searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

D.IKUSHIMAさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
未設定

専門学校の教員を本業として3Dゲームプログラミングの授業や就職活動の指導をメインに受け持っています。個人ではライターとして記事やレビュー、電子書籍を書いたり、フリーソフト作者として活動してきました。

ブログタイトル
プチメタ3.0
ブログURL
https://mclover.hateblo.jp/
ブログ紹介文
刺激を受けた物事に対する感想や考察、 資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/DIKUSHIMA
YouTubeアイコン

YouTube

https://www.youtube.com/user/DIKUSHIMA
更新頻度(1年)

175回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2008/06/19

参加カテゴリ

英語ブログ / 英語学習情報

サラリーマン日記ブログ / 勉強しているサラリーマン

投資ブログ

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、D.IKUSHIMAさんをフォローしませんか?

ハンドル名
D.IKUSHIMAさん
ブログタイトル
プチメタ3.0
更新頻度
175回 / 365日(平均3.4回/週)
フォロー
プチメタ3.0

D.IKUSHIMAさんの新着記事

1件〜30件

  • 立ち食いそば屋に宴会席がある意味がわからない

    宴会用の個室が用意された立ち食いそば屋。 ここでどういう宴会をするのか いくら考えてもわからない。

  • オリンピック開会式のピクトグラムを体現するパフォーマンスが最高だった

    https://youtu.be/Y-q7URCY7vY オリンピックの開会式で披露された 「各種目のピクトグラムを身体で再現する」というパフォーマンスが 素晴らしく面白かった。 種目ごとの特徴を抽象的に表現したピクトグラムを 2色に色分けされた服装で真似ていく。 が~まるちょばとGABEZの3人が演じているということだが、 テンポよく進む音楽に遅れないように 次々と小道具や立ち位置を切り替えていくのがスゴい。 また、ピクトグラムの角度に合わせて 大胆にカメラを回転させてしまうという見せ方も素晴らしかった。 正直、開会式の中で一番魅力を感じた場面だった。

  • 大好きなミスチルの「Over」という曲の歌詞がいまだに理解できない

    若い頃からMr.Childrenが好きでいろいろな曲を聞いてきたが、 その中でも大好きな「Over」という歌の中に登場する 以下のフレーズの意味がずっとわからない。 今となれば 顔のわりに小さな胸や 少し鼻にかかるその声も 数え上げりゃ きりがないんだよ 「顔の割に小さな胸」というのは バストが大きそうな顔をしているのに 実際には小さい、というようにしか受け取れないが、 一般的に顔立ちと胸のサイズは関連性がない。 体型ならともかく、 「この顔なら胸が大きそうだ」とは思わない。 今となれば 嘘のつけない大きな声や 家事に向かない荒れた手のひらも 君を形成(つく)る全ての要素を 後半に出てくる同じ…

  • 途中で爆発的にインフレするコイン落としゲームが爽快

    r-nikaido.itch.io ニカイドウレンジ氏が公開している 無料ゲーム「コインカスケーダー2」がやたら気持ちいい。 「Unity(ゲーム制作ツール)の勉強のために作った」と言うだけあって 起動直後の画面は非常に簡素でまったく引き込まれないのだが、 「色のついたコインを入れると さらに価値の高いコインが出現する」というルールによって ある瞬間から爆発的なコインが降るようになる。 非常に単純なルールなのだが、 「来るぞ来るぞ……」とジワジワ高まる期待感と それに見合うだけのフィーバーぶりがとにかく爽快。 最終的にはスゴいことになるので、 ぜひ自分の目で確かめて欲しい。

  • 世の中に生み出されるコンテンツが多すぎて辛い

    1年間に日本で放送されるアニメは200本、 1年間に日本で公開される映画は1200本、 1年間に日本で出版される本は7万冊、 1年間にYouTubeに投稿される動画は2億時間分。 ネット上のコンテンツやNetflixなども合わせると、 毎日毎日消費しても それ以上の速度で新たなコンテンツが追加される。 つまり、生きているうちに味わえない作品が 絶対に存在してしまうということだ。 その中に素晴らしい名作が含まれている可能性を考えると、 怖くて怖くてそう簡単には死ねない。

