chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • いすみ鉄道と紫陽花

    対馬の旅の途中ではございますが、先週の木曜日に乗ったいすみ鉄道の車内から撮った写真をアップさせていただきます。この日私は外房線で勝浦まで行って(すでに缶ビールを一本)勝浦から小湊鉄道バスで大多喜まで行って(更に車内で一本)大多喜のファミレスでピザを食べながら昼呑み(ジョッキ2杯)で気持ちよくなって夕方のいすみ鉄道で大原まで出て家路に。この日の車両は外の風景が撮りずらい黒い窓ガラスの列車でした。城見...

  • 第二回対馬の旅 黒瀬観音堂

    いきなり、この日のメインです。この時すでにお昼をまわっていました。昼飯時ですが管理人の人に観音堂のカギを開けてもらいました。前回見られなかった黒瀬観音堂の観音様。銅像如来坐像です。後ろには文部大臣云々の名前があります。正面から。穏やかなお顔の如来像です。フラッシュ撮影も可能だと言う事でピカッとやらせていただきました。隣は菩薩坐像です。これもピカッと。滞在時間は6分でしたが、貴重なものを見させていた...

  • 第二回、対馬の旅

    はい。休む間もなく、第二回の対馬の旅です。デジカメのデータだと2008年3月となっています。前回行った5か月後です。いきなり写真は糸島市の立石山上空です。私、空から適当に写真を撮って後でグーグルマップで何処だろう?と調べるのが好きでした。湾の形からすると厳原でしょう。着陸態勢に入っています。対馬でしょうな。はい。5か月ぶりの対馬空港。この日も空港でレンタカーを借ります。前回と同じ場所で写真を撮ってます。...

  • 対馬に行った時の話 最終回

    はい。初めて対馬に行った時の話ですが、今回で最後です。飛行機の時間の関係であと一か所だけ観光して帰る事にしました。場所は和多都美(ワタツミ)神社です。空港方面では無く、少し北上します。幹線道路からは少し離れたところに有って、本当に着けるのか?心配でした。海の中から鳥居が続いています。これは恵比寿様が祀ってあるようです。満潮時だと思いますが。鳥居をいくつかくぐって本殿の前まで来ました。振り返ると・・...

  • 万関瀬戸

    やって来たのは「万関瀬戸」と呼ばれる対馬を分断する場所。1900年に掘削されて対馬は二つに分かれましたが対馬は対馬で一つだと認識していると言う見解があります。これは橋の上で車を停めて降りて撮影したのでしょうね。ここでは下島と表現しますが、南側にある空き地のような場所まで降りてみました。海はすぐ近くです。かなりの流れが有るようです。漁船が流れに逆らって入って来ました。時間的には漁を終えて帰って来た船...

  • とりあえず北上します。

    昼食は13時にとりました。30分後に再出発ですが、どこに行くか?とりあえず韓国が見える場所まで行ってみることにしました。対馬の海は静かです。入り組んだ海岸線がたくさんあります。私は荒海の海岸で育っていますので、波の無い穏やかな海、そして綺麗な砂浜が好きです。穏やかな入り江でした。何枚も撮ってしまいました。そしてこの場所まで厳原から1時間かかってしまいました。これ以上先に足を延ばしたら、帰りの飛行機に間...

  • 対馬厳原を歩きます。

    対馬市内の中心だと思われる厳原の街を歩きます。それなりに夜は賑やかなのでしょうね。交流センターでおすすめのお店を聞きました。「志まもと」と言うお店でした。何と、この日は定休日。まあ平日ですから。仕方なく対馬の道を北上して道路沿いにあったお店に入りました。店の写真と名前は無いです。かつカレーと対馬蕎麦が有名らしい。確かに両方とも美味しかったです。そしてちかくに有った神社にお参りしました。ここも名前も...

  • 対馬観光

    この時私が対馬に行った目的は「黒瀬観音堂」と言う場所に行って観音様を拝んでみたかったのです。が、当日対馬市教育委員会に連絡をすると・・・「近所の人が観音堂の鍵を管理していて、当日の受付は出来ない。」と言われました。まあ、下調べしなかったのが悪いのですが。黒瀬観音堂は長崎県の文化財となっています。「じゃあ、観光するには?」とダメ元で聞いたら「厳原の辺りがいいんじゃないの。」と言われてレンタカーで厳原...

  • 対馬に行った時の話です。

    デジカメのデータでは2007年11月となっています。17年前の話で恐縮ですが離島巡りを始めた頃の話として聞いてください。この頃私はANAの上級会員になって次の年のステータスの為に一日4便の旅を続けていました。まあ、今となってみれば「何でそんなことを?」と自分にあきれてしまうのですが・・・と、言う訳で朝7時に羽田空港の駐車場です。あらまあ、こんな飛行機がたくさん並んでいます。駐車場各階にはSPらしき人間もちらほ...

  • 真珠の庭 閉店

    私のがリンクさせていただいているブロガーの人も来られた事がある「真珠の庭」が閉店していた。場所は外房の鴨川シーワールドから勝浦方面に走るバイパスを登って行くと海側にあるレストラン。登り下りの車線では、かなりスピードを出しての走行なので張り紙がしてあるな?と、今まで気が付いていたが、いざ食べに行ってみると・・・駐車場に車を停めて入り口まで行ってみた。え~。5月23日で営業を終了していたの?何で教えて...

  • 天狗岳登山の旅最終回。

    天狗ネタの最終回です。オーレン小屋を後にして下り始めました。オーレン小屋の水車小屋(発電用)のあるところまで来ました。往路では気が付かなかった、曲がった木の下をくぐります。下りは早いです。30分で夏沢鉱泉まで来てしまいました。まあ、地図にある時間通りですが。ゲートを出て駐車場までの道をあるいていると先ほど西天狗山頂ですれ違った山ガールが写真を撮っていました。うん?何・・何か動物がいる様です。と、言う...

  • オーレン小屋までの続きです。

    おはようございます。人生二回目のコ〇ナにかかってしまい、昨日は病院に行っていました。同級生の担当医から「お~。お前もか~。実は同窓会の二次会に出た連中が何人も来ているからね。クラスターが発生したんだろう。俺は怖くて2次会に行かなかったからね。」と言われてしまいました。確かに、開店前の15坪ほどのキャバレーを貸し切って80人でワイワイやっていたんですよ。当然都会から、その日かえって来た奴もいるだろうし、...

