chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
SOUND MIK http://blog.livedoor.jp/mik_paul/

ピアニスト:小形美香子さんの情報発信ブログ。ライブ録音も配信中。

活動の拠点がニューヨークにあり、カーネギーホール、ポーランド、各地でクラリネットとのデュオリサイタル、公開レッスンを行い、2006年2月にはニューヨークで3度目のリサイタルを行いました。 今年2008年7月、東京と大阪でリサイタル開催決定! 第一回目の配信曲は、リストのラ・カンパネラです。

jam
フォロー
住所
高槻市
出身
高槻市
ブログ村参加

2008/02/25

arrow_drop_down
  • ニューヨークに到着

      日本では天候が悪くなり、西日本は降雪が予想される前日の23日の早朝伊丹から羽田経由でニューヨークに到着。到着したニューヨークは雨。到着してもゲートが混んでいるからと、飛行機の中で約1時間待ち、入国審査の順番待ちでも1時間かかり、迎えに来ているだろう娘達

  • 久ぶりの萬年会

    先日、久しぶりの萬年会を松岳寺で。主人の兄がワクチンを接種していないので、どこにも出かけられず、兄弟そろってなかなか会う機会がなかった。お寺ですればお兄さんも参加できるだろうと、弟の提案で松岳寺ですることに相成った。元々は、いつもお寺に集まれば弟夫婦ばか

  • 捨てられないもの

    今年のお正月は娘達は帰ってこれないし、訪れてくる人もないので、お正月休みの間に部屋を整理する積もりだった。娘がこの前帰国した時、小学校からずーっと使っていた机周りを整理するように言ったのはいいけれど、滞在期間が1週間しかないので、その間にお墓参り、親戚訪問

  • エロイカ変奏曲

    11月の終りから12月の初めにかけて立て続けに3つの演奏会を聴いた。その中の一つ、上のパンフレットのロナルド‣ブラウティハムさんのフォルテピアノの演奏会は、プログラムに「エロイカ変奏曲」が載っていたから、是非聴きたいと思った。と言うのは、娘が大学に入った直後こ

  • 黄色いスダチ~憂楽帳

     12月14日の毎日新聞夕刊憂楽帳に、井上英介さんという方が書かれた「黄色いスダチ」と言うタイトルの記事が載っていた(写真の新聞をクリックすれば文字が大きくなり読めます)。記事の中に、スダチは常温に置いて黄色くなっても、味も香りも同じなのに、値崩れするのが弱

  • 槍ヶ岳

     左 ちょこっと尖った先が見えるのが先日の槍ヶ岳 右は約40年前の槍ヶ岳11月初旬、長野県へ行った。ホテルへ泊まった翌日、まだ新穂高ロープウェイで山頂へ登ったことがないと言う夫の弟夫婦と、新穂高ロープ―ウェイで、頂上まで登った。雲一つない晴天で、頂上は西穂高

  • 初霜

     今年の夏は長くて、やっと秋らしくなってきた。玄関の夏の花がほぼ終わり、秋の花に植え替え始めた。娘の所はどうかしらと聞くと、夏の花はまだ花盛りで朝顔も咲いていると話す。それなのに、明日は霜が降りる予報があるので、畑のトマトと、ピーマンを全部収穫したと、メ

  • ズッキーニのケーキ

     この春に、娘の所へ行った時お土産に焼いてくれたズッキーニのケーキが美味しかった。二つくれたので、友達に一つおすそ分けをすると、「甘さが上品でとても美味しい」と喜んでくれた。私もズッキーニが入ったケーキと聞いて、どんな味がするのだろうと、不思議な気がして

  • 夏の花

      NJの花私は毎年春に植える花は、ペチュニア、サフィニア、秋に植える花は パンジ―とビオラ、桜草と決めている。ペチュニアは春に植えて、夏が過ぎるまで咲き、パンジーは秋に植えて冬を越し春先まで咲くからだ。それなのに、今年のペチュニアは長雨と猛暑だからか、綺麗

  • 誕生日のメッセージ

       左はミリさんの家 右はアンナさんのリンゴの木 9月初旬の私の誕生日の日、有難いことに、岡山の友達からは恒例のプレゼントが届き、ニュージャージのミリさんからは誕生日カード、チェコのアンナさんからはメールでメッセージ、娘達からは恒例の歌声が届いた。ミリさ

  • 演奏会~菊池洋子

    先週の月曜日(9月11日)西宮市の兵庫県立芸術文化センターで菊池洋子さんのピアノを聴いた。プログラムは全てベートーヴェンの曲で、「月光」「悲愴」「告別」「熱情」の4大ソナタで良く知られている曲ばかり。「告別」は娘が東京音大の入学試験の時弾いた中の一曲で、その

