searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ぱっくさんのプロフィール

住所
宇都宮市
出身
川越市

鉄道話では、年に2回の大旅行記!?のほか勝手に選ぶローカル線100選を更新中。 音楽では、年末から年始にかけて年間チャート祭りを。カラオケ関係を不定期に更新。 スポーツは、高校野球や箱根駅伝、アイスホッケーなど興味のある分野のデータ分析を行なっています。

ブログタイトル
わくのい通信
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wakunoi
ブログ紹介文
鉄道と旅行、音楽やスポーツのデータ分析など自身の趣味で更新している自己満足的なブログです。
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2008/03/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぱっくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぱっくさん
ブログタイトル
わくのい通信
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
わくのい通信

ぱっくさんの新着記事

1件〜30件

  • 第61回栃木郡市町対抗駅伝観戦レポート

    今年も恒例の、栃木のランナーが一堂に集結する郡市町対抗駅伝観戦してきました。天候が心配されましたが、風もなく気温的にも絶好のコンディションの中レースが行われました。前回優勝で4連覇を目指した那須塩原チームは、昨年貢献した郡司兄弟や八木沢選手の欠場もあって3位に終わりました。大田原チームが3大会連続2位から悲願の初優勝!往路復路とも大崩れせず予定していたランナーの欠場もありましたが、総合力で勝ち取りました。また往路では、鹿沼が37年ぶり4回目、復路では芳賀郡が11年ぶり4回目の優勝となっています。芳賀郡は、全国中学生大会で活躍した市貝中のメンバーが貢献。この駅伝は、中学生区間もあるので学生のレベルもある程度ないとなかなか優勝できませんね。また各チームとも、メンバーが予定通り組めなかったチームも多かったようで日光市...第61回栃木郡市町対抗駅伝観戦レポート

  • 第96回箱根駅伝反省会 史上稀に見る高速レースは異例続きの失敗の許されないレースだった!

    箱根駅伝から早いもので9日経ちましたが、順位予想の答え合わせと総評を行います。順位ほぼ正解!(0か±1)青山学院(2-1)△1東海(1-2)▼1国学院(4-3)△1東京国際(6-5)△1早稲田(8-7)△1中央学院(10-11)▼1神奈川(15-16)▼1日本(17-18)▼1学生連合(18-19)▼1国士舘(20-20)±0筑波(21-21)±0+1か-1誤差が多くなっていますが、大きく順位を読み違えた学校がある影響ですね。上位では東洋、駒澤が大幅ダウン下位では、明治が大幅アップ。日体が大幅ダウンとなりました。やや読み違い(±2~±3)帝京(7-4)△3中央(14-12)△2順天堂(12-14)▼2帝京は、箱根への調整力は抜群。今回はやや展開向いていなかったのにさすがですね。中央は、初めて予想を上回ったかな。...第96回箱根駅伝反省会史上稀に見る高速レースは異例続きの失敗の許されないレースだった!

  • 第96回箱根駅伝全日程終了 速報結果と全体を振り返る

    第96回箱根駅伝は、大きなトラブルもなく日程終了。青山学院大学が2年ぶり5回目の優勝となりました。各大学の走りを速報で振り返ります。予想の答え合わせと総評は、また後日ゆっくりと。区間順位(学連含む)(総合)1-5区/6-10区01青学0705040102/0304020105各区間の選手起用に選手が良く応えた!まさに監督と選手阿吽の呼吸!!やっぱり原さん名将だね!靴の効果も大きいですが。02東海0407060207/0103010803高校時代の有力選手が集まった世代が4年生となり集大成のはずだがほとんど出走できず。やっぱケガ大杉ですよね。。。03國學0208050303/08110720049区でヒヤリとするも10区で総合3位死守。今年の活躍は見事でした。来年はやや苦しいが今年の経験を財産にしたい。04帝京0...第96回箱根駅伝全日程終了速報結果と全体を振り返る

