searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/maruo5278
ブログ紹介文
田舎から札幌に移り住んで3年。田舎人の視点を失わずに、大都会札幌を見て!観て!視て!レポートします。
ブログ村参加
2010/03/26
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、田舎おじさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
田舎おじさんさん
ブログタイトル
田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
フォロー
田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!

田舎おじさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 札幌景観資産⑲  指定第27号 「旧市民会館前のハルニレ」

    さすがにこの時期のハルニレの木は葉を落としていた。しかし、樹齢300年を誇る古木は堂々として札幌の中心地に立ち、札幌の発展を見守ってきたかのように存在感十分に屹立していた。私の「札幌景観資産」巡りもいよいよゴールが目前に迫ってきた。(残りは本日分も含めて3件である)当初は、葉を落としてしまったハルニレは来年夏になってからレポートしようとも思ったが、一応年内に一応のゴールを見たいと思い、敢えてこの時期にレポートすることにした。と思ったのだが、過日残されていた「旧藻岩第一浄水場」に行ったところ冬期間閉鎖ということ取材できなかった。そこで今回のハルニレも含めて残り3件は来年改めて取材し、レポすることにしたい。資産名として「旧市民会館前」となっているが、現在地名からいうと「札幌市民ホール前」とした方が適当では?と思われ...札幌景観資産⑲ 指定第27号「旧市民会館前のハルニレ」

  • 今冬で初めての雪景色

    札幌では今朝の未明から雪が降り始めたようである。朝起きてみると、辺りの風景はすっかり真っ白に様変わりしていた。「雪が消えてしまわないうちに…」と、朝食を終えた私はさっそく札幌のマチに飛び出した。「ようやく…」と言っていいのだろう。雪国札幌にもようやく本格的な雪が舞った。師走を迎えたというのに、昨日までの札幌のマチにはほとんど雪を見ることができなかった。このことは今年だけの現象ではなく、近年はある意味当たり前のような光景になっていた。しかし私たちが子どもの頃には、12月といえばもうあたり一面はすっかり雪景色となっているのが当たり前の光景だったのに…。地球の温暖化を実感せずにはいられない現象である。そこで、今朝の札幌の雪景色をカメラに収めようと、私にしては珍しく朝早く外へ飛び出した。(と言っても近代美術館の前庭の扉...今冬で初めての雪景色

  • 映画 №331 80日間世界一周

    イギリスを皮切りにフランス、インド、香港、横浜、アメリカ…と、各国を訪ね歩く典型的なロードムービーであり、内容的にはコミカルな内容は観ている者を楽しませてくれた映画だった。この映画は11月11日(木)、BSプレミアムで放映されたものを録画して視聴したものである。映画は1956(昭和31)年に制作されたが、第29回アカデミー賞の5部門を受賞した作品である。ストーリーは映画が制作された1956年からさらに80数年遡った1872年に書かれた小説が原作である。当時はまだ旅客機など無い時代の世界一周の話である。(ライト兄弟が飛行機を発明したのは1903年である)そんな時代にイギリス紳士で主人公が所属する社交クラブで「80日間で世界一周できるか」という賭けを行い2万ポンドが賭けられる。主人公である資産家のフォッグ(デビット...映画№33180日間世界一周

  • 札幌景観資産⑲  指定第24号 「旧藪商事会社ビル」

    札幌市の都心近くにやや古風ではあるが、存在感をたたえたビルが建っている。同じく札幌景観資産に登録されている「岩佐ビル」よりはるかに早い大正年代に建てられたコンクリート造りのビルがいまだ現存しているのは貴重である。「旧藪商事ビル」は札幌都心に近いこともあり、これまでも何度も傍を通っていたので簡単に行けると考えていた。ところが今回、ビルを見つけるのに意外に手間取ってしまった。というのも、私はもともとのビルの壁の色の赤茶色のビルを探していたのだが、実際には乳白色の壁に変わっていたのだ。その他は建築時と変わっていないと思われ、窓枠が鉄製のものが使われているなど、往時を偲ばせる造りだった。※これが現在のビルの壁の色です。※以前のビルの壁の色はこのように赤茶色の壁でした。(ウェブ上の写真から拝借)※ビルを正面から撮ったとこ...札幌景観資産⑲ 指定第24号「旧藪商事会社ビル」

