chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ https://tora15433.com/

屋外ベランダでメダカ、ミナミヌマエビ、ヒメタニシなどの水棲生物、姫スイレン、ハスなどの水生植物、カブトムシ、オオクワガタなどの昆虫を飼っています。また、屋外常温で熱帯魚を飼っています。

虎ノ門虎之助
フォロー
住所
市川市
出身
町田市
ブログ村参加

2020/11/10

1件〜100件

  • 【オオクワガタのヤフオク出品禁止】前に最後の購入をしてみた。

    今年のオオクワガタ幼虫の割り出しが予想通り0匹の結果でした(【予想通りの0匹】オオクワガタ幼虫の割り出しと成虫の冬の準備)。ベランダと言う限定されたスペースでは、個体数を増えたら飼育ケースをむやみやたらに増やせばいいというわけではありません。飼育ケースで足

  • 【予想通りの0匹】オオクワガタ幼虫の割り出しと成虫の冬の準備

    オオクワガタ幼虫の割り出しをしました。夏前に飼育ケースの中に産卵木をマットに半分程度植えてきました。ただし、今年生まれたオオクワガタが7匹(オス5匹、メス2匹)いますので、あまり産卵してほしくない、もしくは産卵しなくてもいいかと思いながら、細めの木を入れてお

  • カブトムシ幼虫の糞だらけのマット交換(糞は肥料に?使い道は?)

    9月初めにカブトムシ幼虫の掘り出しを行い、47匹が生まれているのを確認できました。シーズン終わりの掘り出し時には、すでにエサ不足でマット表面に出てきておりましたので、急いで新しいマットを入れました。ただ、生まれた数が数だけに、新しいマットも減りが早いだろうと

  • 【台風上陸直撃】屋外メダカの台風対策まとめ(暴風域だけじゃない!)

    台風14号が日本列島を通過中ですが、九州地方を中心に各地で被害が相次いでおります。土砂崩れや大雨による河川の氾濫、暴風による建物の損壊など、各地に爪痕を残していくと思われます。台風シーズンと呼ばれるのは7~10月でして、特に8~9月にかけて多くなっており、気象庁

  • 【初心者マークの】メダカの飼い方(屋外編)

     メダカの紹介今や絶滅危惧種になりつつある野生のメダカですが、一方、改良メダカに関しては日々品種が増えており、500種類を超えるとも言われています。金魚を凌ぐ人気とも言われるメダカはポイントさえ押さえれば、上手く飼うことができます。メダカを飼うために必要なこ

  • カブトムシ成虫が最長寿を更新中

    我が家のカブトムシの成虫飼育は通常であれば、7月初旬に羽化して成虫になり、8月中旬、つまりお盆過ぎには生命期間を全うして死んでしまいます。その頃には、ポツリポツリと卵から産まれた幼虫が飼育ケースの横側や底から見ることができます。今年も同じ時期に羽化しました

  • 屋外で飼う丸物金魚のオススメは?福だるまで決まり!(らんちゅうは無理な初心者向け)

    金魚を屋外で飼いたい。そして、沢山種類のいる金魚の中で何を飼おうか?となります。まずは、インターネットや本などで調べたり、店頭で(飼わないまでも)見ていたりしますと『コイみたいな金魚を飼おうかな?』『丸っこい感じの金魚をを飼おうかな?』と、何となく金魚の

  • 【もはや説明不要!】あなたも飼いたくなる?!ミシシッピニオイガメ写真集

    ❖我が家のミシシッピニオイガメおなまえ:ミッピーちゃんせいべつ:おんなのこせいねんがっぴ:2017年1月何も説明はありません。可愛さMAX『ミッピーちゃん』写真集です。※最後にご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修

  • 【実は誰もわからない!】ミシシッピニオイガメの寿命

    ミシシッピニオイガメの寿命は一般的に30年と言われています。この一般的というのは諸説あり、野性下では、飼育下では、平均的に、というとても曖昧な根拠というか条件で成り立っています。そういう私も一般的なという寿命30年を記事に書いたりもします。インターネットを見

  • コオロギを簡単に捕まえるなら夜に草むら近くの道路を歩く(コオロギを飼う前に)

    自宅が江戸川河口付近に近いので、時々散歩をしますと梅雨ぐらいから秋にかけて虫に声がよく聞こえてきます。特に夕方から夜にかけて江戸川河川敷を散歩をしますと、道路に昆虫がでてきますので、簡単にとることができます。エンマコオロギなどの虫は、草につかまるような虫

  • フェロカクタス属のサボテン「金盛丸」の花が咲く(金盛丸の育て方)

    フェロカクタス属のサボテン「金盛丸」の花が咲きました。とても大きな花で綺麗なピンク色の花です。金盛丸は「きんせいまる」と読みます。100均サボテンで小~中株もよく見かけ入手は容易です。販売株は体色が黄緑に近いものが多く、他種との区別容易です。基本的にはサボテ

  • フェロカクタス属のサボテンの蕾

    サボテンの蕾が大きくなり、もうすぐ花が咲きそうです。サボテンの種類はフェロカクタス属のサボテンです。サボテンと言えばこのフェロカクタスであり、一般にも知れ渡ったサボテンの代表種なのです。フェロカクタス属のサボテンは、アメリカ南西部からメキシコを中心に広く

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(90)北米カメでなく南米カメ?

    ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、夏の最後で少し寒く?なりしましたので、動きが少し悪くなりました。そもそも『ミッピーちゃん』は、夏以外は屋内の暖かい水槽の中ですごしますが、夏の間だけ、運動不足解消が目的で屋外プールで過ごしてもらっています。

  • ワンダリングからのカブトムシ幼虫の掘り出し、幼虫大杉!オオクワガタも?

    昨日夜にカブトムシの幼虫が自分にとって最適な生息環境(場所)を探す『ワンダリング』を目撃しました(前日の記事)。飼育ケースの大きさに比べて、かなりの数の幼虫がマットの上にでてきておりました。『ワンダリング』には、いろいろな理由(前日の記事)がありますが、

  • 晩夏の夜の飼育ケースはカブトムシの幼虫まみれ(ワンダリングとは?)

    今年の夏はカブトムシのケースを2つにわけました。毎年1つの飼育ケースにちょっと個体数が多い時でも詰め込んでしまっていた(カブトよ!御免!)のですが、今年は羽化不全で角が折れ曲がったオスの成虫がおり、どう考えても正常な強いオスにあっと言う間に喧嘩で負けて殺さ

  • 救出コクワガタのオスにお嫁さん(メス)を迎えたの巻

    3日前にベランダに飛んできましたコクワガタのオスを飼育しております。都会の中を彷徨って飛んできたのに元気そうです。彷徨ってなんとか飛んできたとなると、弱っていて「ここ3日が峠だ」ということもあるかと思いましたが問題なさそうです。ただ、お腹がすいていたのか、

  • 都会であてもなく彷徨うコクワガタを救出!辿りついた先は?

    コクワガタがマンションのベランダに飛んできました。とは言っても我が家のベランダでなく、ご近所様のベランダでして、我が家でカブトムシやオオクワガタを飼っているので相談にきたのでした。マンションの建つ場所周辺は森どころか、林もありませんし、クヌギやコナラなど

  • ベランダ飼育における稚魚、稚貝たちの夏

    夏休みも残り短くなりました。と言いましても関東の学生の話でして、もうすでに北海道なんかは8月20日から始まっておりまして、始業式(式ではなく教室の様子でした)の様子がテレビで流れておりました。春からいろいろな生き物を育ててきて、メダカ、ヒメタニシ、カワニナ、

  • 爆発的に繁殖したヒメタニシたちの環境とは?

    ヒメタニシを増やす目的で一つ立ち上げた容器があります。その容器は、ただ単に底床にわずかばかりの赤玉土を敷いて水生植物を置く(植えない)だけの環境です。要は増えすぎた水生植物やメダカ容器など植える構想から漏れた水生植物の置き場になっています。容器は『メダカ

  • 【息抜き】函館北斗は人間だけじゃなく虫や水棲生物も過疎地なのか?

    タイトルに函館北斗(やはり函館がメジャーで北斗はマイナーな感じが..。)と書きましたが、北海道北斗市に行きました。私の生まれ故郷ではないんですが、両親と兄が住んでいます。もちろんよく電話で近況報告などの話をして元気であることを確認をしているんですが、やは

  • 【お盆の心霊シリーズ】さとるくんのメダカ

    中学校で仲良し四人組だったクニアキ、アイ、トシキ、テツは、怖い話を話したり心霊スポットに行くことが好きでした。夏休み前のある日、テツが言いました。テツ『そう言えば、さとるくん(※)の都市伝説の話、知っているよな?』アイ『知ってるよ。電話で呼び出すと24時

  • 【お盆の心霊シリーズ】廃寺の池のメダカ

    夏休みの登校日、小学校で同じクラスで仲良しだった、リク、タケル、ヨシキ、ミクの四人は肝試しとして、山の麓にある廃寺に行くことになりました。その廃寺は地元では有名な心霊スポットではなく、むしろ心霊スポットは、地元には廃病院がありましたので、そちらが有名だっ

  • 【お盆の心霊シリーズ】メダカ幽霊

    むかしむかし、あるところに寂れたお寺がありました。普段は誰も寄り付かないような寺でして、お坊様も住んでいない空き寺でした。そんな、お寺の一角に手水鉢がありました。小さいな手水鉢でしたが、そこに1匹の金色に輝くメダカが棲んでいました。小さい手水鉢でしたが、ど

  • 【台風8号上陸リアル】ベランダ飼育のメダカに横殴りの雨!

