searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

熊手くんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人生繁盛!熊手ブログ
ブログURL
https://kumadeblog.com
ブログ紹介文
豊かな人生。 言うのは簡単ですが、実際にそうすることは非常に難しいことです。 ただそれは日常生活におけるちょっとしたことで実は可能になるのではないかと思っています。 そんなこんなをブログに書いています。
更新頻度(1年)

114回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2020/08/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、熊手くんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
熊手くんさん
ブログタイトル
人生繁盛!熊手ブログ
更新頻度
114回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
人生繁盛!熊手ブログ

熊手くんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【おすすめ本】「ボクたちはみんな大人になれなかった」燃え殻著

    「ん?なんだ?」この本の第一印象がこれだった。今まで聞いたことのない作家。今年の「新潮文庫の100冊」に選ばれたというだけで手にした本。期待値ゼロで読み始めたら・・・面白い!!!冒頭の「ん?なんだ?」から「やばいっ!!!」に変わった。

  • 【2021年版】新潮文庫の100冊をどこまで読めるかやってみた

    【2021年版】新潮文庫の100冊をどこまで読めるかやってみます。人生を豊かにするのは読書です。コロナ禍で出歩けないのであれば尚更です。読書で時間を潰しましょう。

  • 【おすすめ本】「西の魔女が死んだ」梨木香歩著

    中学生になり、学校に行かなくなってしまった主人公のまい。そんなまいの環境を変えようとママとパパは相談しておばあちゃんの家に預けることに。おばあちゃんはまいを孫として扱い、一人の大人として扱います。そんな生活の中でまいは成長していきます。

  • 【さ、ひっくり返そう】要は気持ち次第。そごう、西武の広告を考える

    2020年元旦。とても不思議な広告が全国紙に掲載されました。言葉をどこから出発し、どういうふうに繋げ、どこに導くかで全く違う見解に行き着くということをこの文章は示しています。要はポジティブシンキングであるかどうかで全てが決定します。

  • 『夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え』を読んで気づいたこと

    世の中に自己啓発本はたくさんありますが、この本は非常に読みやすいというのが特徴です。中学生でも十分読めますし、本の中で書いてあるものは誰でも出来るものばかりです。思春期の中高校生にもきっと何か生きるためのヒントを与えてくれるはずです。

  • いくら持ってるの?恒例の資産公開(2021年6月末時点)

    自分の資産を計算してみました。コロナの影響悪化もあり、出歩くこともなく、ひたすら自己啓発の日々でした。ですのでこの3ヶ月で一番多かった出費は自己啓発費用ということになりますが、これは言い換えると投資であり、帰ってくるものと考えています。

  • 【おすすめ本】「ビタミンF」重松清著

    「ビタミンF」のFとはFamilyであったり、Father、Friend、Fragile、・・・そういった<F>から始まるさまざまな言葉をキーワードとして物語に詰め込んだそうです。日常生活におけるよくある場面を独特の文体で掘り下げています。

  • ラグビーワールドカップ2019日本大会。ボランティア奮闘記

    今回初めて国際大会のボランティアを経験しました。メディアワークルームをはじめ、ロッカールームやピッチ上の選手の表情など割り当てられた役割を忠実にこなす中でボランティアが見たものとは。日常生活では得られないまさに”一生に一度”の経験でした。

  • 読書は人生最高の趣味!初心者が読書を習慣化するための本の選び方

    読書が趣味というだけでその人の人生がとても豊かで奥行きのあるものになるような気がします。また読書にはコーヒーを飲んだり、音楽を聴く以上にストレス解消や癒しの効果があると言われています。ゆっくりと読書を通して自分と向き合いませんか?

  • 【おすすめ本】「あつあつを召し上がれ」小川糸著

    小川糸さんの作品は今回初めて読みました。「なんてやさしい文章が書ける人なんだ」それが私の第一印象でした。まるで童話のような、そしてその童話を寝かしつける子どもに語りかけるようなやさしさが物語の隅々から伝わってくる、そんな印象です。

  • 【おすすめ本】「コンビニ人間」村田沙耶香著

    「いらっしゃいませー!」その声の主は古倉恵子、36歳。コンビニでのアルバイト歴が18年にのぼる大ベテランだ。彼女の生活はコンビニに始まり、コンビニで終わる。いやそれでは終わらない。まさに彼女の生活の基準はコンビニにあった。

  • 発想を変えろ!ダイエットを勝利に導く不等式はこれだ!

    毎年の目標がダイエットになっていませんか。そんなことを考え続ける人生とはおさらばしたいですね。そのためには改めてダイエットについて考えてみましょう。すると一つの不等式が導き出せます。これを理解していれば必ず成果が出るはずです。

  • 副業のメリット・デメリットを冷静に見極められる企業が次のステージに進むことが出来る

    これからは副業のメリット・デメリットを冷静に見極められる企業が次のステージに進むことが出来ます。副業をネガティブなものとして捉えている企業が多いようですが、これらはデメリットばかりに目が行き、メリットによってもたらされる利益が見えていません。

  • 【失敗しないブログ運営】特化ブログと雑記ブログ、どっちがいいの?!