  • NHK番組技術展を見る

    NHK札幌放送局の新放送会館オープン記念として「NHK番組技術展」が開催され、NHKが誇る最新の放送技術の一端が公開された。機械音痴、技術音痴の私にはちんぷんかんぷんのことが多かったが、技術の進歩は細部に及んでいるようだ。11月27日(土)・28日(日)の両日、NHK札幌放送局の新放送会館のオープンを記念して「NHK番組技術展」が開催された。私は先日「8K受信公開」に参加し、新放送会館の一部を体験していたが、さらに違うところも見学できるのではとの期待から28日(日)に覗いてみることにした。結論を先に記すと、私の期待は裏切られた。公開されたのは1階のロビーだけで、どうやら今後も視聴者が自由に入退できるのは1階のロビーだけのようである。その1階ロビー部分には所狭しといった感じでブースが設けられ、NHKが誇る新技術の...NHK番組技術展を見る

  • 最後まで魅せてくれた今年の日本シリーズ

    結局、今年の日本シリーズはヤクルトスワローズが4勝2敗で日本一を決めたのだが、昨夜の対戦も延長12回、5時間強に及ぶ接戦は最後の最後までどちらに勝利が転がり込むのか分からない手に汗握る接戦だった。今年の日本シリーズは最後まで魅せてくれた接戦・熱戦だった。正直に言って一昨日に日本シリーズの話題を投稿した際に、「もう野球の噺を取り上げなくてもいいかな?」と思っていた。しかし、昨夜のようなしびれる試合を見せつけられると、取り上げないわけにはいかなくなった。本当に今年の日本シリーズは最初から最後まで野球ファンを魅了し続けた対戦だったのではないか。例えひいきのチームが敗れたとしても…。第5戦までの戦いについては一昨日の投稿でざーっと振り返ったので、ここでは昨日の対戦にだけフォーカスして振り返ってみたい。まずはオリックス先...最後まで魅せてくれた今年の日本シリーズ

  • 裁判員制度の現状を知る

    我が国の「裁判員制度」は平成21(2009)に始まったという。以来12年目を迎えているのだが、これまでに約10万人の国民が裁判員・補充裁判員として裁判に参加しているそうだ。その中で明らかになった「裁判員制度」の現状を聴いた。昨夜(11月24日)、札幌市資料館(旧札幌提訴院)において札幌地方裁判所主催の司法講座「裁判員制度の現状」を受講した。スピーカーとして裁判官、検察官、弁護士各1名、それに裁判員経験者2名、補充裁判員経験者1名の計6名が登壇し、現状を語った。※講座中の写真はNGだったので、講義前に会場を写しました。最初に裁判官の方が裁判員制度の概要、特に札幌地方裁判所のこれまでの状況について説明された。それによると、裁判員制度は6人の裁判員と3人の裁判官によって刑事裁判に立ち会い、被告人が有罪か無罪か、有罪の...裁判員制度の現状を知る

  • 今、プロ野球日本シリーズが面白い!

    全7試合という短期決戦がそうさせるのだろうが、プロ野球日本シリーズはこれまでも数々の名勝負があった。それらの過去の名勝負に優るとも劣らないスリリングで観ている者にとって非常に面白く楽しい日本シリーズが今展開されている。今、ヤクルトvsオリックスの対決から目が離せない。今年の日本シリーズの対決がヤクルトとオリックスと決まった時に、私はそれほどの期待は抱いてはいなかった。ただ、アメリカ大リーグの方式をそのまま導入したとはいえ日本シリーズ進出チームを決めるクライマックスシリーズの方法は球趣を盛り上げる方法としては素晴らしい方式だと思う。スポーツ好きの私としては、クライマックスシリーズからほとんど逃さずにTV中継で観戦を続けてきた。その結果、ヤクルトもオリックスも対戦相手を圧倒して(両チームともに3勝1分で)勝ち上がっ...今、プロ野球日本シリーズが面白い!

