に立たされているのではないか。民衆の管理を強化して、あたかもドストエフスキーが『地下室の手記』で述べているように、ユートピアとしての「水晶宮」に近づこうとしている国家があるからだ。いうまでもなく今の中共である。顔認証制度によって、個々の民衆の情報を瞬時に判断し、体制に逆らう者の存在を許さないのである▼一握りの共産党員が全てを支配している。独裁であるにもかかわらず、それが民衆の幸福に結びつくと信じている。自由よりもパンを与えれば、畜群は満足することを知っているのだ。永遠にこわれることのない蟻塚の蟻となることに異議を差しはさまない、民衆の習性を熟知しているのである▼米国のエリート層も中国共産党と一緒である。自分たちだけが民主主義の担い手であり、大衆迎合主義に熱狂する民衆を指導しなければ、との...米中ともに少数者による支配が進み行き着く先は全体主義だ!

  • 中共が簡単にアクセスできるラインの利用は即刻禁止すべき!

    何をいまさらと思うのがLINEをめぐる個人情報へのアクセスである。日本人の危機感の無さを暴露されたようなものである。データが韓国国内に保管されていたことは以前から分かっていた。ネットでも話題になっており、韓国側に筒抜けになるというのは周知の事実であった▼今回明らかになったのは、LINEの中共の委託先の担当者も自由にアクセス可能であったことだ。我が国を敵視している国家のなかでも、もっとも脅威であるのは、韓国よりも中共である。共産党の一党独裁国家で、誰もその命令に逆らうことはできない。去る18日のTBSのnews23に出演した大和総合研究所の斉藤尚登主席研究院は、中共では国家の要請があれば、企業や個人が協力しなければならない法律があることに言及し、LINEにある日本人の個人情報を取得できることを指摘していた▼日本国...中共が簡単にアクセスできるラインの利用は即刻禁止すべき!

  • 同性婚を認めるためには憲法24条1項を改正するのが筋だ!

    札幌地裁が去る17日、同性婚を認めないのは違憲だという判断をしたのは、あまりにも法を無視している。憲法14条1項では「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と法の下の平等が書かれていても、それを拡大解釈することは許されないからである▼憲法24条1項には「婚姻は、両性の合意のみのに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と明記されているからだ。「両性の合意」ということは、つまり男女の違いを述べていることであり、明確に同性婚を否定しているのである▼憲法14条第1項は性の違いによって差別されることを問題にしているのであり、差異を認めた上での人格的な尊厳に関すること...同性婚を認めるためには憲法24条1項を改正するのが筋だ!

  • 日本のLINE利用者の画像動画が全部反日韓国に筒抜けだった!

    ラインを利用すると韓国に情報が筒抜けになるといあわれていた。それは本当であった。朝日新聞デジタルが「日本のLINE利用者の画像・動画データ、韓国で保管」というニュースを昨日の夕方に流した。月間の利用者が日本では8600万人にも達する。利用者間でやりとりするサービス「トーク」に投稿された全ての映像と動画が韓国内のサーバーに保管されていたというのだから、反日国家に筒抜けだったのである▼東京本社のLINEは記述を見直すとともに、データを日本国内に移転するとか弁解しているが、これこそ国家の重大事ではないだろうか。驚くなかれ、「トーク」で画像や動画を扱うようになった2012年からであり、最近のことではないのだ。スマホ決済の「LINEpay」の取引情報もそのサーバーに置かれており、韓国にあるLINEの子会社「LINEプラス...日本のLINE利用者の画像動画が全部反日韓国に筒抜けだった!

  • 総務省への接待会食を追及していたNHKや野党にブーメラン!

    NHKや野党は自分たちにブーメランになることまでは、予想していなかったのだろう。昨日の衆議院予算委員会で日本維新の会の足立康史氏は、NTT幹部と会食した政治家は与野党通じてであること、NHKも幹部の接待交際費があり、総務省担当者との会食費に充てられている可能性を暴露した。中継が終わる間際であったNHKは、自分たちが問題になった部分を流したくないので小細工したのでは、との声もネットから上がるなどの尾ひれまで付いた▼総務省の記者クラブに、記事を書かずに、接待を業務とする波取り記者がいることは、あまりにも有名である。NTTが野党政治家と接触していることも確かである。NTT労組は自分たちが送り出した国会議員がおり、何かにつけてNTTも情報交換をしている。そうした事実を隠蔽して正義の味方面しようとしても、それは長くは続か...総務省への接待会食を追及していたNHKや野党にブーメラン!

  • たかだか7万円の食事接待は国を揺るがす大問題なのだろうか!

    マスコミもサヨクはことさらモラルを振りかざす。総務省の許認可権を持つ担当者とNTTや東北新社の幹部が会食したのは、絶対に許せないと宣うのである。一人7万円だったとかで口角泡を飛ばし、まさしく鬼の首でも取ったような騒ぎである。役所に許認可の権限が集中していることを問題にせずに、そんなことばかり追及するのである▼そのくせテレビ局やそのバックにいる大手新聞社は、波取り記者というのを総務省の記者クラブに常駐させて接待攻勢をかけてきた事実を不問に付しているのだ。株式に占める外資の比率にしても、20%を超えているのは東北新社ばかりではない。テレビ局は株主に議決権があるかないかで、ごまかしているだけなのである。それを指導したのは、総務省の前身の郵政省ではないだろうか。大手新聞社がテレビ局を運営してもよいような制度にしたのは、...たかだか7万円の食事接待は国を揺るがす大問題なのだろうか!

カテゴリー一覧
商用