  • 第96回箱根駅伝 往路の結果 各大学寸評&復路の展望

    好天候&新型シューズで好記録続出の往路となりました。スピード駅伝となった、箱根駅伝往路を振り返ります。区間順位(学連含む)(総合)1-5区01青学0705040102各選手が実力を出し切る。不安だった山登りが優勝の要因に。覇権奪回に優位に立つ。02國學0208050303ほぼ予定通りだったが、それ以上に青山が素晴らしかった。往路初優勝ならず。復路やや苦しいが3位以内を03東国1302011210留学生の区間配置が見事的中。それ以外の区間もブレーキなく凌ぎシードどころか上位も狙える位置に04東海0407060207昨年とほぼ同様の展開ではあったが、コンディションが万全ではなかったようだ。逆転優勝厳しいか。05明治1010071305敢えて2区を凌ぐ区間に位置付けたのが大当たり。5区エース鈴木の快走で久々の上位に。...第96回箱根駅伝往路の結果各大学寸評&復路の展望

  • 第96回箱根駅伝恒例大予想! 

    今年も年始恒例の箱根駅伝の季節が近づいて参りました。豪雨の影響で心配されましたが無事開催されるようです。箱根登山鉄道が不通となっているのでそのあたり移動手段に影響が出そうですが。さて、今年も昨年同様、選手の総合Pをベースにプラスαで監督采配力(6段階評価)前哨戦結果(3段階評価)山のスペシャリスト(3段階)調子(6段階評価)でポイントを計算し順位予想を行います。※(選手P-采配ー前哨ー山ー調子)1位東海大学【出雲4日本1】(43-DAAA)52P何人かエントリー漏れがあっても抜群の選手層で影響を感じさせない。重要区間に経験者がいるので総合力で優勝候補とした。2位青山学院【出雲5日本2】(41-SAAB)51P山が未知数となったがそこを凌げば東海大と互角の戦いが出来そう。今年勝てればまた翌来年以降連覇になるのでは...第96回箱根駅伝恒例大予想!

  • 第96回箱根駅伝予選会 全大学紹介 最終回 21位~25位の大学

    第21位武蔵野学院大学11:16:28(昨年タイム比32校中9位)【27→25→24】過去最高位を更新し着実にステップアップしている。日本人最高の舩田選手が二けた順位にジャンプアップ。大きく遅れる選手はいなくなってきたがもう少し日本人の大砲候補がほしいところ。1年時に連合出走の藤井選手が年々フェイドアウトしてしまったのが残念でした。第22位亜細亜大学11:19:52(昨年タイム比32校中32位)【16→20→13】上土井選手は、昨年並みの走り。田﨑選手は昨年の不振は脱したが連合出走したことを考えるともっとやれたはず。全体的に暑さに対応できなかったか、昨年比タイム比も最下位ということになった。来年はより厳しくなってしまいそうな雰囲気です。第23位立教大学11:23:49(昨年タイム比32校中2位)【33→29→2...第96回箱根駅伝予選会全大学紹介最終回21位~25位の大学

  • 第96回箱根駅伝予選会 全大学プレビュー 16位~20位の大学

    第16位東京農業大学11:05:05(昨年タイム比32校中14位)【13→16→16】山口選手が大躍進の17位フィニッシュ。連合出走は確実視。チームを引っ張った川田選手をはじめ5人が二けた順位。期待の新戦力、山田選手はまずまずだったが大塚選手や北田選手がいまひとつだった。チーム6番手と7番手の間が3分弱も離れてしまい、選手層を厚くしていきたい。卒業生は少ないので来年足がかりの年にしたいところ。第17位山梨学院大学11:06:14(昨年タイム比32校中24位)【シード→4→10】新体制で挑んだ予選会は大惨敗と言っていいだろう。連続出場も33で途切れてしまった。ゆったり入って終盤上げていく作戦だったようだが設定タイムが遅すぎたのかなといったところ。最初の5kが21位だったので追いきれなかった。200位台が5人と考え...第96回箱根駅伝予選会全大学プレビュー16位~20位の大学

