searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ちょこっと日々のこと、そして映画
ブログURL
https://rin-to.muragon.com/
ブログ紹介文
日々のくらしと大好きな映画のこと
更新頻度(1年)

48回 / 32日(平均10.5回/週)

ブログ村参加:2021/06/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、りんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りんさん
ブログタイトル
ちょこっと日々のこと、そして映画
更新頻度
48回 / 32日(平均10.5回/週)
フォロー
ちょこっと日々のこと、そして映画

りんさんの新着記事

1件〜30件

  • 勇気を出して母のこと

    母は38才の時私を産んでくれました。 かなり久しぶりの妊娠(姉とは13歳差) だったので初めはそれと気づかず 胃薬を飲んでいたといいます(@_@;) 飲食店をしていて忙しく また当時としては高齢出産だったので 産むことをかなり迷ったそうです。 危機一髪のところで私は今 この...

  • 再生!により再生する

    夢中になっているブログがあります。 その方のこれまでの85篇の投稿を 3日かけて今、読破させていただきました。 一本の映画を観たかのような充実感です。 これはまだ彼の(年下なのに失礼すみません)人生のほんの一部なのかもしれませんし 78才の今から!! やろうとされているイタ...

  • いつか、をやめる

    まだみずみずしい 朝の空気が気持ちよくて 家の近くを散歩してきました。 まだ稲穂を付けていない 夏草みたいな顔をした稲たちが ツンツンと思いきり元気です。 朝露のしずくをつけて 誇らしそうです。  なにかやりたいことを思いついたとき 「いつか」という言葉をつけていました。 ...

  • 旅情

    初めて観たのは  レンタルビデオが出始めの頃だと思う。 (この映画もスクリーンで観てみたい) たぶん20代前半だった。 恋に縁のなかったアメリカの女性が イタリアのベニスへ夏のバカンスに。 ヘプバーンといえばオードリーも大好きだけど、この映画のキャサリン・ヘプバーンも好き。...

  • ロッキーと母の通夜と彼女の笑顔

    今東京で暮らしている同級生。 中学1年のクラスで一緒になり 映画の趣味が同じで仲良くなった。 引っ込み思案でおとなしかった私に比べ 彼女はゴムまりみたいに元気で いつも明るくてクラスの人気者だった。 高校は別々になったけど 手紙のやりとりを続けていた。 小さな私の町の映画館...

  • やってはならぬこと

    次女が高校生の頃だった。 仕事から帰った私に いつになく興奮しながら言った。 「学校でお弁当をトイレに流す人がいる」 他のものを食べたいから 持ってきた弁当を捨ててしまうのだという。 絶句してしまった… 信じられなかった。 ひと粒のご飯も残さないようにと教えられたし子ども達...

  • 追憶

    映画のテーマ曲と言われて 私が頭に浮かぶのは バーブラ・ストライサンドのこの歌声。 当時のハンサムの代名詞だった  ロバート・レッドフォード。 私はどちらかといえば昔 ポール・ニューマン派だったけれど この映画だけは別だった。 大学では一番華やかなグループの彼。 家柄が良く...

  • ちいさな贅沢

    私の生まれた町(今も住んでいます)は 海と山の間にあります。 少し車を走らせれば海岸へ行ったり 山の景色を見ることができます。 昨日の仕事が終わって空を見上げると 雲とまだ沈まない太陽がとても綺麗だった。 いつもは歩いているのですが 今朝は車で来ていたので そうだ、夕日を行...

  • Yuming

    先日、同年代のブロガーさんが 名前を上げられていたのを見て懐かしくなりました。 たしか中学2年の時「あの日にかえりたい」を初めて聴いてから サザンや洋楽も聴いていたりはしたけど ずっと聴いていたのはユーミンでした。 アルバムは(その頃LPレコードで♬)全部持っていたしコンサ...

