searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アンダンテさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

いつでもまったりマイペースの長男、 異星人感覚の持ち主の次男、 女王様タイプの娘。 まだまだ事件多発な子育てライフをかいくぐり、ピアノとバイオリンを楽しみつつ、徐々に優雅な生活を模索中。

ブログタイトル
アンダンテのだんだんと日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/andante-dandanto
ブログ紹介文
ごたごたした生活の中から、だんだんと優雅な生活を目指す日記。
更新頻度(1年)

349回 / 365日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2008/09/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、アンダンテさんをフォローしませんか?

ハンドル名
アンダンテさん
ブログタイトル
アンダンテのだんだんと日記
更新頻度
349回 / 365日(平均6.7回/週)
フォロー
アンダンテのだんだんと日記

アンダンテさんの新着記事

1件〜30件

  • 修正ありの演奏録画

    今日は、(ほぼ)誰もいないホールを独り占めして30分、ピアノ弾いてきました♪←結局「修正」できるように弾くにも要練習素晴らしく弾きやすくてよく鳴るピアノ、響くホール、とても気分よかった(^^)単に一人れんしゅう、ではなくて、この会の趣旨は「撮影」なのです。ピアノ演奏の撮影に慣れているプロの人が動画とってくれて、なんなら間違えたところを弾き直しすればあとでうまいこと繋いでくれるんですって。まぁ!!そういうの初めてなので、いや~楽しみ~「修正」するとどういうふうに仕上がるんでしょうか。こないだ行った美容室で、こんど「撮影」してもらうから、ちょっと髪の毛いつもより長めに残してとか話していて、演奏を「修正」してくれるんですって。間違えないで弾くのできないから助かるよねぇ、でも今どきプロのピアニストでもCD出すときは修正...修正ありの演奏録画

  • 妄想選曲(1) なぜかとってもラフマニノフ弾きたい

    今ぜんぜんそれどころじゃないのだが…妄想選曲モードに入ってしまった。←苦手と得意取り交ぜて、弾いたことある曲と新曲取り交ぜて特にきっかけがあったわけでもなんでもないのに今とても気になってるのがラフマニノフ。きっかけといったらショパンだよね?ショパンの素敵な演奏いっぱい聞いて、あれも弾きたいこれも弾きたい、確かにショパン弾きたい機運も高まっているのだけど、それよりもっとラフマニノフ。たぶん…ショパンは今いちおう弾いてる、いや弾いてるというか中断中だけども仕掛中の舟歌がある。ラフマニノフって、なんか今いちばん弾いてる、リサイタルプログラムのセットの中でいちばん不足してる成分なんだよきっと。めっちゃうまい人が「音の絵」とか弾いてることがあるけど、あれって私あまり聞いてもピンと来ないというか、音が密すぎてどうも聞いてて...妄想選曲(1)なぜかとってもラフマニノフ弾きたい

  • 「審査員として自分の好みに関係なく、真の価値ある演奏を…」

    一介の音楽好きであれば、演奏の良し悪しは単に自分の好みで決めても何も問題ないけれど。←「真の価値ある演奏」って何?順番をつけなきゃいけないのが、コンクールの場というもの。審査員は、いったいどう考えて審査をしているの?というわけで、ショパコン審査員のヤブウォンスキさんのインタビュー記事をたいへん興味深く読みました。ヤブウォンスキが審査員としての胸中を語る~ショパンの音楽をリスペクトして音楽に限らず、スポーツでもフィギュアスケートのような採点競技では長らく、公平な?正しい?審査のあり方というものに悩んできた歴史を持つわけだけど、フィギュアスケートでは、「6.0」みたいな一つの(技術点と芸術点のダブルだっけ)点数づけをするのでなく、技ごとに分解して細かくポイントをつけていく方法に「進化」しました。この変化が好きな人も...「審査員として自分の好みに関係なく、真の価値ある演奏を…」