  • 第96回箱根駅伝予選会 悲喜こもごも 参加校全校紹介 26位~30位の大学

    第30位育英大学11:49:54(初参加)高校野球では常連校となりつつある前橋育英高校の系列でまだ創部どころか開校2年目という非常にフレッシュな大学です。初参加ながら30位に食い込んだ。ほぼ1年生というなか最上級生2年の外山選手が65位で学生連合入り。出走も確実視されます。ここまではすんなりですがこのままいくかどうか。第29位平成国際大学11:38:29(昨年タイム比32校中30位)【21→22→25】久々に留学生を迎え入れ反攻の年としたかったが、タイム的にも大きく落とし惨敗・・・連合出走も難しそうな情勢だ。下位の選手は集団走をしていたようだが暑さに対応できなかったのかもしれない。頼みの留学生は出走できなかったようだ。昨年100位台だった時任選手が大きく順位を下げたのも響いた。第28位桜美林大学11:30:55...第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも参加校全校紹介26位~30位の大学

  • 第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも 全大学プレイバック あと一歩11位~15位の大学

    第11位麗澤大学10:57:12(昨年比32校中10位)【22→15→12】着実に力をつけているが今年も僅かに届かず・・・小さい誤算が積み重なったか。チームの稼ぎ頭国川選手が終盤痙攣でペースダウン。序盤引っ張ったがそれがたたってしまったか。それでもダブルエースのひとり宮田選手が頑張り2桁順位も5人だったが序盤のローペースからの追い上げが持ち味のチーム。予想外の暑さでチーム内8位以下の選手が集団から1分程度遅れてしまったのも誤算だった。ただ昨年走った多くの選手は大きく順位を伸ばしているし今回の成績を見て頼もしい新人も入ってくれば光は見えてくるはず!第12位駿河台大学10:58:44(昨年比32校中4位)【19→23→18】一気にボーダーに詰め寄る躍進。来年いよいよ勝負の年になりそうだ。留学生が予定通りタイムを稼ぎ...第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも全大学プレイバックあと一歩11位~15位の大学

  • 第12回交流戦結果 第7&第8会場 栃木高校野球

    ★第7会場(全試合・青藍G)◎1回戦青藍泰斗7-0栃木商(7回コールド)今市工6-7栃木真岡5-8矢板中央◎準決勝小山高専1-21青藍泰斗(5回コールド)栃木4-8矢板中央◎決勝青藍泰斗4-0矢板中央青藍泰斗が大方の予想通りシード獲得。栃木商は初戦の連勝4、今市工は3でストップ。小山高専は連敗が35となり現在継続中の記録としては、那須を抜いてトップに。★第8会場◎1回戦(鹿沼商工G)佐野9-2宇都宮東(7回コールド)黒磯南1-10鹿沼商工(7回コールド)(國學院栃木G)國學院栃木6-5石橋足利1-11白鴎大足利◎準決勝佐野3-7鹿沼商工國學院栃木3-9白鴎大足利◎決勝鹿沼商工2-11白鴎大足利(7回コールド)国栃と白鴎足利の一騎打ちとなりそうだったこのブロック。国栃は初戦からいきなり難敵の石橋と激突。僅差のゲー...第12回交流戦結果第7&第8会場栃木高校野球

  • 第12回交流戦結果 第5&第6会場 

    ★第5会場(全試合・宇商G)◎1回戦宇都宮商8-1矢板東(7回コールド)鹿沼9-4矢板足利清風13-14壬生・益子・馬頭・那須・さくら◎準決勝宇都宮北5-4宇都宮商鹿沼12-2壬生・益子・馬頭・那須・さくら(5回コールド)◎決勝宇都宮北4-8鹿沼(延長12回)宇商、宇北、鹿沼の三つ巴のこのブロック。宇北と宇商は準決勝で対戦し宇北が接戦を制した。決勝は延長までもつれたが鹿沼が勝ち越し。シードを獲得した。5校連合は、打撃戦となった足利清風戦で勝利した。★第6会場(全試合文星G)◎1回戦佐野東1-9栃木工(7回コールド)小山北桜6-7那須拓陽今市1-19文星芸大付(5回コールド)◎準決勝足利工12-7栃木工那須拓陽0-10文星芸大付(5回コールド)◎決勝足利工0-12文星芸大付(6回コールド)文星を中心としたブロック...第12回交流戦結果第5&第6会場

