searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

seishinigakuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
精神科医 Dr.おもちの質問箱
ブログURL
https://seishinigaku.com/
ブログ紹介文
精神科やメンタルヘルスについて普段疑問に思っていることや病院では直接聞けないようなことをお答えします。
更新頻度(1年)

21回 / 34日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2020/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、seishinigakuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
seishinigakuさん
ブログタイトル
精神科医 Dr.おもちの質問箱
更新頻度
21回 / 34日(平均4.3回/週)
読者になる
精神科医 Dr.おもちの質問箱

seishinigakuさんの新着記事

1件〜30件

  • 自殺しやすいうつ病の方の特徴は?

    自殺しやすい特徴は若年期、低所得、パートナーの欠如、幼少期の虐待、喫煙、違法薬物の使用、アルコール乱用、何らかの身体的な慢性疾患、性格的特徴です。

  • 最近の自殺の話題について

    AJPの10月号で自殺特集が組まれており、その特集にコロンビア大学のJohn Mannの総説が載っておりました。その最新の総説ということで現在の自殺についてはどこまでのことがわかっているのかを知ることができると思うので簡単に紹介します。

  • ご質問について

    本ホームページでは医療相談や悩み相談ではなく、実際の精神医学に関する事実を述べることを基本方針としております。 匿名で大

  • うつ病と食事について

    うつ病を避けるならば、まず太り過ぎずに魚を中心にオリーブオイル、ナッツなどの地中海式の食生活を送り。ヨーグルトや乳酸菌を飲みましょうということでしょうか。

  • シロシビン(マジックマッシュルーム)とうつ病への効果について

    ケタミンよりも安全でうつ病への効果も絶大だから今後も大規模なスタディで検証していくと良いよとなっています。

  • 産後うつ病のリスクについて

    わかりやすく言いますと、産前にストレスがなく家族仲も良い場合は産後うつ病のリスクは下がるため、出産まで安心して落ち着いた生活を送ることが大切です。

  • カリフォルニアロケットはうつに良いの?

    研究によって結果が割れており、はっきりとは結論が出せないような状況なのではないかと思います。大規模研究だとどうしても個々の患者さんの性質や個人差を見れない傾向にあるため、ひとりひとりに合った治療法を模索していく必要があるので試してみて効果があれば良し、無ければ止めるといった方法が現時点での限界でしょうか。

  • 摂食障害は痩せすぎでも太りたくないのはなぜ?

    摂食障害の方は認知症のような状態になっていると考えるとわかりやすいかもしれません。

  • アシタノワダイの「うつ病の闇」について

    抗うつ薬を処方しても多くの医者は儲かりません。

  • 自己判断で通院をやめてもいいか?

    うつ病は症状が改善した後も半年以上の抗うつ薬の服用が再発予防に効果的と言われています。そのため、自己判断で内服は中止せずに帰国後も継続して精神科に受診し、内服中止のタイミングなどご相談されたほうがいいでしょう。

  • 飲酒と認知症の関連は?

    結論から言うと、1日4杯以上など飲酒量が多ければ認知症のリスクを上げ、3杯以下などそこまで多くない場合は結論が出ていないと言ったところではないでしょうか。

  • 大麻は精神疾患に有用であるか

    今回は前回とは逆に「まあリスクもあっても治療効果が強くあればいいんじゃない?だって副作用がゼロの薬はないでしょ。だから少しぐらいリスクがあっても病気の症状が改善するならいいんじゃない」という意見もあるだろうと思い、その点に特化して書いていきたいと思います。

  • 摂食障害は死ぬ病気ですか?

    精神科で摂食障害を診ているとかなり致死率の高い病気だと感じる。一見元気そうでも突然死するリスクも高く、精神科をやっていても摂食障害の方が来るとかなり身構えてしまう。しかも今回の質問のようにあまりそのリスクの自覚がない場合が多くあり、より怖く感じてしまう。

  • アンナO嬢について(精神分析)

    アンナO嬢の症例は精神分析が生まれるきっかけになった症例でありJ.ブロイアーによって1880年から1882年まで治療された非常に有名な人である。

  • 精神科では病名告知はしない?

    統合失調症の場合だと完治は難しい場合が多くなおかつ診断も非常に難しいと言えます。それゆえ簡単に診断をつげることも大きな問題です。

  • 買い物がやめられません

    クレジットカードを捨てましょう。キーワードは「アクセスの良さ」です。買い物依存の場合はクレジットカードを全て捨ててしまい、必要なものは銀行からお金を下ろし遠くのスーパーやデパートまで行かないと買い物ができないようにしてしまうという方法が効果的です。

  • 大麻は安全なのか、危なくないのか。

    大麻の使用は長期的に認知機能や精神疾患への影響はありそうです

  • うつ病や統合失調症は検査でわかる?

    正直なところ脳のMRIやCT、脳波などの検査によってうつ病や双極性障害(躁鬱病)、統合失調症、パーソナリティ障害、ADHDなどは今の時点では全然わからないといっていいと思います。

  • 潔癖症は病気なのか?

    潔癖などの強迫行為が病気であるかどうかの判断はその行動によって生活自体が困難になる場合に言います。例えば1日5時間手洗いを続けて仕事もできなければ人にも会えないといったところです。仕事もでき日常生活に大きな支障がなければ病気とはしないことが一般的です。

  • 抗うつ薬は良くなったあとも飲み続けないといけないのか?

    はい、うつが良くなった後も半年から1年間は抗うつ薬を飲み続けたほうがいいと思います。 抗うつ薬は再発予防の効果もあります。

  • 精神科でうつ病だと嘘を言ってもばれませんか?

    基本的に精神科の診察は患者さんの訴えをもとに判断します。そのため嘘をつかれてしまうと正確な判断ができなくなってしまうので嘘を言うことは絶対にやめて欲しいと思います。基本的には患者さんの言うことを信頼して日々診察しています。本当に症状が出現してから受診して頂けたらと思います。

  • 精神科の薬が怖い

    確かに睡眠薬を内服することで夢遊病のような副作用が出てしまうことがあります。 ただ慎重にひとつひとつ少量から試していくと合う薬が見つかることもあろ、あし。 また、パーソナリティ障害に近いような症状も併存しているかもしれません。 パーソナリティ障害は元々の性格傾向も大きいため薬のみでの解決が難しいことも多くあります。

  • うつ病になると統合失調症になってしまうことがある?

    全く別の病気でうつ病になったからと言って統合失調症になりやすくなるといった報告は見たことがありません。 ただ、実は最初うつ病であったと診断された症状が統合失調症の陰性症状を見ていたという可能性はあります。 また、うつ病においてその症状が時間経過とともに変化していくことは珍しくありません。

  • 多重人格は本当にあるのですか?

    多重人格は実際に存在します。 短時間から長い場合は数日など記憶がなく、交代人格が現れることがあります。 ご本人の主人格の記憶がない時間帯であっても交代人格の中には全ての記憶を保っている場合もあります。 記憶が保たれている人格は理性的な内的自己救済者と一般的には呼ばれています。

  • うつ病でも妄想が出るのか?について

    うつ病の症状としては気分の落ち込みや不眠、食欲低下が主だが精神病症状が出現する場合がある。このような症状は特に高齢者のうつ病で多い。さらに精神病性うつ病はより激しい方法で自殺を試みる可能性があると書いてある。

  • ADHDは遺伝しますか?

    ADHDは遺伝による影響も高いがそれ以外にも、親のアルコール飲酒やタバコ喫煙などでも高くなる。

カテゴリー一覧
商用