chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
川天使空間 https://blog.goo.ne.jp/kawatenshi

フライフィッシングと猫が好きな小児科医・児童文学作家。 食物アレルギー紙芝居『たべられないよアレルギー』(童心社)、 ADHD・発達障がいを描いた『ひまりのすてき時間割』(童心社)

小児科関連のお役立ち記事・秋田県の渓流でのフライフィッシング・猫腎不全の経過・児童書のご紹介など、ゆるやかな毎日をお伝えします。

gotoatsuko
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/12/28

arrow_drop_down
  • 『トモダチデスゲーム』 ③ もえぎ桃・作 久我山ぼん・絵 講談社青い鳥文庫

    もえぎ桃さま・トモダチデスゲームの第3巻「嘘つきは泥棒の始まり」。今回は犯罪でポイントをかせぐトモダチゲームだ。ぼっち上等、ケンカ最強の久遠永遠は、登校後に「特別授業に参加しなさい」と車に乗せられた。目隠しをされて一緒に乗ったのは銀髪で明るい凶暴女子・ピース。着いたところは新しくてきれいだが、ちょっとリアルじゃない町。人々はみなヒューマノイドで、犯罪ゲームをするという。「破壊・暴力・殺人」はルール違反で、刑期1年が1ポイント。タウン警察に捕まったらアウト。永遠はピースと組んで、町の外にいる天地神明の力も借り、点数をかせいでいく。窃盗罪、名誉毀損罪、信用毀損罪、業務妨害罪、侮辱罪に脅迫罪とたくさんの罪が出てくる。サキと一夜のペアが警官に手を出してアウトになり、マナ・エリナペアとの決勝戦になるが……。またまた...『トモダチデスゲーム』③もえぎ桃・作久我山ぼん・絵講談社青い鳥文庫

  • 地吹雪に強い信号機

    潟上市3歳健診からタクシーで帰る途中、追分三叉路の信号機。地吹雪に吹き付けられ、信号が見えにくい状態になっている。豪勢な地吹雪だったもの、仕方ない。こんな時に頼りになるのが、「うつむき信号機」と勝手に名付けていたこのタイプ。すごい地吹雪の中でも、しっかり赤青黄を教えてくれる。みんなこの信号機になればいいのになあ。昨日は胃腸炎少なく外来は落ちついていたが、インフルもコロナも続いている。今日は井川町の乳幼児健診。井川町の信号機はどうだろう(信号機好き)。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)地吹雪に強い信号機

  • 豪勢な地吹雪だった

    昨日は道路が混まないうちに早朝出勤した。でもやはり、地吹雪が。ホワイトアウトも度々(撮るのは危険)。ほのかな朝日の中の地吹雪模様。道路で防雪柵がないところに吹きだまりができ、地面はガタガタ。帰りの県道で、対向車線に突っ込んでいた車もいたっけ。自宅の窓も、雪がびっしり。この寒さだもの、香箱坐りは必然。車に張り付いた氷もそのまんま。最低気温はマイナス9度、日中はマイナス6度くらいが続き、帰宅してまた除雪。今週はずっと雪と零下の日が続くらしい。事故のないよう、ゆっくり移動しよう。昨日は朝あっちこっち書いた。季節風のお仲間、いとうみくさまが坪田譲治文学賞ご受賞。児童文学関連の賞はおおかた制覇されたが、坪田譲治文学賞までとは。Yahooニュースにも記事が出ている。おめでとうございます!すごすぎます〜今日もびよよよ〜...豪勢な地吹雪だった

  • 幼稚園でエピペン講習会

    久しぶりのエピペンの講習会。幼稚園の外は雪。東京都のマニュアルを使わせていただき、エピペン指導。先生方、みんな真剣に聴いてくれた。いろいろアレルギーがあるエピペンっ子なので、先生たちが使う場面も実際あるかもで。先生たち、がんばって!と、昨日は講習会のあとお休みで早く帰宅しようとしたが、気温マイナス6度で、車が凍り付いていた。帰宅したら自宅前はあちこちに吹きだまり。雪で車も止まりそうなので、仕方なく除雪機稼働。今日もまた降るのかなあ。インフルもコロナも変わらずで、発熱外来人数制限中。着たり脱いだり、さすがに疲れてきた。今日は一日中マイナス6度の予報。秋田市のHPに凍結水道での火災に注意の文言が。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)幼稚園でエピペン講習会

  • ある日の戦い

    チャコとふうが、ダンボールのトンネルの両側で対峙。位置を変えながら何をしているかというと、中にネズミのおもちゃ。「きょうみないもんね」とふう。でも、やっぱり気になる。トンネルに突入。中で(たぶん)チャコパンチ炸裂。チャコ勝利。まあ、お兄ちゃんのふうは、小さい子に花を持たせているんだよね。昨日はインフルもコロナも胃腸炎(ノロ?)もで、外来大混雑。今日午後は追分幼稚園の先生方にエピペンの講習会をする。昨日、小児科仲間の訃報にショックを受けて少し落ち込んでいる。人生って、儚いなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ある日の戦い

  • イボタノキの実は苦甘かった

    裏庭のイボタノキの実。晩秋には鳥は来ていなかったのに、今はヒヨドリがしょっちゅうついばみに来る。おかげで、実はまばらになってきた。もしかして柿みたいに甘くなってきたのかなと、収穫してみた。洗うとつやつや。食べると、皮の下はほとんど種。でも、ちょっと甘かった。苦甘いというか。晩秋に味見してみたとき、甘さは感じなかった。やっぱり冬になって美味しくなってきたから、ヒヨドリが食べるのかな。「あんまりなんでも食べるなよ」と夫氏に釘を刺されてしまったが。昨日はまた読んで書いた。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)イボタノキの実は苦甘かった

  • 雪の中のヒヨドリ

    未だうす暗い早朝、ヒヨドリがクボタノキの実を食べていた。朝は鳥見が楽しい。が、その後雪が降り続き、市道からの通路工事も、雪の中。大家さんの敷地を通らなくていいように舗装する工事。いつ完成するかなあ。その後、またやってきたヒヨドリ。クボタノキの実をくわえてるなあ。昨日は確定申告の準備等いろいろやった。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雪の中のヒヨドリ

  • チャコの蔵出し動画です

    昨年3月、不妊手術後のいたずらチャコです。冷蔵庫の下は、ネズミのおもちゃが潜んでいるので、チャコにとっては美味しいスポット。術後服で遊ぶチャコ(テレビ音声入っています)術後服で猫じゃらし私の手帳やバッグがちら見えしてますが、見なかったことにしてください。術後服時代も、やんちゃだったな、チャコ。昨日はインフルの方が多かった。昨朝発熱した子が多くて、来週の発熱外来が忙しそう。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)チャコの蔵出し動画です

  • 朝焼けと雪の太平山がきれいだった

    昨朝、職場に着いた時の朝焼け。晴れ上がり、山もきれいに見えた。昼にはさらにお天気が良くなり、雪の太平山がくっきり見えた。朝に積もった雪が、陽当たりだけ解けた図。お天気がいいと、仕事も気持ちいいなあ。今日からまた冬の嵐で、寒くなるらしいけど。昨日は紙芝居脚本をひとつ送った。またまたドキドキ。インフルエンザもコロナも相変わらず続けて出ている。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)朝焼けと雪の太平山がきれいだった

  • 寒かったねえ

    昨夕、帰宅してストーブを点けたらこの状態。チャコもふうも、香箱坐り。足をしっかり身体の下にくるんでいた。(どちらもちょっと丸め)「さむかったよ。ここ、あったかい」とふう。寒かったんだね。でも、寒波はこれからもっと強くなるみたいだよ。日中は低めの床暖房だけだから、猫たちはだいたいコタツでまったりしている。でも、床暖房を高くすると、居心地が悪いらしい。二匹とも寒さには強そうなので、まあ、このまま行くかな。昨日は動かなくなったオーブン修理に技師さんが見えたが、原因わからず。来月基板を変えて試してもらう予定。幼稚園でエピペンの講習会もあるし要処理物件多すぎて、頭がいっぱい。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)寒かったねえ

  • 『ピースがうちにやってきた』 村上しいこ・文 相野谷由起・絵 さ・え・ら書房

    村上しいこさまの猫と家族の本。それだけで惹かるのだけれど、読んで衝撃を受けた。4年生のサチの家に、おかあさんが拾った子猫がやってきた。おとうさんは「うちで飼うのは、むりだからな」と言う。14歳のみけちゃんがいるので、ピースと名付けた子猫をケージの中で飼うことに。サチはおかあさんにだっこされたことがない。おとうさんとおかあさんもしょっちゅうけんか。「うちの家族には、ふわふわがない。どうしてかな。わたしもそうだけど、みんなえんりょしながら、つんつんとがってくらしている」おかあさんは心の病気。おとうさんがこう言う。「サチが赤ちゃんのときから、だっこすると、どっかへ、ほうりなげてしまいそうな考えに、とらわれちゃう」なのにおかあさんは病院に行かず、ずっとせつない気持ちでくらしてきた10歳の女の子。ゆれる気持ちが、痛...『ピースがうちにやってきた』村上しいこ・文相野谷由起・絵さ・え・ら書房