  • 第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも 全校紹介 31位~35位の大学

    第35位帝京平成大学12:09:27(昨年比32校中21位)【42→38→31】緩やかながら上昇気流を描いていたが今年は順位ダウン。このチームではトップクラスの関口選手の欠場が響いたか。このあたりの大学としては選手層は厚くまた10人中4年生は2人だけなので来年再チャレンジしたいところ。第34位一橋大学12:05:44(昨年比32校中7位)【43→37→34】タイム自体は昨年と比べさほど悪くなかったがこのあたりから上位への壁が出てくるので順位は横ばいとなった。昨年好走した選手が思うように走れなかったのも一因か。叩き上げのチームなので下級生の頑張りに期待したいところ。第33位東京理科大学12:05:05(昨年比32校中26位)【38→33→30】国立ながら毎年健闘している大学。タイム順位ともに落としてしまった。チー...第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも全校紹介31位~35位の大学

  • 第12回交流戦結果  第3&第4会場結果

    ★第3会場◎1回戦(真岡工G)真岡北陵3-6宇都宮小山西2-7真岡工黒磯1-13宇都宮白楊(5回コールド)◎準決勝(宇都宮短大附G)宇都宮短大附2-6宇都宮真岡工5-10宇都宮白楊◎決勝宇都宮5-4宇都宮白楊優勝候補の宇短付は初戦で1戦戦った宇都宮と当たる不運もあり初戦敗退。波に乗った宇都宮が接戦を制しシード獲得。宇都宮白楊も新チームは活きがいいようだ。一方、黒磯は元気なく4連敗。真岡北陵も6連敗。★第4会場(全試合・宇工G)◎1回戦宇都宮工15-1黒羽(5回コールド)上三川8-13栃木翔南那須清峰10-9茂木◎準決勝幸福学園2-9宇都宮工(7回コールド)栃木翔南那須清峰栃木翔南メンバー不足のため【那須清峰の不戦勝】◎決勝宇都宮工11-1那須清峰(6回コールド)宇工が3試合連続コールドで文句なしのシード獲得。ち...第12回交流戦結果第3&第4会場結果

  • 第96回箱根駅伝予選会 総集編  全校紹介 6位~10位 予選通過校

    第6位筑波大学10:53:18(昨年比1位)【24→19→17】各校が暑さで苦しむ中、通過校の中では唯一昨年のタイムを上回り、26年ぶりの本戦復帰を果たした。各局の報道もまさかだったようであまり取材も受けていなかったようですね。ここ数年では創価大学が初出場したとき以上のサプライズだったのでは。もともとタイムを稼ぐ期待があった選手が5人も二けた順位でのフィニッシュ。9人目、10人目が厳しいとも見られていたが大きく足を引っ張ることもなかった。特に終盤は全体でも2位のタイムと暑さに特化した練習でもしていたのかと思えるほどの粘り。ペース配分が上手くはまったのかなとも思われます。本戦では、昨年山登りを走った相馬選手がいるのが大きな強みになりそう。大崩れは意外にしないのではとみています。第7位日本大学10:54:29【10...第96回箱根駅伝予選会総集編全校紹介6位~10位予選通過校

  • 第96回箱根駅伝予選会総集編 予選会全校振り返り 36位~40位の大学

    第40位防衛大学校12:40:17(昨年比32校中31位)【35→42→37】昨年は、古林選手が直前のエントリー変更で16年ぶりに箱根本戦出走を果たした防衛大学校。今年は、エース選手も見当たらず選手を揃えるので苦労してしまったようです。出走ランナーは全て400位台で固まった。4年生が6人と上級生中心でもあったので来年も何とか連続出走を狙う。第39位東京学芸大学12:34:25【39→39→不参加】昨年はエントリー出来ず2年ぶりの出走も2年前と同じ水準で落ち着いた。学校名は私立っぽいが国立校。同好会からも選手を集め出場にこぎつけた。その同好会出身の木村選手がチーム2位の走りで健闘した。第38位東京工業大学大学院12:33:06【49→不参加→不参加】昨年拓殖大学のランナーだった白髪選手が土壇場で電撃加入。3年ぶり...第96回箱根駅伝予選会総集編予選会全校振り返り36位~40位の大学

