住所
東京都
出身
-
ハンドル名
アンダンテさん
ブログタイトル
アンダンテのだんだんと日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/andante-dandanto
ブログ紹介文
ごたごたした生活の中から、だんだんと優雅な生活を目指す日記。
自由文
いつでもまったりマイペースの長男、 異星人感覚の持ち主の次男、 女王様タイプの娘。 まだまだ事件多発な子育てライフをかいくぐり、ピアノとバイオリンを楽しみつつ、徐々に優雅な生活を模索中。
更新頻度(1年)

91回 / 3801日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2008/09/25

アンダンテさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 4679 4276 4209 4196 4556 4449 4833 949482サイト
INポイント 10 80 50 130 50 60 50 430/週
OUTポイント 30 550 440 1010 530 580 720 3860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 160 150 142 144 153 152 173 9011サイト
中高一貫教育 7 6 6 6 7 7 8 201サイト
クラシックブログ 14 13 12 13 13 13 14 4615サイト
ピアノ 5 5 5 5 5 5 5 885サイト
ヴァイオリン 7 6 7 6 6 8 8 366サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 3073 2960 2755 2610 2915 2695 2825 949482サイト
INポイント 10 80 50 130 50 60 50 430/週
OUTポイント 30 550 440 1010 530 580 720 3860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 45 44 41 39 42 41 42 9011サイト
中高一貫教育 13 13 13 13 14 14 14 201サイト
クラシックブログ 4 4 3 3 3 3 3 4615サイト
ピアノ 4 4 4 3 3 3 3 885サイト
ヴァイオリン 7 7 6 6 6 6 7 366サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949482サイト
INポイント 10 80 50 130 50 60 50 430/週
OUTポイント 30 550 440 1010 530 580 720 3860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9011サイト
中高一貫教育 0 0 0 0 0 0 0 201サイト
クラシックブログ 0 0 0 0 0 0 0 4615サイト
ピアノ 0 0 0 0 0 0 0 885サイト
ヴァイオリン 0 0 0 0 0 0 0 366サイト

アンダンテさんのブログ記事

?
  • 譜読み練習会で気分なおった

    昨日また、受験関連でごたすかお話し合いがあったりして、落ち着いてピアノ弾く感じじゃなくって、というかここんところ譜読みしかしてないが(-_-;;こんなときにマイミクさんちでやる練習会に申し込んでて、でも弾く曲がない(というか練習してない)からどうしよう?でもこんなときだからやっぱり行ったほうが…ということで、えいやと参加。弾くのはフォーレノクターン六番(絶賛譜読み中)でございます。ほんと、うろうろしながら弾いたけど(迷惑)ほかの曲いろいろ聞いてて(いい演奏が多かった)…気分なおってきた…やっぱり行ってよかった!!今日特に思ったのは、バッハいいよねぇ、バッハ…平均律もいいけど、ゴールドベルクのアリアとか染みます(^^)あとね、ベートーベンのバガテル。いろいろあるんですね。よく知らなかったけど。今日はOp126とい...譜読み練習会で気分なおった

  • 調性と色彩と萌え

    レッスンで、artomr先生はほかの先生より「まず、かっちり一定のテンポで弾く」ことに特にこだわるほうだと思うんだけど、もちろん、ルバートしないという意味ではなくてね。たとえば、フォーレのノクターン6番の場合、早速7小節目に「萌え転調」があって、そこでは「ルバートしてもいい」とartomr先生もいってた。いつからそう思ってたか今となっては定かではないんだけど、曲の中で「萌え」があったらそこを「ね?いいでしょ??」と自分も聞くし聞いてる人にも聞いてほしいから「つい」微妙に余分な時間をとる、それがルバートだとなんとなく思っている。それが「正しい」のかどうか知らないけど、まぁそう思って弾いた子供の情景の第一曲とか、吉松の過去形のワルツとかでartomr先生がルバートほめてくれたのでそんなにハズれてないだろう。「萌え」...調性と色彩と萌え

