searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から
ブログURL
https://jesuslovesmeus.hatenablog.com
ブログ紹介文
人生、人生相談、生きがい、生きることなどを、キリスト教信仰、聖書の立場から考えます。解決は神様、イエス様との個人的関係がカギだと信じています。コロナ禍でストレスに満ちた世の中にあって、自死や自殺を切に防止したいと願っています。
更新頻度(1年)

48回 / 102日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2020/10/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サッチーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サッチーさん
ブログタイトル
人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から
更新頻度
48回 / 102日(平均3.3回/週)
読者になる
人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から

サッチーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【コラム】混乱の世の中を生きていくために。

    新型コロナの影響で、再び非常事態宣言がいくつかの都府県で発令されました。 医療崩壊が叫ばれる中、政府は十分な対応ができずにいます。 政府は、コロナを第2類から第5類への変更を検討しているようですが、様々な事情もあり、実現へとは至っていません。 コロナは、「正しく恐れ、対処すること」が大切です。 マスコミを単純に批判したくはないですが、視聴率を意識した報道が度々見られます。(批判だけの意見、増えている部分だけを放送する等々) 今は、「大手マスコミだから信頼できるという」時代ではないようです。 先日も近所の年配の方が、「テレビを見ていると気持ちが暗くなる」と言っていました。 大手マスコミ情報を一方…

  • いつも喜ぶことは、本当にできるのですか?

    聖書に「いつも喜んでいなさい。」とありますが、苦しい時に喜ぶことは難しいのではないでしょうか。喜べない時に喜ぶのは、偽善のように思えるのですが…。 ご質問をありがとうございます。 誠実なご意見だと思います。 喜べない時に、「喜ぶように」と勧めるのは、正直な心を「偽らなければならない」ように感じることは、当然な気持ちだと思います。 「いつも喜んで生きること」は、確かに素晴らしい生き方ですが、それが「演技」であるならば、とても虚しいことです。ある人はそれを見てガッカリするでしょう。 「本当に喜んで生きる」ために、二つのポイントを考えていきたいと思います。 しばらくご一緒にお付き合い下さい。 今回は…

  • 【コラム】悪を悪として認識すること。一年の始めに、心のメンテナンスを。その3

    世界情勢、特にアメリカ情勢が慌ただしくなっています。 混乱があっても最終的には、正義と平和的解決を願いますが、悪に対しては、しっかりとした視点を持たなければならないと思わされます。 今回は「悪を悪として認識すること」というテーマで考えていきます。 ①悪には「パターン」があるということ。 ②「親しい人」や「権威ある力」からの考え(価値観)であっても、悪ならば「悪として認識」しなければならないこと。 ③動く時には、TPOがあること。 ①悪には「パターン」があるということ。 「あの人言うことは綺麗だけれど、腹の中は分からない」 「言っていることは立派だけれど、やっていることは信用ならない」 そういう…

  • 【コラム】一年の始めに、心のメンテナンスを。その2「感謝のメガネ」

    今回は、「感謝すること」を取り上げたいと思います。 皆さんの身近な人が、「あなたの為」に、流し場の食器を洗ってくれたとします。 しかし、ゴミが残っていました。 その時「あなたの心」は、どう「感じる」でしょうか。 (「あなたの心」は、自然にどう動くでしょうか) 考えてみてください。 「洗ってくれてありがとう」と思うか。 それとも「ゴミも捨てておいたら良いのに」と思うか、です。 きっちりしている人は、洗い方にも「流儀」があります。 その「流儀」から外れた仕事を見た時、どう「感じる」かです。 「感じる」ことは、理屈ではありません。 「感じる」時には、自然にそうなります。 正直、私自身、自分のやり方で…

  • 【コラム】歴史をつくる人(大義の大切さ)