  • 獣毛がいいよね

    最近猫じゃらしに飽きてきたチャコ。でも、獣毛をつけたら、おおはしゃぎ。なんの動物の香り?それにしてもチャコ、シッポ、長いねえ。昨日は小児科のカレンダーの不具合で、一日中サーバファイルをいじり倒していた。なんとか新しいカレンダーができたけど、総務の方にHPからリンクしてもらわないと。第2回みちのく童話賞大賞作品「白いゾウと」が今日午前10時35分頃から、ABS秋田放送ラジオ「あさ採りワイド秋田便」で朗読される。とっても雪国らしいお話なので、皆様ぜひ聴いてください!今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)獣毛がいいよね

  • 猫二匹、小春びよりの陽射しの中で

    昨日は小春びよりの陽射しが、居間にもさしこんできていた。陽だまりの床に横たわるふう。ころん。くるん。くーっとのびていたら、チャコ参上。じゃまするなって。まあ、そこにいてもいいけど。ぼかぁ、ねるからね。チャコ、やさしいね。小春びよりは、猫びよりでもあった。昨日は膨大な資料をいただいてわくわく。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)猫二匹、小春びよりの陽射しの中で

  • いちめんの靄だった

    昨日、午前の仕事を終えて帰る道中、車の外はいちめんの靄だった。真冬の雨の日の、こんな靄は珍しい。夫氏と買い物をして帰る頃には靄が晴れてきた。窓の外の靄を見るチャコ。と、しっぽ。猫たちにとって、窓の景色の移り変わりは重要なんだろな。インフルエンザとコロナ診療で疲弊する前に、今日は読んで書こう。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)いちめんの靄だった

  • 『熱性けいれん(熱性発作)診療ガイドライン2023』 診断と治療社

    日本小児神経学会監修のガイドラインが新しくなった。名古屋大・夏目淳教授を委員長とする、熱性けいれん診療ガイドライン改定ワーキンググループによるもの。主なところをまとめてみた。【熱性けいれんの定義】--熱性けいれんって何?おもに生後満6ヶ月から満60ヶ月までの乳幼児に起こる、通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む)で、髄膜炎などの中枢神経感染症、その他の明らかな発作の原因の見られないもので、てんかんの既往があるものは除外される。【熱性けいれん重積状態の定義】--後遺症が残る可能性がある重積発作の基準は?熱性けいれんにおいて長時間持続する発作、または複数の発作でその間に脳機能が回復しないものを熱性けいれん重積状態と呼ぶ。・強直間代性発作であれば、t1(timepoint1)5分...『熱性けいれん(熱性発作)診療ガイドライン2023』診断と治療社

  • いいお天気だった

    昨日は午後からお休みで雑用をいろいろ。青空が出て気温も10度以上、雪も溶け、うそのようないいお天気だった。千秋公園のお濠のカルガモたち。お天気を満喫するように泳いでいた。帰宅すると、猫たちはいつもの様子。お外が気持ちいいのに、出してあげられなくてごめんね。昨日は創作の方向がくっきり見えて、いろいろ前進。編集者さまって、やっぱりすごいなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)いいお天気だった

  • 発掘動画

    去年の2月末、ふうとチャコが仲良くなりだした頃の動画。春が来ていた頃のチャコなので、お尻がもそもそしている。ふうのシッポに突撃して叱られましたの図。こちらはチャコの春が終わった頃、激しい取っ組み合い。でも、仲良しの取っ組み合いなんだよな。ふうとチャコ、一年前も今も、あんまり変わらないなあ。編集者さまからお返事をいただき、また直すことに。でも「テーマの○○が心に残るように」というご指摘には納得。つい「推し」の部分に力が入ってしまうのはやっぱりまずい。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)発掘動画

  • 猫の足っていいな

    除雪後さらりと積もった雪に、猫の足跡。花びらのような猫の足跡、かわいいなあ。チャコの肉球もかわいい。白猫の系譜で、肉球はぜんぶピンク。握った足はまん丸、もふもふ。顔のちょびひげ模様だって可愛い。あ、ふうも可愛いからね。発熱外来、インフルが一気に増えてきた気配が。でも、インフルだとすこしほっとするのはなんでだろ。小児は脳症も多いけれど、治療薬があるからかな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)猫の足っていいな

  • 春の七草で納豆汁を作った

    7日、春の七草を使った納豆汁を作った(七草粥も)。山形の納豆汁に必須の食材は、芋がら(ズイキ)。水でもどしてから、このように湯がいて軟らかくして、小口切りに。納豆は酒田納豆をすり鉢ですりつぶして。あとは、豆腐と油揚げとサッと湯がいた七草を切ったものとネギ。出汁に味噌を溶いた中に青野菜以外入れて煮たて、最後に青みを散らして。七草の納豆汁、美味しかった。三連休のあとの発熱外来、混むだろうなあ。インフルも増えていないといいなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)春の七草で納豆汁を作った

  • エナガの群れやってきた

    土曜の昼頃、ふと窓の外を見るとエナガの群れ。今まで何十回も群れに会っているけれど、はじめて写真が撮れた。ちいさな目と口が、かわいいなあ。まん丸でモフモフの身体に長い尾。項とお尻あたりにピンクの模様。お尻(笑)。こちらはもしかして、逆さにとまっているところ?飛ぼうとしているところ。飛ぶ姿が、かろうじて上のはしっこに。2羽いるところ。全部で7〜8羽いたかも。キクイタダキの次、日本で二番目に小さな鳥、エナガ。群れが来てもいつも、チリリリと鳴いて一瞬で去って行くから、写真が撮れなかった。やっと撮れたエナガくんたち。うちに来る鳥たちのなかで、一番の推しなんだよな。昨日朝のNHK全国ニュースで、小児科仲間の秋田赤十字病院副院長、田村真通先生が紹介された。モンゴルの心臓病の子どもたちに無償で動脈管開存症などの治療を続け...エナガの群れやってきた

  • うたかいずみ童謡詩集『あしたの木』 しんやゆう子・絵 銀の鈴社

    季節風のお仲間、うたかいずみさまの童謡詩集が出ました。昨年、童謡詩『ゆうやけパレット』が東京都内全小学校児童作曲コンクール課題詩となり、芸術文化団体『半どんの会・第69回児童文学部門文化賞』もご受賞されています。読むと心が優しくなり、子どもの頃に帰れるような。そんな童謡詩が30編。自分なりのメロディをつけたら、自分の応援歌にもなりそう。私のいちばんのお気に入りは『あるこ』。いっぽにほさんぽあしをあげてあるこまっすぐなみちまがりくねったみちあしをあげてあるこよんほごほろっぽうでをふってあるこたかいやまめざしひろいのはらこえてうでをふってあるこトトロの『さんぽ』の歌もいいけれど、「あしをあげてあるこ」っていうところがお気に入り。どんなメロディがいいのかな。ピアノをひきながら、作曲したくなる。そんな童謡詩ばかり...うたかいずみ童謡詩集『あしたの木』しんやゆう子・絵銀の鈴社

  • 停電になっても遊べるね

    朝、ストーブの灯りの中、猫じゃらしで遊ぶふう。立って遊んだり、寝転んで遊んだり。二匹交互に遊ぶと、ふうもチャコもやる気満々。でも、ストーブの灯りだけだと、チャコの方は照明不足だった。これだと停電になっても遊べていいね、チャコ。お正月明けの外来、今のところインフルは出ておらずコロナだけ。来週あたりから増えるのかな。秋田の冬休みが終わる中旬以降かな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)停電になっても遊べるね

  • 雪に赤い柿が落ちて

    秋田市の積雪はそれほどではないけれど、毎日真っ白。その上に、まっ赤な柿が落ちてきている。落ちた柿、鳥たちが時々つついている。軟らかいので、甘くなっているんだろうな。雪の中に赤信号がちらばる景色。まん中の赤いライトは、出勤早々に出会った救急車。雪景色の中の赤いライトは、どっちかというと渋いかな。脚本や短編を推敲。編集者さまのお返事をドキドキ待っている。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雪に赤い柿が落ちて

  • 正月の猫たち

    ふうは夫氏から1日5回以上もブラッシングしてもらい、つやっつや。チャコは朝から晩まで「遊んで」アピール。のっぺい汁の鮭もたくさん食べたしね。階段の踊り場に鎮座するふう。あ、チャコも来た。階段は寒いんだけど、猫たち、元気です。昨日の発熱外来、意外に落ちついていた。まだ世間ではお正月なのかな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)正月の猫たち

  • 雪かきのあとにうれしい炎

    昨日は朝から夫氏と除雪機で雪かきをした。震えて家に入った時、迎えてくれた窓に映る炎。二重サッシの窓ガラスに映ったレインボーストーブの炎、4つ見えるんだなあ。外は雪が降り続いている。でも、炎の温かさがうれしいよね。昨日はいろいろ仕事始めの準備。発熱外来、混雑必至。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雪かきのあとにうれしい炎

  • 『児童文芸・冬 2022-2023』

    郵便事情か、年末30日に届いた『児童文芸』。表紙裏に「第3回みちのく童話賞募集要項」が掲載されている。(協賛の2つ目に角館ロータリークラブがあるのは夫氏のおかげ)そして第2回みちのく童話賞の選考結果と大賞作「白いゾウと」が全文掲載。童話賞スタッフのおしのともこさまの「工作の部屋」。ダンボール箱で作るお菓子の家、かわいらしい!そしておしのさまの4コマ漫画か「1年1組の事件簿」も。宮下恵茉さまの連載「妖精たちのいたずら」は最終回。女の子の心の動きが沁みたなあ。土山優さまの「本×旅」は「オランダ人の魂、エルフステーデントホト」。エルフステーデントホトはオランダの北部の運河をスケートで滑り抜くレースのこと。「ピートのスケートレース」という第二次大戦下のオランダの本を紹介している。そこに行ったからこそ書ける、本と旅...『児童文芸・冬2022-2023』