  • 先生を弾く気にさせるレッスン

    連弾合わせ&レッスンの昨日、artomr先生には個人レッスンもお願いしてフォーレのノクターン六番を見てもらった。←色彩豊かな曲です前に、私がこの曲弾きたい!という記事を書いたときに、artomr先生は「去年実は密かに私も弾いたんでお手伝いできます。」とわざわざコメントしてくれたんで、じゃあお願いしましょう、ということになったんだけど。日程の関係で、私が音並べるのあんまりにも間に合わない感じで、どうしようかと思っていたところ、木曜日(二日前)のヨガ前レッスンで突然なんとかカタチをつけて、なんとかかんとかレッスンになる感じになってほんとよかった(^^;;ギリartomr先生のレッスンでは、ほかの先生のレッスンよりも、指使いを検討している時間が長いです。・私が弾きにくそうにしていたところ、ミスタッチするところの改善検...先生を弾く気にさせるレッスン

  • 一音入魂: 連弾が楽しいワケ

    連弾は楽しい。知ってたけど…←「スープの冷めない距離」に連弾パートナーが住んでると便利だろうなぁ今日は改めてそう思いました。3月9日のイロモノオフに向けて、今日は鳥目さんとの連弾合わせ(artomrレッスン有)、二回目。コンビ組んでもうだいぶ場数を踏んでいるので、呼吸を合わせることも手が重なるところの処理も慣れたもので、前回の連弾レッスンのときもあらかたよさそうではあったんだけどね。今回さらに、フレーズの形やらルバートやらペダルやら詳細に検討して、合わせていくとさらにイイ感じになっていくんですよ。とてもおもしろい。鳥目さんはピアノがうまいだけじゃなくてアンサンブル能力が高いし、で、対する私のほうはというと、最後の速い曲「パゴダの女王レドロネット」のちゃかちゃかしたところなんか、何度やっても音ハズしまくってアレな...一音入魂:連弾が楽しいワケ

  • 譜読みサポートレッスン

    月四回のレッスン、つまり週イチのレッスンってほんと「すぐ」だから、何みてもらうか苦労するかなーと最初思っていたけど…←「傾聴」ってカウンセリングみたいねなにしろ30分と短いから、ということもあって、練習中の複数曲をひとつずつみてもらったらそれで数週間経っちゃうわけですし、ヨガ前レッスンが始まってからいままで、「みてもらうものがない!!」なんて事態には陥ったことがなかったんですよ。ところが…今回初めて、ヨガ前先生に前回聞いてもらったあと、(自分的に)進んでる曲が何もない!!前回、駆け足でだけどなんと三曲全部(←練習会セット)みてもらっちゃったし、その前にマメールロア連弾合わせレッスンやってもらってるけど、それも話ちっとも進んでないしね。要するに、この一週間、受験やら断捨離やらに頭がいっちゃってて、ピアノの「練習」...譜読みサポートレッスン

  • 春の断捨離に向けて

    ここからしばらくすると、はなひめの部屋がものすごい量の「紙」が排出され、古本行き/資源ゴミ処理で大わらわになることが予想されるわけで…それに先立って、まずは私のパソコン机回りから断捨離しておきましょう、と思い立ったのが先日の三連休。パッと見、そんなに溢れてはいないように見えたから、スグだと思った(もちろん甘かった)。台所関係の断捨離なら、けっこうかさばるものをばっさばっさと捨てていくと捗るだろうけど、薄いもの、小さいものがぎっしりある棚、引き出し、大事なものも混ざっているのでなかなか手ごわかったよ。「書類」は放置しておいても生ごみと違って匂ってはこないけど、ちゃんと「腐る」もので、つまりoutofdateになっているのね。もう持ってないカードの規約とか…いくらなんでも古い伝票とか…期限の過ぎた通販パンフレットと...春の断捨離に向けて

  • センター利用入試、いろいろ謎だった

    なにしろ、我が家で初めての大学受験で、親二人はモチロン共通一次世代なので、いろいろピンとこないことばかりでした。そしてわかるころには終わって後の祭り。まぁ私がようやく気付いたことをまとめておいても来年までしか役に立たなくてセンター試験自体終わってしまう。諸行無常です(違)センター試験って、ほかのもろもろ大学入試よりだいぶ先んじて行われるじゃないですか。マークだし。だからちゃっちゃと結果出て、その先に進めるイメージを勝手にもっていたのですが、大きな間違いでした…つまり、私が持っていた脳内イメージ:センター受ける自己採点するセンター利用で受かりそうなとこに出願センター利用合格が出る合格が出なかったところ+センター利用がない私大に出願国公立出願私大一般入試国公立入試…これ大嘘です。まず、センター利用の出願はセンター受...センター利用入試、いろいろ謎だった