    今回は、「大義の大切さ」に焦点を当てて考えていきます。 そして「大義を果たす」者が、歴史をつくること。 しかし邪悪な存在は、人々を失望させ、諦めさせ、「悪のなすがままに」させようとすること。 そのため「諦めてはいけない」ということを強調したいと考えています。 今回のポイントは、3つです。 ①人は「大義」が無ければ動かないこと。 ②その大義が「本当に正しいか」を「絶えず吟味する必要」があること。 ③健在な大義を「実現する」為には、逆境に対して「諦めてはいけない」こと。 ①人は「大義」が無ければ動かないこと。 人は「大義」が無ければ人が動きません。その最たる例が、選挙運動です。 候補者は、自分の「…

  • 【コラム】あなたは、この為に生まれた。

    年の初めです。 仕事始めで仲間と再会し、「明けましておめでとうございます」と言い合った方も、多くおられると思います。 数日の休み明けにもかかわらず、再会はどこか懐かしい感じがします。。。 通常業務に入る前の、新鮮な感覚です。 そして、忙しさの中で「通常の顔」、日常が戻っていくのです。 今日は、「あなたは、この為に生まれた」(使命感について)考えたいと思います。 アメリカの最年少の下院議員で、マディソン・コーソンという方がいます。ノースカロライナ州選出の現在25歳の方です。 先日、彼の同年代の若者に向けてのスピーチを、YouTubeで見ました。(Harano Times Official Cha…

  • 【コラム】一年の始めに、心のメンテナンスを。

    明けましておめでとうございます 昨年よりブログを始めましたが、多くの方が読んで下さり、応援して下さりありがとうございました。仕事の関係で不定期にアップしていましたが、アップしない日にも、定期的に読んで下さる方もおられ、大変励まされていました。 今年も、今の時代に沿ったメッセージをお送りしていきたいと願っています。 本年も宜しくお願いします。 リンカーンの名言に 「木を切る前に、斧を整えよ」という言葉があります。 「木」をじ上手に切り倒したいならば、まず「斧の手入れ」をすべきである、という意味の言葉です。 新しい2021年を始めるに当たって、そのことを考えたいと思います。 2021年は、ますます…

  • 【コラム】神様が共におられる感覚

    今年もあと僅かで終わります。 このような区切りの時には、自分のことを振り返る良い機会です。 今日は、私が感じている「神様が共におられる感覚」をお話ししたいと思います。 20代の頃、(まだクリスチャンになる前です)、とても苦しいことを経験した時がありました。 その最悪の状況の時に、田んぼ道を歩いていると「ある感覚」が、急にやってきました。 それは、「光に照らされている」ような感覚でした。 同時に心の中に、「わたしは見ている……」という言葉が浮かんだのです。 その……の言葉は、当時の私にとって「最も必要なもの」でした。 今でも、その時の風景を思い出します。 田んぼのあぜ道で、枯れた草が続いており、…

  • 【コラム】悪と戦うこと、情報戦。(来年への備え)

    2020年は、激動の年となりました。(今回のコラムの内容は重たくなります) コロナによって、私たちの環境は一変しました。 春先からの買い占めによるマスクや他の物資不足、社会的距離や三密防止。 今まで経験したことがない状況下で、一時期多くの人々がパニックとなり、現在も混乱は続いています。 マスコミも、視聴率を取るために、人々が飛びつく「あおるような」情報を流す傾向があることを強く感じます。 その反動から、コロナを極端に軽視する人たちも出てきています。 不確かな情報が飛び交い、その情報に踊らされて、「心ここにあらず」となる方も多く、精神的に不安定になっている人も多いです。 自殺者も確実に増えていま…

  • クリスマスは、愛の贈り物

    クリスマスおめでとうございます。 コロナ禍にあっても、クリスマスは、喜びの日です。 (実際のクリスマスは、24日の日没後に始まります。教会暦では、日没から25日だからです。) 今晩(24日)は、ケーキを食べたり、特別な食事をする方もおられると思います。 もともとクリスマスは、「イエスキリストの誕生」をお祝いする日です。 そしてクリスマスは、人類に「愛のプレゼント」が贈られた日、(それを記念する日)です。 では、「キリストの誕生」で一体何が「贈られ」、何が「そんなに素晴らしい」のでしょうか。 メリークリスマス(クリスマスおめでとう)と言いますが、一体何が「おめでたいこと」なのでしょうか。 またど…

