searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

おくさんのプロフィール

住所
奈良市
出身
倉敷市

自由文未設定

ブログタイトル
人生思うがままー経済的自由とFIRE
ブログURL
https://omouga-mama.com/
ブログ紹介文
FIREもしくは配当生活で経済的自由になろう。 老後資産を作りたい。さらに欲を言えば、副収入を得て早期リタイアもできたらいいな。 そんな、将来を夢見て40歳から始める資産形成を公開。 現在、豊かな老後が見え始めました。
ブログ村参加
2021/01/18
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、おくさんをフォローしませんか?

ハンドル名
おくさん
ブログタイトル
人生思うがままー経済的自由とFIRE
フォロー
人生思うがままー経済的自由とFIRE

おくさんの新着記事

1件〜30件

  • 小学プログラミング:Scratchでチーム分けプログラムを作ろう(乱数、繰り返し、条件分岐)

    Scratchでチーム分けをするプログラムを作ってみましょう。学校では2チームに分かれてゲームをすることが多いですよね。そんな時に役に立つプログラムです。乱数、繰り返し、条件分岐を使った応用プログラミングです。チーム分けプログラムの紹介まず

  • 小学プログラミング:Scratchでランダムに誰かを選ぶ(乱数、スプライト、入れ子処理を覚えよう)

    当番を決めたり、遊びで鬼を決めたり。 学校生活の中で、「誰か一人を選ぶ」という場面がありますよね。 今回は名簿の中から誰か一人をランダムに選ぶプログラムを作ってみます。 そのプログラムの中で、「乱数」「スプライトの使い方」「入れ子処理」について学んでいきましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchのブロック定義の使い方を覚えよう

    Scratchの機能に「ブロック定義」というものがあります。 これは何でしょうか? これをうまく利用することで、プログラムを短くしたり、読みやすくすることができます。 以前作成した、カエルの歌の輪唱で使ったブロック定義について今回は解説します。

  • 小学プログラミング:Scratchで音楽を作って並列処理を覚えよう

    Scratchでは音楽をつくることができます。 作り方は簡単なのですが、譜面を扱えなのでちょっと作りにくいのが難点です。 しかし、小学校の授業でも扱うテーマのようなので解説をしておきたいと思います。 それともう一つ、並列処理という技術を覚えてみましょう。

  • システム方式設計書の書き方

    システム構築において、システム方式設計書(ソフトウェア方式設計書)の作成は必須です。システム方式設計書を作成することは、システム構築には遠回りだと感じるかもしれません。 保守、メンテナンス性の良いシステム、障害、トラブルの少ないシステム、高

  • 小学プログラミング:Scratchで条件分岐と変数応用編を覚えよう

    小学校の授業で学ぶScratch。 正三角形を描くプログラムで基本を学びました。 そして前回、Scratchをより使いこなすための繰り返し処理と変数の使い方を解説しました。 今回は条件分岐と変数の応用を学びましょう。 プログラミング技術の勉強なのでちょっと退屈な内容ですが、前回の繰り返し、変数、そして条件分岐を知ることで作れるプログラムが格段に広がります。

  • 小学プログラミング:Scratchで繰り返し(ループ)処理を覚えよう(ついでに変数と演算も)

    これまでに、三角形を描くプログラムを作って、簡単なプログラミングを覚えました。 これからいろいろなプログラムを作っていきたいと思います。 でも、その前にプログラムの基本的な機能を覚えていきましょう。 少し退屈な内容になってきますが、プログラムの基礎編ということで学んでいきましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchで正三角形を描いてみよう

    Scratchで簡単な図形(正三角形)を書いてみましょう。 「小学校プログラミング教育の手引き(第三版) 令和2年2月 文部科学省」や市販の本でも解説されています。 その手順通り作れば正三角形を描くプログラムは簡単に作れます。 しかし、プログラムを作るときの考え方を身に付けておかないと応用が利きませんね。 今回は正三角形を描くプログラムの作り方と、プログラムを作るときの考え方を説明してみましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchで初めてのプログラムを作ってみよう

    ここまでに、Scratchの利用登録とプログラム作成画面を表示するところまで解説しました。 今回は、ついに、プログラムを作成してみましょう。 まずは超簡単なプログラムです。 5分もあれば作れると思いますので挑戦してみましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchプログラム画面の基本的な使い方

    Scratchの利用登録が終わったので早速プログラムを作ってみたいですよね。 今回は、Scratchの基本操作を学びましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchの利用登録~利用開始

    小学校のプログラミング授業などで使われているScratch。 利用開始するまでにどんな手順があるのでしょうか。 実際に、利用登録をしてみようと思います。

  • 実はすごい。みんな大好き「ばいきんまん」。

    2歳の息子は「ばいきんまん」が大好きです。 アニメ「アンパンマン」を見ている時、バイキンマンが登場すると大喜びです。 なんでだろう? 考えてみたら、いろいろなことに気づきました。 今日は、ばいきんまん「に注目して「実はすごい、ばいきんまん」の話をしてみましょう。

  • 小学プログラミング:Scratchとmicro:bitってなに?