  • 複数曲の組み合わせ方

    たとえば、持ち時間17分の練習会だったとして、大曲だったら一曲だけで満杯ということもあるかもしれないけど、今弾いてるような曲であれば数曲組み合わせることになりますね。おとといの場合、ショパンエチュードop.25-1,2グラナドススペイン舞曲集より「サルダーナ」の3曲にしたんだけど、弾いてみて、これバランスいいなぁって思った。ハラホロヒレハレの状況の曲、エチュードop25-2を両脇から挟んで(笑)穏やかできれいで優しい雰囲気のエチュードop25-1「エオリアンハープ」と、派手で勢いがあってドラマチック展開の「サルダーナ」。曲調も対照的だし、知名度も対照的。知られ過ぎてる曲って、あかんことやると誰にでもスグわかっちゃうというか、みんなかくあるべきのイメージをがっちり持たれてるからやりにくい、怖い、って面はあるし、曲...複数曲の組み合わせ方

  • ショパンとバッハの練習会

    今日は初めて行く会場(スタインウェイ)で練習会でした。特におしゃれな内装とかではないですけど、新しくてきれい。部屋に見合うコンパクトなスタインウェイで、鍵盤はたいへん軽く、弾きやすくはあるけど転げたら止まらないかも…今日の会は、練習会だけどいちおう事前に曲目申請してプログラムが作ってあって、なんとなく前半:ショパン中心後半:バッハ中心となってました。私が弾いたのはショパンエチュードop25-1,2グラナドススペイン舞曲集より「サルダーナ」と、ショパンが入ってたので前半。ただしグラナドス、という異質なものが来るんで前半の最後となっていました。しかしバラード一番英雄ポロネーズ幻想ポロネーズからの、エオリアンハープってのはどうなんだろう…いや、エオリアンハープはまだよかったです。次はハラホロヒレハレになっちゃって、せ...ショパンとバッハの練習会

  • 高速ドレミ唱奏法

    昨日はヨガ前レッスンでした。今週末の練習会ではショパンエチュードop25-1、op25-2、グラナドス「サルダーナ」を弾く予定なので…←隣に先生おいて漕いでてもらえばわりと弾けるw現状、一番手薄なショパンエチュードop25-2からお願いしました。先日のおゆき先生レッスンでは、他二曲でずいぶん時間が押してしまい、お腹すいちゃったので(笑)ショパンエチュードop25-2はまたこの次にしてもらったのでした。で、自分で練習していて、まぁまぁ音は並ぶようになったんだけど、「なんかキマらないんです」ってことで。弾いてみると、「なんか、よっこらしょ、というか、さて次は、という感じで、途切れるのがキマらない原因じゃないでしょうか」と先生。確かに!!さて次は何だっけ、って思ってます(←否定しようがない)。それで、先生が「ドレシド...高速ドレミ唱奏法

  • 継続するチカラ

    「継続は力なり」。続けていれば大概のことはうまくなっていきますし、逆に素質があっても続けられないなら伸びない。←ピアノなら続くんだけどねぇとどのつまり、「継続するチカラ」があるってことが肝心なところですよね。ほとんどのことには飽きっぽい私ですが、仕事や家事のような必然迫られるもの以外で続いているものといったら「ピアノ」です。大人再開ピアノから16年ちょっと経ちます。しかもどう考えても重症化(笑)の一途を辿っているなぜピアノが続くかといえば、それは日々楽しいからですね。時間があればとにかく「弾きたい」、時間なくなっちゃうけどほんとはまだ「弾きたい」、それは一瞬一瞬が楽しくて、純粋にやりたいことだからですね。これがたとえば資格試験のための勉強とかだったりして、その資格を取るということは誰に強制されたわけでもなく自分...継続するチカラ

  • 春からのシフトチェンジ計画

    末子が大学入学するときって、子育てひと段落的な感覚ありますよね?←春よこい今(大学受験中)もそうたいしたことはしてないですが…だいたいにおいて、PCを使う作業、情報収集、参考書アマゾンポチ、過去問プリントアウト、スケジュール取りまとめ、出願(+クレジットカード支払い)などは私がやってるので、まぁそれなりにめんどくさい。というか、時間的にというか、気持ちが取られるのがめんどくさい(o_o)センター試験終わってから、センター利用の合格出るまでが長くて宙ぶらりんなキモチ。#中学受験はテキパキ結果が出てよかったよね春になって、そこいらへんがスッキリしたらね!!(まだ大学生になる保証はないが、なると仮定して)春からの(趣味)生活をどうしようかと考えました。まだ、定年まで7年半くらいあります。子どもも、手がかからなくても、...春からのシフトチェンジ計画