  • 第12回交流戦結果 第1会場&第2会場結果 栃木高校野球

    ★第1会場(佐野市営)◎1回戦佐野松櫻2-1高根沢烏山3-12小山南(8回コールド)足利大付11-2鹿沼東(7回コールド)◎準決勝(作新G)作新学院10-1佐野松櫻(7回コールド)小山南4-5足利大付(延長10回)◎決勝作新学院9-2足利大付(8回コールド)作新が順当に2試合連続コールドでシード権獲得。烏山は、6連敗、鹿沼東は12連敗となった。★第2会場(全て佐野日大G)◎1回戦佐野日大15-1鹿沼南(5回コールド)宇都宮清陵2-4宇都宮南栃木農0-13小山(6回コールド)◎準決勝大田原0-6佐野日大宇都宮南2-3小山◎決勝佐野日大9-2小山(7回コールド)佐野日大が他校を寄せ付けずシード獲得。県立校は、打線に課題が見えた。第12回交流戦結果第1会場&第2会場結果栃木高校野球

  • 第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも 1位から5位の予選通過校

    1位東京国際大学10:47:29(15→10→6)昨年タイム比32校中8位全日本予選1位はホンモノだったようで、新留学生ビンセントが非常に強力。2区の区間賞候補となりそう。個人的には1区にしたら非常に面白いと思いますが。そして最上級生となった伊藤選手が日本人1位の快走。中堅どころも予定通りの走りで文句なしの1位通過。山登り要員もいますし本戦でもシード争い勝負できそうな布陣となっています。2位神奈川大学10:50:55(5→シード→3)昨年タイム比32校中15位エース越川がややタイム稼げなかった感があるが昨年予選会経験者がきっちりまとめ終始危なげなく2位通過。最も早く10人通過し選手層もまとまりが出てきたようだ。本戦は区間配置さえ間違えなければそこそこいけると思うが、毎年山登りが・・・3位日本体育大学10:51:...第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも1位から5位の予選通過校

  • 第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも 今年もやります!全大学紹介!!

    毎年恒例の箱根駅伝を振り返る企画!今年もやらせていただきます。参加校数は、昨年より増加し43校が参加しました。43校すべての戦いを振り返りますが今年は、下位5校、上位5校と交互に紹介していきます。第1回目の今日は、端数になるので下位3校のみの紹介です。記録なし高崎経済大学(48→48→35)公立ながら選手を揃え参加してくる下位の常連校。今年は、悪コンディションが応えたのか序盤でタイムオーバーで2名が脱落、1名が途中棄権で完走7名のみと寂しい結果に。昨年は躍進したが、暑さには弱いのか!?来年ぜひ立て直して再度参加をお待ちしております。42位上智大学12:49:27(46→36→NM)昨年は記録なしに終わった上智大学。今年は完走を果たした。4年生が5人も抜けてしまうので早く選手を揃えたいところ。41位東京大学大学院...第96回箱根駅伝予選会悲喜こもごも今年もやります!全大学紹介!!

  • 高校野球反省会  鹿児島編  長年続いた3強も綻びが?

    鹿児島1位鹿児島実3回(12-1-)【2年前V】2位神村学園3回(4-1-1)【V、3年前V】3位鹿屋中央3回(--422)【準V】4位樟南2回(-14--)鹿実、樟南の2強に神村が加わり3強となったが、2014年に初出場を果たした鹿屋中央が割って入れるかといったところか。樟南、神村に不祥事があり指導体制に変化が見られるためそれがどう出るか。特に樟南がやや厳しくなっている。鹿児島城西が元プロ監督で成績を伸ばしていてさらに追っている。高校野球反省会鹿児島編長年続いた3強も綻びが?

  • 高校野球反省会  沖縄編  興南、尚学ときどき公立!

    沖縄1位興南4回(1-112)【準V】2位糸満3回(2-42-)3位沖縄尚学2回(4---1)【V】嘉手納(-1-4-)5位美里工2回(-2--4)ここ10年は、興南が4回、尚学3回、糸満、浦添商、嘉手納1回ずつといった構図。どちらかと言えば興南のほうが安定感がある印象。公立校は、人事異動が多くなかなか長期的に勢力を維持するのが難しいようだ。そんな公立だが勢いあるのは、美里工や復活を期す沖縄水産に注目したい。高校野球反省会沖縄編興南、尚学ときどき公立!