    台風準備の記事を書いてアップしたとたんに、暴風域に突入しました。予想通りの横殴りの雨であっという間に飼育容器の飼育水の水位が満杯になってしまうんではと心配です。2022年8月13日11時24分の状況です。これは凄まじいですね。アメッシュでは非常に強い雨の地域に突入し

  • 【台風8号】今年初の関東上陸に屋外メダカなどの生き物の備えを行う

    本日2022年8月13日に台風8号が関東上陸になるとの予報が出ています。屋外ベランダ飼育者としては、屋内飼育に違い当然と言えば当然ですが、台風の上陸の影響は不可避となりますので台風対応を行います。❖強風対策カブトムシやオオクワガタなどの飼育ケースは屋内に移動させ

  • メダカ容器の水が白く濁る現象が続く(水替えを繰り返すしかない!)

    最近、メダカ容器が白く 濁るようになりました。白く濁るというのは、グリーンウォーターのように植物プラントンが増えた状態でメダカのエサにもなるので歓迎されている状態ですが、白濁りは違います。白濁りに関しては、水質が不安定である信号である為、白濁りを回避したい

  • 【そんな~!】ハスの花が咲かずに蕾のまま散る

    今年は、ハスの容器の設置場所がよかったのでハスの葉が沢山生えてきて「これなら蕾にいずれ出てくるな、楽しみ」と思っていたのですが、一向に蕾が水面から出てくる様子もなく夏を迎えました。そしてようやく待望の蕾がでてきて、蕾も大きくなったので花を楽しみにしていま

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(89)夜のバスキングが好き!(バスキングとは言わないけど)

    ❖バスキングバスキングは英語で日光浴や日向ぼっこを意味する言葉です。カメなどの爬虫類は変温動物ですので、自ら体温を調節することができません。そのため、日光浴をすることで体を温める必要があります。体を温めないと、消化不良の原因につながります。また、カメの甲

  • 【猛暑日の日中は序章】屋外メダカ飼育における熱帯夜の恐怖

    ※2022.07.31更新(アクセス数が多いので記事を全体的に見直し)※2022.08.11更新(ハッシュタグ対応)❖2022.07.26の記事です。公開し忘れてました。今日は朝から大雨でした。久しぶりのメインオフィス出社でしたので、マンションから傘を差して駅に向かったのですが駅まで

  • チョウセンブナの稚魚が孵化して泳ぐと夏だなぁと感じる

    7月27日にチョウセンブナが泡巣に産卵していることを発見しましたが、昨日の夜に観察すると孵化しておりました。チョウセンブナは産卵後、早ければ2日、遅くても1週間で孵化します。7月27日夜に産卵発見で、7月28日夜に孵化確認だとちょっと合いません。おそらく7月26日に産

  • サボテンに怪しい何かが生えている!

    毎日、夕方になりますといつも通りにカブトムシ、オオクワガタへのエサの補給、メダカへのエサやり、飼育容器への足し水、ガーデニングの植物たちへの水やり、水草の間引き、スネールの駆除を行っています。猛暑とまではいかなくとも、水棲生物たちのいる飼育容器の水温は夕

  • 屋外チョウセンブナの泡巣への産卵(泡巣から溢れるぐらいに産卵)

    『泡巣』と書いて「あわす」と読むらしい...です。読むらしいというのは、生物学用語として学術的に言葉がある、そして解説されたものがないのです。他には「ほうそう」と呼んでいる方もいるそうです。❖泡巣(あわす)多量の泡によって作られた魚が産卵と子育てをするた

  • カブトムシに巨大65gの昆虫ゼリーをあげてみた話(でけぇな!)

    暑い日が続いております。本格的な夏になったような感じでありまして、セミの(羽化)スイッチが入っており、ミンミンゼミが鳴いて暑さが倍増しております。カブトムシやオオクワガタが活発に活動するシーズンになって、昆虫ゼリーの減りが多くなっています。昆虫ゼリーは18g

  • ホテイ草は越冬がうまくいっても、なかなか復活しない件

    今日もいい天気です。メダカや金魚、そしてカブトムシやクワガタのお世話をする為にベランダに出ただけで汗がダラダラと滝のように流れてきます。セミの(羽化)スイッチも入ったようでして、昨日あたりからミンミンゼミが鳴き始めました。アブラゼミはまだのようです。公園

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(88)夏の避暑地で移動するの巻

    今日も暑かったです。一昨日辺りから夏が戻ってきました。6月27日に関東甲信地方の史上最速の梅雨明け宣言がありましたが、7月に入り梅雨戻りの現象により、雨の降る日ばかりでした。そして再び一昨日辺りから日の当たる時間が少しずつ長くなり、それとともに気温が暑くなっ

  • スドー浮かべる水温計がすぐ沈む?何か気になるんですよね。

    今日は雲の合間から太陽が覗いて地上を照らし、とても暑い日でした。とは言え、外に出ると汗がダラダラたれてという猛暑(最高気温35℃以上)までとは行かずに、真夏日(最高気温30℃以上)という感じでして、時折吹く海からの風が涼しくも感じました。今は「梅雨戻り」のよ

  • 「実はフライング発表で梅雨明けしていない?」の中でアサガオが咲いたの巻

    今日も線状降水帯により、大雨が降り続いております。線状降水帯とは、次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が集合した状態のものです。集合した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50~300km程度、幅