  • オーレン小屋に帰ります。

    根石岳を降りて再び根石山荘に到着しました。ある意味、重要な場所にある山小屋かもしれません。再び蓑冠山に。デジカメのデータだと根石山頂から蓑冠山まで30分かかっていると言う事は根石山荘に寄り道をしたかもしれません。ここで往路とは違う夏沢峠までの道を歩きます。南に向かて歩いているのですが左側は崖です。積雪時にも歩いた事がありますが、怖いです。崖の下をのぞいたのですがわかりませんよね。この後何度か本澤温泉...

  • 東天狗から根石岳

    オーレン小屋まで帰るために東天狗を降りて根石岳に向かいます。西天狗があんなに遠くになってしまいました。そして白砂新道入口に到着。ここまで東天狗山頂から20分で降りてきました。白砂新道を通ると本澤温泉までは50分で降りられます。箕冠山・夏沢峠経由だと2時間20分はかかるでしょう。しかし、白砂新道は難所が多く、私は登りで一度間違った道を歩いてしまいました。団体の登山者たちはこの場所でお昼を食べるのが良いでし...

  • 再び東天狗へ。

    土曜日の午前中はマンションの総会で午後は高校時代の同窓会。日曜日は法事で六郷土手に行って二日間パソコンのスイッチはオフにしたままでした。ある意味、自分は情報に飢えているのかもしれない?何て思いながら二日間を過ごしました。再び東天狗に登ります。東天狗の北側にあるちょっとした岩場。西天狗は遠くに。しかし良い天気になってきました。美しい山です。何処を撮ったのかは忘れてしまいましたが幻想的な風景でした。西...

  • 西天狗を去ります。

    西天狗山頂です。かなり広いのですが、皆さん崖っぷちに座っていました。帰る頃になったら南側の雲が晴れて来ました。地図からだと赤岩の頭でしょうか。更にこちらは横岳の方向だと思いますが。根石岳と箕冠山だと思われます。さらば、西天狗。そしてこの山ガール。もう一度出会います。土日はお休みします。...

  • 天狗岳(西天狗)にて。

    う~ん。どこでも(バ)カップルはいます。多分、今の私なら・・・これは北アルプスでしょう・この場所に30分くらいいました。富士山が見たかったのですが。この日はダメでした。霧がかかってきました。東天狗はこんな感じです。これは何処だかわかりませんが八ヶ岳ですよね。こちらは北アルプスです。さらば西天狗。約20分の滞在でしたが美しい風景を見られました。...

  • 西天狗に到着

    西天狗に向けて歩き始めました。昨日とは違い良い天気です。東天狗の岩場さえ過ぎれば、後は歩きやすい道でした。北アルプス。これは八ヶ岳の南側にある山々でしょう。雲が邪魔していました。歩き始めてから15分で西天狗山頂に到着しました。この辺りには座る場所が無いので向こう側にある崖っぷちのような場所に座りました。相変わらず八ヶ岳の南にある山々は隠れています。...

  • 天狗岳に向けて再出発

    地図だと東天狗から天狗岳(西天狗)までは20分で行ける様です。せっかくですので西天狗まで行ってみましょう。時間はまだ10時です。早起きして出かけたので時間に余裕がありました。さらば東天狗。一緒に行った友達と記念に一枚。誰かにシャッターを押してもらったのでしょう。どうやら西天狗は私たちを歓迎してくれているかのようです。と、思ったらまた霧が。東天狗を降りる道は自分で決める様な感じの岩場でした。ここからは...

  • 東天狗山頂へ

    霧の中、鉄の橋を渡って行きます。友達の話だと、この橋が出来てからは楽になったと言っていました。東天狗山頂に着いたようです。が、狭し。オーレン小屋方面です。美しい。標高2646メートル。東天狗山頂です。遠くに北アルプスを望みます。...

  • 東天狗に登ります。

    いよいよこの日の目的地、天狗岳(西天狗) に向けて登り始めました。東天狗までは足元が悪く、渋滞しています。山肌はこんな感じですね。東天狗山頂が見えてきました。山頂は狭そうです。昔は鎖場だったそうですが、今は鉄橋が架っています。霧が晴れて西天狗も見えて来ました。...

  • 根石岳から東天狗へ。

    根石山荘を出て根石岳に登ります。10分くらいでしたが、とてもきつく感じました。根石岳山頂です。岩がゴロゴロしているだけですが。根石岳を下って東天狗に向かいます。岩と岩の間に足を置く感じで下がって行きます。けっこうきついです。かなり難所でしたので白砂新道入口まで30分もかかってしまいました。白砂新道経由で本澤温泉に行く道があります。この数年後に通りました。またいずれアップさせていただきます。東天狗に登る...

  • T君慰霊登山。

    一度書いて消したのですが、やはりアップすることにしました。今日は悲しい内容なので、嫌だと思われる人はご遠慮くださいね。4月下旬にバイクの師匠から「親戚のTがバイクででかけたまま家に帰らない。と嫁に出た妹から連絡があった。妹は3日連絡が取れないので警察に捜索願を出してド〇モにスマホの位置情報を得たいと申し出たけど、携帯会社は個人情報云々で協力してもらえないそうだ。」と言われたのです。T君は師匠も私も遠い...

  • 箕冠山から根石岳

    箕冠山から根石岳まで歩きます。途中根石山荘があります。これは東側の山並みです。雲海の中に本澤温泉があります。ここに来て天狗岳(西天狗)が顔を見せてくれました。友達はトイレを借りる為に根石山荘に寄るようです。私もついでに。根石山荘は完全に自然の力で自立しているようです。電機はソーラー、水は天からの水です。ここに泊まるのもいいかもしれませんね。根石山荘から見た北アルプスの山々。槍ヶ岳でしょうね。ここで...

  • 蓑冠山

    オーレン小屋から蓑冠山までは比較的歩きやすいコースでした。殆どがこんな森の中を歩きました。50分でオーレン小屋から蓑冠山まで歩きました。判りづらいかもしれませんが。天狗岳に行くにはまず。根石岳を越えなければなりません。蓑冠山の東側に出ると西天狗が見えました。これが蓑冠山の山頂?だんだんと霧が晴れて来たようです。...