    特化ブログか雑記ブログか。ブログを始めるにあたってまず最初にぶち当たる問題です。初心者だとなかなかその答えを見つけるのは難しいでしょう。そこで今回、あらためて考えてみました。失敗しないブログ運営、そして稼げるブログにするための秘訣とは。

  • 【失敗しない副業選び】副業を考える際の注意点

    副業の時代はもうそこまで来ています。どうしても来てから考えがちですが、ここは一度立ち止まってじっくり考えてみることをおすすめします。自分は何が出来て何が出来ないのか。そして何が得意で何が不得意なのか。その先に自分にあった副業が見つかるはずです。

  • 【おすすめのミステリー小説】「探偵ガリレオ」東野圭吾著

    本作はいわゆるガリレオシリーズの第一作。それぞれに趣の異なる短編5つが収められており、楽しさ1000%。どの事件も謎に包まれ、未解決の烙印が押されそうになるが、その前に立ちはだかる天才物理学者湯川学。東野圭吾初心者におすすめの一冊です。

  • 【おすすめ本】「阪急電車」有川浩著

    阪急今津線の西宮北口から宝塚までのわずか8駅の間に起こる物語。阪急電車を接点に乗り合わせた人たちの喜怒哀楽が折り重なり、また引き継がれながら物語は進んでいく。まさに平凡な日常の中にある人間”模様”をさまざまな角度から映したような一冊。

  • ブログ開設一周年。ブログ運営、マインド、これまでの軌跡について

    ブログを開設してちょうど一年が経過しました。まだまだ稼げるブログには至っていませんが、少しずつ成果がで始めています。途中挫折しそうになったりしましたが、なんとか継続しています。そんなブログの一周年を記念してこれまでの軌跡をまとめてみました。

  • 【おすすめのミステリー小説】「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午著

    あらゆるミステリーの賞を総なめにした「葉桜の季節に君を想うということ」。歌野晶午という作家の才能が惜しみなく盛り込まれた渾身の一作。個性豊かな登場人物が複雑に絡み合い、数々の謎が生まれる。それらが一気に明かされるラストは圧巻のひと言です。

  • 稼ぐまで続けろ!挫折するな!プログラミングスキル最強説を考える

    プログラミングスキル最強説を考えてみたいと思います。今、人口減少により人手不足がどこの業界でも起こっています。特にひどいのがIT業界。現在、社会全体のデジタル化、システム化が図られていますがIT業界の人材不足は80万人とも言われています。

  • 理系銀行員誕生

    銀行というと昔は文系の就職先というイメージが強かったわけですが、いまや理系の仕事と言って良いかもしれません。DXであったり、データ利活用であったり、優秀な理系が必要ですし、むしろ死活問題とさえ思います。

  • 【おすすめのミステリー小説】「シャドウ」道尾秀介著

    最初の一ページ目から一気に”道尾ワールド”に引き込まれました。ストーリーや人物設定がしっかりしているだけでなく、情景描写にも優れ、なんとなく「君の名は」のワンシーンを想起させる場面も。良い意味でミステリー小説っぽくない一冊。初心者に最適。

  • なぜかお金が貯まる?!今日から出来るちょっとした工夫

    私がお金に関して意識していること、心掛けていることは、①お財布を綺麗にする、②お金をくださいと言わない(お金をくださいと言う人に近づかない)、③引き出し禁止の口座を作る、です。これさえ出来れば自ずとお金が貯まっていくように思います。

  • ブログの文字数は?読者目線に立って書くことで自然と見えてきます!

    「ブログのひと記事あたりの文字数はどれくらい?」ブログをやっていると必ず聞きたくなる、または聞かれる質問です。長ければ長いほど良いという人もいますが、大事なのは読者にとって有益な情報を載せることだけをまずは意識して文章を書くことが重要です。

  • 【おすすめ本】『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん著

    これまでに数々のブームを巻き起こした張本人、それがみうらじゅんさんです。これらブームはみうらさんの「一人電通」という発想から生まれています。この本は「一人電通」の仕組みについて余すところなく開示、解説してくれた貴重な本です。

  • 【おすすめ本】「卵の緒」瀬尾まい子著

    瀬尾まい子さんが書かれた「卵の緒」は「100%の女の子が書いた小説であり、男の子のための小説」だと思います。また本作は「家族」をテーマに色々な家族像を表現しています。男の子のための小説としましたが、ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。

  • 【おすすめのミステリー小説】「死体を買う男」歌野晶午著

    ミステリー小説界では有名な歌野晶午ですが、推理小説に興味がなければほとんどの人が彼の名前を知らないでしょう。そんな彼の代表作の一つが本書「死体を買う男」です。作中作という手法、登場人物は江戸川乱歩や萩原朔太郎など歌野ワールドが全開です。

  • 【ブログ初心者おすすめ本】ブログを始めるならこれを読め

    ブログを始める前に効率的に知識を身に着けたいものです。書籍の他、ネットや動画なども参考にしていると思います。ここでは書籍による学習法としてそのテキストとなる本を三冊紹介しています。どれもタイプが違う本なので読み飽きるということはないでしょう。

  • 【プログラミング学習】スキルアップ向けた当面の計画

    プログラミング初心者の学習状況です。正直、手当たり次第、思いつくままにやっているという状況です。まずは多くの知識を吸収しようと考えています。つまり今はインプット重視の時間帯帯だと割り切っています。

カテゴリー一覧
商用