chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
gooブログはじめました! https://blog.goo.ne.jp/momo80462

「日月神示」や付属の「五十(いせ)黙示録」を元に、作者の国之常立神様が来て下さり、隠された暗号を取り出して解説して下さっています また、神仏についてもお話し下さっています 奇想天外な架空のファンタジーとしても楽しんでいただけると思います

モモ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/02/20

1件〜100件

  • 氷月神示 金桃 その1077

    国之常立神より皆様へ…それで「日月神示」の冒頭の第2段落やけど、「お土が上がる、下がる」というのは意味が確定できないわな、そやけど私が先日この段落内の文字を使って解いた、2種類の暗号文の答えを見てもうたら、なぜここで「お土」という言葉が必要なのか、という理由の一端がわかる第2段落より〈解き方A〉(任意に漢字を選ぶやり方)結神算盤弾土洗濯堪掛時=ゆ辛酸番だ黙(=ん)土洗濯土甚掛時=由辛酸番だ黙2×土洗濯甚掛時=由辛酸番だ黙兄ど選択甚賭時意味:(若い時の翠さんが原因不明で苦しんだ)理由は、(ミロクとしての修行のため、)辛酸をなめる番だったからだ黙って魂の兄のアダム=キリストは、(翠さんを妄想で悩ませる気の術をかけ、)彼女がどのような選択をするのかを見守った彼女が死ぬか生きるか、甚だ賭けの時だったここでは「2つ...氷月神示金桃その1077

  • 氷月神示 金桃 その1076

    クニノトコタチノカミより皆様へ今日はわし、饒舌やろ、元気やろ、この暑さにもかかわらず書き手のヒヅキさんはさっきアイス最中を食べとったな、ふだんアイスなんか食べへん人やけど、さすがにたまりかねたようヤ、かたやわしは朝から何も食ってへんけど、(いつもソヤ、霊やし、)水浴びもせんしアイスも食べないけど、ほがらかそのもので疲れ知らずなんヤ、ほんまは連続7時間位しゃべれるんやけど、書き手の体力やツゴウもあるし、第一ここでそんなに投稿できんやろ、失敬しちゃうわね、と言われるのがオチやわな、たださっきの1075は、30分位で作成したのわかるやろ、スピード上げたらあんなもんどっせでは出羽守、行きまーす!(何で、ここでガンダムの口調なんヤ、よりにもよって一番暑い日に元気出しよッテ、暑さで疲れてるのに読まんならン、みんなの身...氷月神示金桃その1076

  • 氷月神示 金桃 その1075

    クニノトコタチノカミより皆様へ…だかラ、みなさんは自分の国にもっと誇りを持ってほしいサタンに表皮を削られても、厳然と立っている大木のように、日本は強い根がしっかりしているのじゃ神という大地から、直接良い栄養をもらえるように、しっかりした根を張っているのじゃそれは、真実を尊び他者と自然への敬愛を保ち、謙虚さを兼ね備えた日本人特有の、長年にわたり張り巡らした神との愛ある結びである…また、災害に出くわし身を守り、枯渇せずに立ち上がる気概を備えた、不屈の魂を持つ日本人達の、神との剣の試合の鍛練の末に得た本当の度胸と、光ある未来と神への絶対的な信頼心である…このように日本人は精神的に良い範を得て恵まれており、これから世界の精神的リーダーとして期待され、活躍する国となるであろう…それは過去からの神の約束であるだからこ...氷月神示金桃その1075

  • 氷月神示 金桃 その1074

    国之常立神より皆様へみなさん、「日月神示」に関心のない人が多いやろうさかイ、ワシが第2段落が云々、言うてもああそうですか、ハイ、で終わるやろうけド、神示をちょっと知ってる人ヤッタラ、あれ?と思ウはずやなぜなら、この第2段落には「日本はお土が上がる。外国はお土が下がる。」という、謎めいた文があってな、日本の値打ちが上がって外国が下がるのか、それとも地震か何かで日本が隆起しよンのか、とかいろんな解釈ができるわな、…ワタシに言わせたら、これから日本は価値が上がり、世界のお手本にならねばならない国や東日本大震災時、世界の人々はメディアなどを通じ、日本人の一致団結した災害への対応を見て驚き、(他の国ヤッタラ当然あるべき略奪や暴動がなかッたかラ、)冷静沈着で、互いに思いやりのある、公平で助け合い精神に満ちた正直な国や...氷月神示金桃その1074

  • 氷月神示 金桃 その1073

    クニノトコタチノカミより皆様へ下欄のバックナンバー月の内、間に欠けている数ヶ月分(800回)は別ブログにありますので、詳しい検索の仕方は「氷月神示白鹿の86」を見てな…ところで昨日暗号の答えを訂正した、「日月神示」の冒頭第1段落の隣の、第2段落の暗号の解読結果を思い返していたら、…オオキナ間違いがあッた(又かよ、じいさん、どこまでボケとんのや、)相(あい)すまん…ついでに修正しとくわなやはり、文中に繰り返し出てくる漢字を選ぶやり方やった第2段落に出てくる「大洗濯×2、お洗濯」をまとめて、大洗濯×3=大戦沢山と前は言い換えたが、本当は洗濯×3=戦沢山と言い換えるべきやったここに謹んで訂正させていただきますで、訂正した全体の答えを載せますと、土2洗濯3神3=十一(=引く)2洗濯3神3=獣卑屈戦沢山降参となり、...氷月神示金桃その1073

  • 氷月神示 金桃 その1072

    クニノトコタチノカミより皆様へなんや恥ずかしいのやけど、皆さん、どうもすみませんでした大上段に構えてたけど、ステンと転んだわ早速、訂正に参る「日月神示」、冒頭の第1段落から繰り返しのある漢字を全て選ぶはずが、なんと3種類も抜けとったワ、これ前に(2022年1月に)解釈したやつやしな、暑さのせいとも言い訳できんし、…困った、やはり年のせいということにしとこう……なんせ、今6千8百万光年歳?やし、わし……で、この前は〈解き方B〉で、「晴・神・苦労・身魂」の4つを選びましたが、よく精査すると、さらに「誠・世・磨」の3種類が抜けとった痛恨の一大事やな、わしにとって、それで字を頻出回数と共に並べ直すと、晴2神2誠2世3苦労4身魂2磨2となります…なお、「苦労×2、一苦労、御苦労」については、ここでは「一」と「御」を...氷月神示金桃その1072

  • 氷月神示 金桃 その1071

    クニノトコタチノ神より皆様へ前回の「金桃その1070」でご紹介しました各索引中、「錬銀の26」にありまス、「日月神示」内の初回の暗号解読について、ちょっと補足をいたしまス…まずその回で、暗号になる文字の選び方の基準が書いてないので、(それまでの連載の流れからわかると思い、どうも省略したようでス、)再び申し上げますと、解き方A1)原文から気になる漢字等を拾い出し、原文に出てくるのと同じ順で、一列に並べる2)それらを同音異義語や分解できる漢字に置き換えていく3)置き換えて出来上がった漢字の列から、予言の意味を読み取り、言葉を足して読みやすい文章に直すでは、再びしつこいようですが、ご参考のために該当箇所の原文1つと解き方を載せていきます…「日月神示」第1巻「上つ巻」第1帖第1段落より「富士は晴れたり日本晴れ。神...氷月神示金桃その1071

  • 氷月神示 金桃 その1070

    国之常立神より皆様へおはようございます今日も暑おすなみなさん、栄養と睡眠をとって体調を整えて下さい冷たいものばかりとりすぎると、胃が冷えて血行不良になり、消化力が落ちますので、お気をつけやす温かいものを適度におとりやす(なんか、小姑みたいやな、)ところで記事の下欄にある「日月神示」「大日月地神示」のタグをタップ→左上の「新着一覧」をタップしただけでは、沢山出てくる「氷月神示」の過去記事の中で、予言の暗号を解読した回がどれなのかわかりにくいかもしれませんので、一応お伝えします「日月神示」の暗号解読回(古い順に)(ミロク関連など)氷月神示錬銀の26~100(22年1月より)錬蝋の10~21(ガンダム関連)錬蝋の78~次の白鳳の途中まで(北京オリンピック関連)白鳳の28~途中まで「大日月地神示」の暗号解読回白鳳...氷月神示金桃その1070

  • 氷月神示 金桃 その1069

    クニノトコタチノカミより皆様へ神サマは自分が言いたいことがあれば、昔から預言者を使ったり、作家に啓示を与えて物語を書かせたり、インスピレーションの働く芸術家に絵を描かせたり、何かとご苦労されているのでありまス……そんな中で、人間に最も訴えやすいのはやはりビジュアル的な素材デシテ、絵とストーリーが一体化したテレビや映画、マンガやアニメは絶好の機会なのですな、神サマにとってですから神様がこの機会を逃すはずはなく、いろいろ思ウテルことを気のもやの映像などにして浮かべ、波動にして送れば、敏感な誰かが感じ取ってイメージを具現化してくれるかもしれないのです……大海に手紙を入れた小ビンを流したら、いつか誰かが拾ってくれるというような……赤い風船に手紙をつけて飛ばしたら、誰かが見つけて読んでくれるというヨウナ……(ほんと...氷月神示金桃その1069

  • 氷月神示 金桃 その1068

    クニノトコタチノカミより皆様へどうも、先程は書き手のヒヅキさんがまちがえて途中投稿してしまい、スミマセンデシタ(暑さで疲れ?とるんですな)前回、「ひふみ祝詞」の話をいたしましたが、それについての暗号解読の記事が、どこにあるのかわからん、という人のために、申し上げますと、例えば「氷月神示白鳳の88」にございマス日本人でよかったナァー、と思いますよ、あなた方、ひふみよいむなやこことぉーと唱えるたびに、『ミロクよ、早く来ておくれ、』という意味になる?のですからな、古代からみなさんが数を数える時に、ひふみよ……といつも唱えて下さったお陰で、弥勒菩薩は日本に呼ばれて転生し、無事重要な使命を達することができたのですよありがとうーー、これは大きな神様からの幸いなるかな、の御礼の言葉ですまた神様は、昔この世にうっかりサタ...氷月神示金桃その1068

  • 氷月神示 金桃 その1067

    国之常立神より皆様へ…他に私の説の強力な傍証として、以前に何回もお話ししましタ、神道の『ひふみ祝詞(のりと)』がございますこれは繰り返しのないいろは47文字で作られた意味不明の祝詞ですが、非常に厄除けの威力があり、千年~二千年前から存在していると言われています…それに私の言う漢字を当てはめていきますと、いっぺんに謎が解け、翠さん(ミロク=イブ)の修行の様子と、兄のアダムの手助けと、そしてイシヤの導師を表す男との和解までが非常に簡潔明瞭な略した漢字文となって出てきまス……それが未来を表すひそかな予言になっていたのですね(詳しくは、「ひふみ祝詞」のタグと、「新着一覧」をタップして下さい)これも、神様が事前に意味をわかってほしかったのではなく、翠さんが使命を終了してから、事後に私共仲間が来て、こうしテみなさんに...氷月神示金桃その1067

  • 氷月神示 金桃 その1066

    クニノトコタチノカミより皆様へここで補足です「金桃その1059」において、私は「日月神示」の中の暗号解読の時、『酒煙草…』を、『終えん総…』と言い換えましたが、正確には『終焉総…』と言い換えてもいいかなと思いまスどっちでも、意味は同じようなものですがね…それと、「日月神示」において、本文を読むとそのままわかる表の予言と、本文の中に完全に暗号化してちりばめられ、隠されているウラの予言とがあり、ウラの予言の方がもっと具体的内容が込められているらしい、と私は語りましたそのウラの予言群についてはこれまで幾つも暗号を解いて答えをお見せし、その内容からわかる通り、予言が成就する前に公開するのには適しませんなぜなら、その内容とは、実は天にアダム=キリストの隠された妹のイブ=ミロクがおり、人間に転生してからアダムの霊の指...氷月神示金桃その1066

