chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 忍城

    12月4日忍城に行ってきました。映画「 のぼうの城 」、石田三成が関わったことで名が知らるようになりましたが、どうも脅しの類か浅い水溜で、今でも池や沼が多いところでした。果たして水攻めが有効的であったか疑問です。このあたりは古墳が多数残ったのは奇跡ですが、都市化も    ま...

  • 移民

    先日のテレビ放送では辛口評論家達が中国のあり方を賛美してるように思えた。積極的金儲け貿易政策に魅了されたているようだ。( バスに乗り遅れるな! そんな言葉があった ) 台湾、香港、チベット、油田、埋立何一つ解決していない。 香港は11万人がイギリスに移入。ウクライナは770...

  • ビル

    ビルと言っても建築物のことだから ちと ややこしい、大きく高い建造物としよう。 都市化といえば聞こえはいいが人間の歴史から言えば超最近のこと。土地を狭くして上に延びること。人間にとって相応しいかどうか疑わしい。狭っ苦しい太陽も満足に当たらない生活が文化的と言えるかどうか? ...

  • ドナウ河

    ドナウ川下り計画は駅まで複雑季節微妙、鉄道私鉄混ざり素人無理。日本国内で頓挫。運河見物と思っていたのに現地でもやめた。結局はグラーツになる。大坂城屏風絵が見たいのだろう。世界遺産みたいのだろう⁉️ 帰路トラム乗り間違え駅の対岸、わずか一駅でも住宅街に、1列車遅れ息子殿少し焦...

  • 違反

    大使館員・中露の違反が全体の8割りを占める。( 中には日本人がいるかもしれない。) それにしても多すぎる。未払い帰国という。本国での憂さ晴らしかもしれない。1時間当たり1件、中国で0.5件。全体の80%近くになっているとか?  英米が含まれていない、ちょっと安心・・・日本は...

  • 侵攻

    どお考えても、ウクライナに利はない。自国のみ荒廃してゆく、敗けだろう。でも、本当に勝ち国が誇れるだろうか?大分金を使ったろう。でも、国際的信用を落としただろうことは確か。ガス、石油だって採掘出来ない時は来る。1~3世紀で地球は変わる。何時までも強気でいられるものか? 露国大...

  • 同じ?

    同じことを言っているのに何故か結党や分裂を繰り返す議員達。もしかするとテレビ出演をしたいだけのように見える。 ひょっとして岩にせず砂のように砕くのが仕事かもしれない。代議士といえど選挙の票集めは大変なこと。特に野党となると船頭争いが激しいように見えて仕方ない。 稀にしか機会...

  • 流転

    幼稚園以来の友人。社宅だった関係で親の仕事も同じ、何故か同じ会社で働いていたこともあった。同級生だったし、彼の結婚式も参列している。 羨ましかった。 私はというと超晩婚、その頃あろうことか奥さんが宗教に入れ揚げ家屋敷を売り払い多額の寄付をしていた、さらにバブル崩壊時で親会社...

  • 家族旅行

    夏休み、千葉や伊豆によく出掛けた。帰路、蛭ヶ小島、伊豆山権現、石橋山、黄瀬川そして修善寺に遊んだ。 まさか後年大河ドラマで「 釜倉殿~」を家族して視聴するとは思っていない。  広い場所を時間を掛けて訪れると当時ののんびりした風情を感じた。 吾妻鏡がやや胡散臭い北条家の歴史書...

  • 野・山

    た ボッチ キャンプ。たった一人の旅人の為に15人近くのスタッフがかかわり60分番組。 その上、使いまわしが多い。見ようによっては現実逃避にしか目に写らない。だって薪を集め菓子パンを焼き、インスタントコーヒーを飲むだけ。 キャンピングカーとなるとテレビ、電子レンジ、冷蔵庫、...

  • キューイ

    職場の同僚が秋口に「 クリスマス頃、食べ頃だよ。」といって、キウイフルーツを配った。 しかし、同僚に良からぬ不評が集まったーーー不味い、渋い、散々だった。 私は言いつけを守りじっと暮れまで待った、だから柔らかく美味しくこの果実を味わうことうことができた。しかし、周囲は意外だ...

  • 京師(京都)

    浮世絵に深入りすると殺人事件に巻き込まれるという、些か物騒な言葉があります。 広重 の絵には疑問があるといいます、東海道旅行に行った行かないはかなり根深い物騒な側面を感じます。兎も角、京都にも潜んでいました。 三条大橋の橋脚です、広重の浮世絵では木材ですが古くから石材が使わ...