  • 静かな元旦をすごした

    年末に作っておいた料理を並べて、しずかな元旦。こちらは山形のお雑煮(これにお餅を入れて食べる)。こちらが新潟ののっぺい汁。ぎんなんと百合根多め。ほんのすこしずつの料理をお皿に並べて、ゆっくりと日本酒をいただいた。黒豆も柔らかく煮えたし、大晦日の真夜中に栗きんとんを裏ごししていたのだった(美味しかったようでチャコがなめた)。元旦の初日の出を見られたのなんて、久しぶり。猫たちも、また一年よろしく。東京のお孫ちゃんとボイスメッセージに引き続き、電話でもお話しできてうれしかった。新潟の1歳のお孫ちゃんとはLINEビデオで通話したが、言葉が増えていてびっくり。昨日はみちのく童話賞HPのSSL証明書更新作業をやった。しかし大晦日には一番使っているクレジットカードの不正利用があって(少しだけだけど)、10個ほどカード変...静かな元旦をすごした

  • 謹賀新年

    裏庭の笹の葉・南天・クボタノキで正月飾り。今年も仲良く行きましょう。昨日は料理三昧で一日終わった。元旦もまたのんびり過ごす予定。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)謹賀新年

  • 令和4年度、いろいろありました

    年末なので、本日2回目の更新です。今年はなんと言っても、1月末に、斎藤さまからチャコを譲り受けたことが我が家で一番の出来事。ふう一匹だと寂しげだったのが、一気に、にぎやかになった。創作関係では『ひまりのすてき時間割』が厚労省の児童福祉文化財になり、児童ペン賞・童話賞をいただき、韓国語版も出版された。そして今2作が編集者さまのお返事待ち。2月には義母が、5月には母が相次いで亡くなった。おだやかに見送った。5月には東京のお孫ちゃんとはじめて釣りに行った。9月には新潟のお孫ちゃんにはじめて会えた。ようやく遠出できるようになり、アルビレックス新潟のビッグスワンや、(アルビレックス新潟はJ2優勝で来年度からJ1に復帰)モンテディオ山形のNDスタジアムに行けたなあ。釣行では、まぼろしの山菜「シオデ」をはじめてみつけた...令和4年度、いろいろありました

  • ぎんなんをむいて正月準備

    ぎんなんむき、電子レンジでもできるけれど、昔ながらのやり方でむいた。遠火で焙って殻を乾燥させ、殻をぎんなん割りバサミで割る。殻をむいて(手袋必須)、さらに薄皮をむいて、100個ほどのぎんなんがむきあがった。夫氏と話しながらの手作業は、年の瀬らしくて楽しい。のっぺい汁の出汁に使う干し椎茸と貝柱も水でもどして。貝柱は29日からもどしはじめた。毎年同じ正月準備。でも、同じからこそ、正月気分が盛り上がっていいんだよな。昨日はカスタマイズできるワクチン予約システムを検討していた。来年度から使えるようになるといいな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ぎんなんをむいて正月準備

  • クッション哀れ

    チャコお気に入りのクッションの気持ちになってみた。もぐられて、かじられて、またもぐられて、やっと一息つけたかなと思ったら、こんどはタックルを受け。クッションくん、哀れ。なにやってるのかなあ。ね、ふう。昨日は新型コロナ少なかったけれど、関東はまだ多いようで。静かな年末を過ごせますように。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)クッション哀れ

  • 発熱外来用資材が届いた

    今週、厚労省(県で取りまとめ)より発熱外来用PPE資材が届いた。マスクと手袋。アイソレーションガウン。フェイスシールド。配送元は厚労省医療物資班。発熱外来、がんばらなきゃだけど、そろそろ疲れてきた。先日、秋田市小児科医会のZoomで教えてもらったのだが、最後に残った参加者の半数近くが発熱外来でコロナをもらっていた。やっぱり小児だとPPEをつけていても感染リスクは高いんだと思う。「二回感染する人は多いけれど、三回の子もいた」「自分も感染したけどそろそろ抗体が低くなっているから、注意しなくちゃね」この年末年始、小児科の発熱外来に手上げしてと言われたが、「スタッフが疲弊していて、とてもお願いできない」という意見が多くて。小児科関連で神さまにお願いしたいことはただひとつ。来年は、ふつうの診察室でゆっくり診察ができ...発熱外来用資材が届いた

  • 朝焼けの中に鳥一羽

    暗いうちに出かけて、職場に着くと朝焼けが。木のてっぺんに、鳥一羽。なんの鳥だったのかな。このシルエット、すぐ飛んでいってしまったけれど。木のてっぺんだから、ホオジロかもね。昨日は日中晴れ間もあって暖かだった。年末の天気、零下と雪の予報だったのに、雪マークが減っているのはありがたい。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)朝焼けの中に鳥一羽

  • ストーブは友だち

    朝起きると、まずストーブをつける。炎が明るくあたりを照らし出すと、猫たちがやってくる。あったかいね。だけど。朝ご飯が来ないよ。「あさごはん、まだ?」寒い日には、気づくと猫たちはストーブのまわりに。ふしぎにストーブといい距離を保っている。あったかい灯りは友だちなんだな。昨日は発熱外来何人も診たけれど、新型コロナ陽性者はゼロだった。秋田県の陽性者数もピークを越えた感じ。今日午後は今年最後の療育センターリハビリ前診察。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ストーブは友だち

  • シャーベット雪に山茶花一輪

    裏庭を見たら、山茶花が一輪だけ咲いていた。ほかはみな、固い蕾なのにね。積もった雪は溶け、綿雪がまた降って、シャーベット状態。南天の赤い実と、イボタノキの黒い実にも、シャーベットがかかって。なんか、みつ豆みたいで美味しそう。北陸の豪雪に較べたら、かなり優しいシャーベット雪。被害、大きくなりませんように。昨日はのんびり過ごした。あと四日で今年の仕事は終わる。いい年末になりますように。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)シャーベット雪に山茶花一輪

  • ふうは何を見ていたんだろう

    窓辺で上空を凝視するふう。鋭い眼光。ふう、何を見ていたんだろう。鳥はいなかったけれど。外の景色を背景に。小さな子猫の頃は、自然の中にもいたんだものね。雪が降って寒くても、やっぱりお外が恋しいよね。クリスマスイブの小児救急は比較的静かだった。イブに具合悪くなっても、今朝はサンタさん来たかな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ふうは何を見ていたんだろう

  • 『光るマウスが未来をかえる』 森川成美・作 石井聖岳・絵 講談社

    講談社おはなしサイエンスシリーズの「遺伝子工学」。森川成美さまが、わかりやすく伝えてくれています。鍛人は髪型を変えてきたクラスメイトの麻里を見て、「わっ、ペンギンみたい」とつい口に出てしまった。落ちつかず衝動的なところはおとうさんの遺伝だと、おばあちゃんに言われた。そのおばあちゃんが手術できず通常の化学療法も効かないがんになってしまう。遺伝子治療のため「コンパニオン診断」を受けるおばあちゃん。でも、それがどういうことなのかわからない。ぽっちゃり体型でバレリーナをめざす安奈も、ぽっちゃりは遺伝だけどなんとかしたいと思っている。安奈のいとこの蛍さんが遺伝子を研究している研究所-会社-を鍛人は見学させてもらうことに。更衣室でマスクと手袋と予防衣をつけ、アルコールとエアシャワーで洗浄後に研究室に入った。遺伝子の話...『光るマウスが未来をかえる』森川成美・作石井聖岳・絵講談社

  • 夜明け前の三日月がきれいだった

    水曜の夜明け前。外を見たら、くっきりと三日月が。月の輪郭が影になっている。すこしずつ夜が明けてきて、三日月は雲に隠れてしまったけれど。この日は放射冷却で、朝の外気温が零下6度まで下がった。凍った空に三日月、きれいだったな。コロナも相変わらず多いが、秋田は峠を越したような印象。今、北海道・東北以外の地域で増えてきているのは、窓を閉めて暖房の時期になったからかも。今日は嵐の予報。あまり積もりませんように。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)夜明け前の三日月がきれいだった

  • ついにインフルエンザがやってきた

    園医をしている保育園の園児が39度の熱で、発熱外来で診察。今週になってコロナ陰性の発熱が多かったので、可能な子はコロナ+Fluのキットで検査していた。すると、迅速検査でインフルエンザAがくっきり。お父さんもお母さんも熱があるとのことでインフルだけ検査したらいずれも陽性。(お母さんもごくごく薄いが赤く出ている)ついにインフルがやってきてしまった。検査キットも、これまでのコロナのみのものを奧にやり、コロナ+Fluのキットを手前に出した。検査数が多いので、25キットの箱を使用中。発熱外来、コロナだけでも忙しいのになあ。どうか流行が大きくなりませんように。インフルの処方は3年ぶりなので、投与量を確認してから処方。もうひとつの園はコロナで休園中なのに。登園はじまったら今度はインフルとかなりませんように。今日もびよよ...ついにインフルエンザがやってきた