  • 札幌景観資産⑱  指定第20号 「エドウィン・ダン記念館」

    「エドウィン・ダン記念館」は南区真駒内地区の外れにあるエドウィン・ダン記念公園の一角に瀟洒な佇まいで建っている。記念館はダンがこの地に拓いた牧牛の種畜場の事務所として建てられたものを、ダンの業績を顕彰するために記念館として保存されているものである。※エドウィン・ダン記念館の正面です。エドウィン・ダンは北海道開拓使時代にお雇い外国人の一人として主として酪農指導のために北海道に着任したが、卓越した指導力を発揮して北海道の畜産・酪農業の発展に貢献し、後には外交官として再来日して日米の親交に尽くして日本で最期を迎えた方として知られている。※別角度から撮った記念館です。記念館は明治9年にダンの指導のもと開拓使真駒内牧牛場として創設された際に事務所として建てられたものを、後年現在地に移築し記念館として活用されているものであ...札幌景観資産⑱ 指定第20号「エドウィン・ダン記念館」

  • DVDフォーラム「持続可能な環境を目指して…」 Vol.2

    アル・ゴア前米国副大統領がナビゲートする映画「不都合な真実Ⅱ」では、地球の温暖化がますます進行している現状を写し出した。温暖化阻止の対策は「待ったなし」とも思えるのだが、そのことに異論を唱える考えが存在する現実も写し出した映画だった。私が所属する「めだかの学校」では、今年下半期の学びの一環として映画やDVDを利用して環境のことを学ぶ「持続可能な環境を目指して…」と題しての学習を続けている。22日(月)は、その第2回目として映画「不都合な真実Ⅱ放置された地球」を題材として視聴した。本作はまず前作の「不都合な真実」から10年経った世界の現実を写し出すものだった。衝撃的なシーンは、グリーンランドの氷が凄い勢いで溶けだしている現状、他方アメリカのマイアミが見舞われた大洪水の状況、インドでは高温のためにアスファルトが溶け...DVDフォーラム「持続可能な環境を目指して…」Vol.2

  • 泣ける話、泣いた話  アンガールズ田中卓志の話

    Yahooニュースをかなり愛読している。昨日、お笑いコンビの「アンガールズ」の田中卓志さんのエピソードが載った。そのエピソードを読んでいるうちに胸が熱くなり、読み終えた私の目には涙が浮かんでいた…。私のニュースソースは他の方々と同様に新聞・テレビが主である。そうした中、最近はちょっと時間が空いた時などにスマホのYahooニュースに目をやることが多くなってきた。Yahooニュースは政治や経済ネタより、芸能やスポーツネタが多いように思われるが、空いた時間に見るには肩が凝らなくて良いということも目をやる理由である。※お笑い芸人の田中卓志さんです。そんなYahooニュースに昨日「スタジオ中が涙アンガ田中がバラエティ番組でみせた母親への愛情」という話題が載っていた。アンガールズの田中さんたちの漫才?コント?を見ることはほ...泣ける話、泣いた話アンガールズ田中卓志の話

  • NHK札幌放送局の新社屋で8K大画像を観る

    その画面280インチ、目測で縦4m、横6mは優にあったと思われる大画面は迫力十分だった。しかも細密な画面は驚くばかり、映画を観ているのとまったく変わりのない美しい画面を堪能した!※北1条西9丁目に新築されたNHK札幌放送局の全景です。昨夜(21日)午後6時から未来への17action×NHK音楽祭2021「地球の未来コンサート」という8K向け番組が東京から放送されたものを、新装なったNHK札幌放送局の「8K公開スタジオ」で受信公開するという催しに参加した。「8K公開スタジオ」はNHK札幌放送局の新社屋の1階ロビーの最奥部に位置していた。私が入場したのは時間前だったのだが、8K向けのビデオ(と思われる)が流されていた。内容は高野山の風景や宝物などを写し出したものだったが、映画と見紛うような美しい画面に驚かされた。...NHK札幌放送局の新社屋で8K大画像を観る

  • 札幌景観資産⑰  指定第8号「八紘学園栗林記念館」 & 指定第9号 「八紘学園資料館」

    八紘学園は1933(昭和8)年、北海道の農業人を育成することを目的に設立された私立の専門学校である。(現在は北海道農業専門学校)その八紘学園に関係する二つの施設が札幌景観資産に指定されている。「八紘学園栗林記念館」は、別称「吉田善太郎別邸」となっている。しかし、そもそもは八紘学園創設者の栗林元二郎の自邸だったようだ。このあたりはやや複雑なのだが、詳しくは判然としないが、私は次のように推理した。この建物は1909(明治42)年に建設されている。建設当時は吉田善太郎氏の別邸だったのだろう。ところが吉田氏は1916(大正5)年に没している。その後の1933(昭和8)年に栗林元二郎氏が八紘学園を創設しているのだ。八紘学園の創設に当たり、栗林氏は吉田氏が所有していた農地を購入して創設したことから、吉田氏の別邸を自邸として...札幌景観資産⑰ 指定第8号「八紘学園栗林記念館」&指定第9号「八紘学園資料館」