  • 中秋の名月

    昨日、福山から帰りに、夫の実家に寄った。弟達と話したかったからだ。今、テレビで話題になっている政治の話や、宗教の話をしているとあっという間に時間が過ぎて帰り支度。弟達はいつも泊まっていくように言ってくれるけれど、明日は予定があるので後ろ髪をひかれる思い

  • ジョージ・ワシントンの私邸

     バージニア州にあるワシントンの家を訪れたと、娘からメールと写真が送られてきた。ジョージ・ワシントンは、アメリカ合衆国の初代大統領で、アメリカ合衆国の父のひとりとされているそうだ。 写真を見ると、芝生が広がる庭はとても広くて、家は何部屋もあるような大きな

  • 演奏会の予定

    http://www.filharmonia.opole.pl               フィラス作曲 クラリネットとピアノのためのスロヴァキア風小狂詩曲(演奏ビデオ)IMG_0126モルター作曲クラリネット協奏曲第1番(演奏ビデオ)デニソフ作曲Bクラリネットソロ

  • 無農薬のトマト

     娘から「トマトを収穫しました」と、トマトの写真が送られてきた。「まあ、こんなにたくさん!」この春娘の所へ行っていた時、トマトの種を蒔き、芽が出て葉っぱが数枚大きくなった頃で、ちょうど畑に植え替えていた。トマトの他に、キュウリ、ピーマン しし唐、えんどう

  • メレンゲのケーキとブルーベリーのケーキ

     この前娘の所へ行った時、忙しい中、娘は2回ケーキを焼いてくれた。一つはメレンゲのケーキで、もう一つはブルーベリーのケーキ。以前、娘がケーキを焼いたと写真を送って来た時、美味しそうで「私も食べてみたい」と返信したケーキだった。メレンゲのケーキは、生徒のおば

  • ピアノトリオ

    7月の半ば、滋賀県立文化産業会館(米原市)へ、ピアノトリオの演奏会を聴きに行った。以前びわ湖ホールへ行った時、このチラシがプログラムに挟まれていたので、遠くだとも思わずチケットを申し込んだ。プログラムに「メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第2番」が載って

  • 鏑木清方展

       6月の終り頃、京都国立美術館に気になっていた「鏑木清方展」を観に行った。学生の頃武蔵小金井の同じ建物に下宿していた、ピアノ専攻の一学年下の友達は絵も好きな人で、絵も習っていた。卒業してからは電話や手紙のやり取りだけで、ほとんど会うこともなかったけれど

  • 松岳寺~蓮と睡蓮~無言館

    今朝、夫の弟から「蓮と睡蓮が咲いています」と、お寺の庭に咲いているその写真が送られてきた。緑の中に、濃いピンク色の蓮と睡蓮は、色が鮮やかでとても綺麗!弟夫婦とは、先週末福山で一緒に泊まり、岡山県、牛窓にある瀬戸内美術館で「無言館」の絵を観たばかり。長野県

  • いちご狩り

     6月の終り頃、「いちご摘みに行きました」と、娘から上の写真が送られてきた。摘みたてなので、つやつやしていて、美味しそう。電話で聞くと、「何よりもフレッシュで、みずみずしくて、美味しい」と話していた。車で50分くらいで、初めて行った所だそうだけど、行くと写真

  • アンナさんの心配

      左:プラハ 右:アンナさんの田舎モラビア4月の終り頃、アメリカへ行く前からパソコンの調子が悪くなっていた。5月半ば過ぎに帰って来て、いよいよ悪くなり修理に出した。買った電気屋さんや、パソコンメーカーの間を行ったり来たりしながら、結局近くのパソコン修理

  • さくらんぼコンサート

    6月23日、ザ・シンフォニーホールへ山形交響楽団の大阪公演「さくらんぼコンサート」を聴きに行った。幸い、席は前から5列目で、演奏者の息吹が伝わり、顔の表情もよくわかる。阪哲朗さんの指揮で3曲演奏された。その3曲の中で、私はヴァイオリン二ストの神尾真由子さん

  • ルシオール~アートキッズフェスティバル

      ちょっと前だけど、5月22日、滋賀県守山市で演奏会を聴いた。守山市主催、阪哲朗さん指揮・日本センチュリー交響楽、歌手の森麻季さんと,びわ湖ホール声楽アンサンブルの演奏が守山市民ホールで開催された。阪さんの指揮はいつものことながら、オーケストラがきちんと

  • 前橋汀子 ヴィオリン リサイタル

     昨日、(6月11日) びわ湖ホールで前橋汀子さんのヴァイオリンを聴いた。前半はベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」で大好きな曲の中の1曲。それからバッハの「シャコンヌ」 後半は、クライスラー「愛の喜び」ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」シューベルト「アヴェ.