  • ほめればほめる程、落ち込む後輩がいるのですが、どうしたら良いでしょうか。

    幼児教育の仕事をしている者です。最近入ってきた後輩が、すぐに落ち込むので困っています。年上の先輩と比較し、「自分はできない」と否定的になります。彼女に「経験が違うのだから、自分の目標を立てて、自分のペースでいったら」とアドバイスをしても、「自信がない」と言い、ネガティヴ発言を繰り返します。聞いてみると、前の職場でも同じような問題を抱えていたようです。あまりに続くので、「何とかしよう」と考える他の人たちも引きずられて、職場の雰囲気が暗く重くなってきています。どうしたら良いでしょうか。 ご質問をありがとうございます。 質問者さんの職場には、優しい方が多いのでしょうね。 質問者さんたちが、良い雰囲気…

  • 【コラム】被害者利得という心理(現代世相の考察)

    皆さんの近くに、「自分を被害者だ」と主張して、「遠慮なく人を攻撃する人」はいませんか。 通常は表に出さなくても、「自分の失敗」は、「すべて人のせい」で、「被害者になれ」ば、「何をしても許される」と思い込んでいる人はいませんか。 (被害者ということを言い訳にして、自分の言動を正当化す行為です) 精神科医の片田珠美氏が、「被害者のふりをせずにはいられない人」(青春出版社)を出版されています。 また同氏は、ダイヤモンドオンラインで、「『被害者ぶる人』増加中、巧妙な狙いを3分類で読み解く」という記事を書かれてもいます。 非常に深い内容であり、一度読まれることをお勧めします。(続編、「『被害者のふり』を…

  • クリスマスにはどういう意味があるのですか。イエス・キリストの誕生を、なぜお祝いするのでしょうか。

    【クリスマスにはどういう意味があるのですか。またクリスマスイブ(12月24日)、クリスマス(12月25日)はどういう違いがあるのですか。どうしてイエス・キリストの誕生を、世界中でお祝いするのでしょうか。不思議な気がします。】 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ クリスマスが近づき、コロナ禍の中にあったとしても、街にはイルミネーションが輝いています。 今回、クリスマスのことを書くにあたり、世界のクリスマスの様子をリサーチしました。すると、写真を見るだけで、心がワクワクしてきました。 プレゼントを交換し、家族で食事をする・・・いろいろなクリスマスの過ごし方があるとは思います。 今回、2つ…

  • 【コラム】コロナ禍での、クリスマスの喜び

    今年は、コロナの影響で特別な年末を迎えようとしています。クリスマスと言っても、多人数で集まってお祝いすることも遠慮しないといけない状況下です。帰省も難しいかもしれません。 通常ですと、心がウキウキする街中のイルミネーションも、なぜか逆に寂しさを感じます。どうしてそう感じるのかと、よくよく思い巡らしてみると、出歩く人が例年よりも圧倒的に少ないからだと思い当たるのです。(私の近所の駅の話です) 皆が、どこか萎縮しています。騒いでいる人も、現実逃避のように感じるのは、私だけでしょうか。 しかし、こんな時でも、世界中でクリスマスがお祝いされています。商業主義のため、と利用している人もいるでしょうが、「…

  • 職場で人間関係でのトラブルを抱えています。どんな対応をしたら良いでしょうか。

    職場に影響力のある人が2人います。2人は現在、部署が違いますが、お互い自己主張が強く、譲りません。2人はそれぞれでは良い人なのですが、相性が悪いのか過去に何度かぶつかったことがありました。今は距離があるので、問題がないのですが、将来的に揉めごとが起こる可能性が高く心配です。どちらの人とも仕事上の関わりがあるため、対応に気を遣います。アドバイスを頂けると助かります。(40代管理職) ご質問を下さり、ありがとうございます。 職場の人間関係は、毎日顔をあわせるため、こじれると大変難しいものです。特に管理職のお立場では、チームを上手くまとめなければいけませんから、とても気を遣われることでしょう。 解決…

