プチメタ3.0
読者になる
住所
兵庫県
出身
ハンドル名
D.IKUSHIMAさん
ブログタイトル
プチメタ3.0
ブログURL
https://mclover.hateblo.jp/
ブログ紹介文
刺激を受けた物事に対する感想や考察、 資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。
自由文
-
参加カテゴリ

英語ブログ / 英語学習情報

サラリーマン日記ブログ / 勉強しているサラリーマン

投資ブログ

更新頻度(1年)

219回 / 304日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2008/06/19

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数

D.IKUSHIMAさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、D.IKUSHIMAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
D.IKUSHIMAさん
ブログタイトル
プチメタ3.0
更新頻度
219回 / 304日(平均5.0回/週)
読者になる
プチメタ3.0
  • グラスをフォークで叩いて注意を引く謎の文化

    映画を観ていると、大勢で食事をしているときに グラスをフォークで叩いて みんなの注意を引く場面が出てくる。 キンキンという音を聞くと 周囲の人が一斉に静かになるのだ。 結構な数の映画で観たことがあるが、 アメリカにはこういう文化が浸透しているのだろうか。

  • ブログをレスポンシブデザインに変更しました

    これまでプチメタはパソコンやタブレットで見た場合と スマートフォンで見た場合とで デザインやレイアウトが大きく異なっていました。 旧プチメタをパソコンから見た場合: 旧プチメタをスマホから見た場合: これははてなブログのもともとの仕様で、 スマホで見やすいレイアウトには変わるものの 本来のデザインがまったく反映されないので 閲覧する端末によって雰囲気が違うという問題がありました。 そこで同一のデザインを流用しつつ、 その端末の解像度に合わせてレイアウトが変わる 「レスポンシブデザイン」に載せ替えることにしました。 単に設定ファイルを置き換えるだけでなく、 これまでのブログの雰囲気と同じになるよ…

  • フロントラインの累計ダウンロード数が100万を突破しました

    mclover.hateblo.jp 2003年に公開して以来、実に16年以上が経ちましたが、 自作ゲームのひとつである「フロントライン」の 累計ダウンロード数が100万に達しました。 ダウンロードサイトの仕様上、 バージョンアップごとにダウンロード数がリセットされるのですが、 これまでのすべてのバージョンを合計すると 100万ダウンロードということになります。 スマートフォンが普及して以来、 パソコンでダウンロードするタイプのゲームは分が悪いのですが、 それでも大台に乗ったのはありがたいです。

  • 振動だけで時刻を教えてくれるAppleWatchの機能が便利

    AppleWatchをWatchOS6にアップデートしたら 振動で時刻を教えてくれる機能が付いた。 AppleWatchの設定の「時計」から 「Tapticタイム」を有効にするだけ。 とりあえず「数字通り」の鳴らし方が一番わかりやすい。 あとは明るい状態の画面に2本指で触り続けるだけ。 長い振動が10の位、短い振動で1の位を表現するので 15時32分なら「長い振動が1回、短い振動が5回、 長い振動が3回、短い振動が2回」という感じ。 誰かと対面していて時計をチェックしづらいときや 夜中に目が覚めてまぶしい画面を見たくないときなど、 振動だけで時刻がわかるのは意外と便利だ。

  • 恐れは逃げると倍になるが、立ち向かえば半分になる

    恐れは逃げると倍になるが、 立ち向かえば半分になる。――――――ウィンストン・チャーチル 就職活動が近づいてくるこの時期になると 不安と緊張から志望業界を変える学生が出てくる。 心配なのは、自分の希望を叶えるための行動ではなく、 不安や恐れから逃げるために志望を変えていることだ。 志望業界を変えたいと希望した割に 変更後の進路についてほとんど調べていなかったり 必要な準備が何もできていなかったりする。 迫り来る難関を避けるために進路を変えても 結局は別の難関が控えているだけで、 いつかは正念場に向かわなければならない。 それなら自分の希望に一番近い場所で努力した方が 全力でがんばれると思うのだ…

  • 駄菓子の当たりを見抜く方法を発見した

    もうかなり昔になるが、 昼休みに学生に混じって昼食を食べていた頃、 食事を済ませた教え子が 食堂の片隅に売っている駄菓子をよく買ってきていた。 毎日のように買う中で たまに当たりが出て喜んでいたが、 その姿を見てふとひらめいた。 仮説: 店頭ではたくさんの商品に紛れて当たりが入っているが、 製造工程では当たりとハズレを別々に作って そのあとに混ぜているのではないか。 そして、異なる機械で作っているなら、 商品の仕上がりにも違いがあるのではないか。 唐突なアイデアだったが、確認してみる価値はある。 どうせ時間を持て余していた昼休みなのだ。 検証1:当たりを手に入れる この理論を立証するためには …