  • 『もっちりだんごねこ』 きみあきよ・作 もも りこ・絵 ニコモ

    季巳明代さまの新作絵本『もっちりだんごねこ』です。ニコモから出版されました。うまいだんごがあるといううわさをきけばどこまでもでかけるもっちりだんごねこだ。だんごやのミケコにひとめぼれしただんごねこ。ミケコが悪者にさらわれそうになった。そこで出てきただんごねこの必殺技は、なんと自分のお腹のお肉をつまんでできただんご石。ねこ神さまからさずけてもらったこの技を出すと、すらりと凛々しいすがたになるという。痛快なだんごねこのこの絵本。まず表紙のインパクトがすごい。そして、お腹のお肉を武器にして戦うとスマートになるって。ねこ神さまにこの技をさずけてもらいたい人はたくさんいそう。この絵本、児童文芸家協会の書き下ろし童話展に出す予定だったのに、童話展が終了してしまい、発表の場がなくなったとのこと。ニコモさんでは、こちら。...『もっちりだんごねこ』きみあきよ・作ももりこ・絵ニコモ

  • ミノムシがぶら下がっていた

    日曜日、夫氏が「これ、ミノムシじゃないか?」と。いいぐあいのミノに包まれてぶら下がっていた。どこにあったかというと、除雪機のある車庫のシャッター。家の中にも、いいぐあいにぶら下がっているものがいる。クッションにぶら下がるチャコ。ぶら下がって転がるのが面白いらしく。クッション、ボロボロになってきたんですが。昨日はまたコロナ報告数多かった。雪は小康状態だが、湯沢ではもう90センチの積雪とか。新潟市も40㎝超えらしい。年内の大雪はこたえるなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ミノムシがぶら下がっていた

  • 今季はじめての除雪機出動

    積雪は10㎝ほどだったが、「これから積もるから」と夫氏が除雪してくれた。最初はあまり降っていなかったが、まもなく大降りに。窓の外は、斜めに吹き付ける雪。猫たちはどうしているかと、コタツ布団を上げると、いた。仲良しだものね。昨日は年越し蕎麦の予約もしてきた。まもなく一年が終わるなんて、早いなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)今季はじめての除雪機出動

  • 寒空を白鳥が飛んでいた

    昨朝、出勤時、V字隊列で白鳥が飛んできた。やっと撮れた一枚。最近は気温が0℃前後でとても寒い。井川町の健康センターにあったつらら。12月につららがこんなに成長するのはあまりなかったような。白鳥、空の上は寒くないのかなあ。真っ白い隊列、きれいだったなあ。1月に車検なので納税証明書を探したが令和4年度が通知書しか見つからず、夫氏に管理が悪いと言われた。秋田スバルの担当の方に問い合わせたら、「今年から、口座振替のお客様へは控えが届きませんのでご準備は不要です」とのこと。通知書を見直したら、「今年度から「継続審査・構造等検査用納税証明書」はお送りいたしませんのでご了承ください。(口座振替済の場合、車検を受ける際は納税証明書の提出は不要です)」と、赤字で書いてあったのだった。紛失したかと思っていたので、良かった〜今...寒空を白鳥が飛んでいた

  • ふうが興奮するおもちゃ

    楽天で夫氏が革紐のねこじゃらしを見つけてくれた。届いたおもちゃへのふうの反応、半端ない。立ちあがって(!)遊ぶ。パーンチ!キックにパンチで、何が何やら(白い幽霊)。このおもちゃ、すでに2本あるが、棒が折れてしまって通販で探していた。レザーバウンサーっていうアメリカのおもちゃ。でも、チャコはまだいぶかしがって、反応しないんだよな。どうしてだろうね、チャコ。昨日の発熱外来は忙しかった。春頃に流行した園でまたボチボチ陽性者出ているし。今日も混むんだろうな、発熱外来。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ふうが興奮するおもちゃ

  • 新しい洗濯機はやっぱり優秀だった

    洗濯機を10年近く使っていて不便はなかったのだが、蛇口との接続部で水漏れするようになって。接続部を買い換えようとしていたら、夫氏が「新しくしたら?」と。届いた新しい洗濯機。PanasonicNA-FA-10K1-N。洗濯される様子が窓から見えるのが、洗濯好きにはうれしい。洗剤と柔軟剤は自動投入。なので、これまで小分けにしていた洗剤など本体を近くに置いてある。糸くずフィルターも、そう言えば古い洗濯機は外れやすくなっていたのだが、こちらは優秀。フィルターの糸くず、するりととれて快適。スイッチポンで洗濯終了なのだが、やっぱり一度泡立てて(5分で止めて)衣類を入れている。汚れ落ちがいいので、オキシクリーンはほぼ使わなくなった。ただ、私がネット情報を駆使してこれが自分には合っていると選んだ型なのに、夫氏が、「パナソ...新しい洗濯機はやっぱり優秀だった

  • 雪が本格的に降ってきた

    昨日明け方から降り出した雪。出勤途中はこんな感じ。本格的に降ってきた。そんな中、すこし寒いのか、ふうはベッドでぬくぬく。おもちゃを揺らしても、ちょっと触る程度。対してチャコは、遊びまくり。ふうのほうがモフモフで、暖かそうに見えるんだけどなあ。フランスがモロッコに勝利。モロッコすごかったけれど、エムバペ最強、守備最強。アルゼンチンとの決勝戦が楽しみ。今週ずっと雪の予報。あまり積もらないといいんだけれど。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雪が本格的に降ってきた

  • クリスマスのちいさな灯り

    玄関の風除室に飾った、クリスマスの灯り。ミニ葉ボタンの鉢にクロモジの枝を刺し、そこにソーラーのオーナメント(1880円)をからませただけなんだけれど。冬、帰宅して灯りが出迎えてくれるって、すごくうれしい。そして、職場から帰る時のこの景色も好き。日々夜が長くなっていくけれど、夜も楽しまないとね。うちのクリニック周辺、じわじわとまたコロナ感染者が増えてきた気がする。秋田県の新規感染者数もまた2000人超えだったしなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)クリスマスのちいさな灯り

  • 待ちきれないよ早く早く

    夫氏のまわりを、くっついて回るふうとチャコ。まだなの、ねえ、まだなの。まちきれないよ。はやくはやく。きた!待っていたのは煮干し。もうなくなっちゃったね。新型コロナ新規陽性者は少ないのに、昨日は忙しかった。今夕はリモートのみちのく童話賞スタッフミーティング。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)待ちきれないよ早く早く

  • ドジっ子のアオゲラくん

    「おい、こっち来て見ろ」夫氏の声の方に行くと、ベランダ風除室の屋根にアオゲラくん。「この前もガラスにぶつかって落ちてたんだアオゲラ。ダメかなと思って動かしたら飛んで行った」「きっと同じ子だよ。でも、大丈夫かな」頭を動かしてはいたので、すぐ飛んで行けば大丈夫かもと思った。買い物をして帰ってきたら、まだ風除室の屋根にいた。「まだあそこにいるよ。やっぱりダメだったのかもね」と言ったとたん、パタパタと飛び立ち、林の中へ帰って行ったのだった。ほんとにドジっ子なんだな、アオゲラくん。昨日は改稿したものをなんとか書き上げて脱力。乳幼児のコロナワクチン、幼児の肩より乳児の大腿筋注の方が楽だった。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ドジっ子のアオゲラくん

  • それぞれの水飲み事情

    チャコが小首を傾げ、なにをしているかというと。洗面台の上に狙いを定め、ひょいと上がって水を飲んだ。一方、ふうはというと、給餌器両側に置いたボウル(右が好き)で水を飲む。こんな体型だものね(これでもちょっぴりスリムになった)。ま、その傍らでチャコも寝ているんだけどね。朝書いて仕事して午後庭仕事とおでん作って夕に山形のどんどん焼きを食べた。今日は昼から乳幼児対象のコロナワクチン集団接種に出向。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)それぞれの水飲み事情

  • 朝の空にきれいな満月

    引き続き、月の写真を。昨日の朝、西の空にきれいな月が出ていた。手形山を登ったところ、赤信号で停車したときの空。月齢は15.2で、きれいな満月。夜の満月はデジカメの設定を変更しないと撮れない。(マニュアルでISO感度400・F値8.0・シャッター速度1/800)でも朝の満月は、デジカメAUTOのズームでこんなにきれいに撮れる。撮ったのが出勤途中の6時52分。昨日の夜明け時刻が6時48分。夜明け頃の明るさが合っていたのかも。2022年最後の満月、朝だけど、きれいな満月が見られてよかったな。うちのクリニック周辺はコロナのピークを過ぎた印象。でも秋田県ではまだまだ多そう。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)朝の空にきれいな満月

  • 月光冠(げっこうかん)

    6日の夜、曇り空に丸い月が出ていた。月の周りに、ハロ(日暈)のような虹色が。これは月光冠と言うよう。まもなく月に雲がかかってきたが、明るさは増して。じつはハロ(日暈)と光冠はできる仕組みがちがう。暈は月や太陽から離れたところにできるが、光冠は近くにできる。そして、暈は内側が赤だが、光冠は内側が紫。こちらが6月に撮ったハロ(日暈)。やっぱりハロはうんと大きい。うーむ、色は……むずかしいな。しかし、月の周りの虹模様は時々見るけれど、こんなに丸く見えたのははじめてかも。月光冠は吉兆らしい。皆様にいいことがありますように。どんどん筆が進むときは立ち止まることも重要。ついつい、本筋から外れたことを書いちゃうものなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)月光冠(げっこうかん)