  • 【コラム】神様に守られている感覚

    いつも読んで下さり、ありがとうございます。 最近、コラムが多いですが、今回もしばらくお付き合い下さい。 今回、「神様に守られている感覚」について書いていきたいと思います。 皆さんもきっとあるのではないでしょうか。 「ヒヤリハット」の体験です。 「危ないところで守られた」という体験です 私も先日、車の運転をしている時、追い越し車線から走行車線に車線変更をしようとして、確認の上でハンドルを左に切ろうとしたことがありました。その直前、左ミラーに「チラリと白い車が見えた」ので、留まりました。その直後、猛スピードの車が左から追い越していきました。(猛スピードで左からの追い越しは、当然違反です) 「あの瞬…

  • 【コラム】自分の使命(生きる方向性)を考え、果たすこと(考察)

    55歳の誕生日を迎えました。 妻がケーキを買ってきてくれ、ささやかな楽しい時間を持つことができました。 もう人生の半分は過ぎてしまったのだろうな、と思うと、感慨深いものがあります。 これからの人生を思い巡らす中で、頭の中に「自分の使命を考え、果たすこと」というタイトルが思い浮かびました。 今回はそのことを、まとめたいと思います。 今、コロナの第3波で、社会全体にストレスが蔓延しており、心がささくれ、人に攻撃的になっているような気がします。多くの人の心は、悪いほう、低いほうに向いています。 衝動的、刹那的な雰囲気に巻き込まれ、したくないこと、してはいけないことを、考えてしまいそうな風潮です。 し…

  • コロナ禍で不安でたまりません。どう考えたら良いのでしょうか。

    「50代の男性です。持病を持っています。コロナの第3波となり、連日の感染者と重篤者数を見ていると、不安でたまりません。すべてが消極的になっています。どう考えたら良いのでしょうか。」 ご質問をありがとうございました。 今は、コロナの感染者数も激増し、世の中全体が、再び萎縮のモードになりつつあります。先が見えない状況の中で、重苦しい雰囲気が迫ってきています。 ぜひ一緒に乗り越えていきましょう。乗り越えられない試練はない、と言います。 正直、男性が自分の弱さを人前に出すことは、非常に勇気が要ることだと思います。 質問者さんは、それだけ追い詰められているのではないかと想像しています。 すべての不安は取…

  • 思い通りにならないと、自分を罰したくなります。どうしたら良いでしょうか。(中学生女子)

    「先日は、質問に答えてくださってありがとうございました。私のことを繊細と言ってくださってうれしかったです。相変わらず、周りの大人を見て悲しくなることはありますが、何とかやっています。今日は困っていることを質問したいと思います。上手くいかなかった時、思い通りにならなかった時、特に自分が失敗した時、自分を罰したくなります。殴ってやろうかと思います。そんな自分が怖くなります。こんな時、どうしたら良いでしょうか。よろしくお願いします🤲」(MK 中学女子) Mさん。ご質問をありがとうございます。 さて、Mさん。少し、ご一緒に、ご自身の心を整理してみたいと思います。 質問をしますが、どんな時に、「思い通り…

  • 【コラム】大切なものを守るために、悪に立ち向かう(考察)

    いつも御拝読をありがとうございます。連休で、数日更新できませんでしたが、今日はコラムを書かせて頂きます。しばらく御一緒にお付き合い頂ければ幸いです。 今回のテーマは、大切なものを守るため悪と戦う、です。 戦争に出かける場合、人は愛する家族を守るため、平和を守るために、戦います。 (私は戦争推進者ではありませんが) それは人間のギリギリの選択となります。 命をかけて戦うためには、大義名分がなければできません。 その大義が、「愛するものを守るため」になるのです。 あなたにとって、「命をかけても守りたい」と思える「大切なもの」 とは何でしょうか。 愛する家族でしょうか。親しい仲間でしょうか。自分の抱…