  • 平和なうさぎ

     娘の家に滞在している日のある朝、「お母さん来てみて、2匹のうさぎがまるで彫刻の様に同じ格好でじーっとしているのよ」と言う言葉に、慌てて走って行き窓の外を見た。本当に、2匹ののうさぎがじーっと家の前の庭で座っていた。「まあ本当に彫刻みたいね」と私も暫し見

  • ピアノを教えてあげるからね

    娘が幼稚園の時に書いた手紙に「大きくなったら、お母さんにピアノを教えてあげるからね」と言うものがあった。娘の所に滞在している時、その通りになった。忙しい娘がちょっとの暇を見つけて、夫にチェロを教え(娘はチェロの弾き方をかじったことがあるので)、私にはピア

  • 無事帰国

     娘の家の近所の写真ニューヨークへ行く時はANA便だったのに、コロナで減便されていて、帰りはANA便が飛ばない日で、コードシェア便で、ニュージャージにあるニューアーク空港から出発。娘達にとっては、JFケネディ空港よりはるかに近いので、都合が良い。ニューアーク空港

  • PCR検査 ~ミリさん

      昨日、帰国の為に必要なPCR検査を受けに、ハドソンリバーのそばの病院へ行った。来る時も帰る時も、陰性証明書が必要で、近くで簡単にできる検査だけでは入国できないからだ。結果陰性、帰れる事になった。その帰り道、以前娘達が住んでいたボイコ&ミリさん達の家の前も

  • 演奏会~NY

     5月8日、娘が出演する演奏会がマンハッタンのホールで開催された。3月26日、カーネギーホールで開催された演奏会と同じで、出演するためのオーディション を受かった人達の演奏会でした。娘は出演者に頼まれ、ヴァイオリン、フルート、クラリネット、サキソフォンの伴

  • 3年半振り

     写真はニュージャージの家並みニュージャージの娘の所へ来て、ちょうど1週間になる。世界情勢が不安定で、コロナも治まらない時期に来るのは二の脚を踏む状態だったけれど、演奏会があると聞き、自分の年も考えて「出来る時に出来ることを」の思いで来たのでした。来ること

  • ニュージャージの桜とカランコエ

     4月の半ば、 ニュジャージの娘から、庭の桜の写真が送られて来た。桜は満開寸前で、今がちょうど見頃。桜の木も年々大きくなっている。家でも娘がまだ東京音楽大学の学生の頃、東京から送ってくれたカランコエが咲き始めた。もう何年も、何年にもなるのに、毎年咲き続けて

  • すみれが咲きました

     このところ急に暖かくなり、狭い玄関回りは花盛り。玄関回りを賑わしているのは、何年も前に買った一鉢の桜草で、その種がこぼれて、毎年あちらこちらから芽を出し、それをいくつかの鉢に植え替えし、また今年も咲いている。一昨年植えたシュクラメンの鉢に、昨年はすみれ

  • 三岸節子記念館~夫婦展

      左:三岸節子{さいたさいたさくらがさいた}右:三岸好太郎{きんぎょ}3月19日の毎日新聞夕刊に「貝殻旅行~三岸好太郎・節子展」の記事が載っているのを見つけ、4月の初めの土曜日、愛知県一宮市の三岸節子記念美術館へ観に行った。数年前にも一度行ったことがあるこ

  • カーネギーホールの演奏会

     先日ポールさんから「素晴らしい演奏会だった」と写真が送られてきた。カーネギーホールで演奏するための、オーディションをパスした人達の演奏会があり、ポールさんの生徒1人と、娘の生徒が二人、カーネギーホールで素晴らしい演奏をしたそうだ。それに娘は頼まれて、ポー

  • 4月は別れの時期~英会話の先生

    写真はニューヨーク近代美術館の部屋の中から見た景色。先日久しぶりに英会話の先生に会った。コロナになって半年後頃から、英会話を休んでいた私に、先生からメールが届き「4月の終わりオーストラリアへ帰る」と言うような内容で、ビックリして直ぐ先生と連絡をとり、お昼

  • ニューヨークは夏時間に。

      先日、娘に用事があり電話で話していると、「そうそう、こっちは昨日からもうサマータイムに変わったのよ」と言う。サマータイムは、3月第2日曜日から11月第1日曜日までだそうだ。サマータイムだと日本の方が13時間早い。日本時間の朝は、ニュージャージでは夜の時間に