  • 海洋貿易

    可愛らしいはなたれ小僧だった頃、遣隋使・遣唐使が出現するまで日本の周囲の海は船舶の往来は無かったように思っていた。簡単に言えば海洋貿易はあった、ただ決定的資料がないだけのことだろう?   遣隋使・遣唐使はあくまで政府公認の船舶で明治期の岩倉遣欧使節団と同じ。   使節の御土...

  • ニシン

    明治45年秋。ドラマによると大正初期が鰊漁の最盛期だったのでしょう。ニシン御殿が今に残っています。  でも、両親は終生お節料理の中に入れようとはしなかった。多分、ニシンは肥料として収穫したようで “ 猫またぎ ″ といわれたらしい。 カズノコにしても、鰹節と醤油をかけて食べ...

  • 地中海クルーズ

    2019年の予定では、アkメリカ・カナダ西太平洋沿岸。去年バルセロナは中国・長安、桂林。来年は飛行機でヨーロッパに飛び地中海クルーズ、、バルセロナ、ナポリ、マルセイユを巡り 人生を飾るつもりでいましたが、コロナと自身入院が重なり飛行機搭乗ができなくなり、早々に亡父・亡母のい...

  • 貴族・継承

    藤原定家の末裔、冷泉家。御所の近く、同志社大学を背にあります。冷泉家、明治御一新の時、東京に移動しなかったそうです。    どの程度の階級を持った貴族かわかりませんが、大晦日、正月、雛祭り、七夕祭りなど行事を今も執り行っています。冷泉貴実子さんが学生時分から時折拝見していま...

  • 貴族・イメージ

    領地が多く支給されその年貢で貴族の生活が成り立っていたのでしょう?  意外にもトップクラスは権力集中する為に、休日もなく家にも帰れず働き詰だったといいます。さらに食べる事、一般諸事にも細かな拘り迷信で束縛されてドラマで見るようなのんびりした生活は送れなっかたらしい。 多少は...

  • 傭兵ー2

    傭兵。個人で戦地に行くのはイギリス人などがいるようですが、軍隊規模となるとシリア国でしょう。ロシアへの志願登録なら解るのですが、何故か同数のウクライナ志願登録があるそうです。( 同じ人が思想とは無関係に登録しているのでしょう?) 前線戦闘兵士の月給80万円。 後方支援部隊な...

  • 傭兵

    傭兵15000人を派遣。明治以前風にいえば50万石の殿様の兵員動員数です。 1万人⇒1万石(1年間)⇒約20億円⇒米・1500トン〈現在米価 t=30万円として4.5億円> ヨーロッパ人だから麦でしょう、米の栽培面積の4倍 ~5倍を必要とします。製粉したものを練って焼き上げ...

  • ダンディー

    病院内で50歳前の男性が入院してきました。プロ野球に精通し、なかなかのダンディーな好青年でした。誰もが近々退院と羨んだ視線を送ってみていた、私の退院が近づいた頃、体育館で見た。歩くどころか車椅子から立つことができないのです。ここの病院の脳血栓とか脳出血の患者ではないようでし...

  • お年寄り

    落語家、三遊亭円歌の  “ 中沢家の人々 “ を聞いていた。年寄りが食事の終わりに大量の薬を飲み入れ歯を洗う・・・そんな描写で笑いをとっていた。  入れ歯を洗うことはないのですが、私も日に18錠の投薬がありますが、他から見れば滑稽なことのようでガッカリした。入院前は朝4錠で...

  • 時間がない

    今観るとどこで撮影したのか? 解らない程、まるで時代劇を見るように古色燦然としている。エキストラも腹が空いているように思える。主人公は「 時間が無い 」と言って目的に一直線に突き進む。           悪く言う暇もない、愚痴を言ってる時間がない。(いいなぁ~) 私もイエ...

  • モンゴル

    ウィーンの宿泊先はプラトー公園そば。窓から観覧車が見えるというので選びました。最後の最後に公園内に行きました。プラトーは万国博覧会会場跡で岩倉使節団が訪れているそうで観覧車に乗ったかいなかが・・・明治も後ろと前で大久保は見てもいない、でもオーソン・ウェルズは 「 第三の男 ...

  • ウイーン空港

    モスクワ空港からスマホにより息子に連絡をとることができませんでした。ホテルまでどのように行くかチト心配になっていました。(  チェックインでさえ簡単ではなかった ) 日本からの送信したフライトスケジュールだけ、30分早く着陸。 送迎客のいるロビーを延々と歩き、イミグレーショ...

  • 故郷あり

    イングリッド・バーグマン。 マレーネ・デイトリッヒ。 グレタガルボ。 ナタリー・ウッド。 オマーシェリフ。 シュワルツェネッガー。 監督、ジョンフォード。 ロシア名ナターシャだった、ナタリー・ウッドの両親と彼女がアメリカ育ちだったかわからないがロシア系の名を持っていた。 バ...

