searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hisohisoさんのプロフィール

住所
愛媛県
出身
愛媛県

自由文未設定

ブログタイトル
猫まち
ブログURL
http://nekomati.blog50.fc2.com/
ブログ紹介文
一日一季語の歳時記的日記……で毎日更新予定。プラス、読書ネタやらテニスネタやら雑多に。
更新頻度(1年)

369回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2008/12/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hisohisoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hisohisoさん
ブログタイトル
猫まち
更新頻度
369回 / 365日(平均7.1回/週)
フォロー
猫まち

hisohisoさんの新着記事

1件〜30件

  • 菊なます綺麗この卓下戸ばかり

    いつきさんが 「私は絶対にこの卓にはおらん」と言うてらした (笑でしょうね!自然と下戸は下戸同士、集まるものなのでした。そして 「菊なます、きれいねー」とか言いながら、料理をつついているのでした。そんな雰囲気のお食事、しばらくしてないけれど。  巨大な秋蝶が屋根に止まっている……わけではない...

  • 居待月の衝動買い

    ロルバーンのノートが好きだ。こないだまで使っていたのが終わったので、「ミニサイズを」買おうと思っていたのだった。でも、このMサイズのオレンジ色の表紙が可愛くて、こちらも衝動買い。       ↓  下のアイボリー色のはA5サイズの手帳。右側のピンクが手のひらにおさまるくらいの、ミニサイズ。  テニス柄よーロルバーンのノートは透明ポケット付きなのも便利。ほんのり黄味がかった紙の色も、方眼の罫線の控え...

  • 立待月の迂闊

    このところ、原則リモートワークだからうっかりしてた。今日は秋分の日で祝日。でも、何もしないでのほほんとしていられる余裕は無く、結局だらだらと作業。しかし、他のスタッフも結局なんだかんだと在宅で仕事していたようで、みんなで苦笑い。 うん、月は多少欠けて雲がかかりそうな感じくらいのが良い。...

  • 十六夜の憂鬱

    母の入所している施設から連絡があった。母の体調等について、一度家族の方と面談したい、とのこと。嚥下する力が衰えているから、このままだと通常の食事は無理らしい。たぶん鼻からチューブとか胃ろうとか、そういう話になるのだろう。ちょっと(精神的に)こたえるなあ……母がこうして弱ってきているのは、気持ちの問題も大きいと思う。誰とも面会できない毎日を送っているのだから。ほんとにコロナが憎い。  昨夜の満月。日の...

  • 中秋の名月

    今夜は中秋の名月、良夜だ。団子でも買ってこようか。  ススキの銀の穂がきらきら。良夜の句というと、これを思いだす。    我庭の良夜の薄湧く如し   松本たかし湧くほどのススキが月光に光って揺れて。虫の音なんかも聞こえて。風はひんやりと気持ちよくて。...

  • 紅白

    昨日、ちょっと遠回りして事務所へ資料を取りに行った。その途上の紅白曼殊沙華。まだまだ蕾も多いので、もう何日かは楽しめそう。  ところで昨日の午後、自宅にいたら招かざる訪問者が。荷物が届く予定だったので、てっきり黒猫さんが早めに来たのかと思ってドアを開けてしまった。……某仏教系の宗教の勧誘だった。中年男性が二人。だから! だから、どうしてこの時期に対面で勧誘しようなどと思うの。「あー 私ちょっと熱あっ...

  • 疑われる?

    読みたいミステリがあって、でもタイトルうろ覚えで。それを調べていただけなのだ。なのに、ふと検索履歴を見たら。完全犯罪 毒殺 殺人鬼 連続殺人 死体……怪しすぎる。もし私が何か事件に巻き込まれてしまって、警察にパソコン調べられたりしたら疑われそうだ。ひっそりと履歴を消したのだった。いやーでも犯罪にまったく縁のない日常だから、ミステリ読みたくなるのですよ。決して、そんな性癖があるわけでは……さて。昨日は休...