  • 高校野球反省会  熊本編  秀岳館時代の終焉。次はどこか

    熊本1位九州学院4回(122-2)【準V】2位秀岳館3回(-11-4)【3年前V】3位文徳3回(244--)4位熊本工2回(---21)【V】秀岳館は、鍛治舎監督の退任で弱体化は避けられない見通し。九州学院は、ここ一番の勝負弱さが身についてきた。文徳も同様で、熊本名物か。。そんな中熊本工が復調気配。ややこしいが球磨工もここ最近力をつけている。ポット出私立が多いのも熊本名物。新しいところだと東海大星翔もそうなるのか。城北、専大玉名もその部類か。私立っぽい名前の公立校、必由館や済々黌も忘れたころにやってくる。高校野球反省会熊本編秀岳館時代の終焉。次はどこか

  • 高校野球反省会  長崎編  3強入れ替わり!

    長崎1位長崎商4回(41-44)2位創成館3回(14-1-)【2年前V】3位海星3回(2--21)【V】4位清峰2回(-42--)5位長崎日大2回(--4-4)佐世保実、清峰、長崎日大の3強だったがいずれも指導体制が変わり苦戦しそう。浮上したのが、古豪の長崎商、新鋭私立の創成館に人気がないと活躍する海星の3校。初出場を狙うのは長崎総大附と九州文化学園。3強に割って入れるか。公立では大村工も健闘している。高校野球反省会長崎編3強入れ替わり!

  • 高校野球反省会  佐賀編   実は3強、割って入るか佐賀北?

    佐賀1位唐津商3回(21-2-)2位佐賀商3回(42-1-)【2年前V】3位龍谷3回(14-4-)4位鳥栖2回(--2-2)【準V】人気薄の公立でも優勝できる、こちらもつかみどころのない地区。ここ5年で実績あるのは、佐賀商、唐津商の両商業高に私立の龍谷。鳥栖も地味ながら上位進出できる力がある。夏は、佐賀北が優勝。見事に継承成功したか。3年前の覇者、早稲田佐賀はそれ以来上位進出がなく一発屋なのか?有田工、伊万里農林など甲子園出場しても長続きしないのが特徴か。前哨戦は得意な佐賀学園、同じ私立の東明館もなかなか出場できず仲間入りか。佐賀工、鹿島などの公立も前哨戦は得意なタイプ。高校野球反省会佐賀編実は3強、割って入るか佐賀北?

  • 高校野球反省会 福岡編  本命不在の大混戦県

    福岡1位九州国際大付3回(11--4)2位東筑2回(--1-4)【3年前V】3位福岡大大濠2回(--24-)西日本短大附(--4-2)【準V】5位小倉2回(4--4-)一時期九州国際大付が3連覇し福岡をリードすると思われたがここのところ他校も力をつけ混戦模様。県大会でもあまり秋春連覇はない状況。公立ながら東筑が2位に。激戦区ながら、小倉やランキング外だが久留米商、八幡南など伝統校もまだまだ元気だ。私立も古豪と新鋭校が入り乱れ、南北分割開催のチャンスをものにした折尾愛真や沖学園はこれからか。西日本短大附や福岡大大濠は前哨戦ではいいのだが・・・ランキング外では一発の魅力を秘めた高校が満載。飯塚、福岡工大城東、東福岡、自由が丘あたりは人気なくても要注意。高校野球反省会福岡編本命不在の大混戦県

  • 高校野球反省会  愛媛編   公私互角の混戦地区

    愛媛1位松山聖陵3回(-14-2)【準V】2位済美2回(--11-)【3年前、2年前V】3位今治西2回(1--4-)4位新田2回(-2-2-)5位小松2回(2---4)愛媛の高校野球をリードしてきた上甲監督が逝去され、混戦模様に。済美は不祥事もあり戦績にムラがでてきた。代わりに浮上した、松山聖陵。しかし、本命視されても負けたりとまだまだ主役になれてはいない。春は出場歴があるが夏はなんと7回の準優勝の新田。きっかけがほしいところ。公立勢では、伝統校今治西、宇和島東も指揮官交代で復調気配。一方松山商はまだ眠ったままか。小松も名将がいて毎回注視したい。高校野球反省会愛媛編公私互角の混戦地区

  • 高校野球反省会  高知編  独走明徳に待ったをかけるのは?