  • 岸田劉生展

      2月の終り頃、京都国立近代美術館へ「岸田劉生展」を観に行った。展覧会の案内のパンフレットに「2021年3月、岸田劉生の作品42点を一括収蔵いたしました。点数が充実したので、初期から晩年までの画風の流れをたどることができる上、自画像、肖像画、宗教画、風景画、静

  • 恩師とCD

     先生が描かれた絵先日、娘の小学時代の担任の先生から電話がかかり驚いた。娘が年賀状を出し、近況も書いていたらしく、そのことについて話された。その先生はユニークな先生で、毎週のように土曜日の午後は、生徒達を図書館や、ハイキングに連れて行って下さったりで、思

  • 実生の木のミカンその2

    先日、洗濯をするので裏のガラス戸を開けると、パサーっとミカンの木から鳥が飛び立った。それで、ミカンの木に目をやると、なんと数個のミカンに、鳥にかじられた跡がある。娘が種を植えたミカンだから鳥にかじられるのは嫌なので、早速まだ無事なミカンを切り取った。鳥が

  • チェコのアンナさんとスカイプで。

     チェコのアンナさんからメールが届いた。アンナさんは、昨年の12月にもう片方の膝の手術をされた。その後のことが気にかかり、電話をしても出られなくて、どうされたのだろうと心配していたけど、メールが届いて安心。私が電話をしたことは分かっていたのだけど、リハビリ

  • ニュージャージも雪

     先週、娘から送られてきたのはニュージャージの雪景色。寒そうだけど、雪にはあまり縁がないエリアに住んでいる私には、雪景色が羨ましいくらい。雪が降り、学校が休みになった娘は、「いつもならこんな日はケーキを焼くことにしているのだけど、今は練習が忙しいのでどう

  • 柚子味噌

    11月の終り頃、大阪へ来た夫の弟夫婦が、我が家へも寄ってくれ、その時、妹の手つくりの柚子味噌を貰った。とても美味しい柚子味噌で、毎日のようにこんにゃくや大根を茹で、柚子味噌で食べた。あまりにも美味しかったので、自分でも作ってみたくなり、クックパッドで造り方

  • フランチェスカさんのクリスマスカード

    フランチェスカさんから届いたクリスマスカードは、昨年もニューメキシコ州・「サンタ・フェ」の住所からだった。コロンビア大学の図書館に勤められていたフランチェスカさんの家は、マンハッタンにもある。私にフランチェスカさんを紹介して下さった、マンフレッドさん(

  • 日展

     先週末、京都市京セラ美術館で「日展」を観た。娘が家に居た頃は、学校が冬休みになった年末に、毎年のように、娘と一緒に観に行っていたのにな。毎年観る順序も決まっていて、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の順だったのに、京都市美術館がリニュアールされ、中の様子

  • ジルヴェスター・コンサート~びわ湖ホール

    12月31日びわ湖ホールで開催された「ジルヴェスター・コンサート」を聴いた。{「ジルヴェスター」は、ドイツ語で「大晦日」を意味し、この日に行われるコンサートはジルヴェスター・コンサートと呼ばれています。}と、チラシに載っていた。オーケストラは大阪交響楽団、

  • 実生のミカンの木が大豊作!

     娘が小さい頃食べたミカン(伊予柑か三宝柑ではないかと思う)の種を鉢に植えた。その後、芽が出て木はすくすく育ち、鉢では小さいので、夫が地面に植えかえた。その後もすくすく育ち、いつの間にか2階のベランダまで届いたので、これ以上大きくならないように時々枝を切り

  • 井上隆平バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ全曲演奏会

    12月25日の土曜日、大阪市内「ツギハギ荘」というユニークな場所で井上隆平さんのヴァイオリンを聴いた。案内が届いた時は、初めて聞く名称なので調べてみると、「ライブ会場」とあり、落語などのライブ会場の様だった。更に案内には、25日:バッハ ソナタ第1番、パルテ

  • 立命館大学演奏会

     17日金曜日、京都コンサートホールで、阪哲朗さん指揮の、立命館大学交響楽団の演奏を聴いた。プログラムは、ムソルグスキー :交響詩「禿山の一夜」チャイコフスキー :バレエ「眠れる森の美女」組曲ラフマニノフ :交響曲第二番ホ短調ムソルグスキーの曲は、学

  • 柊の花が咲きました。

     先日、玄関のドアの前に立っていると、ふと、ヒイラギの花が咲いているのに、気がついた。小さな白い花なので、緑の木の葉っぱに隠れていて気が付かないこともある。

  • 大阪交響楽団定期演奏会252回

    12月2日、ザ・シンフォニーホールで、阪哲朗さん指揮、大阪交響楽団を聴いた。最近は、昼間の演奏会が多く、夜、演奏会を聴きに出かけるのは久しぶり。 メンデルスゾーン :序曲「美しいメルジーネの物語」 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ヴァイル:交響曲第2番ピア