  • 久々のヨガ……のはずが

    休講していたヨガ教室、再開。が、しかし。今朝ちょっと微熱があったので(37度6分)行くのを見合わせた。その後、何もせずに休養していたせいか、今はほぼ平熱。普段よりは微妙に熱っぽい感じではあるけど。夏の疲れが出たかな。忙しいのは9月いっぱい、と思っていたのだが。10月もまた通常業務+単発の作業の流れに……はははいや、仕事できるのは有難いことなので、がんばるけど!今年の大晦日~元日はどうしようかなと思案...

  • 台風接近地下室の紙五トン

    だいぶ前だけど、印刷関係の会社を見学させてもらったときの句。当然ながら大量の紙が置いてあった。正確に五トンだったかどうかは不明だが。紙って重いですもんね!そして、だんだん雨が激しくなってきている。台風接近。私がいる部屋は大丈夫だが、母の入所している施設は「土砂災害危険地域」のすぐそば。(ギリギリセーフ? な微妙な位置)河も近いし、台風のたびに何となくドキドキするのだった。...

  • 今年の中秋の名月

    今年の名月は来週、21日。中秋の名月は満月にならないことのほうが多いけど、今年~2023年は満月のようだ。ちなみに、2015年~2024年の10年間の内、十五夜と満月が一致するのは、その3年のみらしい。昨夜は、どこかから猫の鳴き声が長いこと聞こえていた。ぴゃあ、ぴゃあ、という感じの鳴き声で、たぶん子猫。捨て猫? 野良の仔?マンション近くの高架下かなあ……と思いながら、さすがに真夜中に一人で出ていくのは怖くて。この...

  • うっかり

    母へのハガキは、なるべく水曜日と土曜日に投函するようにしている。今日は買い物に出たのに、うっかり投函を忘れてしまった。週二回、絵葉書だから書くスペースは少ないものの、毎回違うこと書くのってなかなか大変。俳句をひとつぽんと書いて送れたら楽なんだけどなー施設のスタッフさんに読んでもらわないといけないので (ん? これはどういう意味?)と悩ませても申し訳ないし。かと言って、自句自解なんて、絶対嫌だ。結局...

  • 曼殊沙華が咲きはじめてる

    そこらの土手や畔で曼殊沙華の真っ赤が目に入るようになった。白はまだ蕾だったけれど。週末、ちょうど見頃かも。(時間があれば)群れ咲くところを見に行きたいなあ。...

  • ちょっと早くない?

    昨日、スーパーの買い物帰りに見かけた。山茶花、今咲くのは、さすがにちょっと早くない?蕾もびっしりついている。 春の桜などが冬に咲くのは「返り咲き」「帰り花」なんて呼ばれる。冬の花が今頃咲くのは何と呼ぶのだろう。全米女子ダブルス、ストーサー・シューアイのベテラン組が優勝したーサマンサ・ストーサーはオージーなので、当然私はこちらに肩入れ。シングルスのバーティは残念だったけど、おめでとうサム!さて。もう...

  • 迷ひ家はとほからじこの霧ゆかば

    実家のある町では霧は珍しくなかった。霧とか雪とか、単なる自然現象なのに、とても不思議。今にして思えば、句材の宝庫。交通の便が悪すぎて、年取ってから一人暮しというのは、考えづらいのだが。いやしかし。宝くじでも当たったなら、実家を快適にリフォームして。猫と梟と一緒に暮らしたい。で、近所の子供(そもそも過疎で子供がおらんけど)に 「あの家の婆さん、魔女らしいぞ」 とか言われたい。……などと現実逃避。ひとまず...

  • 車椅子テニスの手ぬぐい

    東京の友人が五輪ショップをのぞいてきたから……と、手ぬぐい&タオルハンカチを送ってくれた。手ぬぐいのモチーフは車椅子テニス。おお~ これは貴重な。 嬉しいわ。友人に深く感謝!こうしてグッズになってみると、このデザインのエンブレム、けっこう良いのでは。  午後、句会。あいかわらず人数制限しての、こじんまりした句会。でも、そのおかげで早めに終わるのはありがたい。私、咽喉が弱いので、句会終盤になると声がか...