  • カフェがオシャレすぎてトイレが見つけられなかった

    数年前に立ち寄ったオシャレなカフェ。 トイレに行こうにも見たらず、 カフェなのにトイレが近くにないのか?と店員に聞いてみたら、 まさかの上記の場所に案内された。 一見、本棚と机があるだけの書斎に見えるが、 実は本棚の左端に取っ手が付いている。 この取っ手を持って右方向にスライドさせると 本棚全体が移動して、その奥にトイレがあるのだ。 あまりにオシャレすぎて 素人では見つけられなかった。危うく漏らすところだ。

  • 私のブログがいかに価値があるのかをデータで示してみた

    ブログを開設して20年ほどが経ったが、 いろいろなデータを調べてみると 見過ごせない価値があるということがわかったので 具体的な数値やデータを用いて解説してみることにする。 読者のデジタル端末使用率はなんと100% スマートフォンが人気とはいえ 個人レベルではまだまだ浸透しきっていない現状ながら、 このブログを読んでいる人たちはパソコンやスマートフォンなど なんらかのデジタル端末を使っている人ばかり。 このデータを見る限り、このブログが 読者の生活のデジタル化に大きく貢献したと言える。 累計アクセス数は増加の一途 信じられないかもしれないが、 このブログの累計アクセス数は増加するばかりで 今ま…

  • 3Dゲームで右スティックを上に倒したらカメラは上下どちらを向くのか問題

    多くの3Dゲームではコントローラーの右スティックが カメラの向きを操作するものとして使われている。 (パソコンゲームの場合はマウスが使われる) FPSやTPSなど敵を狙うシューティングゲームはもちろん、 マリオなどのアクションゲームでも 周囲を見回すときにカメラを動かす必要があるので 右スティックでのカメラ操作は定番だろう。 しかし、スティックを上に倒したときに カメラが上下どちらに向く方が自然か、という感覚は人によって異なる。 スティックを上に倒すとカメラも上に向くという 同じ方向に変化する設定を「ストレート」、 スティックを上に倒すとカメラは下に向くという 逆方向に変化する設定を「リバース…

  • どうしても弾けるようになりたかったピアノ曲を独学で練習している

    1997年に初代プレステ用ゲームとして発売され、 既存RPGへの強烈な皮肉と独自の世界観で いろいろな衝撃を受けたRPG「moon」。 (2019年からはNintendo Switch向けにも配信) その中でおばあちゃんの家に行くと流れるBGMが 落ち着いた雰囲気にぴったりで、強く印象に残った。 いろいろと調べてみると ドビュッシーの「月の光(Clair de Lune)」という曲らしい。 「もしピアノが弾けるなら こういう曲を演奏してみたいなぁ」とずっと思っていたのだが、 思っているだけでは弾けるようにならないので 40代半ばにしてチャレンジしてみることにした。 ピアノの経験はほとんどないの…

  • 「夢かもめと海辺の迷宮(ラビリンス)」をプレイしました

    自宅でプレイするオンライン謎解きから2ヶ月、 緊急事態宣言も解除されたので周遊謎解きに挑戦した。 リアル脱出ゲーム 感想その33 「夢かもめと海辺の迷宮(ラビリンス)」 nazotoki-zepets.com これは神戸市の三宮と新長田を結ぶ 神戸市営地下鉄海岸線で行き来しながら解いていくもの。 始発から終点まで15分ほどしかかからない短い路線だが、 2000円で買えるキットには1日乗車券がついており、 謎を解くたびに新たな駅に向かうことになる。 LINELINE Corporationソーシャルネットワーキング無料謎解きの答えを入力する場所としてLINEが使われており、 そこに表示されるメッ…

  • ゲームクリエイターを目指す人に知っておいて欲しい過去ゲーム

    ゲーム業界を目指す教え子たちが作品を作っていく過程で いろいろなアドバイスをする機会があるが、 過去のゲームを知らないせいでうまく伝わらないことがある。 グラフィックや世界観、ゲームのルール、エフェクト、 表現方法やマップデザイン、難易度やプログラミング技術など、 作品を構成する要素を考える上で 特定のゲームを実例にしてイメージを共有したくても その作品を見たことがないと説明に苦労する。 彼らが生まれた20年前はプレステ2時代の半ばであり、 幼稚園に入る頃にはプレステ3が発売されたので、 私が挙げるようなゲームは古すぎるのかもしれない。 とはいえ、何もかも1から自分で考え出すより 過去作品を参…