  • ベランダ飼育メダカの線状降水帯の恐怖とその対策

    雨が降り続いております。とても蒸し暑いです。雨も「しとしと(細かい雨が降るの意)」と降るわけではなく「ざぁざぁ(滝の様な雨)」と降りますので、ベランダの配管は上階と屋上からの甘雨水が流れており物凄い音を立てています。ベランダから見る周囲の風景は、空は黒い

  • カブトムシやクワガタの近親交配は大丈夫なのか?(人間の近親相姦との違い)

    最近、6月初旬に蛹化したカブトムシの成虫を掘り出しました。結果、オス2匹で羽化不全1匹、メス5匹となりました。繁殖となりますと、ちょっと心もとないオスの個体数ですので、外から入れることにしました。外から入れるということは、外の血と交配して、今よりよい元気な個

  • オオクワガタの小型化は観測史上最速の梅雨明けが影響あり?

    今年もオオクワガタの成虫を掘り出して夏のシーズンが始まりましたが、特にオスのオオクワガタはやたら小さかったです。今年は3匹のオス(1匹は羽化不全)でしたが、2匹はとても小さいオスでした。産卵木を割り出した後は、秋と冬前に菌糸ビンを2回交換するのですが、交換タ

  • 【元首相銃撃事件】カブトムシが成虫に!角が曲がっている羽化不全の夏シーズン開幕

    午前11時半ごろ、安倍晋三さんが奈良県の近鉄大和西大寺駅付近で撃たれて17時3分に亡くなりました。謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。気を取り直まして、毎日に日課であるベランダに出ての生き物の状態を確認してきます。その中で、カブトムシの容器

  • カブトムシにスイカをあげると下痢?誤った俗説を解説【あげてもOK!】

    本日は台風が近づいてきたので曇り空でした。少しポツポツと雨も降りますが、本降りにはなりません。東京都心は9日連続で猛暑日でしたが、ようやくストップしましたし、全国でも猛暑を記録する地点はゼロと12日連続の猛暑日をストップとなりました。6月初旬に蛹化したカブト

  • オオクワガタの掘り出しと羽化不全、そして猛暑の夏の始まり..。

    猛暑が続いておりますが、台風3号の影響で、今日から曇り空の時間が多くなっております。予報通りであれば、7月6日(水)には関東に上陸する模様です。6月末頃に続いた強風の影響で生育に影響のありましたガーデニングや水生植物が復活してきているので、台風で再びダメージ

  • 【熱帯魚水槽】水槽掃除と全換水は時間をかけて行うの巻

    暑い~。今日も関東全域は猛暑でしたね。メダカや金魚の様子を見ようとしてベランダに少し出ただけで汗がダラダラ出てきます。それでも生き物たちは人間に命を委ねるしかありませんので、暑かろう寒かろうと人間がしっかり世話をしないといけません。今日もエサあげ、水草の

  • 水温30℃のぬるま湯でも元気に泳ぐメダカの梅雨の合間の猛暑

    暑い~。今日は休日ですので、平日にできなかった水棲生物や水生植物の世話をベランダに出てしておりますと、ダラダラと汗がしたたり落ちてきます。暑いは暑いんですが蒸し暑いんですよね。コガマやウキヤガラの抽水植物を植えている金魚容器内の鉢が前日からの強風で倒れて

  • カブトムシ蛹化後のコバエ大量発生前に予防してみた件

    今日も雲の合間から太陽が出たり出なかったり、どちらにせよ、じめじめとしている天気が続いておりますが、たまに太陽があたってくれているおかげで、ベランダの生き物や植物たちは元気を取り戻しております。山椒の木が枯れそうなので、アゲハ草(ヘンルーダ)を新たに買い

  • 姫スイレンの花が咲く梅雨のこの時期

    今日も空はどんよりしておりますが、雲の厚さが薄いのか、太陽の光が雲を通して地上を照らしております。そして若干の風が吹いておりますが、冷たいんだか、生ぬるいんだか、よくわからない風でして、午前中に買い物にいきましたが、汗がジワリとでてくるのです。午後に入る

  • カブトムシの前蛹がサナギになれずに死んでしまった話

    今日は昨日に引き続き、雨が降っており 肌寒い日でした。メダカや金魚たちはといいますと、水温が20℃を下回っていても元気に泳いでおります。オオクワガタの成虫はといいますと、こちらも寒い外気に気にもせずに夜になるとマットの中から姿を現してゼリーをいっぱい頬張って

  • 【単独飼いをしよう!】小学生が飼いたい生き物上位のハムスターを飼うには。

    ハムスター。小学生で好きな生き物ランキングに常に上位にくる人気の動物です。ホームセンターやペットショップに販売しておりますし、値段も手頃ですね。 そして常に1位2位にいる犬やネコと違い、大きくなりませんし、寿命も短いので、小学生の時分に飼う最初の哺乳類にうっ

  • カワニナがポックリ死ぬ(寿命とみる)

    梅雨ですね。今日も雨がザーザー降っている時もあれば、太陽が当たって暑い!夏じゃないか!というような時もありました。いずれの時も暑い雲が空を覆っており、いかにも雨雲といった感じですので、スーパーに買い物に行ったときには晴れている合間に傘を持って出かけたので

  • カブトムシが蛹化したようですが、コバエは発生しておらず!