  • 別メールでパスワード

    添付ファイルを暗号化して、パスワードは別メールで……っての、仕事関係でけっこう多い。セキュリティ対策としての効果は低いから、内閣府ですらこの方式やめてるそうなのに。受け取る側からしても面倒なだけだと思うのだけど……。何故に。9月分(8/12~9/10まで)の電気使用量、去年よりかなり少ない!去年 292 → 今年 199自宅にいる時間は去年より多いはずなのに。ということは、去年がいかに暑かったかってことだなあ。何に...

  • 草木染

    仕事関係の方から、草木染のマスクをいただいた。スタッフのみんなで分けたのだけど、私が選んだのは柚子。画像では分かりづらいが、ごくごく僅かに黄がかっている。内側にフィルターを入れられるようになっているのも嬉しい配慮。 草木染はどれも優しい色合いで、顔なじみがいい。春頃に桜染めのストールを買おうと思っていたのに、タイミングを逸してしまった。これからの季節なら、やはり枯葉色なのかなー...

  • 木の上にずつとおとうとゐて九月

    備忘録代わり。母へ出す9月のポストカード類。時期的にまだ少し早いものもあるけど、まあ季節先取りってことで。明日は9月9日で重陽の節句(菊の節句) ……だが、陽暦だとちょっと季節感が。まだ菊の盛りには早いしね。こういう行事関係は、やはり陰暦でやってほしい。桃の節句なんかも。...

  • 白露(はくろ)

    二十四節季のひとつ、白露。陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也(暦便覧)……ということで、だんだん秋らしくなってくる頃。 のはずなんですが。まだまだ残暑は厳しい。そして今日は泉鏡花の忌日であるらしい。ゆっくり本を読む時間は今はないけれど…… 出版された鏡花の本の美しい装丁を紹介した小冊子。金沢の泉鏡花記念館で買った。ああ、また行きたいなー金沢。前回は行けなかった室生犀星記念館や、彼にゆかりの雨...

  • コバネイナゴ?

    マンション外壁にいた。バッタとかイナゴとかキリギリスとか、そのへんの区別がほとんど出来ない。がんばって検索した結果、コバネイナゴではないかと。 しかしなー デミノー君はこのところ不調だったし、そこまで意外ではなかったけど。チチパスにルブレフ、シャポバロフまで4回戦に残れなかったのは意外。あ、女子のバーティも。そしてアルカラスやらシナーやらブルックスビーやら、18~20才の選手が次々と台頭。23才なんて、...

  • ひと仕事終えた

    (仕事で)火曜日から、一句につき84字程度の鑑賞文を書いていた。全部で150句余り。400字詰原稿用紙に換算すると 32枚くらい?……と書くと、そこまで多くはない印象だが。江戸期の俳諧は解釈に困ることがホント多いしーちゃんと84字内におさめるのも大変だしー似たような言い回しは避けたいしーというわけで、私の能力ではなかなか大変なのであった。でも、楽しいといえば楽しい作業だった。さ、明日からまた気合を入れていつもの...

  • メダカがいなくなる

    メダカがとうとう5匹になってしまった。二十数匹いたのに!しかも卵が孵化しない。しょっちゅう産みつけているのに。「孵化した途端に、大人メダカに食べられてるのでは?」 と友人。そこで卵がくっついてる水草を別の器に移してみたが……やはり、いっこうに孵化しない。もしかしたら、無精卵なのかもしれない。去年はちゃんと孵化して、十数匹生き残ったんだけどなぁ。ポピリン負けちゃった、フルセットで。残念すぎる。ルブレフ...