  • そうだ! 私、エチュードやってるわ

    かつさんのブログで「ツェルニー『やる?』『やらない?』問題に決着を」という記事をふむふむと読んでいて、そうかーツェルニーじゃなくて「クラマー=ビューロー」やるんだ、って←楽しい範囲ならエチュードも弾くよ!「クラマー=ビューロー」というのは、もちろん私はピアノ教室の娘なんで名前くらい聞いたことありますが、名前だけ。その中身についてはまったく記憶になく、なんかだいぶ進んだ(音大行くとか)お姉さんしか持ってなかった印象が…かつさん、頑張るなぁ♪そこでフト気付いたんですが、私が今、練習してるのって、エチュードじゃん!!(o_o)エオリアンハープ弾いてるときって、「練習曲やってる」って気分で弾かないので、すっかり意識から抜けてましたよ。人前で弾いてもじゅうぶん素敵な曲ですしね。でも、レッスンに持っていったら、おゆき先生か...そうだ!私、エチュードやってるわ

  • 音楽に沿う動きで弾く

    グラナドスの「サルダーナ」、最初の音符は変わった書き方がされています:←弾きやすいかはともかく、わかりやすい曲。スカッと爽やか同じ音がダブってます。二分音符と四分音符。で、実際には二分音符で弾くことはできない…右手さんも左手さんも次のお仕事がありますからね。しかも、そのお仕事先はけっこう離れているんで…なんか、この曲を練習してるうちに、「早めに前を切り上げて次のお仕事の準備しよう」って思っちゃってたんですよね。なんとなく。一音目をさっさと切り上げて移動しちゃっていました。もちろん、ペダルずっと踏んでますんで、それだからといって音が途切れるわけではないんですが。おゆき先生レッスンで、「もっと立体的に弾けるはず」と。一つには、「ppにする気合が足りない」。上のちゃらっとしたところはもっと小さく弾かないといけないんで...音楽に沿う動きで弾く

  • 手ごわいピアノでエオリアンハープ

    ここんとこ、一人でおうちにいてリラックスしてるときに、めるちゃんでエオリアンハープ弾いてると…←素直なピアノと気難しいピアノの両方おうちにあるといいわねまぁそんなに気合入れないでテキトーに弾いてても、きれいな響きに包まれてたいへん幸せな気持ちになります。アラは自分の耳で自在にカット(笑)ところが、今日はおゆき先生んちのレッスンで、ピアノはシードマイヤー。同じように弾こうとすると、ぜんぜん鳴りませんので、全部がっつり弾く感じでいきますと、そんなんでおゆき先生のOKが出るはずもないですが(^^;;(「だいぶ音に当たるようになりましたね」とはいわれた)自分で聞いてもよくありません。自分の耳で自在に調整してイイ感じにできる範囲を超えています。「まず、全部の音が同じように聞こえるところを直しましょう」(…あのね、めるちゃ...手ごわいピアノでエオリアンハープ

  • キャラ変してグラナドス

    グラナドスのサルダーナを、三月のイロモノで弾こうと思ってるんだけど、この曲って、「フォルテ四つ」のところがあるんだよね。←いつもと違うキャラの曲、いつもと違う大失敗ffffなんて読むの?フォルティシシモ?これがピアノソロに出てくるのって少ないと思う。どんだけ強くしてほしいん…連続のオクターブがばんばんあってそのあげくのffffなんて、私が金輪際選ばなそうな曲なんで。昨日はヨガ前レッスンでサルダーナ持って行ったんだけど、ちょっと「いつもと違う」キャラ変した感じといわれました。「もっとじわーっとした曲、よく弾かれますよね」そうそう。でも、この曲に限って、そんなに弾きにくくは思わないんだけどね。到着いきなり弾いたときは、まぁわりとまとまった感じで弾けたんだけど、ぜんぜんffffな迫力はないというか、別にそんな大音響じ...キャラ変してグラナドス