  • リサイタルはプログラム妄想フェーズがおいしい

    もうすぐ合同リサイタル本番なわけですが、まぁ練習会だなんだのほうがこれまで大人数だったり、大きいホールだったり、じゃあ何が特別なのかというと…←考えるだけならタダ(実は楽譜ぽちったりするからタダじゃない)そこを到達点として諸々の組み立て(妄想から練習まで)ができるということだと思います。つまり、曲目と並べ方を考え、練習して、レッスンしてもらってまたあぁでもないこうでもないと…そのすべてのフェーズに筋を通し、よりおもしろくすることができたわけでホント、本番来る前に十二分にモトは取ってます。本番については、ほかの三人はどう考えてるかわからないけど、私はとにかく録音して、30分ノーカット、つっかえたらつっかえたままで!!アップしようと思ってます。記念だもの。生のリサイタルだったら、カット編集とか、あるいはうまくいかな...リサイタルはプログラム妄想フェーズがおいしい

  • 本番直前練習会

    天井が高くてよく響く、こじんまりしたホールで練習会がありました。ここ好きなんだ…←練習会だけど「つもり」だけリサイタルピアノは弾きやすいスタインウェイ。これでスカルラッティK.466弾くとほんと気持ちいい(^^)じんわり耳を傾けてたら変なとこ間違えた(o_o;;だいたい、人前で弾くと、間違える「予定」のところも間違えるし、思いもよらないところも間違えるし、まぁそんなもん。けど、今回は「合同リサイタル」で弾く予定の曲、つまりかなり弾き慣れた曲ばかり並べたのでスカルラッティ/ソナタK.466スカルラッティ/ソナタK.449リスト/愛の夢第三番モーツァルト/ピアノソナタK.282崩壊することはなく、擦り傷程度(主観的表現)で弾き終わりました。持ち時間は22分ということで、プログラム全部は入らないから、アルカンは除きま...本番直前練習会

  • 西洋音楽史(12) ロマン派の鍵盤音楽

    放送大学の期末テストは、四択問題が10個並んでるシンプルなもので、放送授業をまだ全部聞いてなくても(^^;;提出に問題はなかったのでちゃんと期日どおり出しました。←ピアノも、科学技術の進歩と共にありで、聞いてなかったところを埋めております…「ロマン派」「ロマンス」…あまりにも馴染みある言葉で、語源とか考えたことなかったんだけど。語源となる「roman」は「中世ロマン語で書かれた物語」ですって。ある特定の言語で書くからって中身はいろいろだろうと思いますが、「冒険や想像力を膨らませる伝奇的な物語」という特徴があったので「ロマン的」というと、幻想的、冒険的、不可思議な、現実離れした、というような意味合いになったんですって。「時代の気分」というか、自意識、自由な精神、独立心を持つようになった市民層が文化の担い手になり、...西洋音楽史(12)ロマン派の鍵盤音楽

  • ピアノで測る五十肩の今

    ショパン・コンクール予備予選の反田さんの演奏、お聞きになりました?←ショパン弾きたくなるよね…私は特に彼のファンというわけじゃないのですが、演奏素晴らしかったと思います。なんか、コンクールというより演奏会の、ピアニストオーラが出ているというか、堂々と聞かせる迫力がありました。まぁ考えてみれば…彼のピアノは、一度、ショパコン優勝していますよね?二次元ですが(カイ役)それで、なんとなく「ピアノの森」アニメを思い出していて、そうするとやっぱり(?)ショパンエチュードOp.10-1(右手アルペジオのやつ)ですね。オープニングの。ふと思い立って、楽譜広げて音を並べてみますと(←弾く、といえるようなテンポではない)…おぉ。なんかラク。。前にもそうやって、ちょちょっと並べてみようとしたことがあるんですよ。いつだっけかな…この...ピアノで測る五十肩の今

  • 西洋音楽史(15) バッハ演奏の変遷から見る音楽史

    「題名のない音楽会」で「箏にうってつけなクラシックの音楽会」というのを見ていたのですが(かてぃんが出てたので♪)←そういや、「クラシックブログ」ってジャンルでしたね「Ryu(竜)forKoto」という曲が「藤倉大さんに頼んで琴のために作曲してもらった」とか言ってたのを聞いて娘が「頼んだ?今、生きてる人が書いてもクラシックなの??クラシックって何??」…えーと、なんだろ…と、いうことで(?)、西洋音楽史最終回は「バッハ演奏の変遷から見る音楽史」でした。そもそも、18世紀までの西洋音楽ではだいたい同時代の音楽のみが消費されていたところ、過去に作曲された音楽を、楽譜を通じて読み取って演奏して、作品として受容する習慣ができたのは、18世紀後半以降…つまり「古典」の音楽を演奏する、聞くということですね。18世紀後半、19...西洋音楽史(15)バッハ演奏の変遷から見る音楽史