  • 晴れた朝に

    世界中の洗濯物を乾かして 世界中の植物を育てている 砂漠を造りジャングルを造り ご来光になったり初日の出になったり サンセットで恋人達をロマンチックにしたり 元気な子供たちをこんがり灼いたり 月を照らして満ち欠けまでも作ってくれる たったひとつの同じ太陽だなんて

  • 私を揺さぶる音

    昨日の午後、太鼓のコンサートへ行った。 太鼓が盛んな地元で 毎年開かれているフェスティバル。 (去年はコロナで中止だったそうだ) もう20年近く続いているイベントなのに すぐ近くの町だというのに ずっと気になっていたのに 私は今年初めて観に行った。 もっと早く気づけば良かっ...

  • 魔法の言葉

    姿勢の美しい人になりたい。 シミやシワじゃなく 「老いは背中から」だと思う。 私は少し巻き肩の傾向があるので 歩くときは出来るだけ、ない胸を張り笑 上から吊らされている気持ちで 「わたしはバレリーナ」と 心の中で唱えて大股で歩く。 (実際は180度開脚など夢の夢なのだけど^...

  • ノースリーブの季節

    梅雨明けしてからお盆までは ノースリーブが着られる季節 だと私は思っています(^^) 今は二の腕も立派になってしまったので 華奢な感じにはならないですけど笑 25年ほど前に大好きな雑貨屋さんで買った サマードレスを出しました。 浴衣みたいな雰囲気が好きでした。 去年買ったの...

  • 忘れたくない言葉

    思い通りにはならないが やった通りにはなる。 眼にしてからずっと頭の中にあり 調べてみたら 天台宗の僧侶、荒良寛さんという方の 言葉だった。 出来ないのではない、やらないのだ。 誰の言葉かわからないが メモの表紙に書かれていた。 自分の目につくところに貼ってある。

  • あんなに あんなに

    長女が3人目を出産するとき 切迫早産で長く入院していたので 上の子2人を預り保育園へ送り迎えしていました。 そのお世話になった保育園のすぐそばに 蓮の畑があったのを この前ブロガーさんの写真を見て思い出しました。 そうだ(^^)見に行こうと思い立ち ブイーンと車に乗って見に...

  • 昔の写真

    昨日からずっと 写真の整理をしているのですが まったく進みません^_^; ほとんど止まっています笑 小学校のクラスで写した写真が出てきて 家が近いため小3から今も縁が続いている友達にラインで送り コロナになってから会っていなかったので 昔の話に始まりあれやこれや 延々2時間...

  • 家へ帰ろう

    この映画とは偶然に出会いました。 何の前情報もなくてネット配信でふと目に止まったのです。 「絶対泣ける」とか「感動の嵐」とか言われると身構えて返ってシラケたりすることがあるけれど。 はじめはちょっとお茶目な偏屈なおじいちゃんの一人旅の話だと思いました。 (最初の孫娘とのやり...

  • 珈琲と母の喫茶店

    母の喫茶店の話。 小さな頃、うちの一階は食堂だったのだけど 二階は喫茶店をしていた。 (私の街で2番目に古かったと聞いている) 食堂の隣の入口に押して開くドアがあり、中に入るとらせん階段があって上に行くようになっていた。 クリスマスにはその階段下のスペースに大きなツリーが飾...

  • テレビっ子だった❢

    回顧録みたいになってしまうのだけど なんかどんどん昔のことが思い出されて止まりませんのでお付き合いを(^_^;) 子供の頃に見ていたテレビの話をします。 私が7つの時、姉が20歳でお嫁に行ったので ほとんど一人っ子のように育ちました。 食堂の奥の四畳半ほどの部屋に小さなテレ...

  • 私だけの休日

    水曜と日曜が私の定休日。 日曜には孫たちが来ることもあるけど 水曜日は私の自由にできる一日だ。 今日は町内のゴミ当番の日だったので 集積所のカギを開けてきた。 朝日と田んぼが綺麗だったので写真を撮って帰ったのだけど 今見たら田んぼが暗くて見えなかった… 気になっていた窓下の...