  • 野茂

    野茂選手が渡米した時は四面楚歌、遠島か島流しの罪人を見る思いだった。何故かトンネルズの番組に出演した。渡米直後に開花したわけではない、1勝が長く遠かった、ファンはその頃から太平洋を越えた。 まるで自分の息子のように付ききりだったラソーダ監督の姿があった。父親はイタリア移民で...

  • 国境

    小さな川が町の境や県境になっていることがありますが、川の向こうが別の国というのは皆無ですが地続きのヨーロッパでは沢山あります。 ふと思うと甲州街道に並行して流れる浅川の北側が別の国としたら、正直言って驚きを越え恐怖ですよ。 フィンランドもロシアからの亡命者が多く、500m先...

  • 神頼み

    宗教という文言が憲法にあるように人間にとって大事なものだろう。しかし、紛争の源にもなっている。第一次世界大戦、第二次世界大戦もキリスト教の僧侶が両軍に対峙、日本参戦となれば仏教も入る、この場合ローマ法王でさえも静観となる、あまり反戦運動はしない。 織田信長の石山本願寺の戦闘...

  • 探します。

    アンコの缶詰。どうして今購入するのか? 冬場になると1.5倍程になるからです。砂糖を入れすぎ煮込んでいるようですが 、そこは何とか冬になるまでに考えます、カボチャはいいけれど、ジャガイモは駄目だとか調べるたり聞くのはいいものです。 粥ですが、業務スーパーで探すとあるものです...

  • 喪中はがき

    喪中葉書を書き終えましたが、住所録記載80名中37枚をかきました。恩師は兎も角友人達もチラホラ逝去・・・・私だってイエローカードを1枚貰っている身。 息子達世代はスマートフォンを使い葉書など書かない、国民半分6000万人が10通書かないとして65円だろ、400億円になる。郵...

  • 喜劇?

    来春離日する駐日露大使が出演、知日派、親日派で達者な日本語を操る。この日は元外務省、教授が暖かく席を囲んだ。 いつもとは異なる雰囲気があったけれど、それでも高圧的ではなかったが、我々の思い描く一般論とは程遠いものだった。まぁ地面から空に雨が湧いたような話だった。      ...

  • How mach?

    キャンピングカーを所有するだけで月10万円はかかるそうだ。( 駐車料金は別) 《  新車1000万25年ローン返済》( 中古車だと1万円さがる?) レンタカーだと一日2万円~4万円、近くのガソリンスタンドで展示がある。 4人家族で4泊5日で13万円かかるという。食事と交通費...

  • ウーチャンネル( キャッピングカー)

    キャンピングカーは2年待ちという。しかし、この車によるトラブルが発生しているとか。 クラ―のために終夜エンジンかけっぱなしとか、深夜音楽を流し続ける人、あるいは小さな出入口開け閉める音とか、 急激に普及したのかもしれない。マナーが後から付いてくるとばかりおめでたく考えていま...

  • パブロ・カザルス

    半世紀前単なる偶然でテレビで見た、すでに様々な伝説を持つチェリストが演奏していました。¨生きていた ¨  かなりの驚きました。怪しげなボーイングもよぼついた足取りも・・・・国連女子職員が泣いていました。スピーチはカタロニアの鳥は 「 ピース・ピース と鳴く 」でした。 間も...

  • 下山事件

    私の生まれる前に起きた事件ですが、時折ドラマや推理物で耳にすることがあります。 作家・松本清張、新聞記者・矢田喜美雄の本を読んでいた頃、謀殺説よりも山勘で心理説を打ち立て悦にいってました。 35年前、GHQの資料公開されましたが機関車の先頭部に血液が付着・・・そんな写真を見...

  • 新選組

    私の街は人口50万人というのに、隣町の新選組の知名度にはかないません。テレビ・映画・ドラマ・小説と時代に進化して颯爽と登場するようです。 「 燃えよ剣 」の山南敬介などは左右田一平が演じました、定年を迎え飄々とした演技でしたが、堺雅人が演じたそれのほうがリアルでした。最近で...

  • チーズ

    チーズ。私は後・後進国の人。粉かピザかビールの時のかじることしかしらない、日本でも色々あるようだが製造販売は戦後になったようでかなりの後進国と思う。チーズフォンデュを食べたのは2000年ちょっと前でした。調べてみると実に多種多様だった。 モッツアレチーズ、水牛のミルクで無発...

  • 食堂車

    スイスに行ったこともないし、だいいち オーストリアとは左右逆・東西反対で覚えていました。( 私、高校の時地理は “ 優  “ でした。)《 ウクライナ、バルト三国のように連日テレビ放送されて少しわかりました。》  大体、登山鉄道みたいな感じを勝手にイメージしていました。さら...