  • スカルラッティの楽譜、ロンゴさんVer.

    artomr先生のレッスンで、スカルラッティのソナタK.466(L.118)について、「ペダルを増やしたほうが」ということのほかに「ここはタイのほうがいいのでは」などの疑問点があったので、←スラーかかるとまったく別の景色に見える別バージョンの楽譜を改めてダウンロードしてみました。元々、私が使っていた楽譜も、imslpからダウンロードした野良楽譜なのですが、こんな感じの簡素なもので、今回ダウンロードしたのはこんなふうにいろんな情報がこんもり入っているものでした。いつも思うけど、スカルラッティのソナタって、たくさんある上に、番号体系が二つ(しかも全然違う)あって、混乱しません?ひとつがカークパトリック番号、もうひとつがロンゴ番号ということですが、ほんと、スカルラッティの曲を整理編纂して後世に残してくれたのはありがた...スカルラッティの楽譜、ロンゴさんVer.

  • 弾き方の進化は階段状、そしてまだ先がある

    ショパコンつながりで「ショパンに愛されたピアニスト-ダン・タイ・ソン物語」を読み返していました。←変化は急に、かつ、持続的に。ダン・タイ・ソンはショパコン優勝後、すぐプロとして活動するのではなくて、モスクワ音楽院の上級クラスに進むことを選びました。先生はドミトリー・バシュキーロフ。そのころのソンの弾き方は、身体の動きが大きくて前かがみ、覆いかぶさるような感じだったそうですが、その先生のアドバイスは「腕と背筋を伸ばして姿勢をまっすぐに保ってみたらどうだろう。腕と指に余分な力を入れずに。そうすると手も指も自由に動くだろう。そして、からだもむやみに動かさないように。どうだい?その姿勢をマスターすることはできるかい?」いやー、ショパコン優勝した人に、「そこから?」って感じなのですが、ソンはそれを素直に受け止めて頑張って...弾き方の進化は階段状、そしてまだ先がある

  • リアルで続けて弾いてみた

    家で30分続けて集中して弾くとか、なかなかできることではないので…←あと二週間でできること今日は一時間レッスン(artomr先生)の中で、「前半は何も言わずに通しで聞いてください」とお願いしてみました。通しで聞いてもらって、それこそ曲と曲の「間」をどうするかとかまで含めて確認してほしかったので。弾いてみたら…案外、最初から最後まできちんと集中できて、やはりまぁまぁ自信持って弾ける曲(ゆっくりのスカルラッティ)から始まって、途中に自信持って弾ける曲(アルカン)が来るのでペースが掴みやすいです。よい設計だったと思います(自画自賛)全体をGVIDOに収めているので、譜めくりも静か、スムーズです。ただし、最後の最後、モツソナ三楽章の3ページ目に行くときに、めくるタイミングが微妙なので「紙ぺら一枚」足そうと思ったのに持っ...リアルで続けて弾いてみた

  • バーチャルリサイタルにして聞いてみたけど

    前に、バーチャルリサイタルという企画を思いついてやったときは、これまで何年もかかってYoutubeにアップしてある録音の中からよさげなのを選んでリサイタルのプログラムとして組み合わせて再生リストにする、というのだったんだけど…←一発勝負なところが良くもあり危険でもあり今回は、バーチャルじゃなくてリアルに「合同リサイタル」にしようとしているわけで、ぜーんぜんまったく違う話なんだけれども。いやー、30分間演奏するってほんと大変なことですね(何をいまさら)とりあえず、ここ一週間くらいかけて、「一日一曲(ただし録音できる日に限る)」セルフレッスン用録音を取っていたので、それをつなげてバーチャルリサイタルにして、聞いてみようかと。バーチャルリサイタル2021(観賞非対応:ショパコンやらピティナ特級やら聞くので忙しい今日こ...バーチャルリサイタルにして聞いてみたけど

  • コロナワクチン、アナフィラキシー以外の副反応について

    厚労省のページに、心筋炎のことが出ていました。---------引用:ファイザー社の新型コロナワクチンについてごくまれではあるものの、ワクチン接種後に軽症の心筋炎や心膜炎が報告されています(※)。接種後数日以内に胸痛、動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら医療機関を受診してください。(※)1回目よりも2回目の接種の後に多く、若い方、特に男性に多い傾向が見られます。---------引用終わり←オリンピックが終わるまでにどんなことになっているのか…こういうことは、どんなデータからわかるのかというと、これはアメリカCDCのページですが---------引用:COVID-19VaccinesafetyupdatesAdvisoryCommitteeonImmunizationPractices(ACIP)June23...コロナワクチン、アナフィラキシー以外の副反応について

  • 地区本選で何弾こう?