  • 『ドーナツの穴の謎』 北森ちえ・作 watori・絵 国土社

    北森ちえさま『算数パズル王国を救え!』シリーズの第3巻。ついに完結です。算数パズル王国の双子のプリンセス、数理紅(すうり・べに)と数理藍(すうり・あい)。5歳の誕生日の日に、パパの書斎に浮いているドーナツを見た。その日以来、パパは行方不明。パパ失踪の秘密をさぐるため、ふたりは王国執事の晴日と雨月、セキセイインコのガロアとともに、ドーナツの穴を通って、算数パズル王国にやってくる。いきなり、動物レースパズルを解かされ、王国のパパの部屋に。部屋には宝石箱があり、その下には帽子の色パズルが。パズルを解いて宝石箱を開けると、「私にもしものことがあれば、オイラーを探せ」とあった……今回のパズルも難しくて楽しくて。「一筆書きできるルール」なんて知らなかったな。パパを見つけ出したあとの、算数パズル王国とこちらの世界をつな...『ドーナツの穴の謎』北森ちえ・作watori・絵国土社

  • 『ひまりのすてき時間割』韓国語版ができました

    韓国語版の『ひまりのすてき時間割』見本が届いた。大きさはこんな感じ。日本語のより少し大きくて、左開きで横文字になっている。タイトルは訳すと「私を応援しています!」となるのかな。今年の初めに韓国語版のオファーをいただいていた。ソフトカバーだが色がきれいで、登場人物紹介など、イラストが追加されている。丸山ゆきさまのイラスト、やっぱりすてき。韓国でも、私もそうだよと思って読んでくれる子がいるといいな。韓国の方々、『ひまりのすてき時間割』をよろしくお願いいたします!校医をやっている飯島小学校、コロナの学級閉鎖・学年閉鎖が続いている。秋田県の昨日の新規陽性者数は2102人で過去最多。これまで流行っていなかった地区は、しばらく流行が続くかも。インフルと同じく、ある程度流行が広がりきらないと、収まってこないのだろう。今...『ひまりのすてき時間割』韓国語版ができました

  • 醤油と砂糖で肉を焼くスキヤキ

    すき焼きの最初には、どうしてもこの関西風のものが食べたい。まず油でネギを炒め、その後、砂糖の上に牛肉を。さらに肉の上に醤油と、砂糖をかけ、さっと裏返してから、生卵につけて食べる。牛肉がカラメルに包まれる感じで、お菓子のように美味しい。その後は普通に割りしたを入れたすき焼きを楽しむ。美味しいものと猫たちのおかげで、寒い冬も楽しい。チャコがふうをなめなめしていて、微笑ましいな。昨日は19時過ぎに寝て、0時からのvsクロアチア戦を観た。激闘だった。全員の動きが良かった。伊東純也なんて3試合フル出場。セカンドボールはなかなか取れなかったけれど。PK戦負けは致し方ない。がんばった日本。胸を張って帰ってきて欲しい。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)醤油と砂糖で肉を焼くスキヤキ

  • 雪景色は一瞬だった

    土曜朝、家の裏の雪景色。その後大雨が降って、日曜朝には雪が消えて。チャコ、雨だねえ。でも、遊ぶ場所はたくさんあるよね。(加湿器のフィルター掃除中、脚立に入るチャコ)昨日はゆったり書いて、午後は小児科学会秋田地方会。Zoom参加の予定を急遽変更して会場へ。大画面のほうがわかりやすいし小児科専門医の点数も取れた。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雪景色は一瞬だった

  • チャコ、遊びすぎ

    昨日はチャコと、たくさん遊んだ。ひっくり返って、お腹を見せて(どこがどこやら)。いっぱい遊んだねえ。そりゃ、眠くなるよね。お話の人物相関図を書き直した。今日は昼から小児科学会秋田地方会。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)チャコ、遊びすぎ

  • 今季最初の雪寄せ

    昨日未明から雪が屋根から落ちて、7-8センチ積もった。車庫の前で山になっていたので、今季最初の雪寄せをした。雪の上に、新聞配達バイクのわだちが。家を出て職場に近づくと、積雪はほとんどなし。やっぱりうちの方は雪が深いんだな。また新しい設定で書き始めている。書いていると楽しいなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)今季最初の雪寄せ

  • ついに雪が降ってきた

    昨日の朝方から雪がちらついていた。出勤時には、側溝のふたの上に、さらりと雪。昼からさらに降り出して、追分ベビー園の内科健診に行く途中には、気温0度。ベビー園のクリスマス飾りの向こうで、雪が降り続いて。午後3時頃には駐車場の車に雪が積もっていた。仕事を終えて帰ろうとしたら、真っ白。今朝は8センチほどの積雪。これからが本番なのかなあ。編集者さまからうれしい画像をいただいてほっこり。書いている長いものは、設定から見直さなくちゃ。サッカーワールドカップ、3時半に起きて観たかいがあった。スペインに逆転勝利して決勝トーナメント進出!今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ついに雪が降ってきた

  • 相似形の背中

    チャコが窓の外を見ていた。じつは、その後ろで、ふうも同じ格好で外を見ていた。相似形の背中。「チャコ、ふう」とよぶと、見返る姿も相似形。今日から12月。急に雪模様になりそう。積もらないといいなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)相似形の背中

  • どうして電話と電卓の数字配列は上下逆なのか

    患者さんに応対するとき、まず電話する。発熱外来に入ってもらうときも電話する。結果が出たときも電話で伝える。なので、電話機のプッシュボタンを押す頻度が半端ない。疲れていると押し間違いやすく、なんでだろなと思ってとなりのテンキーを見た。そっか、テンキーと電話のキー、数字配列が上下逆なんだ。実験や研究でテンキーは使い倒しているのでテンキーはブラインドタッチで打てる。が、電話はブラインドタッチできていないんだ。配列が逆になっているのは、以下の理由によるらしい。電卓の配列はキャッシュレジスタの配列に由来するため、数字を打ちやすいように頻度の高い「0」を手前に置き、「0」に近い数字を手前から順に配列してある。一方電話は、ダイヤル式だったとき、指のムダな動きがなくダイヤルしやすいように「1」から順に番号を並べて配列した...どうして電話と電卓の数字配列は上下逆なのか

  • いちばんうれしいことは

    ふうにとって、やってもらっていちばんうれしいことは、ブラッシング。とくに夫氏のブラッシングが大好き。夫氏が帰ると、床で待機。背中のブラッシングが終わると、コロンと横になって。「こっちもやって」至福の表情。チャコにとっていちばんうれしいことは、ねこじゃらし遊び。この小さなクッションに抱きつくのがマイブームで、クッションボロボロ。昨日はやっぱり発熱外来多くて、10時で受付終了してしまった。小児救急もコロナらしき患者さんいたしなあ。今日午後は療育センターでまた本読みは延期。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)いちばんうれしいことは

  • 燕三条鉄アイス

    生まれ育った新潟の食材、通販でいろいろお取り寄せしている。その中のひとつが「燕三条鉄アイス」。金属加工の町、燕三条で作られた鉄アイスって?成分表示を見ると、アイス1個に鉄が1mg含まれている。付属のアイススプーンで食べてみた。ふつうに美味しいクリームジェラートなんですが。黒い色は竹炭でつけられているらしい。鉄の味は……ううむ、私にはわからなかった。鉄1mgはほうれん草一食分くらいの鉄分。ヒトに必要な鉄分は一日10mgくらいだからこれはありがたい。このアイスが開発されたのは「コロナ渦で減少した燕三条地域の観光客をいち早く回復すべく、多くの方々と企画した新名物」とのこと。でも私としては、このジェラートスプーンが優秀で優秀で。ほんとうに食べやすかった。さすが金属加工の町・燕三条のスプーン。またお取り寄せしようか...燕三条鉄アイス

  • 雪下ろしの雷だったかも

    昨日は昼すぎから大嵐だった。スーパーに出かけるとき、大雨と雷が続いて(稲光りは撮れず)。買い物をしているときも、スーパーのお客がみんな驚くような大きな雷音。雪下ろしの雷かも。「ビビリのうちの猫たちどうしてるかな」「ふたりとも、イカ耳になって、どこかに隠れてるかもね」そう言い合って帰ったら、意外にふつうにしていた。家のほうは、雷、たいしたことなかったのかな。雷雲が去ったあと、ちょっと晴れてきて、残りの買い物に行った。玄関前は、飛ばされてきた枝や葉っぱがいっぱい。「なにかあった?」と顔を洗うチャコ。「おなかすいたなあ」とふう。ビビリ、すこし克服したかな。新潟でも「雪下ろしの雷」って言っていたな。夫氏の山形では「こくぞうおろし」って言っていたそうだけど。この時期の大嵐と雷のあと、雪が降ってくるのはきっと同じ。今...雪下ろしの雷だったかも

  • 朝焼けは黒雲をも紅く染める

    昨日の朝も寒かった。西から広がっていた黒雲が、朝焼けに染まっていて。田んぼも里山も秋色。南に目を向けると、こっちの黒雲の端も紅く染まって。きれいだなあと見とれてしまう。わずかな朝焼けの時だけの空色。朝焼けのあたりが出勤時刻なので、今日はどんな色が見えるかな。でもまもなく、暗い中を出かけるようになるのかな。昨日は発熱外来落ちついていた。そろそろピークに達した?ヒトメタニューモの肺炎はまだ多いけれど。直していた作品を編集者さまに送付し、虚脱中。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)朝焼けは黒雲をも紅く染める