  • 西天狗まで箕冠山

    前日の夜は11時くらいまでテントの中で話をしながら呑んでいました。隣にカップルが寝ているテントがあったのですが・・・私たちのイビキがすごかったのか?お姉ちゃんが変な目で私たちを見ていましたっけ。翌朝6時40分。良い天気です。顔を洗ってから気が付きました。水は飲むだけだったんですね。朝飯はインスタントラーメンでした。ちゃちゃっと食べて西天狗に向けて登り始めます。この時7時40分。テントはそのままです。あの橋...

  • 硫黄岳からオーレン小屋に。

    往路でみかけた表示板。ここまで来れば夏沢峠ももうすぐです。最後にもう一度振り返りましょう。随分と登ったのですね。昔はこの道を歩いていたと思うとぞっとします。山頂から1時間かけて夏沢峠まで来ました。テントにたどり着いた頃は真っ暗でした。オーレン小屋では紅葉と地酒祭りがおこなわれていました。入浴時間の最終は20時なので、それ以降なら風呂に入って良いと言われ500円払ってお風呂に入りました。何故女子風呂か?男...

  • 硫黄岳下山2

    目の前の霧が張れて遠く北アルプスが望めるくらいになりました。西天狗の稜線も見えます。振り返るとケルンが点在していました。爆裂火口のわきでは紅葉が見られました。さっさと帰らないと夕暮れになってしまいます。爆裂火口に入れるのかな?もうすぐ夏沢峠です。...

  • 硫黄岳下山開始

    15時50分に硫黄岳山頂に着いて16時05分に下山をはじめました。オーレン小屋は雲の中です。爆裂火口を右に見ながら進んで行きます。ガスっていなかったら、どんな風景なのか?友達が先に歩いて行ってくれます。登っている様に見えますが、下っています。火口の淵を歩いているのですね。霧が流れて視界が広がりました。...

  • 硫黄岳山頂にて。

    硫黄岳山頂でしばし休憩をします。先ほど見えた小屋の近くまで行ってみました。さぶちゃん大魔王さんが泊まられた避難小屋?がありました。でも、ここで一晩過ごすのは大変だったでしょう。中は石がゴロゴロしていました。中に入ったら老眼鏡が落ちていましたっけ。これは西側を撮った写真です。オーレン小屋からのルートがこちらにも有るようです。ちょっとだけ太陽が顔を見せてくれました。遠くに北アルプスの山々が見えています...

  • 硫黄岳山頂へ。

    オーレン小屋から夏沢峠を経由して硫黄岳山頂を目指して歩いています。オレンジ色の右の線です。爆裂火口側です。気を抜いたら落ちてしまいそうです。うん?何だこれは。裏に回ると・・・案内がありました。これよりも左側を歩くと火口に落ちてしまうのでしょう。山頂に向けてケルンが立っているようです。落ちたら登ってこられないでしょうね。もうすぐかもしれません。友達から「硫黄岳の山頂は広場があって、野球が出来るくらい...

  • 夏沢峠から硫黄岳まで

    硫黄岳に向けて登り始めました。振り返った時の写真です。右側に降りて行くと本澤温泉でまっすぐ行くと天狗岳方面です。この日は南側に歩いて行きました。硫黄岳の東側は爆裂火口になっていて、滑落すると危険なのでう回路が出来ていました。何となく道はわかります。しかし、歩きづらい。ちょっと登ると爆裂火口のふちを歩く形になりました。振り返って撮ったところです。何となく道があります。が、霧の中です。これは東側にある...

  • 硫黄岳へ

    まずは夏沢峠まで登り、硫黄岳を目指します。こんな草?が生えています。可愛いです。歩きやすい山道です。オーレン小屋から夏沢峠までですが。オーレン小屋から25分で夏沢峠まで来ました。山小屋が見えます。どこも開いてない様ですね。雨の中硫黄岳まで登ります。夏だけ営業でしょうか?ヤマネやモモンガが見たいです。硫黄岳まではかなり厳しそうです。本澤温泉は前回冬に泊まりました。。...

  • オーレン小屋で

    オーレン小屋では「紅葉と地酒まつり」を行う予定です。この日が最後の営業で地酒が宿泊者にふるまわれる様です。登山者に甘酒がふるまわれていました。私ももらっちゃいました。オーレン強清水。この水が旨いんです。テントの設営は終わりました。荷物を置いてこれから硫黄岳に登ります。すでに宿泊客は山から下りて来たようです。先住民以外は入ってはいけない場所。かなり広いキャンプ場ですね。...

  • 天狗岳に登る オーレン小屋到着。

    お昼前になんとかオーレン小屋に着く事ができました。これで下から荷物を運んでくるんですね。この日はイベントがあるので山小屋は満員でした。イベントに参加する人はここで受付をするみたいです。10月ですが、この日がこの年の最後の山小屋としての営業日だそうです。なのでパーティか何かがあるみたいです。テント宿泊料金1000円を払いに山小屋に入ります。だけかんばキャンプ場。先客では無く、まだ帰らない人のテントがありま...

  • 天狗岳に登る オーレン小屋まで。

    同行の友達が夏沢鉱泉でトイレ休憩をしている間私もあずまやで休ませてもらいました。ちなみにトイレの使用料金はこの時200円だった様です。桜台から東に山を登っています。川が流れています。その両脇を縫うように登山道はあります。まあ、比較的歩きやすい道ですね。10月初め、木々は色づいていました。うん?小屋があるぞ。と、思ったらオーレン小屋は水力発電で電力を賄っているのでした。もうすぐオーレン小屋です。美しい水...

  • 原岡(岡本)桟橋からの富士山。

    八ヶ岳登山の途中ではございますが先日富士山をアップした時におすすめのスポットは何処?との書き込みをいただきました。私の(思い出)のスポットをご紹介します。それは南房総市富浦町原岡にある桟橋から見た富士山なんです。実は、高校時代にお付き合いをしていた女性がこの近くに住んでいました。彼女と学校帰りに一緒に歩いて駅まで行き、それでも別れが惜しい私は電車の走る方向が違うのですが、彼女と同じ電車に乗ってこの...

  • 天狗岳に登る 夏沢鉱泉まで。

    中央高速諏訪インターを降りて桜台で仮眠後に山道を歩き始めました。まあオーレン小屋までは比較的楽なコースだったと思います。夏沢鉱泉が見えました。ちょっと雨が降っています。夏沢鉱泉に宿泊した人が宿を出て山に登り始める頃でした。友達がトイレに行っている間に私は東屋で休憩していました。秋です。桜台のゲートからこの場所までは30分で来ました。...