    地区予選のあと、地区本選は9月から11月くらいに何度かある中から好きなの選んで参加できるんですけど、何を弾こうかな。←過去の自分の録音聞くと「あちゃーー」ってなってまた弾きたくなるま、アルカン弾いてもいいんだけれど…それは確かに現時点で一番自信持って弾ける曲でもあるし、誰とも被らない曲だし、他の人がもっと難曲弾くからそれに合わせなきゃとかそういうのは別にないんだけども、もう何度も弾いてる曲だからね(いいホールいいピアノ含む)。それに今回、いちおう自分の弾ける範囲では「いい感じで」弾いて、もちろん課題残りではあるけどもすぐそんなに目覚ましく改善できるとも思えない。せっかく素敵なホールで弾けるなら、また別の曲がいいなぁ。しかし、9月といったらそれは、たぶん舟歌…舟歌は舟歌でもアルカンじゃなくてショパン(o_o)ほぼ...地区本選で何弾こう?

  • 「まん延防止等重点措置」の横浜

    昨日、講評用紙が出るのを待っていたらけっこう遅くなってしまって、お腹空いたから何か食べて帰ろう、と思ったわけです。←駅ナカでサンドイッチ買って帰りました会場周辺は何もなさそうだったので、いったん電車に乗って、(お店なんでもありそうな)横浜駅で降りました。時刻は、8時をわずかに回ったくらいだったかと思います。そう、8時です。駅ビルの店が全部閉まってるので、「しまった」と思いました(ダジャレじゃないです)。東京都が「緊急事態宣言」で8時以降云々というのは知ってましたが(いちおう都民なので)、神奈川県も「まんぼう」でしたね。「まんぼう」だとどう違うんだっけ…よく覚えてなかったもので、そのまま駅を出てみましたが、そこに広がっていたのは異様な光景です。ものすごい数の人波が、こちらへ押し寄せてくるんです。逆向き(駅から繁華...「まん延防止等重点措置」の横浜

  • 地区予選、通りました

    今日はコンクールの地区予選に行きました。←気持ちよく弾けました。コンクールだけど。いや暑かったほんとに…ここんとこ、めるちゃんのために一定温度湿度を保ったリビングでずーっと平和に過ごしていたので、はぁぁぁ日本の夏はべたべた過ぎるぅ。涼しい館内に入って手もよく洗って水分補給もして、人心地ついたと思ったらわりとすぐ、もう舞台裏に行く頃合い。コロナ対策で、細かく区切って受付して、客席に入ることもなく追い出されるシステムなので、なんか緊張するほどの時間もなかった感じ。それに、自分的には「合同リサイタル」のリハ的な位置づけなので…リサイタルの「目玉」の曲はアルカン舟歌。だから、今日はアルカン舟歌と、そこからの流れで(プログラムどおり)モツソナ冒頭を弾きました。あとちょっとで1ページ、というくらいしか弾けなかったんだけど(...地区予選、通りました

  • 特別な年だった、2020人口動態統計

    先日、さんすう苦手なの?(新型コロナワクチンの記事より)を書くときにいろいろ読んだ中で、「人口動態統計」というのがあって、←人命は地球より重い…のであれば、コロナ以外のことも重要。たとえばこの記事:年間死亡数11年ぶり減コロナ対策で感染症激減(日本経済新聞社)にありますけど、ほんとに特別な年…いろいろあった2020年、日本人が何人亡くなったのか。さすがに日本では、人が亡くなって気が付かない(統計にのらない)ということはごくたまにしかないので、いいことも悪いこともおしなべて結局どうだったのかを知るには確かな材料となります。そうすると、日本ではこれまで「死亡」が年々増えていたところ(高齢化が進んでいるので当然)、久々に減ったということです。新型コロナで亡くなった方の数よりずっと、肺炎・心疾患・脳血管障害・インフルエ...特別な年だった、2020人口動態統計