  • 札幌景観資産⑯  指定第19号 「札幌聖ミカエル教会」

    キリスト系の教会としてはとてもユニークな形をした教会だった。正面から見える大屋根の勾配が途中で変化する形や、ガラス窓に張られた幾何学模様の切り出した和紙がまるでステンドグラスのような効果を発揮していた。「札幌聖ミカエル教会」は都心からはかなり離れた北19条に建てられていた。このあたりは明治、大正時代にはまだそれほど発展していなかったと聞くが、建設年が昭和35年というからもう住宅がいっぱいに建っていて市街地が形成されていたのだろう。※「札幌聖ミカエル教会」の正面です。その住宅街の中にひと際ユニークな外観を見せる「札幌聖ミカエル教会」が建っていた。建物全体はレンガ造りなのだが、正面から見ると屋根の形が途中から傾斜が変わっているのが一つの特徴だった。また、建物正面のガラス面に白い幾何学模様が施されていた。それは和紙を...札幌景観資産⑯ 指定第19号「札幌聖ミカエル教会」

  • 映画 №330 クリフハンガー

    希代のエンターテナーであるシルベスター・スタローンが放った会心の一作と称しても過言ではないほど楽しめた映画だった。「ロッキー」、「ランボー」などと同様に観客を徹底的に楽しませるというスタローンの想いが満載の映画である。※タイトルにナンバーリングを付けているが、この数字は私が2007年に札幌に転居後に観た映画の通算の映画の数である。「映画は最高のエンターテイメント」と考える私にとって、これからも有料・無料にかかわらずできるだけ映画を観ていこうと思っている。この映画は11月8日(月)、BSプレミアムで放映されたものを録画して視聴したものである。コロナ禍以来、それまでテレビ放映された映画やレンタルビデオの映画は私の映画歴にカウントしていなかったのだが、映画館やイベントでの映画観賞が出来なくなったことから止むを得ず、自...映画№330クリフハンガー

  • 晩秋のサッポロのマチ点描

    初雪の便りも直ぐ近くまでやってきている。そんなサッポロのマチの代表的な緑のスポットを巡り歩いてみた。北海道立近代美術館前庭、北海道知事公館庭園、そして大通公園の晩秋の様子を巡り歩いた。ここ10日ほど足の調子が悪く、外出を極力控えてきた。(11日、12日のビジネスEXPOは痛んだ足を引きずって参加したが…)まだ完治はしていないが、都心に所用があったので運動不足解消を兼ねて徒歩で街中に向かった。その途中で上記の三ヵ所を巡り歩き、晩秋の様子をスケッチしてみた。◆北海道立近代美術館前庭近美の前庭には大木がたくさん繁っている。それらの大木のマツ類などの常緑樹を別にしてほとんどは葉を落としていた。ちょっと寂しい光景ではあるが、冬を越すための広葉樹の知恵であろうか?前庭内を移動したところ、カシワの木の落ち葉が大量に重なってい...晩秋のサッポロのマチ点描

  • 森保ジャパン2位浮上! しかし…WCアジア最終予選

    本日未明、適地オマーンのマスカットスタジアムでWCアジア最終予選の第6戦(全10戦)の対オマーン戦が行われ、日本は1対0で勝利したことで勝ち点12となりWC自動出場圏内の2位に浮上した。しかし…。本日(17日)未明、日本時間で午前1時に遠くオマーンのマスカットスタジアムで日本のWCアジア最終予選第6戦のキックオフの笛が吹かれた。いつものように私はテレビの前に陣取って、眠い目をこすりながら森保ジャパンの戦いを追った。テレビの解説者は元日本代表監督の岡田武史氏と元日本代表の佐藤寿人氏の二人だった。※対オマーン戦、森保ジャパンの先発イレブンです。私にしては珍しくこの一戦の先発メンバーを記してみる。GK権田、DF(左から)長友、富安、吉田、山根、MF(同じく左から)田中、遠藤、柴崎、WG左南野、右伊東、そしてFWは大迫...森保ジャパン2位浮上!しかし…WCアジア最終予選