  • 氷月神示 金桃 その1065

    国之常立神より皆様へ現在私が話しているコトは、宇宙よりはるかに巨大な、形のない気のもやである親神様の中に、宇宙も地球も人類も結晶となり生まれ育ったこと、大きな神様の中で小さな人間達の魂が天国と地球を行き来して、何回も転生して修行していること、また肉体は常に地上に残り、果ては分解化合して姿形を変えて循環しているだけで、魂も物質も永遠不滅で消えないこと、その親神様の元に世界の神仏は全て共通の根源から出ていること、だから神道の国之常立神を名乗るわたくしが、キリスト教の話をしたり、仏教の弥勒の話をしたりするのは至極当たり前のことだということデス(「国之常立神」は、巨大な神様の通り名の1つであり、他に「大日如来」、「ヤーヴェ」などがありまス私はその小さな分けみたまであり、代理で名乗って参っておりまスまた、天界でイブ...氷月神示金桃その1065

  • 光月神示 金桃 その1064

    クニノトコタチノ神より皆様へその内、アダム=キリストは、翠さんに幽体で天使に変身する術を教えた翠さんは既に前年(2007年)の後半から、「魂の錬金術」(幽体の構造が形状記憶合金のように頑丈で柔軟で、何にでも変身可能だし元の姿にも戻れる状態)を修得していた又その後、生まれる前にいた、仏教でいう「兜率天(とそつてん)」で若い日本風の僧の姿(=ミロク)で暮らしていた時の事を断片的に思い出しており、その僧の姿にも幽体で変身できるようになっていた…そこでアダムは次の計画として、彼女に幽体でなりたいイメージを念じて変身すること、犬や花の姿になることを練習させ、それから特に天使に変身して活動する練習をさせたそれは、後にある人に会わせるためだった…サタン退治は相変わらず2人で毎日のようにやっていたが、それ以外にアダムはや...光月神示金桃その1064

  • 氷月神示 金桃 その1063

    国之常立神より皆様へ暗号解読に手間をとられ、お待たせしまシタが、話の本筋の「金桃その1045」の続きあたりからですね(アダム=キリストと、魂の妹のイブ=ミロクとが、協力して智恵と演技と勇気で、沢山のサタン退治をしていく所)…こんな風にして、毎回アダムは様々な策略を用いて見事に、スマートにサタン達をおびき寄せてだましては、昇天させて行った翠さんはそれらを手伝いながら感心し、アダムが表面上は冷淡にさえ見えるが、サタンのお祓い時には必ず陰で彼女の安全を確保し、難しいが彼女にやりきれる程度の役を演じさせたり、気の術を使うよう適切な指示を出してくれている、と感じていたアダムは智略の塊であり、中に優しい心を隠し持っていた素知らぬ顔でサタン達を手玉にとるが、彼らの昇天を真に望んでいたそれは、翠さんの母と共通した性質だっ...氷月神示金桃その1063

  • 氷月神示 金桃 その1062

    国之常立神よりミナサマへさてさて、この暗号解読の続きは前にお知らせした通り、同じ系統の別ブログにありますので、(書き手のヒヅキさんのIDを一時変更したため、別扱いになっている)「氷月神示錬銀の61」を検索していただければ、そこにありまスなお、ブログはサンドイッチ方式になっており、A)新版氷月神示(初回は番号なし~その13)B)氷月神示(その14~白鳳の13[=その813])A)氷月神示(白鳳の14~現在の、金桃その1062)A)の前編と後編とが直に接続して、ここに載っていまスですから、間のB)(800回の記事分)が、下方にあるバックナンバー月欄からは抜けていまスそこをもしお読みになる場合は、大変申し訳ありませんが、外部から検索を行って下さい方法は、B)の範囲内で以下の小見出しの内のどれかを含めて入力すると...氷月神示金桃その1062

  • 氷月神示 金桃 その1061

    クニノトコタチノ神より皆様へあと少しで主要な暗号の解釈は終わります「日月神示」の「上つ巻」第2帖第1段落に又戻る先ほどはこの段落で、「親旅負落……」と漢字を選んで行き、=深慮不落……(翠さんは戦いで深慮して、絶対に落ちないようにし、……)の答えを導き出しましたね今度は同じ段落を材料に用い、繰り返し出てくる漢字のみを抜粋して並べ、その後に頻出回数もつけますすると、どうなるか臣民4苦2先2国2人4食2倍2知2=しん見ん除(よ)苦痛洗腐酷婦人失職バイバイ不知who意味ですが、これらの暗号は全て、アダム=キリストとイブ=ミロク(翠さん)と、イシヤの導師エディ・ブラウンの関係と、起きた出来事や対話の内容を知っていてこそ、解ける内容です従って、仮に他の誰かがこの暗号を見つけてなんとか解いても、具体的な解説がつけられま...氷月神示金桃その1061

  • 氷月神示 金桃 その1060

    クニノトコタチノ神より皆様へ次だね第2帖の第3と第4段落より字を選ぶ:気誠悪苦良辛光木御稜威恵損=気性悪苦良辛光来見量畏恵損=気性悪苦良心光来見日一里畏恵才員=気性悪苦良心光来見彼横暴(=横棒)悟畏敬再員これはね、こうなんだ:「イシヤの導師のエディは気性は悪いが、(ミロクの翠さんと戦ったことで)良心が苦しみ出したある日、彼は光(翠さんが幽体離脱して天使に変装した姿)が来るのを見た彼は自分の横暴さを悟り、神とキリストを畏敬し、再び仲間(=員)になった」ここで「再び仲間になった」というのは、実は彼が前世パウロだからです彼は神様に記憶を封じられ、転生してイシヤの導師となり、晩年にミロクと戦い負けて改心し、イシヤを良い方向に向ける大事な役割を秘かに背負っていた彼自身はずっとそれを知らず、アダム=キリストとイブ=ミ...氷月神示金桃その1060

  • 氷月神示 金桃 その1059

    クニノトコタチノ神より皆様へ…では、次行きますかなこれも前に系列の、別の同名ブログ内で解釈済みです「日月神示」第1巻、「上つ巻」の第2帖、第1段落よりわしがいいと思う漢字を適宜選び出すただし、文中に出てくる順番通りに並べるのが鉄則親旅負落鼠一寸曇天道死根闇夜明手柄帳働=深慮不落粗一寸呑転導師根比やめ言て気平(=木丙)超働意味はな、これや:翠さんは(2007年5月に正体不明の導師から挑戦され、互いに気の術で25日間昼間に戦いながら、)深慮して絶対に落ちないようにしたもし一寸(ちょっと)でも粗雑な術を使うと、相手に呑まれて状況が不利に転じてしまウ導師との根比べとなり、彼がやめると言うまで彼女は気持ちを平静に保ち、(送られてくる邪霊達を祓い続け、)超人的な働きをした大変でしたよ……陰では指導霊のアダム=キリスト...氷月神示金桃その1059

  • 氷月神示 金桃 その1058

    クニノトコタチノカミより皆様へ以下同じように解いていけますが、もっと詳しく知りたい方は、「その1055」に該当記事の連載回の一覧がありまスので、そちらをご覧下さい…そして「上つ巻」の第1帖の第5段落(第4段落ではなく、「第5段落まで使用」に訂正いたしまス、)へ行ったら初めの第1段落に又戻り、今度はやり方を変えて、段落中に繰り返し出てくる漢字だけを抜き出して並べ、漢字の頻出回数も載せまス…(ただし単独の漢字と熟語内にある同じ漢字→別のものとして扱う例:「今」に対し、「今日」の中の「今」はカウントしなイ複数の熟語を合成した単語→分割して元の形に戻して扱う例:「合同」と「合同実験」→「合同」と「実験」に分けて扱い、この場合、「合同」という漢字が2個あるとカウントする)第1段落より(原文は1056にあり)「富士は...氷月神示金桃その1058

  • 氷月神示 金桃 その1057

    クニノトコタチノ神より皆様へ以後、原文を省略して、抜き出した文字と変換結果だけを述べます第2段落より結神算盤弾土洗濯堪掛時=ゆ辛酸番だ黙(=ん)土洗濯土甚掛時=由辛酸番だ黙2×土洗濯甚掛時=由辛酸番だ黙兄ど選択甚賭時答え:彼女が苦しんだ理由は、気の訓練を受けて辛酸をなめる番だったからだ兄のアダムは彼女に(悪心を抱く術をわざとかけて抵抗させ、)黙って見守った翠さんが苦しみの果てにどのような選択(生か死か)をするのか、甚だ賭けるような時が過ぎた第3段落より嬉苦喜丸点成就懸綺麗要道理=女喜サ古き丸転上終懸綺麗再(=西)女道理意味:女(=翠さん)は(試練に合格したので術を解かれて)喜んださあ、古い嫌なことは丸ごと上昇志向に転じて、気がかりな事は終わり、綺麗な心に戻ろう再び女は道理に沿った生き方をする第4段落より臣...氷月神示金桃その1057

  • 氷月神示 金桃 その1056

    国之常立神より皆様へ「日月神示」内に隠されたウラの暗号文について、私が見つけて以前解読した文章を、「金桃その1055」に再掲しましたが、初めて読まれた方は、なぜこのような解読結果になるのか、不思議でしょう具体的な解読経過の載った記事の回の数字もそこに一緒に列挙いたしましたが、わざわざ探して読みに行くのはめんどうだ、という方のために、解読方法を少しご紹介いたしまス前回「金桃その1055」にある解読文は、「日月神示」の第1巻「上つ巻」の第1帖内、第1~4段落を元に導き出しましたその手法は、1)段落の中でこれはと思う漢字、言葉を抜き出して、文中に出てきたのと同じ順番で一列に並べていく2)それらを同音異義語や漢字細分化の手法で言い換えていく3)言葉を補い、明文化する照合のため原文が必要ですが、全部を載せることは多...氷月神示金桃その1056

  • 氷月神示 金桃 その1055

    国之常立神より皆様へ追伸…某君についての「日月神示」内の予言→「氷月神示白鳳の44」にも解説ありあちこち書き散らしてあるかラ、後で見つけたりしテすまんな、一方のアダム=キリストやイブ=ミロク、イシヤのエディについてのウラの暗号予言は、たとえば→氷月神示錬銀の26~32、35~39、錬銀の40~44、57、59~62錬銀の63~64、69~75などに、「日月神示」内の文章を考察して、暗号を見つけ解読したものがございまス……解読の内容は合わせると長いのですが、こうなりまス(少し言葉を補いましタ)遠い日に仏(のミロク)は誠の心を尽くすと厳しく誓いを立て、女性となって生まれ、苦難を身に受けて魂は孤独になったその理由は(訓練として悪心を持つように押しつけられ、)辛酸をなめる番だったからだ兄のアダムの霊が、翠さん(=...氷月神示金桃その1055

  • 氷月神示 金桃 その1054

    国之常立神より皆様へここで皆さんは疑問に思ウヤロウ53年も前に、某君が事故にあうことが予見できるのヤッタラ、なんで先に暗号の内容をみんなに明かして警告し、止めてくれんのヤッタ、とな、わしは彼が無事やとわかってたから、先に誰にも明かさなかったんや…それに、これらの暗号群には彼の業績も予告されているが、先にそれを言うたら、本人が手を抜いたり、反対にやる気がなくなるやないかイ人は何でも、結果がわからんから、がんばれるんや初めからわかってたら、誰が努力するんや未来なんて、ちょこっと予測するのはいいが、全てを知ろうなんテ、思わん方がイイ皆さんは、魂磨きに天国から地上に転生してきてるんヤから、結果を知らずに試行錯誤しつつ努力してこそ、失敗反省しながら本当の良い知恵が身につくし、真剣に充実して生きていけるその方が魂の波...氷月神示金桃その1054

  • 氷月神示 金桃 その1053

    クニノトコタチノカミより皆様へおはようございますいつも読んで下さり、ありがとうございますせっかく皆さんが来て下さるので、お礼にサービスしとくわな実は今までに同系列の別のブログ内で取り組んだ、「日月神示」の中の暗号解読の内、まだ見つけていて皆さんの前で解いていないものが多々あるのやけど、一つご紹介するわ…「日月神示」の後半にある、「五十(いせ)黙示録」の中から、第2巻「碧玉の巻」の第14~19帖(1961年執筆)より、各帖の最初に出てくる漢字と、各帖の最後に来る漢字とを1字ずつ取り、2字をペアとして並べまスすると、例えば第14帖の長文の出だしの文は、「頭と尻尾だけでは何もできん。~」終わりの文は、「~鏡は筆じゃと早くから知らせてあろうがな。」だかラ、出だしの漢字、「頭」と最後に来る漢字、「知」を選び、次のよ...氷月神示金桃その1053