  • オーレン小屋に泊まり硫黄岳と天狗岳に登る。

    こんにちは。旅ネタも尽きてしまったので山ネタになってしまいます。他にも旅ネタがあるのですが、「だから何なんだ・・」と言われそうな旅なので、とりあえず山ネタです。コンデジの記録では2013年10月5日となっています。私の車に横浜の友達を乗せて一緒に山に登るために茅野側からオーレン小屋を目指します。が、この日オーレン小屋は日本酒のイベントが開かれていて宿泊は不可でした。今シーズンの営業をこの日で終える...

  • 洲崎神社からの富士山

    おはようございます。今日は東日本は大荒れの天気です。写真は3月下旬に撮ったものですが、やっと今日アップ出来ました。大雨が降った次の日に風が無いと館山湾(鏡ケ浦)越に美しい富士山を見ることが出来ます。この日も車を走らせていたら美しい富士山を見る事が出来ました。それならば絶景が望める「あの場所」に行って見ようと思い車を走らせます。到着しました。洲崎神社の鳥居です。鳥居越に富士山が見られると言うパワース...

  • 難波二日目の夜。

    近鉄難波駅の地上に出て、予約してもらった飲み屋に移動します。この日の為に京都の仲間もわざわざ難波まで来てくれました。そう言えば、以前、京都に泊まった時に難波までラーメンを食べに来た事がありました。ビスタカーに乗って来た記憶があります。入ったのはタイ料理の店。2時間飲み放題で4400円でした。サラダです。何かに巻いてあります。生春雨?でしょうか。タイ料理の名前はわかりませんが、鶏肉でした。私は最近何故か...

  • 難波に帰ります。

    大和西大寺駅で難波行きの急行に乗り換えます。が、その前に通過車両があるのですか・・。やって来たのは「あをによし」でした。ゆっくりと通過して行きました。何だか外国人が好みそうなデザインですね。乗り心地はしまかぜの方が良さそうですが。私たちは難波行きの急行で帰ります。この日初めてのロングシートでした。何とか座る事が出来ました。大阪に入って列車は下って行く様です。もう少し暗ければ綺麗な夜景が見られたと友...

  • 近鉄特急しまかぜで大和西大寺駅まで

    しまかぜは中川駅を通過して行きました。中川デルタをもう一度。次の停車駅は大和八木駅です。奈良に入ったのか?登りの勾配が続きます。この「はるさめ」の看板はいつも目についてしまいます。すでに奈良県ですね。そして大和八木駅に近づいて来たのか?ポイントがたくさんあります。私は、京都方面にどうやって線路が切り替わるのか?大和八木駅はクロッシングの駅なんです。結局いつの間にか特急は北に進路を変えていました。後...

  • 京都行きのしまかぜ

    宇治山田駅です。しばし停車。近鉄特急しまかぜは参宮線とクロスしている場所を通過していました。チャチャっと飲んで自席に戻りましょう。こちらは階下のレストラン部分です。やはり二階が好きです。6人は入れる個室です。個室料金は6人で割るとかなりお得だと聞きました。予約した指定座席のある先頭車両です。実は大阪の友達が指定席を取ってくれたのですが発売日の10時に申し込んでもすでに座席は前二つが埋まっていたそうです...

  • しまかぜで帰ります。

    フェリーターミナル近くのお土産屋さんを見て回ります。下剋上球児のロケ地が近くにあったからか?Tシャツが売られていました。一枚4千円・・・たぶん2千円なら買ったかもしれません。関連グッズも売っていました。個人的にはあの手のドラマは好きですが、グッズまでとはいきません。この日大阪に帰るのに乗ったのは京都行きのしまかぜです。過去に大阪方面に行くしまかぜと名古屋行きのしまかぜには乗っているのですが、京都行き...

  • 鳥羽サザエストリート

    鳥羽サザエストリートでいつもの店に・・・と思ったら臨時休業ですか。この店は過去に2度来ているのですが、元漁師の私も旨いと感じる味の店でしたが。臨時休業、しかもパウチで作ってあると言う事はたまにお休みをもらうのでしょう。まあ仕方ないけど。仕方が無いのと時間が無いので別のお店に入りました。生ビールで。まずはサザエを焼いてもらいます。私は子供の頃サザエを採っていました。まあ現在は私に漁業権があるのですが...

  • (近鉄)鳥羽駅までバスで移動。

    再びバス停、夫婦岩東口・伊勢シーパラダイス前まで戻り一時間に一便のバスに乗って鳥羽駅まで移動します。殆どの乗客がここで降りたので、楽勝で座れました。左側座席からは美しい海岸を見る事が出来ました。そう言えばこの場所は国立公園だったんですね。民話の駅 蘇民・・岩手の奇祭蘇民祭は今年で最後になってしまいました。そもそも蘇民とは?と思い調べてみました。牛頭(ごず)天王が嫁探しの為に竜宮城に旅に出る途中に泊...

  • 天の岩戸へ

    二見興玉神社近くにある天の岩戸に行ってみました。手水舎ではカエルさんが口を開けて水を出しています。この社殿の奥に神様はいるようです。この場所から見る夫婦岩もまた良いです。この日は23日だったので、二見の日と言う事で特別の御朱印をもらえました。再びシーパラの隣にある商業施設の中を歩いてバス停まで帰ります。提灯飾りがたくさんありました。シーパラダイスの中を撮影しました。手を伸ばしてシャッターを押しただけ...

  • 二見興玉神社

    バスを降りてシーパラダイスに併設されているショッピングモールの中を歩いて二見興玉神社に到着しました。この日は波が高く、風も強かったです。過去に二度ここに訪れているのですが、波があるのは初めてでした。カエルさんと。でも、荒々しい波が打ち付ける光景もまた良いです。こちらが二見興玉神社の社殿ですね。...

  • 猿田彦神社

    程よく腹も膨れたので、お祓い町から歩いて猿田彦神社まで来ました。バスの一日券があるので、バスで移動すれば良いのですがバスはこの日、1時間に2本程度のダイヤでした。猿田彦神社は道開きの神様です。我が家では昔から垣根の刈込をする時には猿田彦様の掛け軸を床の間から外して、庭の木に架けて作業をしていました。猿田彦神社にあった「たから石」です。何だかパワーを感じます。その後猿田彦神社前のバス停から一旦内宮を経...