  • 札幌景観資産⑮  指定第25号 「髙城(たかぎ)商店」

    「髙城商店」は11月8日にレポした「北海湯」と指呼の距離に古色蒼然とした趣で建っていた。昭和初期から酒屋を営んでいたそうだが、現在は廃業していることも手伝い、壁面はツタの葉に覆われてもいた。「北海湯」の建物を発見するのに少々時間がかかったが、「髙城商店」の方は「北海湯」の写真を撮っているうちに視界に入ってくるほど近い同じ東8条通りに面して建っていた。※「北海湯」の方から眺めた「高城商店」です。建物は木造であるが、酒屋を廃業したからだろうか?ツタの葉が屋根まで覆っていて、そのことが一層建物の古さを強調しているように思えた。建物の横には例によって〈札幌景観資産〉の表示が立てられていたが、そこには「三角屋根と下見張りの外壁は、頑丈な造りでゆがみや傷みが殆ど見受けられず、堂々とした風格のある木造の和風商店建築である。壁...札幌景観資産⑮ 指定第25号「髙城(たかぎ)商店」

  • 稲葉篤紀氏 五輪優勝を語る

    大きな仕事を成し終えた稲葉氏の言葉は自信と誇りに満ちていたように見えた。オリンピック開催国で優勝という至上命題を見事に果たした稲葉氏の周到なチームマネジメントの奥義を聴いた。11月12日(金)「北海道ビジネスEXPO2021」と併行開催されたセミナーの最後を飾ったのは、東京オリンピックで日本代表を率いて優勝を飾り、このほど日本ハムファイターズのGMに就任した稲葉篤紀氏が「チームマネジメント」と題して特別講演を行ったのを聴いた。稲葉氏は前日まで沖縄県国頭村で行われていた日本ハムの秋季キャンプを視察・指導していたが、この日のために帰道して講演に臨んでくれたようだ。さすがに時の人である。受講希望者が多数だったこともあって、私は主会場ではなく別室に設けられたモニターで稲葉氏の講演を聴くことになった。稲葉氏はまず自身が仕...稲葉篤紀氏五輪優勝を語る

  • 時代は進化し続けている…(EXPOセミナーから)

    時代は確実に進化し続けている…、このことを痛感させられた今回の「北海道ビジネスEXPO」での一連のセミナーだった。そして、私はこうした波に乗り切れていないな、ということも感じさせられた。しがって一つ一つのセミナーを私の言葉でレポする自信がない。そこで私の印象を綴ってお茶を濁すことにする。今回私が参加したセミナーについては拙ブログの4日前の投稿で紹介しているが、特別講演の日本ハムGMの稲葉氏の特別講演を除いて、4つのセミナーについては私は詳しくレポする自信がない。その4つのセミナーとは…◆ワーケーション普及セミナー◇講演「ニューノーマルの新たな働き方」富士通(株)統括部三川真奈氏◇事例発表◇トークセッション◆地域創生・人材育成セミナー「SDG’s時代を担う人材育成」(株)BarbaraPool代表取締役井上祐巳梨...時代は進化し続けている…(EXPOセミナーから)

  • 水素社会普及へのトヨタ自動車の取り組み

    水素エンジンの自動車と一口に云うが、実は大きく二つに分かれていることを知った。脱酸素を目ざし水素社会の実現に向けて奮闘するトヨタ自動車の開発責任者のお話に耳を傾けた。「北海道ビジネスEXPO2021」と併行して開催されたビジネスセミナーの第1弾は基調講演として「脱炭素における水素社会の実現に向けて~水素社会普及へのトヨタ自動車の取組み」と題してトヨタ自動車(株)FC事業領域統括部長の濱村芳彦氏が講演された。まずリード文でも触れた水素エンジンのことであるが、興味のある方にとっては常識的なことなのだが、二つの方向性があることを私は初めて知った。一つは、水素と酸素の化学反応によって発電したものを燃料電池として蓄え、その電気エネルギーを使ってモーターを回して走る自動車のことで、燃料電池車(FCV)とも呼ばれている自動車...水素社会普及へのトヨタ自動車の取り組み