  • 氷月神示 金桃 その1052

    クニノトコタチノカミより皆様へわしがなんであのような暗号文を作って解けるのか、ご説明をすると1)真に言いたいことを文の形にまとめる(それが予言内容になっている場合もある)2)その文の要点を表す漢字や単語だけを抽出して、文内に出てくる順番に一列に並べる3)別の話を作って述べる4)3)を述べながら、その作文中に、2)の漢字や単語を出てくる順番通りに混ぜて散らしていく(その時に、該当する単語や漢字を同音異義語や漢字細分化して、別の文字で言い換える場合もある)5)でき上がり(作文の中に、暗号が混ざった形)暗号を解く時は、5)から1)へと反対にさかのぼる自分が作文の中に散らした特定の漢字や単語を思い出して取り出し、順番通りに一列に並べる(その時に同音異義語等に言い換えていれば、元の字に戻す)2)の状態になるので、内...氷月神示金桃その1052

  • 氷月神示 金桃 その1051

    クニノトコタチノカミより皆様へ書き手のヒヅキさんが、もういややと、ごねとうる疲れたのやともう少しやし、がんばッてな、後一回や……暗号解読はな、ヒヅキさんにも謎解きの答えを考えさせて、彼女が答えを理解したら書いてもらッテいるので、それで疲れるのや…できるだけ内容に共鳴して書いてもらった方が、わしの感情が文章に乗せられるのでな、それが霊感による口述筆記のコツや……てことで、最後な士官寝袋放浪者国=Shecome身体呆聾者酷意味はな、これや:翠さん(=イブ=ミロク)は未覚醒の若い頃、アダム=キリストの気の訓練の術にはまり、身体はぼうっとして、聾者のように客観的真実が聞こえず、酷い目にあいながらやって来た追沼歌ピョロロン=ついシ刀口歌ヒ○ヨロロン=ついしとう効果ヒエンヨロロ黙(=ン)意味じゃ:彼女はアダムの術に操...氷月神示金桃その1051

  • 氷月神示 金桃 その1050

    国之常立神より皆様へどうですか皆さん、わしの漢字パズルのやり方に慣れてきましたかこれは、前から読んでる人にはようわかってるわな新規参入の方のために、練習用に1033の文章を作りましたかといって見逃したらあかんデだらだら述べる長文の中に、秘かに別の暗号文を仕込んで同時に2つの意味を持たせたこのやり方は、かつて私がウシトラのコンジン?として、岡本天明に降ろした「日月神示」の作られ方と同じやわな(「日月神示」の意味のわかりにくい長文の中に、いかに別の暗号文[=艮の金神が真に予言したかっタこト]が含まれ隠されているか、私はこのブログで何度も何ヵ所も、解明してきました→[暗号]のタグの[新着順]の記事を参照それらの暗号のありかと意味は、作者の艮の金神=国之常立神にしか、見つけて解けないことでス)もちろん、「日月神示...氷月神示金桃その1050

  • 氷月神示 金桃 その1049

    クニノトコタチノ神より皆様へ「金桃その1033」の文章に込めた暗号は、まだあるねんデ(又かよ、いい加減にしろよ、話の足踏みばかりしヨッテ、)何をおっしゃるウサギさん、わしのこのやり方を覚えていてもらえば、先日ブログで解いておいた、「日月神示」や「大日月地神示」内に昔隠された、ワシ?の降ろした暗号文の解説がわかりやすくなるんや(それらの解読文を知りたい人は、下欄の「暗号」のタグをタップして、更に「新着順」をタップして下さいそうすると、解読文の載った記事が出まス「白鹿の15(=その915)」よりも古い記事にあるので、どうぞさかのぼって下さい)…で、暗号の続きやけど「1033」の本文から目当ての漢字を選んで、出てきた順番通りに並べる言座酔桜木田園調布=いざ酉九十桜木田園しらふ=いざトリク自由おう来た演しらふ意味...氷月神示金桃その1049

  • 氷月神示 金桃 その1048

    国之常立神より皆様へところで、まだしょうもなイしゃれ、言うてへんかッタ(まだかいな、さっきの駄文ちがうんかいな、)わし、「金桃その1033」で冗談言うたんやけド、その中に仕掛けしといタ、カンタンな暗号文をカクシテ入れといたんやいつもの同音異義語、漢字分解の技術を使うやつやな、行ってみよう(又かいな、一同ダーッと倒れる、)…「金桃その1033」の中カラ、特定の単語を選んで文中に出てきた順に並べるこうヤ:チューセイジュードーゴンザレスオーソレミオ=注せい爺誘導言戯れす大それ見追う意味はな、こうヤ:注意しろよ爺は話を誘導し、言葉でたわむれる話のテーマが大きくそれて、我々は見て追いかける次、行くで以下、同じ要領や松原舞依癖公平=証言毎平気君たいら意味:爺は隠された真実を証言すると言いながら、毎回平気で雑談をし、君...氷月神示金桃その1048

  • 氷月神示 金桃 その1047

    クニノトコタチノカミより皆様へここで、しょうもなイしゃれ言うていい?(いちいち、了解とることないヤロ、)天界の者が冗談言うたらアカン、てな変な謹厳実直ぶった決まり作ったラ、世の中腐ってまうデ神サン?方は率先して世の中明るうせな、アカンのヤロ、そしたら当然、たまには冗談言うてエエやんカ、(お前の場合、いつもふざけてるヨウニ聞こえる、)大体やな、宇宙は巨大な形のない気のもやである神さんの中に生まれて有るんや全部が、神サンの一部や(わしは、その小ーーーーさな分霊、てこと)そしたらな、この宇宙もチキュウも(チキュウは平たくないデ、誰や、フラットアースなんて、デマまいたの、地球がぺしゃんこに平たかったら、全世界、一斉に朝にならないかんヤロ、そいで白夜のあるはずないヤロ、何で北半球と南半球とが季節逆なんや、日本とブラ...氷月神示金桃その1047

  • 氷月神示 金桃 その1046

    クニノトコタチノ神より皆様へアダム?のイメージが変わったかもしれませんネもっとも、彼は有史以前から天界に存在する大きな幽体なので、これが本当の素顔、地の性質や(…と私は思ウテまス)彼がたまに地上に人間として生まれた時は、顔も違うシ、与えられた使命の役を演じていまス…だから、多少地の性質を抑えめの時も、あるわけです謹厳実直に振る舞ったり、釈迦の時は最初神様に丹田を封じられていテ、それで悟りたくなり苦しんで、やっと悟れた瞬間に神様が彼の丹田の封じを解かれたので、彼は後に自分がアダムである事を思い出した……だが生涯、彼は自分がアダムであることを人には明かさなかったなぜなら、一般の人でも心の修行をすれば悟れるというお手本になるためです自分が特殊な能力を最初から持つ魂だと明かすと、みんなが真似しなくなりますからね(...氷月神示金桃その1046

  • 氷月神示 金桃 その1045

    クニノトコタチノ神より皆様へ…もう1つのサタン退治の方法は、アダムが悪役で、妹のイブが善人を演じるというものこの場合、まじめにしていたいイブ(=ミロク=翠さん)に対して、やって来たアダムの霊が、お互い怠けよう、もう神の使命を果たすのはごめんだ、とか言って堕落に誘う翠さんが断ると、アダムは強制的に言うことを聞かせようと、彼女を殴り倒すふりをするもちろん、翠さんはうまく倒れる演技をするそれで抵抗すると、ますますアダムが押さえつけて顔を平手で張り、(張る時に気のもやで衝撃波を作って音を出し、さも本当に殴っているように見せかける、)厳しく命令するしまいに翠さんは気絶したふりをし、強いアダムの言うことを聞かざるをえない…これを迫真力を持ってするものだから、遠くから見ていたサタン達の群れは、しめしめ、仲間割れをしてや...氷月神示金桃その1045

  • 氷月神示 金桃 その1044

    国之常立神より皆様へ…アダムとイブ兄妹の協力についての、本筋の話の続きが遅くなりましたが、「金桃その1027」→「1032」→「1034」と飛び飛びで、ここで又つなぎますさてさて、お待ちかねのアセッンションやで、みな:何?わい:だかラ、「焦っ、無視よん」、つまりやな、焦りは禁物、家宝は寝て待て、や(意味違うんちゃうか、)何を言うわしに、まちがいなどあるはずがない、(それはうぬぼれ過ぎやろ、寝て家宝が来るもンか、)おタカラはな、スチューデントハウスにあるんじゃみな:??何それ、家=ハウス、宝=う冠+王+点=受かんムリ、0(オウ)点やつまりな、試験は受かんない、無理、0点や…と言うてる学生やな家におって、ゴロゴロしとって、寝てばかりいるとな、そうなるんじゃ…それが、家宝は寝て待て、の意味じゃわしが今考えたのや...氷月神示金桃その1044

  • 氷月神示 金桃 その1043

    書き手のヒヅキより皆さん、いつもお読み下さりありがとうございますブログ内の記事の内、抜けている数ヵ月の中間部分は別のブログ(題は同じ「氷月神示」で、私のIDを一時変更したもの)に納めてありますので、もしお読みになりたい場合は「氷月神示白鹿の86」に検索方法がございます大変お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたしますクニノトコタチノカミより皆様へ…さて、はようアダム=キリストとイブ=ミロクの2008年の正式な出会い以後の話に戻って参らんとな、今どこ走ってるか、わからんやろ、(たぶん、鹿が桃をキックして、ゴールに向かう所やろ、)食べ物は大切にしましョウここまでまとめると、アダムが妹のイブにかけた気の術等:4才→自信喪失させる7才時→眠る前に心で芝居遊び(8、9~11才は、丹田の封じをゆるめられ直感が冴える)1...氷月神示金桃その1043

  • 氷月神示 金桃 その1042

    クニノトコタチノカミより皆様へ…これまで見てきてわかるのは、飛騨翠さん(=イブ=ミロク)が11才時に丹田の封じを神様に一時的にゆるめられ、特に直感が冴えていたこと…その頃彼女は魂ってあるのだろうかとふと2~3日考えて、どうしてもあると思えると、魂の実在を直感的に確信し、遠い暗い宇宙の彼方に見えない形のない大きな神様がいらっしゃることも感得した…それから毎夜、彼女はフトンに入るとまず心で神様にお祈りをするようになった近所に住む伯母が日曜学校を開いていて、彼女は以前一年ほど通ってやめたことがあり、キリスト教のお祈りを知っていたので初めはそれを唱えていたが、その内我流に変え、「神様、今日も1日お守り下さってありがとうございます。どうか、あしたもわたしとみんなをお守り下さい。」という簡単なものにした彼女が感得した...氷月神示金桃その1042

  • 氷月神示 金桃 その1041

    クニノトコタチノ神より皆様へここで訂正と補足ですね前回、11才の翠さんの体験の中で、幻の白い(気の)発光が尾てい骨のあたりに感じられたと言いましたが、正確には尾てい骨よりはもう少し上の方ですね丹田がへその下位にありますから、丁度その裏側にあたります…それからサタンなどのお祓いをするためには、自分の幽体の波動を一時的に無理やり相手に合わせて低波動に下げる必要があると言いましたしかし、何も幽体全部を極低波動にする必要はなく、相手の幽体と共鳴できる程度に、自分の幽体の表側の部分を、抑え込んで分厚い低波動にしますその場合、残りの清い高波動の部分は幽体の中央内部に小さめに圧縮されますもし、アダムのようにサタン達の群れの中で偽のサタンを演じようと思ったら、変身が絶対ばれないように、幽体の表面部分の波動を一時的に極低く...氷月神示金桃その1041

  • 氷月神示 金桃 その1040

    クニノトコタチノカミより皆様へさて、その他子供時代の翠さんに起きた、不思議な事例を幾つかつけ加えマすと、11才?頃、翠さんは一時的に丹田の封じをゆるめられていたが、ある時急におなかの丹田の後ろ側(尾てい骨あたり)に幻の白い発光を感じたその白い光はまぶしく清冽で、背骨の中をグーッと押し進んで上がり、首の後ろの付け根で止まり消えた……その現象が、続けてもう一回繰り返された彼女は白い光が上昇する時、背骨の中が洗われるような、さわやかなしゃんとした気分になった→これを今解説しますと、あの時私は光となり、彼女の開きかけた丹田の裏側から半分入りかけて、そのまま背骨の中を上へ上がって見せたそれをもう一度繰り返したこの行いは、彼女に丹田の所在を意識させることと、未来に私が、覚醒した後の彼女の所に来て、丹田に入る(=常駐す...氷月神示金桃その1040