    小学校のプログラミング授業で「Scratch(スクラッチ)、micro:bit(マイクロビット)を使ってるよ」なんて聞いたことありませんか? 早速、聞いたことない言葉が出てきました。 まずは、この2つが何なのか学びましょう。

  • 小学プログラミング:(保護者向け)プログラミング授業で学ぶこと

    小学校でプログラミングの授業が始ましました。でも、私たち親の世代はプログラミングなんて勉強したことありません。子どもに聞かれても答えられないですよね。そんなパパ、ママに小学校で習うプログラミングって何?って話をしていきます。ちょっと遠回りな

  • システム方式設計書:「他システム連携方式」の書き方

    おくシステム方式設計書(アプリケーション方式設計書)の書き方について。何を書いたらいいのでしょうか。今回は「他システム連携方式」です。外部システムとの連携をするときのルールなどを明確にします。他システム連携方式に書くこと他システム連携方式に

  • システム方式設計書:「業務共通方式」の書き方

    業務共通方式に書くことこれまで多くのことを設計してきたシステム方式設計書ですが、業務共通方式は残り僅か。いろいろな方式の寄せ集めの章です。主に、業務機能を実現するための共通部品の方式設計です。一例を以下に示します。各方式について、要件(概要

  • システム方式設計書:「セキュリティ方式」の書き方

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)にはどんなことを書いたらいいのでしょうか。 必要だから書かなければならない。 しかし、どんなことを書いたらいいのかわからない。 なんてことも多いのではないでしょうか。 具体的にどんなことを書いたらいいのかを示したいと思います。 今回はセキュリティ方式です。

  • システム方式設計:「文字コード方式」の書き方

    おくシステム方式設計書(アプリケーション方式設計書)にはどんなことを書くべきか?必要といわれているから?作るルールだから?労力をかける割に役に立っていない設計書を作っていませんか?役に立つシステム方式設計書を作ってみませんか。今回は、文字コ

  • システム方式設計書:「ログ出力方式」の書き方

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)にはどんなことを書くべきか? 必要だから作っているシステム設計書。 かけた労力の割に役に立っていない。 何のために書いているのかわからない。 なんてことはないでしょうか。 役に立つシステム方式設計を作るために必要なことを解説します。 今回は、ログ出力方式です。

  • システム方式設計書:「エラー処理方式」の書き方

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)にはどんなことを書いたらいいのでしょうか。 今回はエラー処理方式についてです。 時間と労力をかけて設計するシステム方式設計です。 役に立つ設計書にしましょう。

  • システム方式設計:「第6章 ファイルアクセス方式」の書き方

    おくシステム方式設計書(アプリケーション方式設計書)にはどんなことを書いたらいいのでしょうか。必要だから、仕事のルールだからとりあえず作った。と、いう人は多いのではないでしょうか。せっかく作ったのに、作って終わりではもったいないです。役に立

  • システム方式設計:「第5章 データベースアクセス方式」の書き方

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)には具体的にどんなことを書いたらいいのでしょうか。 今回はデータベースアクセスについての方式設計書の書き方を説明します。 オンライン処理方式、バッチ処理方式の中で利用される方式です。 共通の方式あることと、設計項目が多いため独立した1章として作成します。 では、その多い設計項目にはどのような内容があるのか見ていきましょう。

  • システム方式設計:「第4章 帳票処理方式」の書き方

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)には具体的に何を書いたらいいのでしょうか。 せっかく作るのですから役に立つシステム方式設計書にしたいですよね。 システム方式設計書を作ったのはいいけど、しっかり活用できているでしょうか。 役に立つシステム方式設計書を作るコツをお話していきましょう。 今回は帳票処理方式にどのようなことを書いたらいいのかです。

  • システム方式設計:第3章 バッチ処理方式

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)には具体的に何を書いたらいいのでしょうか。 今回はバッチ処理方式です。 基本的にはオンライン処理方式と同じような書き方です。 役に立つシステム方式設計書にするにはどうしたらいいのか。 記載すべき技術要素と書き方を説明します。

  • システム方式設計:第2章 オンライン処理方式

    システム方式設計書(アプリケーション方式設計書)には具体的に何を書いたらいいのでしょうか。 慣れていないととても難しいですね。 役に立つシステム方式設計書にするにはどうしたらいいのか。 記載すべき技術要素と書き方を説明します。 今回は、Webシステムなどオンラインシステムで最も肝となる「オンライン処理方式」について解説します。

  • システム方式設計書:第1章 システム構造

    システム方式設計書には何を書いたらいいのでしょうか。 章ごとに何を書いたらいいのかを解説していきます。 まずは、第1章システム構造からです。

  • システム方式設計書作成の流れ

    システム方式設計書はどのような流れで作ったらいいのでしょうか。 要件定義の工程から作成を始めますが、いきなり全部作るのは難しいでしょう。 では、各工程でどのような部分を作ったらいいのかを解説します。

  • システム方式設計書を作るメリット

    手間暇をかけて作るシステム方式設計書ですが、開発者側のメリットは無いのでしょうか。 摂家く作るのですから、作る側のメリットもないと残念ですよね。 そこで、開発者側視点でシステム方式設計書を作成するメリットを考えてみたいと思います。

  • システム方式設計の構成

    システム方式設計書に書くことは3つ「概要」「方式設計」「実装方式」という話を以前しました。 では、そのとおりに設計をするとどのようなイメージになるのでしょうか。 実際に方式設計章のレイアウトを用意しました。 システム方式設計をするときのイメージにしてください。

  • システム方式設計はテーラリングしよう

    システム方式設計は膨大な設計が必要です。 これをすべて設計するのは目が回りそうですね。 実はすべてを選択る必要はないのです。 システム方式設計書はひな形からテーラリングして使うものです。 今回はテーラリングについてお話したいと思います。

カテゴリー一覧
商用