  • 自分をブスだと卑下するガールズバンドの歌にキュンとする

    女性3人組のバンド、Su凸ko D凹koi(すっとこどっこい)が歌う 「ブス」という曲がいい感じにハジけていて面白い。 最近の歌としては珍しく ストーリー性のあるわかりやすい歌詞で、 女性たちの苦悩を自虐的に歌うものばかり。 3人がワイワイはしゃぐミュージックビデオが多いのだが、 中でも「元カノ地獄」が歌詞もノリも楽しくてよかった。

  • いつまで経っても読み終われないWebページを作ってみた

    ふとしたアイデアを思いつき、 いつまで経っても読み終われないページを作ってみた。 mclover.hateblo.jp パソコンやスマホなど、ウィンドウサイズが終わっても 問題なく無限に続くようにするのに苦労したが、 おそらく大丈夫なはずだ。 どれだけスクロールしても 絶対に読み終えることはできないので、 活字中毒の人はぜひ活用して欲しい。

  • 「英語には敬語がない」わけがないだろう

    「英語には敬語がない」と言う人がいるが、 人間社会で使われる言葉である以上、 気を遣う相手に対する丁寧な表現がないはずがない。 語尾を「ですます調」にしたり、 「言う」を「おっしゃる」に置き換えるような 日本語の敬語ルールとは異なるだけで、 当然ながら同様の「普通より丁寧な表現」は存在する。 I want to check in. チェックインしたい。 ↓ I'd like to check in. チェックインしたいのですが。 Open the window. 窓を開けろ。 ↓ Would you open the window? 窓を開けていただけますか? Please sit down.…

  • 言っていることではなく、やっていることがその人の正体

    言っていることではなく、やっていることがその人の正体――――――久田恵 他人に偉そうにアドバイスしたり、 今立てている計画を仰々しく発表したり、 夢見ている将来を得意げに語ったりするものの、 よくよく聞いてみると過去に成功した経験どころか チャレンジしたことすらなく、 結局まだ何も始めていない、という人がいる。 実行されることのない予定には何の意味もないし、 実行したことのない人の言葉には説得力が宿らない。 偉そうなことを語る人がいたらぜひ聞いてみて欲しい。 「それで、いつ始めるんですか?」 「ちなみに、やったことあるんですか?」 具体的な答えが返ってこないようなら、その人のことは無視していい…

  • 親子丼とは言うものの、大半は赤の他人だろう

    ニワトリの肉とニワトリが産んだ卵を使っていることで 「親子丼」と名付けられているものの、 そのニワトリと卵はまず親子じゃないだろう。 血がつながっていないどころか、おそらく顔を合わせたこともない。 きつねうどんはきつねじゃないし、 メロンパンにメロンは入ってないし、 親子丼は他人なのだ。 世の中にはウソがあふれている。

  • 匂わせ女子は嫌われるが、匂わせ男子はお腹が減る

    mery.jp 「匂わせ女子」という言葉を知っているだろうか。 SNSに投稿した写真に本題とは無関係な要素を映り込ませて 自慢する雰囲気を漂わせる女性のことだ。 可愛いマンホールを発見! 思わずパシャリ。 #旅の思い出 #おでかけ日和 #神戸LOVE #思わず注目 #今日一の写真 文章の中では何も触れていないものの、 彼氏っぽい男性の影や高価な持ち物、 贅沢な旅行などを感じさせる匂わせ女子。 自分の境遇をアピールしたいという虚栄心を感じさせる。 もし「匂わせ男子」なる存在がいれば どんな要素を匂わせてくるだろうか。 男性の場合、女性の存在や旅行などではあまり羨ましくならない。 もし私が優位性を…

  • 占いを利用すれば無意識のうちにより良い社会にできる

    毎朝のテレビ番組で星占いが放送され、 特に興味がなくてもついつい気にしてしまうことがある。 人から直接アドバイスされるのは煙たく感じても 占いのメッセージなら素直に聞けるという人が多いのだろう。 占いは今も昔も人気コンテンツだ。 それなら占いの体裁でさりげなく忠告すれば 社会全体を良くすることができるんじゃないか。試しに作ってみた。 こういった占いを毎日さりげなく放送すれば 知らず知らずのうちに社会は健全化するはずだ。