  • 久しぶりにアップルパイを

     あれはいつ頃だったか、テレビでアップルパイを作っているのを見た。リンゴたっぷりで見るからに美味しそうで、私も作ってみようかなと思ったのに、実現にはなかなか。それからしばらく後、長野県へ行った。安曇野から穂高ロープーウェイへの道路わきの家の軒先で、何件か

  • 秋真っただ中

    松岳寺の紅葉昨日の日曜日、高槻から亀岡に通じる山道を車で走った。山の中を走るから、山の木がオレンジ色、黄色、赤、などなど、いろんな色に染まっている。紅葉のトンネルを走っているようで、「まあ綺麗」と思わず言葉が飛び出す。先週だったか、「寺の紅葉も色づきまし

  • 安曇野の美術展~安曇野市豊科近代美術館

      長野県2日目は、数年前予約していたのに、雪が積もり、ホテルに問い合わせると、スノータイヤをたつけていても、スリップするので危険だと言われて、キャンセルした安曇野の山の上のホテルに泊まった。山の上だからか、朝は見渡す限りの雲海で、その昔、山に登って雲海を

  • 碌山美術館

     新穂高のロープ―ウェイから、また山を越えて安曇野まで戻ってきたのは、もう3時過ぎになっていた。予定していた美術館の一つ、「碌山美術館」へ行った。碌山美術館は、日本近代彫刻のドアを開いた「萩原守衛(碌山)」の作品と資料をを保存、公開し、1958年30万人の寄付と

  • ここはどこでしょう?

      右新保高西口駅 左同じ日のふもとの写真先週末、上の左側の写真の景色をバックに、娘にラインで電話し、ビデオに切り替えて話をした。「ここはどこだと思う?」と話すと、雪景色を不思議そうに見ながら、「さっぱり見当もつかない」との返事。数年前に見た長野県の紅葉

  • 日本の風景~京都国立近代御美術館

     10月半ば頃、久しぶりに京都国立近代美術館へ行き、「発見された日本の風景」と題された展覧会を観た。「この展覧会は、明治という時代を、当時の油彩画、水彩画を通して、そしてそこに描かれた風景、風俗を通して旅してみようとするものです」と、美術館のパンフレットに

  • つばめ~オペラ~プッチーニ

    先日、びわ湖ホールで、プッチーニ作曲の歌劇「つばめ」を鑑賞。あらすじを超簡単に述べれば、高級娼婦と若い男性が恋におちたけれど、高級娼婦のマグダが結婚はできないと、男性の元から去っていくという物語だ。このオペラで主人公を演じられた「中村恵理」さんの記事が、9

  • オペラ 内藤ジョアン

    先週末、阪さんが指揮をされる演奏会、オペラ「内藤ジョアン」の鑑賞に、南丹市の園部まで行った。園部は亀岡市のちょっと先で、時々ドライブがてら、その辺りの道の駅に行くことがあるので、遠くだと思わないで行ける。オペラで演じられるは「内藤ジョアン」は、八木の

  • 森下洋子~松山バレー団 ~ ロミオとジュリエット

    昨日の土曜日、びわ湖ホールで松下バレー団のロミオとジュリエットを観た。数か月前、パンフレットに森下洋子さんの名前を見た時、見たいと思い、直ぐにチケットを買った。最近は、たいていの演奏会は電話か、パソコンでチケットが予約できるので、以前の様にプレイガイドに

  • 夢がかなう?

      先日、思いがけず娘から小包が届いた。娘から小包が届くなんて思ってもなかったので、驚きながら包みを開くと、荷物の間から、ケーキの箱が出てきた。数日前、焼いたと、サワーチェリーのケーキ(サワーチェリーは娘達が農場へ摘みに行った時のものだ)の写真が送られて

  • 紫蘇ジュース

     何日か前、娘から紫蘇ジュースを作ったと写真が送られてきた。娘は紫蘇が好きで、娘のお弁当によく紫蘇や紫蘇の穂を入れたおにぎりを作っていたものだ。紫蘇の苗を友達に貰って植えたところ、いっぱいできたので、ジュースを作ってみたそうだ。そういえば、私の家の2階のベ

  • テープから起こされた3枚のCD

     先日、東京のCD制作会社から、待ちに待った3つのCDがやっと届いた。CDその1は、小学3年生の春、高校1年、大学1年生の時の発表会の時のもの2曲、それからニューヨークへ留学してからの演奏が1曲、計5曲が、それぞれ別のテープに入っていたものをまとめて、1枚のCDに起こし