  • 晩秋に残る鮮やかな色

    秋が深まり草木は枯れていくなか、柿の実が色鮮やか。食べたらまだまだ渋いかな。玄関前に、柿の実いっぱい。枯草の中に、鮮やかなアジサイの枯れ花。緑の葉もまだみずみずしく、アジサイって不思議な花だな。月末の天気予報は、雪マークが出ている。雪、どうかあまり積もりませんように。昨夕は県医師会のBEAMS(虐待対応プログラム)講座を受講。コロナも引き続き多くて、毎日10人弱報告している。最近は1ヶ月ほどで再感染する例もあるらしいので私も気をつけねば。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)晩秋に残る鮮やかな色

  • 裏庭の赤い実と黒い実

    昨日は夫氏と裏庭の木を剪定した。亡くなった大家さんが植えた木で、みな何の木かよくわからず。でもこの赤い実は、ナンテン。まだ実が大きくなりはじめたところで、これからが見頃。この黒い実は何だろうと調べたら、イボタノキ。生垣などに使われる木のよう。きれいな黒い実。食べると苦いらしい。枝がギチギチになっていた山茶花をメインに剪定した。だいぶ風通しが良くなったかな。昨日は朝から書いて剪定してまた書いた。新型コロナが増えて、小児の入院も厳しい状況らしい。休み明けの発熱外来、忙しいだろうな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)裏庭の赤い実と黒い実

  • 気温が零下になって出したレインボーストーブ

    先週の朝、気温が零下になった日、レインボーストーブを一台稼働させた。さすがに寒かったからか、猫たちもストーブのそばにいた。でもその後は暖かく、床暖弱で問題なかった。なので、レインボーストーブはしばらくお茶を引いている。このストーブファンがあることで、部屋中が温まる。寒い時はファンの前に手をかざすと暖かい。ただ、置いているだけなので、身体が当たって床に落とすこと度々。固定しちゃうと回りにくくなるし、それだけが悩みどころ。寒い冬に大活躍するレインボーストーブ。今年もよろしく。おまけふう、やっぱまだ太いなあ。コロナワクチンの副反応はほとんどなくて良かった良かった。今日は夫氏と庭仕事予定。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)気温が零下になって出したレインボーストーブ

  • ふう・チャコ、ダイエット中

    獣医さんに肥満傾向を指摘されたため、ただいまダイエット中。うちの猫たちみなこのフードのお世話になるのは、飼い主の学習能力が低いせい。ふうは6.50㎏→6.45㎏に改善(誤差範囲かも……)。たくさん遊んで、ちょっと引き締まった気が。チャコは体重は4.5㎏で変わらないけれど身体がシュッと締まった感が、すると思うんですがどうでしょう。昨夕はオミクロン株コロナワクチン-ファイザー(5回目)を秋田大学病院体育館で受けてきた。今のところ腕の痛み程度だが、熱は出るかなどうかなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ふう・チャコ、ダイエット中

  • シャトー・ドゥ・ピゼイのヌーヴォー

    土曜日はAIYA合評会のあと、家でヌーヴォー解禁。毎年このシャトー・ドゥ・ピゼイのヌーヴォーをいただいている。もう15年くらい続いているんじゃないかな。もしかして20年?角館の酒屋さんに注文して届いた一箱。以前は2ダースだったようだけど、最近は1ダース。お世話になっている方々にお裾分けしてきた。今年のヌーヴォー、香りもよくまろやかで、美味しかった!ヌーヴォーを飲むと、ああ、もう年の瀬なんだなと実感。創作、がんばらないと年越すぞ。昨日はモクレンや山茶花を剪定して汗を流した。今日からまた発熱外来で汗を流さなくちゃ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)シャトー・ドゥ・ピゼイのヌーヴォー

  • 絵本・児童文学サークルAIYA(あいや)合評会

    絵本・児童文学サークルAIYA(あいや)は、おおぎやなぎちかさま指導で、2020年にできたサークル。秋田、青森のA、岩手のI,山形のY。東北弁の「あいや~」が名称の由来。年に一度秋田市で合評会……のはずがコロナでメール合評になっていたが、昨日、リアル合評会が秋田駅隣接の秋田拠点センターALVE(アルヴェ)で開かれた。参加人数はおおぎやなぎさまを含めて9名。今回はみちのく童話賞特別賞ご受賞者も参加されて。コロナ第8波入口ゆえ、検温・手指消毒の上、席を離して合評を。いやあ、久々のリアル合評、楽しかった!考えて見れば、学会や研究会もほぼリモートだったから、お仲間と顔を合わせての会っていつ以来?昨年11月の県医師会の委員会以来、まあ一年ぶり。3時間の合評後の室内CO2濃度は400台。換気良好だった。今は感染対策し...絵本・児童文学サークルAIYA(あいや)合評会

  • 放射冷却の白い朝

    昨日の朝は、霜で覆われた朝だった。やっかいなカナムグラも白く縁取られて可愛らしく。どこもかしこも霜で覆われ。朝日の逆光では、葉っぱの輪郭だけが浮かび上がり。コムラサキの実もシャーベット状態。まばらになったススキの穂も、みんな白くなって。放射冷却で外気温はマイナス一度まで下がった。寒さにやられて、夕べついにレインボーストーブを出した。そろそろ本格的な冬になっていく。今日午後は、絵本・児童文学サークルAIYAの合評会。検温、手指消毒のうえ、席を離してリアルで合評する予定。みなさまに会えるのが楽しみ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)放射冷却の白い朝

  • 『やくやもしおの百人一首』 久保田香里・著 坂口友佳子・画 くもん出版

    久保田香里さまの新刊は、百人一首!どんな古典ファンタジーがくりひろげられているのか、わくわくして読み始めた。百人一首は藤原定家が、百人の歌人の歌を、ひとり一首ずつ選んだもの。それをもとにした百人一首かるたは、短歌の上の句を読み上げて、下の句の札をとる遊び。主人公「わたし」は、百人一首かるたにある定家の歌こぬ人をまつほの浦の夕なぎにやくやもしほの身もこがれつつの、下の句「やくやもしおの身もこがれつつ」の札だ。由緒ある家に住んでいた佐藤さん夫妻が亡くなり、古文書などが村の資料館に引き取られた。その時、居間で捨てられそうになっていた百人一首を見つけたのが、学芸員の凪さんだった。百人一首をテーマにした企画展を計画したのに、上の句「こぬ人をまつほの浦の」の札がない。「こぬ人を」の札は、行きたいところがあると言って、...『やくやもしおの百人一首』久保田香里・著坂口友佳子・画くもん出版

  • この冬の発熱に備えて

    こちらは日本薬剤師会のチラシ。いつも聞かれるので、今日はこちらを説明。・キットは「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」の記載があるもの(「研究用」は×)唾液キットはまだ精度が低いものが多いので、鼻腔用を。ドラッグストアで売られている安価なものは精度が低い。調剤薬局でお勧めされるものが確実(1個1500円くらいですが)。・解熱鎮痛剤はカロナールなどのアセトアミノフェンがあれば良いが、イブなどイブプロフェンでも問題なし。咽頭痛がひどい人にはロキソニンを出すことも。必要な人に検査キットを無償で郵送している自治体(秋田県も)があるのでご活用を。熱がなく、キットでしっかり鼻腔の検体が取れて陰性であれば、少なくとも「他人に感染させにくい状態」。ただし、発熱初期にはキットでもPCRでも陰性の場合がある(発熱初期は感...この冬の発熱に備えて

  • ハクモクレン、紅葉と冬芽が同時に

    モクレンが紅葉して散っていく。よく見ると、まだ葉っぱが残っているのに冬芽が。完全に落葉してから冬芽が出るはず……だけど。去年はたしかそうだった。悪くないけれど、こんなに早い時期からのモフモフで冬を越せるのかな。ふうくらいのモフモフだと大丈夫なのかもね。昨日の秋田県、コロナの新規感染者数は過去最多に迫る勢い。まだまだ増えそうでこわい。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ハクモクレン、紅葉と冬芽が同時に

  • 夕暮れのグラデーション

    仕事を終えて駐車場に向かったら、夕暮れのグラデーションに息をのんだ。夕焼けはいつもきれいだけど、これも格別。秋は深まり、千秋公園のお濠脇の紅葉もあとわずか。過ぎていく秋の景色も、いいなあ。新型コロナ、やっぱり増えている。週末のAIYA合評会、懇親会はなしに。仕方ないよね。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)夕暮れのグラデーション

  • 『ひなたとひかり』 高杉六花・作 万冬しま・絵 講談社青い鳥文庫

    季節風のお仲間、高杉六花さま。第7回角川つばさ文庫小説賞一般部門金賞受賞され、『君のとなりで。』(角川つばさ文庫)シリーズが大人気の新進気鋭の作家さんです。今度は講談社青い鳥文庫の『ひなたとひかり』。第1・2巻を読みました。相沢日向は旭が丘中学校1年生の平凡女子。対して、日向の双子の姉・光莉は人気アイドル「光莉」。幼稚園のキッズモデルからアイドルになった光莉と日向はうりふたつ。でも日向は、自分は平凡なのでとあえて普通の学校を選び、妹であることを隠し、光莉とお母さんに恩返ししたいと勉強をがんばっている。イケメンアイドルにも興味ないふりをしているが、じつは「壱弥」の隠れ大ファン。そんなとき光莉に「赤点回避するため、入れ替わってテストを受けて欲しい」とお願いされ……こう書くと光莉ってわがまま?と思われそうだが、...『ひなたとひかり』高杉六花・作万冬しま・絵講談社青い鳥文庫