  • 1980年ショパン・コンクールから始まった

    小さいころも、クラシック音楽に親しんではいたのだけど、自分が弾くとか歌うほかは、母のところに来る生徒のレッスンが聞こえてくる、というのがメイン。←若い人はエアチェックなんて知らんかプロの音楽を聞くという習慣はありませんでした。確かレコード・プレーヤーはあったんだけど、それでかけたレコードが、紙芝居についてたソノシートとかしか記憶になく(いくらなんでもクラシックのレコードもあっただろうけどね。ピアノの先生のおうちなんだから)それが、プロの演奏する音楽を自分から積極的に聞くようになったきっかけが、1980年のショパン・コンクールだった。私の中学校入学が1979年だけど、ごたごた(中学受験全落ちから公立中入学、いじめやらいろいろあって中学校生活に挫折して私立に転入)がようやく落ち着いて中学二年生。いい頃合いだったのか...1980年ショパン・コンクールから始まった

  • 調律してもらった喜び

    先日、一晩中どしゃどしゃに雨が降ったとき、除湿機タンクが満水になったまま気づかずに朝になり、そしたら←とりあえず除湿に気をつけます…めるちゃん(シンメル)が思いっきり不機嫌になってました(o_o)だるんだるん湿気に弱いドイツ育ちのお嬢様なので。ハイ。私が悪うございました一方、同じ状況の中、やまちゃん(ヤマハ)を弾いてみたらば何事もなくいや強いわさすが日本の工業製品めるちゃんは調律後半年経って、それなりに狂った感じになってたんですが、拍車がかかりました。でも今日、調律してもらって…すっかりご機嫌うるわしく、きれーいに響きます♪めるちゃんも幸せ、私も幸せ実は、前回、前々回の調律師さんにはお断りを入れてめるちゃん購入時の調律師さんに来ていただいたんです。やはり音色はその調律師さんのが好みなので…なんでお願いしなくなっ...調律してもらった喜び

  • セルフレッスン: モツソナK.282第一楽章

    ふだん、なかなか細かいトコまで追究しないので…←ようやくお尻に火がついてきたぜせっかくの企画の合同リサイタル前くらい(!)真面目に細かいところを考えようかと動画とって自分で見るシリーズ爆誕!!いぇい今日はモツソナ第一楽章まず聞いて思うのは、「ピアノとフォルテ、差がほとんどない」ってことです。この曲、頻繁にpとfが出てくるんですが、本人が弾いてるときはけっこうつけてるつもりでも、ぜんぜんそう聞こえない。…ってところが一番問題かなと思いました。もちろんバーンといくようなフォルテじゃないと思うし…なんかうまい具合にするにはどうしたもんかとそれと、「スラーの最後の音は軽く」ができてないところがけっこうある。これ、真面目にやろうと思うと気が狂いそうに難しい、神経使う(だからちゃんと普段からそういうふうに気を付けて練習して...セルフレッスン:モツソナK.282第一楽章

  • 合同リサイタルのリハ的なもの

    今日はホールで練習会…面子は、八月の合同リサイタルとまったく同じ四人。←30分集中して弾くのってたいへんです。ということで、合同リサイタルのリハ的なものになりました。持ち時間はきっちり30分ずつそういや、四人の演奏順(当日の)を決めないとな、と思っていたので、とてもぴったりの機会でした。素晴らしいピアノですがベストコンディションとはとてもいえない今日…昨今、換気のためやたら扉を開ける運営にしているホールが多いうえに、ここんとこの湿気ですからね、げんなりしてるピアノちゃんが多いと思います。しかし、ピアノのコンディションに悩むのは本人だけで(笑)、聞いているととてもいい雰囲気の演奏が多くて、これはとても素敵なリサイタルになりそうですよ。だいたい、空間(音響)がいいと幸せ感三割増し、いやもっとかな。実は、本番で使うの...合同リサイタルのリハ的なもの