    関東甲信地方は完全に梅雨に突入しております。毎日、曇りと雨の日が続きます。 我が家の日照環境は、正午から日光が当たり、南西に位置していますので、強烈な西日があたるような環境なのですが、曇りが続きますと植物の生育に影響がでてしまいます。そもそもの日照時間が少

  • 国産クワガタを飼うなら王様のオオクワガタ!(ブラックダイヤモンド)

    本日、関東甲信地方は梅雨に入りました。「例年よりとても早いなぁ。」なんて思っていましたが、気象庁によりますと、関東甲信は去年より8日早く、平年よりは1日早い梅雨入りということで平年並みなんだそうですね。1年前は全く覚えておりません。本日は前線や低気圧の影響で

  • オオクワガタの産卵用の朽木に水を浸ける浸けないの違い

    今日は風が涼しい日でした。前日にゲリラ豪雨のような雨が降りましたので、まだ雨雲のような雲が残っていましたが、太陽が隠れたりした時間帯はあるものの、天候に恵まれた日となりました。最近のオオクワガタの成虫は暖かくなるにつれて動きが活発になり、エサのゼリーも1日

  • メダカ飼育で浮葉性植物の葉で水面を覆ってしまう危険性の話

    「浮き葉」とは、その名の通り水面に浮いている葉です。我が家のメダカなどの水棲生物の飼育容器には、 マツモやアナカリスなど沈水性植物、コガマやオモダカなどの抽水性植物、ホテイ草、ドワーフフロッグビットなどの浮遊性植物など、多岐にわたる植物を育てております。飼

  • 猛暑でも生きるカワニナはメダカと混泳できる貝なのです!

    今日は暑いですね。群馬県高崎市上里見町では35℃を記録したそうです。5月中に全国で初の猛暑日が観測されるのは、3年ぶりだそうです。今年は梅雨入り前から厳しい暑さが続くので熱中症に注意が必要ですし、大量管理には気をつけたいところです。メダカ容器や金魚容器の水温

  • 【息抜き】ホームセンターにアゲハ草(ヘンルーダ)を購入しに行く

    今日は朝起きると凄まじい雨が降っておりました。 これは通勤したら「びしょ濡れだな。」と思いましたが、在宅勤務ですので同時に「在宅っていいな。」と思った次第です。昼になると雨はやみ、夕方になる頃には雲の間から太陽が覗きましたので、ちょっと外出でもしようかと思

  • メダカの稚魚が生まれた後に注意しないと集団失踪する件

    毎年 、恒例といっては何ですが、メダカの稚魚が孵化して泳いでいます。今年は白メダカ、青メダカの方が産卵しており、ヒメダカ、黒メダカはいまいちといった感じなのですが、まだまだ6~7月とありますので、ヒメダカや黒メダカも沢山の卵を産んでくれることを期待しています

  • 芽出ししたイネの苗をプランターに植えてみた

    本日は暖かい日でした、というより暑い日でした。いつも通りベランダのメダカ容器のメンテナンスや、新しくきた生き物の容器わけをしていましたら、汗がダラダラでてしまいました。屋内で芽出しをしていたイネの大きくなってきましたので、プランターに植え替えることしまし

  • アメリカカブトエビの孵化に挑戦(2022年1回目)

    毎年、イネを育てると同時にアメリカカブトエビを育てています。累代飼育に挑戦しており、土の中にアメリカカブトエビが産卵しているかもしれませんので、イネを収穫した後の土を翌年まで保存して再利用しています。孵化がうまく行かなかったり、孵化しても死んでしまったり

  • イネの芽出しとガーデニング(トマト・ナス・ピーマンなど)

    イネの芽出しを4月24日に開始して20日程度経ちましたが、ようやく芽が出つつあります。 もうすこしでプランターに植えられるぐらいに成長しそうです。プランターにはすでに水を張っており、苗を植えるのを待っている状態にしております。本来は新しい荒木田土を使用するので

  • 5月の長雨はメダカ飼育が慎重になる季節(メダカの稚魚誕生)

    昨日も今日も雨です。 ここしばらく太陽が雲の合間から覗いても、ほんの僅かな時間だけであり、後はどんよりとした雨雲が空を覆っております。タイトルに五月雨と書こうとしました。五月雨の読みはさみだれと読み、意味は陰暦5月に降る長雨ということで陰暦5月は、現代(新暦

  • ヒメタニシとカワニナを一緒に飼うと繁殖はヒメタニシ、次にカワニナの順

    我が家はメダカの飼育容器にタンクメイトとして、ヒメタニシとカワニナ を一緒に飼っています。数年飼っていますが、うまく飼えておりまして、どちらかが一方的に減って全滅してしまうということはなく、ヒメタニシ、カワニナともに繁殖して累代飼育ができております。ただ、