  • 「ばったら焼き」--秋田の昔ながらのおやつ

    小児科の看護師さんから聞いた、秋田の昔ながらのおやつ「ばったら焼き」。作ってみた。小麦粉に砂糖と水を入れて、クレープよりちょっと濃いかな程度に混ぜる。フライパンに油をしいて、ホットケーキのように表裏を焼くだけ。卵もベーキングパウダーも牛乳もなし。とっても素朴な味。黒砂糖で作ったら、いい感じで(右)。周囲がすこしカリカリになっているとそこが美味しい。看護師さんのお母さんもおばあちゃんも作っていたそうで。小児科の看護師さん3名、ばったら焼きを熱く語ってくれた。これ以上ないくらい簡単な「ばったら」焼き。アレンジしたらいろいろできそう。昨日はコロナ陽性者少なかったが、第8波は来るんだろうな。市立病院の小児救急は電子カルテが替わって大変だった。今日午後は秋田市の小児コロナワクチン接種に出向。今日もびよよよ〜〜ん(*...「ばったら焼き」--秋田の昔ながらのおやつ

  • 『 カッパーノ 』 文・森くま堂 絵・いわさきさとこ BL出版

    森くま堂さまの新刊絵本が出ました。ぐっと来る絵本です。カッパーノはにんきものあのこもこのこもカッパーノにむちゅう「おさらがすてき」「あんなおさらがほしいわあ」ところが、ピッカピカのお皿を、カラスに奪われてしまいます。皿をさがす旅を続けるカッパーノ。そしてせっかく皿をみつけたのに……イタリアンテイストのカッパーノがすてき。そして、冒頭とラストが響き合っているのがすてき。古本屋さんで「こちらならございます」と見せられた本が、〈うしなわれたさらをもとめてプルースットントン〉って、楽しすぎて反則じゃないですか。そして帯に「絵にかくされた皿をさがそう」とあり、はっとして探すと、うふふ、あったあった。本を閉じて目をつむると、ラストの絵が浮かぶ。そうだよね。人もカッパも、「思い込み」ってあるよね。もっと自由でいいんだよ...『カッパーノ』文・森くま堂絵・いわさきさとこBL出版

  • 『家守神③-金色の爪と七不思議』 おおぎやなぎちか・作 トミイマサコ・絵 フレーベル館

    おおぎやなぎちかさまの『家守神』第3作。帯にある【おらが隊長だ!by金魚ちゃん】が目に飛び込み、推しの金魚ちゃん活躍にわくわくして読み始めた。築100年の古い家に住む五年生の拓には妖怪-5人の家守神が見える。屏風の鶴と亀→鶴吉と亀吉。花瓶の藤の花→お藤さん掛け軸の金魚→金魚ちゃん。急須の蝶→お蝶さんクラスメイトの風香と平山君だけが、そのことを知っている。夏休み明けの学校で、不思議な事件が相次いだ。クラスメイトの前田さんの机にフォークでひっかいたような傷があった。さらには、夜に光が宙を飛んだり、音楽室の肖像画がやぶれていたり。平山君は「サカショー七不思議調査隊」を結成し、その隊長には金魚ちゃんがつくことに……。担任の楠先生にも秘密があったり、図書館の置物にも付喪神がついていたり。やっぱりこのシリーズ最高!一...『家守神③-金色の爪と七不思議』おおぎやなぎちか・作トミイマサコ・絵フレーベル館

  • リアル羽毛の吸引力はすごい

    フライ材料から調達してきた鳥の羽だけで作った猫じゃらし。ふう、遊びまくり。立ちあがって遊ぶ!(太っているからわかりにくいが)材料は、フェザントテール(キジの尾羽)と、マラブー(七面鳥などの尾付近のふわふわの毛)。やっぱり、本物の羽毛はいいらしい。「お兄ちゃんとばっかりあそんで!」チャコも遊ぼうね。昨日は久しぶりに発熱外来落ちついていたが、全国的には第8波か。ちらほらと胃腸炎も出てきているようで、点滴が増えるかなあ。今日午後は秋田市の発達相談に出向。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)リアル羽毛の吸引力はすごい

  • タイヤ交換したらみぞれが降った

    月曜、スタッドレスタイヤに交換した。もう1シーズンくらいこれで行けるかな。職場に着いたら空がかき曇り、みぞれが降ってきた。初雪もまもなくかもね。この寒さのなか、ふうは白いベッドがお気に入り。遊びでストレスが少なくなったのか、やや縮小した腹ハゲ。いっぱい遊ぼうね。昨日はみちのく童話賞スタッフミーティングの前にすこし月食が見えたが、その後は雲に隠れて見えず。でも、ミーティングの途中で観測タイムをとり、「きれいだった」と教えていただけたのがうれしかった。東京と東北各県から、同じ時刻に同じ空をみんなで見ていたのだなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)タイヤ交換したらみぞれが降った

  • てっぺんの葉っぱは落ちにくい?

    職場わきの林、落ち葉が進んでいるが、てっぺんだけ葉っぱが残っている。てっぺんの葉っぱは落ちにくいのかなあ。90度右方向は、青空に紅葉がきれい。職場にも秋らしい景色があるのはいいな。発熱外来はコロナ陽性率高くて、現場では第8波になった感じ。これ以上増えたらどうなるんだろう怖ろしい。今夕はみちのく童話賞のスタッフミーティング。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)てっぺんの葉っぱは落ちにくい?

  • 第2回みちのく童話賞授賞式

    昨日は昼から、Zoomでみちのく童話賞の授賞式。ご受賞者されたみなさま、おめでとうございました!ほとんどの受賞者さまが参加されて、賞状授与も上手くやれた。前日のZoom練習にもご参加くださったおかげ。ありがたかった。授賞式のあとは、講評。その後はZoomで懇親会。実は前日にもおおぎやなぎさま中心に、創作のご質問にお答えしていた。今回はプロット中心のお話に。私たちにも、とってもためになった。さあ、これから第3回のみちのく童話賞に向けての準備になる。またすばらしい作品が集まりますように!新しい書き手さんとのお話は、自分への反省にもなって。しかし、受賞者さまの言葉にじーんとした。みなそれぞれのお力を持った方々で。ここからどうぞ躍進して行ってくださいますよう。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)第2回みちのく童話賞授賞式

  • 半日、避難生活だった

    昨日は、年に一回のダスキンさんによる窓掃除と床ワックスの日だった。(私のコロナ罹患で1ヶ月延期になったもの)猫ともども、最初は1階の息子達の部屋へ避難。避難グッズは、ブラシにおもちゃにちゅ〜る。ダスキン隊がいらっしゃると、猫たちは雲隠れ。ふうはベッドの下に3時間いたなあ。チャコは引っ張り出すとベッドの下から出るが、すぐに雲隠れ。この間に、ピアノの調律と床暖の点検もやってもらった。3時間の1階避難の後、今度は2階の私の部屋に避難。がんばったごほうびのちゅ〜る。おいしいよね。ブラッシングばかりしていたから、ふうは、毛がふわふわきらきらになったとさ。でもなんでチャコもふうも、こんなにビビリなんだろうな。ジジやリンは、時には業者さんに愛嬌振りまいていたのにね。今日は昼からZoomでみちのく童話賞授賞式。今日もびよ...半日、避難生活だった

  • ヒトメタニューモウイルス肺炎流行中

    新型コロナは相変わらずだが、同時にヒトメタニューモウイルス(hMPV)が流行している。幼児がかかりやすく肺炎になるhMPV。hMPV検査は5歳以下の子しかできないしばりがあるが、みな高い熱と咳が続いている。昨日も同じ園で2名陽性、いずれも肺炎だった。うちの医療法人の保育所も、半数がhMPV罹患。ちょっとゆゆしき事態になっている。発熱児が来院し、園でコロナも流行しているしhMPVも出ている時。発熱外来で、コロナとhMPVの迅速診断キットを同時に検査する。コロナ陰性で、hMPV陽性なら、胸部X線写真を撮る。すると、ほぼ全員、画像のような肺炎所見。コロナ検査だけだったら所要時間は1人に20分ほどだが、hMPVが加わると30分はかかる。だから診療がなかなか進まず、カルテが貯まるばかり。そんな中、溶連菌感染症も時々...ヒトメタニューモウイルス肺炎流行中

  • ミサイルより猫じゃらし

    昨朝、北朝鮮ミサイル報道の中、おもちゃのあるドアの前で「遊べ」アピールするふう。また新しい猫じゃらしを作って、散々遊んだ。遊び疲れて寝ころがる2匹。後ろ足の格好がそっくりなのは、血が繋がっているからだろうな。作業をしようとしても二方向から遊べアピール。運動してやせさせたいけれど、これはこれで大変。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)ミサイルより猫じゃらし

  • 紅葉、真っ盛り

    お向かいの家のもみじが、今とてもきれい。まっ赤なのに、目に優しいのはどうしてだろう。こちらは、医学部敷地脇の紅葉。朝日を浴びて輝いて。医学部前の遊歩道の紅葉もきれい。鮮やかな赤。紅葉じゃないけど、柿の実も秋の風情。寒くなってくると一気に葉が落ちる。今だけの眼福。昨日もコロナ報告数多かった。じわじわと増えているのがなんとも。キットの消費量、半端ない。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)紅葉、真っ盛り