  • 定期的に「寂しさ」を感じます。どうしたら良いでしょうか。

    「急に『寂しさ』を感じる時があります。昔のことを思い出した時とか、今の生活を考えた時とか、何かの時に、定期的に「ふっと、寂しさ」を感じます。特に期待外れだった時とか、思い通りにならなかった時に感じることが多いです。理屈では「そこまで寂しさを感じる理由」はないはずですが、自分の心ながら、良く分かりません。どうしたら良いでしょうか。」(40代、会社員) ご質問をいただき、ありがとうございました。 定期的に「寂しさ」を感じるということですね。そして「その理由」が良く分からないということですね。 一緒にしばらく考えていきたいと思います。 「寂しさ」は、理屈ではありません。 「寂しさ」は「感情」です。 …

  • 職場に、わがままな人がいます。人の話を聞かず、いつも周りを振り回しています。どのように関わったら良いでしょうか。

    「販売系の職場です。職場は明るくて楽しいのですが、一人とてもわがままな人がいます。人の話を聞かず、いつも自己主張ばかりをしています。今まで周りがそれとなくサポートしていたので、上手くいっていたのですが、最近その人が明らかなミスをしました。しかし言い訳ばかりを言って、人のせいにして切れてしまいました。みんなびっくりしています。チームの主任として、今後どのように対応したらよいでしょうか。」(30代女性) ご質問をありがとうございました。 チームの主任をされているのですね。 お疲れ様です。リーダーの立場が与えられると、言いたくないことも言わなければなりません。 職場が明るく楽しいとのことですから、き…

  • 【コラム】現代は、膿を出す時代(考察)

    いつもご拝読ありがとうございます。 今回は、コラムを書かせていただきます。 実は、今書いている別の質問の答えが、難航しており、しばし筆を止めて、思い巡らしています。 いつも書き始めると、どうしても長くなってしまいますが、今回のコラムは、短め(?)にまとめる予定です。 しばらくお付き合い願います。 アメリカの大統領選挙とその後の混乱をずっと注目していますが、 今はコロナだけでなく、世界的に見ても「揺さぶられている時代」だと思われます。 ある人たちは、「膿を出す時代」で、この後の「来るべき良い時代」の準備なのだ、と言っておられます。(クリスチャンではない方々です) 私も「膿を出す時代」ということを…

  • 家族の財産の問題です。姉が施設の母の通帳から勝手にお金をおろしていたことが分かりました。非常に気分が悪いです。どのように考えたらよいのでしょうか。

    50代の主婦です。遠隔地のため、久しぶりに母の老人入居施設を訪問しました。いつもは近くに住む姉が、母の世話をしています。母から「お金が必要だから通帳からお金をおろしてきて欲しい」と頼まれました。通帳を何げなく見ると、不定期に数万ずつのお金が下ろされていました。母に尋ねると「多分、Y子(姉)だと思うけど、良く分からない」と言われました。今まで母のお金のことは、何も知りませんでしたが、「姉が勝手にお金をおろしているのかもしれない」と思うと、とても気分が悪くなりました。私たちは二人姉妹です。近日中に姉と話をしたいと思っていますが、どんな風に考えて話したら良いか、アドバイスをお願いします。 ご質問をあ…

  • 未来に希望が持てません。どう考えて、今後を生きたらいいのでしょうか。

    28歳の男性です。会社では総務に勤務しています。コロナの影響で会社の実績は良くありません。食品関係なのでつぶれることはないとは思いますが、給料も下がり、先が見通せません。未来に希望が持てない状況です。どんなふうに考えたら良いでしょうか。 ご質問をありがとうございます。 日本医師会会長が、11月11日の記者会見で、現在の状況を「コロナ第三波」と言われました。春から始まったコロナの影響は、11月の現在、ますますジワジワと忍び寄ってきています。この大きな波から逃げることができる人は、一人もいません。 我慢も限界と感じている人も多いはずです。それは目に見える経済的なことだけでなく、目に見えない精神的な…