  • おはらい町通り 食べ旅

    伊勢角ビールの後に行った店は「まる天」です。魚のすり身を揚げて棒に刺してあります。今回はエビマヨだったか、マヨネーズが入っている物を食べました。こちらのお店では食べ歩きを推奨してはいません。あくまでも店先で食べてもらい、食べた後の棒と入れ物は店員に渡すと言った感じです。そもそも、私としては立ったまま物を食べると言う行為は子供の頃祖父から力いっぱい注意されていた記憶があるので、気が引けてしまうのです...

  • 内宮参拝の後

    五十鈴川を渡り切って俗世間に帰って来ました。そうそう、この日みかけたのは案内人。有料で(人数で料金が違う)伊勢神宮を案内してもらえる様です。また来年も来られたら良いです。この後は少し時間が早いのですが「おはらい町通り」に入ります。去年よりも人出は多いです。ワンワンも歩いていました。何故かこの日はオレンジ色の服を着た人が多かったです。おはらい町通りでは元純烈の(リリコの旦那?)がロケをしていました。...

  • 内宮から荒祭宮まで

    去年はこの上で撮影して警備員に停められたので今年はこの場所で撮りました。職場の旅行で来た時はこの場所で十何人で集合写真を撮ったのがうその様です。その時は、誰か知らない人にシャッターを押してもらいましたっけ。次の参拝は荒祭宮です。こちらの神様は諸々のお願い事を聞いてくださる神様なのです。だからか?皆さん正面でお参りするために順番に並んでいます。私は端っこで願いをお伝えしました。神様はどこからでもお願...

  • 内宮へ。

    五十鈴川にかかる宇治橋を渡ります。身が清められる気がします。まだ時間が早かったので、あまり参拝客はいません。酒好きの私はこの風景が好きです。誰か写真を撮っています。過去に職場の旅行を含めて3回内宮に来ていますがいつも天気は良いです。この日も快晴でした。国旗がはためいていました。こちらで手と口を清めて・・内宮に到着しました。天照大御神が鎮座しております。三種の神器の八咫の鏡をご神体としています。...

  • いよいよお伊勢参り。

    大阪難波から2時間弱で伊勢市駅に到着しました。ここで三重交通の「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」を1200円で購入。この日の三重交通バスは乗り放題です。駅前の木造三階建ての旅館。宿泊者以外は館内に入れない旨の紙が貼ってあります。勝手に入っちゃう人がいるのでしょうね。まずは外宮からお参りします。毎年1月に行っているのですが、この時もめちゃくちゃ寒かったです。外宮が見えて来ました。社殿内は撮影してはいけないの...

  • 近鉄でお伊勢参り。

    近鉄特急は中川駅を通過した様な気がします。朝早かったので記憶にありませんが。すでに松坂駅手前まで来ていました。が、信号が赤だったので踏切の上で止まっています。車の人はいらついていたようです。以前職場の旅行でお伊勢参りに行った時に昼ご飯を松坂で途中下車して(名古屋まで新幹線で来て名古屋からは近鉄)松坂牛を食べたのですが確か、このお店だったような気がします。すごく旨くてリーズナブルな価格でした。特急は...

  • 近鉄で伊勢へ。

    大和八木まで来た様です。新の口路線ですね。橿原線の新の口から直角交差する大阪線に入るための単線の軌道です。奈良の山ですが、よくわかりません。大和三山でしょうか。近鉄特急は「さかきばらおんせんぐち」で停まりました。下車客は一人でした。ここから温泉地まではかなり距離があるそうです。以前に来た時は津駅まで行って引き返した来たので賢島までどの路線を走るのか?不思議でしたが線路はデルタになっているのですね。...

  • 近鉄で伊勢参り。

    翌朝6時に大阪の友達がホテルのロビーまで来てくれていました。が、フロントの男性といざこざがあった様です。彼が私の名前を言って部屋に電話を入れてくれと言ったのに「当ホテルはそれは出来ない。」と言われたそうです。普通名前と住所と携帯番号まで言えば電話をつないでくれるはずなのですが、どうしてもフロントのその男性は繋いでくれなかったのです。友達は「別の人間を呼べ。」と言って違う女性が出て来て部屋に電話をく...

  • お伊勢参りの前に

    正宗屋からまっすぐにホテルには帰らずに、大阪らしい場所まで歩いて行きました。ラオックス・・トイレを借りました。くいだおれの店。今はお土産屋さんになっているのでしょうか。昔は人形が上下していたような・・はい。このグリコのネオンを撮りたくてここまで歩きました。道頓堀川に船が浮いていました。昔、大阪城の近くからこれに乗って、運河みたいなところを通り道頓堀まで来た記憶があります。...

  • 難波の夜

    19時くらいになってから宿を出てある場所・・に向かいました。私の所にいらしてくださる「くりみんさん」が難波で呑まれたと言うブログを見て決めたお店の正宗屋です。何故正宗かと言うと、かつて私の部下に正宗と言う名の職員がいたのですが、二人とも優秀な職員でした。まあ、それだけの事ですが、ブログの内容からするとかなりリーズナブルな価格のお店だと感じた次第です。まずは「うざく」ウナギですな。物価高騰の為にウナ...

  • 今年のお伊勢参りの旅

    私が過去に行った旅のほとんどをアップしてしまったので今年のお伊勢参りに行った時の旅をつづって行きたいです。まあ、他にも山登りシリーズなんてあるのですが、それはいつかと、言う事で。まずは羽田空港から飛行機で大阪に飛びます。大阪の友達が近鉄の特急指定券を買ってくれているんです。なので旅の始まりは大阪から。ラウンジで空弁をたべましょうかね。あわじやさん老舗です。4時の飛行機に乗りました。朝からこのお弁当...

  • ヤギと花?

    今日は何と、地元ネタです。私の所にいらしてくださる「さぶちゃん大魔王」さんがアップされていたので、どんな所か?気になったので晴れた日曜日に行ってみました。車同士は絶対にすれ違えない道。私は軽自動車だからそれなりに通れたのですが、大型の四駆だとちょっときついかもしれない場所にあります。安房郡鋸南町のやなの中。房総のチベットなんて言う人もちらほら。失礼。私は安房鴨川方面から行ったので、この場所で何度も...