  • 必見の価値があるNetflixオリジナル映画 傑作5選

    reblog.hateblo.jp Netflixのオリジナル映画・ドラマをかなり観たが、 それぞれかなりの予算を割いた豪華な造りではあるものの 結構な当たりハズレがあり、 時間をかけて観たのにガックリすることが多々ある。 そこで数十本の映画を観た中から 「これなら観ても損はない」という5本を選んでみた。 ラブ&モンスターズ reblog.hateblo.jp生き物が巨大なモンスターへと変化してしまった世界で 遠く離れたシェルターに住む恋人に会いにいく青年の話。 冒頭からセンスを感じる見せ方が多く、 のび太のようにめちゃくちゃ弱虫な主人公だけど、 仲間からいじめられたりせず愛されている設定が良…

  • 説明能力が低い人の話のどこがわかりにくいのかを解説する

    面接が苦手な学生が必ず悩むのが「説明力不足」だ。 文章であっても口頭であっても 発信側の説明能力が低いと受信側に負担がかかる。 逆に、テキパキとわかりやすく説明できる人は それだけで頭がよく、高い実力を持っている印象を与えるので 人望や信頼も集まることになる。 どんな立場にいる人も説明力は鍛えておくべきだが、 「説明力を身につけろ」と言われたところで 何が問題でどう直すのかわからないだろう。 そこで、「桃太郎」のストーリーを 端的に説明する例を挙げながら修正してみる。 説明能力が低い人の「桃太郎」の説明 桃太郎はキジを家来にしようとするんですけど、 そのためにきび団子を使って……、えっと…、 …

  • ゲーム作りで重要な「ゲーム性」とは何か

    ゲームプログラミングを学ぶ私の教え子たちは 作品制作として定期的にゲームを作る機会があるが、 なんとなくゲームっぽい画面になっているだけで 実はゲームではないものを作ってしまうことがある。 「ゲーム」と「ゲームでないもの」の違いは 画面が賑わっているどうか、 キャラクターが登場するかどうかではなく、 ゲーム性が存在するかどうかなのだ。 では「ゲーム性」とはなんなのか。 人によってうまい下手が生まれるかどうか ゲームをプレイするときに必要とされるのは知恵と技術だ。 敵の弱点に合わせて適切な攻撃方法を選ぶ、 どの敵から倒す方が得策かを考える、 目的のアイテムを入手するための方法を考える、 ルートを…

  • Zoomで作業していたら、たくさんの自分が寄ってきた

    特別なツールやソフトを何も使わなくても、 Zoomの録画機能とバーチャル背景をうまく利用するだけで こういう動画を撮ることができる。 ただ、かなりしっかりと計画しておく必要があり、 何度も失敗と撮り直しを味わいながら 「ドロステのはてで僕ら」の撮影の苦労を垣間見た。 mclover.hateblo.jp

  • ルービックキューブを6面そろえさせてくれるアプリがスゴい

    ルービックキューブをそろえるのは1面だけならともかく 6面全部となるとかなりややこしい。 イメージ的には1面がそろえられるようになったら 次は2番目の面、その次は3番目の面という風に 段階的に完成面を増やして挑戦していくように感じるが、 ある面をそろえようと回転すると別の面が崩れてしまうため、 他の面を無視して1面だけそろえるか 6面一気にそろえるかのどちらかしかない。 最後の1面をそろえるための回転が 他の面にどういう影響を与えるかを考えた上で、 複数の面が崩れた状態から一気に6面そろった状態にするのだ。 ASolver-パズルを解いてみましょうJam Soft LLCゲーム無料iPhone…

  • 「僕の心のヤバイやつ」のヒロインがかわいすぎる

    reblog.hateblo.jp 根暗な中学生がクラスメイトにドキドキさせられる様子を描いた マンガ「僕の心のヤバイやつ」の山田さんがやけにかわいい。 今までさまざまな作品で魅力的なヒロインを見てきたが、 本作に登場する山田さんはヒロインランキングの中でも かなりの上位に位置すると言えるほどかわいい。 ナンパをかわすために無知なフリをするのがかわいい モデルをやるほど美人な山田さんは 男から声をかけられる機会もたびたびあるが、 そんなナンパをかわすために LINEどころかスマホすら知らないという設定を突き通す。 ケガの原因を顔に書いてしまうのがかわいい 体育の授業で派手にケガをした山田さんが…