  • 寅さん・ウィーン

    どのようにウィーンを結びつけるのか、竹下景子を馴染ませ淡路恵子を絡ませるのか妙に期待感を持って見ていた。( 今も、何度も )          寅さんの歩んだ田舎は当時でさえ珍しい映画宣伝車が走っていたりとローカル色豊かな地域だった、だからビルで囲まれたウイーンは都会的に映...

  • 則天武后

    俳優 西村晃のお父さんは大学教授で ″ 則天武后 ″ というロボット製作した写真があった。 ( 学徒動員で特別攻撃隊基地で漫才の相方が茶道の千宗室だった。) 則天武后は中国唯一の女性皇帝。今以て激しい賛否両論がある。どうやら雑音を排除して聞くとウーマンリブを掲げたはしりのよ...

  • ウオーキング

    1. 2. 3. 4. ① 昨日、床屋さんも週休二日制になったようで出直し散髪。ともかく突然熱くなったような天候ですが、15時頃から急激に温度が下がるのでしょう。 床屋さんも相棒がいなくなり一人では多忙。    ②  近くの花を愛でた積りがファインダーが見えずまっ仕方ないか...

  • 素人でも

    テレビ見てたら、メキシコではマヤ遺跡の仲間でマルトゥハ遺跡を少し紹介していた、なんでも1964年頃、素人が飛行機から見て調査が始まったという。 ジャワのボロブドール遺跡も外国軍人が発見したものらしい、何故か土に埋まっていたが塔の先端部が少し見えたという。中国の兵馬俑だって農...

  • チェンソー

    パイプラインの問題からか、フランスでは樵の講習が盛んだとか?放映していた。 何でも一日でライセンスが取れるそうだが、林業所の指示により伐採し薪燃料を作る。 しかし、山間に近いならともかく、往復100kmあってもそのガソリンはどうするのだろうか?あらぬ心配をしている。 評論家...

  • 継承

    ある政治趣味の人々が会社設立、生産性やら言動に神経を尖らせ、仲間は解雇され何時の間にか飛び出した企業と似たようになっていた。 企業が軌道に乗り世代交代の時期になった、共同経営者の子供達は女系と男系だった~中略~男系が握った。しかし兄弟の一人は何やらスポーツ店を工場の一角に作...

  • 昨日は検診日

    駐車場は車で一杯、待合室はそこそこ。インフルエンザ予防接種で混み合っている?そんなことより私もビクビクしていた。血糖値、血圧測定、A1Cも何とか、でも少し肥満気味。 検診終わったら後ろ髪惹かれること無く、すべてを忘れるごとく解き放たれた◯◯のように一目散にスーパーマーケット...

  • 御曹司

    陸軍高級軍人達はどうも天皇陛下を三代目の御曹司と考えていたいようだ。近衛文麿、杉山元などとか自分の意志を貫くような人ではなく、協調型のタイプで悪く言えば顔色を見てゆっくり動く人が部下的政治家だったようだ。( 天皇も絶対的平和論者ではなく、側近者たちの残した日記によれば好戦的...

  • 退却

    ウクライナの亡命者、避難民が映りますが意外なほど若い男性がいません、いたとしても故郷に戻るとか人がいたりと・。極東の住む私にとって、ロシアもウクライナもスラブの人。 中国軍には敵前逃亡してくる中国兵を掃討する部隊があり見様によっては同士討ちに見えるそうです。(南京事件もこれ...

  • 主義

    第一次世界大戦後、世界大恐慌が起きました。私にはよく分かりませんが、たぶん過剰生産故で計画生産、つまり共産主義が台頭してきたように思います。終戦直後は同じようなスタートラインに立ったように見えました。 20年後の高校地理の授業で   時代遅れの農業国ならともかく   洗礼で...

  • 甘味品

    みたらし団子、煎餅は古くからあったろう、飴玉とか水飴が庶民・子供が口にできたようだ。 京都の老舗菓子店の仏壇饅頭は黒砂糖を使い餡子を作ったようだ、黒砂糖は匂いと独特の味があります。( 餡の砂糖は使う小豆より多いほうが艶もあり、ねっとり感も出ますが、なくてもアズキ自体の甘みも...

  • ハードディスク

    去年、今年とハードディスクが壊れて多くの映画や貯めこんだ画像を失った、ショボン。 6年前後だから電化製品として仕方ないことかもしれない。結局は素人がデーター保存するのは無理かもしれない。DVDのようなものに録画しておくくらいだろう? 大体、いきなりSWが入らない、開けように...