  • 五能線の旅 秋田駅

    リゾートしらかみは時刻通りに秋田駅に到着しました。五能線の旅も終わりです。気動車が停まっています。男鹿に行くキハでしょう。秋田駅の改札を出たところです。こちらはあまり栄えていない方の出口です。以前、秋田出張の時に一日間違えて早く着いてしまいホテルが取れなくて、こちら側にあるネットカフェで一晩過ごしました。朝外に出たら、秋田駅のコンコースにあるベンチで寝ている女性がいて、びっくりしました。秋田出張の...

  • 五能線の旅 秋田空港から羽田まで

    まだしぶとく五能線の旅を語らせていただきます。が、今日で最後です。ほぼ蛇足的な内容ですが、ご勘弁ください。秋田空港はすっかり晴れていました。中部国際空港からのボンバルディアだと思います。今も飛んでいるのでしょうかね。B737がふわっと飛び立ちました。さらば秋田県。大きく左に旋回して日本海を見ます。すでに霞ケ浦あたりまで来ている様です。霞んでいますが、富士山と富津岬です。そして私が良く行く君津市にあ...

  • 五能線の旅 そろそろ終わりかも

    五能線の旅もそろそろ終わりに近づいてきました。東能代駅に到着しました。東能代からは奥羽本線を走ります。ここでスイッチバック。私の座っている場所が先頭車両になります。運転手が来るまで外にいられます。右が五能線で左が奥羽本線の線路ね。さらば五能線。奥羽本線の各駅停車と交換です。左側の山はゴルフ場でしょうか?貨物列車とすれ違います。また単線になりました。雪原に神社の様な建物があります。こういう風景は好き...

  • いすみ鉄道と桜

    昨日(土曜日)は気持ちよく晴れて、気温も20度近くまで上がった。やはりこんな日はバイクに乗って「いすみ鉄道と桜」を撮りに行きたい・・と、思い1時間半ほど走って上総中野駅までやって来た。バイクなら奥の桜の木の下まで行けるのだが、まあ、ここでいいか。予定よりも少し遅れて大原からのいすみ鉄道が上総中野駅に到着した。たくさんの乗客がいる。いつもこうなら良いのだが。この日は先回りして総元の駅で桜の中を走って来...

  • 五能線の旅 秋田に

    さて、五能線の旅の続きです。列車は日本海を見ながら南に走っているようです。あれは男鹿半島でしょうか。米代川を渡ります。雪の中に動物が歩いた足跡がありますが・・何処まで行ったのでしょうかね。能代駅に停車しました。能代はバスケットボールの街なんですね。...

  • 続 飯給の桜

    大雨の中、車で飯給まで行った次の日はピーカンのお天気でした。バイクの師匠が茂原までオイル交換に行くと言う事で私も同行させていただきました。ついでに私もオイル交換をしたんですけどね。これは一日前の写真。この日はすごく良い天気でした。いすみ鉄道の久我原駅から東総元駅間にある桜のトンネルも満開です。次の汽車が車で1時間くらいありますので、諦めて昼飯を食べに行く事にしました。この日のお昼は大多喜町にあるシ...

  • 小湊鉄道 飯給駅の桜 前編

    五能線の旅の途中ではございますが、たまにはライブみたいなネタを。一昨日の事です。雨の火曜日に飯給駅に行ってみる事にしました。飯給駅の桜はどんな感じなのだろう?と思いながらそのうちに雨もやむだろう・・的な発想で車を走らせたのですが、雨脚は強くなるばかりで飯給駅の踏切では下りの小湊鉄道が通過したばかりでした。駅の駐車場に滑り込めば、小湊鉄道と桜が撮れるかもしれない。何て、思っていたのですが、私の前に一...

  • あきた白神駅

    そうそう、マグロカツサンド?の写真がみつかりましたのでアップさせていただきます。私くらいになりますと、これ一つでは足りなかったです。しばらく同じような風景が続きます。また雲が近づいて来ました。まあ、これがこの季節は普通なのでしょうけど。あきた白神駅に到着しました。すでに青森県では無いのです。駅長さんが手を振ってくれていました。あきた美人です。...

  • 五能線の旅 十二湖まで

    ウエスパ椿山を出たら列車は東に進みます。岩崎漁港が見えました。太陽と雪雲が戦っているかのような天気でした。沖に浮かぶ島は汐が島です。線路と海が近いですね。波が来ることは無いのでしょうか?Gmapで調べたのですが、わからなかったです。十二湖駅に到着しました。...

  • 五能線の旅 マグロカツバーガー

    リゾートしらかみは深浦駅を出発しました。深浦からはマグロのフライを挟んだバーガーを売るお姉さんが乗り込んで来ました。丁度お昼時だったので買いましたよ。500円。外は雪は降っていないのですが、それなりの日本海が見られました。最終車両まで来たのですが、かなり売れ残っている様でした。すこし、このお姉さんとお話をしました。食べモノの写真がありませんが、この女性は次の駅でお迎えの車が待っていて、ピックアップさ...

  • 深浦に到着しました。

    リゾートしらかみは途中駅深浦に到着しました。ここで反対側から来たリゾートしらかみと交換です。反対側の車両は緑色のブナです。今更ですが、全車指定だったんですね。私、雪道に慣れていないので、こんな風に踏み固められたホームを歩いたのは初めてでした。怖かったです。...

  • 五能線の旅 深浦

    窓の外はいかにも冬の津軽地方と言った(私が勝手に想像している)風景を眺められました。迫力があります。少し前に渡った追良瀬川を越えたあたりは1972年に五能線の機関車が波によって削られた線路を走って脱線して荒波に突っ込んだ事故があった場所なんです。それだけ冬の日本海の風は強いのでしょう。砂浜が見えました。もうずぐ深浦駅です。あれは大岩と言う岩です。深浦駅に到着しました。...

  • 五能線の旅 深浦まで

    私は先頭車両と勘違いして反対側の座席を指定してしまいましたので車掌室から外を見ています。トンネルを出た所です。ここはどこなのか判明出来なかったです。驫木駅から深浦の間ですが、場所が特定できません。すでに地形が変わってしまっているのか?川があって小屋があって右の山があるのは追良瀬川の河口でしょうね。どうやら行合崎海岸まで来た様です。奇岩が次々と現れました。...