  • 氷月神示 金桃 その1039

    国之常立神より皆様へ以前に申しましたように、翠さんの母はアダム=キリストの大きめの分けみたまで、双子の妹格にあたります翠さんを無事に生んで健全に育てるためですね戦後の日本社会は道徳が混乱していましたし、悪者はいつキリストや釈迦の後釜が生まれるか、目を皿のようにしていましたかラ、目立たぬように生んで、平凡に育てつつしっかりした道徳観を育てるのです母は戦中世代で死もいとわない教育を受けており、その癖中学の時に終戦でいきなり民主教育を受けましたので、丁度伝統的な保守主義と斬新な民主主義教育とを半々に受け、考え方のバランスがとれていましたその上に家庭は宗教にこだわりがなく、神社仏閣に普通に参るが、母自身は通学圏内にたまたまあったミッションの学校にあこがれて通いましたその縁で、洗礼を受けていますが彼女は合理主義者な...氷月神示金桃その1039

  • 氷月神示 金桃 その1038

    国之常立神より皆様へ…これまでアダム=キリストの霊が魂の妹のイブ=ミロク(=翠さん)にかけた訓練のための術を中心に、説明をしてまいりました…そこに少しつけ加えますと、自分の気が高い波動であっても、救いたい相手の低い気の波動にいったん共鳴しないと、救えない(井戸の底にいて自力で這い上がれない人に上から声をかけても意味がなく、助ける人は綱をかけて下まで降りて行き、相手を抱き抱えて共に登らねばならないそれと同じで、救いたい人は自分の波動を無理やり下げ、波動のとても低い相手の苦しんでいる気持ちにいったん共鳴し心情を理解するそして、相手の気持ちを自分に引き寄せて信頼を得たら、ぱっと一瞬にして自分の波動を高く戻し、冷静に徹底的に相手を清め祓い、天に帰す……ここまでが一連の流れですですから、お祓いをする人はどのような低...氷月神示金桃その1038

  • 氷月神示 金桃 その1037

    国之常立神より皆様へちょっと説明が長くなりましたが、あともう少しです〈アダムが行った暗示や気の術〉…前に述べたように、翠さんが婚約した時から、陰ながらアダム=キリストの霊は、今度は彼女の気の力を回復させてミロクとして覚醒させようと、良い働きかけを始めた神さまにより生まれた時から封じられていた彼女の丹田を開け、心霊能力を復活させ、どんどん指導していった初めはアダムは和宮(現世に転生中)の霊に代わりに扮し、和宮が兄の天皇に無理やり頼まれた尊王攘夷の使命を果たそうと尽力したように、翠さんもいずれ魂の兄であるアダムの頼みを聞き入れて、人間なら耐えられない不快さや危険を伴うサタン退治に協力する事を求められるので、そのための心構えや技能を(見えない守護霊のふりをして)教えていった一方で、アダムは翠さんにかけた古い術を...氷月神示金桃その1037

  • 氷月神示 金桃 その1036

    国之常立神より皆様へ翠サン(=イブ=ミロク)は、隠れたアダムの霊に操られて、それからどうなったか〈アダムが行った暗示や気の術〉26才頃→アダムが訓練の術をほとんどゆるめたので、翠さんは急に重い圧迫感がとれ、普通に振る舞えるようになる食欲も次第に戻っていったしかし、これで終わりやないアダムは彼女を術から完全に解放はしなかったなぜなら神様からの命令で、今度は善人になりたくてもなかなかなれない、悪人のもどかしさ、残念さを体験させることになっていたからだ従って、吐き気とひどい妄想はなくなったものの、翠さんはまだ数日に一度、眉間に憎悪の気の発生を感じたり、人への原因なき衝動的な腹立ちや嫉妬、意地悪な気持ちや自殺願望を持たせられることがあった…彼女が一番嫌だったのは、22才以後からなのだが、愛する母にものすごく強い憎...氷月神示金桃その1036

  • 氷月神示 金桃 その1035

    クニノトコタチノ神より皆様へ…今までの翠さんが受けたミロクとしての訓練を並べると、〈アダムが行った暗示や気の術〉0才→生まれた時から翠さんは気の力を神様に封じられ、自分がミロクだとは知らず、普通に育つただ、母はアダムの大きめの分けみたまで、(母自身はそれを知らない、)聡明で人徳者なので、翠さんを育てるのにうってつけだったまた翠さんも、精神的に強くて判断力のある母を大好きで、すごく頼りにしていた4才→アダムの気の術により、翠さんは「自分はダメだ」という強い暗示をかけられる(自信喪失させて、大人になった時迷わせるため)翠さんは失敗を恐れ、引っ込み思案で声が極端に小さくなる7才(~20才頃)→就寝時、ふとんの中で心で、一人芝居遊びを毎日やるようになる(彼女はこの遊びを『ものまね』と名付けた)(未来にアダムとの活...氷月神示金桃その1035

  • 氷月神示 金桃 その1034

    クニノトコタチノカミより皆様へジュリー(沢田研二)の歌の、「出て行ってくれ」のせりふやないけど、手ひどいしっぺ返しくらったわ、みなさん?にな、(自分で言うてんのやろ、)…ていうことデ、わしほんとうはこないに冗談好きでしゃべり出したら止まらず、こんな小さい画面で話納まり切らんのやけど、毎回、苦労して縮めてるノ、わかる?今までもたまーに冗談言うたけど、さっきのでも、まだ言う分量セーブしてんねンで、もっとたくさんしゃべりたいんや、ほんとはな、(長文区切らずに)…でもそれじゃ読むみなさんがたいへんやさかイ、時々?にするけど、これからももしかして、脱線するのは許してな、あれがわしのウォーミング・アップじゃけにカミ?の健康法やな、言葉のリズム、波動で遊ばんと、死ぬんじゃ?わし、(それはないやろ、)まあ、肩抜きに、ちご...氷月神示金桃その1034

  • 氷月神示 金桃 その1033

    国之常立神より皆様へやっと調子出てきたな、(え?)当たり前やろう今まで、しゃべらんように、度を過ぎんように制限していたさかイ、苦しうテ、やっと冗談もセツメイも、普通にできるわ、ワタシ、(女かよ、)ちがうちがう、ワシは中性やチューセイ中世期ちがうデチュウ(=キス)せい、言うてるのトチガウデ、(誰がそんな妄想するのや、へど出るわ、)ヘイ、ジュードーちごうテ、柔道家のゴンザレスちごうテ、(誰やそれ、)オーソレミオの、みおの松原、ちごうタ、みほの松原、三原舞依さんはスケーター、ワシのお気に入りのスケーターは、○○くんや、(また……、勝手な時はえこひいき癖出しヨッテ、カミは公平とちがうんけ、)ちがう、言うたやんか、前に、ワシハナ、美しいモノが大好きなんやゴンザレスもへべれけもいいけど、(ゴンザレスてなんや、ワイワイ...氷月神示金桃その1033

  • 氷月神示 金桃 その1032

    国之常立神より皆様へでは、「金桃の1027」の続きからやね今までの流れを超簡単にまとめると、大昔神様が作られた大きな智の気のもや=アダム(世界のほとんどの神仏を昔、自分の幽体で創作して変身、人類への啓蒙役その後釈迦やキリストにも転生した)大きな愛の気のもや=イブ(後にアダムの妹に改造天界に温存され、自分の分けみたまのミロク少年と再融合されてから訓練を受け、人間に転生飛騨翠[仮名]として育つ生まれた時から気の力を封じられ、若い時隠れたアダムの霊から精神特訓を受け、死ぬ思いをし合格、後に覚醒してアダムと共に地上の全てのサタンを気の術で退治した神様から聞いたことや日々の体験をノートに記録する係)…で、具体的には2007年の終わり前後にミロクとして覚醒した翠さんが、2008年前半に正式に訪れたアダム=キリストから...氷月神示金桃その1032

  • 氷月神示 金桃 その1031

    クニノトコタチノカミより皆様へそれでですね、もうちょっと雑談、行くわな(アダム=キリストと、イブ=ミロク=翠さんの話、はよ、)果報は寝て待てや、わしにも息継ぎさせんと、死んで?まうで何しろ早く終わらせようと、少しでも記事の回数を減らそうとまじめにしゃべってたさかイ、無駄な冗談言わんと耐えてたさかイ、苦しくてかなわんのや、柵の中で走り回れなイ白鹿みたいにな、(白髪なびかせてる鹿?て、気味悪いのやけど、)ぴょんと飛んで柵越えたさかイ、せいせいしたワ、後は、どっかで転んでさいならするまで、つきあってな、(いや…その…、皆、後ずさり、けったいなキャッチセールスにつかまりそうな気分、)わし、何も売らへんで霊はお金はイラン食べ物もいらん服も要らんエコなもんや…巨大な神様は皆さんの魂をちょっとでも磨こうと毎回、転生させ...氷月神示金桃その1031

  • 氷月神示 金桃 その1030

    国之常立神より皆様へその1027の続きからやったな(お前居座るつもりやロウやめる、休む、言うてどうしたんや)う~ん、わしはいくらでもしゃべれるんやが、書き手のヒヅキさんの都合がな、良かったり、良くなかったりするんでな、いつまで続けられるかなーと、…今の所、言うべき大事な事は皆、ブログの中間部分(例の抜けてるバックナンバー月で、「白鹿の86」に検索方法あり)でほとんど言うたので、後は付け足しや…言わば円環でまとまったブログの記事の連なりの最後に、Qのしっぽのように支線を走らせてるのが、今のわしやなこれまで述べたことの要約をしたり、言い足りないことを付け加えてるだけや…でも今はそれらの積み重ねの上に、皆さんにいろいろ知識を蓄えてもらった上に、エデンの園の隠された秘密を詳しく開陳しているわけや…先に基礎知識を入...氷月神示金桃その1030

  • 氷月神示 金桃 その1029

    国之常立神より皆様へわし、お詫びせんならン前コメで偉そうに暗号解読回のご案内したけど、今書き手のヒヅキさんに念のため調べてもうたラ、「自己証明」タグでは、あまり沢山記事が出てこんことがわかった…むしろ、「日月神示」とか、「暗号」のタグでタップして、更に画面上の「新着順」をタップすると、わしらの記事が出やすいようヤごめんな…それから、「氷月神示」の中でも小見出しが「白鳳」の回などにも、よく暗号解読関係の記事があるようヤ取り急ぎお知らせ申スドジな国之常立神よりあわてんぼうのクニノトコタチ、ネットにうとくてやってきた急いで訂正、急いでテイセイ、投稿してくれ記事を~~テヘッ(皆:やっぱり、人間やないか、ドジしよっテ、)わし:何を言う、巨大な神様かテ、最初は無知やッタ、そやし、アダムとイブの悲劇?が生まれたやんか、...氷月神示金桃その1029

  • 氷月神示 金桃 その1028

    国之常立神より皆様へここで説明:「愛の蝋の海」て、なんでんねんと言う、途中からお読みの方へ(その前に、何で貴様は関西弁でしゃべるねン、と言う方には、わしは人間のふりをしとうる神のお使いで小さな分けみたまやけど、皆さんとお近づきになりたいし、わざとこういう親しみやすい方言を選んで、その方言を理解して書ける仲間(ヒヅキサン)を選んで口述筆記してもらっッテルネンと言うと、今度はそんなバカなことがあるかいな、きっとただの人間やろう、と言われ、また1から自己証明するのいややネン、そやから先に、(ここのブログの系列の別ブログで)さんざん、わしがただの人間?やなくテ、きちんと予言書「日月神示」やその続編であル、「大日月地神示」の中に隠された暗号を沢山明示して、(誰も見つけず解いたことのない)どれもみごとに、きれいに意味...氷月神示金桃その1028