  • 食堂のはなし

    父母の食堂の話です。 カウンターと小上がりがあって 壁にはメニューを書いた紙の短冊。 姉に聞いたところによると 最初は「おにぎり屋」から始めたそうだ。 たぶん会社の夜食にという注文だったのだろう、注文が入ると大きな木の折りに幾つも(仕出し屋さんが料理を入れるようなもの)おば...

  • おばちゃんの家

    子供の頃、おばちゃん(母の姉)の家に泊まりに行くのが好きだった。 子供が居なかったので、私をよく可愛がってくれた。 両親が食堂と喫茶店をしていた頃 伯母は店の手伝いをしてくれていて、よく私を連れて帰ってくれた。 伯母の夫は画家だった。 貧乏だったけれど、一応「画家」という生...

  • 朝摘みのトマトと露草

    シニア世代皆さんに言えることだと思うけど 最近早く目が覚めすぎて困ってしまう。 昔のように慌ただしく 1分1秒も無駄にしないように頑張ることは 何にもないんだけど。 夜中に何度も目が覚めて 若い頃のように朝までぐっすり眠るということが出来ないですよね。 今朝はいつものチーズ...

  • 向田邦子さん

    老眼が進むようになって どうしても活字を見るのが 鬱陶しいと感じるようになりました。 と言っても、大人になってからもう あまり読まなくなってしまったのかもしれません。 学生の頃、向田邦子さんのエッセイやドラマが好きでした。 小気味良い文体。 艶があるのにさっぱりした文章。 ...

  • ツユクサのこと

    早く目が覚めたので、しばらくサボっていた 草取りをしようと庭に出ました。 ワサワサと生えているツユクサの団体の中に 待っていた小さな花を見つけました(^^) ひととおり(完璧ではありません^.^;) 迷惑にならないくらいの草とりをして シャワーで汗を流してから ふとツユクサ...

  • 昭和のドラマ

    映画も海外ドラマも好きだけど 日本の昔のドラマも好き。 先日田中邦衛さんが亡くなって 『北の国から』のスペシャルを観て 最初から全部観たくなり ネット配信を探したらあったので 無料配信期間を利用させてもらって 全部観ました。 それからもっと他のも観たくなり 探しまくって別の...

  • 今日も歩こう

    昨日職場の出口を出ると 見なれない雲が見えたので撮りました。 縦に伸びている雲。 なんだか天に昇る龍みたいに見えました。 家に帰って調べたら 「地震雲」?!と出てきました。 えっ、、、、 良い意味はないかと調べ直して 「龍雲」なんだということにしました(^.^; 積極的に歩...

  • もう一度

    何十年も前に観た映画を また観てみることが最近よくある。 すると自分でも感心するほど 筋書きをまったく覚えていないのだ。 「いい映画だった」という記憶だけがある。 出演していた俳優も少し覚えている。 だけど観始めると 「これからどうなるの」とワクワクする。 たまに娘と一緒に...

  • 好きなもの

    音楽や映画の好みって、 食べ物に似ていると思います。 育った環境や遺伝子のせいなのか何故なのか 説明は出来ないけど好きっていう。 たとえばセロリの嫌いな人に どんだけセロリが美味しいか力説しても 無駄なことだと思います。 (山崎まさよしを思い出しました^.^;) 好きは好き...

  • はつなり

    今年のトマトの初なりです。 小ぶりなのでお恥ずかしいですが(^^ゞ 毎年黒い彼らがやって来て のん気な私はいつも初なりをやられます(*_*; 実は今年も一つ… そろそろ対策しないと、と思っていたら ほんのちょっとだけ色付いたのを つつかれていました。 彼らは空中からじゃなく...

カテゴリー一覧
商用