  • 山賊雨ざんざん鷹の山別れ

    季語は 「鷹の山別れ」鷹の子が親と別れて巣立つ、というような内容。いささかマニアックな季語よね。マニアックな季語には、マニアックな言葉(笑というわけでもないけれど、山賊雨と鷹は良い感じに響き合う取り合せではないかと思った。ちなみに山賊雨というのは、にわかにやってくる雷雨。主に群馬県などで使われている言葉らしい。稲刈り中、3束も束ねないうちに雷雨となることから、3束(さんそく)→山賊(さんぞく)になっ...

  • もうおせち?

    デミノー負けちゃった。コロナに感染して以降、ずっと調子悪くて悲しい。あ、でもルブレフとポピリンはまだ勝ち残っている。がんばれ!さて。昨日、某スーパーへ行って驚いた。もう2022年のおせちの予約が始まってる!ハロウィンもクリスマスもすっ飛ばして、いきなりおせち。さすがにちょっと早くない??...

  • 秋燕を探すよ水のしづけさに

    今週は特に忙しいけれど、いつもとは少し違う作業をしているので楽しい。そして、なるべく朝早く起きて、ちゃんと夜寝るようにしている。暑くてさぼっていたウォーキングも、少しづつ。身体は大事。 野葡萄が美しく色づくのは、まだもう少し先みたい。燕たちはまだいるのだろうか。...

  • 白芙蓉まぶたがどうしても熱い

    八月も終わり。まだ暑いながらも、コスモスや芙蓉が咲きはじめている。 これは酔芙蓉。まだ朝なので、酔っぱらってない(笑全米本選1日目。チチパスはこのところ問題行動ばっかりだなー(長すぎるトイレットブレイクで、対戦相手のマレーが切れてた)ズベレフはDV疑惑再燃だし。メドベージェフは、この前の大会でキレて会場のカメラ蹴ったりしてたし。キリオスはすっかり勝てない選手になってしまったし。ま、ルブレフとポピリン...

  • 20年前の全米の後で

    今日から全米オープン本選スタート(日本時間だと明日になっちゃうが)20年前の優勝者であるLHが、当時を語っている記事をチラ読みしたのだが……優勝して、あれやこれや取材を受けた後、オーストラリアに帰国するために飛行機に搭乗。その数時間後に、あの9.11の悲劇。彼の乗った飛行機が、まだ空を飛んでいる時間帯。パイロットやアテンダントにはすぐに連絡があったそうで、LHはアテンダントが泣いているのを見たとか。そ...

  • 未発表句

    どこかへ投句するときは 「未発表句」 が条件になることが多い。この「未発表」もなかなかグレーゾーン。殊に、最近はネットがらみで「これは未発表? 既発表?」と問題になることも。ツイッターやブログに出した句はアウトじゃないかなぁ、と個人的には思う。ある意味、これほどオープンな場もないわけで。もちろん、誰でも自由に見られないようになっていれば別だが。まだ結果も出てないのに、ツイッターで気軽に 「〇〇にこん...

  • 火蛾ばさと寺山修司特集号

    寺山修司という名はよく知られていても、俳人としての寺山修司はあまり知られていないのだろうな。ずっと詠みつづけていたわけではないけれど、彼は晩年また俳句を詠みたいと思っていたらしい。あんなに早く亡くなることなく、彼がまた句を詠み始めていたら、どんな作品が生まれただろうかと思う。ここ2~3日、足の冷えがツライ。くるぶしから甲にかけて、ほんと冷え冷え。この暑さだから、エアコンつけないわけにはいかないが、...

  • 新しき石鹸運動会前夜

    全米オープンの予選が始まっている。LHが全米で優勝したのは、もう二十年も前になるのか……って、あれ?「一句一遊」が始まった年だ!あの年だったんだ。LH若いわー 初々しいわーまだ二十歳だものね。 (※ 赤いウェアがLH)そういえば今週発売の女性セブン、いつきさんの連載の中で私のことをちょっと書いてくださっている。「有馬まりあ」なんて、「一句一遊」限定俳号を使っていた時期もあったのだ。(が、しかし 「有馬...

カテゴリー一覧
商用