  • 氷月神示 金桃 その1027

    クニノトコタチノカミより皆様へ言っておきますが、幽体は軽くて微細な気の粒子でできていますので、必ず非常に薄い透明に近い姿に見えます(輪郭と目鼻立ちや表情、動作がわかる程度幽体が精神を集中すると、気の衣服や品物も作って出せる)…それからアダム=キリストは毎日来るようになった彼は最初の頃は(翠さんの知っている)俳優のエロール・フリンに似た男に変身し、わざとがさつで時にドジに振る舞ったので、初めは緊張していた翠さんも、思わずたしなめるようになり、だんだん打ち解けていったある時アダムはその姿で、手に3本位の気の筒(長さ15cm位)を出して見せた白い円筒形のものが、一回り大きい銀色の容器に入っていた翠さんがそれは何ですかと尋ねると、アダムはこれはまだお前には与えられないと言って、懐にしまった実はそれは、愛の気のもや...氷月神示金桃その1027

  • 氷月神示 金桃 その1026

    クニノトコタチノカミより皆様へ…翠さんがサタン達を毎日祓いつつ、ある程度兜率天での弥勒菩薩としての記憶を取り戻し、自覚ができてきたと神様は判断され、2008年の前半に地中にある人間のジゴクを閉じる手伝いをするように、命じられた地中には罪のため幽体が重くて昇天できない亡者達が、昔から勝手に罪別に7つのコロニーを作って同類同士集まり、自分達で自分を罰していた(熱湯、炎熱、氷海、吐瀉、黒縄、赤洞等で、暴力、殺人、人を陥れる、猟奇犯罪、盗み、不倫、自殺等)翠さんは幽体を僧侶の青年(=ミロク)に変身できるようになっていたので、その姿で各ジゴクに降り、そこにいた罪人達を説得し昇天させてから、コロニーを清めて消したその際、地蔵菩薩と閻魔王(どちらもアダム=キリストのひそかな変身による)にヒントをもらったり、危ない所を助...氷月神示金桃その1026

  • 氷月神示 金桃 その1025

    クニノトコタチノカミより皆様へ飛騨翠さん(=イブ=ミロクの生まれ変わり)の人生のまとめの続き…翠さんが毎日独りでサタン達を祓っていると、隠れた守護霊のアダム=キリストが、昔から自分で創作変身し、兼務してきた神仏等に変身して、数日毎に順に挨拶に訪れた(波動の低い設定の神仏等から順に)位の低い天使→大天使ミカエル→熾天使など→ギリシャ神話の神々(ゼウス、アフロディーテなど10名)→仏教の仏尊達(阿修羅等→四天王等→観音菩薩等→阿弥陀如来→釈迦如来)アダムは姿もキャラクターも上手に使い分けたので、翠さんは全て別々の神仏だと思いこんだアダムはそのようにして、宇宙の根源の巨大な神の元に世界の神仏はみんな仲間なので、互いに仲良くすべきだし、ミロクはその間を取り持つべきだという観念を、翠さん(イブ=ミロク)に植え付けた...氷月神示金桃その1025

  • 氷月神示 金桃 その1024

    クニノトコタチノカミより皆様へ飛騨翠さん(仮名=イブ=ミロク)の人生の続き(まとめ)翠さんの婚約直後から、アダム=キリストは見えない皇女和宮の霊に仮に変身して、彼女に働きかけ始めた兄の孝明天皇の命令で徳川家と和解、協力するため一身を犠牲にして嫁いだ和宮をこれからのお手本にしてほしかったからだ(和宮本人は現世に転生中で、後にアダム達の仲間になるが当時はまだ未覚醒で活動していなかったので、代わりにアダムが演じた、という私共の説)翠さん=イブ=ミロクが将来覚醒し、神と対立するイシヤの最高導師、エディ・ブラウンと知り合い、和宮のように相手と和解することを神様もアダムも期待してこのような策を取った翠さんは結婚後、和宮の伝記を読んだ直後にアダムが彼女の丹田の封じを解いたので、和宮(実はアダムの変装)の霊を見たりするよ...氷月神示金桃その1024

  • 氷月神示 金桃 その1023

    国之常立神より皆様へ…何回もの転生を経て自分の幽体の気を整えた人(=悟りを開いた人)は、もう転生をせずずっと天国にいてもいいのですが、お役に立ちたいと自ら志願して地上にまた生まれる人たちもいます…さて、話をイブ=ミロク=生命の樹に戻しますと、再度の説明になりますが、イブ=翠さんの経てきた道のりを簡単にまとめます……古代に神様により大きな智恵の気のもや(アダム)と愛の気のもや(イブ)が作り出されるトラブルがあり、2つのもやは兄と妹に改造されたアダムはその後、羽のない天使のような姿にされ、彼が昔自分の幽体で沢山の神仏に創作変身して地球に表れ、人類を啓蒙また、釈迦とキリストにも転生したそれと同時に、地上にはびこる多数のサタン達を退治する準備をひそかに進めるイブは自分の小さな分けみたまのミロク(インドでの釈迦の弟...氷月神示金桃その1023

  • 氷月神示 金桃 その1022

    クニノトコタチノ神より皆様へアダム=キリストとイブ=ミロクの巨大な幽体内部に満ちる気の粒子群の構造が整っているので、彼らが人間に生まれ変わる時に幽体を人間大に圧縮して入れることも可能と言いましたが、反対にむろん元通りの超拡大も可能です15年位前に覚醒した飛騨翠さん(=イブ=ミロク)はその時幽体離脱を会得し、修行のため抑圧されていた幽体内部が元のように整い復帰してからは、必要に応じて幽体が莫大に拡大するようになりました…もちろん、神様の監督の元にですが彼女は無意識に幽体を拡大し、又小さく納めることができます幽体が拡大するということは、内部の気の粒子同士の間隔が(等距離比率のまま)広がるということで、透明度が増しますまた、全体が軽くもなります悪人が我欲と憎悪に凝り固まり、その幽体内部の気の粒子群が不安定になっ...氷月神示金桃その1022

  • 氷月神示 金桃 その1021 (白鹿の100の20の次)

    クニノトコタチノ神より皆様へいきなり、なんで「白鹿」の小見出しから「金の桃」へ飛ぶんや、とご疑問でしょうが、ここはまず置いといて、話を続けます(要するに、名作「子鹿物語」みたいに、いつまでも柵から出ずに畑で作物を食べていると撃たれる?から、場所を移動して、知らん顔して桃を食べ始めたとか?)…前回までにアダムとイブは、実は巨大な形のない智恵の気のもやと、愛の気のもやであり、エデンの園の伝説にある「知恵の木」と「生命の樹」などに該当する、と言いましたそして、2人はその後神様により兄と妹に改造され、アダムは昔世界の神仏に幽体で創作変身したり、釈迦とキリストに転生して人類を啓蒙したまた妹のイブはその一部がミロクに転生して又本体の中に戻り、ようやく今世に日本人に転生したアダムの霊と人間のイブは協力して、神様の念願で...氷月神示金桃その1021(白鹿の100の20の次)

  • 氷月神示 白鹿の100の20 (=その1020)

    書き手のヒヅキより皆さん、いつもお読み下さりありがとうございますこのブログは連載形式になっております下欄のバックナンバー月の内、中間の抜けている数ヶ月分(800回分)の記事については、同名の別ブログにありますので、もしご興味のある方は、「氷月神示白鹿の86」にそこへのアクセス法が載っておりますどうぞよろしくお願いいたします国之常立神より皆様へ前回幽体(=魂、心)を構成する気の状態を整える話をしました幽体は微細な気の粒子群でできていますそれらは何か刺激を受けると、全体が揺れ出して波動を出す喜怒哀楽などの感情別に異なる周波数で揺れます笑うとおなかをゆすり、怒るとほおがプルプル揺れ、泣くと体がブルブル震え、楽しいと跳び跳ねたくなるのは、肉体の中に宿る幽体が、それぞれの感情に合った振動数で揺れるからですその波動が...氷月神示白鹿の100の20(=その1020)

  • 氷月神示 白鹿の100の19 (=その1019)

    クニノトコタチノカミより皆様へ…「魂の錬金術」に必要な4要素の心がけを述べましたこれらは、各宗教の主要理念とも共通点があります1.無欲、平常心=仏教(無我無欲の追究)2.弱いものへの優しさ=キリスト教(隣人愛)3.博愛など=神道(多様な文化の受け入れ、全てに神が宿る考え)4.正直、清らかさなど=神道(公明正大、清潔を尊ぶ)こうして見ますと、魂の安定に必要な錬金術の4要素の心がけを昔から最も実践しているのは、上の3つの宗教を同時に寛容に使い分けている、日本人達かもしれません(キリスト教は一時迫害されたが、深く潜行して影響し、今では普通に日本人に受け入れられている)なぜそれが良いかと言うと、仏教→自己の内面の悟りを探究キリスト教→対人関係において円滑性を目指す神道→環境への敬意と調和を重んじるからですこの3宗教の良...氷月神示白鹿の100の19(=その1019)

  • 氷月神示 白鹿の100の18 (=その1018)

    クニノトコタチノ神より皆様へ魂の錬金術の話をしましたが、ミロク(=イブ)の生まれ変わりである翠さんが2007年に覚醒して、心で普遍的な愛が高まり、(幽体や丹田の気が愛の熱で高温になるので変化が起き、)天界にいた時の高い波動の幽体の状態に戻っていく様子を比喩的に表したのが錬金術である、ということです錬金術はその初期の過程ですが、翠さんの場合は更に上のレベルの錬銀術、錬蝋術を経てから、とうとう天界での幽体と同じ状態に戻りました…しかし正式に言えば、錬金術までは普通の人間にもある程度実現が可能です各人の魂(=幽体)を不滅の黄金のように安定化させる手法だからです具体的には、錬金術で比喩的に暗示される3つの要素(水銀、塩、硫黄)プラス4つ目の要素(清水)をそろえて身につければ、人は誰でも幽体が安定し、幸せを感じられます1...氷月神示白鹿の100の18(=その1018)

  • 氷月神示 白鹿の100の17 (=その1017)

    クニノトコタチノカミより皆様へ生命の樹=愛の気のもや(特にイブを指す)「愛」とは広義の意味であって、7種類に細かく分けられます1)真理への愛(真実を求め愛する心)2)信愛(兄弟愛や、友情、相手を信頼する心)3)弱いものへの愛(弱者や幼いものをいたわる気持ち)4)純粋な愛(いちずな愛)5)献身の愛(己れをある程度犠牲にして相手を優先する愛)6)博愛(まんべんなく皆を愛する心)7)真実の愛(親子や夫婦、恋人同士の深い愛情)番号が下へ行くほど、多くの愛の気を対象の相手に注ぎますこれら7つの愛を1つに統合したものが、一般的な「愛」の概念であり、先ほど述べた琥珀色の液状気、巨大な「愛の蝋の海」と同じ成分です…以前にこのブログで述べましたが、昔イブの幽体はミロク少年の魂を再融合して改造され、天でサタン退治の訓練を受けてから...氷月神示白鹿の100の17(=その1017)

  • 氷月神示 白鹿の100の16 (=その1016)

    国之常立神より皆様へ…次に「生命の樹」についての解釈ですがエデンの園の寓話では「生命の樹」の実を食べると、神と同じように永遠の生命を得られるので、神様は追放したアダムとイブが食べに来ないように、園の入り口に番人を置かれた私共仲間の解釈では、「生命の樹」=巨大な形のない愛の気のもや(=イブ=ミロク)ですから、「生命の樹」は愛の気の塊ということになります…以前お話ししたように、大昔宇宙よりはるかに巨大な無形の無我の気のもやがあり、それが全ての根源の神様であるある時無我の気のもやのごく一部に偶然力が加わり、そこの気の集団が圧縮され、波動を持って揺れ出した(=気の液化)波動のある気の部分は、谷波・山波を持ち、互いに埋め合うので陰陽性が生じたこれが愛の気の原型である愛の気は幻の巨大な薄めた蜂蜜液のようで、透き通った薄い琥...氷月神示白鹿の100の16(=その1016)

  • 氷月神示 白鹿の100の15 (=その1015)

    クニノトコタチノカミより皆様へお久しぶりです…前回のエデンの園の伝説に隠された、神様の意図の解説の続きですね〈隠された象徴〉エデンの園の中央にあった2本の木知恵の木=形のない大きな智恵の気のもやでできたアダム生命の樹=形のない大きな愛の気のもやでできたイブエデンの園=アダムとイブのもやが仲良く混合していた状態知恵の木から知恵の実を取る=アダムのもやの中に紛れたイブのもやを、神様が分離しようと無理に取り出した行為(これがトラブルの元で、サタン達の発生の原因となった)知恵の実=イブ(=生命の樹としても2重に象徴される)神様は、サタン達を生み出してしまったご自分の大失敗を一時的に隠すため、アダムとイブに責任を転嫁され、エデンの園の寓話を創作されたそして、「知恵の木から実を取ることはタブーである」=アダムとイブを無理に...氷月神示白鹿の100の15(=その1015)