  • 自筆譜は5点残されており、それぞれ別の女性に…

    ショパンのワルツ第12番Op.70-2を弾こうと思ってるんですが、パデ版みたらけっこう違う2パターンが載ってて。どっち弾いたらいいですかね?←ショパンさんに手稿譜贈られたら…舞い上がりそうだな(笑)と、おゆき先生に相談したら、ま、好きなの弾いたら、って感じで、それでまずはどれが好きかを考えることになりました。パデレフスキー版にあるのはD'apresl'editionposthumedeJ.Fontana(フォンタナ校訂)Laversiond'apreslesmanuscrits(手稿を元にしたバージョン)MadmoiselleMariedeKrundner(マリー・ド・クリュントネル嬢)昔、弾いたのは全音版で、これはパデ版でいうところのフォンタナにあたるようです。エキエル版には、フォンタナ校訂のほかに[B]-8...自筆譜は5点残されており、それぞれ別の女性に…

  • レトロな記念館でレトロなベーゼンを

    とても素敵な場所での練習会♪←アルカンはフランス生まれ、六歳でパリ音楽院に入学した神童だって右のほうに古いオルゴールなどもありますが今日はこれを触れるわけではありません…ちょっと聞いてみたいねぇピアノのほうは、木目の美しいベーゼンインペリアル。ふつうのピアノの88鍵にプラスして、下のほうに鍵盤いくつかついてます。黒く塗ってあるので区別はつくんだけど、そっちに目がいくとなんとなく場所感覚が狂うので、あんまり見ないようにしてました(笑)今日、そこを使った人はいなかったんじゃないかな。弾きやすくはあるんだけどちょっとコントロールしにくい癖のあるピアノで、あとちょっと調律狂ってます。ずっと湿気のすごい日が続いたうえ、コロナ対策でしょっちゅう換気してますから、ヨーロッパピアノにはしんどい環境ですね。でもうまくハマると、す...レトロな記念館でレトロなベーゼンを

  • さんすう苦手なの? (新型コロナワクチンの記事より)

    週刊誌で、新型コロナワクチンを打ったあとに亡くなった人の数がセンセーショナルに取り上げられてワクチン接種後350人超が死亡!「死亡例リスト」にみるリスク要素は?←夫婦そろって健康でまったり老後を過ごしたいものです接種を推進したい側の人が一生懸命「接種後に死ぬのと接種で死ぬのは違いますよ」といっていますが(←これは当たり前)、どっち側の人も…ほんといい加減な出鱈目記事を書いてることがあって読んでるとクラクラしてきた。みんな大丈夫??さんすう苦手なの??(私も別に得意じゃないけども)今日見たトンデモ記事:新型コロナワクチン接種後350人超死亡接種しなくても死亡した可能性を区別できないし、むしろ自然死より少ないこのお医者さんがいってるのは、要するに人は死ぬんですよ(ワクチン打っても打たなくても)。1億二千万だかいる日...さんすう苦手なの?(新型コロナワクチンの記事より)

  • だいぶ前に弾いた曲

    突然だけど、今週末の練習会でドビュッシー/月の光を弾きたくなって、楽譜を引っ張り出してきた。←名曲中の名曲です。飽きない。別に飽きたから次の曲行くわけじゃないです。GVIDOに楽譜PDFが入っているなら「引っ張り出す」という表現にはならないけど、これはPDF化してなくて、というのもGVIDO買う前だったからというのがひとつ、それからこれはGVIDOでも譜めくりする暇がないからというのがもうひとつ。楽譜が6ページ分あるので、それをちょっと縮小コピーしてかつ余白を詰めて、無理やり一回に譜面台に乗せられるようにしてある。こういう「手をかけた」楽譜はとっておくに限る。「工作」の手間をかけたというだけではなくて今日弾いてみたドビュッシー/月の光…一年半前に弾いたままのわりに案外ちゃんと覚えている、かのように弾けているのは...だいぶ前に弾いた曲

  • ざっくり「音楽の才能あり」ってことで

    さてさて昨日の本「ドビュッシーはワインを美味にするか?」の続きですが…←まぁだから大人趣味ピアノわざわざやってる人はほぼ「才能あり」になるわね8章「あなたには音楽の才能があるか?」というところの話。ここで最初に紹介されている研究は、257人を対象に音楽の上達スピードを調べたものなんだけど、グループA:コンクールで優秀な成績を収めた~グループE:楽器の勉強を始めたが途中であきらめたの5グループに分けて比較しています。上達スピードってのはどう測ればいいのか難しそうだけど、この研究はイギリスで行われたもので、なんでもそこいらの人はみんな同じグレード・システムを受けてたらしい…そりゃ好都合ですね。それで結果は、まぁ想像どおり、グループAから順に上達スピードが速いってことなんだけど。つまり、どのくらいの期間で次の級に受か...ざっくり「音楽の才能あり」ってことで

  • ドビュッシーはワインを美味にするか?