  • 無伴奏といえばやっぱコレでしょ

    勢いで申し込んでしまった3月のイベント(晴れやかな春が来ていると信じて!)で、「無伴奏の会」というのがあります。←チョビくんもたまにはかわいがらないと楽器はなんでも(ピアノ以外)よくて、一人か二人で演奏するというものなのですが、まぁつまり私の場合はバイオリン、でも私がひとりで弾くバイオリンってかなり聞くのツラいやつ…しかし、人の迷惑顧みず、わざわざ無伴奏の会で何が弾きたいかといわれればコレ:バッハ無伴奏パルティータ第三番のプレリュード。私にとって、バイオリンで無伴奏といったらまずはこのプレリュード。貼ったのはヒラリー・ハーンさんの演奏でして、まぁなんと爽やかな曲でしょう。こういう、単旋律でありながら多声っぽいやつってジャスト好みなんですよ。これまでも、何度か手を出してはいるんですが、音の鳴り損ね・音程のずれなど...無伴奏といえばやっぱコレでしょ

  • 真逆のことをしていた

    昨日チラっとご紹介した本ですが「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」読んで一番衝撃だったポイントは「そこか!!私がやっていたことは真逆だった」というものです。この本の入り口に、典型例として載せられているエピソード----ショーナは、お姉さんが幼稚園に行っている娘の具合が悪いからと明日の昼食の約束をキャンセルしたことについて考えるのをやめられません。お姉さんが自分と会わなくて済むように言い訳を考えたのではないか、と繰り返し考えてしまうので眠れません。ほどなく彼女は泣き出し、朝の四時が電話するのに良い時間なのか考えようともせず、お姉さんに電話をします。彼女はすすり泣きながら、お姉さんが電話に出ると叫ぶのです。「私は良い妹だけど、姉さんは一度だって良い姉だったことなんかないわ!大嫌い!」。(略)-...真逆のことをしていた

  • 調性迷子感

    今朝、電車の中では「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」という本を読んでいた。←調性迷子感のある曲に強く魅かれますこの中に書かれている事例、ストーリーはそのいちいちが「あぁ~」…そんなことあった、みたいな、こじろう世代の言葉でいえば「わかりみが深い」という感じで、またそういう人に対して、周囲が返しがちな、まったく解決にならない反応というのがもぅ…はい、そういうことありましたね、やってました私。この本を読むなら、30年前に読んでおくべきで(たぶん当時そんな本はなかったが)、母がもう認知症になってしまって、記憶をぐつぐつ煮詰めて暴発することもできなくなった今、なんの役にも立たない。それで、この本を読む間ずーっと頭の中をエンドレスで流れていたのがフォーレノクターン6番です。この、ゆらめく調性、常に...調性迷子感

  • 今年のメイン挑戦曲決めた

    「水の戯れ」はせっかく根性出して(というか逃避だけど)最後のページまでめくってみたけどどうもピンとこなくて今年はやめて…←逃避の譜読み第二弾ところで今日も、明日から国公立の出願が始まりますんで娘とあれこれ話し合った結果、紆余曲折あってとんでも意外な方向へ。無駄に振り回されて疲れた…疲れた腹いせに、というか、気が紛れるものといったらやっぱり譜読みでしょう(前回ので味をしめた)。実は前々からめっちゃ気になっている曲があります:FauréNocturneNo.6inDflatOp.63(サンソン・フランソワの演奏でどうぞ)この、響きの複雑な移ろい、おしゃれで大人の曲ですね。ほんと素晴らしい前にこれ、コソーリと譜読みしてみようとしたことがあったのですが、フラットごっちゃり系からシャープごっちゃり系まで目まぐるしく移り変...今年のメイン挑戦曲決めた

  • 今年のメイン曲…「水の戯れ」はやっぱ違う

    先週は逃避行動により「水の戯れ」の譜読みトライに走ったわけですが…(譜読みというよりめくっただけだが)とっさの思いつき、というわけではなくて、今年のメイン曲にしようかな、という気持ちがあったから試してみたんです。丸一日がかりで、えっちらおっちら読んでは音を並べてみて、この一週間つらつら考えてたんだけど、まーとにかく譜読みえらくたいへんな曲です。だからこそ今年やってみようと思ったのよね。臨時記号ごっちゃり、細かい音符ぎっしりで目がちかちかするから、これは目が少しでもマシなうちに読んでおかないと一生弾けなくなると思ったんです。「水の戯れ」(というかラヴェルの細かい音符系の曲)を一生弾けないと困るじゃないですか(?)でも、譜読みは根性だせば(そして時間かければ)やってやれないことはない。たぶん。しかしなんというか…こ...今年のメイン曲…「水の戯れ」はやっぱ違う