  • 氷月神示 白鹿の100の14 (=その1014)

    クニノトコタチノ神より皆様へ…それでは後編なエデンの園の言い伝えには、後日談がある…神様は、罰として追放され寿命を与えられたアダムとイブが、エデンの園内にある「生命の樹」の実を食べると又不死になってしまうので、2人を園へ入れないため守りを固くされた(エデンの園は地上にあったと思われていて、例えばチグリス・ユーフラテス川の源流のアルメニアあたりにあったという説がある)…そして園の入り口に2人の門番を置かれた智天使のケルビムと、回転するきらめく炎の剣だ……この剣もどんなものか、謎めいているのやが、ひとつずつ行こう…まず、言い伝えでは園の中央部には初めから2本の主要な木があった知恵の木と生命の樹やこの内、知恵の木から実を取るのはタブー=アダムのもやの中からイブのもやを引き出すのはタブーという、神様の言い換えやと私は言...氷月神示白鹿の100の14(=その1014)

  • 氷月神示 白鹿の100の13 (=その1013)

    国之常立神より皆様へ神様はアダムとイブの事件をどのように言い換えられたのか神様は、道徳の大切さを人間に説くため、まず自分がお手本として人間から尊敬されなければならなかった神様とは偉大で賢くて完璧なお方であり、怒ると恐ろしいのだ、と思わせて丁度だそれ位でやっと、人間達は神様を恐れ敬い、言うことを聞くようになるものだ…だから神様は、ご自分がまだ未経験のためにアダムとイブを引き離して失敗し、サタン達を発生させて地球に振りまいてしまったことを、どうしても隠さねばならなかった…少なくとも地上のサタン達が未来にアダムとイブに完全に退治されて、人類への害がなくなるまではその事は黙っていよう、それから真実を人類に開示すればよいと、決められた…そこで神様は権威ある完璧なふりをし、アダムとイブが神様の言うことを聞かずに問題を起こし...氷月神示白鹿の100の13(=その1013)

  • 氷月神示 白鹿の100の12 (=その1012)

    国之常立神より皆様へわしの話は無理に信じんでよいけど、どうぞ1つの説としてとらえて下され…でな、いよいよエデンの園の秘密を明かす……というか、今まで半分明かしたわな、…伝説と違い、アダムとイブは元は人間の姿ではなく、超大きな智と愛の気のもやであった…そして知恵の木の実を盗んで食べたのではなく、作り立てのアダムのもやの中に紛れ込んだイブのもやを神様が無理に取り出そうとしてもめ、お陰でアダムが怒り出してそのもやの一部が低波動となってしまい、もやは地球へ封じられたが、無数の黒い山犬型サタンに変容したと……この説で話を進める神様は、サタンの救済を考えられ、アダムとイブを派遣して未来にお祓いを完了するまで、人類を宗教や道徳で啓蒙して守ろうとされた…一方で昔どんな事件があったのかを、人類に対して言い伝えとして残したいと、思...氷月神示白鹿の100の12(=その1012)

  • 氷月神示 白鹿の100の11 (=その1011)

    クニノトコタチノ神より皆様へせっかくやし言うとくわなこの記事の表紙の織物の写真の花の模様は、エデンの園のイメージを表している下の大きな白い花=アダムのもや下の大きな赤い花=イブのもや右上から左横に伸びている3本の白いつぼみ=神様の白い紐状の触手のような気ね?なんとなく感じが似ているでしょ?偶然やけどな…このわしは無駄が嫌いじゃなので(その割におしゃべりが多いけどな、)各記事の表紙写真も大抵、意味や関連性を込めて書き手のヒヅキさんに配置してもらッテイル…さて、話の続きやが、アダムは神様の命を受けて忙しい中、天で待機中の妹のイブにもサタン退治の術が身につくよう、時々訓練しなければならなかった…イブは改造された後、西暦100年頃天界で男の子の赤ん坊の姿で生まれ直し、それから100年間、見かけが5才になるまで担当の神の...氷月神示白鹿の100の11(=その1011)

  • 氷月神示 白鹿の100の10 (=その1010)

    クニノトコタチノ神より皆様へ…では続きやな神様は「エデンの園」の事件に懲りて、アダム(=智の気のもや)とイブ(=愛の気のもや)とを改良し、兄妹にされた又、何があっても動じない中性の心を2人の幽体の基本に据えられた…これで2人は落ち着いた次に神様は、地球にはびこったサタン達を天に戻す方法を考えられた初めはアダムを白い天使のような姿にして、(わっかと羽無し)、サタン達を祓わせようとされたが、彼らはアダムが来ると遠くからでもその清らかな気をすぐに察知し、素早く逃げてしまうので、とてもつかまえにくかった神様は作戦を変えて、長期戦略を練られたその方法とはこうだ1)互いに仲が悪くて個別にバラバラに住む多数のサタン達を、先にある程度グループ化させてから、未来にまとめて祓う2)そのためにアダムを偽の強いサタンに変身させて彼らに...氷月神示白鹿の100の10(=その1010)

  • 氷月神示 白鹿の100の9 (=その1009)

    国之常立神より皆様へそれでは、「白鹿の100の6」の続きからやなわしの話は横道それたり話題が飛ぶ時あるけど、ちゃんとその内戻ってくるさかイ、安心してやでは、生まれたばかりの智恵の気のもやの塊と、その中に入り込んだちっこい愛の気のもやの塊が互いになごんで至福の時を過ごしていた時、何が起きたか…神様はまだ経験が少なかったので、智と愛の相性が最高であることを御存じなかった神様は話し相手が欲しくて智恵の気の丸めた塊に何とかしゃべらせようと、されたしゃべる、というか振動させるのやな…試しに「動け」という感じで、「ADAM」と伝えてみたが、霧状の智のもやは、中に雲状の愛の気のもやを含んでいたため、雲状の方が密度が濃いから、全体が均一に振動できないかろうじて、AをY、DをWと発音し、無理して息漏れ(H)を起こしたので、「…Y...氷月神示白鹿の100の9(=その1009)

  • 氷月神示 白鹿の100の8 (=その1008)

    国之常立神より皆様へ…神様は何でも初体験だったことを覚えていてほしい巨大なご自分の内部の気のもやの一部に圧力をかけて液化し、更にその中の1点を圧縮して生まれた、けし粒程の3重球の中央部が固化した……(それが宇宙界だ)そして神様は3重球の表面に近い所の、「神界」にある智恵の気のもやを少しすくいとるつもりで行った所、神界のまだ内側にある、天界の愛の気のもやがちょっぴりひっついて混じり込んだ…皆さん人間で言えば、科学者が、ししゃも?の卵位の小さな粒に超細い針を刺して、表面に近いところの成分だけを抽出しようとして、他の成分が紛れ込んだ感じやな……いや、もっと微細な実験かもしれん…科学者やったら、失敗したら、あ、ごみにしよう、と不純物の入った成分をぽいとくずかごに捨てればすむしかし、神さんはそういう訳に行かへん神さんの外...氷月神示白鹿の100の8(=その1008)

  • 氷月神示 白鹿の100の7 (=その1007)

    クニノトコタチノ神より皆様へみな:この鹿(=爺)、いつまで走りよるつもりや、きっと息切れするまでやろ、どうせ年寄りや、その内しんどくなって休みよるわ、わし:静かに!大事な話の途中で、何腰折ってんねん、みな:折ってるのはそっちやろ、わし:年寄りは、腰折って?歩くもんじゃ、わし位の万年年寄りになるとな、そや、このエデンの話終わったら、わしとアダムの肖像画を見せる約束やったな、何年もマエにイブの翠さんが描いてくれたやつや楽しみに待ってやみな:見たくないような、こわいような……、恐怖感をそそるな、わし:見たら、忘れられん顔や、たぶんな、しかしアダムの方の絵は、ろくなのがないな、改めて翠さんに描いてもらうかな、頼んどこ、……(そして数時間後)私:できましたか、翠さん翠さん(=イブ=ミロク)、幽体でやって来て:ただいまヒヅ...氷月神示白鹿の100の7(=その1007)

  • 氷月神示 白鹿の100の6 (=その1006)

    クニノトコタチノ神より皆様へ…で、神様は地上で比較的大きな恐竜でさえ、神様に気がつかないのを確認されると、しばらく地球の生き物達はほっておいて自然に任せ、ご自分と意志を通じ合える、もっと大きなものを作ることにされた…まず神様は、聖球の表面をおおう膜(表面が接している、「愛の蝋の海」の薄い蜜のような液状の気が、聖球に触れて冷えかたまり、薄黄白い膜となって球の表面をおおっていたそれで、聖球は白っぽく見える)…のすぐ下の内側にある神界から、気を少し採ることにされた…神様は聖球の表面の白い気の膜を一部めくり上げ、そのめくり上げた気の膜を細長い紐状にしてから、下の小さくむき出しになった部分の神界に突っ込まれた…紐状の白い触手の先端が、神界の成分である薄青い智恵の気のもやを、ひとすくいする形になった神様はすくった智恵の気の...氷月神示白鹿の100の6(=その1006)

  • 氷月神示 白鹿の100の5 (=1005)

    クニノトコタチノ神より皆様へ…では行こうかのう…エデンの園へかつてあったと言われ、今では閉鎖?され、どこにもないかのような美空のウグイスのような、幻めいた話じゃな…私はかつてブログでこう語った昔神様が巨大でいらっしゃって、それは広大な無色透明な形のない気のもやでござった…ある日無我の神様の中の気の粒子群の密度が増し、(気の粒子が分裂増殖して飽和状態になり、)「爆発」した……それが落ち着くと、粒子達は均一に散らばり、直立自転を始め、静かにコマのように回った……永久運動やな……ある時ごく一部の偏った密度の気の所に神様が無意識に少しだけ力を入れなさると、そこだけ収縮して気の粒子群の塊が初めて波打ち始めた……気体の液化みたいなもんやな神様は初めてご自分の内部に生まれた波動をおもしろがり、その波が霧散しないように、回りを...氷月神示白鹿の100の5(=1005)

  • 氷月神示 白鹿の100の4 (=その1004)

    国之常立神より皆様へ…この飛騨翠さん(=イブ、ミロク)の母親じゃが、我々は彼女を「大グレース」と呼んでいる彼女の丹田にはやはり指導役の神の分けみたまが入っており、何か大事な事を言うべき時はその分けみたまが彼女の口を借りてしゃべらせる…だから、彼女が人に説教する時は頭が真っ白になり、何も考えなくても良い言葉が出てくるのだそうだったただし、神様は彼女をいつも半覚醒状態にしてあるなぜなら、娘の翠さんが危険を伴う心霊活動をしていると母親にわかると、大変心配して止めようとするからだ…また、翠さんが若い頃アダムに訓練を受けた時には、母親はかえって事情を知らずに見守るだけで良かった翠さんが母にもう頼らずに、強い忍耐心を持って自立することが必要だったからだ(将来サタンなどのお祓いをする時に、翠さんは誰にも気づかれずに無言で独力...氷月神示白鹿の100の4(=その1004)

  • 氷月神示 白鹿の100の3 (=その1003)

    国之常立神より皆様へご苦労さんどしたそれでは大ヨハネとは双子みたいな性質の翠さん(=イブ=ミロク)についてやが、ここでもう一度おさらいしておくわなこのブログで最初の方に彼女の人生体験の話があるが、(初めは書き手のヒヅキさんが、幽体離脱して来た翠さんの口述を聞きながら、代理で筆記した、)それを見てもうたら大体の性質はわかるやろ、まじめでおとなしうてのんびりして、小さい時は人の後からついていく子やった…寛容でなかなか人に怒ることができん、すぐに許してしまえるのやな…また、フェアを重んじ大変粘り強い所がある…こんな美点があるのやが、4才の時、アダムがこっそり彼女に術をかけたために、彼女は突如ひどい引っ込み思案になってしもうて、声が小さくなり、失敗を恐れて何もしなくなった萎縮させたのは、神様の作戦や小さい内は目立たんよ...氷月神示白鹿の100の3(=その1003)