  • 数の不思議

    昔、ショーとわかっていても面白いのが?人タッグと言う多人数試合。何故か強い順に負け進行してゆくことも多く、ネームバリューの弱いレスラーが残るシステムだった。 何時だったか、候補者4・3・2の派閥で決戦投票となり、弱小の2が決定権を握った。 4+2:3か4:3+2で雌雄が決す...

  • ガスパイプライン

    ガス供給が激減。ドイツにおいてはシャワーや手洗いが出来ずーーー経済封鎖かウクライナ疲れか?   でもだよ、煩雑に湯で手を洗って食事をするか? 日本では箸、ヨーロッパではナイフとフォークを使うではないか?  というと私がいちいち手を洗わずに食事をする野蛮人であることを認めてし...

  • 鉄道開通ー2

    この頃、巡査の初任給が4円というから1円は3万円~4万円といいたいのですが? 兎も角、鉄道開通だけで数冊の分厚い記録書が必要のようです。式典参加者の名簿や各号車割付、野次馬の写真が残っているにも関わらずです。 一両 =4分 =16朱 。明治初期に一円を一両 にしました。すれ...

  • 鉄道開通

    明治5年9月12日( 旧暦 ) 太陽暦に直して 10月14日を記念日としている。《9月9日雨天順延》。新橋駅自体、貼石構造の為に日本人大工が参加できて尚且つ予算削減と工期短縮ができた。ただ2階に食堂があったと推測できても、メニューまでは最早わからないそうだ。 約30kmを5...

  • 空豆・グリンピース種蒔

    作業そのものは2日程遅れ明日の天候も良くないとか?   兎も角、ビニールを敷き穴を開け空豆とグリンピースの種蒔。 ここで止めて明日以降と思ったのですが私は年寄り、冷水覚悟でトンネル作り、そして布貼り( 固定方法に洗濯バサミを使いますが、近所の農家の栽培法を見習っています。)...

  • 独裁政治

    何故、独裁政治が行われるのか?  多分、結論に達するまでの時間的ロスが少ないのがいいのだろう。明治初期の岩倉使節団にいた木戸孝允が議会政治を見て時間が掛かることを懸念していた。   只、独善的になり視野の狭いものに陥りやすく、周囲にイエスマンが集まり蓄財に結びつき易くなる。...

  • 薩摩芋収穫

    三連休、雨にたたられて作業は途切れ途切れ。まあ百歩譲って豊作としましょう? 奥方は金時種に強い拘りがあるようですが、メラクリン法の苗しか入手出来なかった・・・・言い訳はともかく先端を切ったツル増殖が枯れてしまったりと、散々の天候でしたが収穫に辿り着きそれだけで安堵。 元苗に...

  • シェルブールの雨傘

    中学卒業し高校入学の間に演劇青年の伯父と観ました。併映はハムレットでしたが私には全く分からない。さて、雨傘ですが慣れないモダンジャズにセリフが乗ってくるのには少々面食らった。ただメインのサウンドトラックは印象的なものでした、駅とラストシーンのガソリンスタンドで使われています...

  • 慕情 思い出

    昔は映画紹介のテレビ番組があり小森のおばちゃんが頑張っていた。えらく成長したような錯覚に陥るが、この手のドラマは難しくことはないですし私は音楽映画に行っただけです。 中学卒業の前日だった、まだ香港に旅行できる時期でもなく貴重な海外観光映画でした。 ( テレビは白黒画面。香港...

  • 水上レストラン

    映画・慕情でも出ていたが近所のおばさんが2人乗りの舟を漕ぐのではなく、機械船が引っ切り無しでターミナルに発着しているのが違うのだろう。  はとバスで言えば二重橋や雷門が組み込まれるようにアバディーンもだろう? 私も何度か行ったが同じメニューだった。 コロナで客足が途絶え、レ...

  • 小遣い

    大谷選手の活躍は素晴らしい。個人的には怪我をしないで一日も長く元気な姿を見ていたい。 最近、動画ではトレード話が多い、そんな訳で興味なし。聞くところによれば稼ぎは母親に預け小遣いを貰っているそうだ、野球をやっていれば充分だそうだ?!? 清原選手は離婚時、家屋敷売却で稼いだも...

  • ヒムラー

    残像は精悍そうに見える、人の良い呑気な父さんのようにも見える。王族の血を引き頭脳明晰だったという。しかし、中学生の時に志願兵にもなっている。( ただし・・・・・) 親衛隊長まで登り詰めた、どうもヒムラーはナチ党が大きくなって行くのが嬉しかったようだし、尚且つ自分が出世してゆ...