  • 五能線の旅

    寒いので列車に戻りましょう。戻ったら車内販売のお姉さんがいました。暖かいコーヒーでも飲みましょうかね。ちなみに、今は・・・リゾートしらかみは動いているかどうかはわかりませんが車内販売は撤廃したと、先日秋田に行った時に張り紙を見た記憶があります。この場所はG先生によりますっと鳥居埼灯台だと思われます。私は適当に撮って、あとでGマップで調べてみるのが好きです。道路の形状からするとそうでしょう。そしてこ...

  • 相模國一之宮

    津軽の旅の途中ではございますが・・先日と言っても3月の事ですが、三男坊が就職して住居を移動させたので相模國一之宮の「寒川神社」に八方避けに行って来た時の話です。前回お参りしたのはコロナ禍で、神社内にいたのはほんの数名だったのですが、さすがに昔の活気?を取り戻したようでした。この日はたくさんの参拝客が平日にもかかわらず、いました。社殿に入り御祈祷をしてもらい、お札を受け取り外に出ます。良い天気でした...

  • 千畳敷海岸散策

    リゾートしらかみは千畳敷駅に10時20分頃に到着しました。しばしこちらで停車します。クマゲラの顔です。なんだか薄汚れている様でもあります。雪が積もっている海岸を歩いて行きました。隆起してから200年の記念碑が建っています。これが千畳敷海岸ですか。これ以上行くと波しぶきを浴びてしまうのでここで退散。昔ここで殿様が宴会を開いたそうな。寒い中たたずむカップル。振り返るとクマゲラが見えました。...

  • 千畳敷駅まで

    列車は日本海が見える場所まで走って来ました。この列車は雪や風雨の為に運休する事がよくあるそうです。行かれる人はその日の運行状況や運転日を確かめてからにしてくださいね。海岸沿いに道路があります。雪は積もってはいない様です。海は時化ている様です。風も強そう。橋と海岸の形からですが、陸奥赤石を出たあたりでしょう。リゾートしらかみは千畳敷駅に到着しました。この駅で30分くらい停車します。寒い。...

  • リゾートしらかみでの津軽三味線の演奏

    津軽三味線の演奏が行われていると言う先頭車両に異動しました。全ての人が聞きに来ているわけではないので、容易に前方の座席を確保することが出来ました。ようつべで。かなり列車が揺れていますのでご覧になるかたはご注意ください。8分27秒もありますが。まあ この時からカラオケの十八番は「望郷じょんから」になりました。演奏が終わり、自席に戻りました。日本海が見えました。...

  • リゾートしらかみの続きです。

    これがクマゲラ車両のお顔です。最後尾からの撮影ですが。リゾートしらかみは五所川原駅を出発しました。五所川原から東能代までは反時計回りで路線を走る形になります。これはグループ車両。私の座席は一番前(東能代までは最後尾)ですが、その更に前にこんなマニア向けの座席があります。これが私の座席です。おひとり様用。再度、かぶりつきの座席を。アナウンスで「今から津軽三味線の演奏を最前の席で行う。」旨の案内があり...

  • リゾートしらかみに乗る

    秋田までの五能線経由の切符を買って五所川原駅の中に入ります。こんなものが普通にあるのですね。津軽鉄道のホームには昨年乗ったメロスが停車中でした。後ろがストーブ列車ね。リゾートしらかみが入線してきました。リゾートしらかみの「くまげら」車両です。五能線はスイッチバックするのをすっかり忘れて先頭車両だとばかり思って、予約した座席は五所川原駅から能代までは最後尾でした。...

  • 五所川原の夜の続きです。

    店を出tて、とぼとぼと歩き始めました。雪の道は慣れていないので、慎重に前に進みます。こんなラーメン屋さんがありました。〆のラーメンと行きたいところですが、さすがに食べ過ぎました。ホテルの部屋には10時過ぎに入りましたよ。何故か落下性が机の上にありました。落花生って千葉の名産なんですが。そして朝。朝食は最上階のレストランでいただきました。去年と同じですが。このホテルの朝食は良いです。晴れていれば、この...

  • 五所川原の夜

    7時の津軽三味線の演奏に間に合う時間に「だだん」に行ったのですがあれ?電気が点いていませんよ。この日は金曜日。だだんは営業を止めてしまったようでした。一旦ホテルにチェックインして、近所にあるおすすめの店を聞きました。青森の酒が飲みたいと言ったら、このお店を紹介してくれました。しかも、ビール一杯無料券まで付けてくれました。この日はしこたま飲んでしまって、料理の名前は憶えていません。書いておけばよかっ...

  • 青森空港から五所川原

    画像が前後しますが羽田空港の天気です。こちらは青森空港に着いた時に撮った飛行機の写真です。青森空港から弘前までのバスに乗っているのですが、すみません。書きかけです。...

  • 青森空港へ

    飛行機は北に飛んでいます。雲が出てきましたね。冬の東北地方の上空です。この形の湖は桧原湖でしょう。その後、ずっとこんな感じで雲の上を飛んでいました。高度を下げて飛んでいるので、そろそろ青森空港到着でしょう。雪の中に線路が見えました。はい。青森空港に到着しました。ここからはバスで弘前まで移動します。これはすぐに出発する青森行きのバスです。あとで、これに乗れば良かったと後悔してしまいました。弘前行きの...

  • JAL147便 青森空港行き

    午後3時という中途半端な時間帯に飛ぶ青森行きですが多くの乗客が乗っていました。この日は前方にあるシートに座わった様です。さらば羽田空港。東京はすごく良い天気でした。この写真からですと羽田空港のC滑走路を北側に飛んだのでしょう。横風用の滑走路を左に見ています。お台場が見えました。寄ってみましょう。昔のお台場はこんなでした。東京スカイツリーも見えます。この便で富士山も見えました。この場所は中禅寺湖でし...

  • 二度目の五所川原の旅 羽田から

    本日より「二度目の五所川原の旅」シリーズを掲載させていただきます。何故五所川原か?と言うと、前回五所川原で行った飲み屋さん「だだん」でまた津軽三味線の演奏を聞きたいと思ったからです。前回の旅から1年が過ぎています。コンデジの記録だと2017年1月となっていました。この時も東京出張に合わせての旅でした。チャチャっと仕事を済ませて空港へ向かいます。が、出張先でお土産として渡されたのはこのセット??え・ハサミ...