  • チェコのアンナさんからのメール

     昨日、久しぶりにチェコのアンナさんからメールと写真が届いた。フランスからアンナさんの友達ネリさんが来られて、今はプラハではなく、アンナさんの故郷モラビアに帰っていらっしゃるとのこと。ネリさんと一緒に、同じモラビアに住んでいる友達の所を訪問し、そこで友達

  • 睡蓮の鉢とめだか

      右はしの写真は、蓮の蕾です。先日、夫の弟から送られてきた、睡蓮の鉢を拡大してみると、メダカも一緒に写っているのが分かった。オレンジ色のメダカだ。早速、弟に「メダカが写っているのが最初は分からなかった」と電話で話すと、「睡蓮の中にメダカとは風流でしょう

  • 睡蓮の花

      昨日、夫の弟から「睡蓮の花が咲きました」と、写真が送られてきた。「まあ綺麗!」と、見とれてしまうような、鮮やかなピンクの睡蓮で、水の中で咲いているのが、夏だからか、清々しい。昨年、近所のお寺から譲ってもらったそうで、昨年は4つ蕾がついて、花が咲いたの

  • 朝顔とハイビスカス

    数日前、娘から送られてきた写真は朝顔とハイビスカス。「アメリカにも朝顔があるんだ」と思っていたら、次に届いたメールに、「種を買った時は、朝顔だと知らなかった」とあり、笑ってしまった。芽が出て、蔓が伸びてきて、何か支えがいるとわかり、その頃朝顔だとわ

  • プラムの果実酒

    今年のプラム酒と昨年のプラム酒私はプラムを特別に好きではないのに、毎年、プラムが店頭に並び始めると買いたくなる。たぶんその時期しか食べれない季節の果物だからだと思う。プラムがまだ硬い時は酸っぱい気がして、プラムが柔らかくなると、手で向いて食べる。買って

  • さくらんぼ(サワーチェリー)摘み

      先日、娘から「サワーチェリーを摘みに行った」と写真が送られてきた。昨年はコロナ騒動で、気が付いた時には、もうシーズンが終わっていたそうで、今年はシーズンを逃さないように調べて、サワーチェリーの農園オープン初日に行ったとのこと。写真で見ると、透き通るよ

  • さくらんぼコンサート~山形交響楽団

    26日、ザ・シンフォニーホールへ、山形交響楽団の大阪公演を聴きに行った。指揮者が阪哲朗さんだからだ。プログラムはモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」K.504ブリテン:左手のピアノと管弦楽のための主題と変奏「ディヴァージョンズ」シューベルト:交響曲第3番ニ

  • 種から育てたラディッシュ

     先日、娘からとれたての大根の写真が送られてきた。電話で、「大きな大根ね!」と言うと、「大根ではなくて、ラディッシュなのよ」と言う。写真だから大きく見えるけど、実際には親指くらいで、太さは親指の倍くらいなのだそうだ。サラダにして食べたそうだけど、食べ心地

  • CDのコメント

      先日、珍しく従弟から電話がかかった。音楽好きの従弟で、いろんな分野のCDを聴き、いろんな曲を知っている。小さい頃は、私と一緒にピアノも習っていたし、アニメの「のだめカンタービレ」や、「ピアノの森」を紹介してくれたのも従兄だ。その従兄が娘のCDを聴き、「よ

  • 研ぎ澄まされた音

    5月の初め頃、びわ湖ホールで前橋汀子さんのヴァイオリンを聴いた。前橋さんの名声は私が若い頃から知っていたのに、演奏を聴く機会がなかった。びわ湖ホールでの演奏会に出演されると知って、直ぐにチケットを買った。真っ赤なドレスを着て、舞台にゆったりと出てこられた前

  • 貴重なササユリ

    数日前、夫の弟から「ササユリが咲きました」と、写真が送られてきた。ササユリは、本州中部から九州に分布する多年草で、6月~7月にかけて淡いピンク色の花を咲かせ、葉がササの葉によく似ているので、ササと同じ場所に生えている時は、花が咲かないとわかりにくいそうだ。

  • 久しぶりの休暇

     今日、娘から数枚の海の写真が送られてきた。しばらく忙しい日々が続いたので、久しぶりの休暇をニュージャージの海のそばで休暇を楽しんでいるというのだ。その中の一枚の写真に、「福山市へ、素早い旅行をしてきた」と添えられていた。これはジョークで、娘達が行った所

  • 梨の花

    4月に入った頃、夫の弟から「なしの花が満開になりました」と、写真が送られてきた。大きな梨の木に白い花が咲きこぼれている。この大きな梨の木は、植えられてからもう百年以上はたっているそうだ。何年か前に大きく伸びすぎた木を一度切られて記憶がある。それなのに、元気

