searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

デュグラディグドゥさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まおうの勘違い評論
ブログURL
http://darkstard.blog58.fc2.com/
ブログ紹介文
批評だけなら誰にでも出来る。 だから私にもさせてください<(_ _)>
更新頻度(1年)

38回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2006/04/06

参加カテゴリ

サッカーブログ / 日本代表

サッカーブログ / Jリーグ(J1)

サッカーブログ / 女子サッカー・なでしこジャパン

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、デュグラディグドゥさんの読者になりませんか?

ハンドル名
デュグラディグドゥさん
ブログタイトル
まおうの勘違い評論
更新頻度
38回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
まおうの勘違い評論

デュグラディグドゥさんの新着記事

1件〜30件

  • J1/2020 第8節 G大阪 vs 川崎F

    J1の第8節。新型コロナウイルスの影響で、東西で分けて開催してきたJ1が今節から、その制約を取り払う。今季未だ無敗で6勝1分で首位に立つ川崎Fと現在4連勝中で2位につけるG大阪。東西での試合が行われる初戦が、首位攻防戦、ここからの夏場の上位争いを占う試合。Jリーグ2020 Division1 第8節パナソニック スタジアム 吹田/4,925人G大阪 0-1 川崎F(川崎F) 大島僚太(48分)...

  • J1/2020 第7節 神戸 vs G大阪

    J1も第7節。ここ5試合を2勝2分1敗、現在、勝点9で9位につけている神戸。対して、3勝1分1敗、現在3連勝中と好調でF東京と並んで3位につけるG大阪。好調のG大阪と神戸、若干、G大阪が上にいるものの、調子の良い両チームの対決。Jリーグ2020 Division1 第7節ノエビアスタジアム神戸/4,746人神戸 0-2 G大阪(G大阪) 小野裕二(62分)、宇佐美貴史(86分)...

  • J1/2020 第5節 F東京 vs 浦和

    J1の第5節。ここまで、川崎Fに敗れたものの、3勝1敗で4位につけるF東京。再開直後の横浜M戦で引き分けたが、それ以外はすべて1点差の接戦を制して3勝1分で2位の浦和。まだ序盤ではあるが、この試合の勝敗で順位が入れ替わる、優勝を狙うお互いにとっては負けられない試合。Jリーグ2020 Division1 第5節味の素スタジアム/4,705人F東京 2-0 浦和(F東京) ディエゴ・オリヴェイラ(45分)、アダイウトン(66分)...

  • J1/2020 第4節 清水 vs G大阪

    J1の第4節。開幕から3連敗、なかなか思い通りのサッカーが出来ず、どうにも苦しんでいる清水。対して、中断明けの2試合、悪くないサッカーをしながら、勝てず、1分1敗のG大阪。どちらが先に流れを掴むのか、中3日とハードなスケジュールではあるが、今節から一部入場者が緩和される中で、ホームの清水としては今季初勝利が欲しい所。Jリーグ2020 Division1 第4節IAIスタジアム日本平/4,131人清水 1-2 G大阪(清水) 立田悠悟(8...

  • J1/2020 第2節 G大阪 vs C大阪

    再開したJリーグ。今週はついにJ1も再開。再開したところで、まさかの大阪ダービー。今季、開幕戦をどちらも勝利をおさめており、どちらも優勝を狙うために絶対に負けられない試合。昨季の対戦成績は1勝1敗でもあり、本当であれば、大観衆が入っただろう試合だけに、無観客は残念。Jリーグ2020 Division1 第2節パナソニックスタジアム吹田G大阪 1-2 C大阪(G大阪) アデミウソン(68分PK)(C大阪) 奥埜博亮(47+分)、丸橋祐介(62...

  • J2/2020 第2節 京都 vs 磐田

    長らく中断していたJリーグが、ついに再開。まずは、J2とJ3からで、翌週からJ1が再開する。その再開の第2節。開幕戦はアウェイで山口相手に敗れた京都と、ホームで山形相手に勝利を収めた磐田の対決。中断期間中、サッカーが長くできない中での復帰したここから、まさに再スタートとなり、その試合が、今季から新しく出来上がり京都のホームスタジアムとなったサンガスタジアム。京都としてはホーム開幕戦となる、この試合を何が何...