  • キャラメル

    バターとミルクと砂糖で作った飴です。栄養価の高い菓子なのですが、煮詰め手作るのに手間が掛かります。明治30年以後販売されていますが、ほぼ今の形で変わらないようです。 高温多湿の我が国では溶けたり、キャラメルの包装紙には苦労したようですが、蝋を含んだ紙?を使うことで解消する、...

  • 重陽の節句

    10月4日は旧暦9月9日。 重陽の節句。  細かなことは解りませんが最も縁起の良い節句として親しまれたようです。  盃に菊の花弁を浮かべ飲む、勿論中国伝来ですが、七夕祭りなど良いものです。 何で重陽の節句?  偶数は陽、数字の最大は  “9“、  2つ重なる9月9日は重陽ー...

  • グラーフ・ツェッペリン

    陸続きのヨーロッパでは海軍への認識はそう高くはない、島国のイギリスはともかく。 ベルサイユの縛りがあったかもしれないが、意外にもドイツは低かった。戦艦といえど小型で2隻、空母造船にしても何度も中止命令が出ている、外国に研修といっても日本に来て3段甲板を持つ赤城の頃。    ...

  • 本当に見た夢

    昨夜の夢は、早稲田だった、何度も帰路の電鉄を調べていたから間違いないだろう。 ミュージックホールなのに子供と老人で溢れていて、音楽も踊り子の姿がないけれど、 普通の地面に立っているのに、二階を見下げている真面でないのだけれど夢の中では面白い。 老人も子供達もニコニコとして元...

  • ちょっと

    2020年。私が入院した直後に入院して帰らぬ人になった志村けん、院内は大ショックだった。 治療方法もわからずまるで宇宙の国から来たような恐怖感さえあった。同室、同病院でわからない病気が流行った時、単にインフルエンザと判明しても心穏やかではなかった。 退院後2年して落語家・三...

  • ヨーロッパ

    ソビエト連邦が崩壊せずそのままで、東ドイツ、チェコスロバキアやバルト三国が事実上傀儡国家であった、ほんの少し前のヨーロッパは小さく感じた。オーストリア・ギリシア・イタリアの対岸、隣国はソビエト共産主義の国。                自由主義といっても制約はないわけでは...

  • 佐和山城

    関ヶ原の後、石田三成居城の佐和山城を徳川家康は全面破壊したことになっていますが、残像を見ると少しややみみっち差を感じます。どうやら資材を使い廻して再利用したようで彦根城や名古屋城隅櫓にあります。 現在、比較的小規模な掛川城でさえ台湾から輸入しています。山や林が幾ら多くても容...

  • タヒチー3

    現地は薄暗い夜明け時、日本時間は深夜。 タヒチといっても広くボラボラ島までは飛行機で2時間あります、北海道程の距離です。 さて、夕食はバイキング。ロブスター焼きを出す為に客は長蛇の列、あまりフルコースに縁の無い私は席の後ろから、先ずはデザートを集め、次にソーセージ程の海老が...

  • 遷都

    遷都。土地のしがらみとか僧侶達のとの癒着が原因とばかり思っていましたが、根本的に大きな問題があったようです。例えば水という条件に縛られれば低い場所が好都合なようですが、自然水洗もあったこの時代、御所の周囲に汚水が集まり都は非衛生極まりないところでもあったようです。 遣唐使達...

  • 子供のように

    ウイーンから特急で3時間、グラーツに行った。シューベルトの頃なら馬車で1日がかりのとろ。           町の真ん中に渓谷があり川が流れるところは山梨県大月市に似ていた。 電車やトラムに乗車できるだけで満足、嬉しかったです。( ゼメリング鉄道といって世界史上初めてという...

  • 洋式軍事訓練

    緒方洪庵の適塾塾頭・大村益次郎は江戸の幕府の翻訳官になった。西洋文明を取り入れるとか幕府も必死だったようだ。老中阿部正弘にあったらしく洋式軍制に興味があるようだが、頭の中は弓矢と槍から離れない旧式人間と評している。 何が洋式かといえば、足軽も射撃位置、順番が家格とやらで暗黙...

  • せごどん

    9月24日は150年前、西郷隆盛が自刃した日。西南戦争の終わった時でしょう。 江藤新平は賊軍の首謀者です。大久保利通は政府側ですが、それでも西郷は銅像も立ち、今だに「 大久保と西郷展 」はできぬほどだそうです。不思議な人です。 西郷さんは指揮どころか風土病を患い、駕籠で運ば...

  • 栗の思い出

    山奥にある? スーパーマーケットのそばにある栗の木。少し遅いようですが小学生の頃を懐かしむように木の下を歩いていました、イガも茶色くなりどお見ても・・・でも、一分足らずで拾い集めました。  足で踏みつけゴロゴロやれば栗は容易く拾うことができます。きっと駐車場にイガが邪魔にな...