  • 北に対してどちらが西かを一瞬で判断する方法

    何かの状況で方角が必要になったとき、 南北はすぐに判別できても 東西がどちらの方向になるのかがわからないことがある。 北や南は太陽の方向や地図の向きによって判断できるが、 それに対して左右どちらが東、西なのかが瞬時にわからないのだ。 そんなときは日本地図を思い浮かべてみる。 日本の全体像を思い浮かべると、 不思議と左が西、右が東だと一瞬で判断できる。

  • Google検索するだけで動物の3Dモデルが飛び出すギミックが面白い

    iPhoneでGoogleにアクセスして「犬」で検索すると、 見慣れない3D表示のボタンが出てくる。 これを押してiPhoneをしばらく動かすと カメラ越しの現実世界に犬の3Dモデルが登場する。 2本指でスワイプして大きさを変えたり 回して向きを変えたりすることができる。 イヌ以外にネコ、サメ、トラ、ライオン、チーター、カメ、 パンダ、ウマ、ペンギン、クマ、 シカ、ヘビ、アライグマあたりも出てくる。 好きな動物を部屋にいたまま、 いろんな角度で観れるのは素晴らしい。

  • 謎解きブログのプレイ人数が1700人を突破しました

    nightschool.hateblo.jp 先日公開した謎解きブログ「夜の小学校」ですが、 ありがたいことに少しずつ広まっていて、 T++; C++;C2++; var rate=C/C2; rate*=100; document.write("すでに" +C2+"人もの人たちがプレイしてくれました。現在の脱出率は"+rate.toFixed(2)+"%となっています。"); *1 ダウンロードするタイプのゲームを パソコンで遊ぶ人はかなり限られる時代なので、 スマホ・PCに関わらずブラウザ上でプレイできる手軽さは 正解だったように思います。 また、リアル脱出ゲームや謎解き企画が世間で流行っ…

  • サンタが現れる様子を監視カメラで撮影した子供の反応にグッとくる

    サンタの姿を見ようとカメラを仕掛けた7歳の子供が 録画された内容をドキドキしながらチェックする様子。 (序盤が長いので途中から) サンタの姿を見たいと思う子供は少なくないだろうが、 その好奇心を上回る家族の思いやりが素晴らしい。

  • 機械学習の概念を非常にうまく説明したWebマンガ

    cloud.google.com 「AI」「ディープラーニング」「ビッグデータ」 「ニューラルネットワーク」「機械学習」といった用語が あちこちで聞かれるようになり、 そういった方向の勉強を強いられる人も増えてくるだろう。 ただ、計算方法やプログラミングを学ぶ前に その概念をきちんと理解しておく方がスムーズだ。 私もいろいろな資料や本を読んでみたが、 導入部として一番わかりやすかったのは Google AIチームが公開した上記のマンガだ。 どういう仕組みと調整が必要なのかが 非常にうまく描かれているので、 AI関係の勉強をする前に読んでおけば いろいろな知識が吸収しやすくなるだろう。

  • 「左に○回、右に○回」という鍵の内部構造を解説した動画が興味深い

    ケタごとにダイヤルが分かれている鍵と違って、 金庫の扉についているような ひとつのダイヤルを左右交互に回す鍵は 一体どういう構造なのか気になっていた。 右に回したあとに左に回すと 最初に回した分が相殺されるのでは、と思ってしまうが、 そこは非常にうまく考えられた仕組みになっているようだ。 英語ナレーションだが、CGが優秀なので 眺めていれば十分に理解できる。

  • カードにチャージされている残額をiPhoneで調べられるようになった

    ICカードリーダー by マネーフォワードMoney Forward, Inc.仕事効率化無料 iOS13にアップデートしたiPhoneでは SuicaやICOCAのような非接触型決済のカードに いくらチャージされているかが読み取れるようになった。 iPhoneで読み取り用アプリを起動し、 ちょうどカメラのレンズあたりを 軽くカードに触れさせるとうまくいく。 この機能があれば、カード内の残額を調べるために 改札を通るときに注意して見る、といったことを しなくてよくなる。便利。

  • なぜ売り切れになるのかわからない状況

    この状況でなぜ売り切れになるのか、 わかるように説明して欲しい。

  • 謎解きブログ「夜の小学校」に後編を追加し、完全版となりました!