  • 少しずつ動き出す

    北海道及び東京近辺を除いて、非常事態宣言が解除され、各府県、それぞれの知事を中心とした考えで、少しずつ動かしだしていましたね。ただ、その中でも、まだまだ抑えた状態が続くし、おそらく、大阪府の吉村知事の言葉じゃないですが、新型コロナウイルスとの共存していくフェーズになってきて、完全に元というか、何も気にしなくても良くなるのは、ワクチンが出てこないと無理でしょうが、それでも少しずつ動き出してきた。...

  • Jリーグ、更に延期を決定

    新型コロナウイルスの影響で、色々と、日本だけでなく世界中で混乱が続いていますが、当初予定していた、4月25日からのJリーグ再開を延期、5月一杯の試合も延期することで、最短でも6月再開となった。...

  • 志村けんさん亡くなる

    未だに、信じられない、信じたくない自分がいますね。まさか、ここまでショックを受けるとは思っていませんでしたが、本当に、何というか、実の祖父が亡くなった時と同じくらいの衝撃を受けている自分がいて、そこまで衝撃を受けている自分に驚いている自分がいますね。これが、4月1日に流れたニュースだったとしたら、質が悪すぎると、マジ切れしたでしょうね。本当に未だに信じられない。...

  • R-1ぐらんぷり2020

    ピン芸人日本一を決めるR-1ぐらんぷり。昨今の情勢を考えて、今大会は無観客試合となった今大会。お笑い番組で、客が無しという大会って言うのは、本来どうなんだろうと思わなかったんですけどね。お客のいない中での大会という事で、審査を含めて、本当にどうなるかわからないですねぇ。...

  • J1/2020 開幕戦 神戸 vs 横浜C

    2020年Jリーグ開幕戦。ここ数年の大型補強が奏功し、ついに初タイトルである天皇杯を制し、先日は、XSCを勝利と、最高の2020年のスタートを切った神戸。久々のJ1昇格、一つの話題となるJリーグ史上最年長記録更新を期待される三浦知良は別格として、ベテランと若手の融合を果たした横浜C。オリンピックイヤーとなる今年の開幕ダッシュのためにも、勢いに乗る神戸に対して横浜Cが挑戦者としてどう戦うか。Jリーグ2020 Division1 ...

  • AFC U-23選手権2020 カタール vs 日本

    既に日本はGS敗退が決まっているが、最終節。相手は、2戦2分のカタールで、この試合勝たないとGS突破が無いと後が無い。2点差以上、もしくは3点以上を取ることでGS突破になるのかなというカタールは、これまでと違って、点を取りに来るだろう相手。日本としては、イタチの最後っ屁ではないですが、少しは何かを選手たちに見せて欲しい所だ。AFC U-23選手権 タイ2020 グループB[19]第3節 Rajamangala Stadiumカタール 1-1 日本...

  • 第98回選手権決勝 青森山田 vs 静岡学園

    高校サッカーの決勝戦。連覇を狙う青森山田は、準々決勝、準決勝と終盤相手に1点差までも迫られながらも、高窓宮杯も制した勝負強さで勝ち上がってきた。対するのは、今大会個人的には最も面白いサッカーをしていて、準決勝では、終了間際にPKで勝利をもぎ取り勝ち上がってきた静岡学園。圧倒的な得点力をもつ静岡学園と勝負強い青森山田、果たして勝つのはどちらか?第98回全国高校サッカー選手権大会決勝【M47】 埼玉スタジアム...

  • AFC U-23選手権2020 シリア vs 日本

    東京五輪への予選を兼ねたアジア選手権。開催国として既に五輪出場は決まっているものの、メダルを取るためにも、やはり出場国のプライドとして最低限ベスト4以上が欲しい大会ではあるが、初戦、優勝候補の一角であるとはいえ、サウジアラビアに敗北、黒星スタートとなった日本。フィジカル的に厳しかったとはいえ、シリアは初戦カタールと引き分けたため、日本は、この試合負けると1戦残してGS敗退が決まる。何が何でも勝たないと...