  • 日本語・兵

    日米開戦時、アメリカ軍は軍隊内に日本語学校を開設。厭戦気分で入隊・志願した人もいた。中にドナルド・キーンもいた。 彼らの任務は捕虜からの聞き出しと手帳、手紙の英訳だった。 ルメイのように都市無差別攻撃を推進し出世した。しかし、彼らは学校などを作り島民を教えていた。( カナダ...

  • 鉄道

    1804ートレビシック   SL走行。 1825ースチブンソン   SL営業・人+石炭・( 約40km )  ただし遅かった。 1848ーイギリス国内  8200kmに達する。( 日本では文化文政の頃。将軍家斉の頃。) シューマン夫妻は鉄道を使って演奏旅行をしている。( シ...

  • 税務督促

    多分、詐偽でしょう? 慌てずにクリックしないでゴミ箱へ! 9月頃から毎日パソコンにメールが届きます。延長不可とありながら毎日ですし、肝心の国税庁は「 出して無い 」の一言。 “ 員力 “ という日本語風漢字わかりません、最近ではスマホにも届くようです。 先日、埼玉を走行、広...

  • 屏風絵

    屏風絵にも一双、一隻、6曲一双とか名称があるようですが私には解らないのです黙っています。簡易間仕切りとして使い、金泥を多く駆使し明るくする工夫をしています。 オーストリア貴族は屏風絵をちぎり絵にしたり、一枚一枚バラバラにして周囲を中国の絵を貼り付けるとか我々の考えとあまりに...

  • 洛中洛外図

    鳥瞰図はヘリコプターの無い頃でも多数描かれています。京都を描いた洛中洛外図は幾種類かあるようですが、狩野永徳画・上杉本は国宝です 。 五重塔がありますが、一般には登れませんが職人用の点検口があり、そこから都市を眺望できるそうです。各階に手摺があるようですが、全て装飾ではない...

  • 病院・小旅行

    医院はだいぶ混んでましたが、ギリギリセーフ。医師を騙すわけにはいかず、血糖値が良くないことを正直に話す。内分泌を促す錠剤を増やしました、ただし次回は充分時間をかけて様子見。 帰宅すると畠山重忠の遺跡巡りで埼玉県へ。家族して「 鎌倉殿13人 」見過ぎ? 先ずは、嵐山菅谷館跡、...

  • 選挙

    一票・一人250円とか。ちょっとそこだけ気になりました。つまり比例区は100万票で一人当選できるそうです、一人議員がいれば政党とみなされ助成金25000万円が貰えるそうです。子細どころか選挙についてまるで分らない私ですが250円は解ります。 昔、参議院選挙には全国区があり、...

  • 財政破錠論

    ゆめラジオ、受験生向け放送らしいが、爺様も聞いている。  日本政府が国民一人当たりの借金は凄いらしのだが、日本政府は、今日も元気で何事もなく生きている。?? そんな論陣を張った人々がいた、そんな事を言った人達には共通点がありました。 東大卒業して教授コースか官僚コースを歩み...

  • 扇子

    京都祇園祭の山車の先頭で指揮棒代わりに使われている扇子。 扇子、意外にも日本が世界に広めたようです。檜扇が平安時代に作られ、やがて紙製になり紳士淑女の小道具になり今でも使われています。 茶道や座敷において扇子を出して挨拶があり手前側が下座、先方側が上座として分ける結界という...

  • 平沼騏一郎

    免許センターの前に多磨霊園という広大な墓地苑があり、著名人もここで眠っています。平沼騏一郎の墓があります、故郷岡山にも ( 家の )あるそうです。この人は司法の雄、ただ総理大臣にまで登り詰めましたが半年で崩壊。何もできぬ騏一郎と揶揄されたそうです、この時期誰がやっても軍の力...

  • 球審・やりたくない

    足元デッドボールでない判定にカ軍監督、猛抗議退場。 あまりのながさに肩を冷やすまいと投手はキャッチボール、球審はこれを咎めた。エ軍監督も退場。   直後、投手のトランシーバーが故障( アメリカでは使われている。写真はない) 更に9回2死でファウルボールが球審のマスク直撃。と...

  • 空地

    昼間のトレーニングを少し開始、だいぶ気温が下がっているのですが、この時期の直射日光には閉口。のんびり歩いているのですがキョロキョロ・・・・団地内の空地に咲く花を撮影しました。秋桜のような紫・黄・白がいっぱいです、感動的でもあるのですがカメラは正直で色だけを反映してはいないか...

  • グレーテルのかまど 杏

    グレーテルのかまどをやや斜に構えて見ている、本当は真剣になって作る気で見ているーー爺さまが見入っていたんでは認知症?        ( ドイツ風菓子にしたければ、シナモンとレモンの皮を使うのだそうだ。) 賞味期限切れ寸前の杏を買ってきてくれた、おいしいというには程遠い果物だ...