    nightschool.hateblo.jp 先日、前編だけを公開した謎解きブログですが、 それ以降も毎日ひたすら問題を考え続け、 地獄のような苦しみを味わいながら なんとか後編となる内容を合わせて完成させました。 謎解きを自作したのは初めてだったので、 その後の展開につながる答えから 逆算して問題を作る作業に本当に苦労しましたが、 全体としてはなかなかいいデキに仕上がったように思います。 どのぐらい悩むかにもよりますが、 全部で2時間ぐらいのボリュームにはなっていると思うので、 謎解き好き・ゲーム好きの方はぜひプレイしてみてください。 前編をクリア済みの方は 前編終了直後からコンティニューし…

  • ブログ上で遊べる謎解きゲームを公開しました

    nightschool.hateblo.jp これまでいくつもの謎解きゲームをプレイしてきましたが、 だんだん「自分でも作れるんじゃないか」と感じるようになりました。 かといって実際の舞台を用意したり 特定の地域を題材にした謎解きにはしたくなかったので、 ブログ上で楽しめる形にゲーム化してみました。 筆記用具や用紙の印刷は必要ですが、 それ以外はすべてブログ上で完結し、 謎解きとしての面白さも味わえるようにしました。 問題を作ったり、それをうまくつなげる作業が本当に大変で 最終的な完成にはまだもう少し日数がかかりそうなので、 キリのいい場面までプレイできる前編だけ 先にプレオープンすることにし…

  • 仮面ライダー好きをバカにされた子供をオタクたちが救った話

    note.mu 仮面ライダー好きを友達にバカにされて ネガティブな思いに駆られる小学2年生に対し、 好きをひたすら貫いてきた仮面ライダーオタクたちが その圧倒的な熱意で自分を取り戻させる話。 悔しさのあまりダークサイドに落ちそうだった子供が いろいろな知識と研究心を持った先輩オタクのおかげで 自分の生き様を見出していく様子が清々しい。 どんなことでも熱心に取り組む人は それだけの魅力を持っている。

  • 本編が始まる前のロゴ表示が多すぎる映画

    映画「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」で 本編が始まる前のロゴ表示が めちゃくちゃしつこくて驚いた。 バグッてループしてるのかと心配したぐらい。

  • 女性の人生模様を体験できるミニゲームにグッときた

    FlorenceAnnapurna Interactiveゲーム¥360 ゲームの体裁を取りつつ 1人の女性の人生を描いた「Florence(フローレンス)」が面白かった。 生活の中のちょっとした行動が いちいちミニゲームになっており、 これが不思議と主人公との一体感を感じさせる。 唐突で操作やルールがよくわからないときもあるが、 ゲームオーバーになることはないし、 好成績を出すのが目的ではないので とりあえず適当に触ってみるといい。 30分程度でクリアできるボリュームだが、 女性の人生を追体験した充実感が大きく、 プレイしてよかったという気持ちにさせてくれた。 ストーリーはそれほど目新しくは…

  • たこ焼きのときだけ「パーティ」になる不思議

    関西の各家庭にたこ焼き器(または鉄板)があるのは本当だし、 夕食として家族や友達と 作ったりすることも珍しくない。 そしてそれはなぜか「たこ焼きパーティ」と呼ばれる。 「今日はたこ焼きパーティやでー」 「こないだ地元の友達とタコパしてさー」 など、日常会話で違和感なく使われるし、 誕生日など特別に人が集まったイベントではなく、 ごく普通の夕食でもなぜかパーティ呼ばわりをするのだ。 (パーティが「大会」に代わることもある) 同じ粉ものでもお好み焼きのときは なぜかパーティとは言わない。不思議。

  • 7人の乗客の奇妙な1日<大阪編> 感想

    全3作で構成された阪神電車の謎解きイベントについて 先日の神戸編につづき、大阪編もプレイしてみた。 リアル脱出ゲーム 感想その16 「7人の乗客の奇妙な1日<大阪編>」 www.team-zepet.com これは神戸~大阪間を走る阪神電車を題材にした謎解きで、 駅とその周辺を行き来しながら解いていくもの。 「大阪編」は3部構成のうちの完結編となる。 例によって阪神電車の梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、 御影駅、神戸三宮駅、新開地駅のどこかに行き、 駅長室で謎解きキット(2000円)を買う必要がある。 ゲーム内容は独立しているので 序章編・神戸編を飛ばして いきなり大阪編をプレイすることも可能。 ま…