  • 第98回選手権準決勝 静岡学園 vs 矢板中央

    青森山田と帝京長岡の激戦の熱が冷める事なく、埼スタで準決勝第2試合。今大会の台風の目というべきか、個人技と組織力で圧倒的な攻撃力を見せて、ここまで4試合で15点の静岡学園。対して、固い守備で相手の攻撃を封じてしまって、そこから隙をついてゴールを奪う矢板中央。今大会最強の矛を矢板中央が跳ね返す最強の盾となれるのか。矢板中央としては3年連続の準決勝敗退は避け、昨年の逆転負けのリベンジを青森山田に果たすため...

  • 第98回選手権準決勝 青森山田 vs 帝京長岡

    高校サッカーも準々決勝から1週間空いての準決勝。ここからついに埼スタでの決戦となる。昨年王者であり、今季の高円宮杯優勝チーム、そして、今大会もきっちりと勝ち上がってきた青森山田。ここまで無失点、危なげない戦いで勝ち上がってきている帝京長岡。優勝候補ではあるが、昌平戦はあわやという展開になるなど、甘さがある青森山田の隙をついて、帝京長岡が勝利を掴めるか。第98回全国高校サッカー選手権大会準決勝【M45】 ...

  • AFC U-23選手権2020 日本 vs サウジアラビア

    今年の東京五輪出場を決めるためのアジア予選を兼ねたアジア選手権。日本は開催国のため、例え全敗だったとしても問題はないのですが、しかし、本大会でメダル獲得を目指す以上は、アジアで勝たないといけない。最低限度は、出場権獲得の3位以内、メダルを目指すのであれば優勝しかない。その初戦が、まさかの優勝候補のサウジアラビア。昨今、中東勢はお金の使い方が正しく強化につながってきていて、2022年のカタールWCを目指し...

  • 第98回選手権準々決勝 徳島市立 vs 静岡学園

    高校サッカーのベスト8。ここまで、尚志、筑陽学園相手に競り勝って勝ち上がってきた徳島市立。対する静岡学園は、大晦日の1回戦から連戦、岡山学芸館、丸岡、今治東相手に快勝、古豪復活を見せつけている。ここまでの3試合を11得点無失点と圧勝してきている静岡学園に対して、こちらも2試合を無失点と守り勝ってきた徳島市立が、どう戦うのか。うん? 静岡学園の主なOBにカズがいるけど、高校中退もOBになるのか?第98回全国高校...

  • 第98回選手権準々決勝 青森山田 vs 昌平

    高校サッカーもベスト8。ここまでは、連戦でしたが、ここで勝った4チームは、土曜日まで日が空いて、埼スタでの準決勝となる。ここが正念場であり、すべての力を出し尽くせる所。昨年王者であり、先日の高円宮杯を制している、現高校世代王者の青森山田は、その力を遺憾なく発揮し、初戦の米子北を6-0、そして、2戦目のIH準優勝の富山第一も4-1と圧倒してきている。それに対するのは、初戦の興國、2戦目の国学院久我山に2-0、1-0と...

  • 第98回選手権2回戦 帝京長岡 vs 神戸弘陵

    全国高校サッカーも3回戦。日程としては、本日を勝てば、明日は休みで5日(日)に準々決勝となる。唯一の連戦となる試合ではあり、ここが重要なポイントだろう。帝京長岡は、初戦は前日の2回戦からですが、熊本の熊本国府に3-0と快勝で勝ち上がってきた。対する神戸弘陵は、1回戦から登場で、初戦の秋田商業、2回戦の明秀学園日立相手に3-2と競り勝ってきた。ともに点を取れる力のある両チームだけに、守備が重要になってくるだろ...

  • 第98回選手権2回戦 鵬学園 vs 京都橘

    2020年のサッカーは、高校サッカーの2回戦。初戦シードとなった両チームにとって、これが今大会の初戦。初戦を除いてギリギリの戦いの中で、決勝で、星稜をやぶって勝ち上がってきた石川の鵬学園。今年のIHベスト4、優勝した桐光学園に敗れたものの今回の府予選も圧倒的な攻撃力を見せてきた京都代表京都橘。優勝候補の一つとなる京都橘に対して、大物喰いなるか鵬学園。第98回全国高校サッカー選手権大会2回戦【M29】 ゼットエー...