  • 『ちいさい おねえちゃん』 いとうみく・作 えがらしみちこ・絵 岩崎書店

    いとうみくさまのかわいらしい絵本です。4さいのとっこちゃんは、赤ちゃんのたいちゃんにママを取られておもしろくありません。ママーってよんでも「ちょっとまってね」って言われてばかり。ママにだきついても「やめて!」なんてしかられます。おかげでとっこちゃんはおねしょも続くし、赤ちゃんみたいにきらいなものを口からだしたり、だっこだっことさけんだり。ようちえんでも「おおきくなりたくない」とミートボールをたべません。おむかえにきたママに、せんせいがいいました……「赤ちゃん返り」のお話です。ああ、自分も大学を辞めて毎日外来診療するようになって、最初に気になったのが「赤ちゃん返り」だったな。だって、発達までかなり遅れているように見える子もいて。いいなあと思ったのは、お休みをとってたいちゃんとお留守番することになったパパの一...『ちいさいおねえちゃん』いとうみく・作えがらしみちこ・絵岩崎書店

  • 新米の季節

    遅ればせながら、今年の新米を食べた。ご近所のカマさんからいただいた、あきたこまちの玄米。近くの無人精米所で精米し、さっそく炊いてみた。バーミキュラライスポットで炊いた新米の塩おにぎり。ほわっと、やわらかく握ってみた。ほのかに香ばしいお米の香りに、噛むとじわっと甘みも感じる新米のおにぎり。美味しかった!秋田では今年から新品種の「サキホコレ」が販売されている。こちらはどんな味かな。夫氏は「オレにはもち米のようだ」と言っていたけど。ね、チャコ(お米は全然食べないけどね)。昨日の発熱外来は陽性者2名のみで落ちついていた。仙台市の下水コロナウイルスも横ばいとのこと。それでも感染者まだまだ多いのがなんとも。このまま第8波になっていくのかな。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)新米の季節

  • 猫じゃらし製作が止まらない

    猫たちが自作の猫じゃらしに興奮してくれている。うれしくて、昨日はまたいろいろ作った。裁縫ボックスの中は、猫じゃらしアイテムで乱雑このうえなく(でもこれが好き)。今、この2つが活躍中。チャコはヒモと鈴だけのシンプルな猫じゃらしが好き。ふうは、ちょっとおどろおどろしい、黒い獣毛のが好き。ストラップ用のこの連結アイテムもいっぱい届いた。またいろいろ作ってあげよう。朝創作をして猫じゃらしを作って買い物と精米に行って。J1昇格プレーオフ、6位のモンテディオ山形が3位の岡山を3-0で撃破。モンテ戦士の動き、良かったなあ。もしかしてもしかして、昇格もあるかも〜今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)猫じゃらし製作が止まらない

  • 秋田魁新報コラム「聴診記」

    昨日から、秋田魁新報のコラム「聴診記」を2ヶ月に一度、担当することになった。療育センターに行った時に、センター長の沢石先生から頼まれて。沢石先生が、小児神経のことや発達障害の詳細をこれまで書いてくださっていた。私ができることは……と考えたとき、「身近な発達障害」かなと。「障がい」か「障害」、どちらをを使うか悩んだが、新聞社の方では「障害」が一般的とのことでこちらに。ネタが尽きないことを祈るのみですが(笑)。よろしくお願いいたします。昨日はAIYAの会をハイブリッドで行う方法をZoomで検討。もし必要だったら、上手くやれるといいなあ。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)秋田魁新報コラム「聴診記」

  • 『ヘビくんブランコくん』 おおぎやなぎちか・作 井上コトリ・絵 アリス館

    おおぎやなぎちかさまの新刊、ヘビとブランコ、友情物語の絵童話です。冬眠から目覚めたヘビくんは、野原のブランコに気づきます。黄色いチョウにつられてふらふら動いていたら、ブランコの鎖にからまって。自分で自分を鎖に結びつけてしまい、力を入れれば入れるほど苦しくなって。そのとき、「ヘビくん、ヘビくん」とブランコが声をかけてくれます。いっぱい話して友だちになれるかと思ったけれど、ブランコの友だちだった子どもも鳥も猫も、ヘビが結び付いたブランコをこわがって。ぐいー、ぐいーとブランコがゆれて、ヘビの体がするりとほどけ、そのまま空へびゅーんと……ぐいー、ぐいーとブランコにゆられるところや、びゅーんと飛び出すところの動きが楽しくて。そして、読み終えてしばらくたっても、心がほかほかするような。ブランコくんに再開したヘビくんは...『ヘビくんブランコくん』おおぎやなぎちか・作井上コトリ・絵アリス館

  • 獣毛猫じゃらしを作ってみた

    注文していた獣毛(フォックスやミンクの毛皮の切れ端)が届いた。たまらず、猫じゃらしをつくってみた(他にやることあるだろうに……)。フォックスのふわふわの毛のままだと大きすぎたので、毛先を大胆にカット。鈴もつけて、こんな猫じゃらしができた。ふう、大興奮。チャコも当然、いい食いつきで。ケモノの匂いがするからいいのかな。まだ毛皮の端切れ、たっくさんあるから、また作ってあげるね。昨日は、ほんとうにひさしぶりに、午前の途中でお茶を飲めた。前日までは、まさに突っ走っていたから。まあ午後は健診・ワクチンの患者さんでフル稼働だったんだけど。今日午後は井川町の乳幼児健診に出向し、その後インフルワクチン20人。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)獣毛猫じゃらしを作ってみた

  • 年一の苦役、猫ワクチンに行ってきた

    昨夕、ふうとチャコは、動物病院で猫ワクチンを受けてきた。チャコは体重4.5㎏。最初は大人しかった。でも、すぐにイカ耳で抵抗。ちょっとお肉がついていますねと言われた。ふうは6.5㎏。ふうのイカ耳、思いっきり裏返ってるし。「脂肪が多くて肋骨が触れません。適正体重は5㎏台でしょうね」と言われた。帰宅して、階段を一気に駆け上がるふうとチャコ。がんばったね、ふたりとも。要ダイエットだけど。昨日も発熱外来大繁盛。家族が熱をあげて、みなし陽性の人も多くて。第8波、きてるよなきっと。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)年一の苦役、猫ワクチンに行ってきた

  • 10月の雲もなかなかいいな

    朝、里山にかかっている靄のような雲。きれいだった。昨日の療育センターからの帰り、夕陽を受けて流れるような雲もきれいだった。ね、チャコ、なかなかいいよね。昨日の発熱外来は月曜以上に忙しくて。8時半に受付開始して9時10分に満員御礼で受け付け終了って、嘘みたいな混み方。陽性率も半端ないし。今日は近くの小児科がお休みだから、またまた混みそう。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)10月の雲もなかなかいいな

  • 郵便受けカゴにふうがすっぽり

    「ふうがまたカゴに入っているぞ」と夫氏に言われてみたらこの図。玄関脇のポストから郵便物が落ちる内側布張りのカゴの中。最初に二階の渡り廊下から見た図。気持ち良さそうにすっぽりと収まっていた。一階に降りてカメラを向けても、ずっとそのまま。フィットするサイズが気持ちいいのかな。郵便受けから隙間風が入る場所なのにね。昨日の発熱外来はこれまでにない忙しさで、また10時前に受付終了。近くの小学校の子どもたちが熱を上げてどんどんやってきて。仙台市の下水コロナウイルスも増加傾向のよう。完全に減らないうちに、また第8波とか……ならないで欲しい。今日午後は療育センターのリハビリ前診察で本読みはまた延期。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)郵便受けカゴにふうがすっぽり

  • 雷におびえ、イカ耳になるふたり

    先週末は雷が続いた。ゴロゴロゴロッッ!と鳴ると、窓から離れて家の中央あたりに逃げたチャコとふう。うす暗くて見づらいですが、ふたりともイカ耳になっている。土曜の季節風大会途中も、ゴロゴロゴロッッ!と来た。私ととがしさまは秋田なので、Zoomの2人から雷音が響いたわけで。「何?何の音?」とみんなを驚かせてしまった。でも、雷が過ぎ去れば、遊びまくるチャコ。ちょっと遊べばゴロゴロが忘れられるっていいね。昨日はまずは急ぎの作品を書き直し。今日から季節風大会作品の書き直しに突入予定。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)雷におびえ、イカ耳になるふたり

  • Zoomで第43回季節風大会

    昨日昼から、Zoomの季節風大会に参加した。工藤純子さま、楠章子さまが世話人の、はじめの一歩分科会。作品数は5編だったから、とっても濃く、厳しくでも優しく、合評。楠さまの言葉「作者の覚悟」、瑞紀さまの「日常の中のざわっとすること」が心に残った。推薦作品には冨樫由美子さまの作品が選ばれた。児童文学の中の短歌、すばらしかった!季節風152号には第8回児童ペン賞童話賞受賞の言葉が掲載された。はじめての「受賞の言葉」うれしかった。今の作品、書き直しのヒントをいただいてわくわくしている。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)Zoomで第43回季節風大会

  • 夕暮れに、ヨシの穂がさわさわ

    夕暮れ時、職場裏の草やぶで、ヨシの穂がサワサワ揺れていた。夕陽を受けた白い穂。こんな景色も、悪くないなあ。今日は昼からZoomで季節風大会。はじめの一歩分科会に参加。やっぱり合評会って、楽しみだなあ。ビシバシきっついご意見、お願いいたします。今日もびよよよ〜〜ん(*^__^*)夕暮れに、ヨシの穂がさわさわ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、gotoatsukoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
gotoatsukoさん
ブログタイトル
川天使空間
フォロー
川天使空間

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用