  • あえて夏休みの宿題を放置した小学生の日報が面白い

    grapee.jp 夏休みの宿題を後回しにしてしまう人は多いだろうが、 そのときの心理をここまで詳細に記録したのは珍しい。 迫り来る締め切りに徐々に追い詰められていく様子がリアルで、 どこまでも客観的な視点がやたら面白い。

  • CEDECは配信動画で視聴するのが最適解だと思う

    cedec.cesa.or.jp CEDECとは ゲーム業界の関係者にはよく知られているが、 毎年、8月末~9月頭に横浜では 「CEDEC(セデック)」というゲーム関係の技術交換会が開かれる。 一般的にゲーム開発のノウハウは企業秘密となるが、 それぞれの会社が似たようなことを試行錯誤するよりも よりよいゲームを作るための成果を発表し合って 業界全体のクオリティを上げていこうというのが目的だ。 3日間ほどのうちに会場内の各部屋で 並行して講義(セッション)が開かれており、 自分の興味があるところに入って聴く形になる。 各職種に関する専門技術だけでなく、 業務の進め方や宣伝面・運営面の工夫などもあ…

  • 指でなぞるだけのクロスワードアプリが手軽で楽しい

    Words Of Wonders: 世界パズル&クロスワードNaya Gamesゲーム無料普段、クロスワードパズルはほとんどやらないが、 たまたま見つけた「Words Of Wonders」が 非常に手軽にプレイできる内容で面白かった。 一般的なクロスワードのような問題は表示されず、 5文字以内の単語をうまく作るだけで 勝手に枠の中にはまっていく。 最初は適当に単語を作っていくのだが、 ある程度入ったら 「『さ』で始まって『い』で終わる4文字の言葉」 みたいな感じで推理をしていく。 指でなぞるだけでプレイできるし、 言語設定を英語に変えれば英単語の勉強にも使える。 ステージもたくさんあってなか…

  • パーフェクトな映画はめちゃくちゃ多い

    ふと気付いたが、「パーフェクト○○」という映画がやたら多い。 「パーフェクト・ルーム」 「パーフェクト ストーム」 「パーフェクト・センス」 「パーフェクト・トラップ」 「パーフェクト・ワールド」 「パーフェクト・プラン」 「パーフェクトブルー」 「パーフェクト・レボリューション」 「パーフェクト・カップル」 「パーフェクトゲーム」 「パーフェクト・ボウル」 「パーフェクト・ゲッタウェイ」 「パーフェクトマン」 「パーフェクト・タイム」 「パーフェクト・クリーチャー」 「パーフェクト・デート」 みんな完璧を求めすぎだ。

  • 下水道は思ったよりも普及していなかった

    兵庫県公式サイト「下水道の普及率」より 下水道が整備されていないところなんて 身の回りではほとんど見かけないけど、 公表されているデータを見るとまだまだ全然だ。 これはつまり、まだ汲み取り式のトイレが これほど残っているということなのだろうか。 インフラ水準を上げるのは大変だ。

  • 10年前の記事をいくつか再投稿しました

    先日同様に、プチメタ1.0時代の過去ログの中から 割と気に入っている内容を再投稿しました。 mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp mclover.hateblo.jp 興味を惹かれるものがあれば ぜひまた読んでみてください。

  • シャワーが浴びれるIPX7防水の完全ワイヤレスイヤホンが快適

    不安定なワイヤレスイヤホンに悩まされていた頃から数年、 いろいろな完全ワイヤレスイヤホンが普及し、 安くて実用的なものがずいぶん出揃ってきた。 そんな中、たまたま手に入れた「HACRAY W1」は 音飛びもなく、接続も楽なので気に入っていた。 (ケースがやたら重いことだけが不満) で、ふと見ると、これがIPX7の防水規格に対応しているのだ。 いわゆる汗や雨でも大丈夫というやつだが、 よく考えたらシャワーにも十分耐え得るレベルだ。 実際にイヤホンをつけたままシャワーを浴びてみると、 これが思った以上に快適。 頭や身体を洗うだけで退屈だった時間が 耳からの情報が入るだけでこれだけ楽になるとは。 こ…

  • 公園の中にバカでかい鳥居が立っていた

    駅沿いの小さな公園の中にある突然の鳥居。 周囲とスケール感が違いすぎてて 地形データがバグッたかと思えるほど。

  • いろんな犬が仕事をこなすミュージックビデオが大好き

    OK Goの映像パフォーマンスはどれも素晴らしいけど、 一番気に入っているのは いろんな犬たちががんばる「White Knuckles」だ。 怖がってもおかしくないような場面もあるのに どの犬もしっかりアクションしていて素敵すぎる。

カテゴリー一覧
商用