  • 氷月神示 白鹿の100の2 (=その1002)

    クニノトコタチノカミより皆様へみな:往生際が悪いなもう、1000コメ行ったのに、まだ話しよッテ……、おまけに連載回数、枝番つけて延ばしとるし……私:わしは別に、1000きっかりで終わるとは言うとらへんデ、そうやったらいいのになあー、というやつや…ところで、飛び入りで今、仲間が幽体で来とうる前にもご挨拶したことあると思うけど、ヨハネや……大ヨハネとも言う……現世に転生しとるのやみな:えっ、あの、翠さん(=イブ=ミロク)の大きめの分けみたまで、えっと、……わい:双子の弟格みんな:そう、その、かくかくしかじかの人が、何で?わし:なんでって、後から読んだ人もいるさかイ、念のためもう一度ご挨拶や…初耳の人が多いでなどうぞ!ヨハネ、幽体で来て白い上着とズボン姿で正座して:みなさん、こんにちはお久しぶりですぼくの事を覚えてら...氷月神示白鹿の100の2(=その1002)

  • 氷月神示 白鹿の100の1 (=その1001)

    国之常立神より皆様へみな:そ、それにしたって……、人(の幽体)が、幻の大きな列車に変容するなんて、聞いたこともあらへんわ、わい:何をおっしゃるウサギさん、やなかった、ウ、サギ?やないで~あのな、イブとアダムは特別なの特別、宇宙より大きい形のない気のもやでできていて、(アダムはイブの100倍位の大きさとなる)大昔に神様に作られたのや……話し相手としてな……そして、2人は整った気の構造をしてるさかい、上手なマスゲームのチームのようにそれぞれが気の粒子群の配置をさっと変えて、いろんな形に変容できるのや…そして、元にも戻れるこれは一糸乱れぬ気の粒子群の動きがあって、初めて可能になる「氷月神示」の「錬金」の小見出しの期間でも述べたように、魂の錬金術を体得すると、できるのや…錬金術とは化学反応の事やない、幽体の気の粒子群の...氷月神示白鹿の100の1(=その1001)

  • 氷月神示 白鹿の100 (=その1000)

    クニノトコタチノ神より皆様へキューキューキュキュキュー!!みんな:なんやわたい:なんやて、わかるやロウ99999ーで、急ブレーキかけとうるのや1000コメになってしもうたしな、一段落やけど、まだ言い足りんことがある読者との約束やウチュウの果て?にある、エデンの園(閉園中、コロナかよ、)へ前みたいにみんなでウチュウ列車?で行って、(要するに、銀河鉄道スリーナイン?てことね、いや、ファイブナイン号か、)門番に開けてもらわんならん…今こそ、1万年に一度の園内特別見学ツアー?やしな、(というコントを昨年秋からこのブログのもう1つの同名の系列内で連載していました例えば、「黄煙の55」=21年の11月後半あたり?から)どうや?行く気になったか?というか、ご招待やな、あなた方よくがんばって読んで下さったから、お礼や(みな:ど...氷月神示白鹿の100(=その1000)

  • 氷月神示 白鹿の99 (=その999)

    クニノトコタチノ神より皆様へスリーナインやないか、いや、ファイブナインか、しゃれのひとつもとばしたいけド、いい?ファイブナイン=farイブ名隠=イブの名前は遠い天界に、隠れていましたな?これの方がよっぽどアダムの下手くそなしゃれより少しはましやろ、ついでに「内海(うちうみ)のトリセツとりて頭かく爺の白根(しろね)に若葉なく」これはな、こういうことやネン「爺(わし)のアタマは真ん中がはげ、内海のようにてっぺんが見えているどうしようかと、薄毛の取扱い説明書を取って、頭をかいて考えた爺の白髪の根元には新しい毛(=若葉)が生えてきていない」ハハ、わしおもしろい冗談言うの好きでな、今まで辛抱していたけど、アダムのひどい冗談聞いて、吹っ切れたワ、人類を悲しみの白けムードから、救ったらならン、アダムには人を癒す力があるか知ら...氷月神示白鹿の99(=その999)

  • 氷月神示 白鹿の98 (=その998)

    再び、クニノトコタチノカミ(国之常立神)より皆様へやれやれ、やっと終わりよった仲間のアダムめ、後1000まで3コメしかないやんかこれでどうやって、わしにまとめろ言うんやかなり難しいでこれは……あ、みなさん、わしやわしアダムと違うで書き手のヒヅキさんとも違う「日月神示」を下ろした本人?を自称する、別名「艮の金神(ウシトラノコンジン)」やウシトラのコンジン!弥勒菩薩のお目付け役や……担当指導霊やなほら、今にミロクの世が来る、て神示の中で言うたやろう艱難の末にな……「日月神示」等に隠された暗号も皆、わしが見つけてこのブログ内で沢山解いといたやろうあれが、わしなりの自己証明や世界で他に誰にもできひんことやところで、仲間のアダム=キリスト(わしら、全宗教に共通で、宇宙よりはるかに巨大な形のない気のもやである親神様の元にい...氷月神示白鹿の98(=その998)

  • 氷月神示 白鹿の97 (=その997)

    アダム、スピットファイアー(時代遅れの戦闘機?)より皆さんへ時代錯誤な事を言わないようにしているつもりなのですが目にふたをし、耳に栓をしている人達には戦闘機の爆音も人の声も、なおさら天上の声も何も聞こえないのでしょうな反対に、みそぎぞ夏のしるしなりける、で心にゆとりがあり(ゆとり教育じゃなくて、本物の)さばさばして生きながら、どこかに微細なものを気づく豊かな感性をお持ちの皆様には、私の言うことの百分の一もご理解いただければ、ありがたい所存時代ばった言い方になりましたが普段は普通の物言いもしますしかし、格式を崩すなと、仲間の爺(国之常立神、我が妹のミロクの担当指導霊)から言われていますので、ことさらまじめにお話しさせていただきましたところで、書き手のヒヅキさんから昨日、『「使徒行伝」では師が昇天して行くのを仲間達...氷月神示白鹿の97(=その997)

  • 氷月神示 白鹿の96 (=その996)

    アダム(=○○ストの霊?)より皆さんへ…この名前の○とか?とか、いい加減取れないのかね本名?を名乗るのにこれ程苦労する世の中もないなま、いいや疑り深い方がいいでしょう…みなさんも、その疑り深さで文献を見られたらいかがですか世の定説が実にいい加減なものか、疑問や矛盾を感じても科学的に検証することを恣意的に妨げられ、今日までほとんど誰も、謎を解こうとしない……この科学の世にあって、矛盾だらけの言い伝えをそのまま受け入れろとか、無茶ですね……やはり、納得したいでしょ、みなさん…私は後世のためにできる限り論理的に文献を解釈しているつもりです気の存在を認めた上での話ですがね気とは、あなた方が人や光景を思い浮かべた時に、顔の前に浮かぶ薄い幻などがそうです…あれは眉間の第3の目から伸び出る気のもやで作られた映像ですね人間の場...氷月神示白鹿の96(=その996)

  • 氷月神示 白鹿の95 (=その995)

    アダム(=??)より皆さんへ師は仲間達が努力して活動し、危難を突破し、しかしあからさまに時の権力に抗し、ついにはとらえられて刑に処されることまで予期し、最期まで支えてやりました支えたというのは、遠隔地から透視し、時には気を飛ばして力をつけてやり、又危害を加えられないようにテレパシーで予告して逃がし、気の幻を見せて行くべき道筋を示したりしました師が40日後に「昇天して」去る前に、仲間達一人一人に秘かに個別に幽体離脱の仕方を教えたと私は述べましたが、(その事はどこの文献にも載っていないが、)幽体離脱を会得した者は霊の姿を見、声を聞くことができます霊を見聞きできる能力により、彼らは伝道中に師からのテレパシーの声を受け取れ、師の幽体を見ることができ、自信を持って行動できるのです…ですから師は皆と別れる前に、その能力を彼...氷月神示白鹿の95(=その995)

  • 氷月神示 白鹿の94 (=その994)

    アダム(=キリ○○の霊?)より皆さんへ師は何故仮死状態でよみがえったのに、その後皆の前から姿を消すのか…あるいは天上へ帰った?ようにするのか…そこには神様の意図がありました…まず、師が奇跡的によみがえったように見せて、その後皆の前で超人として活動し続けると、直ちにローマ兵が又とらえに来る地元の祭司長達や保守派も黙っちゃいないでしょう師をとらえて、今度こそどんな手を使っても滅ぼそうとする師の仲間達もみな、一斉にとらえられて破滅するでしょうたとえ怒った一部の民衆が暴動を起こしたとしても、信徒はまだまだ少ないですから、ローマ帝国側が簡単に民衆を弾圧してしまえるそれでは、信仰の命脈が断たれる…むしろ、じわじわと信仰の波を水面下で広げ、やがて歴史にあるようにローマ帝国中に浸透し、有力者達も入信するようになり、どうやっても...氷月神示白鹿の94(=その994)

  • 氷月神示 白鹿の93 (=その993)

    アダム(=キリ○○の霊?=ここではシャルルとも言う)より皆さんへいろいろしゃべってきましたがお聞き下さってありがとうもうまもなく終わります…復活してから昇天するまでの40日の間、師は何をしていたのか気になりませんかぶらぶらしていたのかな?そうじゃないでしょう全て神のご計画通り動く方のようですから私の説を申し上げます…実は師は残された40日の間に、十数人の仲間達に順に秘かに働きかけて、幽体離脱を会得させていった幽体離脱は肉体への欲をできるだけ無くした上で、中にある4重幽体の内の中心部の2重幽体を、引きはがすと可能になる幽体は内側から1…真の幽体(直感を司り神と交流する部分で丹田を内包する)2…感覚を司る幽体(善や美に反応する)3…知識を司る幽体(脳を管理する)4…肉体を司る幽体(脳以外の体を管理する)この内、1と...氷月神示白鹿の93(=その993)

  • 氷月神示 白鹿の92 (=その992)

    書き手のヒヅキより皆さんへいつもお読み下さりありがとうございます下欄のバックナンバー月の内、抜けている中間期間(7ヶ月間)の記事については、別ブログにしており、「白鹿の86」にそのアクセス方法が載っていますのでどうぞそちらをご覧下さいアダムより皆さんへではいいかね(白い衣姿の幽体で降りてきて片ひざをつく)続きに参ろうか…私は驚く仲間を尻目に一緒に食卓につき、共に飲食をして見せた当たり前だよね元々仮死状態になっていただけで肉体はずっと生きているんだから彼らにとっては突然部屋に現れた師が、噂通りお元気で、しかも以前と違うお身体ーー、部屋の壁を突き抜ける?奇跡を行えるようなーー、におなりになり、神々しい感じがしたのでしょうな不思議な、今で言うとサンタさんみたいなもので、夜中にいくら目をキラキラさせて起きて待っていても...氷月神示白鹿の92(=その992)

  • 氷月神示 白鹿の91 (=その991)

    アダム(=キリ○ト??)より皆さんへさて、私は都の仲間達の家の前に来て、どうしたか霊のように見せつつ彼らと親睦をはかりたい今後の事もありましたしね私はただ一人、ヨハネにだけは色々打ち明けてありました彼は私の天界での妹、イブ=ミロクの大きめの分けみたまである、大ヨハネ(=イブの双子の弟格)からとられた小さな分けみたまで、私にも弟みたいなものです…だから、他の仲間達よりは可愛く思えるのはいた仕方のないことです…できる限り公平な扱いを心得ましたが(ヨハネとペテロと大ヤコブが、仲間の代表的立場だった)…私は家の中に仲間達といるヨハネに、テレパシーで連絡をとった私が復活後ここに来て何をするかは、先に彼にだけ教えてあったで、私は中にいる仲間達に気の術をかけ、不動金縛りじゃないが、立ったり座ったりしたまま意識を失わせましたヨ...氷月神示白鹿の91(=その991)

  • 氷月神示 白鹿の90 (=その990)

