searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

赤い風さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブラジルの風 DE レアルブログ
ブログURL
https://vento-do-brasil.hatenablog.com/
ブログ紹介文
このブログでは、私のブラジル生活の実体験を少しずつ書き連ねていきたいと思っています。ブラジル人の気質、現地生活、ブラジル料理、使えるポルトガル語、観光情報などなど、ブラジルという国が皆さんにとってさらに身近なものになることを願っています。
更新頻度(1年)

7回 / 13日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2021/01/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、赤い風さんの読者になりませんか?

ハンドル名
赤い風さん
ブログタイトル
ブラジルの風 DE レアルブログ
更新頻度
7回 / 13日(平均3.8回/週)
読者になる
ブラジルの風  DE レアルブログ

赤い風さんの新着記事

1件〜30件

  • 炎を上げるシャワー!ブラジルの恐るべき「シャワー事情」

    少し理屈っぽい話が続いていたので、今回は小ネタを少々・・・みんな大好き「ブラジルのシャワー事情」です。寒い夜に家に帰って、シャワーを浴びる。ガスで温められた大量のお湯がサーっと出てきて、全身がホカホカに。いいですね。日本にいると「ごく普通」のことです。が、ここブラジルは「普通」のことではありません。まず何が違うかといえば、なんとブラジルの「シャワー(Chuveiro)」は「電気」で温められているのです!イメージがわかない人は、以下の写真をご覧ください。 引用元:Wikipédia, a enciclopédia livre 見えますか?壁のコンセントから、電線が直接シャワー部に繋がっているのが…

  • なるほど分かった!ブラジル人の「意思表示」と「心理状態」の複雑な関係性

    今回も引き続き「独断と偏見」による記事です。 一つの意見としてご理解ください。 最近はコミュニケーションの手段として、ソーシャルネットワークを使うことが多くなりました。 ブラジルでは「WhatsApp」をほとんどの人が使っています。もうほんと、中毒の様にみんな使っています。スーパーとか警察に行っても、受付の人は接客しながらWhatsAppで友達にメッセージを送ったりしています。さすがブラジル、そういうところ大好きだよ!! 少し脱線しましたが、話を戻します・・・。 ブラジルで生活をしていると、時々メッセージを送って、ブラジル人の友人に何かを頼むことがあります。そんな時、日本人として、なんとも言え…

  • 思考の不思議??「“点”で生きるブラジル人」と「“線”で生きる日本人」

    今回は私の「独断と偏見」で記事を書きます。チョット理屈を書きます。 もしこの記事の内容で、感情を害した方がいれば、スミマセン。最初に謝っておきます・・・これまで15年以上のブラジル人と共に生きてきて、私はブラジル人と日本人の「根本的な思考の違い」に気づきました。(全員がそうだというわけではありません。全体的な傾向という話ですよ。) それは「ブラジル人は“点”で生き、日本人は“線”で生きている」ということなのです。 具体的な話で考えた方がいいですよね。例えば、もし知り合いの誰かがアナタに、「お金がないから助けてほしい。」と言ってきたら、皆さんだったらまず何を考えますか?日本人ならこう考えます。「…

  • 現地に住んで初めて分かる ブラジルの「医療事情」と「医療問題」

    前回の「民間療法」に続いて、今回は「ブラジルの医療事情と問題」に関して書きます。 ブラジルに行く前、日本のブラジル人の友人から、「ブラジルは病院に行っても無料なんだよ。ブラジルの医療は日本より進んでるんだよ!これだけは日本に勝っていると言えるね。へっへー!」みたいなことをよく言われていました。 だから信じていたんです。ブラジルは医療大国で、無料で素晴らしい治療が受けれると・・・。 まぁ、そんなことはありませんよね。普通に考えれば。 ブラジルに住み始めてから思い知りましたよ、ホントに。 ブラジルには大きく分けて病院が2種類あります。 いわゆる誰が診察を受けても(ブラジル人でも外国人でも)無料で見…