  • 連弾練習レッスン、先生が違っても結局

    昨日はヨガ前レッスン、ここでは初の連弾レッスンでした。先日、鳥目さんと合わせをしたマ・メール・ロアです。←いろんな人と合わせてみたいってのはあるつまり、私が1st弾いて先生には2nd弾いてもらったんです。ちょっとどんな感じになるかぜひやってみたかったので。ピアノ連弾って、同質の楽器で密接して演奏するから、音楽というか呼吸の合い方がすごくわかるよね。これまでいろんな上手な人/先生に連弾してもらったけど、ノリの違いがすごく面白い。まず、一曲目、「眠りの森の美女のパヴァーヌ」を合わせてみると、これは特に問題ない…鳥目さんにも「すごくイメージ持って弾いてるのがいい」といってもらったやつ。先生に連弾の相方をお願いすると、ちょっとした見本弾きとは比べ物にならない長さで先生の音が聞けるわけで、これはとてもお得。先生は別にこの...連弾練習レッスン、先生が違っても結局

  • ピアノリハビリ中

    たった数日のことなのに、センターやら出願やらに魂ぜんぶ持ってかれてたら、昨日ピアノ弾いたところエオリアンハープめっちゃへたくそになってて凹んだ。エオリアンハープを暗譜でなく弾く場合はたいていの人がそうだと思うんだけど、5ページにわたる楽譜をぺろーんと展開してはじっこのほうは垂れ下がっててあんまりみえない。どうせ全部の音符を目で追ってたら間に合って弾けないんで、ある程度は(和音の様子とか)覚えて弾いてるわけですね。暗譜でないとはいっても。で、そういう記憶の部分(頭)は数日くらいだったらそんなに変わらないんじゃないか、と思うんだけど、これがどうもね。覚えているか覚えていないかといえば、覚えてるのね。考えれば、わかる。あぁこれこれ、っていう…でも、その記憶の取り出しがほんの微妙な時間、遅くなった感じ。かつ、動作の記憶...ピアノリハビリ中

  • ホリエモン、東大受けるんだってね

    娘の大学受験もたけなわではございますが、「ドラゴン堀江」とかいうくだらない番組を毎週見ている私です。←ちょっと現実逃避芸能人に一年とか勉強させて東大を受験させようという企画はこれまでにいくつかあったらしいけど、どれも合格できなくて、というかたぶん足切り(センターの点数が足りず東大入試を受けに行かれない)にかからなかった人がいないってレベルの話らしい。それはまぁ、受験勉強に不向きな資質の人をもってきて、いくらスーパーな指導者をつけて勉強させてもなかなか難しいですし、そもそも芸人として売れてるからその企画に持ってきたという場合は、勉強する時間があまり取れなかったりするでしょ。それで、今回の企画の場合、まず売れてない芸人で、半年は受験勉強に専念できる人を対象として、オーディションをやって3人選ぶというところ、今までの...ホリエモン、東大受けるんだってね

  • まだバッハに近づかない臨書

    今日は書道の日でした。こんな(バタバタの)ときに?というか、こんなときだから、ランチ食べながら先生とおしゃべりする(愚痴聞いてもらう)のが楽しみで行ってきました。愚痴は主に大学受験以外のことだがw←臨書見習い中今回は臨書四回目です。王羲之の蘭亭序というのを書いています。こんな感じの:なんで黒い?って、これ、石に掘ったやつなんですが、あんまり古いものですしいろんないきさつがあって、元々の紙が残っているわけではないんです。でも紙が生きてたころに模写されたり石に掘られたりして生き残ったのですね。見ていただくとわかるように、なんか美しい字なのですけど、いわゆるお手本ちっくに整っているわけではなくて、バランスが崩れたり、ぐじゅっと重ね書きしたっぽいところがあったりと、いろいろ生々しい感じなのです。書道で「臨書」するときに...まだバッハに近づかない臨書