    アダム(=にせキリ○○じゃない?○○○○)より皆さんへ私が誰か、皆さん気になる所でしょうが、私は文献にはない、本人しか知らない心理を語っていますし、又当時起きた現象をできるだけ理論的にご説明しているつもりです何しろ、まじめ一方で理屈に合わない事が大キライな私ですので続けます…私はその家を去ると、仲間達のいる都へ引き返しました途中、先ほどの2人が息せき切って私を追い抜いて行きましたが、2人が又私に気がつかないように、術でしておきました…彼らが私の仲間達に先に知らせに行ってもらうためですなぜなら、師が霊?で現れて、道で共に歩いたり、食卓についたが煙のように消えてしまった、やはり師は霊としてよみがえられたのだ!という話を迫真力を持って、仲間達に話しておいてもらうためです……そこへ、私が現れたらどうなるかやはり霊だ!!...氷月神示白鹿の90(=その990)

  • 氷月神示 白鹿の89 (=その989)

    アダム(=ここでの仮名シャルル=キリ○○の霊??)より皆さんへ今、私の仮説を述べています…私が仮死状態?からの「復活」後、マグダラのマリアの前にだけ最初に姿を現したのは、数人の女達の前にいきなり現れると、どうしても彼女達は寄って来て周りを取り囲み、私を触って実在を確かめようとしますから、さわられるのを防ぎきれないすぐに、私に肉体があるとわかってしまいます…最初は霊のふりをしたいから誰にもさわらせないなので、マリアが一人きりの時に対面して、距離を取り、私をまださわらぬように言い聞かせました…だから彼女は私が霊なのか、それとも肉体を伴っているのか、判別がつかないまま、人々に知らせに行ったのです…もう1つ、彼女に対して私は最初に気の術を行使し、私を見た瞬間、園の番人と見間違うようにしました…これはテストでした知人に術...氷月神示白鹿の89(=その989)

  • 氷月神示 白鹿の88 (=その988)

    アダム(=キリ○○の霊?=又の仮名をシャルル)より皆さんへ架空のお話と思ってもらって結構ですよ…私はマグダラのマリアに、「まだ私は父のみもとに上っていないからさわってはいけない」と言いました(「ヨハネによる福音書」にその話は有り)それは、私が霊を持った者として復活し、まず1度神様に会いに天国へ行って来るという意味ですすると、天国へそのままの姿で上れるということは、私はあたかも霊であるかのような印象を与えますよね私が彼女にまださわらせなかったのは、私が肉体を持っているかどうかを判別させず、曖昧にしておいて、もしかしら霊かもしれない、幻かもしれないと思わせ、はっきり見える?「霊」というものの存在を強烈に印象付けるためでしたこの体験を彼女が帰って人々に話せば、人々の中にはそれは確かに霊かもしれない、と言う者と、いやそ...氷月神示白鹿の88(=その988)

  • 氷月神示 白鹿の87 (=その987)

    書き手のヒヅキよりお休みしてすみませんでした都合により書くペースを落とす場合があります「白鹿の85」の続きからですアダム(=キリ○○の霊?ここでの別名シャルル)より皆さんへアダム:いいかな(白い衣姿で飛び降りてくる天界での16才位の美少年の姿、生前とは違う顔立ちで目は切れ長、口は小さく鼻筋通る全身が白い目に白い仮面をいつもつけている)(口述開始)…いまわの際まで心配してくれていた人々をだますのは気がひけるが、これも魂の不滅を表すためだ何もみんなが幽体を視認できればこんな事をする必要がない見えないから、仕方なくするのだ幽体を見せる代わりに肉体を「復活」させて、特別な体になったように見せる…背の高い草むらに隠れていた私は陰からそっと、女達に気の術をかけた…岩穴の中に2人の御使い(天使)がいて、彼女達に語りかける様子...氷月神示白鹿の87(=その987)

  • 氷月神示 白鹿の86 (=その986)

    書き手のヒヅキより皆さん、いつもお読み下さってありがとうございます私は以前に心霊能力ができ始め、守護霊のお導きで今日まで来ましたただ霊のお姿を見、お話を聞くしかできませんが、幸いクリアにお声を聞くことができますのでこうして、毎回書かせていただいています自分では到底書けないような知らない事、根源的なお話等を貴重な記録ではと思い、記させていただいております国之常立神様、アダム=キリスト様、イブ=ミロク様等交流させていただき、感謝の一言しかありませんお休みする予定が延びておりますが、ご指導して下さる神さま方のご意向に沿って、まとめていきたいと願います下の欄にあるバックナンバー月の内、抜けている中間部分の21年の7月の途中から22年の2月の途中まで(800回分)は、別のIDで作成したため、別のブログ扱いとなっております...氷月神示白鹿の86(=その986)

  • 氷月神示 白鹿の85 (=その985)

    アダム(=キリ○○の霊?)より皆さんへ(いつも来るとテレパシーで口述?をして、ヒヅキさんに打ってもらっています)…私は自己証明をするのに、当時の本人しか知らないことを混ぜて話しています文献をお読みの方はどこが記録にあり、どこが無いかはおわかりと思いますしかし、それ以外の方にはわかりにくいかもしれないですね岩穴の場面は、ただ人々が遺体を布にくるんで置いてふたをして帰り、翌朝に番兵達が総督の命令で来てふたに封印をして見張った、という程度の事しか文献には載っていませんそれ以外のヨハネが隠れて来たこと、服の受け渡し、兵士達がふたを開けてのぞいたことやその対話、ペテロの嘆きの様子、ユダの心理などは全て私がオリジナルで語っておりますそれを信じるか信じないかは全くご自由ですし、仮説として読んでいただくのも一興かとでは続きに参...氷月神示白鹿の85(=その985)

  • 氷月神示 白鹿の84 (=その984)

    アダム(=シャルル=キ○○○)より皆さんへ翌朝、番兵達がやって来たもし師の遺体が盗まれて復活したと宣伝されると困ると思った者達が、総督側に頼んで派遣してもらったのだ…私は彼らが来るのを予期し、じっと上を向いて寝たふりをしていた…(頭も全身も亜麻布に包まれていたが、私は皮膚呼吸が大量にできる体質なので、大丈夫だった)…兵達が、2、3人がかりで入り口の岩の丸いふたを横へ転がすと、1人が中へ少し踏み込み、奥の方を見やった一番奥に私が真新しい布にくるまれて寝かされているのを見届けると、彼はすぐに退いた…そして、再びふたは閉じられた「やつは中にいる」と兵は仲間に言った「地獄でおねんねさ」と聞くと、仲間はガハハハハ、と愉快そうに笑ったそして、岩穴の前へ腰を下ろして座ったが、何も盗るものがないやつのためにここにこうして座って...氷月神示白鹿の84(=その984)

  • 氷月神示 白鹿の83 (=その983)

    アダム(=シャルル又は○○○○)より皆さんへでは、続きね…私は自力で亜麻布をほどいたそして、ヨハネが来ると、岩穴の内と外から協力して、何とかふたの岩を動かして少しのすき間を開けた私は傷が回復中だったので全力は出せなかったが、幸い気の力で補助的な役割をした…そしてすき間からヨハネの持ってきた荷物を受け取ったそれは、頼んでおいた衣服の替えと、水の入った水筒だった…私は元々少食なので食べ物はいらず、水だけ持ってきてくれと頼んでおいた何しろ、背中は出血するし、一時はひどい有り様だったからね身体の血は乾いていた…そして回復が速いので傷がふさがりつつあった「先生、おかげんはいかがですか」ヨハネは心配そうに聞いた「わたしなら、大丈夫だ。来てくれて、ありがとう。本当に、助かるよ。」と、私はこう答えた。ヨハネはあたりをはばかって...氷月神示白鹿の83(=その983)

  • 氷月神示 白鹿の82 (=その982)

    アダム(=シャルル)より皆さんへみなさんがふだん思考する時に顔の前あたりで聞こえる自分の幻の声について話をしましたが、他にももう1つ、景色や物、人の顔を思い浮かべた時に、やはり顔の前にその幻が浮かびますよね…これも額の眉間に第三の目があり、大抵の人は少ししか開いていませんが、そこから体内の気のもやが細く伸び出て顔の前に広がり、思った通りの幻の肖像や光景のもやの形になるのです……しばらくすると幻のもやは維持できず形が崩れて消えますがまた、何かに夢中になって見ていると、眉間から出た気のもやが対象物の表面に広がり、ふんわりおおいますテレビや映画、パソコンの画面とかねあるいは手作業に熱中すると、おなかの丹田から出た気のもやが腕から先をおおい、手先がさわる物にも、もやは及びますそしてそれらに気持ちがくっついてしばらく離れ...氷月神示白鹿の82(=その982)

  • 氷月神示 白鹿の81 (=その981)

    アダム(=シャルル)より皆様へ…また来たのですが現在、書き手のヒヅキさんに頼んで私の口述を打ってもらっていますふだん、国之常立神が来て話して打ってもらっているのと同じですね1人数役だろうとか、いろいろ思われるかと思いますが、私、「銀雫の97(=その297)」で登場して、次の「白雪の98(=その398)」まで、ここで1人でしゃべっておりましたから、まとめて話しに来るのは二度目になります(ちなみに、「銀雫の96」にもこのブログの要点が書かれています)皆さん、霊がしゃべれるわけがないと思っておられる方もあるかと思いますが、霊はみんな、普通にしゃべりますただし、幽体は気のもやでできているので、幽体の内部の気を震わせて波動を出します…するとそれが言葉の幻の音のもやとなり、相手に到達し、相手の幽体がもしそれに共振すれば、幻...氷月神示白鹿の81(=その981)

  • 氷月神示 白鹿の80 (=その980)

    アダムより皆さんへところで磔刑で人がなくなるのに普通は3日位かかるのに、師が6時間という異例のスピードで死去した(ように見せた?)のには他にもいろいろ理由があります1.吊り下げ状態になっていないので肩等の関節がはずれず、伸びるはずの腕がいつまでたっても伸びてこないのを兵士に気づかれないため2.特異体質で傷口が早く治っていくのを隠すため3.むろん、3日も平気で生きているとローマ兵が怪しんで、槍でころそうとするからまた、反対に化け物だと思われて恐れてころされず、解放されても困る目的は、一旦死んで見せて、「魂が肉体に戻り生き返る」所を皆に見せることだから4.苦しくないのに苦しむふりを延々と続けるのは良心に反するし、できるだけ短時間ですませたい5.周りの人達を芝居でいつまでも悲しませるのは、よくない6.その日の日没から...氷月神示白鹿の80(=その980)

  • 氷月神示 白鹿の79 (=その979)

    アダム(=ここではシャルルとも言う)より皆さんへこのように当時の矛盾した現象について、もう少し皆さんも疑問を持ったらいかがですか人から押し付けられた事をそのまま信じるのじゃなく、おかしいなと思ったら、自分で検証してみることです例えば、プレアデス星人がいるのかいないのか、よくわからんですが、地球の年齢が45億年なのに比べて、プレアデス星団はたかだか生まれて1億年ですたった1億年で地球以上に生物が進化し、人類より発達した高文明が作れるかどうかですね…また、牛飼い座のアルクトゥルス星は表面温度が4000度ありますここに、宇宙人が住めるかどうか……、謎でしょうね話がずれました…私の説を続けます…師が死んだと思うと、兵士が来てその脇腹を槍で突いた…すると血と水が流れ出た…その時、私は首を垂れていたが神が私を金縛りにしてお...氷月神示白鹿の79(=その979)

  • 氷月神示 白鹿の78 (=その978)

    アダム(=シャルル)より皆さんへ…では、私の観点から語ってみよう私は「白鹿の76」で述べた通りの特異体質で、新陳代謝がとても速く、病や傷が早く治り、身体から出る濃い気のもやに支えられてか、体重や手荷物をとても軽く感じた…また、肺呼吸をあまりしなくても、大量に皮膚呼吸ができていた……それを誰にも言わないように、神に言われていた後のトリックに使えるからだ(トリック?!)…さて、腕をぶら下げられて初めは手も足もとても痛かったが、その内麻痺したかのように感覚が無くなった見渡すと、両隣の罪人達が同じように腕を横木からぶら下げられて、顔を歪めて苦しんでいるしかも、むち打たれた背中が縦の支柱に触れるたびにとても痛いのか、悲鳴を上げていた…私は困惑したあんなに痛そうなのに、この私は何も……ほぼ何も、苦痛が無いのだ下げられている...氷月神示白鹿の78(=その978)

ブログリーダー」を活用して、モモさんをフォローしませんか?

ハンドル名
モモさん
ブログタイトル
gooブログはじめました!
フォロー
gooブログはじめました!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用