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(87)水替え時でもテラコッタトンネルから動かない

    ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、子供の頃に購入しました隠れ家のテラコッタトンネルが大のお気に入りのようです。もう体が大きくなったので穴に隠れることができないのですが、遊具的な扱いで縦置きにしているのです。テラコッタトンネルの穴に甲羅を入れ

  • 水生植物(水草)を植えすぎる屋外メダカ飼育

    屋外でメダカを飼育しまいます。屋外でのメダカ飼育もいろいろなやり方がありまして、用土を入れないベタタンク飼育や ろ過機やエアポンプを設置する飼育、そして水生植物を入れる飼育もあります。その水生植物ですが、レイアウトも様々でして、沈水性植物主体であるアナカリ

  • 【直球回答】ミナミヌマエビがポツポツ・導入後・毎日・水替えで死んでしまうの話

    ◆ドキュメント作成日付:2022/05/04更新日付:----/--/--❖はじめにミナミヌマエビ。メダカのタンクメイトであり、 メダカを飼うとなると一緒に飼う生き物であり、温和な性格であるため、メダカを買うにはうってつけの生き物です。ミナミヌマエビを飼うと、独特な可愛

  • トマト・ナス・ピーマンを植えてみた件

    トマト、ナス、ピーマンを植えています。毎年、トマト、ナス、ピーマン、キュウリなり、野菜をプランターに植える場合は、ホームセンターで野菜の苗を購入して植えていましたが、少しシーズンが早かったので野菜の苗が販売されてませんでした。そこで野菜のタネを購入しまし

  • 夜に水面に出てくるヒドジョウを観察するの巻

    メダカ含めた水棲生物のシーズンに入りました。シーズンに入る楽しみは、日中だけでなく夜の観察で、日中に姿を見せない生き物や、日中には見れない姿を見せてくれることです。夜に観察しますと、ミナミヌマエビが水面まででてきたおりまして、ライトの光を当てますとちりぢ

  • 【いつものGW】メダカの抱卵と産卵、そして採卵

    GWに突入しまして、今いちスッキリしない天気が続いていますが、時折雲の合間から見せる太陽は一気に気温を暖かく してくれます。世間は3年ぶりにコロナの行動制限のないGWとなり、成田空港や羽田空港は旅行を行う人で混雑しており、新幹線も田舎で過ごそうとする人たちで混

  • 烏鯉を飼い始めた件(カラスゴイの飼い方)

    カラスゴイ。その名の通り、烏羽場色(からすばいろ)のコイなのです。烏羽場色(からすばいろ)とは、黒い鳥の代表であるカラスの羽の色をさす。通常の黒より、さらに黒い色を形容する表現で、しっとりした印象のある艶やかな色合いなのです。ほんのわずかに、青みや 緑みが

  • オオクワガタが4月に蛹化

    菌糸ビンを3月27日に春一番の菌糸ビン交換後、1ヶ月が経過しました。 当初、菌糸ビンに食痕が増えていたのですが、そのうちに空洞が目立つようになり、本日見ると蛹化しておりました。蛹化するのを4月に見るのは初めてであり、2021年は5月26日、2020年は記録なく、2019年は6

  • 「ユリシス」「レクリス」「マリアージュ」「サバンナ」ってメダカの名前だそうですね。

    「ユリシスメダカ」「レクリスメダカ」「マリアージュメダカ」「サバンナメダカ」。最近ネット検索をしていますと、よく出会うメダカです。最初、「ユリシス」とか「レクリス」とかのメダカ抜きの単語だったので『何だろ?』と思いながら調べていきますと、メダカであること

  • オオクワガタ成虫の飼育ケースを掘り返して冬越し確認をしたの巻

    昨秋に菌糸ビンで羽化して、そのまま冬越し後に地上に現れましたオオクワガタの成虫がおりましたので、他にも菌糸ビン内にオオクワガタの成虫がいないかを確認しましたが1匹もおりませんでした。そこでついでといっては何ですが、屋外の冬越ししたオオクワガタの成虫の確認を

  • 昨秋にオオクワガタが羽化したがそのまま越冬して地上に現れたの巻

    今日はとても暖かい天気でした。久しぶりに朝にジョギングをしましたら、冬と同じ服装で走ってしまい、暑くて汗がダラダラでて途中でふらついてしまい意識がなくなりそうになりました。あぶないあぶない。帰宅後、お風呂に入って朝食後に2週にわたり行ったメダカ容器の大掃除

  • 子供ヒドジョウをホームセンターで安く購入しましたの巻

    子供のヒドジョウを購入しました。近くにあるホームセンターの一角にアクアリウムコーナーがあり、そこに熱帯魚や淡水魚などの水棲生物や水生植物などが販売されており、ヒドジョウも販売されております。ヒドジョウの価格は高騰しており、今はリアル店でも1,000~1,200円程

  • 【泳ぎが速い!ぽっちゃり金魚】福ダルマ金魚(≒玉サバ)を飼う

    屋外で金魚を飼うことになりますと、特に何か他の魚と混泳させてみたいなど考えますと、選択するのは、他の魚と同等の大きさ、そして素早さかと思います。これは他の水棲生物などエサの取り合いで負けてしまい、エサにありつけないことで弱ってしまう、死んでしまうことを避