  • センター試験終了

    「共通一次」というと示準化石扱いされますが、試験の中身自体は今の「センター」とそう違うものではありませんでした。標準的な難易度の問題で、全部がマークシート。あ、昔は、「リスニング」なんてありませんでしたけどね。あと、今は社会が一科目でいいところがいいなぁ~(理系の話)。私のとき、「現代社会」は全員で、プラス「世界史」「日本史」「地理」からひとつ選択。どれも選択したくなかったよほんと。今なら倫社政経だけでいいものねぇ。そういう違いより、もっと大きく違うのはその使われ方です。「共通一次」のときは、このテストが関係あるのって国公立だけだったから、私立専願なら関係ないし、共通一次で失敗しても私大入試には影響ないわけで。二次配点の大きな国公立を受ける場合はまぁ気楽、気楽といったらおかしいけれど、そこまでの緊張感はありませ...センター試験終了

  • 逃避の譜読み「水の戯れ」

    今日は、センター試験の二日目だが、はなひめを送り出し、こじろうが出かけて(バイト?)、よしぞうは元から出張で、朝っぱらから家で一人、特に何をしなければいけないということもなし。←目ちかちか系。少しでも早いうちに。絶好のピアノ練習日和なのだけど…なんかそわそわ、気を取られていて、エオリアンハープをもっときれいに弾くにはとか真面目に追究する雰囲気にならない。別にここで気を揉んでいても、はなひめの点数が上がるわけじゃないのだが。んーーーそれで、ちょっと方向を変えて、練習でなくて「譜読み」にすることにした。たとえば、あんまりまとまったことが考えられない状態のときに(病院の待合室とか)、暇つぶしとしてクロスワードパズルとかやる人いるでしょう?あんな感じで。気を取られることがあるときは、別のこと。思いっきりパズル側にふって...逃避の譜読み「水の戯れ」

  • レが人間ぽい音になってます

    今日はセンター試験の一日目ではございますが、はなひめを送り出してから母はいそいそとマメールロア連弾合わせへ。←息ばっちり、美魔女シスターズ(←ユニット名)本番は三月のイロモノオフ。今日は初合わせなので、一時間まず鳥目ちゃんと合わせをしてみて、しかるのちにartomr先生レッスンという完璧な計画です。これ、全部弾くと(5曲)長すぎるので、今回は最初の三曲「眠りの森の美女のパヴァーヌ」「親指小僧」「女王の陶器人形レドロネット」を弾きます。この組み合わせだと、ゆっくり→へんてこ→はやいとなって、最後派手に終わる感じになってちょうどよいです。つまり、はやいやつ「女王の陶器人形レドロネット」が私の苦手ってことになりますが、まぁ、たいして練習してないせいもあるけど、細かいのをちゃんと弾けてないので、鳥目ちゃんとの合わせのと...レが人間ぽい音になってます

  • スーッと横移動で弾く

    録画してあった「「蜂蜜と雷鳴」若きピアニストたちの18日」を見た。これは、浜コンのドキュメンタリーということだけど、それより牛田くん密着取材という感じの構成で…よくこんなの撮影させてくれたなーコンクールの最中に。ステージ直後の息が上がっているところで何はさておきインタビュー室に来させたり、それどころかステージに上がる直前にもコメントを求めたりという具合。自室にてパソコン経由で審査結果発表を固唾を飲んで待っているところもアップで映して。牛田くん密着なので、コンクール前のレッスン風景とかも映していて、ロシア人の先生にプロコ戦争ソナタ見てもらうところとか。先生が「あんまり文化的でない感じで弾かないと」とかいってて面白い(戦争はちっとも文化的じゃない、確かに)さらに遡って、牛田くんが11歳のときに初めて中村紘子さんにレ...スーッと横移動で弾く

  • YouTube関連動画がいけないの

    今弾いてる、グラナドスのサルダーナはYouTubeに載っている数も少ないけれど…←せいぜい長生きしなきゃいろいろ探して聞いていたら、関連動画ってのが出てくるわけですよ。それで、ついいろいろ聞いちゃうじゃない。Granados:8ValsesPoéticos(Grosvenor,FernandoPérez)え!!これいい!!知らなかった!!この動画、同じ曲をまったく違う(そして両方素敵な)演奏で紹介していて、それがまたそそるのよね。って、ぽちっちゃうわけ。グラナドス詩的なワルツ集これ、まさに、入手簡単(全音版)のレア曲!!(これまでのオフ会とかでは聞いたことない)で、ぽちったついでに、「そういえば、気になってる曲で、まだ楽譜持ってないのあったっけ」とか思い出してしまうんですよ。それでもうひとつ:グリーグ「ピアノ作...YouTube関連動画がいけないの