  • 貞子がテレビから出てきたときの対策あれこれ

    映画「リング」で有名な貞子は テレビの画面から出てきて人を襲う。 襲われた者は恐怖の表情を浮かべたまま死んでしまうのだ。 もし自分の部屋のテレビから貞子が出てきたら怖いので、 いざそうなったときに備えて対策を考えておくことにする。 2台のテレビを向かい合わせにしておく テレビを転送装置として使うなら 2台のテレビを向かい合わせに置くだけで 貞子が出てくるための出口がなくなる。 スイッチを切っても電源コードを抜いても無駄だった貞子は こんな簡単な対処法で出てこれなくなるのだ。 テレビの前に足つぼマットを置いておく バラエティ番組でお馴染みの足つぼマットをテレビの前に置いておく。 どの程度の痛みを…

  • Windowsの標準機能で画面録画したときに右下に余白が出てしまうときの解決法

    Windows10には画面を録画するソフトが 標準機能として搭載されている。 録画したい画面を出した状態で Windowsキーを押しながらGキーを押すと、 以下のような黒い操作パネルが出てくる。 その中のキャプチャウィンドウにある 「●」ボタンを押すだけで画面が録画される。 キャプチャの操作パネルが出ていない場合は 横長のバーの中のカメラアイコンをクリックする。 録画対象のアプリを終了するか、 録画時間を表示しているパネルの停止ボタンを押すと終了する。 撮影された映像は通常は「ビデオ」フォルダ内にある 「キャプチャ」フォルダに保存されるが、 Windowsの設定「ゲーム」を開いて、 左側の「キ…

  • 「ヒロイン」の男版はなんて呼ぶべきなのか

    映画やマンガに登場する女性のことを「ヒロイン」と表現するが、 これの男性版のことをなんと呼べばいいのだろう。 物語の主役なら「主人公」で構わないと思うが、 「アナと雪の女王」のクリストフや 「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギアのように 主役女性のすぐ近くにいる男性に対しての呼び名がない。 英語通りならヒロインの対義語は「ヒーロー」だが、 それだとバットマンやアベンジャーズのような姿を連想をしてしまう。 「『ハリー・ポッター』はヒロインがかわいくて~」はよくても 「『魔女の宅急便』はヒーローが魅力的で~」だとおかしい。 なんとかちょうどいい言葉が欲しいなぁ。

  • 影と実体が協力しながら道を切り開いていくアクションが新鮮

    store-jp.nintendo.com 光と影をうまく使ったアクションパズル「Shady Part of Me」は なかなかに新しい視点で楽しませてくれる作品だった。 最初にプレイするのは、すべて影で表現された世界で 障害物を突破していくジャンプアクションだ。 シンプルな操作でジャンプの滞空時間も長く、 ミスしてもすぐに時間を巻き戻せるのでそこまで難しくはない。 一見、2Dゲームのように思えるが、 実はこの影は立体構造に投影されたものなのだ。 壁面に映った影が見えるよう カメラが滑らかに移動していくのが気持ちいい。 しばらく進むと、今度は立体空間の中で 少女を操作する形の3Dゲームに変わる…

  • IoT対応の空気清浄機が毎月ムカつく挨拶をしてくる

    半年ほど前にインターネット対応の空気清浄機を買った。 月初めになると先月の電気代を通知してくるのだが、 「先月の電気代は○○円でした」はいいとして、 「今月もよろしくお願いします」と言われると 「また次の電気代もしっかり払ってください」と言われているようで、 なんかムッとする。オマエはどの立場なんだ。 それと、加湿機能を使うかどうかの表示もわかりにくく、 この表記だと「『加湿切』を有効にするボタン」のように見えるので スイッチをオンにすると加湿がオフになるような印象を受ける。 実際にはスイッチをオンにすると 「加湿入」という表記に変わる謎の仕様。 それだったら見出しは「加湿」でいいだろうに。

  • 初代スーパーマリオにはゲーム作りの極意が詰まっている

    www.nintendo.co.jp マリオが登場するゲームはさまざまなものがあるが、 1985年にファミリーコンピュータ向けに発売された 「スーパーマリオブラザーズ」は 40年近く経った今振り返っても、とにかく素晴らしい完成度だ。 ゲーム開発を実際に経験したり、 いろいろなゲームのセオリーを勉強すればするほど、 この初代スーパーマリオがめちゃくちゃによくできていることがわかる。 ゲームのルールを自然に理解させる工夫 ゲームを開始したばかりの画面。 これだけでも考え抜かれていることがわかる。 まず、マリオが先へ進まない限り敵が出てこないので プレイヤーは安全が確保された状態で 適当にボタンを押…

カテゴリー一覧
商用