  • ベトナムに辛勝 森保ジャパン WCアジア最終予選

    昨夜、私にとって懐かしのハノイのミーディン国立競技場で行われた対ベトナム戦は、1対0という最少得点差で辛くも森保ジャパンが勝利を得た。不満が残る内容ではあるが、ひとまず一歩前進といったところか?※対ベトナム戦の先発イレブンです。昨夜も私は一人テレビの前に陣取って、遠くベトナムで行われたWCアジア最終予選の対ベトナム戦を見入った。森保ジャパンにとっては格下とも見られていたベトナムだったが、そんなことはなかった。しっかり守備を固め、時折り“あわよくば”的に遠くからロングシュートを時折り狙ってくる戦法は観ている私をヒャッとさせる場面がけっこうあった。※その用兵・戦法について外野の評価が姦しい森保監督ですが、彼を信じましょう!結局この試合は、前半17分に日本がボールを持つとスピードスターの伊東選手が猛然とダッシュしてゴ...ベトナムに辛勝森保ジャパンWCアジア最終予選

  • 北海道ビジネスEXPO2021

    毎年開催を楽しみにしている「北海道ビジネスEXPO2021」が今日・明日の日程で、開催されている。私は各企業が出展する展示にも興味があるが、それより同時開催されるビジネスセミナーが楽しみで毎回参加している。「北海道ビジネスEXPO」は北海道最大級のビジネスイベントとしてすっかり定着し、今年で35回目だという。私はこのところ毎年のように参加しているが、昨年はコロナ禍のためビジネスセミナーがリアル講座ではなかったこともあり、参加しなかったので2年ぶりの参加ということになる。上述したように私が楽しみにしているのは展示会と同時開催しているビジネスセミナーを聴くことである。今年のビジネスセミナーのラインナップは二日間で計9本の講演・セミナーが用意されているが、私はその中から二日間で6本の講座・セミナーの受講を申し込んだ。...北海道ビジネスEXPO2021

  • スノーボードで北海道の魅力発信!

    講師を務めた宮武祥子氏はプロスノーボーダーらしく自らの選手生活を、スノーボードの魅力を、そしてこれからの未来を、快活に、ポジティブに語った。※「ほっかいどう学」かでる講座で講演する宮武祥子氏です。前回からリアル講座として復活した「ほっかいどう学かでる講座」の第9回講座が昨日午後開講された。今回は「スノーボードで北海道の魅力発信!」と題して道内でプロスノーボーダー(アルペンスノーボード)として活躍する宮武祥子氏が講師を務めた。私はスポーツに興味・関心があり、スポーツ界のことについてそれなりに知識のある方だと自認していたのだが、宮武祥子氏のことについての知識はなかった。彼女は現在34歳(と自らの履歴の中に表記している)ですでに第一線を退いているが、現役時代は真剣に五輪出場を目指していた選手である。アルペンスノーボー...スノーボードで北海道の魅力発信!

  • 映画 №329 たそがれ清兵衛

    第26回(2002年度)日本アカデミー賞のほとんどの部門の最高賞を受賞したという作品であるが、その評価も十分に納得できる素晴らしい内容であり、出演者たちの演技だった。監督・山田洋次氏の一つの到達点とも思える作品だった。私が所属する「メダカの学校」では今季(2021年度後期)藤沢周平原作の映画を連続観賞することにしている。昨日(11月8日)はその第2回目として「たそがれ清兵衛」(2002年公開)が取りあげられた。私は当初、映画は藤沢周平書き著した「たそがれ清兵衛」そのものを原作とした映画化と理解していた。だから私は原作を何度も読み返し観賞に臨んだ。果てして原作で10頁足らずしかない内容をどのように映画化するのだろうか、と…。ところが山田監督が書き下ろした脚本は、藤沢周平が著した「武光始末」、「祝い人助八」、そして...映画№329たそがれ清兵衛

  • 札幌景観資産⑭  指定第18号 「北海湯」

    「北海湯」は赤れんが色の三角屋根の外観が特徴の建物である。明治、大正の頃にはかなり目立った建物だったのでは?と想像される。現在はBARとして活用されているとのことで内部見学は叶わなかった。「北海湯」の建物を見つけるのにはやや苦労した。というのも、ガイド本などでは「札幌駅から創成川を越えて元村街道と呼ばれていた斜めの通り沿いある」となっていたので、現在は「ファイターズ通り」とも称されている斜めの通りを歩いたのだが、それらしき建物を発見することができなかった。何度も周囲を行き来した結果、「北海湯」は斜めの通りではなく、その裏側の通り沿いで発見することができた。(その通りは「北8条通」と称されているようだ)「北海湯」の建物は赤れんが壁の堂々とした外観で、公衆浴場というイメージよりは商店か、あるいは会社の建物といった感...札幌景観資産⑭ 指定第18号「北海湯」