  • 横浜まで自転車を取に行った話 最後

    はい。横浜までチャリを取に行った話の最後です。この日乗ったのは東京湾フェリーの「しらはま丸」です。私が小学生の頃にこのしらはま丸は就航を始めました。それまでは「くりはま丸」と「かなや丸」の就航でしたがこの船が出来てから3隻で運行をしていました。が、今は久里浜丸はフィリピンに売られて行ったとか・・そんな噂を聞きました。しらはま丸は現在黒船塗装を施されています。ペリーが日本に来て百何十周年だからだと言...

  • 横浜まで自転車を取に行った話5

    京急久里浜駅に帰って来ました。この駅は上りのエスカレーターはあるのですが、下りは階段で降りなければなりません。多分ホーム階までのエレベーターもあるのですが約18キロある自転車をかかえて階段を降りました。バス乗り場までは得れべーターで。バスに折り畳み自転車を乗せていいのか?聞こうと思ったら何と、案内所は昼休み中でした。ロータリーにいた停車場の案内のおっちゃんに自転車は載せられるの?と聞いたら「たたんで...

  • 横浜まで自転車を取に行った話4

    終着駅三崎口駅。隣に停まっている電車が3分後に発車しますが自転車を持って階段を駆け上るのも面倒なので20分ほど待って乗って来た電車で京急久里浜まで帰ります。前面が塩で汚れてしまったのでしょうか?掃除をしていました。車両は都営浅草線の車両です。来るときは気が付かなかったのですが、こんな車両もありました。ちなみに自転車はこの大きさです。あっ。ここは子育て応援スペースでしたか。退散しましょう。京急久里浜...

  • 横浜まで自転車を取に行った話3

    無事に自転車をバックに収納して京急三崎口行の快特に乗る事が出来ました。しかし、この季節は東京湾フェリーが閑散期で2時間に一便しか運航していません。今、久里浜港に行くと2時の便には間に合わずに4時の便になってしまうかもしれない・・そう思った私はまだ行ったことの無い三崎口駅まで京急に乗ってみることにしました。子供の頃の我が家のレジャーと言えば、東京湾フェリーに乗って久里浜まで行きその後バスで京急久里浜に...

  • 横浜まで自転車を取に行った話2

    はい。金沢八景駅で降りました。八景にはハトコの家があり、高校生の頃はよく日帰りで遊びに来たものです。もちろん船に乗って京急線で来るのですが、当時内房線には有料の特急(今でも)や急行列車が走っていて、京急の特急とか特別快速とかは有料だと思って普通電車で久里浜から金沢八景まで来ていました。すごく時間がかかったのを覚えています。ハトコの家は八景駅裏の山の中腹にあり、そこまで登って行くのに一苦労しました。...

  • 最近のネタ 横浜まで自転車を取に行った話。

    先日、三男が大学を卒業して働きはじめるために転居したのです。大学時代に借りていたワンルームマンションにまだ自転車が置いてあると言うので、フェリーに乗って自転車を取に行った時の話です。朝、浜金谷港の駐車場に行くと、すでに満車状態でした。近くに東京湾フェリーの会社が契約している駐車場(有料600円)があるのですが軽トラに乗った老人が駐車場内にいて「出るの?」と聞くと「駐車場はあっちだ。」と言って有料駐車...

  • 琵琶湖沖島の旅最終回

    約3週間にわたり展開して来ました「琵琶湖沖島シリーズ」も今日が最後です。最後だからと特に何かあるわけではありませんが。レンタサイクルのお店で「鮒ずし」の美味しいお店は何処か?聞いたら、ここだと言われて行ってみました。来るときと違う駅の出口の方です。でも、値段と見た目だけで判断してしまって、買うのをやめてしまいました。皆さまの書き込みで「旨い」と評判なので、次回行ったら買ってみたいです。こちら側は後...

  • 能登川水車

    能登川水車が見えましたので、回り道になりますが行ってみました。なるほど。ふるさと創生事業ね。公園になっています。たくさんのお子様連れのママさんたちがいました。私のようなものが近づくと不審者と思われてしまうかも?とか思いながら公園に入らなければならないのは哀しいです。こんなに大きな水車があります。公園を去ります。小さな橋を渡って行きました。びわ湖芦笛ロードですか。う~ん。平和です。水車が遠くになって...

  • 能登川駅に帰ります

    昨日、私が利用しているプロバイダーからメールが来て「何件か届いていないメールが有るので、こちらからログインして確認してください。」と書いてあったので、ログインしようとパスワードを入れても全然ダメでした。私が利用しているのは、すごく小さな、街プロバイダーの様なもので例えるなら与那国にあるドクターコトーの診療所くらいの建物にある会社なんです。不信に思ってプロバイダーに電話してみると・・・「あっ、パスワ...

  • さらば沖島。

    沖島を14時に出る船に乗りました。約1時間半くらい沖島にいた事になります。当然同じ船。船は後退して離岸しました。さらば沖島。180度方向を変えて堀切港に行きます。自分の家の前に船が有るのは理想ですね。我が家は港から遠かったので、子供の頃はリヤカーを引いて20分くらい歩かされました。沖島小学校が小さくなってゆきます。さらば沖島。往路では気が付かなかったのですが・・園児からのプレゼントでしょう。堀切港が近づい...

  • 沖島散策のラスト

    再び沖島の地図です。沖島を去る前にもう一度西福寺にやって来ました。誰もいません。住職と客はどこかに行っているのでしょうか?島に唯一の自販機です。この日の私はこの自販機で飲み物を買って飲んだだけでした。色々とお話を聞かせていただいた公民館。再び港の漁業会館に帰って来ました。漁業会館の近くには立派なトイレがありました。お土産コーナーには漁業女性部のおば様が魚の佃煮を売っていたので、二つ買って帰りました...

  • まだまだ沖島散策

    沖島の散策に戻ります。ここがメインストリートです。でも本当に細い路地です。家の前にも消火栓の設備があります。車はこの島には無いのですが、駐車禁止です。振り向いたところ。旧沖島小学校の石段が見えます。メインストリートを進みます。第一島人発見。って、先ほど公民館の人と話をしていますが。通に面した玄関の先にお風呂とかトイレがあります。これは40年くらい前に下水道が整備された時に改めて道路に面した場所に風呂...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、闘将ボーイさんをフォローしませんか?

ハンドル名
闘将ボーイさん
ブログタイトル
風香る丘
フォロー
風香る丘

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用