  • 民需

    人間食うに窮すれば下を向いて歩くことだろう。なまじっかそうでないと、領土を広げて・・・まるで猿のようです。嫌です。 ロシア、武器を作っても民需には関心は乏しいようです。世界全体がそうかもしれません。 どうも、テレビ、携帯電話、あるいはトースターやアイロンを作らず近隣からの輸...

  • 脱走山脈

    大昔、映画 「 脱走山脈 」。フランシス・レイ作曲、チターの奏でるサウンドトラックがありました。でもその割に映画はたいしたこともなく音楽共々忘れられたようです? 最近動画サイトを見てビックリしました。 ¨ ハンニバル ゛という言葉が使われていました。西洋史に疎い私ですが紀元...

  • 飛道具

    私はテレビドラマの見すぎだったようです。顔以外の個所に手裏剣が当たらない限り大きなダメージはない、でもそれだけで忍者の終わりと思っていた。 江戸期は鉄製の手裏剣、まきびし。戦国期は粘土や石作りもあったようですが、どちらも現代発掘されることは極めて少ないそうです。  相手がひ...

  • 地図

    私これでも地理の成績は抜群でした。( 自称ですが ) 最近までスイスとオーストリアの位置関係はよくわかりませんでした。日本に近いのがオーストリア。  日本でいえば、鳥取県と島根県がこれにあたります。広島県の上にあるのが島根県です。  何気なく使っていたイラン、イラクも似たよ...

  • 上海

    三国軍事同盟の前、中国と交戦中の日本が苦戦していた・・・・戦傷者大勢。 実は中国兵の訓練ばかりか武器の供与までドイツがしていたのです。第一次大戦後、敗れたドイツ軍は近隣国で細々と続けていたようです。今もドイツでアジアといえば中国のことで銀行、企業が多数あります。 ヒトラー登...

  • 教科書も変わる

    聖徳太子が厩戸皇子。大化の改新と乙巳の変。武田信玄、足利尊氏の肖像画が変わる。 挙句、鎖国はなかったとか。教科書を作る人の苦労を少し知る。 鎌倉時代の京都は何をしていたのだろうか?  多分現在と変わらないと思う。それとも関西地区で政権が運営されていたようなものでしょう、一般...

  • 買物

    この齢になっても買物は楽しい。味付けの濃いもの、砂糖を使わないもの、要は殆どのものは駄目、更に小麦粉も駄目、そしてコロナ感染も恐いです。でも健常者の如く、こうしてああしてと夢が湧く嬉しさがあります。  リハビリ病院では大型スーパーのカートを使えば何とか歩けると確信していまし...

  • 独裁者

    アメリカ合衆国、大統領の任期8年という、しかも選挙がある。だが世界にはもっと長いものもあれば独裁というのもある。ロシアの大統領などは20年、中国、ベラルーシュ、ハンガリー、キューバ、などもこれに続く。そして終身制度を求めている。 大体、共産主義の国家で国民は激しい2面性を持...

  • 浅沼稲次郎

    私が小学生の頃でした、多分11歳くらいですから彼の人間性や政治のことはわからないのですが、今も鮮明な記憶が残っているのは相当な衝撃を感じたのだろう。( 戦後 、党首や元総理の暗殺が世界中からみれば少ないだけにショックだった。) 党首だったにも拘わらず下町の小さな借家生活だっ...

  • ソロキャンプ

    最近では100円店でもキャンプコーナーがあり、隔世の感があります。キャンピングカーどころか車さえ自由にならなかったころです。ですから、ポータブル電源なんて夢のまた夢の話。よく言えば文明の進化、少なくとも私達は贅沢をしているようです。 ソロキャンプ、ちょっと時代の先端を行く格...

  • 北条時政

    源家、ライバルも消えて今まで “ のんきな父さん “  だった北条時政も中央を登って行くような、北条百年の礎を作る役回りになるのですが・・・・?     この大河ドラマ、鎌倉殿を家族して見ているのですがやや熱中気味です。でも馬鹿馬鹿しく見えても屋根の下ののんびり感はよいもの...

  • 関東大震災

    大正年代今に語られる大地震が起きた。亡父は勝鬨橋近くにいた、一族集まって筏(川並)を生業としていた。  柳家三亀松が沖合のイカダに避難したことに一致していた。親父達は浮かんでいた蠟と竹を使ってローソクを作り販売しようとした時、祖父に一喝され配ったという。          ...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ブーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ブーさん
ブログタイトル
遺書代わりのブログ
フォロー
遺書代わりのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用