  • かでるロビーコンサート ポピュラーピアノを聴く

    久しぶりの「かでるロビーコンサート」だった。ポピュラーミュージックをピアノソロで聴くコンサートは初めての体験かもしれない。クラシックとは違い、ポピュラーピアノというのは案外難しいのかもしれないと思わせてくれたコンサートだった。コロナ禍で中断していた道立道民活動センター(かでる2・7)のロビーコンサートだったが、このほどようやく再開された。11月5日(金)昼、今回はかでるに入居する「女性プラザ」が開館30周年を記念する祭典を開催するとあって、その祭典のオープニングコンサートと銘打っての開催だった。今回のゲストプレイヤーは市内のバーやクラブラウンジ、レストランなどでポピュラーミュージックのピアノ演奏活動を行っている佐々木朱希子さんによるピアノソロだった。短い(約30分間)時間の中で演奏された曲を紹介すると…、◆Lo...かでるロビーコンサートポピュラーピアノを聴く

  • 映画 №328 日高線と生きる 

    本年四月、日高線のうち様似駅~鵡川駅間の廃線が正式に決定したのを受けて、高校時代に日高線で通学した体験を持つ監督〈稲塚秀孝〉が描いたドキュメンタリー映画である。私も廃線を体験した一人として興味深く画面に見入った。昨日(11月5日)午後、以前からぜひ観たいと思っていたドキュメンタリー「日高線と生きる」をサツゲキにて観ることができた。「サツゲキ」は、以前は「札幌プラザ2・5」として貸しホールと貸しライブスタジオとして運営していた施設を、シネコンのディノスシネマが2020年7月に4スクリーンのシネコンとしてリニューアルオープンしたものである。私はリニューアルしてから初めて訪れたのだが、エントランスなどはおしゃれな雰囲気となった感があった。さて、映画の方であるが監督の稲塚秀孝は自身が高校時代に日高線を利用して通学してい...映画№328日高線と生きる

  • 札幌景観資産⑬  指定第29号 「岩佐ビル」

    サッポロファクトリーと道路を挟んで向かい合っているレンガ色のビルが「岩佐ビル」である。外見からはそれほど古さを感じさせないが、内部に入るとレトロ感を感じさせてくれる造りだった。※外観もどことなくレトロ感を感じさせます。「岩佐ビル」は北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)から続く北3条通に面して、サッポロファクトリーと道路を挟んで向かい合っている。ビルはレンガ色をしているがレンガ造りではなく、鉄筋コンクリート造りである。建物は当初(昭和25年)ラムネ工場として建設されたが、工場の役割を終えた後はテナントビルとして現在まで使われてきた。建物を外から見ると3階建ての長方形の形をしていて特別特徴はないように見えるが、中を拝見するとビルには中庭がありロの字型のビルとなっていて、中庭からは屋上に造られた駐車場に続く斜めの通路が造...札幌景観資産⑬ 指定第29号「岩佐ビル」

  • 札幌交響楽団クラシック & ポップスコンサート

    昨日(11月3日)、ちょっと文化の日らしい過ごし方をしてみた。ビゼーの「アルルの女」、ラヴェルの「ボレロ」、そして懐かしの映画音楽と、私のレベルにちょうど合った選曲の数々で大いに楽しめたコンサートだった。コンサートの冠に「北海道信用金庫」と付いていたが、立派に有料(2,500円)で私に与えられた席は演奏陣を横から眺める席だったこともあり、それほどの割安感は感じなかった。(しかし、そのことが後から思わぬ幸運を呼んだのだが…)当日のプログラムをまず紹介すると…、《パイプオルガン独奏》◆幻想曲変ホ長調/サン=サーンス《札幌交響楽団》◆オープニング虹と雪のバラード/村井邦彦(作詞:河邨文一郎)【第一部】クラシック~華やかな「アルルの女」と熱狂の「ボレロ」~◆「アルルの女」よりパストラール~メヌエット~ファランドール/ビ...札幌交響楽団クラシック&ポップスコンサート

カテゴリー一覧
商用