  • 「心の闇」についてです。時々、理屈ではよく分からない恐れや寂しさを感じます。どうしたら良いのでしょうか。

    「キリスト教会に通っている者です。時々夜中に目が覚めて、死にたくなる程、恐れや寂しさを感じることがあります。理屈ではよく分かりません。「心の闇」のことを考えると、怖くて足がすくみそうです。どうしてこんな気持ちになるのでしょうか。そして、どうしたら良いのでしょうか。」(20代男性) ご質問をありがとうございました。 キリスト教会に通っておられるとのことですね。 通っておられる期間や、状況によって多少お答えが変わってくるとは思いますが、 ここでは、通い始めて短い期間と仮定し、お答えさせていただきますね。 (長く信仰を持っておられたとしても、根本的な部分は変わらないですから) 昭和中期に活躍された牧…

  • 月曜日の朝が憂鬱です。職場で反発してくる同僚がいます。関係を修復したいとは思っていますが、正直、気が滅入ります。どう考えたら良いのでしょうか。

    「30代男性です。職場の同僚で、何かにつけて反発してくる人がいます。その原因のの一つは、私が失敗をしてその人に迷惑をかけたことだと思いますが、それ以降嫌われたようで、何かにつけて刺がある対応をしてくるのです。同じ職場でもありますし、何とか良い関係に修復したいとは思いますが、休み明けの月曜日朝が憂鬱です。どうしたら良いでしょうか。アドバイスをお願いします。」 ご質問をありがとうございました。 月曜日朝が憂鬱なのですね。 狭い職場では、(考え方が違う人間同士)いろいろな人間関係や問題が起こります。 同僚は、無視することのできない関係ですので、この状態はお辛いことでしょう。 修復を願っておられる質問…

  • クリスチャンの友人から、「神様、イエス様の愛を知ると人生が変わる」と言われました。どういうことでしょうか。

    「クリスチャンの親しい友人がいます。私自身はキリスト教徒ではないのですが、その友人とは、長く関係が続いています。先日彼女から、「神様の愛を知って人生が変わった」と言われました。彼女とは宗教的な話はほとんどしませんので、敢えて質問はしなかったのですが、正直気になっています。一人一人の体験違うとは思いますが、一般的に、どういう体験なのか教えていただけますか。」 ご質問をありがとうございました。 クリスチャンの親しいご友人がおられるのですね。 きっと良いご友人なのでしょうね。その方は質問者さんのことを大切に考えてくれているのだと思います。信仰は個人のものですから、ご友人は、質問者さんの意志を尊重して…

  • いつも追い立てられているようで、疲れています。仕事が終わるとぐったりしています。再度の質問ですが、アドバイスをお願いします。

    「昨日、アドバイスを頂いた経理事務の者です。文章を何度も読む中で、自分の心を見つめ直すヒントを得たように思います。出来るだけエネルギーを浪費しないように生活したいと思います。ありがとうございました。もう一つ質問せて頂きたいです。実は、仕事でも生活でも、いつも追い立てられているように感じています。特に気が乗らない仕事の後は、ぐったりすることが多いです。人のことを気にし過ぎなのでしょうか。アドバイスをお願いします。」(40歳女性) お返事と再度のご質問をありがとうございました。 先回の文章を読んで頂いて、少しでもお役に立てたようで、嬉しく思います。 今回も、しばらくお付き合い下されば幸いです。 先…

  • 仕事以外のことに、やる気が起こりません。やるべきことは色々あるのですが、気力が湧きません。気持ちの整理がしたいです。アドバイスをお願いします。

    「経理の仕事をしています。仕事は集中してこなすのですが、いつもピリピリしてしまい、家に帰るとがっくりとしてしまいます。気力が湧きません。部屋の掃除や、雑事など、やるべきことはたくさんあるのですが、最低限のこと以外は、先延ばしになってしまいます。どうしたら良いでしょうか。気持ちの整理がしたいのですが、アドバイスをお願いします。」(40歳女性、事務職) ご質問ありがとうございます。 経理のお仕事をされているのですね。経理は数字が合って当たり前ですから、神経を使うお仕事です。仕事中は、きっと集中されていることでしょう。(質問者さんは、責任感・正義感も強いお方であるとお察しします) けれども、家に帰る…

カテゴリー一覧
商用
読者になる