    ちょっと、今日は読書のほうを優先させたいので、手短に。←とりあえず、BGMかけてワイン飲みながら読むわ図書館で「ジャケ買い」ならぬ「表紙借り」した(つまり、中身を見ていないで選んだ)、「ドビュッシーはワインを美味にするか?」という本があるんだけど、これは、小説とかではなくて「音楽の心理学」というサブタイトルがついた、まぁ学術書とはいわないけどもいろんな論文からおよそのところを一般向けにまとめたものだ(らしい、まだこれから読むんだから)。たとえばだけど、人はどのくらいBGMに操られているのか(^^;;ワイン売り場に、ドイツワインと、フランスワインが並んでいるとして、ドイツの曲を流したら/フランスの曲を流したら売り上げがどうなるのか、ということ。ノース教授とハーグリーヴス教授のやった実験によれば、・ドイツの曲→ドイ...ドビュッシーはワインを美味にするか?

  • やれることはまだまだある

    さてショパン舟歌をしばし塩漬けして…←ややこしすぎる曲(ショパン舟歌)ではなかなかできないことをやっておく合同リサイタルの曲目を仕上げたい。で、今日はおゆき先生レッスンだったのですがスカルラッティ/ソナタK.466スカルラッティ/ソナタK.449リスト/愛の夢第三番アルカン/バルカローレモーツァルト/ピアノソナタK.282まさか全部見てもらうわけにもいかないしどれがいいんだろう??極端に弾けてない曲もなければ自信持って弾ける曲もない(←どうなのか)自分的に「伸びしろ」ありそうな曲ということでリスト/愛の夢第三番モーツァルト/ピアノソナタK.282でお願いしました。たくさんのことを言われて「こうかな?」「こうかな??」あれこれ弾いていたようでありながら、まとめてみると言われたことはほぼ二つ:・手の甲をバタバタさせ...やれることはまだまだある

  • あれ、ショパンワルツ12番ふたつある。

    今年の秋に、ショパン縛りの会がありまして、そこで当然ですがショパン舟歌を弾く予定なのですが…←シンプルな形式なのに自分でやってみるとわたわたするなにせシーズン1のときには舟歌が12分とかかかっていたので(笑)15分枠を予約するしかなくしかし、10分以内で弾けるようになってきましたので、何か一曲足したいなと。その曲として…即興曲第三番が弾きたいと思ったんだけど、まぁよく考えたら、プロが弾いて5分ちょいかかるものを、私が弾いたら絶対収まらないだろうと。だろう、とは思うんだけど…諦める前にやっぱり試してみたくて今日の「何もない休日の寄り道曲」で弾いてみることに。だいぶ格闘して録音→ショパン即興曲第三番(譜読み)10分かかっています。もちろん練習したらこれよりは速いところに落ち着くでしょうけれども、一部分(一小節とか)...あれ、ショパンワルツ12番ふたつある。

  • ショパン舟歌の区切り、なかなかつかないけど

    元々の予定では、先週の発表会でショパン舟歌を「(だいたい)ばっちり」決めて(^^;;いったん半冷凍状態にしておいて、八月の合同リサイタルに備えるつもりだった。←そう簡単に決着がつく曲なわけない…ところが、大事故(沈没)して引っ込みがつかなくなり、今日の練習会で再度弾きました。今日のは、練習会といっても、響きのよいホールで、半分発表会みたいなもの…ということで…珍しく録音でなく録画(iPhone)したので、音質はイマイチだけどもまぁ記念でたまにはこういうのもいいかと今日の舟歌結局いろいろやらかしていますが、沈没まではしなかった、というのと今日は音をハズして弾き直ししないで先にいけたのがけっこう多かったので自分的には頑張ったしかし、うーんあんまり成仏できなかった…ここから(合同リサイタルが終わってから)秋の本番まで...ショパン舟歌の区切り、なかなかつかないけど

カテゴリー一覧
商用