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(86)テラコッタトンネルは一石二鳥

    ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、元気に泳いだり食事したり寝たりして過ごしております。冬の寒さ関係なくヒーターで一定温度に保たれた快適で暖かい水の中にいますが、やはり冬になりますと、なんとなく動きが鈍くなり、あまり泳がなくなったりします。屋

  • オモダカの春の植え替え後に珍客来訪

    春の植え替えでオモダカを植え替えましたが、そのオモダカに珍客が来訪いたしました。その名は「ナナホシテントウ」です。最もポピュラーなテントウムシで和名のとおり、赤色の鞘翅に7つの黒い紋があります。成虫で越冬して3月~11月まで活動をする虫で、成虫、幼虫ともにア

  • 【泥水】春のメダカ容器の大掃除(3日目:最終回)

    招福蓮(ショウフクレン)というハスを植えている容器の大掃除を行いました。この容器は招福蓮だけではなくて、他の植物を一緒に入れるという暴挙に出てしまい、栄養を沢山摂ることで大きく育ち花も咲く植物ですので、昨年は見事に花が咲きませんでした。他の植物は、ニオイ

  • 【淡水貝】屋外飼育でのヒメタニシとカワニナの相性

    メダカなどの淡水魚を飼っていますと、他の水棲生物を混泳させて賑やかな感じにしようというのが自然な流れです。 条件としてはメダカは小さくて温和な生き物であるため、メダカを襲わない、食べない、体が大きくない同じく温和な生き物となります。それはドジョウだったり

  • 【底物】屋外飼育でのドジョウとコリドラス・パレアタスの相性

    底物。本来は「底近くにいる魚のことで、磯釣りではイシダイやイシガキダイ、クエなどの魚を指します。」とあり、海釣りで使用する言葉のようです。広い意味といいますか、同じなら使用していいのか、わかりませんが、アクアリウムでも淡水魚ならドジョウ、熱帯魚ならコリド

  • 【泥臭い】春のメダカ容器の大掃除(2日目その3)

    チョウセンブナの容器の大掃除を行いました。チョウセンブナの容器は、アサザが植えてあり、チョウセンブナと巨大マドジョウを育てている肉食エリアの容器であります。アサザの生えているチョウセンブナの容器です。サイフォンの原理で水を抜いていきます。水を抜いた後の容

  • 【泥んこ】春のメダカ容器の大掃除(2日目その2)

    フナとクチボソの容器の大掃除を行いました。セイタカアシやコガマ、ウキヤガラなどの比較的草丈の高い抽水植物が植わっている容器であります。抽水植物たちがかなり茂っております。サイフォンの原理で水を抜いていきます。水が抜けました。ギンブナです。体もふっくらして

  • 【泥んこ】春のメダカ容器の大掃除(2日目その1)

    今日は昨日より更に暖かくていい天気でした。気温も25℃の夏日を記録して、昨日は風が強くて作業がやりずらかったのですが、本日は無風ですので、絶好のメダカ容器の大掃除タイミングです。しかしながら、あまりにも気持ちのいい陽気でしたので、昨日に引き続き、大掃除を行

  • 【泥まみれ】春のメダカ容器の大掃除

    今日は暖かく春の陽気のいい天気でしたが、風がなかなか強い日でありました。最高気温23℃ですので、もう半そでTシャツでも日中は寒くありません。風が強かったのですが絶好のタイミングでしたので、メダカ容器の大掃除を行うことにしました。これくらいの気温ですと水温も20

  • 気温が20℃を超えてくるとメダカ容器の大掃除準備開始

    今日は暖かくてよく晴れた日でした。在宅勤務でしたので休憩時間ではベランダに出てメダカ容器などを観察しつつ、遠くに見える桜並木を眺めておりました。水温計の水温は20℃を指しておりましたので、久しぶりにエサをあげました。流石に水温20℃になりますと、メダカなどの

  • ベランダで育てている水草のたちの春

    ベランダでメダカやエビ、ドジョウなどの水棲生物を育てております。春になって暖かくなりますと、活性が上がって動きが活発になります。暖かくなるとそれ以上に元気になるのが水生植物たちです。少し前までの寒かった時は新しい芽を出す様子もないのに、暖かくなりますと、

  • 越冬できるホテイ草、できないホテイ草(春に新しい芽)

    今日はやや寒いです。寒の戻りでしょうか?ベランダのメダカの動きも鈍い感じです。今週末を過ぎると20℃以上の日が続く予想ですので、いよいよ春本番です。昨秋から何も冬の対策をせずに越冬させたホテイ草ですが、枯れる手前で何とか踏ん張り春を迎えました。ただ。全部が

  • カブトムシの春一番のマット交換

    昨日のオオクワガタの菌糸ビン交換に続き、本日はカブトムシ幼虫のマット替えを行うことにしました。ベランダの隅にある飼育ケースにカブトムシの幼虫を飼っており、飼育ケースの外側から見ると移動していることも多くなり、活性が上がってきたようですので、このタイミング