  • 第99回天皇杯決勝 神戸 vs 鹿島

    皆様新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、新年恒例、天皇杯決勝戦。今年は、令和最初、今上天皇陛下の最初の天皇杯であり、また、先日ついに完成した、今年の東京五輪のメイン会場となる国立競技場での最初のサッカーの試合。決勝は、初の進出ながら、ここ数年オフシーズンでの主役であり、J1では結局8位に終わるも終盤は連勝をしており、また、他のチームからの補強という事で、こういう...

  • 2019年十大ニュース

    さて、令和元年となる今年も色々とありましたが、残りあとわずか。いつも通り、個人的な十大ニュース。...

  • 第98回選手権1回戦 東久留米総合 vs 草津東

    2019年のサッカーも、例年通りラストが高校サッカーの1回戦。令和最初の高校サッカー王者を決める今大会を制するための、最初の闘い。8年ぶり3回目の出場となる東京Aの代表である東久留米総合と、3年連続11回目出場の草津東。東京都大会をすべて1-0という接戦を制してきた東久留米総合に対して、滋賀県大会を圧勝で勝ち上がってきた草津東。草津東としては、過去2年連続青森山田に初戦で大敗しているだけに、初戦突破に賭けている...

  • キリンチャレンジカップ2019 日本 vs ジャマイカ

    今年最後の代表戦は、U-22代表戦。正直、東京五輪を目指すメンバーに関しては、トゥーロン国際を始め、北中米遠征、ブラジル遠征などで結果を出して、非常に期待していたが、ベストメンバーに近づくにつれて、そのサッカーが機能しなくなってきている。ここ最近、森保監督のもと結果が出ていないだけに、今年を良い形に終えて、来年のアジア大会から東京五輪に向けて流れを作るためにも、内容と結果、ともに必要になってくる試合。...

  • M-1グランプリ2019

    2019年の最後を締めくくると言っちゃうとちょっと語弊があるのか?漫才のトップを決めるM-1グランプリ。今年は、令和初代王者という称号を目指す戦いですね。スタートで全部持って行ったのは稲垣選手ですねぇ。...

  • E-1 2019 韓国 vs 日本

    今大会唯一興味があった中国と香港の試合は、何事もなく終わったようで、良かったような、残念なような。とはいえ、試合結果は、順当に中国が勝ったようですね。さて、日本は最後に韓国との試合。ま、怪我無く終わってくれれば良いですね。EAFF E-1 サッカー選手権 2019[6]釜山アシアドメインスタジアム韓国 1-0 日本(KOR) HWANG INBEOM(28分)...

  • E-1 2019 日本 vs 香港

    やる意味がないと思っているE-1ですが、今大会、興味があるとしたら、中国と香港の試合かな。さて、ま、ある意味、この大会の中でレベルが一つ下にある香港相手に、今のJリーグ選抜で、どれだけの試合ができるのか。正直、現状では戦力発掘すらできていない状況ですが、選手の状態でいえば、リーグ最終節が終わった直後の初戦よりかは体調も良いでしょうし、チームとしても少しは機能するようになっていればいいですねぇ。EAFF E-1...

  • E-1 2019 中国 vs 日本

    東アジア選手権。今の日本代表にとって、最も不要なA代表の公式戦ですね。海外組は、国際Aマッチデーでないことで招集できず、先日終わったばかりのJリーグ勢での戦いを挑む日本代表。個人的には、来年の東京五輪の為にU-22代表の方が良いのでしょうが、怪我されるのも嫌ですしね。初戦は、クラブレベルでは非常にレベルアップした中国。そのクラブレベルをどこまで代表に昇華できているかで、日本にとっては強敵になりますし、そ...

  • キリンチャレンジカップ2019 日本 vs ベネズエラ

    カタールWCを目指して戦っている日本代表のアジア予選、今節の日本の試合はないという事で、日本に戻ってきてのキリンチャレンジカップ。先日は、U-22代表がコロンビア相手に完敗。A代表の対戦相手は、そのコロンビアと同じ南米のベネズエラ。WCの南米予選はまだ始まっていないが、先日日本も参加したコパ・アメリカではブラジルと同じグループAを1勝2分で2位通過、アルゼンチンに敗れてベスト8ではありますが、前回大会が南米予選...

カテゴリー一覧
商用