  • おそるべし!ブラジルの「民間療法」

    今日は小ネタをひとつ。 また別のブログで詳しく書こうと思っていますが、ブラジルの小さな町って、いい病院がないんですよ・・・ 「Posto de Saúde」っていう「気休め的な診療所」はあるんですが、専門医がいる訳でもなく、一人のお医者さんが全ての症状を診てるって感じ。 もちろん、日中しか開いてませんし、土日祝日は休みです。さらにブラジルはこうした診療所は無料なので、いつも大勢の人が順番待ちをしている・・・(もちろん大きな町は別ですけど) 私たちがサンタ・カタリーナで住んでいた、愛してやまない小さな町は、レントゲン1枚撮るごときでも、予約した上に、別の日に隣町の病院に行かないといけないくらいな…

  • ブラジルの不思議「Você(ヴォッセ)」と「Tu(トゥ)」

    今回も引き続いて「ポルトガル語ネタ」です。 ポルトガル語の勉強を始めると、誰もが最初に覚えるのが、日本語の「あなた」はポルトガル語では「Você」だということ。 私は日本で15年以上、ブラジルのサンパウロでは1年以上ブラジル人とポルトガル語で話していましたが、この法則に疑いを持ったことは一度もありませんでした。 「あなた」はポルトガル語で「Você」、日本でもブラジル本国でもそれは当たりまえのことだったのです。 そんな私が衝撃を受けたのは、サンタ・カタリーナに引っ越した時でした。 スーパーマーケットで町の人と話していると、なんだかおかしい・・・ みんな聞き慣れない単語を使っている・・・「Tu(…

  • 「ブラジルポルトガル語の【日常会話】」って教材あるけど「日常」って?「違い」ありすぎです・・

    今回は「ポルトガル語」のことについて書きます。 ただ書く前に、一つだけ前置きさせてください。 外国語のことを書いている他のブログなどを見ていると、読者から「それは違う」とか「本当はそうじゃない」なんて厳しいコメントが散見されます。 でもこれは当然のことです。 「日本語」のことを考えてみてください。日本語を勉強している外国人が1人いて、その周りに日本人が3~4人いるシチュエーション。そして、その外国人の方が、ある日本語の言葉の意味、そして使い方を質問します。 何が起きますか? ほとんどの場合、意見が分かれますよね。 ある日本人が「その言葉の意味はこうだ。こう使うんだ」と言うと、別の日本人が「いや…

  • ブラジルの「電気代」と「こわ~い電気規格」のお話・・・

    前回に引き続いて「電気ネタ」です。 まず、「電気代」についてお話ししたいと思います。 サンタ・カタリーナで私たちは安全も考えてマンションに住んでいました。 そこは私たち夫婦には何とも不釣り合いな大きさで、12畳くらいの台所、18畳ほどのリビング、6畳ほどの部屋と12畳くらいの部屋のある、それはそれは無意味にデカイ間取りでした。 電気を使用するものとしては、それぞれの部屋の照明、冷蔵庫、洗濯機、そして電気シャワー、それくらいのものです。テレビやオーディオ、電子レンジ、クーラーなどはなかったので・・・ その環境で1か月あたりの電気代は冬場に多くて70レアル(その時のレートなら1,800円くらい)、…

  • ブラジル生活と「ありえない電気事情」その2

    さて、前回の続きです。 前住居者の電気料金未払いのせいで、「もうすぐ電気が止まっちゃうクライシス」に直面した私は、この危機を回避できるのでしょうか?! 怒り心頭で電力会社の営業所を後にした私は、一路大家さんの家に向かうことに。 大家さんは私が住んでいるマンションの最上階に住んでいるのだが、満面の笑顔で出迎えてくれる。大家さんに請求書を見せて、これまでの経緯をすべて説明する・・・ 大家:「あ~、そうなんだ。よくあることだよね。あ~この人ね。女の人なんだけど、家賃が払えなくなって、ここを出て行っちゃたんだよね。」 私:「そうなんですね。。。でも、この人が電気代を払ってくれないと、来週私の部屋の電気…