  • オオクワガタの春一番の菌糸ビン交換

    今日は暖かい日でした。前日は大雨で窓ガラスに雨が叩きつけるような風雨でした。ベランダもビチョビチョに濡れてしまいましたが、今日はベランダの床も乾いておりました。やや曇り空でしたが、太陽も覗いており、とても暖かい陽気でしたので、一仕事しようと思いました。そ

  • 子供とホームセンターでメダカを購入して屋外で飼う(メダカの飼い方)

    ◆ドキュメント作成日付:2022/03/22更新日付:----/--/--❖はじめに子供と一緒に何か飼おうとなりますと、昆虫ではカブトムシ、クワガタムシ、スズムシ、水棲生物となりますと、金魚や熱帯魚となりますが、手軽さから言うとメダカが選択肢に入るかと思います。子供と一緒に

  • 春先の飛び出し事故でチョウセンブナ死す

    あちゃー!やってしまいました。最近は暖かくなってきて、水棲生物の活性が上がり、エサをあげ始めた矢先に出来事でした。冬と変わらないぐらいに、容器ギリギリ手前(満杯2cm手前ぐらい)に水を入れていたのですが、これがいけなかった。今朝見ますと、容器から飛び出しして

  • ホテイ草の越冬結果はえらい惨状!果たして春に復活するのか?

    今日は若干曇りですが、それでも外に出ても寒くないような気がします。ただし、水温は20℃を割り込んでいますので、昨日から再開した水棲生物たちへのエサやりは小休止です。一方、多年草の水生植物たちも新しい芽を出すもの、もともと冬も常緑でそのまま元気なものと様々で

  • 【2022年度開幕】春の陽気でメダカにエサを与え始めました。

    今日はいい天気で暖かい日でした。春はいいですね。ポカポカ陽気に誘われて、起きたらすぐにベランダに出てメダカたち水棲生物や水生植物の様子を見に行きました。メダカやチョウセンブナは春の陽気で活性が上がってきているのか、水面をスイスイ泳いでおりましたので水温計

  • プリムラジュリアンの花が鳥に食べられる

    昨日は春一番が吹きましたが、今日も引き続き強風が吹きました。風はまだ冷たいのですが、陽が当たり、いい天気でした。冬の間に楽しませてくれました、ベランダに置いていあるプリムラジュリアンでした。プリムラジュリアンは多年草でもあり、翌年も引き続き開花をと思いま

  • 春の陽気ですが「らんちゅう」が水面に出てこないというか、いない!

    最近、日中は暖かい日が続いています。屋外ベランダの水棲生物の容器は少しずつ春になりつつあります。チョウセンブナが水面に出てきて泳いでいる姿を見ることができます。メダカも少しずつ水面に上がってくることが多くなりました。ただ、まだ活性が上がっていないのか、動

  • 【3月に入って】メダカ飼育の用土の在庫確認と発注

    ロシアのウクライナ侵攻が続いています。ウクライナ人とロシナ人の無駄な血が流れています。核兵器使用をちらつかせて脅しをかけていますが、世界中が戦争反対を願っています。世界中の思いが届いてプーチン大統領が戦争をやめてくれるのを願っております。実は戦争が絶える

  • 【平和祈願】もし第三次世界大戦で核戦争になったら、メダカ飼育どころか..。

    ロシアによるウクライナ侵攻が進んでいます。プーチン大統領曰く、虐げられている同胞を救い出すための「特別軍事作戦」だそうですが詭弁でしかないです。ウクライナがNATOに加盟していないことで、西ヨーロッパやアメリカは、この戦争に参戦しない表明をしています。もし、N

  • ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(85)いないいないばぁ?

    ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、水槽台を設置してリビングの窓から外の世界が見えるようなりました。よく人間でいう「たそがれて」いる姿を見かけます。「たそがれる」は「物思いにふける」という意味で使用してしまいましたが、実際には違うようです。「

  • 冬の残り1ヶ月のメダカ飼育について(夏季と冬季五輪の2年違いの理由)

    北京オリンピックが終わりました。コロナ禍にあって、夏季は東京、冬季は北京とオリンピックが2回見ることができた年度でした。そもそも夏季と冬季は開催都市は違えど、同じ年度で開催されておりました。1998年の冬季のリレハンメル(ノルウェー)から始まりました。何でかは

  • 熱帯魚は同じ魚を多頭飼育するより1匹や2匹が長生きする説?

    今日は夜勤明けですのでとても眠いです。始発電車で帰ってきたんですが、雪が降っていて「これは積もるのかな?」と思いましたが、家に帰って朝食を食べて外を見ると雨になっておりました。まだまだ寒い日が続きます。また今週は雪が降る日があるという話もでています。ベラ

ブログリーダー」を活用して、虎ノ門虎之助さんをフォローしませんか?

ハンドル名
虎ノ門虎之助さん
ブログタイトル
虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ
フォロー
虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用