  • ライラックが咲きました

    先日娘から、ライラックが咲いたと、写真が送られてきた。子供の頃読んだ外国の本の中にに、「ライラック」がたびたび出てきた。「ライラックの木の下で」というタイトルの本もある。「ライラック」はいったいどんな木なのだろう、どんな花が咲くのかしら」と、想像しながら

  • 最高のアドバイザー

    最近、LINEで時々娘にピアノを聴いてもらう。電話なので、細かい音のニュアンスなどは分からないだろうけれど、楽譜の読みが深くて、私が気が付かなかったことなど、いろいろ細かくアドバイスをくれる。それを目標にまた練習するので、あっという間に一日が過ぎる。娘に聴い

  • 20以上咲き続けているカランコエとすみれ

      今年もカランコエが咲いた。娘がまだ東京音楽大学の学生だった頃送ってくれたもので、もう20年以上、毎年咲いている。数年前水をやりすぎたらしく、根腐れして、ちょっとしか咲かなかったので、それ以来、カランコエの育て方を見ながら、その通りにしているつもりなのに

  • チューリップが咲きました。

     今日、娘の家の庭に咲いたと、チューリップの写真が数枚送られてきた。聞きたいこともあり、電話をすると、何年か前にチューリップの球根を植えて以来、それが毎年咲くのだそうだ。同じところから芽を出すものもあれば、そこから増えて芽を出したり、また芽を出さないとこ

  • ニュージャージの桜

     左は娘の家の近所の桜 右は娘の家の桜今年はコロナ、コロナで、お花見もできないまま、あっという間に桜のシーズンが終わった。大阪では桜のシーズンは終わったけれど、ニュージャージは今花盛り。家の桜が満開だと、娘が写真を送ってくれた(4月10日頃の写真)。娘の家

  • ピアノ三重奏曲「大公」

      先週、金曜日の夜、びわ湖ホールへ演奏会を聴きに行った。最近、聴きに行くのは、ほとんど昼間の演奏会で、夜行くことは滅多にないのに、いつか見つけた演奏会のパンフレットに、ピアノ三重奏曲「大公」が載っていて、その演奏会が夜だったからだ。「大公」は、娘がニュ

  • アンナさんからの送り物

     1か月ほど前チェコのアンナさんからメールが届いた。「小包を送ったから届いたら知らせてほしい」という内容のもので、驚いた。一昨年、チェコへ行った時アンナさんに随分お世話になった。滞在中、ほとんど毎日アンナさんの家に行き、お昼をご馳走になったり、演奏会に連れ

  • 迎 肇聡 演奏会

    「黒田ステンドグラス展」を観た後、びわ湖ホールへ行き、迎肇聡さんの声楽の演奏会を聴いた。びわ湖ホールへ入る時は、検温計の前に立ち熱を測る。今回は小ホールだったけれど、席は隣を空けないで座る。でも、マスク着用で、しかもクラシックの演奏会なので、話をする

  • 黒田ステンドグラス教室展

    3月14日の日曜日、「黒田ステンドグラス展」を観に行った。一歩会場に入ると、色とりどりの作品で展示された会場は明るくて華やか。上の左の写真は、黒田先生のついたてに、楽譜が描かれている地球儀が乗っている。音符や楽譜は世界共通語なので、世界中の国々で音楽が奏でら

  • 堂本印象美術館

     1か月ほど前の2月10日の毎日新聞夕刊に、画家堂本印象と堂本印象美術館の記事が載っていた。堂本印象は、60歳の5月、人生初のヨーロッパ旅行へ旅立ち、イタリアからフランス、ドイツ、スイス、スペインなどを巡り、11月に帰国したと記事に書かれている(新聞をクリックする

  • ステンドグラス教室展の案内

    ステンドグラスの細谷さんから、「黒田ステンドグラス教室展」の案内が届いた。頂いたはがきの作品を観ると、「みんなの地球」というタイトルのついたてに、音符やト音記号などが書かれた地球儀がある。それがとても綺麗で、その作品を是非見てみたい気持ちになる。3月12日(

  • ミニ萬年会

     井原市で久しぶりに友達と話した後、井原市から、さらに40分ほど山の中へ向かって走り夫の実家の松岳寺へ行った。夫の弟が買ってくれる、樋口利歌さんのCDを持参するのと、ミニ萬年会をすることになっていたからだ。ミニ萬年会には夫の兄夫婦も来て、久しぶりに3兄弟の飲み

  • オーアモーメント~樋口利歌さんのCD

    岡山県井原市の友達から、娘さんがオリジナルのCDを出したと、連絡をもらったのは昨年の12月、折しも美香子のCDができた少し後の事だった。「送ろうか?」という友達に、1月には福山市へ帰る予定なので、その時頂くと返事をした。でも1月は帰れなくて、先週末やっと帰る