    高知1位明徳義塾5回(11121)【3年前、V】2位高知商3回(-4-14)【2年前V】3位高知3回(2--42)【準V】4位中村2回(-24--)5位土佐2回(4--4-)岡豊(--4-4)平成6年の宿毛以来、3強(明徳、高知、高知商)以外の高校が代表になっていない。今や奈良を超える寡占地区となった。波乱は全国で最も起こりにくいと言える。マブチさんが監督のうちはそうは負けないであろう明徳は、1996年からずっとベスト4以上をキープ。取りこぼしも少ない。高知は、マブチさんがいない時期や不祥事で繰り上げでの出場ならあるがそろそろ明徳を破りたい。夏は、むしろ高知商のが分があるが、干支が一回りするころにやっと勝てる感じか。念のため3強以外に目を向けると、私立ながら21世紀枠に選ばれた土佐、24の瞳の中村、体育コースの...高校野球反省会高知編独走明徳に待ったをかけるのは?

  • 高校野球反省会  徳島編  鳴門が独走!

    徳島1位鳴門4回(11-11)【V2】2位鳴門渦潮3回(-214-)【3年前V】3位生光学園3回(-442-)富岡西(-4-42)【準V】ここ10年間で鳴門が8回制覇。残る2回は、徳島商、鳴門渦潮が1回ずつ。よほど谷間の世代でない限りは鳴門が勝ちそうな徳島。鳴門渦潮はまだ上位に残ると力あるが徳島商は苦しんでいる。徳島唯一の私立生光は、いまだに呪縛から解き放たれない。富岡西は最大のチャンスだった今年の夏を逃し厳しくなったか。池田は、復活途上だ。高校野球反省会徳島編鳴門が独走!

  • 高校野球反省会  香川編  冴えない私立勢。。。

    香川1位丸亀城西3回(2-21-)【2年前V】2位高松商3回(42--1)【V】3位英明3回(4--42)【準V】4位尽誠学園2回(-1--4)5位大手前高松2回(-44--)私立勢が強化を辞めたり、指導体制が定まらず冴えない。トップはしっかりと隙をついた丸亀城西。ランキングには入っていないが同じ地区の公立丸亀も時折上位に進出。高松商は、ようやく夏の復活も果たしこのままリードするのだろうか。英明は連続出場するもその後はいま一つさえない。尽誠学園も指導体制が定まらず成績がかつてのように安定してない。大手前高松は、夏になると一段劣る格好だ。近年の出場校をみても、三本松、寒川、坂出商、香川西と安定して上位に入れていない。混戦が続いている地区だ。高校野球反省会香川編冴えない私立勢。。。

  • 高校野球反省会  山口編   実は2強!? 下関国際と宇部鴻城

    山口1位宇部鴻城5回(42221)【V】2位下関国際3回(2-11-)【2年前、3年前V】3位宇部商2回(4-4--)宇部鴻城が6年連続ベスト4以上と夏の底力は群を抜く。3年連続準優勝から呪縛解かれたか。宇部商は古豪らしく安定して実力発揮。ただ甲子園は2005年以来ご無沙汰だ。下関国際は、大エース擁して2年連続があるが今後が課題。高川学園も力はあるが指導体制がコロコロ変わり見極め必要。復活したい早鞆も秋春はそこそこも夏になると委縮する。高校野球反省会山口編実は2強!?下関国際と宇部鴻城

  • 高校野球反省会  広島編   広陵・新庄に割って入るか広島商

    広島1位広陵5回(44114)【2年前、3年前V】2位広島新庄4回(1122-)3位広島商3回(--441)【V】4位広島工大2回(4--4-)広陵に新鋭広島新庄が追い付いた格好だったが、ここにきて広島商が復活を果たし三つ巴になりそう。広島工大は力を入れだしたのかちょいちょい上位に。監督変わったのが、如水館や崇徳。数年は戦績を見極めたいところ。高校野球反省会広島編広陵・新庄に割って入るか広島商

カテゴリー一覧
商用