  • ブラジル生活と「ありえない電気事情」その1

    今日はブラジル生活と「電気事情」について書きたいと思います。 「日本の常識、世界の非常識」という言葉があります。「電気」に関してはその言葉の正しさをブラジルで垣間見た気がします。 日本において私は仕事の関係で何度も引っ越しをしました。しかし、未だかつて「電気」のことで頭を悩ませたり、怒りを感じたことはありません。 それほど日本において、「電気を普通に使える」ということは、ごく当たり前のことなのです。常識なのです。 なにも意識することもなく、当たり前のものとして、まるで「空気を吸っているかのように」電気を使っているのです。 ブラジルで住むようになって電気に関して驚いたのは、本当に「停電が多い」と…

  • ブラジル生活と「台所ガス事情」

    今回は、ブラジル生活の「台所ガス事情」について書きます。 日本だと、どの家に住むとしても、台所に「ガスコンロ」を設置して、壁に付いているガス栓にゴム管を繋げばすぐにガスが使えますよね。(ガス屋さんとの契約と立ち合いは必要ですが) ところがブラジルはそうではない!! 一部のお金持ちの人を除き、一般ピープルはまず以下の写真のような「フォガォン(Fogão)」というガスコンロを購入します。(下段はオーブンになっているケースが多い) そして台所にフォガォンを設置した後、ガス栓がどこにあるのかキョロキョロ探しますが、そんなものはどこにもない! 「ガスが来てないやん!どうやって使うん?」と思いますが、なん…

  • ブラジル生活(旅行)、どうやって「現金(レアル)」を引き出す?「カード事情」はいかに?

    ブラジルに限ったことではありませんが、海外で生活をするとなると、現地で「現金(生活費)」をどうするのかを考えなくてはなりません。 つまり、ブラジルで仕事をして現地通貨で生活費を稼いでいるなら問題はないのですが、日本の口座にあるお金をブラジルでの生活費にする場合、どのようにすればいいのか?というのはなかなか頭を悩ませる問題なのです。 普通に考えると以下の選択肢になると思います。 ①日本円で持って行って、ブラジルで現地通貨「Real(レアル)」に両替する (あるいは日本で先に両替しておく) ②ブラジルでの生活はすべてクレジットカードで処理する ①は最悪です・・・ 現地で日本円を両替をすると「なんじ…

  • ブラジル人と「笑顔」

    ブラジルで生活していると、彼らの見せる「笑顔」に驚くと共に、戸惑いすら感じることがあります。 日本では、道ですれ違う人や、店員さんがこっちを見てニコッと笑顔を見せることはあまりありませんよね。 ブラジルでは、本当にたくさんの「見知らぬ人」が惜しげもなくニコッとしてくれます。 日本人はいつから「笑顔」を相手によって使い分け、出し惜しみするようになってしまったんでしょうね? やっぱり笑顔って素晴らしいものなんだなぁって、ブラジルに住んでいると改めて感じます。 ただ、日本に帰国した時には、習慣で見知らぬ人にニコッとして怪訝な顔をされたことがありますが・・・(笑

  • 「ブラジルの風 DE レアルブログ」の開設にあたって・・・

    初めまして。「赤い風」と申します。 私は2018年からトータルで2年半、ブラジルで生活をしていました。 最初はサンパウロ州、そしてその後はサンタ・カタリーナ州です。 現在はパンデミックのため一時的に日本に戻っていますが、落ち着き次第、すぐにブラジルに戻る予定です! 現地のブラジル人と毎日時間を過ごす中で、発見できたこと、興味深かったこと、驚いたこと・・・いろいろこのブログの中で書き連ねていきたいと思っています。 地球の裏側にあるブラジル。 このブログを通して、その距離が少しでも近くなることを願っています!

カテゴリー一覧
商用