  • ニュージャージの大雪

      先日、娘から雪景色の写真が送られてきた。娘が住んでいるニュージャージは、日曜日から(1月31日)雪が数日降り続いたとのこと。写真を見ると、大雪で車も動かせないのではないかと思う。メールで「食料品は十分あるの?」と聞くと、「大丈夫」と返って来た。ニュージャ

  • 魔笛~阪哲朗~びわ湖ホール

        1月28日の木曜日の午後、びわ湖ホールでモーツァルトのオペラ「魔笛」を鑑賞。28日、29日、30日 31日と4日間の上演で、本当は最終日の31日のチケットを購入したかったのだけど、チケットを申し込んだ時は、もう30日も、31日もほとんど席が残っていなかった。「魔笛

  • 国際郵便EMS事情~チェコ

    アンナさんから送られてきたソロバキアの友達の家昨年の12月の半ば、チェコのアンナさんに送りたいものがあり、EMSで送る準備をした。郵便局へ行くと「チェコでは、郵便局が開いている所と、そうでない所があるので、受け取る方の近くの郵便局が開いているかどうか確かめ

  • 阪哲朗~ジルヴェスター・コンサート~びわ湖ホール

    昨年、暮れ「ジルヴェスター・コンサート」を聴きに、びわ湖ホールへ行った。「ジルヴェスター・コンサート」は、大晦日に行われる、主にクラシック音楽のコンサートで、ジルヴェスターとは、ドイツ語で大晦日の日という意味だそうだ。阪哲朗さん指揮の大阪交響楽団、独唱、

  • 日展

       暮れに「日展」を観に行った。暮れに「日展」を観に行くのは、娘がまだ家に居た頃からの、我が家の年末行事のようになっている。以前の京都市美術館が、数年の改修工事を終え、2020年5月に「京都市京セラ美術館」となって新しくオープンし、会場となっているとのこと

  • ロバート先生の無農薬野菜

      ピサロ(メトロポリタン美術館)以前、英語会話を習っていた先生から無農薬野菜が送られてきた。あの頃はまだ高槻にYMCAがあった頃なので、もう何年も前のことだけど、その後、英会話の先生は沖縄に行かれ、今は広島大学で教えておられる。そして、無農薬の野菜も作って

  • 従兄のコロナ見舞い

    シスレー(メトロポリタン美術館)    数日前、神奈川県に住んでいる従兄から「コロナ見舞い」が送られてき、突然の事なのでビックリした。日頃、ご無沙汰のしっぱなしで失礼しているのに、大阪にはコロナ患者が増えてきたからか、大阪に住んでいる私を思い出してく

  • ライブ録音のCD

    長い間気にかかっていた2010年の演奏会のライブ録音のCDがやっとできた。先日も友人に、「美香ちゃんの第1回目からのCDを全部持っておきたいし、ニューヨークやポーランドでの演奏会のCDがあるなら欲しい」と言われた。聴きたいと言ってもらうのは嬉しい。「友人の中には、

  • チェコのアンナさんからのメール

    先週、夫の誕生日の日に、チェコのアンナさんからハッピーバースデーのメールが届いた。私達の誕生日には必ずメールが届くので、私もアンナさんの誕生日を教えてもらい、忘れないでメールを送るようにしている。アンナさんの手術をした膝の具合は良好とあったので安心した。

  • ちょっと嬉しかったこと

    先日、ちょっと嬉しいことがあった。以前、娘の所へ行った時、簡単な連弾の楽譜を持って行き、一緒に連弾をしてもらったことがある。娘と一緒に弾いていると、いつの間にか娘につられて私も音楽に乗っていく。その時から、私も娘のレッスンを受けてみたいと思っていた。自分

  • 実生の木のミカン

      娘が小さい時食べたミカンの種を小さい鉢に植え、芽が出て大きくなり、鉢から出して庭の片隅に植えた。その時食べたのは、いわゆるミカンではなく、伊予柑か三宝柑ではなかったかと思う。その木がスクスク伸びて今では2階のベランダまで届くほど大きくなり、いつ頃からだ

  • 松岳寺の紅葉

      1週間ほど前、夫の弟からLineメールが送られてきた。夫の弟からのメールは珍しいので、いったい何事だろうかと驚いたけれど、松岳寺の紅葉の写真だった。真っ赤な紅葉と参道にある黄金色の銀杏の木が、紅葉真っただ中。前回お寺で3兄弟で会った時、「ここに居るとコロナ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、jamさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jamさん
ブログタイトル
SOUND MIK
フォロー
SOUND MIK

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用